ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 文学
  6. >
  7. 古典文学
  8. >
  9. 物語・伝記・散文・読本・滑稽本・噺本
  10. >
  11. 花桜折る少将 堤中納言物語

花桜折る少将 堤中納言物語

ジャパンナレッジで閲覧できる『花桜折る少将 堤中納言物語』の日本古典文学全集のサンプルページ

新編 日本古典文学全集
花桜折る少将(堤中納言物語)
はなざくらおるしょうしょう(つつみちゅうなごんものがたり)
【閲覧画面サンプル】
花桜折る少将(堤中納言物語) 全体

【上記の拡大画像】
花桜折る少将(堤中納言物語) 拡大

【現代語訳】
〔一〕 月の光にだまされて、夜深いころ、もう暁かと起きだしてしまったが、常に似ぬ早帰りをどう思っているだろう、と今別れてきた女の心中が不憫にも思われるけれど、引き返すにも遠い道のり、このまま帰るとしようと心を決めて歩みを進めると、道わきの小家も寝静まっていて、いつもの生業の音も聞こえない。雲一つない月明りに、あちこちの盛りの桜も、空と一つに見まがうばかりに溶けあって霞んでいる。もう少し、今まで過ぎてきた家々の梢よりも、色鮮やかな月明りの桜の眺めに、このまま行き過ぎにくい気がして、即興に一首、そなたへと……(あなたの方へ通り過ごすこともできない。この美しい桜に心ひかれて、この木陰につい足が向いてしまう)と、口ずさんでいるうちに、「以前この家に、親しくした女がいたっけ」と記憶が立ち戻ってきて、立ち尽していると、荒れた土塀の崩れから、白い衣を着たのが、ひどくせきをしながら出てくる様子だ。見過ごしてしまえぬていに荒れて、人住みげにも見えぬ所なので、あちこち中をうかがって

【目次】
堤中納言物語(扉)凡例花桜折る少将(扉)梗概〔一〕月明りの夜、花桜の邸を垣間見る〔二〕光季に昨夜の姫君への手引きを依頼〔三〕姫君と尼君をまちがえた幕切れ

上記は、日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書サービス「ジャパンナレッジ」のサンプル記事です。

ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。


花桜折る少将 堤中納言物語の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 12
検索コンテンツ
1. 堤中納言物語画像
日本大百科全書
原形としたために生じたと思われるので、その意図は計りかねるが、通行本の順序により、各編の荒筋を述べる。〔花桜折る少将〕垣間見かいまみをした姫君を盗み出そうとした
2. 堤中納言物語
世界大百科事典
のなんらかの作為とみるほうが自然か。なお,《異本堤中納言物語》は擬古物語《小夜衣(さよごろも)》の前半の伝本の誤称である。松尾 聰 花桜折る少将 このついで 虫
3. つつみちゅうなごんものがたり【堤中納言物語】
日本国語大辞典
わが国最初の短編物語集。一〇巻一〇冊。「花桜折る少将」「このついで」「虫めづる姫君」「ほどほどの懸想」「逢坂越えぬ権中納言」「貝合」「思はぬ方にとまりする少将」
4. つつみちゅうなごんものがたり【堤中納言物語】
全文全訳古語辞典
も交えて鋭く描いているところに、近代の短編小説に通じる新しさが見られる。姫と老尼をまちがえて盗み出す「花桜折る少将」、気味悪い虫を集めて楽しむ「虫めづる姫君」な
5. つつみちゅうなごんものがたり【堤中納言物語】
国史大辞典
た作で、小式部という作者名も判明している。その他の諸作は成立年代も作者名も不詳であるが、『花桜折る少将』『このついで』『ほどほどの懸想(けそう)』『貝合』などの
6. 堤中納言物語
日本古典文学全集
姫君を盗み出そうとするが人違いしてしまう「花桜折る少将」、母なき姫を陰から応援する「貝合(あはせ)」、書簡風の短編「よしなしごと」など、10編の物語と数行の断片
7. 国文学全史 2 平安朝篇 285ページ
東洋文庫
堤中納言物語』  『堤中納言物語』は普通の順序で、「花桜折る少将」「このついで」「虫めづる姫君」「ほどほどの懸想」「逢坂 越えぬ権中納言」「貝合せ」「思はぬ方
8. 国文学全史 2 平安朝篇 287ページ
東洋文庫
言物語全註解』昭和三七年刊、土岐武治『堤中納言物語の研究』昭和四二年刊、野村一三「堤中納言物語中八 編の作者について」『平安文学研究』40 昭和四三年六月、松村
9. 狭衣物語 240ページ
日本古典文学全集
しているという現状を指す。土塀の上に屋根を葺いたもの。泥土で築いてあるので崩れやすい。この辺、『堤中納言物語』「花桜折る少将」の冒頭部の舞台に似る。「隈なき月に
10. 竹取物語 67ページ
日本古典文学全集
「少将」と誤写した例、あるいは「少将」を「中将」と誤写した例は、『落窪物語』や『堤中納言物語』の「花桜折る少将」をはじめ数多い。中将は近衛府の中将。なお、高野氏
11. 夜の寝覚 39ページ
日本古典文学全集
用句を踏まえる。『大鏡』伊尹伝に「前少将、後少将とて、花を折りたまひし君達」、『堤中納言物語』に「花桜折る少将」の題名などもある。身繕いして。昨夜の女を但馬守の
「花桜折る少将 堤中納言物語」の情報だけではなく、「花桜折る少将 堤中納言物語」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る▶

