ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 文学
  6. >
  7. 古典文学
  8. >
  9. 日記
  10. >
  11. 明月記

ジャパンナレッジで閲覧できる『明月記』の辞書・事典・叢書別サンプルページ

日本大百科全書・世界大百科事典・国史大辞典

日本大百科全書(ニッポニカ)

明月記
めいげつき

藤原定家 (ていか)の日記で「照光記」ともいう。現存は、1180年(治承4)の18歳から1235年(嘉禎1)74歳までの56年間の日次 (ひなみ)日記。途中欠脱もあるが、原本の多くが冷泉 (れいぜい)家時雨 (しぐれ)亭文庫に現存する。冷泉家に残る譲状 (ゆずりじょう)によると、仁治 (にんじ)年間(1240~43)まで記されたのであった。また、『明月記』の引用は嘉禎 (かてい)4年の記事まである。時雨亭文庫現蔵は、1192年(建久3)~1233年(天福1)までの54巻(途中欠脱年あり)で、そのほか諸文庫にも伝存する。定家の生活や個性を知る最大の資料であるほか、歌壇の動きや詠歌事情、『新古今集』撰修 (せんしゅう)の実状が詳細に記され、晩年に多くの古典書写をしたその実態が知られる。また、鎌倉初期の公家 (くげ)の政争や生活、ときには庶民社会の記事を含んでいて注目される。

[有吉 保]



世界大百科事典

明月記
めいげつき

藤原定家の漢文日記。別名《照光記》。原本には19歳に達した治承4年(1180)以降,仁治2年(1241)の死去直前までの分があったが,諸伝本では嘉禎1年(1235)までの56年間分が伝存,自筆本も冷泉家相伝の56巻をはじめ諸所に分蔵されている。日記は有職(ゆうそく)方面の記述にとどまらず,重代の歌人として御子左家(みこひだりけ)を継承,新古今時代を開花させ,晩年古典の書写校勘にはげんだ文学者定家の行動と情念を克明に記録,さらに政治生活,経済生活,家庭生活にも及んでいる。宮廷社会内部の激動する世相人心も描かれ,文学史・伝記研究だけでなく歴史資料としても価値が高い。また随所に苦悩や焦燥を混じえた所感や告白が書きこまれ,それ自体が文学作品としての芸術性をもちえている。刊本に,伝本7種を校合した国書刊行会本があるほか,《訓読明月記》(1977-79)があり,続群書類従完成会による増補改訂本もある。伝定家撰同名の歌書もあるが,別書。
[近藤 潤一]

