ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 文化
  6. >
  7. >
  8. 祝日
  9. >
  10. スポーツの日

スポーツの日

ジャパンナレッジで閲覧できる『スポーツの日』の日本大百科全書のサンプルページ

日本大百科全書(ニッポニカ)

スポーツの日
すぽーつのひ

10月の第2月曜日。「スポーツを楽しみ、他者を尊重する精神を培 (つちか)うとともに、健康で活力ある社会の実現を願う」ことが趣旨の国民の祝日。1966年(昭和41)「国民の祝日に関する法律」の改正により建国記念の日、敬老の日とともに体育の日として追加制定された。それ以前は10月の第1土曜日がスポーツ振興法による「スポーツの日」とされていたが、1964年の東京オリンピック大会開会式の日を記念して10月10日が「体育の日」となった。その後の法改正により2000年(平成12)から10月の第2月曜日となり、さらに2020年(令和2)に名称を「スポーツの日」と改めた。各地で体力検定や運動会といった関係行事が繰り広げられる。

[森脇逸男]2021年2月17日

上記は、日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書サービス「ジャパンナレッジ」のサンプル記事です。

ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。


スポーツの日の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 24
検索コンテンツ
1. スポーツの日
日本大百科全書
敬老の日とともに体育の日として追加制定された。それ以前は10月の第1土曜日がスポーツ振興法による「スポーツの日」とされていたが、1964年の東京オリンピック大会
2. 祝日移動【2020】[スポーツ【2020】]
現代用語の基礎知識
18年6月13日に参院本会議で成立した。海の日(7月第3月曜日)を開会式前日の7月23日、スポーツの日 (20年より体育の日から名称が変わる。10月第2月曜日)
3. スポーツの日【2020】[世相語【2020】]
現代用語の基礎知識
2020年より、体育の日 がスポーツの日と改められる。また20年に限り、東京五輪の開会式である7月24日(金)に移動となる。海の日も7月23日(木)に移動となり
4. 英語
日本大百科全書
)、station wagon(ステーション・ワゴン)などをはじめ、sports day(スポーツの日)、savings bond(貯蓄債券)、wages co
5. 敬老の日
日本大百科全書
1966年(昭和41)「国民の祝日に関する法律」の改正により建国記念の日、体育の日(2020年(令和2)に「スポーツの日」と改称)とともに追加制定された国民の祝
6. 国民の祝日
日本大百科全書
にもっとも近く、かつ祝日でない日を休日とすることとなった。さらに2018年改正で体育の日がスポーツの日に改められた(2020年より実施)。上野文枝
7. 祝祭日
日本大百科全書
1日。法律上は「政令で定める日」)、敬老の日(9月15日。2003年より9月第3月曜日)、スポーツの日(10月10日。2000年より10月第2月曜日)、みどりの
8. 新版 スポーツの歴史 242ページ
文庫クセジュ
洋式スポーツの移入窓口にはさまざまな種類のものがあったが、わけても頻繁で持続的で、そして洋式スポーツの日本定着に大きい役割を果たしたのは学校であった。学制発布(
9. 体育
日本大百科全書
58)、スポーツ振興法の制定(1961)、体育の日の制定(1966。2020年からの呼称はスポーツの日)をはじめとし、地域社会のスポーツ指導員の育成などがあげら
10. 体育の日
日本大百科全書
スポーツの日
11. 東京オリンピック(1964)
日本大百科全書
正により、連休を作るため10月第2月曜日に変更された。また、2020年(令和2)から呼称がスポーツの日となった。深川長郎決定までの経緯と準備1959年、ドイツの
12. ハッピーマンデー制度
日本大百科全書
)より、1月15日であった成人の日が1月第2月曜日へ、10月10日であった体育の日(現在のスポーツの日)が10月第2月曜日へ移動した。さらに、「国民の祝日に関す
13. 霊山神社
日本大百科全書
しを提唱し、1881年(明治14)に創建された。旧別格官幣社。例祭日は4月29日、10月のスポーツの日。所有の青磁皿は県指定重要文化財。霊山は国の史跡・名勝、鎮
「スポーツの日」の情報だけではなく、「スポーツの日」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る▶

