ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 自然
  6. >
  7. 植物
  8. >
  9. 草花木
  10. >
  11. ひ‐の‐き 【檜・檜木】

ジャパンナレッジで閲覧できる『ひ‐の‐き 【檜・檜木】』の辞書・事典・叢書別サンプルページ

日本国語大辞典

ひ‐の‐き 【檜・檜木】

解説・用例

〔名〕

(1)ヒノキ科の常緑高木。日本特産で、本州の福島県以南、四国、九州の屋久島までの山地に生え、広く植林されている。高さ三〇〜四〇メートル、径一〜二メートルに達する。樹冠は鋭円錐形。樹皮は赤褐色で縦に裂け薄くはげる。葉は鱗片(りんぺん)状に小枝に密に対生。雌雄同株。春、枝端に花をつける。球果は径約一センチメートルの球形。木質で赤褐色を帯びる。種子はほぼ円形で左右に狭い翼がある。材は黄白色。緻密で光沢・芳香があり、耐久性に富み建築材として重用される。樹皮は屋根葺き、槇皮(まいはだ)に使用。庭園樹としても重用され、チャボヒバ、クジャクヒバなど多数の園芸品種がある。漢名に扁柏(へんぱく)・檜を当てるが誤用で、それぞれ、コノテガシワとイブキの漢名の一つ。学名はChamaecyparis obtusa

*常陸風土記〔717〜724頃〕行方「野の北に、櫟(いちひ)・柴(くぬぎ)・鶏頭樹(かへるでのき)・比之木(ヒノき)、往々森々(よりよりいよよか)に、自ら山林(はやし)を成せり」

*日本書紀〔720〕神代上(兼方本訓)「乃ち、鬚髯(ひけ)を抜きて散(あか)つ。即ち、杉(すきのき)に成る。又、胸の毛を抜き散つ。是檜(ヒノキ)に成る」

*新撰字鏡〔898〜901頃〕「檜 比乃木」

*古事談〔1212〜15頃〕一・後三条天皇御倹約事「御扇骨檜にて藍を塗て令〓持給けり」

*日葡辞書〔1603〜04〕「Finoqi (ヒノキ)〈訳〉糸杉に似た木」

*滑稽本・風来六部集〔1780〕飛だ噂の評「いかなる扁柏(ヒノキ)の上材木でも、初手から〓(かんな)は掛られず」

*日本植物名彙〔1884〕〈松村任三〉「ヒノキ カマクラヒバ チャボヒバ」

(2)植物「あすなろ(翌檜)」の異名。

(3)植物「くろべ(黒檜)」の異名。

(4)植物「さわら(椹)」の異名。

語誌

(1)「ひばら(檜原)」「ひのくまがわ(檜隈川)」などの語があり、ヒの形が古い。

(2)精油を含み、発火に適した硬さであるため、木と木の摩擦で火を起こす際に重宝された。現在でも由緒ある神社の火きりの神事に用いられる。

(3)火の出やすい性質からヒノキ=火の木という語源説があるが、古代において、ヒノキの古語ヒには甲類の仮名が、火には乙類の仮名が用いられていたところから、否定されている。

方言

植物。

(1)あすなろ(翌檜)。ひのき岩手県下閉伊郡091千葉県長生郡287

(2)くろべ(黒檜)。ひのき栃木県西部198

(3)さわら(椹)。ひのき山形県西田川郡139

(4)ひば(檜葉)。ひのき盛岡†054青森県津軽071秋田県131

語源説

(1)ヒノキ(火木)の義。この木からは火を取りやすいところから〔和句解・日本釈名・和訓集説・箋注和名抄・雅言考・言元梯・名言通・紫門和語類集・本朝辞源=宇田甘冥〕。

(2)いくつにもヘグル(剥)ことができるところからヒはヘキの反〔名語記〕。

(3)ヒメハノキ(姫葉之木)の義〔日本語原学=林甕臣〕。

発音

〓シヌギ・シノギ〔津軽語彙〕ヒヌキ〔茨城・栃木・埼玉方言〕ヒヌギ〔岩手・仙台音韻〕ヘヌキ・ヘノキ〔埼玉方言〕

〓[0][ヒ]〓[ヒ]

