ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 歴史
  6. >
  7. 歴史上の人物
  8. >
  9. 日本史上の人物
  10. >
  11. 葛飾北斎

葛飾北斎

ジャパンナレッジで閲覧できる『葛飾北斎』の日本架空伝承人名事典・世界大百科事典のサンプルページ

新版 日本架空伝承人名事典

葛飾北斎
かつしかほくさい
1760‐1849(宝暦10‐嘉永2)
 江戸後期の浮世絵師。葛飾派の祖。江戸本所割下水(現、東京都墨田区)で生まれた。幼少の頃より好んで絵を描き、版画の技術を学び、勝川春草の門に入って写実的な役者絵、黄表紙などの挿絵を描いた。狩野派を学んだために勝川派から追放され、以後は土佐派・琳派、中国画・洋風画などを摂取して独自の画風を確立。人物画・風景画・歴史画・漫画・春画・妖怪画、さらに民衆のさまざまな表情や動植物のスケッチを収めた『北斎漫画』など、「森羅万象を描く絵師」といわれた。北斎芸術の頂点は『富嶽三十六景』で、五〇代後半になって初めて旅に出て、各地から眺めた霊峰富士に感動し、一八三一年(天保二)に完成させた。続編の『富嶽百景』を三五年に、七六歳で発表。その跋文に「(自分の画業は)八十歳にして益々進み、九十歳にして猶ほ其奥意を極め、一百歳をして正に神妙ならんか、百有十歳にしては一点一格生くるが如くあらん、願くば長寿の君子、予が言の妄ならざるを見給ふべし」と書いた。自ら画狂人と称し、九〇年の生涯は刻苦精励の継続であり、広い画境と膨大な作品群は浮世絵師中で最大。その浮世絵は、フランス印象派の画家たちに多大な感銘と影響を与えたが、そのきっかけとなったのは、当時ヨーロッパに輸出された日本陶器の包装紙に『北斎漫画』が使用されており、そのデッサンの秀逸さに驚嘆したフランス人の版画家が画家仲間に教えたことだった。マネ、ゴッホなど印象派を代表する画家の血脈に、北斎の画業が流れ込んでいる。
 北斎は個性が強く、奇行に富み、画号を変えること三十数度。「為一いいつ」「画狂老人まんじ」など数えきれないが、時には貧乏生活の足しとして弟子に画号を売っている。「北斎」の号は北斗七星にちなむ。引っ越しの回数は九三回といわれ、寝床は敷きっぱなしで、土鍋の飯は炊いたまま。茶碗・皿・小鉢の類も洗うことはなく、衣類も垢じみたぼろぼろのものを着ていた。最初の妻、二度目の妻、長女にも先立たれ、孫娘と二人の窮乏生活を送り、七九歳の時には火災に遭い、写生帳を失う。これを教訓として若い画家に伝えるため、死の前年に銅版画や油絵の技法を述べた絵手本『絵本彩色道』や手本集『初心画鑑』を残すなど、たくましい体力と気力をうかがわせた。浅草遍照院境内の狭い借家で生涯を閉じたが、死の直前に「あと一〇年生きれば、ひとかどの絵師になれたのだが」と画道に対する意欲を洩らしている。
[安宅 夏夫]
江戸本所の産にして、御用の鏡師の男なりといふ。幼名時太郎、後鉄次郎と改む。始め業を勝川春章の門に入て、名を勝川春朗と書す。故有て破門せられ、後古俵屋宗理の跡を続て二代目菱川宗理となり、画風をかへて一派をなせり。〔割註〕叢春朗の頃は役者の錦絵を出せし也。堤等琳孫二の画風を慕へり。宗理の頃狂歌摺物等多し。」亦門人宗二に宗理を譲り、〔割註〕三代目宗理とす。」名を家元に帰せり。于〓時寛政十年一派の画法を立て、北斎辰政雷斗と改む。〔割註〕一説北辰妙見を信ず、故に北斎と云。」北斎流と号し、明画の筆法を以て浮世絵をなす。古今唐画の筆意を以て、浮世絵を工夫せしは、此翁を以て祖とす。〔割註〕雷斗の名、聟重信に譲る。」爰において世上の画家、其家風を奇として、世俗に至る迄大にもてはやせり。
新増補浮世絵類考
為一ヅハ大きな馬で名をひろめ
編者/評者:呉陵軒可有ら(編)
出典:『誹風柳多留』
編・相印(月)・番号(枚、丁、日):96‐14
刊行/開き:1765~1840年(明和2~天保11)(刊)
画の為に一ッ心くだく筆の道
編者/評者:呉陵軒可有ら(編)
出典:『誹風柳多留』
編・相印(月)・番号(枚、丁、日):96‐14
刊行/開き:1765~1840年(明和2~天保11)(刊)
ひ句もたんと出るはづかさい会
編者/評者:呉陵軒可有ら(編)
出典:『誹風柳多留』
編・相印(月)・番号(枚、丁、日):96‐14
刊行/開き:1765~1840年(明和2~天保11)(刊)
第一句、文化(一八〇四‐一八)のころ、本所合羽干場(現、墨田区太平地区のうち)において、一二〇畳大の紙に一頭の馬を描いて評判となった。また北斎は可候そうべく・卍の俳号で狂句を詠み、その選者ともなった。『柳多留』八五編(一八二五年(文政八)刊)には序文を書いている。第二句、「為」「一」の二字を詠みこんだ選者への挨拶句で、いわば楽屋ぼめ。第三句の「嗅ひ句」は臭い句。北斎は好んで下がかった句を詠み、その主催する「葛西会」は江戸の糞尿を運ぶ葛西船に縁のある名の句会だけに、ひどく下品な句が頻出するのももっともだ、と。


