1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 文学
  6. >
  7. 古典文学
  8. >
  9. 源氏物語
  10. >
  11. 蓬生(源氏物語)
新編 日本古典文学全集

ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
蓬生(源氏物語)
よもぎふ
日本古典の最高傑作――光源氏の波瀾万丈の生涯を描いた大長編
主人公・光源氏の恋と栄華と苦悩の生涯と、その一族たちのさまざまの人生を、70年余にわたって構成。王朝文化と宮廷貴族の内実を優美に描き尽くした、まさに文学史上の奇跡といえる。藤原為時の女(むすめ)で歌人の紫式部が描いた長編で、「桐壺(きりつぼ)」から「夢浮橋(ゆめのうきはし)」までの54巻からなる。
[中古][物語]
校注・訳:阿部秋生 秋山 虔 今井源衛 鈴木日出男

〔一〕源氏謫居たつきよの間、人々ひそかに嘆き悲しむ
〔一〕 源氏の君が、須磨の浦で「藻塩(もしお)たれつつ」悲境に沈んでいらっしゃったころ、都でも、さまざまに嘆き悲しんでおられる人が多かったが、それにしても、ご自分の身に頼りどころのある方々は、ただ君を恋い慕うという点では堪えがたそうな有様であったが――二条院の紫の上などもお暮しにご不自由がないので、君の旅のお住いとも、こちらの様子の分るようにしばしばお便りをお取り交しになっては、官位を失われた後の君のかりそめの御衣装をも、この世のつらいおりふしにつけて、季節季節に従ってご進調申しあげなさったので、それに気をお紛らわしになっていただろうが、しかし、なまじ君のお情けをこうむりながらもそれと世間に知られぬまま、ご離京の折のご様子にも、よそながら思いを寄せていらっしゃる方々で、ひそかに胸を痛めておられるといった女(ひと)々(びと)も多かったのである。〔二〕 常陸宮(ひたちのみや)の姫君は、父宮がお亡くなりになってからというもの、誰一人親身になってお世話する人もない御身の上でたいそう心細い日々でいらっしゃったのだったが、思いもよらぬご運がめぐってきて、源氏の
蓬生(源氏物語)〔一〕源氏謫居(たつきよ)の間、人々ひそかに嘆き悲しむ
〔二〕末摘花の邸ひたすら窮乏し、荒廃する
常陸の宮の君は、父親王の亡せたまひにしなごりに、また思ひあつかふ人もなき御身にていみじう心細げなりしを、思ひかけぬ御事の出で来て、とぶらひきこえたまふこと絶えざりしを、いかめしき御…
〔三〕末摘花、荒れまさる邸を守り生きる
もとより荒れたりし宮の内、いとど狐の住み処になりて、疎ましうけ遠き木立に、梟の声を朝夕に耳馴らしつつ、人げにこそさやうのものもせかれて影隠しけれ、木霊など、けしからぬ物ども所を得て…
〔四〕末摘花、時代離れの古風な日常を過す
はかなき古歌、物語などやうのすさびごとにてこそ、つれづれをも紛らはし、かかる住まひをも思ひ慰むるわざなめれ、さやうのことにも心おそくものしたまふ。わざと好ましからねど、おのづから、…
〔五〕叔母、末摘花に対して報復を企てる
侍従などいひし御乳母子のみこそ、年ごろあくがれはてぬ者にてさぶらひつれど、通ひ参りし斎院亡せたまひなどして、いとたへがたく心細きに、この姫君の母北の方のはらから、世におちぶれて受領…
〔六〕叔母、西国へ同行を勧誘、末摘花拒む
かかるほどに、かの家主大弐になりぬ。むすめどもあるべきさまに見おきて、下りなむとす。この君をなほも誘はむの心深くて、叔母「遥かにかくまかりなむとするに、心細き御ありさまの、常にしも…
〔七〕末摘花の絶望 叔母来り侍従を連れ去る
冬になりゆくままに、いとどかきつかむ方なく悲しげにながめ過ごしたまふ。かの殿には、故院の御料の御八講、世の中ゆすりてしたまふ。ことに僧などは、なべてのは召さず、才すぐれ行ひにしみ尊…
