1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 文学
  6. >
  7. 古典文学
  8. >
  9. 源氏物語
  10. >
  11. 末摘花(源氏物語)
新編 日本古典文学全集

ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
末摘花(源氏物語)
すゑつむはな
日本古典の最高傑作――光源氏の波瀾万丈の生涯を描いた大長編
主人公・光源氏の恋と栄華と苦悩の生涯と、その一族たちのさまざまの人生を、70年余にわたって構成。王朝文化と宮廷貴族の内実を優美に描き尽くした、まさに文学史上の奇跡といえる。藤原為時の女(むすめ)で歌人の紫式部が描いた長編で、「桐壺(きりつぼ)」から「夢浮橋(ゆめのうきはし)」までの54巻からなる。
[中古][物語]
校注・訳:阿部秋生 秋山 虔 今井源衛 鈴木日出男

〔一〕源氏、亡き夕顔の面影を追い求める
〔一〕 いかほど思いを寄せても、なおどこまでも愛着のそそられたあの女(ひと)が、夕顔の露のようにはかなく消えてしまった、その折の悲しさを、源氏の君は年を経てもお忘れでなく、このお方もあのお方も、気のおける方々ばかりで、もったいぶってみたり心用意の深さを見せようとしたり、そうした面で張り合われるという有様だから、それに比べて、あの親しみやすく心を開いてくれたその人のことを、何ものにもたとえようがなく、しみじみと恋しく思わずにはいらっしゃれない。 どうぞして、世間のたいそうな評判もなく、ほんとにかわいらしげな人で、気がねのいらない女(ひと)を見つけたいものと、性懲(しようこ)りもなく君は思い続けていらっしゃるので、多少とも品格の備っていると評判されるあたりのことは漏れなく耳をおとめになって、もしやこれならとお心の動くような好ましい気配が感じられる女には、ほんの一筆にしろ文(ふみ)をおやりになるようだが、君に背を向け申して、そっけなくしている相手はめったになさそうだというのもまったく曲のない話ではある。冷淡で気の強い女がいて、そういうのは、とびぬけて情味が乏しく生(き)まじめであったりして、普通以上に物事の程合いが分らないようだが、かといって最後までその態度を貫き通すでもなく、当初
末摘花(源氏物語)〔一〕源氏、亡き夕顔の面影を追い求める
〔二〕源氏、大輔命婦から末摘花の噂を聞く
左衛門の乳母とて、大弐のさしつぎに思いたるがむすめ、大輔命婦とて、内裏にさぶらふ、わかむどほりの兵部大輔なるむすめなりけり。いといたう色好める若人にてありけるを、君も召し使ひなどし…
〔三〕源氏、おぼろ月夜に、末摘花の琴を聞く
のたまひしもしるく、十六夜の月をかしきほどにおはしたり。命婦「いとかたはらいたきわざかな。物の音すむべき夜のさまにもはべらざめるに」と聞こゆれど、源氏「なほあなたに渡りて、ただ一声…
〔四〕頭中将、源氏の後をつけ、おどし戯れる
寝殿の方に、人のけはひ聞くやうもやと思して、やをら立ちのきたまふ。透垣のただすこし折れ残りたる隠れの方に立ち寄りたまふに、もとより立てる男ありけり。誰ならむ、心かけたるすき者ありけ…
〔五〕源氏と頭中将、同車して左大臣邸へ行く
おのおの契れる方にも、あまえてえ行き別れたまはず、一つ車に乗りて、月のをかしきほどに雲隠れたる道のほど、笛吹きあはせて大殿におはしぬ。前駆なども追はせたまはず、忍び入りて、人見ぬ廊…
〔六〕源氏と頭中将、末摘花を競い合う
その後、こなたかなたより文などやりたまふべし。いづれも返り事見えず、おぼつかなく心やましきに、あまりうたてもあるかな、さやうなる住まひする人は、もの思ひ知りたる気色、はかなき木草、…
〔七〕いらだつ源氏、命婦に手引をうながす
秋のころほひ、静かに思しつづけて、かの砧の音も、耳につきて聞きにくかりしさへ、恋しう思し出でらるるままに、常陸の宮にはしばしば聞こえたまへど、なほおぼつかなうのみあれば、世づかず心…
〔八〕源氏、常陸宮邸を訪れ、末摘花に逢う
