ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 自然
  6. >
  7. 植物
  8. >
  9. 草・花・木
  10. >
  11. アサガオ

ジャパンナレッジで閲覧できる『アサガオ』の辞書・事典・叢書別サンプルページ

日本大百科全書・世界大百科事典

日本大百科全書(ニッポニカ)

アサガオ
あさがお/朝顔
morning glory
[学]Ipomoea nil (L.) Roth
[学]Pharbitis nil Chois.

ヒルガオ科(APG分類:ヒルガオ科)の不耐冬性一年草。広い意味でアサガオというと、熱帯アジア原産のニホンアサガオと、熱帯アメリカ原産のアメリカアサガオI. hederacea (L.) Jacq.(P. hederacea Chois.)(またはセイヨウアサガオ)とに分けられ、多くはつる性である。

[鶴島久男][湯浅浩史][岩佐亮二]2021年6月21日

渡来

中国の『名医別録』(4世紀ころ)に、漢名の牽牛 (けんご)は、アサガオとウシが取引されたという故事に由来するとある。その種子「牽牛子 (けんごし)」は古くから薬用とされ(これをユリとする説もある)、日本への伝来も薬用からで、『延喜式 (えんぎしき)』に牽牛子の名があがっている。アサガオの花は『万葉集』に5首詠まれているが、それはキキョウとする説が有力である。山上憶良 (やまのうえのおくら)は「秋の野に咲きたる花を指 (および)折り かき数 (かぞ)ふれば七種 (ななくさ)の花」と詠み、その後に「萩 (はぎ)の花尾花葛花 (をばなくずばな)なでしこが 花をみなへしまた藤袴朝顔 (ふぢはかまあさがほ)が花」と詠んでいる。このアサガオにはムクゲ説もあるが、アサガオもムクゲも渡来植物で、秋の野に咲く花ではない。万葉の時代にはアサガオはまだ観賞用ではなかったようである。

[鶴島久男][湯浅浩史][岩佐亮二]2021年6月21日

アサガオの流行

観賞用として栽培するようになったのは平安時代と推察されるが、一般に広まりだしたのは江戸時代に入ってからである。江戸初期の園芸書である『花譜 (かふ)』(1694、貝原益軒)や『広益地錦抄 (こうえきちきんしょう)』(1719、伊藤伊兵衛)には、色違いの品種もみられるが花色数はまだわずかであった。渡来当初のアサガオは青色であったと思われ、平安末期の『平家納経』や鎌倉時代の『掃墨 (はいずみ)物語絵巻』には青花が描かれている。17世紀の『花壇綱目 (かだんこうもく)』(1681、水野元勝)では、淡紫と白と浅葱 (あさぎ)の3色が記録され、元禄 (げんろく)時代(1688~1704)には赤色系が加わり、18世紀以降花色は爆発的に増えた。文化 (ぶんか)年間(1804~1818)には現在みられない黄花が出現し、滝沢馬琴はその伝聞を『玄同放言 (げんどうほうげん)』で書き、四時庵形影 (しじあんけいえい)の『あさかほ叢 (そう)』(1816)にも、極黄色にふれている。江戸中期になると、数十種の花色と実を結ばない重弁の品種が育成され、趣味家の間で栽培される園芸植物として急速に発達した。これらは変化アサガオの系統で、後期の文化・文政 (ぶんせい)年間(1804~1830)と嘉永 (かえい)年間(1848~1854)に大流行した。佐藤信淵 (さとうのぶひろ)は『草木六部耕種法』に、その品種270余りに及ぶと書き残している。初回の流行は大坂が中心で、そのようすは『牽牛品類 (けんごひんるい)図考』(1814、峰岸正吉)に奇品38品の彩色図と166品の記載、『花壇朝顔通』(1816、壺天堂 (きてんどう)主人)に37品の彩色図、『牽牛花水鏡 (あさがおみずかがみ)』(1818、秋水茶寮主人)に奇花47品と奇葉46品が記載されていることで知られる。2回目の流行期の嘉永年間には、江戸を中心に大坂、京都でも広く栽培された。大坂の穐叢園 (しゅうそうえん)主人の『朝顔花併 (はなあわせ)』(1853)には奇花41品の彩色図、江戸・入谷 (いりや)の成田屋留次郎の『三都一朝 (さんといっちょう)』(1854)には江戸、大坂、京都での供進会入選花86品の彩色図、幸良弼 (こうりょうひつ)の『都鄙秋興 (とひしゅうきょう)』(1857)には奇花123品の彩色図が記載されている。ちなみに現代に伝わる歳時「入谷の朝顔」は、成田屋を中心としたこの地の朝顔師に端を発した。

