ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 自然
  6. >
  7. 植物
  8. >
  9. 草花木
  10. >
  11. つばき 【椿・海石榴・山茶】

ジャパンナレッジで閲覧できる『つばき 【椿・海石榴・山茶】』の辞書・事典・叢書別サンプルページ

日本国語大辞典

つばき 【椿・海石榴・山茶】

解説・用例

〔名〕

(1)ツバキ科の常緑高木または低木。本州中部以西の各地と本州中部以北の海岸付近に分布し、林の中に生える。観賞用に広く植えられる。まれに高さ一〇メートルを越す。葉は互生し、柄をもち厚く光沢がある。葉身は長さ約八センチメートルの楕円形ないし長楕円形または長卵形で先はとがり縁に細鋸歯(きょし)がある。早春、地方によっては冬、枝先に紅色の花をつけ、横または下向きに半開する。花弁は五枚あり、長さ約五センチメートルで基部は癒合している。雄しべは多数あり、下半部は癒合して筒状となり、さらに基部は花冠と癒合している。雌しべは一本で先端は三つに分かれている。果実は径約三センチメートルの球形で熟すと三裂して二〜五個の淡黒色の種子を出す。種子はオレインなどの油を含み、しぼりとって化粧用、食用、工業用にする。自生品のほか、多くの園芸品種があり、自生品をヤブツバキまたはヤマツバキと呼ぶ。園芸品種には白花・淡紅花、絞り咲き・八重咲きなどがある。自生品にもいくつかの変種がある。漢名、山茶。学名はCamellia japonica 《季・春》

*万葉集〔8C後〕二〇・四四八一「あしひきの八つ峯(を)の都婆吉(ツバキ)つらつらに見とも飽かめや植ゑてける君〈大伴家持〉」

*二十巻本和名類聚抄〔934頃〕二〇「椿 唐韻云椿〈〓倫反 和名豆波木〉木名也 楊氏漢語抄云海石榴〈和名上同本朝式等用之〉」

*俳諧・猿蓑〔1691〕四「うぐひすの笠おとしたる椿哉〈芭蕉〉」

*日本植物名彙〔1884〕〈松村任三〉「ツバキ 山茶」

(2)襲(かさね)の色目の名。表は蘇芳(すおう)、裏は紅または赤。五節から春まで用いる。

方言

植物。

(1)(葉が椿に似ているところから)まさき(柾)。つばき長野県北佐久郡485

(2)ばら(薔薇)。つばき山口県794

(3)はす(蓮)。つばき青森県三戸郡083

語源説

(1)光沢のあるさまをいう古語ツバから〔東雅〕。

(2)ツヤハキ(艷葉木)の義〔古今要覧稿・名言通・言葉の根しらべ=鈴江潔子・大言海〕。

(3)アツハキ(厚葉木)の義〔日本釈名・滑稽雑談所引和訓義解・日本語原学=林甕臣〕。

(4)ツヨキ葉の木の義か〔和句解〕。

(5)テルハキ(光葉木)の義〔言元梯〕。

(6)冬柏の意の朝鮮語ツンバクからか〔語理語源=寺西五郎〕。

(7)葉が変わらないところから、ツバキ(寿葉木)の義〔和語私臆鈔〕。

発音

〓ツンバキ〔南伊勢〕

〓[ツ]〓平安〓〓〓〓(バ)

上代特殊仮名遣い

ツバ

(※青色は甲類に属し、赤色は乙類に属する。

辞書

字鏡・和名・色葉・名義・和玉・文明・明応・天正・饅頭・黒本・易林・日葡・書言・ヘボン・言海

正式名称と詳細

表記

椿字鏡和名色葉名義和玉文明明応天正饅頭黒本易林書言言海

海石榴和名色葉名義書言

〓〓〓〓字鏡

山茶ヘボン

図版

椿(1)

ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。
つばき 【椿・海石榴・山茶】の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 7000
検索コンテンツ
1. 椿
字通
を得たる 椿庭 ちんてい 父。 椿堂 ちんどう 父。 椿年 ちんねん 椿寿。 椿府 ちんぷ 父。 椿齢 ちんれい 老年。 玉椿椿椿椿椿椿 老 ...
2. ツバキ
日本大百科全書
帯」として国の天然記念物に指定されている。富山県氷見(ひみ)市の「上田の椿」「不動の大椿」、愛媛県四国中央市の「猿田の椿」などの大木は県の天然記念物になっている ...
3. 椿
日本大百科全書
徳島県中東部、阿南(あなん)市の一地区。旧椿町。橘(たちばな)湾南部の小半島部を占める地域で、椿泊(どまり)はかつて阿波(あわ)水軍の本拠地であり、またカツオ漁 ...
4. 椿[温泉]
世界大百科事典
和歌山県西牟婁(にしむろ)郡白浜町にある温泉。白浜温泉の南東,山が迫る海岸にある。40℃の単純泉で,加熱して浴する。江戸前期,当地普門(ふもん)寺の僧が,シラサ ...
5. つばき【椿/山茶/海石榴】
デジタル大辞泉
多数の雄しべも基部が合着している。果実は球形で、秋に熟すと厚い果皮が裂けて黒い種子が現れ、種子から椿油をとる。ワビスケなど多くの品種があり庭木としても重用される ...
6. つばき【椿・海石榴・山茶】
日本国語大辞典
)の都婆吉(ツバキ)つらつらに見とも飽かめや植ゑてける君〈大伴家持〉」*二十巻本和名類聚抄〔934頃〕二〇「椿 唐韻云椿〓倫反 和名豆波木〉木名也 ...
7. つばき【椿】
日本国語大辞典
姓氏の一つ。〓[ツ] ...
8. つばき【椿】
全文全訳古語辞典
〔名詞〕 ❶木の名。ツバキ。(春の季語) ❷襲の色目の名。表は蘇芳、裏は赤。冬に用いる。  ...
9. つばき【椿】
国史大辞典
合色目の一つ。表蘇芳、裏赤か紅。一般には五節より春までの冬の季に着用と記されているが、内閣文庫本の『胡曹抄』によると、異説の中に取りあげられており、正月の季と ...
10. 椿(つばき)
古事類苑
植物部 洋巻 第1巻 537ページ ...
11. ちん【椿】[漢字項目]
デジタル大辞泉
伝説中の長寿の大木。「椿寿・椿葉/大椿」 2 思いがけないこと。「椿事・椿説」 〓〈つばき〉木の名。ツバキ科の常緑樹。「椿油」 [難読 ...
12. ちん【椿】[方言]
日本方言大辞典
ちん の木き植物つばき(椿)の一種。 九州※040本草啓蒙補遺(黒田斉清)1848以後 ...
13. ちん〔字音語素〕
日本国語大辞典
大椿、霊椿椿葉/(2)長寿のもの。父。/椿萱/椿寿、椿齢、椿庭、椿堂/(3)不意のできごと。思いがけない。「珍」に同じ。/椿説/椿事/賃 ...
14. つばき【椿】[方言]
日本方言大辞典
植物(1)(葉が椿に似ているところから)まさき(柾)。 長野県北佐久郡485佐久の植物方言(佐藤邦雄)1950(2)ばら(薔薇)。 山口県794山口県植物方言集 ...
15. つばき【椿】[標準語索引]
日本方言大辞典
やまつばき八重のつばき:椿せんつばき九月初旬、各戸が日を限って自分の山や畑のつばき:椿の実を採った後、他人の山に入ることきなぶり / すりやま変形したつばき:椿 ...
16. ツバキ
世界大百科事典
とツバキの自生地が分布し,椿山などとよばれ神聖視されている。椿山のツバキを折ると暴風雨が起こってたたるとされ,ここに近づくのさえ忌み,椿山明神などの神が祭られた ...
17. 以椿爲神木 (見出し語:椿)
古事類苑
神祇部 洋巻 第2巻 1802ページ ...
18. カメムシ
日本大百科全書
昆虫綱半翅(はんし)目異翅亜目Heteropteraに含まれる昆虫で、狭義ではカメムシ科Pentatomidae(あるいはカメムシ上科Pentatomoidea ...
19. かめ‐むし【椿象/亀虫】
デジタル大辞泉
半翅(はんし)目カメムシ科の昆虫の総称。体長3ミリ~3センチ。体は扁平で亀の甲に似る。触れると悪臭を放つ。口吻(こうふん)で、植物の汁や昆虫の体液を吸う。キンカ ...
20. かめ‐むし【椿象・亀虫】
日本国語大辞典
〔名〕カメムシ(半翅)目カメムシ科と、その近縁の科の昆虫の総称。体型が多くは亀の甲型の六角形で、体の後部は丸みを帯びる。前ばねは角質で、その後端部分だけが膜質で ...
21. ずんばい‐もも[づんばい‥]【椿桃・油桃】
日本国語大辞典
〔名〕(1)植物「つばいもも(椿桃)」の異名。*歌舞伎・傾城天の羽衣〔1753〕四幕「ずんばい桃の様にずくずくとはちくれてゐるそなた」(2)娘の若くて血色のよい ...
22. ちんかしゅう【椿花集】
デジタル大辞泉
飯田蛇笏の俳句集。昭和41年(1966)刊行。  ...
23. ちん‐けん【椿萱】
日本国語大辞典
〔名〕(「椿」は長寿の木で父にたとえ、「萱(わすれぐさ)」は主婦のいる部屋近くに植えるので母にたとえる)椿堂と萱堂。転じて、父と母。両親。*新編覆醤続集〔167 ...
24. ちん‐じ【珍事・椿事】
日本国語大辞典
*大乗院寺社雑事記‐文正元年〔1466〕六月一九日「以外珍事」*読本・椿説弓張月〔1807〜11〕拾遺・四九回「今宵の椿事(チンジ)は、ただ今老兵して、しらし給 ...
25. ちん‐じゅ【椿寿】
デジタル大辞泉
《「荘子」逍遥遊の「上古大椿という者あり、八千歳を以て春と為し、八千歳を秋と為す」から》長生きすること。長寿。特に、人の長寿を祝っていう語。  ...
26. ちん‐じゅ【椿寿】
