ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 社会
  6. >
  7. 政治
  8. >
  9. 戦争・武器・軍隊
  10. >
  11. 彰義隊

ジャパンナレッジで閲覧できる『彰義隊』の辞書・事典・叢書別サンプルページ

日本大百科全書・世界大百科事典・国史大辞典

日本大百科全書(ニッポニカ)

彰義隊
しょうぎたい

戊辰 (ぼしん)戦争の佐幕派の軍事集団。鳥羽 (とば)・伏見 (ふしみ)の戦いに敗れた将軍徳川慶喜 (よしのぶ)が江戸に帰り上野に謹慎した1868年(慶応4)2月12日、旧一橋 (ひとつばし)家家臣17名が江戸雑司谷 (ぞうしがや)に会合して慶喜の復権と薩摩 (さつま)討伐を協議、賛同者60余名を得て尊王恭順有志会を結成した。23日、隊名を彰義隊とし、頭取を渋沢成一郎 (せいいちろう)、副頭取を天野 (あまの)八郎とし、屯所を浅草・本願寺に置いた。徳川家がこれを公認し江戸市中警衛を委任するや、慶喜護衛を名目に上野に移転。江戸城が開城し、慶喜が水戸に去ってからも屯所を動かさなかった。のち内部対立があり、渋沢は脱隊して別に飯能 (はんのう)(埼玉県)で振武 (しんぶ)隊を結成したが、彰義隊に入隊する者が相次いで総員1500余名を数え、関東の旧幕勢力と気脈を通じて新政府軍との対立を深めていった。当初、東征大総督は兵力不足から攻撃を控えていたが、三条実美 (さねとみ)と大村益次郎 (ますじろう)の江戸着任後、討伐を決意。同年5月1日、徳川(田安 (たやす))慶頼 (よしより)の江戸市中警衛の任を解いて総督府がこれにあたることとし、彰義隊の合法性を剥奪 (はくだつ)した。15日、大村の指揮のもとに上野を攻撃、彰義隊は壊滅し、残党は東北地方に逃走、関東は維新政府の支配下に入った。

[井上 勲]



世界大百科事典

彰義隊
しょうぎたい

明治維新の戊辰戦争に江戸で抗戦した佐幕派の隊。鳥羽・伏見の戦に敗れた徳川慶喜は江戸へ帰り,上野寛永寺に謹慎して恭順の意を示したが,慶喜側近の旧幕臣らを中心とする強硬派約800人は官軍に対して徹底抗戦を唱え,尊王恭順有志会に集まり,やがて1868年3月16日(明治1年2月23日),彰義隊を結成した。彼らは,頭取に慶喜側近の旧幕臣渋沢成一郎(喜作),副頭取に天野八郎をえらび,浅草本願寺を屯所とし,慶喜護衛を唱えて江戸市中巡邏(じゆんら)に当たった。その後,屯所を上野に移したが,隊の内紛のため渋沢は脱隊し,副頭取天野が実権を握った。旗本や諸藩浪士の隊中に投ずる者が多く,勢力は3000余人に達した。5月3日(4月11日)の江戸開城後,慶喜は水戸へ去り,彰義隊は慶喜らの説得を退け,輪王寺宮能久親王を擁して上野寛永寺に入り,官軍に反抗の姿勢を示した。官軍は初め態勢が整わず,これを静観したが,軍防事務局判事大村益次郎が着任して強硬方針を固め,彰義隊の江戸巡邏の任を解き,7月4日(5月15日)上野を包囲し,大村の指揮下,いっせいに攻撃を開始した。旧式軍備の彰義隊は黒門口などで奮戦したが,官軍の最新鋭の砲兵隊らのために1日で壊滅し,生存者は奥羽越列藩同盟に走り,また品川沖に停泊中の旧海軍副総裁榎本武揚のひきいる旧幕艦隊に投じ,輪王寺宮も品川から海路奥羽へ脱出した。上野寛永寺はこの戦いにより全焼した。
[井上 勝生]

