1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 歴史
  6. >
  7. 歴史上の人物
  8. >
  9. 日本史上の人物
  10. >
  11. 坂本竜馬(坂本龍馬)
国史大辞典

ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
坂本竜馬
さかもとりょうま
一八三五 - 六七
幕末期の討幕運動指導者、海援隊長。竜馬は通称。直陰(なおかげ)のちに直柔(なおなり)と名乗り、脱藩後は才谷梅太郎などの変名を使う。天保六年(一八三五)十一月十五日(十月十五日説・十一月十日説あり)、土佐藩の町人郷士坂本八平直足・幸の次男として、高知城下本町(高知市本丁筋一丁目)に生まれる。町人郷士坂本家は城下の豪商才谷屋の分家で、八平は三代目。城下の日根野弁治道場で剣を学んだが、嘉永六年(一八五三)江戸へ出て、北辰一刀流千葉定吉の門に入る。江戸滞在中ペリー来航に直面して攘夷思想の影響をうけたが、翌安政元年(一八五四)帰国後、薩摩藩反射炉を藩命で視察した絵師河田小竜から海運の必要などについて教示される。その後武市瑞山との交流を深め、文久元年(一八六一)武市が土佐勤王党を結成するや、竜馬も早速加盟し、その活動に参加した。翌年二月、「草莽志士」の糾合を求める久坂玄瑞の武市宛の書状を持ち帰ったことは有名。そのころ薩摩藩の率兵上京に呼応する西国志士の挙兵計画が伝わり、同志の脱藩が相ついだ。竜馬も呼応するかのように三月二十四日に脱藩したが、挙兵計画には参加せず、各地遊歴後、夏すぎに江戸に赴く。その後、松平春岳に接し、さらに勝海舟の門に入る。その下で幕府の近代海軍創設計画に参加し、そのなかで脱藩の罪も許された。文久三年四月二十四日幕府が神戸海軍操練所建設を決定するや、勝の右腕として東奔西走する。このように竜馬は、開化的傾向を示し始めたのであるが、このことは尊攘運動からの絶縁を意味するものではなかった。それは、同年六月二十九日付書状で、攘夷を決行した長州藩を弁護しながら「日本を今一度せんたくいたし」たいと書いていたことに伺える。したがって土佐藩が勤王党弾圧を強め始めるや、同年十二月、再度脱藩の身となった。また勝が翌元治元年(一八六四)十月江戸に召喚されることになったので、操練所に集まった竜馬以下は薩摩藩に預けられた。この結果、慶応元年(一八六五)四月鹿児島に赴くこととなったが、一方では薩摩藩に支援されて長崎の亀山に社中を開き、他方では三条実美らを太宰府に訪ね、閏五月六日には下関で木戸孝允と会談する。中岡慎太郎・土方久元らの動きに協力し、薩長同盟のために努力することとなった。この結果社中が、長崎で外国の艦船銃砲を購入することを幕府に禁ぜられていた長州藩のために、薩摩藩の名義で購入するなどの周旋を通じて薩長の関係を深め、ついで慶応二年正月二十二日(二十一日説もある)、京都薩摩藩邸で竜馬の仲介による薩長同盟を成立させた。その翌日、伏見の船宿寺田屋で幕吏に襲撃されたが、妻お竜(元治元年五月ごろ結婚、医師楢崎将作女)の活躍もあって助かる。その後お竜を鹿児島に伴い、傷を癒して長崎を中心に活動を再開した。社中で航海術の稽古をしながら運輸業などに従い、さらに商社経営を企画する。他方薩長土三藩連合を画策し、慶応三年正月中旬、長崎で土佐藩参政後藤象二郎と会談した。こうして土佐藩は、竜馬と中岡慎太郎の罪を許し、四月初旬に竜馬を海援隊長、中岡を陸援隊長に任命したのである。これは、藩主流が佐幕的立場を脱却したことの反映であった。その後竜馬は、藩の支援をうけて社中以来の海援隊の業務を拡大するとともに、割拠論と公議政体論とをむすびつけた竜馬の独自の国家構想である「船中八策」(筆記は長岡謙吉)を、六月後藤に提示した。後藤がこの構想にもとづいて大政奉還を実現させるが、竜馬は、それを支持しながらもライフル銃千挺を土佐藩に購入させるなど、割拠論的「藩」強化策を重視した。このように新しい政権構築には積極的に参画したが、新政府への参加は辞退している。だが海援隊員三百人を率いて上京してきたとの噂がたち、しかも前年の伏見の事件で幕吏を傷つけていたこともあって幕府に狙われ、十一月十五日京都の近江屋で見廻組に襲撃され闘死した。三十三歳。三日後、ともに遭難した中岡・下男山田藤吉と東山の霊山(現京都市東山区京都霊山護国神社域内)に埋葬される。『坂本竜馬関係文書』(『日本史籍協会叢書』)、書翰・関係史料・詠草などを収めた宮地佐一郎編『坂本竜馬全集』全一巻がある。
[参考文献]
平尾道雄編『坂本竜馬のすべて』、池田敬正『坂本竜馬』(『中公新書』六九)
(池田 敬正)
©Yoshikawa kobunkan Inc.
ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
タブレットやスマホからも利用できます。
坂本竜馬(坂本龍馬)の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 316
検索コンテンツ
1.坂本龍馬画像
日本大百科全書
幕末の志士。天保(てんぽう)6年11月15日、土佐国(高知県)高知城下本丁(ほんちょう)一丁目に郷士坂本八平の次男に生まれた。実名は直柔(なおなり)、変名は才谷 ... ...
2.坂本龍馬[百科マルチメディア]
日本大百科全書
©小学館ライブラリー ... ...
3.坂本竜馬
世界大百科事典
1835-67(天保6-慶応3) 幕末の志士。本名は直柔(なおなり),別名は才谷梅太郎。高知城下の町人郷士の家に生まれ,維新の指導者としてその前夜に暗殺されるま ... ...
4.さかもと‐りょうま【坂本竜馬】画像
デジタル大辞泉
[1836〜1867]幕末の志士。土佐藩士。名は直柔(なおなり)。千葉周作道場に剣を学び、のち脱藩し、勝海舟に師事。慶応2年(1866)薩長同盟成立に尽力。前土 ... ...
5.さかもと‐りょうま【坂本龍馬】
日本国語大辞典
江戸末期の尊攘派の志士。海援隊長。土佐藩出身。一九歳で江戸に出て北辰一刀流を学ぶ。文久二年(一八六二)脱藩して勝海舟の門にはいり、彼を助けて幕府神戸海軍操練所の ... ...
6.さかもとりょうま【坂本竜馬】
国史大辞典
内)に埋葬される。『坂本竜馬関係文書』(『日本史籍協会叢書』)、書翰・関係史料・詠草などを収めた宮地佐一郎編『坂本竜馬全集』全一巻がある。 [参考文献]平尾道雄 ... ...
7.さかもと-りょうま【坂本竜馬】画像
日本人名大辞典
1836*−1867 幕末の武士。天保(てんぽう)6年11月15日生まれ。家は土佐高知城下の郷士。文久元年土佐勤王党にくわわり,翌年脱藩して勝海舟の門にはいって ... ...
8.坂本龍馬
デジタル大辞泉プラス
黒鉄ヒロシによる漫画作品。坂本龍馬の逸話に作者独自の解釈をまじえて描いた歴史漫画。描き下ろし作品。PHP研究所から1997年に全1巻で刊行された。第2回(199 ... ...
9.坂本竜馬
デジタル大辞泉プラス
山岡荘八の歴史小説。1956年刊行。 2013年05月 ... ...
10.坂本龍馬
デジタル大辞泉プラス
山岡荘八の歴史小説。1980年刊行。 2013年05月 ... ...
11.さかもとりょうま【坂本竜馬】
日本架空伝承人名事典
汗血千里駒(坂崎紫瀾篇)○当時長崎の地は、独り西欧文明の中心として、書生の留学する者多きのみならず、故坂本竜馬君等の組織する所の海援隊、亦運動の根拠を此地に置き ... ...