八月二十余日、宵過ぐるまで待たるる月の心もとなきに、星の光ばかりさやけく、松の梢吹く風の音心細くて、いにしへのこと語り出でてうち泣きなどしたまふ。いとよきをりかなと思ひて、御消息や…
〔九〕源氏、二条院に帰り、頭中将と参内する
二条院におはして、うち臥したまひても、なほ思ふにかなひがたき世にこそと思しつづけて、軽らかならぬ人の御ほどを心苦しとぞ思しける。思ひ乱れておはするに、頭中将おはして、頭「こよなき御…
〔一〇〕源氏、後朝きぬぎぬの文を夕刻に遣わす
かしこには文をだにといとほしく思し出でて、夕つ方ぞありける。雨降り出でて、ところせくもあるに、笠宿せむとはた思されずやありけむ。かしこには、待つほど過ぎて、命婦も、いといとほしき御…
〔一一〕行幸の準備に紛れて、源氏訪れを怠る
大臣夜に入りてまかでたまふにひかれたてまつりて、大殿におはしましぬ。行幸のことを興ありと思ほして、君たち集まりてのたまひ、おのおの舞ども習ひたまふを、そのころの事にて過ぎゆく。物の…
〔一二〕雪の夜に訪れ、女房たちの貧しい姿を見る
かの紫のゆかり尋ねとりたまひては、そのうつくしみに心入りたまひて、六条わたりにだに離れまさりたまふめれば、まして荒れたる宿は、あはれに思しおこたらずながら、ものうきぞわりなかりける…
〔一三〕翌朝、末摘花の醜い姿を見て驚く
侍従は、斎院に参り通ふ若人にて、このころはなかりけり。いよいよあやしう、ひなびたる限りにて、見ならはぬ心地ぞする。いとど愁ふなりつる雪かきたれいみじう降りけり。空のけしきはげしう、…
〔一四〕貧しい門番に同情 末摘花の鼻を連想する
御車寄せたる中門の、いといたうゆがみよろぼひて、夜目にこそ、しるきながらもよろづ隠ろへたること多かりけれ、いとあはれにさびしく荒れまどへるに、松の雪のみあたたかげに降りつめる、山里…
〔一五〕末摘花の生活を援助、空蝉を思い出す
世の常なるほどの、ことなることなさならば、思ひ棄ててもやみぬべきを、さだかに見たまひて後はなかなかあはれにいみじくて、まめやかなるさまに常におとづれたまふ。黒貂の皮ならぬ絹、綾、綿…
〔一六〕歳暮、末摘花、源氏の元日の装束を贈る
年も暮れぬ。内裏の宿直所におはしますに、大輔命婦参れり。御梳櫛などには、懸想だつ筋なく心やすきものの、さすがにのたまひ戯れなどして、使ひ馴らしたまへれば、召しなき時も、聞こゆべきこ…
〔一七〕正月七日の夜、源氏、末摘花を訪れる
朔日のほど過ぎて、今年、男踏歌あるべければ、例の所どころ遊びののしりたまふにもの騒がしけれど、さびしき所のあはれに思しやらるれば、七日の日の節会はてて夜に入りて御前よりまかでたまひ…
〔一八〕源氏、二条院で、紫の上とむつび戯れる
二条院におはしたれば、紫の君、いともうつくしき片生ひにて、紅はかうなつかしきもありけりと見ゆるに、無文の桜の細長なよよかに着なして、何心もなくてものしたまふさまいみじうらうたし。古…
ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
タブレットやスマホからも利用できます。
末摘花(源氏物語)の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 1520
検索コンテンツ
1. うれつむ‐はな【末摘花】
日本国語大辞典
〔名〕植物「べにばな(紅花)」の異名。〓[ナ] ...
2. 末摘花(源氏物語)
日本古典文学全集
主人公・光源氏の恋と栄華と苦悩の生涯と、その一族たちのさまざまの人生を、70年余にわたって構成。王朝文化と宮廷貴族の内実を優美に描き尽くした、まさに文学史上の奇 ...
3. すえつむ‐はな[すゑつむ:]【末摘花】
日本国語大辞典
14頃〕末摘花「なつかしき色ともなしになににこのすゑつむ花を袖に触れけむ」*至宝抄〔1585〕「中の夏〈略〉末つむ花 紅の花の事なり」*大和本草〔1709〕六「 ...
4. 末摘花
日本大百科全書
収める。書名は『誹風(はいふう)末摘花』とも。「末摘花」は、川柳評万句合(まんくあわせ)の末番(すえばん)(末等入賞)中より恋の句を抜粋したことを、『源氏物語』 ...