[索引語]
尊王恭順有志会 渋沢成一郎 輪王寺宮能久親王


国史大辞典

彰義隊
しょうぎたい
明治維新に際し、徳川慶喜側近の旧幕臣を中心に結成された隊で、上野にたてこもり新政府軍と対抗した。明治元年(一八六八)二月十二日以降、江戸の雑司ヶ谷茗荷屋酒楼や四谷鮫ヶ橋円応寺などに有志十数名ないし六十余名が会合したが、二十三日、浅草本願寺で組織され、彰義隊と命名された。頭取は渋沢成一郎(喜作)、副頭取天野八郎、幹事本多敏三郎(晋)・伴門五郎・須永於兎之輔(おとのすけ、伝蔵)らである。江戸市中の巡邏警衛にあたったが、やがて寛永寺大慈院に謹慎していた慶喜の護衛を名目に、上野に屯集した。渋沢と天野の意見対立で、渋沢は脱隊、武蔵国田無で振武軍を新たにつくった。彰義隊の実権は天野が握り、組織も整備され、多くの付属隊(遊撃隊・歩兵隊・砲兵隊・純忠隊・臥竜隊・旭隊・万字隊ほか)をもった。参集した旗本・浪士は三千人に達したという。彰義隊は新政府軍兵士としばしば衝突した。旧幕府有志や勝海舟らは、彰義隊が徳川氏に累を及ぼすことをおそれて解散を命じたが、彼らは主戦論者覚王院義観らの煽動もあって、新政府軍との対立をますます深めた。軍防事務局判事大村益次郎が江戸に着任するや、大総督府をして田安慶頼らの江戸取締りの任を解かしめ、五月十五日、新政府軍約二千は上野を包囲し、輪王寺宮公現親王(のちの北白川宮能久親王)を擁した彰義隊に総攻撃を加えた。ときに対する彰義隊側はその半数だったという。西郷吉之助(隆盛)の率いる薩摩軍と天野八郎らは黒門口で激戦となったが、新政府軍の寛永寺堂塔への放火や砲撃と相まって、一日にして彰義隊は潰滅せしめられた。輪王寺宮は品川から海路仙台へと逃れ、天野らは捕えられ、また、品川沖の榎本武揚らの旧幕府艦隊に走った。これは上野戦争ともよばれる。昭和五十七年(一九八二)上野公園内には彰義隊資料室が開館された。→上野戦争(うえのせんそう)
[参考文献]
山崎有信『彰義隊戦史』、同『上野彰義隊』
(田中 彰)
ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。
彰義隊の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 203
検索コンテンツ
1. 彰義隊
日本大百科全書
の江戸市中警衛の任を解いて総督府がこれにあたることとし、彰義隊の合法性を剥奪はくだつした。15日、大村の指揮のもとに上野を攻撃、彰義隊は壊滅し、残党は東北地方に
2. 彰義隊
世界大百科事典
大村益次郎が着任して強硬方針を固め,彰義隊の江戸巡邏の任を解き,7月4日(5月15日)上野を包囲し,大村の指揮下,いっせいに攻撃を開始した。旧式軍備の彰義隊は黒
3. しょうぎ‐たい[シャウギ‥]【彰義隊】
日本国語大辞典
明治元年(一八六八)の戊辰戦争の際、新政府軍と戦った旧幕府方の武士団。鳥羽伏見の戦いで敗れて江戸に謹慎中の前将軍徳川慶喜を護衛し、江戸市中を巡回警備する目的で結
4. しょうぎたい【彰義隊】画像
国史大辞典
る。昭和五十七年(一九八二)上野公園内には彰義隊資料室が開館された。→上野戦争(うえのせんそう) [参考文献]山崎有信『彰義隊戦史』、同『上野彰義隊』 (田中 
5. 彰義隊(しょうぎたい)
古事類苑
兵事部 洋巻 第1巻 465ページ
6. 【彰義隊】しょう (しゃう) ぎ たい
新選漢和辞典Web版
《国》明治元年(一八六八)に、徳川幕府の家臣が組織した隊。江戸、上野の山にこもって官軍に抵抗した。
7. 彰義隊
古事類苑
宗教部 洋巻 第4巻 355ページ
8. 彰義隊の戦[図版]画像
国史大辞典
 (c)Yoshikawa kobunkan Inc. 
9. あかしじょうあと【明石城跡】兵庫県:明石市/明石城下
日本歴史地名大系
隆謌が明石に軍を進めて明石城の開城を迫ったり、はては大目付津田柳雪ら三〇余名が脱藩し、上野の彰義隊に身を投じたりしている。明治二年(一八六九)二月、慶憲は隠居し
10. 赤松光映[文献目録]
日本人物文献目録
【書誌】:0件 【図書】:0件 【逐次刊行物】:2件 『赤松光映』玉林晴朗『彰義隊と赤松光映』田中謙蔵
11. 赤松則良半生談 幕末オランダ留学の記録 210ページ
東洋文庫
以て帰朝せられたのであった。 私たちの横浜に帰着した慶応四年即明治元年〔一八六八年〕の五月十七日は恰度上野に彰義隊の戦争があって僅か二日の後、榎本釜次郎は幕府の
12. 赤松則良半生談 幕末オランダ留学の記録 227ページ
東洋文庫
いる。 既にこの頃は江戸開城のことがあり、その年の五月十七日にオランダから帰って来た日は上野彰義隊戦争の二日後であって、大変な大騒ぎの中へ帰国したことになるわけ
13. 赤松則良半生談 幕末オランダ留学の記録 275ページ