〔八〕末摘花の邸、わびしく雪に埋れる
霜月ばかりになれば、雪、霰がちにて、外には消ゆる間もあるを、朝日夕日をふせぐ蓬、葎の蔭に深う積もりて、越の白山思ひやらるる雪の中に、出で入る下人だになくて、つれづれとながめたまふ。…
〔九〕源氏、末摘花の邸のそばを通りかかる
卯月ばかりに、花散里を思ひ出できこえたまひて、忍びて、対の上に御暇聞こえて出でたまふ。日ごろ降りつるなごりの雨すこしそそきて、をかしきほどに月さし出でたり。昔の御歩き思し出でられて…
〔一〇〕惟光、邸内を探り、ようやく案内を請う
惟光入りて、めぐるめぐる人の音する方やと見るに、いささか人げもせず。さればこそ、往き来の道に見入るれど、人住みげもなきものをと思ひて、帰り参るほどに、月明くさし出でたるに見れば、格…
〔一一〕源氏、惟光に導かれて邸内に入る
源氏「などかいと久しかりつる。いかにぞ。昔の跡も見えぬ蓬のしげさかな」とのたまへば、惟光「しかじかなむたどり寄りてはべりつる。侍従がをばの少将といひはべりし老人なん、変らぬ声にては…
〔一二〕末摘花、源氏と対面、和歌を唱和する
姫君は、さりともと待ち過ぐしたまへる心もしるくうれしけれど、いと恥づかしき御ありさまにて対面せんもいとつつましく思したり。大弐の北の方の奉りおきし御衣どもをも、心ゆかず思されしゆか…
〔一三〕源氏、末摘花を手厚く庇護する
祭、御禊などのほど、御いそぎどもにことつけて、人の奉りたる物いろいろに多かるを、さるべきかぎり御心加へたまふ。中にも、この宮には、こまやかに思しよりて、睦ましき人々に仰せ言たまひ、…
〔一四〕末摘花、二条の東院に移り住む
二年ばかりこの古宮にながめたまひて、東の院といふ所になむ、後は渡したてまつりたまひける。対面したまふことなどはいと難けれど、近き標のほどにて、おほかたにも渡りたまふに、さしのぞきな…
ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
タブレットやスマホからも利用できます。
蓬生(源氏物語)の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 502
検索コンテンツ
1. 蓬生(源氏物語)
日本古典文学全集
主人公・光源氏の恋と栄華と苦悩の生涯と、その一族たちのさまざまの人生を、70年余にわたって構成。王朝文化と宮廷貴族の内実を優美に描き尽くした、まさに文学史上の奇 ...
6. あげ‐まき【総角・揚巻】
日本国語大辞典
かりや とうとう離(さか)りて寝たれども 転(まろ)びあひけり」*源氏物語〔1001〜14頃〕蓬生「崩れがちなるめぐりの垣を、馬牛などの踏みならしたる道にて、春 ...
7. 総角(源氏物語) 224ページ
日本古典文学全集
とうとう 離りて寝たれども まろびあひけり とうとう か寄りあひけり とうとう」(催馬楽・総角)。→蓬生[2]三二九ページ注二八。「より」に、「寄り」と「縒り」 ...
8. 総角(源氏物語) 249ページ
日本古典文学全集
ぜられますが、先方様の後々までのお どが零落して世間の噂となった例は当時すこぶる多い。末摘花・蓬生巻参照。将来の薫や匂宮のお気持まで今分るわけではないけれど。挿 ...
9. 総角(源氏物語) 286ページ
日本古典文学全集
女房たちはにわかに忠勤ぶる。「匂・薫、時の人なれば、勢ひに人の従ふ心なり」(岷江入楚、三光院実枝説)。→蓬生[2]〔一三〕。大君。以下、大君の心理に即した記述。 ...
10. あさ‐じ[:ぢ]【浅茅】
日本国語大辞典
いかにせよとか秋風になびくあさぢの色ことになる〈よみ人しらず〉」*源氏物語〔1001〜14頃〕蓬生「あさぢは庭のおもも見えず」*菟玖波集〔1356〕秋・上「浅茅 ...