5. 末摘花
世界大百科事典
川柳風狂句艶句集。《誹風末摘花》とも記す。初編は書肆花屋久次郎編。1776年(安永5)刊。二編以下は浅草似実軒酔茶(戯号)編。83年(天明3)二編,91年(寛政 ...
6. すえつむ‐はな【末摘花】
デジタル大辞泉
《花が茎の末の方から咲きはじめるのを順次摘み取るところから》ベニバナの別名。《季 夏》「わが恋は―の莟かな/子規」  ...
7. すえつむはな【末摘花】[書名]
デジタル大辞泉
源氏物語第6巻の巻名。光源氏、18歳から19歳。源氏は常陸宮(ひたちのみや)の娘末摘花と契りを結び、翌朝大きな赤鼻の醜女だったことを知る。  ...
8. 末摘花(すえつむはな)
古事類苑
植物部 洋巻 第2巻 753ページ ...
9. すえつむはな【末摘花】
日本人名大辞典
「源氏物語」の登場人物。常陸宮(ひたちのみや)の姫。容姿がみにくく,ながくのびた鼻の先が末摘花(ベニバナ)でそめたようにあかい。光源氏はそれとは知らず一夜をちぎ ...
10. すえつむはな【末摘花】
日本架空伝承人名事典
さ劣るまじう、袿(うちき)の裾にたまりて、ひかれたるほど、一尺ばかり余りたらむと見ゆ。源氏物語末摘花巻源氏名は末摘花がうれ残り編者/評者:呉陵軒可有ら(編)出典 ...
11. すえつむはな【末摘花】
国史大辞典
⇒誹風末摘花(はいふうすえつむはな)  ...
12. かんじょうすえつむはな【閑情末摘花】
デジタル大辞泉
人情本。松亭金水作、歌川貞重画。天保10〜12年(1839〜1841)刊。5編15冊。福見屋米次郎と馴染みの遊女清鶴、その妹のお里ほか、二組の恋人たちの愛と葛藤 ...
13. かんじょうすえつむはな[カンジャウすゑつむはな]【閑情末摘花】
日本国語大辞典
人情本。五編一五冊。松亭金水作・歌川貞重画。天保一〇〜一二年(一八三九〜四一)刊。福見屋米次郎と馴染みの遊女清鶴とその妹お里、米次郎の妹遠世(おちせ)と隣家の息 ...
14. かんじょうすえつむはな【閑情末摘花】
国史大辞典
人情本。五編。天保十年(一八三九)初編刊。松亭金水作。福見屋米次郎と門付の娘お里、米次郎の妹遠世(おちせ)と隣家の息子清之助、福見屋出入りの職人久治と米次郎の ...
15. 『閑情末摘花』
日本史年表
1839年〈天保10 己亥〉 この年 松亭金水 『閑情末摘花』 初編刊(2・3編、天保11年刊.4・5編、天保12年刊)。  ...
16. くれない の 末摘花(すえつむはな)
日本国語大辞典
べにばな(紅花)」の異名。*万葉集〔8C後〕一〇・一九九三「外(よそ)のみに見つつ恋なむ紅乃末摘花(くれなゐノすゑつむはな)の色に出でずとも〈作者未詳〉」*古今 ...
17. 『誹風末摘花』
日本史年表
1776年〈安永5 丙申〉 この年 星運堂・雨譚編か 『誹風末摘花』 刊(~享和元年)。  ...
18. はいふうすえつむはな【誹風末摘花】
デジタル大辞泉
川柳集。4編4冊。似実軒酔茶(にじつけんよいちゃ)ほか編。安永5〜享和元年(1776〜1801)刊。川柳評の万句合(まんくあわせ)などから好色的な句を集めたもの ...
19. はいふうすえつむはな[ハイフウすゑつむはな]【誹風末摘花】
日本国語大辞典
川柳集。四冊。初編は似実軒酔茶が編み、続けて四編まで刊行された。安永五〜享和元年(一七七六〜一八〇一)刊。「川柳評万句合」などの中から末番句(すえばんく)すなわ ...
20. はいふうすえつむはな【誹風末摘花】
国史大辞典
翻刻は多いが、岡田甫の『定本誹風末摘花』が、出典調査に用語辞典を加えて親切である。 [参考文献]大曲駒村『定本末摘花通解』、柳田良一『新註誹風末摘花』、岡田甫『 ...