東洋文庫
発し帰国の途につく。         四月十一日、江戸開城。         五月十七日、帰国。(上野彰義隊戦争         の二日後)         五
14. 天野八郎
日本大百科全書
幕末の彰義隊副頭取。上野こうずけ国(群馬県)甘楽かんら郡磐戸いわと村で生まれる。1865年(慶応1)江戸定火消与力じょうびけしよりき広浜氏の養子となり、翌186
15. 天野八郎
世界大百科事典
1831-68(天保2-明治1) 彰義隊副頭取。上野国甘楽郡磐戸村の名主大井田吉五郎忠恕の次男。江戸に出て旗本天野氏を名のる。1868年(明治1)官軍の東征が始
16. あまのはちろう【天野八郎】
国史大辞典
のち荒川区南千住の円通寺に改葬された。性豪放。獄中に『斃休録』を著わす。→彰義隊(しょうぎたい) [参考文献]山崎有信『幕末史譚天野八郎伝』、同『彰義隊戦史』
17. あまの-はちろう【天野八郎】
日本人名大辞典
1831−1868 幕末の武士。天保(てんぽう)2年生まれ。慶応4年彰義隊を組織し,副頭取となる。江戸上野寛永寺にたてこもり,新政府軍とたたかったが敗れ,潜伏中
18. 天野八郎[文献目録]
日本人物文献目録
1』近世名将言行録刊行会(編)『天野八郎小伝』山崎有信『天野八郎と新居守村の事蹟編纂』-『彰義隊長天野八郎の甘楽事蹟』津久井端平『幕末の志士天野八郎』碩鼠散人
19. アメリカ彦蔵自伝 2 131ページ
東洋文庫
   この輪王寺宮が、後の北白川宮能久親王    である。                 彰義隊の戦争 そうするうちに前将軍の家来たちが江戸に集結し、将軍が上
20. アメリカ彦蔵自伝 2 132ページ
東洋文庫
上野の寺の役人たちは彰義隊に対して、水戸に行くか、解散するか、しからずんばともかく当地を引揚げてもらいたい、もはやここにとどまっている理由はなくなったのだから、
21. あらかわく【荒川区】東京都地図
日本歴史地名大系
性寺が彰義隊の屯所となった。また敗走する彰義隊士が新堀村の経王寺に立籠ったため、同寺は新政府軍による銃撃を受け、現在でも山門にこの時の弾痕が残っている。いっぽう
22. アーネスト・サトウ伝 95ページ
東洋文庫
 その後しばらく日本の北部で点々と戦い〔江戸彰義隊の戦、会津若松の戦、五稜郭の戦など〕が繰り広げられたが、将軍の重要な大坂の拠点を焼滅させたことで、事実上短期間
23. アーネスト・サトウ伝 2ページ
東洋文庫
105シベリア横断鉄道 160島津三郎 30,68下関 46,50シャム総領事 115ジョージ王子 112彰義隊の戦 95将軍退位 92条約改正 121,133
24. いしのまきし【石巻市】宮城県
日本歴史地名大系
翌朝松前港を目指して出港した。戊辰戦争では、明治元年九月下旬、牧山山麓から渡波市街に布陣した新撰組・彰義隊・伝習歩兵隊ら旧幕府軍諸隊と、隣の桃生郡矢本村に待機す
25. いちりゅうさい-ていすい【一竜斎貞水(6代)】
日本人名大辞典
昭和30年城北高在学中に5代一竜斎貞丈に入門,貞春を名のる。41年真打となり,6代貞水を襲名。「忠僕直助」「彰義隊始末記」などを得意とする。照明や音響をつかった
26. いばはちろう【伊庭八郎】
国史大辞典
つこうとして一時は箱根の関を占拠したが、五月湯本三枚橋で左腕に重傷をうけ敗退、江戸に帰って彰義隊に入る。彰義隊の滅亡後、陸奥国に渡って、奥羽同盟に参加した。仙台
27. いば-はちろう【伊庭八郎】
日本人名大辞典
将軍の護衛役として京坂におもむく。鳥羽・伏見の戦いで負傷,箱根戦争で左腕をうしない,江戸にもどり彰義隊にはいったが敗れた。明治2年5月12日五稜郭(ごりょうかく
28. いわたむら【岩田村】佐賀県:神埼郡/神埼町
日本歴史地名大系
や長崎港外を試射場として危険を避けたからであろう。慶応四年(一八六八)江戸上野に立てこもった彰義隊に、官軍総督の要請で原就本の指揮する佐賀藩が、すでに岩田台場で
29. 上野
世界大百科事典
前面には上野広小路の大通りがつくられ,見世物や茶店が集中して盛場として発展した。明治維新の際彰義隊の戦いで灰燼(かいじん)に帰した寛永寺跡地は1873年上野公園
30. うえの【上野】東京都:台東区/旧下谷区地区地図
日本歴史地名大系
対する奥羽越列藩同盟軍の抵抗へと拡大し、慶応四年(一八六八)四月上野の山内に立籠った幕府方の彰義隊の反乱(上野戦争)もその一部であった。五月一五日、総勢二千人足
31. うえのおんしこうえん【上野恩賜公園】東京都:台東区/旧下谷区地区/上野公園地地図
日本歴史地名大系
旧寛永寺黒門付近には高村光雲作の西郷隆盛の銅像、その背後には慶応四年(一八六八)の上野戦争で戦死した彰義隊士の墓所がある。山岡鉄舟筆の同墓碑は明治一四年の建立。
32. 上野公園
