ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 歴史
  6. >
  7. 歴史上の人物
  8. >
  9. 日本史上の人物
  10. >
  11. 喜多川歌麿

喜多川歌麿

ジャパンナレッジで閲覧できる『喜多川歌麿』の日本架空伝承人名事典・世界大百科事典のサンプルページ

新版 日本架空伝承人名事典

喜多川歌麿
きたがわうたまろ
1753‐1806(宝暦3‐文化3)
 江戸中・後期の浮世絵師。本姓は北川。生国には諸説がある。幼名は市太郎、のち勇助(勇記とも)。江戸に出て、狩野派の絵師である鳥山石燕に師事し、のちに浮世絵の第一人者となった。初めは北尾重政・鳥居清長ら先輩の作風を学び、修業を重ねた。歌麿の号は、一七八一年(天明一)以後のものである。八四年、上野池端に居住していた頃、版元の蔦屋重三郎に見い出される。初めは風景画・役者絵、黄表紙・洒落本の挿絵、錦絵などを描いた。天明(一七八一‐八九)後期には絵入狂歌本の作画も行っている。その後、美人画に専心し、美人画の天才と称された。女性の官能的姿態を描いて、歌麿をしのぐ画師は存在しなかった。大首絵と称される上半身や顔だけを描く手法を取り入れたのも歌麿である。江戸一の美女といわれた難波屋おきたや高島屋おひさら水茶屋の看板娘を描いた「寛永三美人」などが代表作。おきたのほか、吉原大文字屋の多賀袖花魁おいらん、松平周防守の侍女だったお蘭などが、歌麿の重要なモデルとなっている。
 歌麿は時代にも敏感で、世相禁止令に対抗した「判じ絵」や、背景を色で塗った「無線彫り」という技術を考案したのも歌麿である。歌麿は正妻をもたず、自由気ままな生活の中で多くの女性たちと遊び、画業の対象となした。しかし、それだけの人気絵師だったため、幕府からはかなり目をつけられていた。実際、寛政の改革の際には入牢三日、手鎖五〇日の刑を受け、その芸術的生命を絶たれてしまった。画中に政治批判が見られたというのが口実だが、歌麿の影響力、そして版元蔦屋の急成長が警戒されたらしい。おもな作品には、『画本忠撰』『婦女人相十品』『歌撰恋之部』『北国五色墨』などがあり、肉筆画も多い。墓は世田谷区北烏山の専光寺にある。
 邦枝完二『歌麿』は、一九三一年(昭和六)に『大阪朝日新聞』に連載された。多年の浮世絵研究の成果を盛り込み、濃厚な官能描写に富んだ作品は、邦枝の出世作となった。
[田辺 貞夫]
号紫屋、俗称勇助と云。江戸の産。居神田久右衛門馬喰町三丁目に住す。始狩野家の画を学び、後石燕の門に入て一家をなす。男女の時世風俗を写す事上手にして、近世錦絵の花美を極めたり。生涯役者絵をかゝずして、自らいふ、戯場繁昌なる故老若男女贔負の役者あり。是を画いて名を弘るは拙き業なり。何ぞ俳優の余光を仮んや。浮世絵一派をもて世に名を興すべしと云し也。其意に違わず。其名海内に聞えたり。長崎渡来の清朝の商船より歌麿が名を尋ねて多く錦絵を求たり。殊に春画に妙を得たり。
新増補浮世絵類考
歌麿の毛がき彫師の泣きどころ
出典:出典未詳
歌麿の美人ふすまで年が寄り
編者/評者:呉陵軒可有ら(編)
出典:『誹風柳多留』
編・相印(月)・番号(枚、丁、日):130‐34
刊行/開き:1765~1840年(明和2~天保11)(刊)
第一句、美人画の頭部、髪の生えぎわの彫を毛割けわりと称し、画師の版下絵に細部の毛髪は描かれておらず、彫師の腕にゆだねられる。彫の技術は後期にいよいよ発達する。第二句、襖などに貼りまぜられた美人画、経年劣化し、色もあせ見るかげなし。