 その後変化アサガオは、明治35年ごろに嘉永をしのぐ流行をみせたが、この間に大輪アサガオの栽培が普及し、文化年間には直径が最高4寸(1寸は約3センチメートル)であったのが、明治以降大きさが競われるようになると7寸を超えるようなものも現れ、現在は尺 (しゃく)咲きの時代になりつつある。こうしてニホンアサガオは、大輪花を観賞する大輪アサガオと、変化のある花形を観賞する変化アサガオの2大別に発達した。現在は大輪アサガオが一般的に栽培され、変化アサガオはごく限られた人々の間で消滅寸前の状態で栽培されているにすぎない。日本独自の園芸植物であるアサガオは、海外では品種も少ない。

[鶴島久男][湯浅浩史][岩佐亮二]2021年6月21日

系統と品種

一般にアサガオといえばニホンアサガオをさす。花弁は合弁で、接合部の条 (すじ)を曜 (よう)といい、普通は5曜である。大輪花をつける品種には7曜、8曜のものもある。大輪系品種はうまく育てると花径20~25センチメートルになるものもある。花色は青、紫、濃紫、紅、桃、薄茶、白などがあり、単色のほか覆輪 (ふくりん)または絞り模様のものもある。葉形も並性 (なみしょう)、洲浜 (すはま)性のほか、丸みをもった蝉葉 (せみば)性やえびす葉性がある。また葉色も無地緑葉のほか、淡緑や黄色の斑 (ふ)が入る斑入葉などがある。品種には、浜の春、紫獅子 (じし)、暁 (あけぼの)の光、相模 (さがみ)の輝など多数ある。また最近では、つるが伸びない矮性 (わいせい)のサンスマイルや、小輪花を多数つけるツバメアサガオなどの品種も栽培される。

 変化アサガオは花が小さいがきわめて変化に富んだ花形をもつ。しかし多くは種子を結ばないため、系統維持がむずかしい。変化アサガオの栽培は親となる系統の種子を播 (ま)き、発芽した苗のなかから子葉 (しよう)の形の変わった出物 (でもの)と称する数本を選び、鉢取りして行う。しかし目的の花は咲くが種子は稔 (みの)らないので、つねに親系統の種子を採種保存する必要がある。現在残っている代表的な咲き方には、花弁が細く糸のように裂け、その先に風鈴状の変化弁をつける獅子咲き、花弁が細く裂け筆先状になる菜 (さい)咲き、花筒の中にもう一つ花が重なる台 (だい)咲きなどがある。

 アメリカアサガオは明治時代に入ってから渡来したもので、つるや茎はサツマイモに近く、花は葉腋 (ようえき)に房状につき、昼ころまで花はしおれない。開花は8月に入ってからで、つるは旺盛 (おうせい)に育つ。品種にはソライロアサガオともよばれるヘブンリーブルー(空色)、スカーレットオハラ(濃桃色)などがある。

[鶴島久男][湯浅浩史][岩佐亮二]2021年6月21日

遺伝

15対の染色体上に約250の遺伝子が存在する。並性(並葉)、青葉、一重咲き、丸咲き、青色花、無地花、筒白花、黒種子が優性で、対応する劣性形質には、洲浜性、斑入葉、八重咲き、変化咲き、紫色花、赤色花、絞り咲き、縞 (しま)咲き、筒赤、茶種子などがある。形質はしばしば相関し、大輪は子葉や葉が丸い洲浜性に咲き、子葉や葉が細い立田性や子葉の切れ込みが浅く、葉が深く切れる笹 (ささ)性は変化咲きになる。茶種子からは斑入葉が出やすい。花色の遺伝は少なくとも9個の遺伝子が関与し複雑である。