[索引語]
藤原定家 照光記


国史大辞典

明月記
めいげつき
藤原定家の日記。別名『照光記』。本日記は定家から為家へ、さらに為相へと冷泉家当主に伝えられたもので『藤原為家譲状案』に、その相伝が記されている。これによると「故中納言入道殿日記、(自〓治承〓〓于仁治〓)」と日記の上限と下限が示され、下限は仁治とあるが、現存の収録記事は治承四年(一一八〇)二月、定家十九歳から嘉禎元年(一二三五)十二月、七十四歳までのものである。途中欠落部分があり、寿永元年(一一八二)・同二年・元暦元年(一一八四)・文治元年(一一八五)・同二年・同三年・同五年・建久四年(一一九三)・承元三年(一二〇九)・同四年・承久二年(一二二〇)・同三年・貞応元年(一二二二)・同二年・元仁元年(一二二四)・安貞二年(一二二八)の各年次の記事を欠く。なお、現在冷泉家時雨亭文庫に残されている定家自筆の『明月記』は全五十四巻で、建久三年三十一歳より天福元年(一二三三)七十二歳までのものである。この自筆五十四巻中、三十一巻には紙背文書があり、およそ五百六十七通に及ぶものである。「熊野道之間愚記略之建仁元年(一二〇一)十月」のいわゆる『熊野御幸記』や『明月記抄出』は、『明月記』の部分抄出である。定家のほぼ全生涯にわたっての生活記録の効用は大きく、定家の内部を知る手がかりとなり、その時代相としての宮廷・公家社会の様子などを伝える歴史資料としても貴重なものである。『明月記』を読みとることで解明せられた点は多く、特に辻彦三郎『藤原定家明月記の研究』では、治承四年九月条の「世上乱逆追討雖〓〓耳、不〓〓之、紅旗征戎非〓吾事〓」の記事は、実は定家の手による後年の追補であるとされ、『白氏文集』の詩句をふまえてみずからの心境を表出したとみて、後年追記の年次については定家書写の『後撰和歌集』承久三年奥書中に「紅旗征戎非〓吾事〓」と記されていることなどから承久ごろとされるが、承久三年の『後撰和歌集』奥書の方にも問題点があり、疑問の残るところである。しかしながら、定家自身が新たに追補したことの真意などの問題を含めて、定家の内面を考える上での第一級の資料である位置はゆるがない。翻刻に、国書刊行会刊『明月記』全三巻、続群書類従完成会刊『明月記』全八巻(『史料纂集』、刊行中)がある。また、今川文雄訳『訓読明月記』全六巻がある。
(有吉 保)
ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。
明月記の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 967
検索コンテンツ
1. 明月記
日本大百科全書
冷泉家に残る譲状ゆずりじょうによると、仁治にんじ年間(1240~43)まで記されたのであった。また、『明月記』の引用は嘉禎かてい4年の記事まである。時雨亭文庫現
2. 明月記
世界大百科事典
学作品としての芸術性をもちえている。刊本に,伝本7種を校合した国書刊行会本があるほか,《訓読明月記》(1977-79)があり,続群書類従完成会による増補改訂本も
3. めいげつき【明月記】
日本国語大辞典
鎌倉初期、藤原定家の漢文体日記。治承四年(一一八〇)から嘉禎元年(一二三五)に至る記事が現存するが、途中かなり脱落がある。もとは、定家の最晩年までの記事があった
4. めいげつき【明月記】
全文全訳古語辞典
[書名]鎌倉初期の日記。藤原定家著。原巻数不詳。一一八〇年(治承四)から一二三五年(嘉禎元)まで、一九才から七四才までの五六年間にわたる。和歌、公武関係、貴族等
5. めいげつき【明月記】
国史大辞典
位置はゆるがない。翻刻に、国書刊行会刊『明月記』全三巻、続群書類従完成会刊『明月記』全八巻(『史料纂集』、刊行中)がある。また、今川文雄訳『訓読明月記』全六巻が
6. 明月記(著作ID:511671)
新日本古典籍データベース
めいげつき 照光記 京極中納言藤定家卿記 藤原定家(ふじわらていか) 日記 
7. 明月記/歌道事(著作ID:511693)
新日本古典籍データベース
めいげつき/かどうのこと 歌道事 明月記抄出 明月記抜書/歌道事 明月別記/歌道事 明月記略 明月記和歌部類 歌道事類 一条兼良(いちじょうかねよし) 抄 歌学
8. 明月記要目(著作ID:511706)
新日本古典籍データベース
めいげつきようもく 明月記目録 目録 
9. 明月記類標(著作ID:511717)
新日本古典籍データベース
めいげつきるいひょう 索引 
10. あいずみちょう【藍住町】徳島県:板野郡
日本歴史地名大系
上皇の行在所に関しては、土成町吉田の御所屋敷、板野町下庄の栖養の森、当町勝瑞などに比定する説があるが、「明月記」安貞元年(一二二七)閏三月一五日条の記事から上皇
11. あいとくさんおうじあと【愛徳山王子跡】和歌山県:御坊市/吉田村
日本歴史地名大系