世界大百科事典

喜多川歌麿
きたがわうたまろ
1753?-1806(宝暦3?-文化3)

江戸時代の浮世絵師。伝記的に不明な部分が多く,宝暦3年出生は通説。出生地も江戸,川越,京都などの各説あるが,近時は江戸説が有力。本姓は北川氏,名は勇助あるいは市太郎。画号ははじめ豊章,のち歌麿と改め,画姓も喜多川とする。俳名は石要,狂歌師名は筆綾丸(ふでのあやまる)と称した。幼時から町狩野(まちがのう)の鳥山石燕に絵を学び,初作は1775年(安永4)の《四十八手恋所訳》下巻表紙絵。天明元年(1781)の年号のある序文をもつ黄表紙《身貌大通神略縁起》に画工歌麿の名があり,歌麿改名はこのころと思われる。歌麿の才能を見抜いたのは,この書の版元でもあり,商才と気骨をうたわれた蔦屋重三郎(蔦重)で,《画本虫ゑらみ》《汐干のつと》《百千鳥狂歌合》等の豪華な彩色刷の狂歌絵本シリーズによって歌麿の才能を開花させた。当初は美人画ではなく,花鳥画で彼の力が認められた。1791年(寛政3)幕府の風俗粛正策により,蔦重も山東京伝の洒落本出版の科で身上半減の刑を受ける。その痛手回復に選ばれたのが歌麿であり,美人の半身像を描いた〈大首絵(おおくびえ)〉シリーズであった。その目論見は図に当たり,俗流観相学と絡ませた《婦女人相十品》《婦人相学拾躰》《歌撰恋之部》の試みは,従来の美人画を一変させるほどの人気を博し,歌麿の声価も定まった。蔦重以外からも《当時全盛美人揃》《北国五色墨》等の傑作が生まれる。これらに共通する歌麿美人画の特質は次のように要約されよう。まず構図については,〈大首絵〉は役者絵に先例があるがたんなる役者の接近描写にすぎなかった。歌麿のそれでは,美人の半身がバランスを崩すすれすれのところで構図される。次に,色彩の極度の節約でかえって口紅や下着の色が強く感じられ,女性の肉感的な生々しさが濃厚ににじみ出てくる。さらに,従来の美人画に多かった型どおりのとらえ方ではなく,女性の一瞬の表情や姿態を描くことによってその内面からとらえていこうとする描写態度である。式亭三馬が歌麿を〈女絵を新たに工夫する〉と評したように,歌麿の美人画が現代でも新鮮に受けとめられる理由がここにある。
[狩野 博幸]

[索引語]
豊章 歌麿 石要 筆綾丸 大首絵
上記は、日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書サービス「ジャパンナレッジ」のサンプル記事です。

ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。


喜多川歌麿の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 142
検索コンテンツ
1. 喜多川歌麿画像
日本大百科全書
江戸後期の浮世絵師。北川氏。通称勇助あるいは市太郎、画名は初め北川豊章とよあき、天明てんめい年間(1781~1789)初め歌麿(哥麿、歌麻呂)と改め、画姓も喜多
2. 喜多川歌麿
世界大百科事典
1753?-1806(宝暦3?-文化3) 江戸時代の浮世絵師。伝記的に不明な部分が多く,宝暦3年出生は通説。出生地も江戸,川越,京都などの各説あるが,近時は江戸
3. きたがわ‐うたまろ【喜多川歌麿】
日本国語大辞典
江戸中期の浮世絵師。姓は北川。名は信美。初号、豊章。狂歌名、筆の綾丸。鳥山石燕(せきえん)の門に学び、細判の役者絵や絵本を制作する。のち大首絵を創案し、優麗繊細
4. きたがわうたまろ【喜多川歌麿】
国史大辞典
岱斎・紫屋・筆の綾丸などの別号があり、蔦の本の哥麿・忍岡歌麿・喜田川哥麿・歌麻呂・うた麿・喜多川歌麿とも記した。彼の処女作は「四十八手恋諸訳」(富本浄瑠璃正本)
5. 喜多川歌麿
日本史年表
1804年〈文化元(2・11) 甲子〉 5・16 幕府、 喜多川歌麿 を 『太閤五妻洛東遊観図』 の挿絵により50日の手鎖に処する(名人忌辰録)。 1806年
6. 喜多川歌麿(きたがわうたまろ)
古事類苑
文學部 洋巻 第3巻 855ページ
7. きたがわうたまろ【喜多川歌麿】
日本架空伝承人名事典
江戸中・後期の浮世絵師。本姓は北川。生国には諸説がある。幼名は市太郎、のち勇助(勇記とも)。江戸に出て、狩野派の絵師である鳥山石燕に師事し、のちに浮世絵の第一人
8. きたがわ-うたまろ【喜多川歌麿(初代)】
日本人名大辞典
1753−1806 江戸時代中期-後期の浮世絵師。宝暦3年生まれ。鳥山石燕(せきえん)にまなぶ。版元蔦屋(つたや)重三郎にみいだされ,狂歌絵本で頭角をあらわす。
9. 喜多川歌麿(初世)[文献目録]
日本人物文献目録
寺内稲村『喜多川歌麿』近藤市太郎『喜多川歌麿』志筑生『喜多川歌麿 1‐2』野口米次郎『喜多川歌麿画「狂月望」解』楢崎宗重『喜多川歌麿画「潮干のつと」や「浮む瀬」
10. 喜多川歌麿(二世)[文献目録]
日本人物文献目録
【書誌】:0件 【図書】:0件 【逐次刊行物】:3件 『歌麿初代二代の区別』井上和雄『二世歌麿に就て』紙屋魚平『二代歌麿の秘画』吉田暎二
11. 喜多川歌麿『あやめ二美人』[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
国立国会図書館所蔵
12. 喜多川歌麿『お染久松 濡乙鳥塒傘』[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
国立国会図書館所蔵
13. 喜多川歌麿『松葉屋内粧ひ』[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
寛政年間(1789~1801)ごろ国立国会図書館所蔵
14. 葛飾北斎喜多川歌麿画帖(著作ID:807410)
新日本古典籍データベース
かつしかほくさいきたがわうたまろがじょう 絵画 
15. ああききらきんけい【嗚呼奇々羅金鶏】
日本国語大辞典
黄表紙。二巻。二冊。山東京伝作・喜多川歌麿画。寛政元年(一七八九)刊。実在した狂歌師畑秀龍(号金鶏)を主人公とし、淀屋辰五郎の持ち物であった金鶏の霊に助けられて
16. あさくさきたまつやまちよう【浅草北松山町】東京都:台東区/旧浅草区地区地図
日本歴史地名大系
その後馬喰町(現中央区)に移り、明暦の大火の際に類焼したため浅草新寺町に移転した。境内は拝領地。喜多川歌麿の墓があった。大正一五年(一九二六)北多摩郡千歳村烏山
17. 浮世絵画像
日本大百科全書
三枚続の大画面に、安定感のある群像として構成されるようになる。寛政年間(1789~1801)には喜多川歌麿うたまろが、評判の遊女や町娘、あるいは身分、性状を特定
18. 浮世絵
世界大百科事典
放的な野外風景の中で,群像として知的に構成される。ついで寛政年間(1789-1801)には喜多川歌麿が,現実の遊女や町娘,あるいは身分,性状を特定された女性を半
19. うきよ‐え[‥ヱ]【浮世絵】
日本国語大辞典
肉筆画と木版画がある。特に版画は菱川師宣に始まり一色刷りから錦絵に発展。鈴木春信、鳥居清長、勝川春章、喜多川歌麿、葛飾北斎、安藤広重などが代表的作家。明治時代以
20. うきよえ【浮世絵】
国史大辞典
果たした。寛政十二年(一八〇〇)ごろまでが風俗錦絵の黄金時代で、鈴木春信・勝川春章・鳥居清長・喜多川歌麿・鳥文斎栄之・東洲斎写楽・歌川豊春・歌川豊国・北尾重政は
21. うきよ-ゑ【浮世絵】
全文全訳古語辞典
多色刷りもある。十七世紀後半、菱川師宣の活躍以降、十八世紀半ばに鈴木春信により完成され、以後、喜多川歌麿・葛飾北斎らが輩出して最盛期を迎え、明治に至って衰微した
22. うそしっかりがんとりちょう[うそしっかりガンとりチャウ]【啌多雁取帳】
日本国語大辞典
黄表紙。三巻。奈蒔野馬乎人(なまけのばかひと=志水燕十)作・喜多川歌麿画。角書「右通慥而(みぎのとおりたしかに)」。天明三年(一七八三)刊。もと質屋の番頭金十郎
23. 歌川豊国
世界大百科事典
束話親玉(つがもないはなしのおやだま)》。美人画では初め師風にならったが,のちに鳥居清長,喜多川歌麿の影響を受け,また役者絵では勝川春英の作風を採り入れた画風を
24. うたがわとよくに【歌川豊国】
国史大辞典
まれた。同町住の歌川豊春に学んで、天明六年(一七八六)十八歳ごろから作画を発表、鳥居清長・喜多川歌麿らの長所をとり、寛政中期にかけて美人風俗画に一家の風を形成し