スポーツの日と同じ祝日カテゴリの記事
山の日(日本大百科全書(ニッポニカ))
8月11日。山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝することを趣旨とする国民の祝日。2014年(平成26)5月に制定され、2016年より実施。山の日を国民の祝日として制定することを目ざす運動は、2009年に日本山岳会の提唱により始まった。これに日本の主要な山岳団体が連携し
春分の日(日本大百科全書(ニッポニカ))
「自然をたたえ、生物をいつくしむ」趣旨の国民の祝日。毎年3月21日ごろ。太陽が黄経0度の春分点を通過する日で、真東から出、真西に沈む。昼夜の時間がほぼ等しく、二十四節気の一つ。春の彼岸(ひがん)の中日にもあたる。
成人の日(日本大百科全書(ニッポニカ))
1月の第2月曜日。「おとなになつたことを自覚し、みずから生き抜こうとする青年を祝いはげます」趣旨の国民の祝日。1948年(昭和23)制定。従来は1月15日であったが、2000年から1月の第2月曜日となる。社会成員の認知を受ける通過儀礼ともいえる。
元日(国史大辞典)
年頭第一日、一月一日。元ははじめの意。この日年神を迎えて祭り、新年を祝った。古く村落では正月の満月の夜を中心に祭ったが、古代国家が大陸伝来の官暦を制定して以来、元日に四方拝・朝賀・節会など年始の朝儀公事が盛んになった。民間でもこの日を重んじて、新年の祝祭は元日と十五日とに二分され、さらに立春の行事とも習合した。
国民の祝日(日本大百科全書(ニッポニカ))
国で定めた国民の祝いの日で、休日となる。1948年(昭和23)7月20日施行の「国民の祝日に関する法律」(昭和23年法律178号)によって、9日の祝日(休日)が定められた。すなわち、元日(1月1日)、成人の日(1月15日)、春分の日(春分日)、天皇誕生日(4月29日、現在は12月23日)、憲法記念日(5月3日)、こどもの日
祝日と同じカテゴリの記事をもっと見る


「スポーツの日」は国民の祝日に関連のある記事です。
その他の国民の祝日に関連する記事
スポーツの日(日本大百科全書)
10月の第2月曜日。「スポーツを楽しみ、他者を尊重する精神を培 (つちか) うとともに、健康で活力ある社会の実現を願う」ことが趣旨の国民の祝日。1966年(昭和41)「国民の祝日に関する法律」の改正により建国記念の日、敬老の日とともに体育の日として追加制定された
明治節(国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
昭和二年(一九二七)に制定された祝日。近代日本の指導者であった明治天皇をたたえるということで、その誕生日(明治時代の天長節)の十一月三日をあてたが、これは大正天皇の死去により明治天皇祭(先帝祭)がなくなったことによる措置である
国民の祝日(日本大百科全書(ニッポニカ))
国で定めた国民の祝いの日で、休日となる。1948年(昭和23)7月20日施行の「国民の祝日に関する法律」(昭和23年法律178号)によって、9日の祝日(休日)が定められた。すなわち、元日(1月1日)、成人の日(1月15日)、春分の日(春分日)、天皇誕生日(4月29日、現在は12月23日)
昭和の日(日本大百科全書(ニッポニカ))
国民の祝日で、4月29日。「激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす」ことを趣旨に制定された。もとは昭和天皇誕生日で、昭和天皇崩御後は、植物に造詣(ぞうけい)の深かった天皇にちなみ
海の日(平成ニッポン生活便利帳)
7月第3月曜日の国民の祝日。「海の恩恵に感謝し、海洋国日本の繁栄を願う」という趣旨で1996(平成8)年から制定された。当初7月20日とされたのは、1876年に明治天皇が東北、北海道巡幸から汽船明治丸で横浜に帰航した日にちなんで。2003年からハッピーマンデーの実施で
国民の祝日に関連する記事をもっと見る


ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る▶