辞書

字鏡・色葉・名義・下学・和玉・文明・伊京・明応・天正・饅頭・黒本・易林・日葡・書言・ヘボン・言海

正式名称と詳細

表記

字鏡色葉名義下学和玉文明伊京明応天正饅頭黒本易林書言ヘボン

〓字鏡

〓色葉

檜木言海


ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。
ひ‐の‐き 【檜・檜木】の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 8347
検索コンテンツ
1. 檜
字通
の舟 宅 かいたく 官邸。 寒 〓 ...
2. ひ【檜】
デジタル大辞泉
ヒノキの古名。 「真木栄(さ)く―の御門(みかど)」〈記・下・歌謡〉 ...
3. ひ【檜】
日本国語大辞典
〔名〕植物「ひのき()」の古名。*古事記〔712〕上「亦其の身に蘿(こけ)と(ひ)榲(すぎ)と生ひ」*日本書紀〔720〕継体七年九月・歌謡「真木さく 避(ヒ ...
4. ひ【桧】
全文全訳古語辞典
〔名詞〕木の名。ヒノキの古名。  ...
5. 檜(ひ)
古事類苑
植物部 洋巻 第1巻 114ページ ...
6. ヒノキ
日本大百科全書
る。記紀など上代の文献からすでに数多くみられる。の林やの生えている原野を「原(ひはら)」といい、「鳴る神の音のみ聞きし巻向(まきむく)の原の山を今日見つ ...
7. ひ‐の‐き【檜/檜木】
デジタル大辞泉
ヒノキ科の常緑高木。山地に自生するが、多くは植林。高さ30~40メートル。樹皮は赤褐色で縦に裂け、小枝に鱗片(りんぺん)状の葉が密に対生する。4月ごろ、雄花と雌 ...
8. ひのき【檜】
国史大辞典
り杉・の育成林業が成立し、は尾根筋に植林されていった。育成された材は近世後期の需要の中に一定の位置を占めるに至る。近代、とりわけ第二次世界大戦後は伐出過 ...
9. 檜(ひのき)
古事類苑
植物部 洋巻 第1巻 114ページ ...
10. ひ‐の‐き【檜・檜木】
日本国語大辞典
チャボヒバ」(2)植物「あすなろ(翌)」の異名。(3)植物「くろべ(黒)」の異名。(4)植物「さわら(椹)」の異名。(1)「ひばら(原)」「ひのくまがわ( ...
11. ひのき【檜】[方言]
日本方言大辞典
植物(1)ひば(葉)。 盛岡※054御国通辞(服部武喬)1790頃 青森県津軽071青森県方言訛語(青森県庁)1908 秋田県131秋田の植物方言(水口清)1 ...
12. ひのき【檜】[標準語索引]
日本方言大辞典
めぎ杉やひのき:の大木くろき杉やひのき:の皮でふいた屋根かわやね杉やひのき:の苗床とこ杉やひのき:の植えて間もない若木わかんばえ屋根の棟にまたがるように ...
13. ヒノキ
世界大百科事典
用いられるが,総造りの日本家屋は最高のぜいたくに属する。天平時代以降の仏像には,ほとんどヒノキ材が用いられている。そのほか卓球のラケットなどの運動具にも供され ...
14. きそのはらかみむら【檜原上村】兵庫県:津名郡/津名町
日本歴史地名大系
寛永四年(一六二七)の曾原之内上村検地帳(津名町史)によれば、高六一〇石余(田五三五石余・畑七四石余)・反別四〇町一反余(田三三町余・畑七町一反余)。正保国絵 ...
15. きそのはらしもむら【檜原下村】兵庫県:津名郡/津名町
日本歴史地名大系
[現]津名町木曾下 原上村の西にあり、南は上畑村。南北に開けた谷間の村。正保国絵図に曾原下村とみえ、高三三九石余。天保郷帳では原下村とあり、高五六二石余。 ...
16. さいかちはら・ひのきしたいせき【〓樹原・檜下遺跡】埼玉県:児玉郡/神川町/元安保村地図
日本歴史地名大系
[現]神川町元阿保 〓樹原、上里町大御堂 下 神流川右岸の河岸段丘上にあり、標高八三―八六メートル。昭和五八年(一九八三)から同六二年に発掘調査が実施され ...
17. つばきのわたし・ひのきのわたし【椿の渡・檜の渡】奈良県:吉野郡/下市町/阿知賀村
日本歴史地名大系