12.坂本竜馬[文献目録]
日本人物文献目録
刺客今井信郎』武市佐市郎『坂本竜馬』-『坂本竜馬』井上道雄『坂本竜馬』千頭清臣『坂本竜馬』松村巌『坂本竜馬』森銑三『坂本竜馬 挙国統一国家めざす』市井三郎『坂本 ... ...
13.坂本竜馬・坂本龍馬
日本史年表
4・‐ 高知藩、坂本竜馬の 亀山社中 を同藩の 海援隊 とし、 坂本竜馬 を海援隊長に任命(維新史料綱要)。 1867年〈慶応3 丁卯〉 11・15( 12・1 ... ...
14.SakamotoRyōma【坂本竜馬】画像
Encyclopedia of Japan
1836−1867 Proimperial activist in the period that preceded the Meiji Restoration ... ...
15.さかもとりょうまあんさつじけん【坂本竜馬暗殺事件】
国史大辞典
坂本竜馬が慶応三年(一八六七)十一月十五日、京都の河原町蛸薬師下ル近江屋にて遭難した事件。竜馬は宿所としていた土佐藩邸の出入商人近江屋の二階奥で、来談中であっ ... ...
16.坂本龍馬記念乗車券
デジタル大辞泉プラス
長崎電気軌道が発売する電車の企画乗車券。 2012年02月 ... ...
17.坂本龍馬殺人事件
デジタル大辞泉プラス
山村美紗の長編ミステリー。1991年刊行。アメリカ副大統領令嬢・キャサリンシリーズ。 2012年12月 ... ...
18.坂本龍馬像[百科マルチメディア]
日本大百科全書
高知県高知市 桂浜(かつらはま) ©高知市観光振興課 ... ...
19.坂本龍馬年賀状[新語流行語]
イミダス 2015
高知県立坂本龍馬記念館が坂本龍馬に関する情報などを集めたポータルサイト「龍馬街道」と共同で企画した2010年用の年賀状セット。龍馬の写真と龍馬直筆の木戸孝允に ... ...
20.維新回天・竜馬伝!硬派・坂本竜馬III
デジタル大辞泉プラス
宝塚歌劇団による舞台演目のひとつ。作:石田昌也。2006年、宝塚大劇場にて宙組が初演。坂本竜馬をモデルとした作品。 2013年02月 ... ...
21.アメリカ合衆国画像
日本大百科全書
渡った咸臨(かんりん)丸の一行ともども、アメリカ文明について見聞を広めてきた。勝海舟、横井小楠(しょうなん)、坂本龍馬(りょうま)など維新期の指導者も、アメリカ ... ...
22.あやかり‐しょうひん【肖り商品】
デジタル大辞泉
有名人・キャラクター・名所や、話題となっている出来事に関連した商品。「定額給付金―」「坂本竜馬―」 ... ...
23.伊木三猿斎
日本大百科全書
猪鍋(ししなべ)を出して西洋流の茶事を行った話は有名。幕府による長州征伐の不可を藩主に説いて調停を勧め、坂本龍馬(りょうま)、中岡慎太郎ら志士をかくまう。187 ... ...
24.いぎさんえんさい【伊木三猿斎】
国史大辞典
長州藩は深くこれを徳とし、奇兵隊の有志を三猿斎に託してその指導を受けさせた。この前後、河田景与・坂本竜馬ら諸藩の脱藩士がたよってきたのを保護した。同三年十月幕府 ... ...
25.いぐち-しんすけ【井口新助】
日本人名大辞典
天保(てんぽう)8年生まれ。京都の高知藩御用達醤油(しょうゆ)商「近江(おうみ)屋」の主人。坂本竜馬(りょうま)を寄宿させていたが,慶応3年竜馬は中岡慎太郎とと ... ...
