ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 文学
  6. >
  7. 古典文学
  8. >
  9. 和歌
  10. >
  11. 中世和歌集

ジャパンナレッジで閲覧できる『中世和歌集』の辞書・事典・叢書別サンプルページ

日本古典文学全集

新編 日本古典文学全集
中世和歌集
ちゅうせいわかしゅう
【閲覧画面サンプル】
中世和歌集 全体

【上記の拡大画像】
中世和歌集 拡大

【現代語訳】
御裳濯河歌合 
西行法師判者俊成卿

一番

左持山家客人

岩戸を開けた天照大神のその昔に、いったい誰がこのように(御裳濯河のほとりに美しく咲いている)桜を植えたのであろうか。

右野径亭主

神路山には月が清らかに澄んでいるが、(万民を救うという)はっきりした大神の御誓願によって、天の下を月が照らしているのである。

【目次】
目次
古典への招待
凡例

御裳濯河歌合(扉)
概要
御裳濯河歌合
宮河歌合(扉)
概要
続三十六番歌合
(跋文)
〔参考資料〕贈定家卿文 より
金槐和歌集 雑部(扉)
概要

〔参考資料〕金槐和歌集 補遺
吾妻鏡 より
正風体抄(扉)
概要
千載集
第一 春歌上
第三 夏歌
第四 秋歌上
第五 秋歌下
第六 冬歌
第七 離別歌
第八 羇旅歌
第十 賀歌
第十一 (恋一)
第十二 恋二
第十三 恋三
第十四 恋四
第十五 恋五
第十六 雑歌上
第十七 雑歌中
第十九 釈教歌
第二十 神祇
新勅撰和歌集
第二 (春歌下)
第三 夏歌
第四 秋歌上
第五 秋歌下
第六 冬歌
(第七 賀歌)
第十一 恋歌一
第十二 恋二
第十三 恋三
第十五 恋五
第十六 雑歌一
第十七 雑歌三
続後撰和歌集
第一 春歌上
第二 春歌中
(第三 春歌下)
第四 夏歌
第六 秋歌中
第七 秋歌下
第九 神祇歌
第十一 恋一
第十二 恋二
第十三 恋三
(第十四 恋四)
第十六 雑歌上
為相百首(扉)
概要
夏日太上皇仙洞同詠百首応製和歌
春二十首
夏十首
秋二十首
冬十首
恋二十首
雑二十首
玉葉和歌集 (抄)(扉)
概要
巻第一 春歌上
巻第二 春歌下
巻第三 夏歌
巻第四 秋歌上
巻第五 秋歌下
巻第六 冬歌
巻第七 賀歌
巻第八 旅歌
巻第九 恋歌一
巻第十 恋歌二
巻第十一 恋歌三
巻第十二 恋歌四
巻第十三 恋歌五
巻第十四 雑歌一
巻第十五 雑歌二
巻第十六 雑歌三
巻第十七 雑歌四
巻第十八 雑歌五
巻第十九 釈教歌
巻第二十 神祇歌
風雅和歌集 (抄)(扉)
概要
巻第一 春歌上
巻第二 春歌中
巻第三 春歌下
巻第四 夏歌
巻第五 秋歌上
巻第六 秋歌中
巻第七 秋歌下
巻第八 冬歌
巻第九 旅歌
巻第十 恋歌一
巻第十一 恋歌二
巻第十二 恋歌三
巻第十三 恋歌四
巻第十四 恋歌五
巻第十五 雑歌上
巻第十六 雑歌中
巻第十七 雑歌下
巻第十八 釈教歌
巻第十九 神祇歌
巻第二十 賀歌
〔参考資料〕風雅和歌集 仮名序 より
新葉和歌集 (抄)(扉)
概要
巻第一 春歌上
巻第二 春歌下
巻第三 夏歌
巻第四 秋歌上
巻第五 秋歌下
巻第六 冬歌
巻第七 離別歌
巻第八 羇旅歌
巻第九 神祇歌
巻第十 釈教歌
巻第十一 恋歌一
巻第十六 雑歌上
巻第十七 雑歌中
巻第十八 雑歌下
巻第十九 哀傷歌
〔参考資料〕新葉和歌集 序 より
新続古今和歌集 (抄)(扉)
概要
巻第一 春歌上
巻第二 春歌下
巻第三 夏歌
巻第四 秋歌上
巻第五 秋歌下
巻第六 冬歌
巻第七 賀歌
巻第八 釈教歌
巻第九 離別歌
巻第十 羇旅歌
巻第十一 恋歌一
巻第十二 恋歌二
巻第十三 恋歌三
巻第十四 恋歌四
巻第十五 恋歌五
巻第十六 哀傷歌
巻第十七 雑歌上
巻第十八 雑歌中
巻第十九 雑歌下
短歌
誹諧歌
巻第二十 神祇歌
正徹物語 (抄)(扉)
概要
正徹物語 (抄)
〔参考資料〕東野州聞書 より
文亀三年三十六番歌合(扉)
概要
三十六番歌合
〔参考資料〕再昌草 より
衆妙集 (抄)(扉)
概要
春部
夏部
秋部
冬部
恋部
雑部上
雑部下
集外歌仙(扉)
概要
集外歌仙