21. あいしらう[方言]
日本方言大辞典
愛媛県松山「よーお客さんをあいしらうものじゃ」846伊予松山方言集(岡野久胤)1938源氏末摘花「いと深からずとも、なだらかなるほどにあひしらはむ人もがな」《 ...
22. いえもと【家元】[方言]
日本方言大辞典
本家。 大分県大分郡941豊後方言集(大分県立第一高等女学校国文会)1933~34人情本閑情末摘花二・四回「彼処は慈母おっかさんのお家元じゃアございませんか」 ...
23. うじゃける[方言]
日本方言大辞典
根方言考(井沢隆俊)1960 愛知県名古屋市562随筆名古屋言葉辞典(山田秋衛)1961雑俳末摘花四「うじゃじゃけたやうに女はおやす也」 ...
24. うつしえ【写絵】[方言]
日本方言大辞典
(1)影絵。 江戸※114皇都午睡(西沢一鳳)1850頃雑俳末摘花三「外ほかの見人みて居ずはと写しゑでおやし」(2)映画。 石川県鳳至郡409石川県鳳至郡誌(鳳 ...
25. おがる[方言]
日本方言大辞典
岩手県教育会胆沢郡部会)1927 山形県139山形県方言辞典(山形県方言研究会)1970雑俳末摘花三「何にかよむほったて尻がおがらせる」《おんがる》 神奈川県中 ...
26. おやわん【親椀】[方言]
日本方言大辞典
長野県佐久493東信濃方言集(上原邦一)1976 広島県比婆郡040現地採録、または報告によるもの雑俳末摘花初「物思ひ下女おやわんへ汁をもり」(2)宴席に用いる ...
27. かけくら【駆競】[方言]
日本方言大辞典
和歌山市691和歌山方言集(杉村広太郎)1936 熊本市919方言と性格と分布相(田中正行)1942人情本閑情末摘花二・一〇回「駈競かけくらを、するより早き日の ...
28. かしなん【蚊死―】[方言]
日本方言大辞典
和歌山県054方言(雑誌)1931~1938 広島県双三郡778広島県隻三郡誌(双三郡役所)1923人情本閑情末摘花初・一回「お屓まけに蚊不死かしなん〈略〉がす ...
29. かみ【上】[方言]
日本方言大辞典
広戸惇・矢富熊一郎)1963 香川県大川郡829香川県方言辞典(近石泰秋)1976人情本閑情末摘花二・九回「『あい』と立って上の間の屛風を明け」《かんま》 島根 ...
30. さしつぎ【差次】[方言]
日本方言大辞典
鹿児島県肝属郡「さしつぎの弟」「さしつぎの妹」970大隅肝属郡方言集(野村伝四)1942源氏末摘花「左衛門のめのととて、大弐のさしつきにおぼいたるが娘、大輔の命 ...
31. しょくすぎる【職過】[方言]
日本方言大辞典
に立派な洋服なんどー買うなんちゅーはしょくすぎる」463奈良田の方言(深沢正志)1957雑俳末摘花二「夜たかでもしょく過やすとむこいはれ」《しょくすぎー》 島根 ...
32. せつない【切】[方言]
日本方言大辞典
40 長野県諏訪「この頃はせつねー暮しをする」054方言(雑誌)1931~1938人情本閑情末摘花初・五回「何程切ないからと言って其様そんな事に成っちゃア」《へ ...
33. ぞやみ【序病】[方言]
日本方言大辞典
長崎県壱岐島「疱瘡わぞやみの五六日せにゃ出ん」915続壱岐島方言集(山口麻太郎)1937雑俳末摘花二「ろうがいのぞやみやったらうずく也」《どやみ》 東京都八王子 ...
34. たこぼーず【蛸坊主】[方言]
日本方言大辞典
言(石川緑泥)1934 三重県度会郡986奄美大島語概観(鹿児島県立大島中学校)1933雑俳末摘花初「いろは茶屋たこがとれねばしけの内」(2)坊主頭。 千葉県海 ...
35. ちじれげ【縮毛】[方言]
日本方言大辞典
中心とした方言並びに発音語法の一考察(池田一男)1958(1)の意の「ちぢれがみ」の例。雑俳末摘花「わる口をいいなさるなとちちれかみ」 ...
36. つらら(氷柱)[方言の地図帳]
日本方言大辞典
のが多いが、タルヒもその例である。タロッペ、タルキなどはその変化と考えられる。『源氏物語』(末摘花)に「朝日さす軒のたるひは解けながらなどかつららの結ぼほるらむ ...
