ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 文学
  6. >
  7. 古典文学
  8. >
  9. 物語・伝記・散文
  10. >
  11. 花桜折る少将 堤中納言物語

ジャパンナレッジで閲覧できる『花桜折る少将 堤中納言物語』の辞書・事典・叢書別サンプルページ

日本古典文学全集

新編 日本古典文学全集
花桜折る少将(堤中納言物語)
はなざくらおるしょうしょう(つつみちゅうなごんものがたり)
【閲覧画面サンプル】
花桜折る少将(堤中納言物語) 全体

【上記の拡大画像】
花桜折る少将(堤中納言物語) 拡大

【現代語訳】
〔一〕 月の光にだまされて、夜深いころ、もう暁かと起きだしてしまったが、常に似ぬ早帰りをどう思っているだろう、と今別れてきた女の心中が不憫にも思われるけれど、引き返すにも遠い道のり、このまま帰るとしようと心を決めて歩みを進めると、道わきの小家も寝静まっていて、いつもの生業の音も聞こえない。雲一つない月明りに、あちこちの盛りの桜も、空と一つに見まがうばかりに溶けあって霞んでいる。もう少し、今まで過ぎてきた家々の梢よりも、色鮮やかな月明りの桜の眺めに、このまま行き過ぎにくい気がして、即興に一首、そなたへと……(あなたの方へ通り過ごすこともできない。この美しい桜に心ひかれて、この木陰につい足が向いてしまう)と、口ずさんでいるうちに、「以前この家に、親しくした女がいたっけ」と記憶が立ち戻ってきて、立ち尽していると、荒れた土塀の崩れから、白い衣を着たのが、ひどくせきをしながら出てくる様子だ。見過ごしてしまえぬていに荒れて、人住みげにも見えぬ所なので、あちこち中をうかがって

【目次】
堤中納言物語(扉)凡例花桜折る少将(扉)梗概〔一〕月明りの夜、花桜の邸を垣間見る〔二〕光季に昨夜の姫君への手引きを依頼〔三〕姫君と尼君をまちがえた幕切れ

ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。
花桜折る少将 堤中納言物語の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 12
検索コンテンツ
1. 堤中納言物語画像
日本大百科全書
原形としたために生じたと思われるので、その意図は計りかねるが、通行本の順序により、各編の荒筋を述べる。〔花桜折る少将〕垣間見かいまみをした姫君を盗み出そうとした
2. 堤中納言物語
世界大百科事典
のなんらかの作為とみるほうが自然か。なお,《異本堤中納言物語》は擬古物語《小夜衣(さよごろも)》の前半の伝本の誤称である。松尾 聰 花桜折る少将 このついで 虫
3. つつみちゅうなごんものがたり【堤中納言物語】
日本国語大辞典
わが国最初の短編物語集。一〇巻一〇冊。「花桜折る少将」「このついで」「虫めづる姫君」「ほどほどの懸想」「逢坂越えぬ権中納言」「貝合」「思はぬ方にとまりする少将」
4. つつみちゅうなごんものがたり【堤中納言物語】
全文全訳古語辞典
も交えて鋭く描いているところに、近代の短編小説に通じる新しさが見られる。姫と老尼をまちがえて盗み出す「花桜折る少将」、気味悪い虫を集めて楽しむ「虫めづる姫君」な
5. つつみちゅうなごんものがたり【堤中納言物語】
国史大辞典
た作で、小式部という作者名も判明している。その他の諸作は成立年代も作者名も不詳であるが、『花桜折る少将』『このついで』『ほどほどの懸想(けそう)』『貝合』などの
6. 堤中納言物語
日本古典文学全集
姫君を盗み出そうとするが人違いしてしまう「花桜折る少将」、母なき姫を陰から応援する「貝合(あはせ)」、書簡風の短編「よしなしごと」など、10編の物語と数行の断片
7. 国文学全史 2 平安朝篇 285ページ
東洋文庫
堤中納言物語』  『堤中納言物語』は普通の順序で、「花桜折る少将」「このついで」「虫めづる姫君」「ほどほどの懸想」「逢坂 越えぬ権中納言」「貝合せ」「思はぬ方
8. 国文学全史 2 平安朝篇 287ページ
東洋文庫
言物語全註解』昭和三七年刊、土岐武治『堤中納言物語の研究』昭和四二年刊、野村一三「堤中納言物語中八 編の作者について」『平安文学研究』40 昭和四三年六月、松村
9. 狭衣物語 240ページ
日本古典文学全集
しているという現状を指す。土塀の上に屋根を葺いたもの。泥土で築いてあるので崩れやすい。この辺、『堤中納言物語』「花桜折る少将」の冒頭部の舞台に似る。「隈なき月に
10. 竹取物語 67ページ
日本古典文学全集
「少将」と誤写した例、あるいは「少将」を「中将」と誤写した例は、『落窪物語』や『堤中納言物語』の「花桜折る少将」をはじめ数多い。中将は近衛府の中将。なお、高野氏
11. 夜の寝覚 39ページ
日本古典文学全集
用句を踏まえる。『大鏡』伊尹伝に「前少将、後少将とて、花を折りたまひし君達」、『堤中納言物語』に「花桜折る少将」の題名などもある。身繕いして。昨夜の女を但馬守の
「花桜折る少将 堤中納言物語」の情報だけではなく、「花桜折る少将 堤中納言物語」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