25. うたがわとよくに【歌川豊国】
歌舞伎事典
束話親玉(つがもないはなしのおやだま)》。美人画では初め師風にならったが、のちに鳥居清長、喜多川歌麿の影響を受け、また役者絵では勝川春英の作風を採り入れた画風を
26. 歌川派画像
世界大百科事典
紀後半の画壇は,北尾派が美人画,勝川派が役者絵の分野ですでに勢力を占め,つづいて鳥居清長,喜多川歌麿が一世を風靡(ふうび)するというはなやかな状況であった。こう
27. 歌麿
日本大百科全書
喜多川歌麿
28. うたまろ【歌麿】
日本国語大辞典
(江戸中期の浮世絵師) 〓きたがわうたまろ(喜多川歌麿
29. うたまろ【歌麿】
国史大辞典
喜多川歌麿(きたがわうたまろ)
30. うたまろ【歌麿】
日本架空伝承人名事典
喜多川歌麿
31. 歌麿 305ページ
東洋文庫
自慢する大画家なのにである。 その意味で、美術史上はじめて「存在する」ことになった日本の画家は喜多川歌麿である。その存在意義検証のモノグラフィーを著したのは、日
32. 歌麿 313ページ
東洋文庫
図47『扇屋花扇と雷電』ブリュッセル王立美術歴史博物館所蔵* 本書の図版は、すべて千葉市美術館の「喜多川歌麿」展カタログ(1995年)より転載した。
33. うたまろ‐は【歌麿派】
日本国語大辞典
〔名〕江戸中期の浮世絵師、喜多川歌麿を祖とする浮世絵の一派。→喜多川派。〓[0]
34. えいしょうさいちょうき【栄松斎長喜】
国史大辞典
生没年不詳 江戸時代後期の浮世絵師。狩野派の画家で街絵師の師匠となった鳥山石燕は、恋川春町・喜多川歌麿・歌川豊春などの名家を門下から出した。長喜もまたその一人で
35. えいしょうさい-ちょうき【栄松斎長喜】
日本人名大辞典
?−? 江戸時代中期-後期の浮世絵師。鳥山石燕(せきえん)門下で,喜多川歌麿と同門。寛政(1789-1801)のころ錦絵をつくり,美人画を得意とした。役者絵や黄
36. 江戸時代(年表)
日本大百科全書
十返舎一九『東海道中膝栗毛』初編刊1804(文化1)諸国豊作。幕府、絵草紙に対し禁令を出し、喜多川歌麿、処罰される1805(文化2)9月 女浄瑠璃を禁止。このこ
37. 江戸時代美術画像
世界大百科事典
版画の芸術性は高まり,江戸浮世絵界は天明から寛政(1781-1801)にかけて,鳥居清長,喜多川歌麿,東洲斎写楽らを輩出して黄金時代を迎えた。 寛政から文化・文
38. えどっこ【江戸ッ子】
国史大辞典
独自な行動文化を開発した。かくして江戸ッ子は山東京伝・十返舎一九・滝沢馬琴・鶴屋南北をはじめ、喜多川歌麿・葛飾北斎・歌川広重・歌川国芳などの作品や寄席の落語・大
39. えほん【絵本】
国史大辞典
もったものもふくまれる。啓蒙的性格が強いところから通俗化の傾向をもつ。菱川師宣・西川祐信・喜多川歌麿・葛飾北斎らは浮世絵派の中でも優作をのこした。他に橘守国・大
40. 『絵本四季花』[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
下巻 「雪に炬燵こたつ」 喜多川歌麿きたがわうたまろ画 1801年(寛政13)国立国会図書館所蔵
41. えほんむしえらみ[ヱホンむしえらみ]【画本虫撰】
日本国語大辞典
江戸中期の狂歌絵本。二巻二冊。喜多川歌麿画。宿屋飯盛(石川雅望)編。天明八年(一七八八)刊。虫を題によんだ狂歌合わせの形式をとり、その虫類に季節の草花を添えて描
42. 『画本虫撰』[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
彩色摺さいしきずり狂歌絵本。宿屋飯盛やどやのめしもり(石川雅望まさもち)撰 喜多川歌麿きたがわうたまろ画 1788年(天明8)刊国立国会図書館所蔵
43. 大首絵画像
日本大百科全書
洲斎写楽とうしゅうさいしゃらく、歌川豊国とよくに、歌川国政くにまさなどが知られ、美人画では喜多川歌麿うたまろ、細田栄之えいし、栄松斎長喜えいしょうさいちょうきな
44. おおくびえ【大首絵】
国史大辞典
人間を社会風俗としてとらえた浮世絵では、全身像・群像の構図が通常描かれている。寛政期に入って喜多川歌麿や東洲斎写楽は、美人や役者を胸部から上だけの大うつしにした
45. かさもりおせん【笠森お仙】
国史大辞典
せん」その他、お仙の絵だけで十四枚伝わっているという。このほか一筆斎文調の「笠森おせん」、喜多川歌麿の「おひさと鍵屋お仙」などが伝わっている。お仙は明和七年鍵屋
46. 化政文化画像
日本大百科全書
画、それも浮世絵、錦絵にしきえが誕生した。春信の優美な美人画のあと鳥居清長とりいきよなが、喜多川歌麿きたがわうたまろ、歌川国貞うたがわくにさだ、渓斎英泉けいさい
47. かつかわ-しゅんどう【勝川春洞】
日本人名大辞典
江戸時代後期の浮世絵師。勝川春英の門人。寛政-文化(1789-1818)のころに細判の役者絵や喜多川歌麿風の美人画をえがく。通称は政蔵。本業が大工だったため,大
48. からすやまむら【烏山村】東京都:世田谷区地図
日本歴史地名大系
妙善寺には江戸時代後期の人情本作者為永春水の墓、昭和三年(一九二八)移転の専光寺には浮世絵師喜多川歌麿の墓がある。
49. きくかわ-えいざん【菊川英山】
日本人名大辞典
江戸時代後期の浮世絵師。天明7年生まれ。鈴木南嶺(なんれい)に四条派をまなぶ。葛飾(かつしか)北斎,喜多川歌麿(うたまろ)らの影響もうけ,菊川派を形成。美人画を
50. きくもと-おはん【菊本おはん】
日本人名大辞典
江戸時代中期-後期の女性。江戸芝神明前の水茶屋の娘。高島屋おひさ,難波屋おきたとともに寛政の三美人といわれ,喜多川歌麿の浮世絵にもえがかれた。
「喜多川歌麿」の情報だけではなく、「喜多川歌麿」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る▶