世界大百科事典

葛飾北斎
かつしかほくさい
1760-1849(宝暦10-嘉永2)

江戸後期に活躍した浮世絵師。本姓は川村氏で,江戸本所割下水(わりげすい)に生まれる。幕府御用鏡師の中島伊勢の養子となり,幼名時太郎,のち鉄蔵と改める。〈北斎〉とは一時の画号で,生涯に30回ほどの改号をする。〈画狂人〉とも号して,画三昧の生活を送り,浮世絵師中で最も作域が広い。1778年(安永7),勝川春章の門に入り,翌年に春朗と号して役者絵を発表,以後,役者絵,角力絵,浮絵,黄表紙の挿絵を描く。94年ころ,勝川派を破門された後,狩野,住吉,琳派,洋風画派を学び,2世俵屋宗理を名のり,30歳代後半に至って自己の画風を確立,97年に北斎と初めて号した。このころ,《東遊》《東都名所一覧》等の絵入狂歌本に優れた挿絵を描いて注目され,《くだんうしがふち》等では洋風の遠近・陰影表現による風景版画シリーズも発表する。次いで北斎の声価を決定づけたのは,文化年間(1804-18)の初めころから流行する読本(よみほん)の挿絵の仕事である。中国伝奇小説の影響を濃く反映し,荒唐無稽な内容をもつ読本の世界を絵画化するため,北斎は和漢洋の三体を融合し想像力を駆使した画面を展開した。木版墨摺技術の可能性を極限まで追求した北斎の読本挿絵の成果は,小説家曲亭馬琴と組む時に最も大きく得られ,《新編水滸画伝》(1806)や《椿説弓張月》等の傑作が生まれた。この読本挿絵で培われた北斎の新生面は,錦絵風景版画の分野でより効果的に発揮され,代表作《富嶽三十六景》をはじめとして《諸国滝廻り》《千絵の海》《諸国名橋奇覧》等の揃物シリーズに結実した。一例を挙げると,ゴッホが〈鷲の爪〉と呼んだ《富嶽三十六景》中の〈神奈川沖浪裏〉のすさまじい波の表現は,読本挿絵の経験の中から生まれた。この〈リアルな絵空事(えそらごと)〉の世界が北斎後期作品の核心部をなすといえるが,これは後に歌川広重に批判される(絵本《富士見百図》序文)。版画以外でも,肉筆の美人画および花鳥画に傑作が多く,中でも《二美人図》《雪中美人図》《酔余美人図》が代表作。その他,絵手本の刊行が注目されるが,山水,花鳥,人物,器物,図案等あらゆる題材を対象とした《北斎漫画》13編(1814-49)は彼の総決算ともいえる成果で,フランス印象派のドガらにも大きな示唆を与えた。
[狩野 博幸]

[索引語]
北斎 画狂人 勝川春朗 俵屋宗理 くだんうしがふち 富嶽三十六景 北斎漫画
上記は、日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書サービス「ジャパンナレッジ」のサンプル記事です。

ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。


葛飾北斎の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 321
検索コンテンツ
1. 葛飾北斎画像
日本大百科全書
江戸中期から後期にかけての浮世絵師。江戸・本所割下水わりげすいに川村某の子として生まれる。幼年時の事柄についてはあまり明らかではないが、幼名を時太郎といい、後年
2. 葛飾北斎
世界大百科事典
1760-1849(宝暦10-嘉永2) 江戸後期に活躍した浮世絵師。本姓は川村氏で,江戸本所割下水(わりげすい)に生まれる。幕府御用鏡師の中島伊勢の養子となり,
3. かつしか‐ほくさい【葛飾北斎】
日本国語大辞典
江戸後期の浮世絵師。葛飾派の祖。本姓、中島。幼名、時太郎、のち鉄蔵。別号、春朗、宗理、可候。江戸の人。勝川春章に師事して役者絵、美人画、絵本、さし絵などを描き、
4. かつしかほくさい【〓飾北斎】
国史大辞典
一七六〇―一八四九 江戸時代後期の浮世絵師。葛飾派の開祖。宝暦十年(一七六〇)九月二十三日、江戸本所割下水(東京都墨田区)に川村某の子として生をうけたが、四、
5. 葛飾北齋(かつしかほくさい)
古事類苑
文學部 洋巻 第3巻 854ページ
6. かつしか-ほくさい【葛飾北斎】
日本人名大辞典
1760−1849 江戸時代中期-後期の浮世絵師。宝暦10年9月23日生まれ。勝川春章に入門し,勝川春朗と号して役者絵を発表。のち狩野(かのう)派,住吉派,琳派
7. かつしかほくさい【葛飾北斎】
日本架空伝承人名事典
江戸後期の浮世絵師。葛飾派の祖。江戸本所割下水(現、東京都墨田区)で生まれた。幼少の頃より好んで絵を描き、版画の技術を学び、勝川春草の門に入って写実的な役者絵、
8. 葛飾北斎[文献目録]
日本人物文献目録
』鍋井克之『葛飾北斎』楢崎宗重『葛飾北斎』編輯部『葛飾北斎』松本文雄『葛飾北斎翁略伝並墳墓』武田酔霞『葛飾北斎尾張名古屋の生活』武田酔霞『葛飾北斎改名考 1‐3
9. 葛飾北斎/北斎ブーム[美術]
情報・知識 imidas
葛飾北斎(1760~1849)は、江戸後期に活躍した浮世絵師。勝川春章(かつかわしゅんしょう 1726?~92?)に入門し、春朗(しゅんろう)の雅号で役者絵や
10. 葛飾北斎(二世)[文献目録]
日本人物文献目録
【書誌】:0件 【図書】:0件 【逐次刊行物】:1件 『二世北斎幼時の逸話』山笑生
11. 葛飾北斎『仮名手本忠臣蔵 十一段』[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
国立国会図書館所蔵
12. 葛飾北斎『諸国名橋奇覧 かめいど天神たいこばし』[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
国立国会図書館所蔵
13. 葛飾北斎『諸国名橋奇覧 摂州天満橋』[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
国立国会図書館所蔵
14. 葛飾北斎『新板浮絵 芝愛宕山遠見之図』[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
国立国会図書館所蔵
15. 葛飾北斎『東海道五十三次 白須賀』[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
国立国会図書館所蔵
16. 葛飾北斎『東海道五十三次 平塚』[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
国立国会図書館所蔵
17. 葛飾北斎『冨嶽三十六景 江戸日本橋』[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
国立国会図書館所蔵
18. 葛飾北斎『冨嶽三十六景 従千住花街眺望ノ不二』[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
国立国会図書館所蔵
19. 葛飾北斎『北斎漫画』[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
初編。江戸時代メトロポリタン美術館所蔵
20. 葛飾北斎喜多川歌麿画帖(著作ID:807410)
新日本古典籍データベース
かつしかほくさいきたがわうたまろがじょう 絵画 
21. 藍絵画像
日本大百科全書
新しさによるものと思われ、渓斎英泉、歌川国貞ら、この時期の多くの浮世絵師が用いている。とくに葛飾北斎かつしかほくさいの『冨嶽三十六景ふがくさんじゅうろっけい』(
22. あいずり【藍〓
国史大辞典
水野忠邦の改革令による贅沢品禁止の結果つくられたという説がある。だが、文政から天保初年にかけての作品である葛飾北斎の「富嶽三十六景」中にすでに見られる。そのころ
23. 会田誠
日本大百科全書
もつ怪獣に、1970年代の特撮テレビ番組『ウルトラマン』の女性キャラクターが襲われる様子を、葛飾北斎の春画に見立てて描いた310×410センチメートルの巨大なセ
24. あおうどうでんぜん【亜欧堂田善】
国史大辞典
文政五年(一八二二)五月七日七十五歳で没。弟子に安田田騏(文政十年、四十四歳で没)がいる。田善の洋風画は葛飾北斎・歌川国芳などの浮世絵風景版画に影響を及ぼした。
25. あおとふじつなもりょうあん[あをとふぢつなモリョウアン]【青砥藤綱摸稜案】
日本国語大辞典
江戸後期の読本。二編、各五巻。曲亭馬琴作。葛飾北斎画。文化九年(一八一二)、江戸、平林庄五郎等刊。「本朝藤陰比事」「拍案驚奇」「酔菩提全伝」、実録「越後屋伝吉之
26. あおやまきたまちよんちようめ【青山北町四丁目】東京都:港区/旧赤坂区地区地図
日本歴史地名大系
のものという墓も高徳寺にあった(港区史)。同心や下級御家人の傘張り・提灯張りの内職は有名で、葛飾北斎が傘張りの風景に富士を配した青山の不二を描いている。現江戸川
27. 秋山記行・夜職草 236ページ
東洋文庫