世界大百科事典
,芝,飛鳥山などとともに日本最初の公園となった。徳川家の廟所寛永寺のある忍ヶ岡一帯を占める。彰義隊の戦いで寛永寺の建物が焼失した跡地は,当初大学東校の用地になろ
33. うえのこうえん【上野公園】
国史大辞典
俗に上野の山と呼ばれるこの地と周辺の低地は、徳川家と関係の深い寛永寺の境内であったが、明治維新の際に彰義隊の戦いのため多くの堂塔は焼失し、境内への立入りは禁止さ
34. うえの‐せんそう[うへのセンサウ]【上野戦争】
日本国語大辞典
慶応四年(一八六八)五月一五日、江戸上野東叡山に立てこもる彰義隊を薩長を中心とする征討軍が攻撃、壊滅させた戦い。彰義隊戦争。*風俗画報‐二〇五号〔1900〕末広
35. うえのせんそう【上野戦争】
国史大辞典
明治元年(一八六八)五月、江戸上野で彰義隊と政府軍との間におこった戦争。彰義隊は前将軍徳川慶喜に一橋家時代からつかえた渋沢喜作・天野八郎ら旧幕臣が中心となって
36. 上野戦争
日本史年表
1868年〈慶応4明治元(9・8) 戊辰④〉 5・15( 7・4 ) 新政府軍、上野の彰義隊を攻撃( 上野戦争 )。
37. えだくにみち【江田国通】
国史大辞典
戦にあたって砲戦隊に属して鳥羽の戦闘に参加、以後戊辰戦争に従軍し、下総・上総、つづいて上野の彰義隊討伐、会津若松の攻略に転戦し、同二年二月藩兵小頭長、三月親兵と
38. 江戸開城
日本大百科全書
大鳥圭介おおとりけいすけの率いる旧幕府軍は北関東に勢力をもち、彰義隊しょうぎたいは上野を拠点として新政府軍と対立していた。5月15日新政府軍は上野を攻撃して彰義
39. えどじょうそうぜめ【江戸城総攻】
歌舞伎事典
。第一幕‐勝が西郷を薩摩藩邸に訪ねて江戸城明渡しの議を結ぶ。第二幕第一場‐山岡がものものしい彰義隊の警戒のなかをくぐって蟄居中の慶喜に面謁を求める。第二幕第二場
40. 遠藤利貞
世界大百科事典
細井寧雄(1802-73・享和2-明治6)に師事し,数学を学ぶ。明治維新のときは幕府方につき,最後は上野の彰義隊に参加し,敗走する。後に桑名に幽閉される。許され
41. 奥羽越列藩同盟
日本大百科全書
加入し、奥羽越列藩同盟が成立した。同盟は白石に公議府、福島に軍事局を置いた。旧幕臣、新選組、彰義隊しょうぎたい残党など佐幕派も合流した。6月に輪王寺宮りんのうじ
42. おうぎまちやむら【扇町屋村】埼玉県:入間市地図
日本歴史地名大系
郎・麻屋徳兵衛・名主栗原伴治の五軒を打毀した(「箱書」長谷部家蔵など)。慶応四年三月二九日、彰義隊の分派と称する若者一三人が藤間屋に投宿し、大惣代の長谷部太七・
43. おおくぼ-ただのぶ【大久保忠宣】
日本人名大辞典
?−1868 幕末の武士。大久保備後守(びんごのかみ)の子。幕臣。紀伊守,大監察。慶応4年彰義隊(しょうぎたい)の結成にくわわり,予備隊100名余の隊長となる。
44. 大村益次郎画像
日本大百科全書
て優れた戦略を発揮した。王政復古後、明治新政府の軍事指導者となり、戊辰戦争ぼしんせんそうでは彰義隊しょうぎたい征討に戦功をあげた。1869年(明治2)兵部大輔ひ
45. おおむらますじろう【大村益次郎】
国史大辞典
担当。また、閏四月江戸に赴き江戸府判事を兼任。江戸の治安回復に尽力し、五月十五日、上野に拠る彰義隊討伐を指揮、その後も江戸にあって東北戦争の軍事指導を行う。同二
46. 大村益次郎[文献目録]
日本人物文献目録
一『大村益次郎誕生地と琴子夫人の身元』谷苔六『大村益次郎と伊藤慎蔵』緒方銈次郎『大村益次郎の彰義隊征伐』高梨光司『開業医時代の大村益次郎』長尾藻城『故兵部大輔贈
47. おがわ-すぎた【小川椙太】
日本人名大辞典
幕末の武士。天保(てんぽう)8年8月15日(一説に14年11月15日)生まれ。一橋家につかえ,彰義隊結成に参加。上野戦争後捕らえられ,明治2年恩赦。7年私財を投
48. おくの-まさつな【奥野昌綱】
日本人名大辞典
1823−1910 明治時代の牧師。文政6年4月4日生まれ。彰義隊に参加して敗走。維新後,横浜でアメリカ人宣教師J.C.ヘボンの日本語教師となり,キリスト教の感
49. おだかあつただ【尾高惇忠】
国史大辞典
。農耕と藍玉商売のかたわら剣術と学問に精出した。明治元年(一八六八)には、渋沢喜作らとともに彰義隊を創設したが、のち脱退し、振武軍を結成、飯能において官軍と戦い
50. かい‐はい[クヮイ‥]【潰敗】
日本国語大辞典
〔名〕くずれてばらばらになること。*読書放浪〔1933〕〈内田魯庵〉下谷広小路「松坂屋の一室も幕臣の残党たる彰義隊を潰敗せしめた官軍の牙営として保存史蹟の中に加
「彰義隊」の情報だけではなく、「彰義隊」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