一〇日条に田藤次王子(善童子王子跡地は現御坊市湯川町富安)の次に愛徳山王子に参ったとあり、「明月記」元久二年(一二〇五)正月一日条によると、僧盛範が愛徳山王子修
12. あお‐げ[あを‥]【青毛】
日本国語大辞典
。つやのある黒色で、青みを帯びて見えるためにいう。また、特に「青毛の馬」をいう場合もある。*明月記‐建永元年〔1206〕一〇月二六日「童二人、〈青ケ馬、狩衣、紺
13. 青侍
世界大百科事典
また〈青〉を未熟の意味であるとし,年若く,かつ技量未熟な侍の称とする見解もある。用例は《中右記》《明月記》をはじめとする院政期以降の古記録や,《今昔物語集》《古
14. あおざむらい【青侍】
国史大辞典
『大鏡』にみえる「なまざむらい」と同じとし、青年および同じく官位の低い侍をいう。『中右記』『明月記』『古今著聞集』『宇治拾遺物語』『平家物語』などにみえ、井原西
15. あお‐にょうぼう[あをニョウバウ]【青女房】
日本国語大辞典
〔名〕(1)宮中や貴族の家に仕えるまだ年若の未熟な女性、また、身分の低い女性。*明月記‐元久元年〔1204〕一二月二日「押小路女房家云、二条殿青女房又有
16. あおにょうぼう【青女房】
国史大辞典
公卿の家に仕える六位の侍(青侍)の妻、宮仕えをしない女房。「なま女房」ともいい、未熟、年若の意味。『明月記』元久元年(一二〇四)十二月二日条や『太平記』、謡曲『
17. あく‐がん[‥グヮン]【握翫・握玩】
日本国語大辞典
〔名〕(詩文、絵などを)大切にしながら味わい楽しむこと。*明月記‐治承四年〔1180〕五月二九日「只見〓仁王会咒願
18. あく‐ひつ【悪筆】
日本国語大辞典
悪筆ながら少々裏書仕り畢ぬ」*海人藻芥〔1420〕「定家卿と云ふ名人の手跡、以外の悪筆也。然ども明月記と云ふ名誉の記録六合、皆自筆也」*評判記・色道大鏡〔167
19. あぐいあと【安居院跡】京都市:上京区/成逸学区/前之町地図
日本歴史地名大系
(法然上人行状画図)、「天下大導師名人也、能説名才」(尊卑分脈)といわれ、六九歳で没した(「明月記」嘉禎元年三月五日条など)。以後、隆承・憲実・澄俊と血脈相承し
20. あさまやま【浅間山】
国史大辞典
「あさまの嵩燃ゆ、峰石の焼くるなり、昼は黒煙立ち、夜は火気見ゆ」(原漢文)と報告している(『明月記』)。また『廻国雑記』に「今は世に煙をたえて信濃なる浅間が嶽は
21. あさまやま【浅間山】群馬県:吾妻郡
日本歴史地名大系
五日、信濃から京都に帰った藤原定家の使者は「あさまの嵩燃、峰石之焼也、昼黒煙立、夜火気見」(明月記)と述べている。文明一八年(一四八六)七月、上野国から鏑川の谷
22. あざかのみくりや【阿射賀御厨】
国史大辞典
れたが、定家のたびたびの抗議によって建保元年(一二一三)地頭渋谷左衛門尉は罷免されている。『明月記』には寛喜三年(一二三一)の飢饉など当御厨に関する記事が散見す
23. あざかのみくりや【阿射賀御厨】三重県:松阪市/大阿坂村
日本歴史地名大系
十三石」が併記される。小阿射賀御厨(その領家職)は、鎌倉時代初期、藤原定家の家領となっていた。「明月記」の正治元年(一一九九)一二月二六日条に「伊勢御厨司」の記
24. あしがため【足固】[方言]
日本方言大辞典
間仕切りの太い床材。敷居を付け根太を渡すもの。 長崎県壱岐島915続壱岐島方言集(山口麻太郎)1937明月記寛喜二年四月一二日・建築「夕立〓柱、打
25. あし‐がため【足堅・足固】
日本国語大辞典
云へり」(2)床下で、柱の間にとりつける横木。また、腰かけの脚や柱の下などを支えたり補強したりするもの。*明月記‐寛喜二年〔1230〕四月一二日・建築「夕立
26. あずまかがみ【吾妻鏡】
国史大辞典
今日残っていてそれと指摘されている書物には、京都の公家の日記として九条兼実の『玉葉』や藤原定家の『明月記』、鎌倉に下り将軍に近侍した公卿飛鳥井教定の日記、延暦寺
27. あたま を 上(あ)げる
日本国語大辞典
の謀叛心は、そろそろ頭(アタマ)を上(ア)げて来て居た」(3)人々がみんなそろう。こぞる。*明月記‐建仁三年〔1203〕正月二一日「日来如
28. あつ‐ぜつ【遏絶】
日本国語大辞典
絶之〓。是菅根計也」*明月記‐安貞元年〔1227〕一月八日「遇〓建久之政
29. あつたじんぐう【熱田神宮】愛知県:名古屋市/熱田区/宮宿
日本歴史地名大系
院・中宮鷹司院・後深草院・伏見上皇・花園上皇と、持明院統の最有力御領の一つとして伝領された(明月記、玉葉、伏見宮御記録、水無瀬神宮文書など)。通例のように、熱田
30. 尼崎[市]
世界大百科事典
》にえがかれて有名。以後も河尻の砂浜は発達し,大物浜の南側に新しく開けた場所が尼崎である。《明月記》寛喜2年(1230)4月3日条に,大物とならんで尼崎の地名が
31. あまがさき【尼崎】
国史大辞典
神崎川河口の河尻は平安時代内海航路の発着点として発達、のち神崎・浜崎・杭瀬・大物などに発展。神崎の遊女は『明月記』のほか文学作品で有名。また猪名荘南端に長洲浜が