11. あさじ が 原(はら)
日本国語大辞典
田中の森や 森や てふかさの 阿左知加波良(アサヂガハラ)に」*源氏物語〔1001〜14頃〕蓬生「かかるあさぢがはらをうつろひ給はで侍りなんや」〔二〕 ...
13. 東屋(源氏物語) 92ページ
日本古典文学全集
あれたる所に一宿するをよもぎのまろねといはんはさらにたがひ侍るまじきにや」(花鳥余情)、「たゞ蓬生のやどにねたる儀を用べし」(細流抄)などの説に従っておく。ただ ...
14. 東屋(源氏物語) 94ページ
日本古典文学全集
薫「石高きわたりは苦しきものを」とて、抱きたまへり。薄物の細長を、車の中にひき るにつけても、このような蓬生の仮寝にはご経験のない心地から興をお感じになるのだっ ...
15. あたり【辺】
日本国語大辞典
「花やかなりしあたりも人すまぬ野らとなり」(ロ)人についていう。*源氏物語〔1001〜14頃〕蓬生「かかる貧しきあたりと思ひあなづりて言ひくるを」*大鏡〔12C ...
16. あて‐やか【貴─】
日本国語大辞典
・八月ばかりに、白き単「紫苑の衣のいとあてやかなるをひきかけて」*源氏物語〔1001〜14頃〕蓬生「ひたぶるにものつつみしたるけはひのさすがにあてやかなるも心に ...
17. あ‐な‐た【彼方・貴方】
日本国語大辞典
入道兵部卿の宮の「昨夜(よべ)も、昨日の夜も、そがあなたの夜も」*源氏物語〔1001〜14頃〕蓬生「さる方にありつきたりしあなたの年ごろは、言ふかひなきさびしさ ...
18. あな‐にく
日本国語大辞典
といふを、あなにくの男や。などかうまどふ。竈(かまど)に豆やくべたる」*源氏物語〔1001〜14頃〕蓬生「あなにく、ことごとしや」 ...
20. あらそ・う[あらそふ]【争・諍】
日本国語大辞典
〉うつせみも 嬬(つま)を 相挌(あらそふ)らしき〈天智天皇〉」*源氏物語〔1001〜14頃〕蓬生「よもぎは、軒をあらそひて生ひのぼる」*平家物語〔13C前〕一 ...
21. あらわ・す[あらはす]【表・現・顕・著】
日本国語大辞典
3〕四「亦、相を現じて故(ことさら)に其の非を顕(アラハサ)じ」*源氏物語〔1001〜14頃〕蓬生「こだまなどけしからぬ物どもところえて、やうやうかたちをあらは ...
22. あり‐つ・く【有付】
日本国語大辞典
物事になれる。ある生活状態をしなれる。板についたふるまいをする。*源氏物語〔1001〜14頃〕蓬生「さるかたにありつきたりしあなたの年ごろは、いふかひなきさびし ...
23. ある か=無(な)きか[=無(な)き・無(な)しか・無(な)いか]
日本国語大辞典
発するのだという」(ロ)見るかげもなく衰えたさま。見すぼらしいさま。*源氏物語〔1001〜14頃〕蓬生「むかしだにあるかなきかなる中門など、ましてかたもなくなり ...
24. あれ‐は・てる【荒果】
日本国語大辞典
87頃〕「あれはてて風もはらはぬ草の庵我はなくとも露はもりけん」*源氏物語〔1001〜14頃〕蓬生「かくおそろしげにあれはてぬれど、親の御かげとまりたる心ちする ...
25. いい‐かよ・う[いひかよふ]【言通】
日本国語大辞典
こまやかにものをいひかよふ、さしあたりておのづからむつび語らふ人ばかり」*源氏物語〔1001〜14頃〕蓬生「此の姫君はかく人うとき御癖なれば、むつましくもいひか ...