㌍~)梅笑………狩野師信画家江戸(花㏄航~)玉山………岡田玉山画家大阪(荘一乖~)北斎………葛飾北斎画家江戸(花猷九〇~)真顔………鹿都部真顔(北川嘉兵衛)狂歌
28. 秋山記行・夜職草 320ページ
東洋文庫
村上道彦、夏目成美、狂歌の宿屋飯盛、鹿都部真顔(『夜職草』に記す)、画家の鈴木芙蓉、谷文目兆、葛飾北斎、(『夜職草』に記す)、狩野梅笑、歌川豊国、釧雲泉(『秋月
29. あさくさ【浅草】
国史大辞典
(浅草六丁目)などの問屋街で知られる。江戸時代の浅草は寺院街でもあった。伊能忠敬・平賀源内・葛飾北斎ら著名人の墓碑も多い。 [参考文献]『御府内備考』一三―二〇
30. 浅草御蔵
世界大百科事典
受領,売却する札差や米問屋ら大商人が軒を連ねていた。また川に面した中央部には名松首尾の松があり,安藤広重や葛飾北斎がこれを描いている。維新後明治政府に引き継がれ
31. あさくさしようでんよこちよう【浅草聖天横町】東京都:台東区/旧浅草区地区地図
日本歴史地名大系
町奉行支配で浅草寺領年貢地。表間口一〇間・裏行二〇間の南町奉行懸り上納地があった(文政町方書上)。葛飾北斎の晩年の住居遍照院裏店は当町のことである。明治二年(一
32. あさくさながずみちよう【浅草永住町】東京都:台東区/旧浅草区地区地図
日本歴史地名大系
正保元年当地へ移転した(文政町方書上)。境内は古跡拝領地(寺社備考)。江戸時代後期の浮世絵師葛飾北斎の墓があり、北斎筆の絹本着色骸骨図・紙本淡彩達磨図を所蔵する
33. あさの-ほくすい【浅野北水】
日本人名大辞典
江戸時代後期の戯作(げさく)者,浮世絵師。天明-天保(てんぽう)(1781-1844)のころの人。画を葛飾北斎(かつしか-ほくさい)にまなぶ。江戸横山町で煙管(
34. 遊び画像
日本大百科全書
れるようになった。それにつれて、浮世絵界を代表する著名な絵師たち、たとえば歌川豊国とよくに、葛飾北斎かつしかほくさい、歌川広重ひろしげなどによる、絵双六が市販さ
35. 潮来[市]
世界大百科事典
占めるが,全般的に農業はふるわない。湖岸は水郷筑波国定公園に属し,市街地背後の台地からの展望にすぐれ,葛飾北斎の《富嶽三十六景》に〈常州牛堀〉の図がおさめられて
36. 潮来(市)画像
日本大百科全書
ターチェンジがある。江戸時代、霞ヶ浦かすみがうらの出入り口に位置する牛堀は水上交通の要衝で、葛飾北斎の『富嶽三十六景』の「常州牛堀」に描かれる。常陸利根ひたちと
37. いっぽうさい-ばえん【一峰斎馬円】
日本人名大辞典
?−1811 江戸時代後期の浮世絵師。江戸の人。葛飾北斎の門人。のち大坂にすんだ。寛政-文化ごろに活躍。読み本の挿絵をおおくえがいた。文化8年3月死去。姓は大岡
38. いぬめしゅく【犬目宿】山梨県:北都留郡/上野原町/犬目村
日本歴史地名大系
たばかりの茶店「しがらき」に立寄り休息している(広重甲州道中記)。同峠は富士山の眺望に優れ、葛飾北斎の富嶽三十六景の一、富士山に急坂を配した構図の甲州犬目峠は著
39. いろはかるた
日本大百科全書
なかでも「犬も歩けば棒に当たる」に始まるものがよく知られており、「犬棒かるた」の名でもよばれている。葛飾北斎かつしかほくさいが描いたものなどが租型になったともい
40. ウォール
日本大百科全書
19世紀の画家ドラクロワの歴史画を想おもわせる「戦死した部隊の語らい」(1991~1992)や、葛飾北斎かつしかほくさいの富嶽ふがく三十六景「駿州江尻すんしゅう
41. 浮世絵画像
日本大百科全書
のよき範例を示した。この派の流れは孫弟子の勝川春章かつかわしゅんしょう、さらには春章の弟子の葛飾北斎かつしかほくさいへと受け継がれ、宮川、勝川、葛飾派という浮世
42. 浮世絵
世界大百科事典
感を盛る浮世絵肉筆画の良き範例を示した。この派の流れは孫弟子の勝川春章,さらには春章の弟子の葛飾北斎へと受けつがれ,宮川・勝川・葛飾派という浮世絵肉筆画の主流を
43. うきよ‐え[‥ヱ]【浮世絵】
日本国語大辞典
特に版画は菱川師宣に始まり一色刷りから錦絵に発展。鈴木春信、鳥居清長、勝川春章、喜多川歌麿、葛飾北斎、安藤広重などが代表的作家。明治時代以後衰えたが、版画は西洋
44. うきよえ【浮世絵】
国史大辞典
江戸時代中期から洋風表現・銅版画が採用され、空間の合理表現をたかめて、それが熟して文化・文政以後は葛飾北斎・歌川広重らによる風景版画の発展をみる。一方歌川派の独
45. 浮世絵にみる前挽大鋸[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
日本独特の製材用縦挽鋸たてびきのこ。左下に鋸のこぎりの目立てをするようすが描かれている。葛飾北斎かつしかほくさい画『冨嶽ふがく三十六景 遠江とおとうみ山中』(部
46. うきよ-ゑ【浮世絵】
全文全訳古語辞典
多色刷りもある。十七世紀後半、菱川師宣の活躍以降、十八世紀半ばに鈴木春信により完成され、以後、喜多川歌麿・葛飾北斎らが輩出して最盛期を迎え、明治に至って衰微した
47. うしぼりむら【牛堀村】茨城県:行方郡/牛堀町
日本歴史地名大系
浪逆の海にいたる」と記されている。また背後の台地権現山や湖上から筑波山・富士山を望む景勝の地としても知られ、葛飾北斎も「牛堀河口より富士を望む図」を描いている。
48. 歌川国芳
世界大百科事典
之一箇》の錦絵シリーズが好評を博し,一躍〈武者絵の国芳〉の名声を得るに至った。他に美人画や,葛飾北斎の作風も採り入れた役者絵も多数制作したが,むしろ量的には少な
49. うたがわくによし【歌川国芳】
歌舞伎事典
人之一箇》の錦絵シリーズが好評を博し、一躍〈武者絵の国芳〉の名声を得るに至った。他に美人画や葛飾北斎の作風も採り入れた役者絵も多数製作したが、むしろ量的には少な
50. 歌川豊国(初世)[文献目録]
日本人物文献目録
『絵本「年玉筆」の筆者は初代豊国か二代豊国か』七戸吉三『欧米に於ける豊国の観賞』野口米次郎『葛飾北斎と歌川豊国』鈴木仁一『黒田氏の豊国考に就て』井上生『挿絵に就
「葛飾北斎」の情報だけではなく、「葛飾北斎」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る▶