32. あまがさき【尼崎】兵庫県:尼崎市
日本歴史地名大系
しようとした際に、随行していた公卿から「大物尼崎等名字異様也、住吉可宜」と進言されている(「明月記」同月六日条)。〔鎌倉時代の尼崎〕平安時代末期に誕生した新地尼
33. あめしのしょう【雨師庄】奈良県:宇陀郡/榛原町/雨師村
日本歴史地名大系
同庄は法皇の施入になるものであろう。その後、本家職は同三年同法皇皇女の宣陽門院に譲渡された(明月記)。貞応三年(一二二四)の宣陽門院覲子内親王所領目録(島田文書
34. 綾
日本大百科全書
化していく。これらは古代末期から国産化に成功した唐から綾とよぶものにあてはまるかもしれない(明月記)。さらに織部司おりべのつかさの伝統を引く舎人とねりの綾が著名
35. ありま【有馬】兵庫県:神戸市/北区/湯山町
日本歴史地名大系
九月一九日条に「津国の有間温湯に幸す」とあるように古代以来の温泉地で、鎌倉時代頃より湯山(「明月記」元久二年閏七月八日条)ともいわれるようになる。「万葉集」巻七
36. ありまおんせん【有馬温泉】兵庫県:神戸市/北区/湯山町
日本歴史地名大系
もあり(「明月記」寛喜三年九月一六日条など)、後深草天皇も有馬温泉の湯を取寄せている(「百錬抄」正元元年一〇月五日条)。なおこの間、湯山辺りで赤斑瘡が流行したこ
37. あわ‐がゆ[あは‥]【粟粥】
日本国語大辞典
米の飯を炊き、湯が吹きあがった時に水洗いした粟を入れて炊きこみ、火をひいて蒸す。病人用の食べ物。*明月記‐嘉禎元年〔1235〕一一月一四日「夕金蓮来云、可
38. あん‐ぴ【安否】
日本国語大辞典
〔名〕(「あんび」とも)(1)安らかであるか、そうでないか。安全か否か。興るか亡びるか。安心と不安。あんぷ。*明月記‐治承四年〔1180〕五月三〇日「前途又不
39. いかんのそくたい【衣冠束帯】
国史大辞典
が普通になり、直衣を束帯の代用にすることによる直衣の束帯の名称に対して、衣冠の束帯という。『明月記』正治二年(一二〇〇)正月八日の法勝寺御幸条にも、供奉の殿上人
40. いがしのへん【伊賀氏の変】
国史大辞典
ることで、特に前者の毒殺説は事件から三年後、承久の乱京方首謀者の一人二位法印尊長の言として『明月記』に記録されている。事件に一役買っている一条実雅が尊長の実弟で
41. いきみたま【生見玉】
国史大辞典
ミタマ参りといった。正月は死霊を拝する時ではないから、このミタマは生見玉と考えるのがよい。古く『明月記』寛喜元年(一二二九)七月十四日条に「古今有
42. いくたのもり【生田森】兵庫県:神戸市/中央区/生田宮村
日本歴史地名大系
障子絵の選定が藤原定家に任された際、生田杜もその一つに選ばれ、絵師兼康は写生のため当地を訪れている(「明月記」同年五月一四日・一六日条)。建武五年(一三三八)五
43. いけだごう【池田郷】大阪府:和泉市/池田下村
日本歴史地名大系
が、結局一〇月末になって親綱は池田郷をとり上げられたうえ、解官となり御所を追放されている(「明月記」建保元年一〇月二九日条・三〇日条)。この紛争の最中の建暦三年
44. いけばな画像
世界大百科事典
見ることもできる。鎌倉期になると室内において挿した花が観賞された記録も多くなり,藤原定家の《明月記》などには花瓶に種々の花を立てて,花合せを行ったことが記されて
45. い‐こ[ヰ‥]【遺孤】
日本国語大辞典
営今日之事〓」*明月記‐寛喜元年〔1229〕七月二八日「失父之嫡子、為繦
46. 十六夜日記(中世日記紀行集) 295ページ
日本古典文学全集
もむことになって。仲恭天皇皇女、義子内親王。弘長元年(一二六一)院号、この年四十六歳。定家女、『明月記』建保元年(一二一三)十一月十四日「新中納言下僕小女」とあ
47. いずさんじんじゃ【伊豆山神社】静岡県:熱海市/伊豆山村
日本歴史地名大系
元久二年(一二〇五)閏七月二六日、京都の藤原定家は北条時政が伊豆山に幽閉されたとの噂を聞いている(明月記)。建永元年(一二〇六)三月二二日、常行堂に京都より本尊
48. いたみ【伊丹】
国史大辞典
列の主要舞台となった。猪名野と並んで昆陽野も有名で、『今昔物語集』に昆陽寺の鐘の話があり、『明月記』に藤原定家の詩歌がみえる。ここは昆陽の宿や市として次第に発展
49. いちかん‐ぎょう[イチクヮンギャウ]【一巻経】
日本国語大辞典
加えた一〇巻についていうことが多い。法華経を二八品としてとらえる時には一品経(いっぽんぎょう)という。*明月記‐寛喜二年〔1230〕八月二六日「八条殿一巻経、無
50. いちじょうにしどの【一条西殿】
国史大辞典
〓造歟」(『明月記』)と記している。 [参考文献]『大日本史料』五ノ八 天福元年二月十日条、『中古京師内外地図』
「明月記」の情報だけではなく、「明月記」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