[鶴島久男][湯浅浩史][岩佐亮二]2021年6月21日

栽培

アサガオの種子は高温性で20℃くらいが発芽適温なので、戸外では5月上旬過ぎに播く。また種皮の硬い石種子 (いしだね)なので一昼夜水に浸して播くか、ナイフなどで種皮に傷をつけ、吸水しやすくして播く。用土は荒木田4、川砂2、腐葉土4の割合の配合土がよい。5~6日で発芽し、子葉が完全に開いたら小鉢にとり、日に十分当てて育てる。土が乾き、葉がしおれるようになったら、たっぷり灌水 (かんすい)する。肥料は油かすを腐らせた原液を水で20~30倍に薄め、10日置きぐらいに追肥として与える。鉢植えはその後5号鉢に植え替えるが、垣根やフェンスに絡ませるには小鉢の苗を目的の場所に植え付ける。

[鶴島久男][湯浅浩史][岩佐亮二]2021年6月21日

仕立て方

鉢植えには1本のつるを伸ばして支柱に絡ませる「行灯 (あんどん)仕立て」や「螺旋 (らせん)仕立て」と、つるを伸ばさず鉢の上に大輪花を咲かせる「切り込み仕立て」とがある。行灯仕立ては、6号鉢に苗を定植し、篠竹 (しのだけ)やプラスチック線で行灯状の支柱をつくり、親づるを下からこの支柱に絡ませる。最近は、鉢の中央に1本支柱を立て、これに太い針金を螺旋状に曲げたものを取り付け、これにつるを絡ませる方法もある。支柱に全部つるが巻き付いたら芯 (しん)を止めると、下部の節から順次花が開く。切り込み仕立ては、本葉が7~8枚のとき、5枚を残して親づるを摘芯 (てきしん)し、子づるを出させる。子づるは先の2本を残し株元のつるはかきとり、この子づるも本葉5枚を残して芯を止める。この摘芯を繰り返し、孫づるについたつぼみを同時に4輪前後開花させる。行灯仕立てに比べるとかなり手のかかる栽培である。

[鶴島久男][湯浅浩史][岩佐亮二]2021年6月21日

観賞時間

ニホンアサガオはつぼみが午前1時ごろから開き、午前4時ごろに満開、9時ごろにはしぼむので、鉢植えにして早朝に観賞し、伝統的な朝顔市も朝早く開かれる。アメリカアサガオは正午ごろまでしおれず、房咲きで花数も多いので、垣根やトレリス(棚)などに絡ませて庭園用として観賞する。

[鶴島久男][湯浅浩史][岩佐亮二]2021年6月21日

教材としての利用

アサガオは、種子が大きく、開花までの日数も短く、開花習性も短日性植物であること、また、花は容易に押し花などにできることなどから、小・中学校の教材として広く利用されている。種子の発芽から開花まで、鉢植えで観察するのにも適し、発芽の実験などにも向く。また、草丈が15センチメートルくらいのとき、夕方4時から翌朝8時ごろまで段ボール箱などで覆い、日長時間を8時間の短日条件に置くと、6月の長日条件下でも開花する。また、アメリカアサガオのスカーレットオハラは、オキシダントに敏感で、葉に被害を発生しやすく、大気汚染の指標植物として利用されている。

[鶴島久男][湯浅浩史][岩佐亮二]2021年6月21日

薬用

種子を牽牛子 (けんごし)といい、水に不溶性の樹脂ファルビチンを含有するので、漢方では粉末にして小腸性の峻下剤 (しゅんげざい)として便秘、下半身の浮腫 (ふしゅ)、尿閉症の治療に用いる。

 煎液 (せんえき)には瀉下 (しゃげ)(下痢)作用はなく、利尿作用だけを現す。アルコールエキスを水で洗い、水溶性成分を除いて樹脂だけにしたものをケンゴシ脂(インド名はカラダナ)といい、峻下剤に用いられる。

[長沢元夫]2021年6月21日

文学とアサガオ

平安時代の文学に登場するアサガオは、ニホンアサガオと同じものと考えられ、早く『古今和歌集』の物名 (もののな)の歌に「けにごし」として隠し詠まれていた。『後撰 (ごせん)和歌集』からは「あさがほ」としてみえ、はかないものという印象もしだいに加わり、『源氏物語』では作中人物の呼称や巻名に用いられ、『枕草子 (まくらのそうし)』には、「草の花は」の一つとしてあげられている。

[小町谷照彦]2021年6月21日



世界大百科事典

アサガオ
朝顔
morning glory
Pharbitis nil (L.) Choisy.(=Ipomoea nil(L.) Roth)