26. いい‐きか・せる[いひ:]【言聞】
日本国語大辞典
五六「男にもこのをばのみ心さがなく悪しきことをいひきかせければ」*源氏物語〔1001〜14頃〕蓬生「なま憎げなる言葉どもいひきかせつつ、ときどききこえけり」*徒 ...
27. いい‐・く[いひ:]【言来】
日本国語大辞典
〜999頃〕忠こそ「女がたより、〈略〉降る雨のごとにいひくれど」*源氏物語〔1001〜14頃〕蓬生「おのづから、かかる貧しきあたりと、思ひあなづりていひくるを」 ...
28. いい‐とど・む[いひ:]【言留】
日本国語大辞典
〕二五「車をかけむとしければ、この男、なほ、しばしいひとどめて」*源氏物語〔1001〜14頃〕蓬生「この人さへうちすててむとするを、うらめしう、あはれにも思せど ...
29. いい‐もよお・す[いひもよほす]【言催】
日本国語大辞典
よをされたるになむ、ことにふれていとあはれにうれしといひ給へば」*源氏物語〔1001〜14頃〕蓬生「此の侍従もつねにいひもよをせど、人にいどむ心にはあらで、ただ ...
30. いい‐わずら・う[いひわづらふ]【言煩】
日本国語大辞典
*竹取物語〔9C末〜10C初〕「耳にも聞き入れざりければ、いひわづらひて帰りぬ」*源氏物語〔1001〜14頃〕蓬生「されど動くべうもあらねば、よろづにいひわづら ...
31. いえ‐い[いへゐ]【家居】
日本国語大辞典
修理したり設備したりするのに熱心な人」(2)家。すみか。すまい。*源氏物語〔1001〜14頃〕蓬生「大方の御いへゐも、ありしよりけにあさましけれど、わが心もては ...
32. いえ‐づくり[いへ:]【家作・家造】
日本国語大辞典
〔名〕家をつくること。また、家のつくり方。家構え。かさく。やづくり。*源氏物語〔1001〜14頃〕蓬生「この頃受領どもの面白きいゑづくり好むが、この家の木立を心 ...
33. いき‐ち・る【行散】
日本国語大辞典
〔自ラ四〕ちりぢりに別れ去る。散り別れる。離散する。ゆきちる。*源氏物語〔1001〜14頃〕蓬生「すこしもさてありぬべき人々は、おのづから参りつきてありしを、皆 ...
34. いける 浄土(じょうど)
日本国語大辞典
生き仏の浄土。この世の極楽。いける仏の国。*源氏物語〔1001〜14頃〕蓬生「いとかしこう、いける上どの飾りに劣らず」 ...
35. いける 身(み)
日本国語大辞典
生身。生きている身。*源氏物語〔1001〜14頃〕蓬生「いける身を捨て、かくむくつけきすまひするたぐひは、侍らずやあらむ」*堀河本拾遺和歌集〔1005〜07頃か ...
36. いた‐がき【板垣】
日本国語大辞典
並べて作った垣。板塀。*皇太神宮儀式帳〔804〕「板垣 廻長一百卅八丈六尺」*源氏物語〔1001〜14頃〕蓬生「めぐりの見ぐるしきにいたがきといふもの、打ちかた ...
37. いた‐ぶき【板葺】
日本国語大辞典
りみや)より移りて飛鳥の板盖(イタフキ)の新宮に幸(みゆき)す」*源氏物語〔1001〜14頃〕蓬生「下の屋どものはかなきいたぶきなりしなどは、骨のみ僅かに残りて ...
38. いつつ の 濁(にご)り
日本国語大辞典
劫(こう)濁、見濁、煩悩濁、衆生濁、命(みょう)濁の五つをいう。*源氏物語〔1001〜14頃〕蓬生「いつつのにごり深き世に、などて生まれ給ひけむ」*匠材集〔15 ...
39. いとま 聞(きこ)ゆ
日本国語大辞典
いとまごいを申し上げる。いとまごいをする。*源氏物語〔1001〜14頃〕蓬生「忍びて、対の上に御いとまきこえて、出で給ふ」*源氏物語〔1001〜14頃〕若菜下「 ...