明月記と同じ日記カテゴリの記事
蜻蛉日記(日本大百科全書・世界大百科事典・日本古典文学全集)
平安中期の歌人藤原道綱母の書いた回想録的な日記。道綱母の20歳ごろの954年(天暦8)、時の右大臣藤原師輔の三男兼家と結婚してから、974年(天延2)に兼家の通うのが絶えるまでの、20年間の記事をもつ。上中下の3巻からなり、上巻末尾に「あるかなきかの心地するかげろふの日記といふ
和泉式部日記(日本古典文学全集・日本大百科全書・世界大百科事典・国史大辞典)
【現代語訳】〔一〕夢よりもはかない人の世、亡き宮様とのことを、嘆きわずらいながら、夜を明かし日を暮しているうちに、四月十日すぎにもなったので、木々の葉陰の闇がしだいに濃くなってゆく。築地の上の草が青々としているのも、他人はことさら目もくれないけれど
成尋阿闍梨母集(国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
平安時代中期の家集。二巻。作者の出自・生没などは不明の点が多いが、源俊賢女として永延二年(九八八)ごろ生まれ、藤原実方の男と結婚して男二人を生み、間もなく夫に死別しわが子の成長を唯一の頼みに五十余年の寡婦生活を続けた。八十歳を超えた延久二年(一〇七〇)
讃岐典侍日記(日本古典文学全集・国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
〔一〕五月の空も、わたしの心に似て、雲に閉ざされ、雨が降り続いて、田植えに濡れた農夫の着物の裾も、わたしの衣の袖のように、干すことができずに困っているであろうが、それももっともなことと思われ、ただでさえうっとうしい折しも、何かと気を遣うことのない自宅
更級日記(国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
仮名日記文学。菅原孝標女の著。一巻。康平二年(一〇五九)ごろ成立。父の任国上総に伴われた作者が、ひそかに胸に抱いた『源氏物語』への憧憬の気持ちを日記の冒頭に記し、まず寛仁四年(一〇二〇)、十三歳の九月、上総介の任果てて上京する孝標一行の東海道旅の記を綴る。三ヵ月の旅は
日記と同じカテゴリの記事をもっと見る