ヒルガオ科アサガオ属の植物。花が美しいため観賞用に栽培される。ヒルガオ科は世界中で約50属,1600種が知られており,ほとんどが亜熱帯,熱帯に分布している。アサガオ属も亜熱帯,熱帯に分布しているが,サツマイモ属Ipomoeaとごく近縁で,同一属とされることもある。

 アサガオ属Pharbitisにはアサガオのほかに,アメリカアサガオP.hederacea Chois.,ノアサガオP.congesta Roth,マルバアサガオP.purpurea Voigtなどがある。アサガオの原産地は南中国からヒマラヤ,ネパールの山麓地帯か,あるいはボルネオ,セレベスなど東南アジア地域と推定されている。アメリカアサガオは熱帯アメリカ原産で,葉は心状卵形,全縁のこともあり,くびれが大きく3裂している。花は小輪で淡青色,つぼみが2,3個ずつ固まってつき,一日中咲く。ノアサガオは紀伊半島以南,九州,沖縄,台湾などに分布している。多年生のつる草であり,葉は広心状卵形,花は淡紅~淡紫色である。マルバアサガオも熱帯アメリカ原産で,葉は広心状卵形,3~5個ずつのつぼみをつけ,花色は濃青,紫,淡青,紅などである。

日本での歴史

日本のアサガオは,奈良朝の末期に遣唐使の一行によって中国から渡来したとか,朝鮮の百済(くだら)から持ち込まれたとかいわれるが,定説はない。中国ではアサガオを牽牛(けんご),種子を牽牛子(けんごし)といっている。薬用の種子は黒と白色のもので,利尿,殺虫をかねた峻下剤として,下半身の水腫,尿閉症の妙薬として珍重されたようである。主成分は樹脂配糖体のファルビチンpharbitinで,ヤラッパ根に含まれるヤラップjalapと同様に,強烈な瀉下(しやげ)作用がある。日本でも初期は,朝廷が大和の畝傍(うねび)地方の薬草園に植えたと推定されている。

 渡来当初のアサガオの花色は淡青1色の小輪咲きであった。それ以降約1000年の間には白と浅黄の2色のものが出現し,文化・文政年間(1804-30)になって急激に栽培熱が盛り上がり,品種改良が進み,突然変異も再々繰り返されて,つぎつぎと現在見るように多くの花色,模様が出現し,葉形,花形も多種多様のものが現れた。また詩歌に詠まれ,絵画,浮世絵にとり上げられた。

 現在,日本で栽培されているアサガオは,大輪アサガオと変化アサガオに大別される。文化・文政年間,嘉永・安政年間(1848-60)に熱狂的に栽培された変化アサガオは,1885年ころから1935年ころまで再びブームを迎え,盛況をきわめたが,一方では徐々に大輪咲きの栽培熱が盛り上がり,現在では変化咲きは大輪咲きに押されて,衰微の一途をたどり,少数の愛好家によってわずかに品種の保存がはかられているにすぎない。これまでアサガオの歴史といえば,珍花奇葉の変化アサガオのことが主であり,嘉永・安政年間に9代目市川団十郎にちなんで命名された濃柿茶の〈団十郎〉は,当時の大輪花の代表的なもので,現在でも作られている。

 アサガオの園芸植物としての品種改良は日本独自に進んだもので,再々突然変異を見いだし発展をとげた。その葉形,花形は変異性に富み,変化アサガオでは千差万別である。葉形の基本形には並葉,蟬(せみ)葉,洲浜葉,千鳥葉,蜻蛉(とんぼ)葉,丸葉,立田葉,柳葉,乱菊葉,笹(ささ)葉,南天葉,孔雀(くじやく)葉,鍬形葉,雀(すずめ)葉,芋葉,立田林風,昼顔葉およびその複合葉形のものなど多数ある。それらの中で並葉,蟬葉,洲浜葉,千鳥葉などは丸咲きの花で,とくに蟬葉が最大輪で,現在,極大輪咲きとして作られ,改良の進められている品種の大半がこの葉形である。

 一般にアサガオといえば,漏斗状の丸咲きのアサガオのことで,変化アサガオについてはあまり知られていない。最近ようやく桔梗(ききよう)咲き系のものが市販され,作られている。