日本国語大辞典
秋」による語。椿にとっては春と秋が各八千年であるというところから)人の長生きすること。長寿。*杜甫‐寄劉峡州伯華使君詩「但求〓椿寿永 ...
27. ちんじゅ‐き【椿寿忌】
日本国語大辞典
〔名〕俳人高浜虚子の命日。四月八日。虚子忌。《季・春》〓[ジュ] ...
28. 椿寿忌
デジタル大辞泉プラス
俳人・小説家の高浜虚子の忌日。4月8日。「虚子忌」ともいう。春の季語。 2015年12月 ...
29. ちん‐せつ【珍説・椿説】
日本国語大辞典
〔名〕(1)めずらしい話。変わった話。珍談。*浮世草子・万の文反古〔1696〕四・一「西国の珍節(チンセツ)ども御聞せくだされ」*談義本・根無草〔1763〜69 ...
30. 『椿説弓張月』
日本史年表
1805年〈文化2 乙丑⑧〉曲亭馬琴 『椿説弓張月』 前編刊(この頃より 読本流行 )。 1807年〈文化4 丁卯〉 1・‐ 曲亭馬琴 『椿説弓張月』 前編刊 ...
31. 椿説弓張月
日本大百科全書
江戸時代の読本(よみほん)。曲亭馬琴作、葛飾北斎(かつしかほくさい)挿絵。28巻29冊。前編は1807年(文化4)、後編、続編は1808年、拾遺は1810年、残 ...
32. 椿説弓張月
世界大百科事典
読本。曲亭馬琴作,葛飾北斎画。1807年(文化4)前編刊,11年完結。5編29冊から成る長編で,島渡り伝説で名高い鎮西八郎為朝を主人公としたロマン的な英雄小説。 ...
33. ちんせつゆみはりづき【椿説弓張月】
デジタル大辞泉
江戸後期の読本(よみほん)。5編28巻29冊。曲亭馬琴作、葛飾北斎画。文化4~8年(1807~1811)刊。「保元物語」「太平記」や中国の「水滸(すいこ)後伝」 ...
34. ちんせつゆみはりづき【椿説弓張月】
日本国語大辞典
江戸後期の読本。五編二九冊。曲亭馬琴作。葛飾北斎画。文化四〜八年(一八〇七〜一一)刊。源為朝を主人公として、為朝伝説を縦横に利用し、「保元物語」「太平記」などの ...
35. ちんせつゆみはりづき【椿説弓張月】
全文全訳古語辞典
[書名]江戸後期の読本。曲亭馬琴作。葛飾北斎画。一八〇七年(文化四)~一八一一年刊。源為朝伝説を主軸に、『保元物語』『太平記』『水滸後伝』など和漢の古典に構想を ...
36. ちんせつゆみはりづき【椿説弓張月】
国史大辞典
葛飾北斎画。五編二十八巻二十九冊。文化四年(一八〇七)―八年刊。「椿説」は珍説で、フィクションを意味し、為朝のながされた大島の椿と、九州の鎮西に通じさせ、「弓張 ...
37. ちんせつゆみはりづき【椿説弓張月】
歌舞伎事典
 戯曲。三幕八場。曲亭馬琴原作、三島由紀夫作・演出。昭和四四(1969)年一一月《海》に発表。同年一一月国立劇場初演。源為朝=八世松本幸四郎(後の初世白鸚)、高 ...
38. ちんたくじ【椿沢寺】新潟県:見附市/椿沢村
日本歴史地名大系
[現]見附市椿沢町 椿沢集落西方の東山丘陵にある。真言宗智山派、秘密山と号し、本尊阿弥陀如来。和銅年間(七〇八―七一五)行基創建と伝える。椿十二坊の本寺ともいう ...
39. ちん‐だん【珍談・椿談】
日本国語大辞典
知らないたア、迂々濶々といふ次第だ」*最暗黒之東京〔1893〕〈松原岩五郎〉二「彼等の生涯は如何に旅行的椿談(チンダン)綺話を以て満さるるよ」 ...
40. ちん‐てい【椿庭】
デジタル大辞泉
父のこと。→椿堂  ...
41. ちん‐てい【椿庭】
日本国語大辞典
〔名〕(「椿」は「荘子‐逍遙遊」に「上古有〓椿〓、以 ...
42. ちんていかいじゅ【椿庭海寿】
国史大辞典
一三一八―一四〇一 南北朝時代の臨済宗古林派の僧侶。竺仙梵僊の法嗣。遠江の人。文保二年(一三一八)生まれる。竺仙に師事し、貞和六年(一三五〇)入元、帰朝は応安 ...
43. 椿庭海寿
日本史年表
1373年〈【北朝】応安6・【南朝】文中2 癸丑⑩〉 この年 椿庭海寿 ,明より帰国(延宝伝燈録)。 1401年〈応永8 辛巳①〉 閏1・12 没。  ...
44. ちんてい-かいじゅ【椿庭海寿】
日本人名大辞典
1318−1401 南北朝-室町時代の僧。文保(ぶんぽ)2年生まれ。臨済(りんざい)宗。竺仙梵僊(じくせん-ぼんせん)の法をつぐ。観応(かんのう)元=正平(しょ ...
45. 椿庭海寿花押[図版]
国史大辞典
 (c)Yoshikawa kobunkan Inc.  ...
46. ちん‐どう【椿堂】
デジタル大辞泉
椿(つばき)は長寿の木であるところから》父の部屋。また、父のこと。椿庭。  ...
47. ちん‐どう[‥ダウ]【椿堂】
日本国語大辞典
〔名〕父の部屋。転じて、父のこと。椿庭。→萱堂(けんどう)・椿萱(ちんけん)*袁桷‐賦題「椿堂」 ...
48. ちん‐ぶん【珍聞・椿聞】
日本国語大辞典
〔名〕めずらしい風聞。珍奇な噂。ふしぎな話。奇聞。*安愚楽鍋〔1871〜72〕〈仮名垣魯文〉三・下「イヤ世の中には新聞外の珍聞(チンブン)があるヨ」*黒潮〔19 ...
49. ちん‐よう【椿葉】
デジタル大辞泉
《「荘子」逍遥遊に見える大木の椿は、八千年を一つの春または秋とするとあるところから》大椿(だいちん)の葉。長寿・永年のたとえ。  ...
50. ちん‐よう[‥エフ]【椿葉】
日本国語大辞典
賢之庭。椿葉秋久」*性霊集‐八〔1079〕藤左近将監為先妣設三七斎願文「所冀。時攀椿葉。数甞仙桃」色葉【椿葉】色葉 ...
「つばき 【椿・海石榴・山茶】」の情報だけではなく、「つばき 【椿・海石榴・山茶】」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