花桜折る少将 堤中納言物語と同じ物語・伝記・散文カテゴリの記事
うつほ物語(宇津保物語)(日本古典文学全集・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典・国史大辞典)
平安時代の物語。題名は首巻の「俊蔭」の巻で、主人公の仲忠が母と杉の洞穴で生活したことによる。従来「宇津保」と書かれていたが、変体仮名の原漢字を用いたもので、題意からは「うつほ(ウツオ)」がよい。成立時代は円融朝(969~984)~
落窪物語(日本古典文学全集・日本大百科全書・世界大百科事典・国史大辞典)
〔一〕今は昔のこと、中納言である人で、姫君を大勢持っていらっしゃった方がおられた。長女や次女の君には婿を迎えて、それぞれ西の対、東の対に派手に住まわせ申しあげなさって、「三女、四女の君には裳着の式をして差し上げよう」と、大事にお世話なさる
唐物語(国史大辞典・世界大百科事典)
中国説話二十七篇を歌物語風に翻訳した物語。一冊。前田綱紀の手記『桑華書志』所収の『古蹟歌書目録』は『漢物語』として作者を藤原成範と伝える。これが『唐物語』を指す蓋然性は高く、院政期の成立と見てよい。各話は王朝物語にもしばしば引用される著名な人物が配される。
とりかへばや物語(国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
平安時代末期の物語。運命のいたずらで女装、男装を余儀なくされた異腹の兄妹の物語。作者未詳。三巻三冊または四巻四冊。『とりかへばや』には古本と今本とがあり、古本は散佚、古本を改作した「今とりかへばや」が『とりかへばや』『とりかへばや物語』の名で現存する。
今鏡(日本大百科全書・世界大百科事典)
平安末期の歴史物語。1170年(嘉応2)成立説とそれ以後とする説とがあり、作者は藤原為経(寂超)説が有力。『大鏡』を受けて、1025年(万寿2)から1170年までの歴史を、座談形式を用い、紀伝体で叙述したもの。巻1~3は後一条天皇から高倉天皇までの帝紀、巻4~6は藤原氏
物語・伝記・散文と同じカテゴリの記事をもっと見る


「花桜折る少将 堤中納言物語」は古典文学に関連のある記事です。
その他の古典文学に関連する記事
このついで 堤中納言物語(日本古典文学全集)
〔一〕「起きもせず寝もせで夜をあかしては」と古歌に詠まれた春雨を、中宮が物思わしげに眺めていらっしゃる昼のころ、台盤所にいる女房たちが、「宰相中将様がいらっしゃるのですね。いつものお召し物の薫物のにお
花桜折る少将 堤中納言物語(日本古典文学全集)
〔一〕月の光にだまされて、夜深いころ、もう暁かと起きだしてしまったが、常に似ぬ早帰りをどう思っているだろう、と今別れてきた女の心中が不憫にも思われるけれど、引き返すにも遠い道のり、このまま帰るとしよう
浮世物語(日本古典文学全集)
【現代語訳】一浮世という事「ちょっと古くなりましたが、俗謡の『おかしなものだ、心というのは、自分のものでありながら、少しもままにならぬとは』という歌を、身分ある人も庶民も、男も女も、老人も若者も、みなうたっていま
御伽物語(日本古典文学全集)
【現代語訳】第一荒れ果てた寺を再興した僧の事昔の人で、時を惜しんで、灯を掲げ、夜を昼のように明るくして、続けて過した人がいる。それなのにあなたはなぜ、時を惜しまずお眠りなさるのか。私のような、聞いた片端から忘れる
集外歌仙(日本古典文学全集)
【現代語訳】集外歌仙左嶺の炭竈平常縁立ち昇る煙が立っていなくては、炭竈がそこにあるとも、さあ見てもわからない、峰には白雪が積っていて。煙によってはじめて白雪に蔽われた峰の炭竈が知られるという趣向。古風だが手馴れて
古典文学に関連する記事をもっと見る


ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る