ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 歴史
  6. >
  7. 遺跡
  8. >
  9. >
  10. 三岳城跡
日本歴史地名大系

三岳城跡
みたけじようあと

[現]引佐町三岳・川名

三岳山の山頂部にある山城跡。標高四六六・八メートルの山頂を中心として東西約七〇〇メートルにわたる尾根上に築かれていた。国指定史跡。井伊氏の本城で、平時の居館であった井伊谷いいのやの井伊谷城に対し、詰の城として利用され、当城と井伊谷城は同一視されていた。御嵩城・三嶽城・深嶽城あるいは井伊城ともいう。築城年代は定かでないが、建武の新政の瓦解に伴い南北朝の内乱が始まると、井伊氏は南朝方につき、建武三年(延元元年、一三三六)九月下旬には「井責」(井伊城攻め)の攻防で美差大郎が中条殿を討取っている(「瑠璃山年録残編裏書」大福寺文書)。同年一〇月に宗良親王が大和吉野から遠江に移り(「太平記」巻一七)、井伊氏に迎えられたことで当城は南朝方の有力拠点となり、延元二年七月には「井ノ城」が遠江守護今川範国軍の攻撃を受けた(前掲残編裏書)。宗良親王は翌三年春に北畠顕家軍に合流していったん吉野に帰ったが(李花集)、九月には再び「井伊城」に戻っている(関城書裏書)。暦応二年(一三三九)七月、三河守護高師泰が大平おいだいら(現浜北市)を攻めるなど幕府方の攻勢が始まり、当城も翌三年一月三〇日に高師泰と遠江守護仁木義長の軍勢によって攻め落された(前掲残編裏書、「鶴岡社務記録」)。その後もなお残党の抵抗が続いたようだが(三月二二日「高師泰挙状」保阪潤治氏所蔵文書)、同年八月二四日の大平城落城とともに終息した(前掲残編裏書など)。遠江平定を目指す遠江新守護今川氏親が永正七年(一五一〇)に前守護家の斯波義達を攻めると、井伊氏は斯波方として当城に拠り抵抗した(年月日未詳「伊達忠宗軍忠状」駿河伊達文書)。同一〇年三月には井伊氏が義達を擁して「深嶽ノ城」に立籠ったものの、今川氏の朝比奈泰以に攻められて落城し(重編応仁記・宗長日記)、以後廃城となった。

城跡は南斜面の三岳神社の上が中央鞍部にあたり、一辺一〇メートルの枡形門跡がある。そこから西へ塁段状斜面を登ると約二〇メートル四方の平坦な本丸跡がある。この周囲に帯郭があり、西側の急峻な坂を下ると尾根に対して直角方向に二重の堀がある。下の堀は幅八メートル・深さ三メートルほどである。本丸の南西方向炭井戸すみいどに水源の井戸がある。二の丸は鞍部から東側の尾根端まで約二〇〇メートルの規模をもつ。

ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。
三岳城跡の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 3
検索コンテンツ
1. みたけじょうあと【三岳城跡】静岡県:引佐郡/引佐町/三岳村
日本歴史地名大系
[現]引佐町三岳・川名 三岳山の山頂部にある山城跡。標高四六六・八メートルの山頂を中心として東西約七〇〇メートルにわたる尾根上に築かれていた。国指定史跡。井伊氏 ...
2. 浜松[市]
世界大百科事典
宗の名刹(めいさつ)方広寺,井伊氏の菩提寺で小堀遠州作の庭園(名)がある竜潭寺,井伊氏の拠城三岳城跡(史),宗良親王をまつる井伊谷宮などがある。新東名自動車道の ...
3. みたけむら【三岳村】静岡県:引佐郡/引佐町
日本歴史地名大系
[現]引佐町三岳 三岳山(四六六・八メートル)の南麓一帯に位置し、西は井伊谷村・花平村。三岳山には三岳城跡がある。三竹などとも記され、江戸期の郷帳類はいずれも三 ...
「三岳城跡」の情報だけではなく、「三岳城跡」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