栽培

アサガオを作るには,種子を1昼夜水につけ,砂その他無肥料に近い土にまき,発芽したら,水はけがよく,肥もちのよい土に移植し,日のよく当たる,通風のよい,できるだけ高めの場所で,あまり水を多くやらずに栽培すれば,だれにでも作れる園芸植物である。
[須田 新次]

民俗

《万葉集》では〈アサガオ〉はおもにキキョウやムクゲのことを指していたといわれる。現在いうアサガオは奈良時代に中国から伝来したもので,当初は種子を牽牛子と呼び,下剤として用いていた。やがて,この牽牛子もアサガオと呼ばれるようになり,平安時代の中ごろにはアサガオといえばこれを指すほどになった。アサガオは花の生命が短いために,中世にはこの世のはかなさを象徴する花と見られていたようで,御伽草子にも〈朝顔の露の宮〉の話があるが,アサガオが一般庶民の間に普及したのは近世になってからであり,ことに中期以降に広く見られるようになった。近世後期の文化・文政期は,日本の園芸文化が一大発展をとげた時代で,ツバキ,キク,ラン,オモトなど諸種の植物に従来なかった珍花,美花,変形花が創出されたが,アサガオも例外ではなかった。文化年間末に《花壇朝顔通》という書物が刊行され,盛んに変化アサガオが作られた。江戸の入谷では朝顔人形が作られたほか,その影響は文学や演劇などの分野にも及んだ。化政期以降,花が大輪化し色彩も豊かになって,花や葉にも種々の変化がもたらされた。有名な東京入谷の朝顔市は,明治中期にはじめられたもので,一時中断していたが,第2次大戦後に復活し,7月6~8日に鬼子母神の境内で行われている。
[飯島 吉晴]