つばき 【椿・海石榴・山茶】と同じ草花木カテゴリの記事
白露(日本国語大辞典)
(草木においた露が白く光って見えるところから)露。白く見える露。《季・秋》*万葉集〔8C後〕二〇・四三一二「秋草におく之良都由(シラツユ)のあかずのみあひ見るものを月をし待たむ〈大伴家持〉」*古今和歌集〔905〜914〕春上・二七「浅緑いとよりかけて白露を珠にもぬける春の柳か〈遍昭〉」
サクラ(桜)(日本大百科全書(ニッポニカ))
バラ科の落葉高木または低木で、おもに北半球の温帯と暖帯に分布する。サクラ属のうち、スモモ、モモ、ウメ、ニワウメ、ウワミズザクラなどの亜属を除いたサクラ亜属のものを一般にサクラと称し、花の美しいものが多く、日本の花の代表として外国にも知られている
紅葉(日本大百科全書(ニッポニカ))
一般的には、植物の葉が秋に、落葉に先だって赤に変わることをいう。また、葉が黄色や黄褐色になることを黄葉(こうよう)というが、これらをあわせて「もみじ」という。この現象はかならずしも秋の落葉の時期にのみみられるものではなく、幼葉が一時的に赤色になり、葉の成長とともに消失する場合
シバザクラ(日本大百科全書(ニッポニカ))
ハナシノブ科の多年草。アメリカ東部原産で、英名はモス・フロックス。茎は低く5~10センチメートル、地面をはうようにして広がり、よく枝を密生し、初めは軟毛をつけるが基部は木質化する。葉は常緑で堅く、披針形または針状で長さ約1センチメートル。3~5月、葉腋または枝先に桃紅色で
くぬぎ 【櫟・橡・櫪・椚・椢】(日本国語大辞典)
ブナ科の落葉高木。本州、四国、九州の山野に生え植林もされる。幹は高さ一五メートル、径六〇センチメートルにもなる。樹皮は深く縦に裂け、若枝には褐色毛を密布する。葉は柄があり互生し長さ八〜一五センチメートルの長楕円形で、縁は芒(のぎ)状に鋭く切れ込む。
草花木と同じカテゴリの記事をもっと見る