花桜折る少将 堤中納言物語と同じ物語・伝記・散文・読本・滑稽本・噺本カテゴリの記事
うつほ物語(宇津保物語)(日本古典文学全集・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典・国史大辞典)
平安時代の物語。題名は首巻の「俊蔭」の巻で、主人公の仲忠が母と杉の洞穴で生活したことによる。従来「宇津保」と書かれていたが、変体仮名の原漢字を用いたもので、題意からは「うつほ(ウツオ)」がよい。成立時代は円融朝(969~984)~
落窪物語(日本古典文学全集・日本大百科全書・世界大百科事典・国史大辞典)
〔一〕今は昔のこと、中納言である人で、姫君を大勢持っていらっしゃった方がおられた。長女や次女の君には婿を迎えて、それぞれ西の対、東の対に派手に住まわせ申しあげなさって、「三女、四女の君には裳着の式をして差し上げよう」と、大事にお世話なさる
唐物語(国史大辞典・世界大百科事典)
中国説話二十七篇を歌物語風に翻訳した物語。一冊。前田綱紀の手記『桑華書志』所収の『古蹟歌書目録』は『漢物語』として作者を藤原成範と伝える。これが『唐物語』を指す蓋然性は高く、院政期の成立と見てよい。各話は王朝物語にもしばしば引用される著名な人物が配される。
とりかへばや物語(国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
平安時代末期の物語。運命のいたずらで女装、男装を余儀なくされた異腹の兄妹の物語。作者未詳。三巻三冊または四巻四冊。『とりかへばや』には古本と今本とがあり、古本は散佚、古本を改作した「今とりかへばや」が『とりかへばや』『とりかへばや物語』の名で現存する。
今鏡(日本大百科全書・世界大百科事典)
平安末期の歴史物語。1170年(嘉応2)成立説とそれ以後とする説とがあり、作者は藤原為経(寂超)説が有力。『大鏡』を受けて、1025年(万寿2)から1170年までの歴史を、座談形式を用い、紀伝体で叙述したもの。巻1~3は後一条天皇から高倉天皇までの帝紀、巻4~6は藤原氏
物語・伝記・散文・読本・滑稽本・噺本と同じカテゴリの記事をもっと見る


「花桜折る少将 堤中納言物語」は古典文学に関連のある記事です。
その他の古典文学に関連する記事
男色大鑑(日本古典文学全集)
色はふたつの物あらそい 神々が空に輝いていた御代の初め、天の浮橋の川原に住んでいた鶺鴒という鳥に教えられて、国常立尊は衆道に基づいて日の千麿の尊をお愛しなさった。すべての虫までも、男色の体位をとっているので、日本を蜻蛉国ともいうのである。
好色敗毒散(日本古典文学全集)
第一 長崎船 あなたはご存じだろう、備前焼の水瓶は、大きいが値段が安い。名物の茶入れは、小さいけれどもその価格は千両もすることである。この理法からすると天竺・震旦は国土が広大であるといっても、小国のわが日本には、はるかに劣っているのも、道理なのだなあ
かなめいし(仮名草子集)(日本古典文学全集)
春が過ぎ夏も来て、その夏もしだいに半ばになると、藤や山吹の散った後、続いて咲く垣根の卯の花、大和撫子。庭もさながら錦を敷いたかと思える中、千葉・万葉・梨月・名月などというさつきも、とりどりにほころび始める。山ほととぎすは声の限り盛んに鳴き
おくのほそ道(日本大百科全書・世界大百科事典)
芭蕉(ばしょう)の俳諧(はいかい)紀行。1689年(元禄2・芭蕉46歳)の3月27日、門人河合曽良(かわいそら)を伴って江戸を旅立ち、奥羽、北陸の各地を巡遊、8月21日ごろ大垣に入り、さらに伊勢(いせ)参宮へと出発するまでの、約150日間にわたる旅を
世間胸算用(国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
浮世草子。五巻五冊。井原西鶴作。元禄五年(一六九二)正月刊。各巻四章、合計二十編の短編を集めた町人物。題名の下に「大晦日(おおつごもり)は一日千金」と副題し、また、「元日より胸算用油断なく、一日千金の大晦日をしるべし」(序文)と記すように、当時の経済
古典文学に関連する記事をもっと見る


ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る▶