「明月記」は古典に関連のある記事です。
その他の古典に関連する記事
明月記(日本大百科全書・世界大百科事典・国史大辞典)
藤原定家(ていか)の日記で「照光記」ともいう。現存は、1180年(治承4)の18歳から1235年(嘉禎1)74歳までの56年間の日次(ひなみ)日記。途中欠脱もあるが、原本の多くが冷泉(れいぜい)家時雨(しぐれ)亭文庫に現存する。冷泉家に残る譲状
節用集(日本大百科全書・世界大百科事典・日本国語大辞典)
国語辞書。もと一巻、のち二巻または三巻の体裁をとる。編者は特定できず、改編増補の過程でさまざまな人が手を入れたと考えられる。室町中期ごろに成立し、江戸初期にかけて多くの写本が成立するが、このころのものを「古本(こほん)節用集」と称して、近世の版本と
なやむ(全文全訳古語辞典・日本国語大辞典)
〔自動詞マ行四段〕{ま・み・む・む・め・め}[類義語]なやまし現代語の「なやむ」は主として精神的な苦痛を表すが、古語では、病気で苦しむ、わずらうなど、肉体的な苦痛をも表す。❶心を痛める。苦労する。難儀する。例「漕(こ)ぎのぼるに、川の水干て、悩み煩ふ
荊楚歳時記(東洋文庫・日本大百科全書)
荊楚,つまり長江中流域の湖南・湖北地方の年中行事とその由来を記した民俗資料の古典。6世紀の梁の人宗懍の著に,隋の杜公瞻(とこうせん)が注を付けたもの。訳注者の初版本への補注をもとに,より詳細な補訂を加えた
おどろく(全文全訳古語辞典・日本国語大辞典)
〔自動詞カ行四段〕{か・き・く・く・け・け}《他動詞は「おどろかす」》のんびりした状態が突然破られ、はっとする、の意。そこから、びっくりする、の意にも、はっと気づく、の意にもなる。また、眠っていて、はっと気づくことが、目がさめる、ということになる。❶
古典に関連する記事をもっと見る


ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る