「つばき 【椿・海石榴・山茶】」は自然に関連のある記事です。
その他の自然に関連する記事
ツルレイシ(日本大百科全書・世界大百科事典)
ウリ科(APG分類:ウリ科)の一年生つる草。熱帯アジア原産。果実を食用とするが、苦味があるためニガウリ(苦瓜)ともよばれる。茎は細く長さ2~5メートル、巻きひげで他物に絡みつく。葉は互生し、掌状に裂ける。雌雄異花。夏、葉腋に黄色の小花をつける
カタバミ(日本大百科全書・世界大百科事典・日本国語大辞典)
カタバミ科(APG分類:カタバミ科)の多年草。全体に薄く毛が生える。根は肥厚し、そこから地上に多くの走出枝を出し、上部は斜上して長さ10~30センチメートルになる。小枝が多く、地に接する茎からさらに細い根を出すことがある。葉は根生し、また茎上では互生して
ソメイヨシノ(日本大百科全書・日本国語大辞典)
バラ科(APG分類:バラ科)の落葉高木。オオシマザクラとエドヒガンの雑種で、明治初年に東京・染井(現在の豊島(としま)区巣鴨(すがも)付近)の植木屋から売り出されたサクラである。初めはヨシノザクラとよんでいたが、奈良県吉野山のヤマザクラと混同されやすいので
鹿島槍ヶ岳(日本歴史地名大系)
後立山連峰のほぼ中央、立山町・宇奈月(うなづき)町・長野県大町市の境界にそびえ、角閃石岩や輝石安山岩からなる。標高二八八九・七メートル。南槍・北槍の両峰が並び立ち、両峰間の吊(つり)尾根も美しい双耳峰で、しかも多くの岩場を有する
五龍岳(日本歴史地名大系)
後立山連峰のほぼ中央部、宇奈月(うなづき)町と長野県大町市との境界にそびえ立つ雄峻な岩山。標高二八一四・一メートル。五竜とも記される。割菱状の岩壁が山体の東面を構成しているので割菱(わりびし)ノ頭(あたま)とよばれたが
自然に関連する記事をもっと見る


ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る