解説
一 西行―二つの自歌合をめぐって
二 源実朝―『新古今和歌集』と時代を同じくして
三 『正風体抄』―「家の三代集」について
四 鎌倉中期歌壇を展望し、嘉元百首に及ぶ
五 『玉葉和歌集』と『風雅和歌集』―京極派和歌を中心に
六 南朝の和歌―『新葉和歌集』をめぐって
七 南北朝歌壇から室町歌壇へ―『新続古今和歌集』と『正徹物語』
八 戦国期の和歌―『文亀三年三十六番歌合』を経て細川幽斎へ
参考文献
付録(扉)
系図
勅撰集・主要私撰集(平安末~室町)一覧
作者略伝
初句索引
奥付

ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。

中世和歌集と同じ和歌カテゴリの記事
後撰和歌集(日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典・国史大辞典)
『古今和歌集』に次ぐ第二の勅撰和歌集。略称「後撰集」。951年(天暦5)、村上天皇の命により昭陽舎(梨壺に撰和歌所が設けられ、別当に藤原伊尹、寄人に大中臣能宣、清原元輔、源順、紀時文、坂上望城のいわゆる「梨壺の五人」が任ぜられて
なが‐うた 【長歌・長唄】(日本国語大辞典)
和歌の一体。五音、七音の二句を三回以上続け、最後に七音を添えるもの。ちょうか。*古今和歌集〔905〜914〕雑体・一〇〇二・詞書「ふるうたたてまつりし時のもくろくのそのなかうた」*源氏物語〔1001〜14頃〕行幸「なかうたなどの心ばへあらむを、御覧ぜむには
やまと‐うた 【大和歌・倭歌】(日本国語大辞典)
わが国固有の歌。多く、唐歌(からうた)に対して和歌をいう。*古今和歌集〔905〜914〕仮名序「やまとうたは、ひとのこころをたねとして、よろづのことの葉とぞなれりける」*後鳥羽院御口伝〔1212〜27頃〕「やまと哥を詠ずるならひ、昔より今にいたるまで
旋頭歌(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
歌体の一つ。「みじかうた」「みそひともじ」ともいう。形式は五・七・五・七・七の五句体、三十一音。五句を分けて、五・七・五の三句を上の句、七・七の二句を下の句、さらに第一句を初句・頭句・起句、第二句を胸句、第三句を腰句、第五句を結句・尾句・落句などと呼ぶ。
こんぽん‐か 【混本歌】(日本国語大辞典)
和歌の歌体の一つ。古今集の真名序に「混本」と見えるが、どのような歌体をさすか、未詳。旋頭歌に同じく六句体の歌であるとする説(喜撰式、宣長、守部など)、四句体の歌とする説(奥義抄、八雲御抄など)、片歌や五・七音を連続させる、結句のない偶数形式の歌とする説(五十嵐力)
和歌と同じカテゴリの記事をもっと見る


「中世和歌集」は古典文学に関連のある記事です。
その他の古典文学に関連する記事
とりべ野(栄花物語)(日本古典文学全集)
〔一〕こうして八月ごろになると、皇后宮(定子)は、ただなんとなく心細いお気持になられて、明け暮れ御涙に濡れて、おいたわしいご様子でお過しになる。荻の葉を鳴らす風も萩の下枝に置く露もいちだんと御心にとまるような御有様でお過しあそばすにつけても
あて宮(うつほ物語)(日本古典文学全集)
〔一〕さて、あて宮が東宮に入内なさることは、十月五日と決定した。求婚なさっていた人々は、これを聞いてうろたえなさることこのうえない。そのなかにも、源宰相と御兄の侍従は、すっかり落胆して、ただもう死にそうだと心を惑わしいらだって
藤原の君(うつほ物語)(日本古典文学全集)
〔一〕昔、藤原の君と申しあげる一世の源氏がおいでになった。幼少の時から評判のお方で、容貌や心がまえ、才覚などすべてにほかの人よりも優れ、学問の道にも熱心に励んで、音楽の方面にも習熟しておられた。当時、この君を知る人は、「やはり賢明なお方だ
後鑑(日本大百科全書・世界大百科事典・国史大辞典)
江戸幕府が編纂(へんさん)した足利(あしかが)将軍家に関する歴史書。鎌倉幕府の『吾妻鏡(あづまかがみ)』に倣って奥儒者成島良譲(なるしまりょうじょう)(筑山(ちくざん))が編集にあたった。1853年(嘉永6)成立。原本は旧内務省地理課に伝来したが
徳川実紀(日本大百科全書・世界大百科事典・国史大辞典)
初代家康(いえやす)以来10代家治(いえはる)に至る徳川将軍の実録。本編には編年体で歴代将軍の政治的業績を収録し、付録にはその嘉言(かげん)・善行を集め記す。本名は『御実紀』で、『徳川実紀』は俗称。「東照宮(家康)御実紀」のほかは歴代ごとに諡
古典文学に関連する記事をもっと見る


ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る