37. にちる[方言]
日本方言大辞典
誌)1952 兵庫県淡路島671淡路方言研究(田中万兵衛)1934「ねじこむ」の意の例。雑俳末摘花初「ずばらんで居ますとにちる下女が宿」 ...
38. ふきだけ【吹竹】[方言]
日本方言大辞典
富熊一郎)1963 香川県綾歌郡・仲多度郡829香川県方言辞典(近石泰秋)1976人情本閑情末摘花初・一回「行灯の火を付木に移して、はや吹付る吹竹の」《ふぃきだ ...
39. ふすぼり【燻】[方言]
日本方言大辞典
島根県石見「炬燵の中のふすぼりを取ってのけー」725島根県方言辞典(広戸惇・矢富熊一郎)1963人情本閑情末摘花初・五回「土瓶の尻、焚火にかけし薫ふすぼりの、光 ...
40. あい‐かた[あひ:]【相方・合方】
日本国語大辞典
〕四・一一「催従(もより)にまかせ好類(アイカタ)につれ東山北野に集会(つどひ)て」*雑俳・末摘花〔1776〜1801〕初「相方の無いはかかとで骨を折」(ロ)( ...
41. あい‐しら・う[あひしらふ]
日本国語大辞典
第一の耳と申すなり」(2)相手になる。相手をする。(イ)応対する。応答する。*源氏物語〔1001〜14頃〕末摘花「いと深からずとも、なだらかなるほどにあひしらは ...
42. あい‐ばらみ[あひ:]【相孕】
日本国語大辞典
」*歌舞伎・好色伝受〔1693〕上「両方相孕みぢゃが、一処に置いて怪我はあるまいか」*雑俳・末摘花〔1776〜1801〕四「おかしさは芋でんがくで相ばらみ」《あ ...
43. あえ なむ
日本国語大辞典
おそろしき物の中にすてたりともあへなむ。ただ神ほとけにまかせたてまつる」*源氏物語〔1001〜14頃〕末摘花「平仲がやうに色どりそへ給ふな。赤からむはあえなむ」 ...
44. あえ‐なむ【敢へなむ】
デジタル大辞泉
+推量の助動詞「む」》がまんしよう。差し支えはないだろう。よかろう。 「赤からむは―」〈源・末摘花〉 ...
45. 葵(源氏物語) 54ページ
日本古典文学全集
ともいう。この「おとど」は、老女に対する敬称。おどけた口調の戯れ言である。末摘花を初めて訪れたときのことか。→末摘花[1]〔四〕。それならば、春のことで秋のこと ...
46. あお‐にょうぼう[あをニョウバウ]【青女房】
日本国語大辞典
云由也」(3)若い女性。*雑俳・天神花〔1753〕「わっさりと・前でむすんだ青女房」*雑俳・末摘花〔1776〜1801〕二「板ねぶとおぼしき人の青女房」アオニョ ...
47. あか‐がい[:がひ]【赤貝・蚶】
日本国語大辞典
*浮世草子・好色旅日記〔1687〕五「まんまと生た赤貝(アカガイ)におちそめて、さんざん取みだし」*雑俳・末摘花〔1776〜1801〕一「蛤(はまぐり)は初手赤 ...
48. 明石(源氏物語) 240ページ
日本古典文学全集
れませんような今宵の風情でございます」と、感涙を流して 前出(須磨一七六・一九九ページ)。→末摘花[1]二六七ページ注一五。従者たちは、主人の胸中を察し気持が高 ...
49. 明石(源氏物語) 248ページ
日本古典文学全集
繰り返し語られていた。→帚木[1]六〇ページ、夕顔[1]一四四ページ、若紫[1]二〇九ページ、末摘花[1]二六九ページ。高麗産の丁子色(香色とも。黄色に赤みのあ ...
50. 明石(源氏物語) 249ページ
日本古典文学全集
檀の皮から作るので、檀紙ともいう。白色、厚く、面に皺がある。懸想文の返歌に陸奥国紙を用いるのは古風。→末摘花[1]二九八ページ注一四。「よしばむ」は、風情があっ ...