大淀町大字下淵・越部 の渡は下市村と下淵村をつなぐ吉野川の渡津。南大和の喉元を占める要路で、人馬の往来や貨物の輸送が頻繁であった。今の千石橋上流約数百メートル ...
18. ひ‐あじろ【檜網代】
デジタル大辞泉
ヒノキの薄板を網代に編んだもの。また、それを用いた輿(こし)や女性用の駕籠(かご)。  ...
19. ひ‐あじろ【檜網代】
日本国語大辞典
〔名〕(ひのき)の薄板で網代に組んだもの。また、それを用いた輿(こし)や婦人用の駕籠(かご)。*大鏡〔12C前〕四・道兼「網代といふものをはりて、的のかたに ...
20. ひ-あふぎ【桧扇】
全文全訳古語辞典
〔名詞〕ヒノキの薄い板を重ね、上部に絹糸を通してとじた扇。 平安時代から、束帯を着た時の笏の代わりに、衣冠や直衣を着た時に持ち、とじ糸は白で、親骨に藤の花や家紋 ...
21. ヒオウギ
日本大百科全書
アヤメ科の多年草。春に短い根茎から短剣状の葉を互生し、名のごとく扇形になり、ややねじれる性質がある。夏、葉の間から高さ約1メートルの茎を出し、頂上で分枝し、径5 ...
22. ひ‐おうぎ【檜扇】
デジタル大辞泉
1 ヒノキの細長い薄板を重ね、上端を糸で下端を要(かなめ)で留めた扇。近世の板の数は、公卿は25枚、殿上人は23枚、女子は39枚。男子のものは白木のままとするが ...
23. ひ‐おうぎ[‥あふぎ]【檜扇・射干】
日本国語大辞典
集〔1254〕一一・四〇八「御手などにてはとらせ給はで、扇のさきにて、すこしすくひてなりけるが」*俳諧・犬子集〔1633〕三・扇「扇ももてばすずしき袂かな〈 ...
24. ひおうぎ【檜扇】
数え方の辞典
▲本、▲面 ⇒扇  ...
25. 檜扇[図版]
国史大辞典
 (c)Yoshikawa kobunkan Inc.  ...
26. ひおうぎ【檜扇】
国史大辞典
強靱なや杉を細長く薄く引き剥ぎ、数枚重ねて、下端を綴じ、先端を白糸でつがって開閉用とした板扇(いたおうぎ)。多くの柾目(まさめ)の板を用材とすることによっ ...
27. 檜扇(ひおうぎ)
古事類苑
服飾部 洋巻 第1巻 1312ページ ...
28. ヒオウギアヤメ
日本大百科全書
アヤメ科の多年草。高さ30~90センチメートル、2~3本の枝を出す。葉は長さ7~40センチメートル、中央脈はない。7~8月、径約8センチメートルの青紫色花を開く ...
29. ひおうぎ‐あやめ【檜扇菖蒲】
デジタル大辞泉
アヤメ科の多年草。中部地方以北の湿地に自生し、高さ約70センチ。葉は剣形で、基部が紫色になる。夏、アヤメに似た紫色の大きい花を開く。  ...
30. ひおうぎ‐あやめ[ひあふぎ‥]【檜扇菖蒲】
日本国語大辞典
〔名〕アヤメ科の多年草。北海道・本州中部以北の高層湿原に生える。花茎は高さ六〇センチメートルに達する。葉は長さ三〇〜六〇センチメートルの剣状、基部は紫紅色を帯び ...
31. ヒオウギガイ
日本大百科全書
軟体動物門二枚貝綱イタヤガイ科の二枚貝。房総半島以南、九州、中国沿岸に分布し、潮間帯の岩礁に足糸で付着している。殻長12.5センチメートル、殻高13センチメート ...
32. ひおうぎ‐がい【檜扇貝】
デジタル大辞泉
イタヤガイ科の二枚貝。海底の岩石に足糸(そくし)で固着する。貝殻は円形で、殻長9センチくらい。殻表に太い放射状の肋(ろく)があり、色彩は赤褐・紫・黄・橙色など個 ...
33. ひおうぎ‐がい[ひあふぎがひ]【檜扇貝】
日本国語大辞典
〔名〕イタヤガイ科の二枚貝。房総半島以南に分布し、潮下帯の水深二〇メートルまでの岩礁に足糸で付着する。殻長約一〇センチメートルの扇形の貝で、殻頂の左右に耳状突起 ...
34. ひおうぎ‐ずいせん[ひあふぎ‥]【檜扇水仙】
日本国語大辞典
〔名〕(1)アヤメ科の多年草。南アフリカ原産で、観賞用に栽培される。高さ六〇〜一二〇センチメートル。葉は剣形で二列に根生する。初夏、花茎の先端の分枝した穂状花序 ...