[索引語]
morning glory Pharbitis nil Ipomoea nil アメリカアサガオ Pharbitis hederacea ノアサガオ Pharbitis congesta マルバアサガオ Pharbitis purpurea 牽牛 牽牛子 ファルビチン pharbitin ヤラップ jalap 大輪アサガオ 変化アサガオ 団十郎(アサガオ) 朝顔市
ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。
アサガオの関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 561
検索コンテンツ
1. アサガオ画像
日本大百科全書
ある。こうしてニホンアサガオは、大輪花を観賞する大輪アサガオと、変化のある花形を観賞する変化アサガオの2大別に発達した。現在は大輪アサガオが一般的に栽培され、変
2. アサガオ画像
世界大百科事典
ることもある。 アサガオ属Pharbitisにはアサガオのほかに,アメリカアサガオP.hederacea Chois.,ノアサガオP.congesta Roth
3. アサガオ[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
古くから観賞用として栽培されてきた。品種が多く、花の模様や葉形もさまざまで、花色も青、紫、紅、桃、白色などがある©Seishohmaru
4. あさ‐がお[‥がほ]【朝顔】画像
日本国語大辞典
【一】〔名〕〔一〕朝起きたときの顔。寝起きの顔。女性の、情交の翌朝の顔をいうことが多かった。あさがたち。*大和物語〔947~957頃〕八九「垣ほなる君があさがほ
5. あさがお【朝顔】
数え方の辞典
▲本、●株、▲輪 植物としては「本」「株」で数えます。朝顔の花は「輪」で数えます。露店などで売っている朝顔の鉢は「鉢」で数えま
6. 牽牛花(あさがお)
古事類苑
植物部 洋巻 第2巻 463ページ
7. 朝顔(源氏物語)
日本古典文学全集
主人公・光源氏の恋と栄華と苦悩の生涯と、その一族たちのさまざまの人生を、70年余にわたって構成。王朝文化と宮廷貴族の内実を優美に描き尽くした、まさに文学史上の奇
8. 朝顔(著作ID:81798)
新日本古典籍データベース
あさがお 槿 牽牛花 朝貌 蕣 謡曲 能の本 
9. 朝顔(著作ID:81801)
新日本古典籍データベース
あさがお 金井三笑(かないさんしょう) 長唄 明和二初演
10. 朝顔(著作ID:81823)
新日本古典籍データベース
あさがお あさがほ集 朝顔集 あさかほ集 野巣(やそう) 方居(ほうきょ) 編 俳諧 天保三跋
11. 【牽牛花】けんぎゅう(ぎう) か(くゎ)|あさ がお(がほ)
新選漢和辞典Web版
草花の名。観賞用に植える。朝顔。
12. あさ-がほ【朝顔】
全文全訳古語辞典
ナデシコの花、オミナエシ、また藤袴、朝顔の花。五七七・五七七ノ旋頭歌。「秋の七草」ヲ羅列シタ歌。❷今のアサガオ。「牽牛子」とも。 「夕顔は、花のかたちも朝顔に似
13. アサガオ[現古辞典]
全文全訳古語辞典
牽牛子(けにごし)/朝顔(あさがほ)(平安時代)
14. アサガオ(曜白)[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
覆輪ふくりんが曜部に流れ込んだ曜白ようじろとよばれる品種。ヨウジロアサガオともいう©Seishohmaru
15. アサガオガイ
日本大百科全書
軟体動物門腹足綱アサガオガイ科の巻き貝。一生浮遊生活をし、世界の温帯、熱帯の海洋に広く分布している。殻高20ミリメートルぐらいでカタツムリ形。殻は薄質でもろく、
16. アサガオガイ
世界大百科事典
浮遊性のアサガオガイ科の巻貝。殻は薄くもろく,淡紫色,下側は平らで紫色。この色が朝顔の花を思わせるので名付けられた。高さ4.0cm,太さ3.5cmくらいになり,
17. アサガオクラゲ
日本大百科全書
腔腸こうちょう動物門ハチクラゲ綱十文字クラゲ目アサガオクラゲ科に属するクラゲ。形態は基本的にはクラゲ形であるが、一見ポリプ形に似ており、ホンダワラなどの海藻やス
18. アサガオクラゲ
世界大百科事典
ハチクラゲ綱アサガオクラゲ科の腔腸動物(刺胞動物)。北海道,本州各地に分布し,浅海のホンダワラやスガモなどに柄の足盤で付着し,つり下がっている。高さ15~20m
19. アサガオの開花の順序[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
監修:鶴島久男 構成:冨田百秋©大片忠明
20. アサガオの果実[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
球形で中は3室に分かれ、1室に2個ずつ半月型の種子が入っている©Shogakukan 撮影/おくやまひさし
21. アサガオの形態[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
監修:鶴島久男 構成:冨田百秋©大片忠明
22. アサガオの結実と蒴果[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
監修:鶴島久男 構成:冨田百秋©大片忠明
23. アサガオの仕立て方[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
©Shogakukan
24. アサガオの種子と発芽・成長[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
監修:鶴島久男 構成:冨田百秋©大片忠明
25. アサガオの花の断面[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
監修:鶴島久男 構成:冨田百秋©大片忠明
26. アサガオの花の模様[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
©Shogakukan
27. アサガオの葉形[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
©Shogakukan
28. あさがお‐あわせ[あさがほあはせ]【朝顔合】
日本国語大辞典
〔名〕物合わせの一種。朝顔を持ち寄って、花や葉の品評をしたり、優劣を争ったりすること。また、その会。*随筆・擁書漫筆〔1817〕四「このひととせふたとせがほどは
29. あさがお‐あんどう[あさがほ‥]【朝顔行灯】
日本国語大辞典
〔名〕朝顔の花のように上部が開き、下部のつぼまった形のあんどん。*洒落本・遊僊窟烟之花〔1802か〕一「茶だいすにあげや丁何やと書きしあさがほあんどうを立」*東
30. 朝顔市画像
日本大百科全書
東京都台東区入谷いりやの鬼子母神きしぼじんの縁日に立つアサガオの市。とくに盛んになったのは明治に入ってからで、現在も7月6日から3日間にわたって、早朝4時ごろか
31. あさがお‐いち[あさがほ‥]【朝顔市】
日本国語大辞典
〔名〕朝顔を売る市。毎年七月上旬に東京、入谷で行なわれるものが有名。《季・夏》
32. 朝顔市[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
入谷いりやの鬼子母神きしぼじんの縁日に立つ市。江戸時代からの歴史があり、大正期に一時とだえたが、1948年(昭和23)に復活した。東京の夏の風物詩になっている。
33. あさがお‐うり[あさがほ‥]【朝顔売】
日本国語大辞典
〔名〕鉢植えの朝顔を、早朝、呼び声高く売り歩くこと。また、その人。
34. あさがお‐か[あさがほクヮ]【朝顔科】
日本国語大辞典
〔名〕ヒルガオ科の旧称。
35. あさがお‐がい[あさがほがひ]【朝顔貝】
日本国語大辞典
〔名〕アサガオガイ科の巻貝。殻高約四センチメートルで低い円錘形。表面は光沢のある紫色を呈する。粘液でつくった浮嚢(ふのう)により海表面で浮遊生活をする。インド洋
36. あさがお‐がた[あさがほ‥]【朝顔形】
日本国語大辞典
〔名〕「あさがおなり(朝顔形)」に同じ。
37. あさがおがた‐ちゃわん[あさがほがた‥]【朝顔形茶碗】
日本国語大辞典
〔名〕「あさがおぢゃわん(朝顔茶碗)」に同じ。*随筆・守貞漫稿〔1837~53〕二八「朝顔形茶碗、口径二寸六七分外准〓之」
38. あさがお‐くぎ[あさがほ‥]【朝顔釘】
日本国語大辞典
〔名〕茶室の花明窓(はなあかりまど)につけられた釘。朝顔など蔓物(つるもの)の花入れをかけるのに用いる。
39. あさがお‐ざる[あさがほ‥]【朝顔笊】
日本国語大辞典
〔名〕朝顔の花のように、上部が開き下部がつぼまった形の笊。
40. あさがお‐せんべい[あさがほ‥]【朝顔煎餠】
日本国語大辞典
〔名〕朝顔の花を側面から見たような形をした煎餠。江戸京橋北八丁堀藤屋清左衛門の創製といわれ、元祿(一六八八~一七〇四)頃の江戸名物。*俳諧・富士石〔1679〕三
41. あさがおせんぺい‐の‐くま[あさがほセンペイ‥]【朝顔仙平隈】画像
日本国語大辞典
〔名〕隈取(くまどり)の一つ。歌舞伎十八番「助六」に出てくる髭(ひげ)の意休の子分で、半道敵役の朝顔仙平が用いるもので、白塗りの顔に紅と青黛(せいたい)で朝顔に
42. あさがお‐ぞめ[あさがほ‥]【朝顔染】
日本国語大辞典
〔名〕元祿(一六八八~一七〇四)頃流行した染め模様の名称。朝顔の花の模様を紺、紫などでところどころ大形に染めたもの。*浮世草子・男色大鑑〔1687〕三・五「蕣染
43. あさがお‐だな[あさがほ‥]【朝顔棚】
日本国語大辞典
〔名〕朝顔の花のつるを延ばして、はわせてある棚。アサ〓オダナ
44. あさがお‐ぢゃわん[あさがほ‥]【朝顔茶碗】
日本国語大辞典
〔名〕藍、赤、鼠色などの絵模様のある朝顔形の茶碗。*歌舞伎・樟紀流花見幕張(慶安太平記)〔1870〕四幕「奚に床几二脚並べ△◯〓
45. あさがおづか【牽牛子〓
国史大辞典
奈良県高市郡明日香村越にある。低い丘陵地帯の端部にある円墳で、径約三〇メートル、高さ約三メートル、二段築成よりなる。石室は一種の横穴式であるが、巨大な凝灰岩を
46. あさがお‐ておけ[あさがほてをけ]【朝顔手桶】
日本国語大辞典
〔名〕華道用の朝顔の花の形をした手桶。
47. あさがお‐なり[あさがほ‥]【朝顔形】
日本国語大辞典
〔名〕茶碗、籠などが、朝顔の花の形をしていること。また、そのもの。*滑稽本・東海道中膝栗毛〔1802~09〕二・上「そのちゃわんを見や。施主の気がきかねへよ。あ
48. あさがおにっき[あさがほニッキ]【朝顔日記】
日本国語大辞典
浄瑠璃「生写朝顔話(しょううつしあさがおばなし)」の通称。時代物。五段。山田案山子遺稿、翠松園主人校補。天保三年(一八三二)大坂稲荷文楽芝居で初演。秋月の娘深雪
49. あさがおにっき【朝顔日記】
国史大辞典
義太夫節『生写朝顔話』の通称。時代物。五段。近松徳三遺稿。翠松園主人校補。天保三年(一八三二)正月二日から大坂竹本木々太夫座で初演。芸州岸戸の家老秋月弓之助の
50. 『朝顔日記』
日本史年表
1832年〈天保3 壬辰⑪〉 1・2 山田案山子作 『生写朝顔話』 (通称 『朝顔日記』 、近松徳三遺稿)、大坂竹本木々太夫座で初演。
「アサガオ」の情報だけではなく、「アサガオ」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