40. う・い【憂】
日本国語大辞典
もとにてわりなきことなれどうちすて給へるうらみのやるかたなきに」*源氏物語〔1001〜14頃〕蓬生「わが身はうくてかくわすられたるにこそあれ」*山家集〔12C後 ...
41. うえ‐しも[うへ:]【上下】
日本国語大辞典
〔名〕「うえした(上下)〔一〕(2)」に同じ。*源氏物語〔1001〜14頃〕蓬生「うへしもの人々、我も我も参らむと争ひ出づる人もあり」 ...
42. うけ‐たまわ・る[:たまはる]【承】
日本国語大辞典
是の経を聞きたてまつること、親り仏前にして受(ウケタマハリ)ぬ」*源氏物語〔1001〜14頃〕蓬生「御琴の音もうけたまはらまほしがる人なむはべる」*徒然草〔13 ...
43. 雨月物語 312ページ
日本古典文学全集
「藤波のうち過ぎがたく見えつるはまつこそ宿のしるしなりけれ」(源氏・蓬生)。「つれ」(已然形)が正しい。秋成に多い破格の一つ。このあたり『源氏物語』蓬生巻の末摘 ...
44. 雨月物語 314ページ
日本古典文学全集
「もとより荒れたりし宮の内、いとど狐の住み処になりて、疎ましうけ遠き木立に、梟の声を朝夕に耳馴らしつつ」(源氏・蓬生)。「人知れず逢ふをまつ間に恋ひ死なば何に代 ...
45. 雨月物語 315ページ
日本古典文学全集
らなる」(古今巻四)。「もし狐などの変化にやとおぼゆれど」(源氏・蓬生)。頭注で一部は示したが、本編の描写は、『源氏物語』蓬生巻の文章と重なり合う所がある。古典 ...
46. 雨月物語 351ページ
日本古典文学全集
十三)。七日過ぎの上弦の月。月の明るさが増してくる。明るく。「月あかくさしいでたるに」(源氏・蓬生)。「ほどなき庭に、されたる呉竹」(源氏・夕顔)。「隈なき月影 ...
47. 雨月物語 352ページ
日本古典文学全集
連れて陰陽師の所へ行き、 柱と柱の間を一間という。「格子二間ばかりあげて、簾動くけしきなり」(源氏・蓬生)。客を迎える座敷。寝具。「衾 音金、和名布須万、大被也 ...
48. 雨月物語 370ページ
日本古典文学全集
る所かな」(源氏・夕顔)。涸れて。生え放題に生えた雑草。「かくいみじき野ら藪なれども」(源氏・蓬生)。 ...
49. 雨月物語 398ページ
日本古典文学全集
いずれにしても。なるほど。「御さきの露を…払ひつつ入れたてまつる。…なほ秋の時雨めきてうちそそけば」(源氏・蓬生)。「左右の戸もみなよろぼひ倒れにければ…この ...
50. 雨月物語 399ページ
日本古典文学全集
この大中寺は尊く栄えているということである。 さびしき宿にも、必ず分けたる跡あなる三つの径とたどる」(源氏・蓬生)。『河海抄』に「三径は門にゆくみち、井へゆくみ ...