彰義隊と同じ戦争・武器・軍隊カテゴリの記事
太平洋戦争(日本大百科全書・国史大辞典・日本国語大辞典・世界大百科事典)
1941年(昭和16)12月8日、真珠湾攻撃、日本のアメリカ、イギリスへの宣戦布告で始まり、1945年9月2日、日本の降伏文書調印によって終わった戦争。日本の指導者層は大東亜戦争と呼称した。1931年(昭和6)の満州事変に始まる日中十五年戦争の発展であり、日中戦争を重要な一部として含む。
日米交渉(国史大辞典)
日米戦争の回避または延引を目的とした、真珠湾攻撃前約一年間にわたる非公式外交工作および開戦外交交渉。その背景にはヨーロッパからアジア・太平洋地域に伸展した第二次世界大戦に対する日米双方の政・戦略的駆引きが窺われる。なお日本側ではこの日米国交調整工作・交渉をN工作または日米交渉と称し
ナチス(日本大百科全書(ニッポニカ))
国民社会主義ドイツ労働者党Nationalsozialistische Deutsche Arbeiterparteiの通称。略称はNSDAP。ナチNazi(単数および形容詞)またはナチス(複数)は、ドイツの政敵や欧米の反ヒトラー派がこの党に与えた卑称である。日本では公式の略称としては単数、複数を問わずナチスとよんでいた。
第一次世界大戦(以下、大戦と略記する)は、1914年から1918年まで、計25か国が参加してヨーロッパを主戦場として戦われた戦争である。主要な強国のほとんどすべてを巻き込んでおよそ4年半の長期間に及び、しかも複雑多岐にわたる問題を当初からはらんで行われた戦争の性格を考えて、本項では、以下の構成をとった。
第二次世界大戦(日本大百科全書・国史大辞典・日本国語大辞典)
第二次世界大戦とは、一般には、1939年9月の英独戦争に始まり、1941年6月の独ソ戦争、同年12月の太平洋戦争を経て、1945年5月ドイツの、同年8月日本の降伏で終わる戦争をいう。この戦争に先だつ第一次世界大戦は、ヨーロッパを舞台とし、1914年8月、ヨーロッパ諸国がイギリス・フランス・ロシアの
戦争・武器・軍隊と同じカテゴリの記事をもっと見る