35. ひおうぎ‐らん[ひあふぎ‥]【檜扇蘭】
日本国語大辞典
〔名〕植物「ようらくらん(瓔珞蘭)」の異名。ヒオー〓ラン ...
36. ひおがわ【檜尾川】大阪府:高槻市地図
日本歴史地名大系
永享期(一四二九―四一)には安満村は尾川上流の成合村春日大明神(現春日神社)の神事に参加し、安満村には市場も成立していたこと(岩家文書)などから、平安―鎌倉期 ...
37. ひおだにむら【檜尾谷村】福井県:武生市/旧今立郡地区
日本歴史地名大系
[現]武生市尾谷町 味真野の東、鞍谷川の谷にあって、東は鞍谷村、西は余川村。慶長一一年(一六〇六)頃の越前国絵図では「余河之郷」に含まれる。正保郷帳から村名が ...
38. 檜尾山陵(ひおやまのみささぎ)
古事類苑
帝王部 洋巻 第1巻 1001ページ ...
39. ひがいのしょう【檜垣庄】奈良県:大和郡山市/横田村
日本歴史地名大系
坊人給分(三箇院家抄)に「窪城分 垣間田」として「号遠田庄下司、二十石大器也、下司半分也、今半分ハ長川党御給也、森屋方、窪庄下司」とみえる。これによると、前記 ...
40. ひがいむら【檜垣村】奈良県:天理市/柳本地区
日本歴史地名大系
式下郡一二ヵ村が、幕府領預りの芝村藩の重税に対し、箱訴したなかに「南垣村」と「同断北方」がみえ、旧高旧領取調帳では南垣村六八三・九三一石、北垣村四〇九・二 ...
41. ひがいもとのしょう【檜垣本庄】奈良県:天理市/丹波市地区/豊田村
日本歴史地名大系
常楽会免田と雑役免田からなる興福寺領荘園である。延久二年(一〇七〇)の興福寺雑役免帳の山辺郡に「垣本十九町四反九十歩 不輸免田畠六町二反六十歩、公田畠十三町三 ...
42. ひがいもとむら【檜垣本村】奈良県:吉野郡/大淀町
日本歴史地名大系
六)の改帳には「吉野郡垣本三瑚寺」と記す。小字下ノ堂の覚栄寺(浄土真宗本願寺派)の本尊下付書写には「釈寂如 元禄七年甲戌十月二十日 本仏尊像 願行寺門末弘願寺 ...
43. ひがいもと-よしひさ【檜垣本吉久】
日本人名大辞典
1483−1518 戦国時代の能役者小鼓(こつづみ)方。文明15年生まれ。観世座の小鼓の名手として知られる。美濃権守(みののごんのかみ)。永正(えいしょう)15 ...
44. 檜垣
日本大百科全書
世阿弥(ぜあみ)作の老女物。幽玄の美を最高目標とした世阿弥作として確認される三番目物は、この『垣』と『井筒(いづつ)』だけであるのも注目される。『関寺(せきで ...
45. 檜垣
世界大百科事典
名を尋ねると,近くの白川のほとりに昔住んでいた白拍子だと名のって消え失せる。僧が白川に赴くと,垣で囲った庵(いおり)から白拍子の霊(後ジテ)が現れ,僧に死後の ...
46. ひ‐がき【檜垣/菱垣】
デジタル大辞泉
(ひのき)の薄板を網代(あじろ)に編んでつくった垣根。 2 衣服の文様の一。1の編み目のようになったもの。 3 「菱垣船(ひがきぶね)」の略。  ...
47. ひがき【檜垣】[謡曲]
デジタル大辞泉
える水を運んでくる老女が、白拍子であった過去を語り、回向(えこう)を頼んで消える。僧が弔うと、垣の庵(いおり)から老女の霊が現れ、華やかだった往事と死後の苦し ...
48. ひ‐がき【檜垣・菱垣】
日本国語大辞典
力もひねる菱垣の船子ども」*歌舞伎・阿国御前化粧鏡〔1809〕大切「垣(ヒガキ)に乗ったと落ちついてござりませ」【二】(垣)謡曲。三番目物。世阿彌作。観世・ ...
49. ひがき【檜垣】
日本国語大辞典
姓氏の一つ。ヒ〓〓[ヒ] ...
50. ひ-がき【桧垣】
全文全訳古語辞典
〔名詞〕ヒノキの板を組んだ垣根。網代のように斜めに交差させて編む。 「この家のかたはらに、垣といふもの新しうして」〈源氏・夕顔〉この家のそばに、ひがきという垣 ...
「ひ‐の‐き 【檜・檜木】」の情報だけではなく、「ひ‐の‐き 【檜・檜木】」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