「蓬生(源氏物語)」の情報だけではなく、「蓬生(源氏物語)」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

蓬生(源氏物語)と同じ源氏物語カテゴリの記事
源氏物語(日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
平安時代中期の11世紀初め、紫式部によって創作された長編の虚構物語。正しい呼称は「源氏の物語」で、「光源氏の物語」「紫の物語」「紫のゆかり」などの呼び方もある。後世は「源氏」「源語」「紫文」「紫史」などの略称も用いられた
玉鬘(源氏物語)【玉かづら】(新編 日本古典文学全集)
日本古典の最高傑作――光源氏の波瀾万丈の生涯を描いた大長編 主人公・光源氏の恋と栄華と苦悩の生涯と、その一族たちのさまざまの人生を、70年余にわたって構成。王朝文化と宮廷貴族の内実を優美に描き尽くした、まさに文学史上の奇跡といえる。藤原為時の女(むすめ)で歌人の紫式部が描いた長編で
桐壺(源氏物語)(新編 日本古典文学全集)
〔一〕帝の桐壺更衣(きりつぼのこうい)への御おぼえまばゆし帝(みかど)はどなたの御代(みよ)であったか、女御(にようご)や更衣(こうい)が大勢お仕えしておられた中に、最高の身分とはいえぬお方で、格別に帝のご寵愛(ちようあい)をこうむっていらっしゃるお方があった。
帚木(源氏物語)(新編 日本古典文学全集)
〔一〕 「光源氏」と、その名だけは仰山(ぎようさん)にもてはやされており、それでも、あげつらい申すにははばかられるような過(あやま)ちが多いということだのに、そのうえさらに、こうした色恋沙汰(ざた)の数々を後々の世にも聞き伝えて、軽薄なお方との浮名(うきな)を流すことになりはせぬかと、ご自分では秘密にしていらっしゃった裏話までも語り伝えたという人の
空蝉(源氏物語)(新編 日本古典文学全集)
〔一〕源氏、空蝉を断念せず、小君を責める〔一〕 お寝(やす)みになれぬままに、「わたしは、こうも人に憎まれたことはこれまでもなかったのに、今夜という今夜は、はじめて人の世がままならぬものと身にしみて分ったから、恥ずかしくて、もうこのまま生きてはおられそうもない気がする」などとおっしゃるので、小君は涙をさえこぼして横になっている。
源氏物語と同じカテゴリの記事をもっと見る


「蓬生(源氏物語)」は源氏物語に関連のある記事です。
その他の源氏物語に関連する記事
水原抄(日本国語大辞典)
鎌倉時代の「源氏物語」の注釈書。五四巻。源光行・親行著。成立年代未詳。伝本未発見で内容は不明だが、河内(かわち)本の最初の注釈書として注目される。「河海抄」などに一部引用されている。
蓬生(源氏物語)(新編 日本古典文学全集)
〔一〕源氏謫居(たつきよ)の間、人々ひそかに嘆き悲しむ〔一〕 源氏の君が、須磨の浦で「藻塩(もしお)たれつつ」悲境に沈んでいらっしゃったころ、都でも、さまざまに嘆き悲しんでおられる人が多かったが、それにしても、ご自分の身に頼りどころのある方々は、ただ君を恋い慕うという点では堪えがたそうな有様であったが――二条院の紫の上などもお暮しにご不自由がないので
澪標(源氏物語)(新編 日本古典文学全集)
〔一〕故院追善の御八講と源氏の政界復帰〔一〕 夢にありありとそのお姿がお見えになってからというものは、源氏の君は、故院の御事をお心におかけになって、どうかして、あの世の悪道でお苦しみあそばす罪障を、お救い申しあげる追善供養(ついぜんくよう)をしてさしあげたいものとお心を痛めていらっしゃるのだったが、こうして都にご帰還になってからは、まずそのご準備をなさる。
明石(源氏物語)(新編 日本古典文学全集)
〔一〕風雨やまず、京より紫の上の使者来る〔一〕 依然として雨風がやまず、雷のおさまらぬままに幾日にもなった。源氏の君は、いよいよやりきれないことが数限りなく起ってきて、来し方行く末悲しい御身の上なので、もうとても強気でいることもおできにならず、「どうしたものだろう、こうしたことがあったからとて、都に帰ろうものなら、それもまだ世間に許されぬ身であってみれば、なおさらもの笑いになるばかりだろう。
須磨(源氏物語)(新編 日本古典文学全集)
〔一〕源氏、須磨に退去を決意 人々との別れ〔一〕 世の中の形勢が、源氏の君にとってまことにわずらわしく、居心地のわるいことばかり多くなってゆくので、自分としては、しいて素知らぬ顔でやり過していても、あるいはこれ以上に恐ろしい事態になるかもしれない、という思いになられた。 あの須磨は、昔こそ人の住いなどもあったのだったが、今はまったく人里離れてもの寂しく
源氏物語に関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る