「彰義隊」は戦争に関連のある記事です。
その他の戦争に関連する記事
核兵器(日本大百科全書)
核分裂や核融合など、原子核反応によるエネルギーを爆発的に発生させ、大量破壊や殺傷のために用いる兵器。▲核兵器の種類世界最初の核兵器は核分裂兵器で、1945年(昭和20)7月に完成し、8月6日には広島に、9日には長崎に投下され、二つの都市は壊滅した
玉音放送(日本大百科全書・世界大百科事典)
1945年(昭和20)8月15日正午から、昭和天皇自らが太平洋戦争終結の決定を国民に伝えるために行った録音放送。それまでは、天皇は神聖なものであるからラジオに出ることはなかった。この年7月26日に日本の無条件降伏を要求するポツダム宣言が出されたが
上野戦争(国史大辞典)
明治元年(一八六八)五月、江戸上野で彰義隊と政府軍との間におこった戦争。彰義隊は前将軍徳川慶喜に一橋家時代からつかえた渋沢喜作・天野八郎ら旧幕臣が中心となって結成したもので、当初は浅草本願寺を屯所としたが、のち上野寛永寺大慈院に謹慎中の慶喜の護衛を
彰義隊(日本大百科全書・世界大百科事典・国史大辞典)
戊辰(ぼしん)戦争の佐幕派の軍事集団。鳥羽(とば)・伏見(ふしみ)の戦いに敗れた将軍徳川慶喜(よしのぶ)が江戸に帰り上野に謹慎した1868年(慶応4)2月12日、旧一橋(ひとつばし)家家臣17名が江戸雑司谷(ぞうしがや)に会合して慶喜の復権と薩摩
白虎隊(日本大百科全書・世界大百科事典・国史大辞典)
戊辰(ぼしん)戦争期における会津藩の少年正規軍。1868年(慶応4)正月の鳥羽(とば)・伏見(ふしみ)の戦いに敗れた旧京都守護職の会津藩主松平容保(かたもり)は、維新政府への抗戦を主張、徳川慶喜(よしのぶ)が恭順の態度を示すや、帰藩して軍事力の強化を
戦争に関連する記事をもっと見る


ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る