葛飾北斎と同じ日本史上の人物カテゴリの記事
真田幸村(真田信繁)(国史大辞典・日本大百科全書・日本架空伝承人名事典)
一五六七 - 一六一五 安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武将。幼名御弁丸、のち源次郎。左衛門佐と称す。名は信繁。幸村の名で有名であるが、この称の確実な史料はない。高野山蟄居中に剃髪して好白と号した。永禄十年(一五六七)信濃国上田城主真田昌幸の次男
徳川家康(日本大百科全書・国史大辞典・改訂新版 世界大百科事典)
江戸幕府初代将軍(在職1603~1605)。三河(愛知県東部)の小大名の家に生まれ、幼年時代は隣国駿河(静岡県)の大名今川氏の人質となって苦労したが、桶狭間の戦いののち今川氏から独立し、織田信長と同盟して駿河・遠江(とおとうみ)(静岡県)・三河3か国に所領を拡大した
坂本竜馬(坂本龍馬)(国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典・日本架空伝承人名事典)
幕末期の討幕運動指導者、海援隊長。竜馬は通称。直陰のちに直柔と名乗り、脱藩後は才谷梅太郎などの変名を使う。天保六年(一八三五)十一月十五日(十月十五日説・十一月十日説あり)、土佐藩の町人郷士坂本八平直足・幸の次男として
織田信長(日本大百科全書・国史大辞典・世界大百科事典)
戦国・安土桃山時代の武将。戦国動乱を終結し全国統一の前提をつくった。[脇田 修]家系織田氏は近江津田氏と関係があると伝えられているが、室町期斯波氏に仕え、越前(福井県)織田荘を根拠とし織田劔神社を氏神と崇敬した。斯波氏が尾張(おわり)守護の関係で尾張守護代として尾張(愛知県)に入る
上杉景勝(国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
一五五五 - 一六二三 安土桃山・江戸時代前期の大名。越後春日山城・会津若松城主、出羽国米沢藩主。幼名を卯松、喜平次と称し、はじめ顕景と名乗った。弘治元年(一五五五)十一月二十七日に生まれる。父は越後国魚沼郡上田荘坂戸(新潟県南魚沼郡六日町)
日本史上の人物と同じカテゴリの記事をもっと見る