26.いけだ-やすまさ【池田安正】
日本人名大辞典
天保(てんぽう)4年生まれ。河内(かわち)(大阪府)狭山(さやま)藩士。蘭学と洋式兵学をまなぶ。坂本竜馬らと交流。鳥羽・伏見の戦いで京都警護につく。のち陸軍中佐 ... ...
27.維新[流行語大賞2012]
現代用語の基礎知識 2015
橋下徹 地域政党「大阪維新の会」が「日本維新の会 」を結成、国政政党として国政選挙へ乗り出し、坂本龍馬の「船中八策」に倣って、「維新八策」を発表した。 ... ...
28.維新の党[政党]
イミダス 2015
体。11年11月、大阪府知事から大阪市長に転じた橋下は国政への進出に意欲を見せ、12年2月、坂本龍馬の「船中八策」にならって「維新八策」をまとめた。また将来の国 ... ...
29.いせきもりとめ【井関盛艮】
国史大辞典
習となり、漸進して大目付役軍使兼帯寺社奉行となる。慶応二年(一八六六)冬、藩命で長崎に行き、坂本竜馬・五代友厚・本木昌造らを知り、また海外事情に通じた。このころ ... ...
30.磯田道史画像
JK Who's Who
歴史随筆としては『江戸の備忘録』(朝日新聞出版)がある。10年には『龍馬史』(文芸春秋)を著し、坂本龍馬の生涯を社会経済史の観点から解説。龍馬の実像に迫った。龍 ... ...
31.一絃琴
日本大百科全書
大坂の真鍋(まなべ)豊平が新作を多くつくり、その奏法も大きな発展を遂げ、いよいよ盛んになった。坂本龍馬(りょうま)など幕末の志士たちも弾いたという。明治末年から ... ...
32.いまい-のぶお【今井信郎】
日本人名大辞典
慶応3年京都見廻組与力頭。戊辰(ぼしん)戦争では東北各地で新政府軍とたたかい,明治2年五稜郭で降伏。翌年坂本竜馬暗殺にかかわったと供述した。5年特赦。のち静岡県 ... ...
33.今井信郎[文献目録]
日本人物文献目録
【図書】:0件 【逐次刊行物】:3件 『今井信郎』-『坂本、中岡両雄刺客今井信郎』武市佐市郎『坂本竜馬暗殺者の生涯 今井信郎秘録』大坪草二郎 ... ...
34.いまむらいづみ
日本人名大辞典
昭和12年子役として築地小劇場「アンナ・カレーニナ」で初舞台。24年前進座の正式座員となり,「坂本竜馬」「出雲の阿国」「柳橋物語」に出演。57年,59年の「エリ ... ...
35.いらばやしむら【伊良林村】長崎県:長崎市
日本歴史地名大系
で、万延元年(一八六〇)頃の郷乙名は本河内郷を兼帯した。晧台寺後山に林官梅両家の墓地があり、坂本龍馬が率いる亀山社中が隠れ住んだという家屋跡が残されている。慶応 ... ...
36.岩崎弥太郎
世界大百科事典
境に落ち,新田開発や官林伐採を行う。67年(慶応3)に土佐藩の開成館長崎出張所の下役となり,坂本竜馬やT.B.グラバーらの外国商人と交渉,明治維新後の69年(明 ... ...
37.上野彦馬
日本大百科全書
長崎に滞在する外国人を顧客とした肖像写真の撮影をおもに手がけたが、やがて日本人にも客層を広げていき、坂本龍馬(さかもとりょうま)、高杉晋作(たかすぎしんさく)を ... ...
38.上野彦馬
世界大百科事典
自製,62年長崎に日本最初の営業写真館を開設し,コロジオン湿板を使って写真を撮影して好評を博し,坂本竜馬,高杉晋作,伊藤博文ら維新の志士たちも長崎に赴いて肖像を ... ...
39.うえの‐ひこま【上野彦馬】画像
デジタル大辞泉
[1838〜1904]写真家。長崎の人。俊之丞の第4子。日本で最初の写真館を設立。金星の天体写真や西南戦争、坂本竜馬らも撮影。 ... ...