三岳城跡と同じカテゴリの記事
大坂城跡(日本歴史地名大系)
日本歴史地名大系/平凡社/[現]東区大阪城。東区の北東の一角にある城跡で、本丸と二ノ丸のほぼ全域七三万平方メートルが国の特別史跡。城跡にもと玉造定番屋敷・同与力同心屋敷の一部を加えた約一〇三万平方メートルが大阪城公園となっている。
伏見城跡(日本歴史地名大系)
伏見山(桃山丘陵)に豊臣秀吉によって築かれた城。関ヶ原の合戦に伴う東軍と西軍の攻防戦で被害を受けた後、徳川家康の手で大規模な修築復興がなされたが、元和九年(一六二三)廃城になった。
井伊谷城跡(日本歴史地名大系)
[現]引佐町井伊谷。井伊谷の盆地北側、標高一一四メートルの城(しろ)山の山頂とその南東方向の麓にあった居館。井伊(いい)城ともいい、井伊氏の居城。なお史料上、南北朝期にみえる井伊城は三岳(みたけ)城をさす。
三岳城跡(日本歴史地名大系)
[現]引佐町三岳・川名。三岳山の山頂部にある山城跡。標高四六六・八メートルの山頂を中心として東西約七〇〇メートルにわたる尾根上に築かれていた。国指定史跡。井伊氏の本城で、平時の居館であった井伊谷(いいのや)の井伊谷城に対し、詰の城として利用され、当城と井伊谷城は同一視されていた。御嵩城・三嶽城・深嶽城あるいは
(日本大百科全書(ニッポニカ))
塁、堀、柵など外敵の侵入を防ぐために設けられた軍事的構築物のことをいい、さらにそれによって防衛された地域もいう。城郭という語も城と同義に用いられる。しかし火器の発達した近代に構築された軍事的防衛施設は城とよばず要塞とよばれる。最初は自然の地形を利用して防衛のためにのみ築城したが
城と同じカテゴリの記事をもっと見る


「三岳城跡」はおんな城主 直虎に関連のある記事です。
その他のおんな城主 直虎に関連する記事
犬居城跡(日本歴史地名大系)
[現]春野町堀之内 気田川の右岸、犬居の標高二九〇メートルの鐘打山の山頂にある。城山ともよばれた(遠江国風土記伝)。天野氏の本城と考えられ、同氏は鎌倉後期犬居に入部、土着したと思われる。南北朝期には一族のうちには南朝方に属した家もあったが主流は北朝方として活動し、室町期
鳳来町(日本歴史地名大系)
面積:二六五・五五平方キロ 県の東部に位置し、北は北設楽郡設楽町・東栄町、東は静岡県磐田郡佐久間町・天竜市・引佐郡引佐町、南は引佐郡三ヶ日町、新城市、西は作手村に接する。町の東部、静岡県との境は、赤石山脈の支脈の弓張山脈で、西には木曾山脈の末端が連なる。町のほぼ中央の
浜松市(静岡県)(日本歴史地名大系)
面積:二五六・七四平方キロ 県西部、遠州灘に面する。東は天竜川を挟み磐田郡竜洋町・豊田町、磐田市、北は浜北市、引佐郡引佐町・細江町、西は浜名郡雄踏町・舞阪町に接するほか、浜名湖に面する。市域西部から北部には洪積台地の三方原台地が広がる。南部は遠州灘に臨む海岸平野で
長篠城跡(日本歴史地名大系)
[現]鳳来町長篠 寒狭川と三輪川との合流点、標高六〇メートルの段丘上にある平城。扇城・末広城ともいう。天明年間(一七八一―八九)の長篠古城絵図(長篠城趾史跡保存館蔵)によれば、合流点を背に、北に向かって扇状に開く、面積約一〇町歩。北から流れる矢沢が、城を二分して寒狭川に落込む
国府・府中・城府・駿府(日本歴史地名大系)
古代に駿河国の国衙が置かれた地。静岡平野の中央、安倍川下流の左岸に位置する。現在の静岡市中心部とされる。古代の駿河国府の比定地については、現在の駿府城跡北方の長谷通の南側あるいは北側、駿府城跡の南東地区(城内中学校・青葉小学校などを含む一帯)、駿府城跡北東の横内・上足洗方面
おんな城主 直虎に関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る