「葛飾北斎」は人物に関連のある記事です。
その他の人物に関連する記事
林真理子(日本近代文学大事典)
新規小説家、エッセイスト。山梨県山梨市生まれ。書店を営む家庭に生まれる。山梨県立日川高校卒業後、日本大学芸術学部文芸学科入学。1976(昭和51)年卒業後、アルバイト等をしながら宣伝会議主催のコピーライター養成講座、糸井重里コピー塾等に学んだ
永井荷風(日本近代文学大事典・日本大百科全書・世界大百科事典)
本文:既存小説家、随筆家。東京市小石川区金富町に、永井久一郎、恆の長男として生れた。本名壮吉。別号断腸亭主人、石南居士、鯉川兼待、金阜山人など。久一郎は尾州(現・愛知県)の出身、藩儒鷲津毅堂に漢学を学び、上京後、大学南校貢進生となり、明治四年渡米
南方熊楠(日本大百科全書・世界大百科事典)
生物学者、民俗学者。和歌山県に生まれる。博覧強記、国際人、情熱の人として、日本を代表する人物の一人に数えられる。大学予備門(東京大学教養課程の前身)を中途退学してアメリカ、イギリスに渡り、ほとんど独学で動植物学を研究。イギリスでは大英博物館で考古学
ナポレオン1世(日本大百科全書・世界大百科事典)
フランス第一帝政の皇帝(在位1804~14、15)。本名ナポレオン・ボナパルトNapoléonBonaparte。[井上幸治]▲生い立ちコルシカ島は14世紀以来、イタリアのジェノバ領であったが、18世紀初期から住民は独立運動を開始し、同世紀中ごろから
パスツール(日本大百科全書・世界大百科事典)
フランスの化学者、微生物学者。父ジャン・ジョセフJean-JosephPasteur(1791―1865)はナポレオン軍の下士官も務めた小さな皮革業者で、その長男として12月27日、ドール市に生まれた。幼時の天才児らしい話は残っていない。パリの高等師
人物に関連する記事をもっと見る


ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る▶