アサガオと同じ草・花・木カテゴリの記事
白露(日本国語大辞典)
(草木においた露が白く光って見えるところから)露。白く見える露。《季・秋》*万葉集〔8C後〕二〇・四三一二「秋草におく之良都由(シラツユ)のあかずのみあひ見るものを月をし待たむ〈大伴家持〉」*古今和歌集〔905〜914〕春上・二七「浅緑いとよりかけて白露を珠にもぬける春の柳か〈遍昭〉」
サクラ(桜)(日本大百科全書(ニッポニカ))
バラ科の落葉高木または低木で、おもに北半球の温帯と暖帯に分布する。サクラ属のうち、スモモ、モモ、ウメ、ニワウメ、ウワミズザクラなどの亜属を除いたサクラ亜属のものを一般にサクラと称し、花の美しいものが多く、日本の花の代表として外国にも知られている
紅葉(日本大百科全書(ニッポニカ))
一般的には、植物の葉が秋に、落葉に先だって赤に変わることをいう。また、葉が黄色や黄褐色になることを黄葉(こうよう)というが、これらをあわせて「もみじ」という。この現象はかならずしも秋の落葉の時期にのみみられるものではなく、幼葉が一時的に赤色になり、葉の成長とともに消失する場合
シバザクラ(日本大百科全書(ニッポニカ))
ハナシノブ科の多年草。アメリカ東部原産で、英名はモス・フロックス。茎は低く5~10センチメートル、地面をはうようにして広がり、よく枝を密生し、初めは軟毛をつけるが基部は木質化する。葉は常緑で堅く、披針形または針状で長さ約1センチメートル。3~5月、葉腋または枝先に桃紅色で
くぬぎ 【櫟・橡・櫪・椚・椢】(日本国語大辞典)
ブナ科の落葉高木。本州、四国、九州の山野に生え植林もされる。幹は高さ一五メートル、径六〇センチメートルにもなる。樹皮は深く縦に裂け、若枝には褐色毛を密布する。葉は柄があり互生し長さ八〜一五センチメートルの長楕円形で、縁は芒(のぎ)状に鋭く切れ込む。
草・花・木と同じカテゴリの記事をもっと見る