40.うえのひこま【上野彦馬】
国史大辞典
彼は交友内外にきわめて広く、勝海舟や榎本武揚らはかつての同窓であり、また維新の際には高杉普作・坂本竜馬・西郷隆盛・伊藤博文らと頻繁に往来して、彼らを撮影していた ... ...
41.うえの-ひこま【上野彦馬】画像
日本人名大辞典
オランダ人の医師ポンペに化学を,フランス人ロッシュに写真術をまなぶ。文久2年長崎にわが国初の写真館を開業。坂本竜馬,高杉晋作や金星観測,西南戦争などの写真をのこ ... ...
42.うらどまち【浦戸町】高知県:高知市/高知城下/下町
日本歴史地名大系
もに札座の発行名義人になっている。その後も代々町総年寄を勤め、御用商人として活躍した。幕末に坂本龍馬の海援隊に参加して、龍馬の死後その隊長になった長岡謙吉は当町 ... ...
43.うりゅう-しん【瓜生震】
日本人名大辞典
明治-大正時代の経営者。嘉永(かえい)6年6月11日生まれ。瓜生寅(はじめ)の弟。長崎で蘭学をまなび,坂本竜馬の海援隊に属する。明治4年工部省鉄道寮にはいり,岩 ... ...
44.えのはまむら【江之浜村】長崎県:南松浦郡/有川町
日本歴史地名大系
赤尾・供栖村の同業地域と異なり、石碑の彫刻を主体とする。慶応二年(一八六六)江之浜の潮合崎で坂本竜馬が組織した長崎社中の持船ワイルウエフ号が遭難のうえ沈没、竜馬 ... ...
45.おうみ-かいどう【淡海槐堂】
日本人名大辞典
近江(おうみ)(滋賀県)の儒者下坂篁斎の子。京都の醍醐(だいご)家につかえ,板倉を名のる。私塾文武館をひらき,坂本竜馬らとまじわる。天誅(てんちゅう)組の挙兵の ... ...
46.近江屋
日本史年表
1867年〈慶応3 丁卯〉 11・15( 12・10 ) 坂本竜馬・中岡慎太郎、京都河原町 近江屋 で京都見廻組に襲撃され、坂本は即死、中岡は17日死亡(維新 ... ...
47.大浦慶
日本大百科全書
清(しん)国上海(シャンハイ)に渡り製茶・交易法を学び、帰国後、日本茶の輸出を実現させた。多くの利益を得たが、坂本龍馬(りょうま)、高杉晋作(しんさく)らの幕末 ... ...
48.おおうら-けい【大浦慶】
日本人名大辞典
文があり,九州各地から1万斤(6t)をあつめて輸出。長崎在住の実業家グラバーと親交をむすび,坂本竜馬,大隈重信らを援助し,「大浦のお慶さん」としてしたしまれた。 ... ...
49.おおはし-しん【大橋慎】
日本人名大辞典
土佐高知藩家老深尾氏の家臣。土佐勤王党に属し,元治(げんじ)元年脱藩して萩(はぎ)藩をたよる。慶応2年坂本竜馬(りょうま)らを岩倉具視(ともみ)に紹介する。3年 ... ...
50.おかうちしげとし【岡内重俊】
国史大辞典
天保十三年(一八四二)四月二日土佐国土佐郡潮江村(高知市)に生まれる。高知藩士岡内清胤の長男。通称は俊太郎。坂本竜馬の海援隊に入り、その秘書役となる。明治政府の ... ...