喜多川歌麿と同じ日本史上の人物カテゴリの記事
真田幸村(真田信繁)(国史大辞典・日本大百科全書・日本架空伝承人名事典)
一五六七 - 一六一五 安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武将。幼名御弁丸、のち源次郎。左衛門佐と称す。名は信繁。幸村の名で有名であるが、この称の確実な史料はない。高野山蟄居中に剃髪して好白と号した。永禄十年(一五六七)信濃国上田城主真田昌幸の次男
徳川家康(日本大百科全書・国史大辞典・改訂新版 世界大百科事典)
江戸幕府初代将軍(在職1603~1605)。三河(愛知県東部)の小大名の家に生まれ、幼年時代は隣国駿河(静岡県)の大名今川氏の人質となって苦労したが、桶狭間の戦いののち今川氏から独立し、織田信長と同盟して駿河・遠江(とおとうみ)(静岡県)・三河3か国に所領を拡大した
坂本竜馬(坂本龍馬)(国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典・日本架空伝承人名事典)
幕末期の討幕運動指導者、海援隊長。竜馬は通称。直陰のちに直柔と名乗り、脱藩後は才谷梅太郎などの変名を使う。天保六年(一八三五)十一月十五日(十月十五日説・十一月十日説あり)、土佐藩の町人郷士坂本八平直足・幸の次男として
織田信長(日本大百科全書・国史大辞典・世界大百科事典)
戦国・安土桃山時代の武将。戦国動乱を終結し全国統一の前提をつくった。[脇田 修]家系織田氏は近江津田氏と関係があると伝えられているが、室町期斯波氏に仕え、越前(福井県)織田荘を根拠とし織田劔神社を氏神と崇敬した。斯波氏が尾張(おわり)守護の関係で尾張守護代として尾張(愛知県)に入る
上杉景勝(国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
一五五五 - 一六二三 安土桃山・江戸時代前期の大名。越後春日山城・会津若松城主、出羽国米沢藩主。幼名を卯松、喜平次と称し、はじめ顕景と名乗った。弘治元年(一五五五)十一月二十七日に生まれる。父は越後国魚沼郡上田荘坂戸(新潟県南魚沼郡六日町)
日本史上の人物と同じカテゴリの記事をもっと見る