「末摘花(源氏物語)」の情報だけではなく、「末摘花(源氏物語)」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

末摘花(源氏物語)と同じ源氏物語カテゴリの記事
源氏物語(日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
平安時代中期の11世紀初め、紫式部によって創作された長編の虚構物語。正しい呼称は「源氏の物語」で、「光源氏の物語」「紫の物語」「紫のゆかり」などの呼び方もある。後世は「源氏」「源語」「紫文」「紫史」などの略称も用いられた
玉鬘(源氏物語)【玉かづら】(新編 日本古典文学全集)
日本古典の最高傑作――光源氏の波瀾万丈の生涯を描いた大長編 主人公・光源氏の恋と栄華と苦悩の生涯と、その一族たちのさまざまの人生を、70年余にわたって構成。王朝文化と宮廷貴族の内実を優美に描き尽くした、まさに文学史上の奇跡といえる。藤原為時の女(むすめ)で歌人の紫式部が描いた長編で
桐壺(源氏物語)(新編 日本古典文学全集)
〔一〕帝の桐壺更衣(きりつぼのこうい)への御おぼえまばゆし帝(みかど)はどなたの御代(みよ)であったか、女御(にようご)や更衣(こうい)が大勢お仕えしておられた中に、最高の身分とはいえぬお方で、格別に帝のご寵愛(ちようあい)をこうむっていらっしゃるお方があった。
帚木(源氏物語)(新編 日本古典文学全集)
〔一〕 「光源氏」と、その名だけは仰山(ぎようさん)にもてはやされており、それでも、あげつらい申すにははばかられるような過(あやま)ちが多いということだのに、そのうえさらに、こうした色恋沙汰(ざた)の数々を後々の世にも聞き伝えて、軽薄なお方との浮名(うきな)を流すことになりはせぬかと、ご自分では秘密にしていらっしゃった裏話までも語り伝えたという人の
空蝉(源氏物語)(新編 日本古典文学全集)
〔一〕源氏、空蝉を断念せず、小君を責める〔一〕 お寝(やす)みになれぬままに、「わたしは、こうも人に憎まれたことはこれまでもなかったのに、今夜という今夜は、はじめて人の世がままならぬものと身にしみて分ったから、恥ずかしくて、もうこのまま生きてはおられそうもない気がする」などとおっしゃるので、小君は涙をさえこぼして横になっている。
源氏物語と同じカテゴリの記事をもっと見る


「末摘花(源氏物語)」は源氏物語に関連のある記事です。
その他の源氏物語に関連する記事
水原抄(日本国語大辞典)
鎌倉時代の「源氏物語」の注釈書。五四巻。源光行・親行著。成立年代未詳。伝本未発見で内容は不明だが、河内(かわち)本の最初の注釈書として注目される。「河海抄」などに一部引用されている。
蓬生(源氏物語)(新編 日本古典文学全集)
〔一〕源氏謫居(たつきよ)の間、人々ひそかに嘆き悲しむ〔一〕 源氏の君が、須磨の浦で「藻塩(もしお)たれつつ」悲境に沈んでいらっしゃったころ、都でも、さまざまに嘆き悲しんでおられる人が多かったが、それにしても、ご自分の身に頼りどころのある方々は、ただ君を恋い慕うという点では堪えがたそうな有様であったが――二条院の紫の上などもお暮しにご不自由がないので
澪標(源氏物語)(新編 日本古典文学全集)
〔一〕故院追善の御八講と源氏の政界復帰〔一〕 夢にありありとそのお姿がお見えになってからというものは、源氏の君は、故院の御事をお心におかけになって、どうかして、あの世の悪道でお苦しみあそばす罪障を、お救い申しあげる追善供養(ついぜんくよう)をしてさしあげたいものとお心を痛めていらっしゃるのだったが、こうして都にご帰還になってからは、まずそのご準備をなさる。
明石(源氏物語)(新編 日本古典文学全集)
〔一〕風雨やまず、京より紫の上の使者来る〔一〕 依然として雨風がやまず、雷のおさまらぬままに幾日にもなった。源氏の君は、いよいよやりきれないことが数限りなく起ってきて、来し方行く末悲しい御身の上なので、もうとても強気でいることもおできにならず、「どうしたものだろう、こうしたことがあったからとて、都に帰ろうものなら、それもまだ世間に許されぬ身であってみれば、なおさらもの笑いになるばかりだろう。
須磨(源氏物語)(新編 日本古典文学全集)
〔一〕源氏、須磨に退去を決意 人々との別れ〔一〕 世の中の形勢が、源氏の君にとってまことにわずらわしく、居心地のわるいことばかり多くなってゆくので、自分としては、しいて素知らぬ顔でやり過していても、あるいはこれ以上に恐ろしい事態になるかもしれない、という思いになられた。 あの須磨は、昔こそ人の住いなどもあったのだったが、今はまったく人里離れてもの寂しく
源氏物語に関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る