「坂本竜馬(坂本龍馬)」の情報だけではなく、「坂本竜馬(坂本龍馬)」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

坂本竜馬(坂本龍馬)と同じ日本史上の人物カテゴリの記事
真田幸村(真田信繁)(日本大百科全書(ニッポニカ))
安土桃山時代の武将。本名信繁。昌幸の次男。1586年(天正14)豊臣秀吉の臣となり、94年(文禄3)豊臣信繁の名で従五位下左衛門佐に叙任した。妻は秀吉の奉行大谷吉継の女。のち父昌幸、兄信之とともに徳川家康に臣従したが、関ヶ原の戦いには
徳川家康(日本大百科全書(ニッポニカ))
江戸幕府初代将軍(在職1603~1605)。三河(愛知県東部)の小大名の家に生まれ、幼年時代は隣国駿河(静岡県)の大名今川氏の人質となって苦労したが、桶狭間の戦いののち今川氏から独立し、織田信長と同盟して駿河・遠江(とおとうみ)(静岡県)・三河3か国に所領を拡大した
坂本竜馬(坂本龍馬)(国史大辞典)
幕末期の討幕運動指導者、海援隊長。竜馬は通称。直陰のちに直柔と名乗り、脱藩後は才谷梅太郎などの変名を使う。天保六年(一八三五)十一月十五日(十月十五日説・十一月十日説あり)、土佐藩の町人郷士坂本八平直足・幸の次男として、高知城下本町(高知市本丁筋一丁目)に生まれる
織田信長(日本大百科全書(ニッポニカ))
戦国・安土桃山時代の武将。戦国動乱を終結し全国統一の前提をつくった。[脇田 修]家系織田氏は近江津田氏と関係があると伝えられているが、室町期斯波氏に仕え、越前(福井県)織田荘を根拠とし織田劔神社を氏神と崇敬した。斯波氏が尾張(おわり)守護の関係で尾張守護代として尾張(愛知県)に入る
上杉景勝(日本大百科全書(ニッポニカ))
安土桃山時代・江戸初期の大名。上杉謙信の養子。初名は卯松、喜平次、顕景。実父は越後坂戸城(新潟県南魚沼市)の城主長尾政景で、母は謙信の姉。父の死後謙信に養われ、1575年(天正3)春日山城の中城で上杉弾正少弼景勝となる。78年謙信の死後、もう1人の養子上杉三郎景虎
日本史上の人物と同じカテゴリの記事をもっと見る


「坂本竜馬(坂本龍馬)」は日本の歴史に関連のある記事です。
その他の日本の歴史に関連する記事
空海(新版 日本架空伝承人名事典・国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
774‐835(宝亀5‐承和2)弘法大師、俗に「お大師さん」と略称する。平安時代初期の僧で日本真言密教の大成者。真言宗の開祖。讃岐国(香川県)多度郡弘田郷に生まれた。生誕の月日は不明であるが、後に不空三蔵(七〇五‐七七四)の生れかわりとする信仰から
最澄(新版 日本架空伝承人名事典・国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
767‐822(神護景雲1‐弘仁13)伝教大師。平安初期の僧侶。天台宗の開祖。三津首百枝の子という。幼名は広野。俗姓は三津氏で、帰化人の子といわれる。近江国滋賀郡古市郷(現、滋賀県大津市)の生れ。七七八年(宝亀九)一二歳で近江国分寺の大国師行表
坂上田村麻呂(新版 日本架空伝承人名事典・国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
758‐811(天平宝字2‐弘仁2)平安初頭の武将。犬養の孫。苅田麻呂の子。坂上氏は応神朝に渡来したという阿知使主(あちのおみ)を祖先とし大和国高市郡に蟠踞(ばんきょ)した倭(東)漢(やまとのあや)氏の一族で、武術に秀でていた。田村麻呂も
道鏡(新版 日本架空伝承人名事典・国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
?‐772(宝亀3)奈良後期の政治家、僧侶。俗姓弓削連。河内国若江郡(現、八尾市)の人。出自に天智天皇皇子志貴(施基)皇子の王子説と物部守屋子孫説の二説がある。前者は『七大寺年表』『本朝皇胤紹運録』等時代の下る書に見える。後者は『続日本紀』
鑑真(新版 日本架空伝承人名事典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
688‐763 中国、唐代の高僧。唐の揚州江陽県の生まれで、揚州の大雲寺で出家し、二〇歳で長安や洛陽の高僧から戒律関係の教理や、律宗・天台宗の教義を学んだ。とりわけ僧尼が遵守すべき戒律を研究し、南山律宗の継承者として日夜活動
日本の歴史に関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る