「喜多川歌麿」は人物に関連のある記事です。
その他の人物に関連する記事
林真理子(日本近代文学大事典)
新規小説家、エッセイスト。山梨県山梨市生まれ。書店を営む家庭に生まれる。山梨県立日川高校卒業後、日本大学芸術学部文芸学科入学。1976(昭和51)年卒業後、アルバイト等をしながら宣伝会議主催のコピーライター養成講座、糸井重里コピー塾等に学んだ
永井荷風(日本近代文学大事典・日本大百科全書・世界大百科事典)
本文:既存小説家、随筆家。東京市小石川区金富町に、永井久一郎、恆の長男として生れた。本名壮吉。別号断腸亭主人、石南居士、鯉川兼待、金阜山人など。久一郎は尾州(現・愛知県)の出身、藩儒鷲津毅堂に漢学を学び、上京後、大学南校貢進生となり、明治四年渡米
南方熊楠(日本大百科全書・世界大百科事典)
生物学者、民俗学者。和歌山県に生まれる。博覧強記、国際人、情熱の人として、日本を代表する人物の一人に数えられる。大学予備門(東京大学教養課程の前身)を中途退学してアメリカ、イギリスに渡り、ほとんど独学で動植物学を研究。イギリスでは大英博物館で考古学
ナポレオン1世(日本大百科全書・世界大百科事典)
フランス第一帝政の皇帝(在位1804~14、15)。本名ナポレオン・ボナパルトNapoléonBonaparte。[井上幸治]▲生い立ちコルシカ島は14世紀以来、イタリアのジェノバ領であったが、18世紀初期から住民は独立運動を開始し、同世紀中ごろから
パスツール(日本大百科全書・世界大百科事典)
フランスの化学者、微生物学者。父ジャン・ジョセフJean-JosephPasteur(1791―1865)はナポレオン軍の下士官も務めた小さな皮革業者で、その長男として12月27日、ドール市に生まれた。幼時の天才児らしい話は残っていない。パリの高等師
人物に関連する記事をもっと見る


ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る▶