「アサガオ」は自然に関連のある記事です。
その他の自然に関連する記事
ハギ(日本大百科全書・世界大百科事典・日本国語大辞典)
マメ科(APG分類:マメ科)ハギ属の総称。落葉低木または多年草。萩の字があてられているが、中国語の「萩」は元来はキク科のヤマハハコ属植物をさす。茎が木質化して直立し、よく分枝して冬季に枝先のみ枯れるものと、地上部が地際のごく一部を除いてほとんど枯れて
イチジク(日本大百科全書・世界大百科事典)
クワ科(APG分類:クワ科)の落葉小高木。樹高3~4メートル。葉は互生し、有柄で3~7裂する掌状、肉厚く表面はざらつく。枝や葉を切ると白い乳液を出す。葉腋(ようえき)に、花托(かたく)が壺(つぼ)状に肥大し内壁に多数の白色小花を密生したいちじく花序を
ナシ(日本大百科全書・世界大百科事典・日本国語大辞典)
バラ科(APG分類:バラ科)ナシ属Pyrusに属する30余種の総称。ユーラシアの主として温帯に分布する。落葉高木ないし低木。花は白色。萼片(がくへん)、花弁ともに5枚を基本とする。雄しべは多数、雌しべは2~5本で基部まで分離する。子房は下位
ブドウ(日本大百科全書・世界大百科事典・日本国語大辞典)
ブドウ科(APG分類:ブドウ科)に属する落葉性つる植物。巻きひげがあり、種によって連続または断続的に葉と対生する。雌雄異株または両性株で、5~6月に房状の花をつける。花弁は5枚ほどで緑色、上部が融合しキャップ状となり、開花が始まると、帽子が脱げるよう
ナス(日本大百科全書・世界大百科事典)
ナス科(APG分類:ナス科)の多年草。熱帯では低木状になるが、栽培上は一年草として扱われ、霜にあたれば枯死する。おもにアジアで賞用される果菜で、欧米諸国での栽培は多くない。草丈は早生(わせ)品種で50~60センチメートル、晩生(おくて)品種では
自然に関連する記事をもっと見る


ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る