ひ‐の‐き 【檜・檜木】と同じ草花木カテゴリの記事
白露(日本国語大辞典)
(草木においた露が白く光って見えるところから)露。白く見える露。《季・秋》*万葉集〔8C後〕二〇・四三一二「秋草におく之良都由(シラツユ)のあかずのみあひ見るものを月をし待たむ〈大伴家持〉」*古今和歌集〔905〜914〕春上・二七「浅緑いとよりかけて白露を珠にもぬける春の柳か〈遍昭〉」
サクラ(桜)(日本大百科全書(ニッポニカ))
バラ科の落葉高木または低木で、おもに北半球の温帯と暖帯に分布する。サクラ属のうち、スモモ、モモ、ウメ、ニワウメ、ウワミズザクラなどの亜属を除いたサクラ亜属のものを一般にサクラと称し、花の美しいものが多く、日本の花の代表として外国にも知られている
紅葉(日本大百科全書(ニッポニカ))
一般的には、植物の葉が秋に、落葉に先だって赤に変わることをいう。また、葉が黄色や黄褐色になることを黄葉(こうよう)というが、これらをあわせて「もみじ」という。この現象はかならずしも秋の落葉の時期にのみみられるものではなく、幼葉が一時的に赤色になり、葉の成長とともに消失する場合
シバザクラ(日本大百科全書(ニッポニカ))
ハナシノブ科の多年草。アメリカ東部原産で、英名はモス・フロックス。茎は低く5~10センチメートル、地面をはうようにして広がり、よく枝を密生し、初めは軟毛をつけるが基部は木質化する。葉は常緑で堅く、披針形または針状で長さ約1センチメートル。3~5月、葉腋または枝先に桃紅色で
くぬぎ 【櫟・橡・櫪・椚・椢】(日本国語大辞典)
ブナ科の落葉高木。本州、四国、九州の山野に生え植林もされる。幹は高さ一五メートル、径六〇センチメートルにもなる。樹皮は深く縦に裂け、若枝には褐色毛を密布する。葉は柄があり互生し長さ八〜一五センチメートルの長楕円形で、縁は芒(のぎ)状に鋭く切れ込む。
草花木と同じカテゴリの記事をもっと見る


「ひ‐の‐き 【檜・檜木】」は自然に関連のある記事です。
その他の自然に関連する記事
ツルレイシ(日本大百科全書・世界大百科事典)
ウリ科(APG分類:ウリ科)の一年生つる草。熱帯アジア原産。果実を食用とするが、苦味があるためニガウリ(苦瓜)ともよばれる。茎は細く長さ2~5メートル、巻きひげで他物に絡みつく。葉は互生し、掌状に裂ける。雌雄異花。夏、葉腋に黄色の小花をつける
カタバミ(日本大百科全書・世界大百科事典・日本国語大辞典)
カタバミ科(APG分類:カタバミ科)の多年草。全体に薄く毛が生える。根は肥厚し、そこから地上に多くの走出枝を出し、上部は斜上して長さ10~30センチメートルになる。小枝が多く、地に接する茎からさらに細い根を出すことがある。葉は根生し、また茎上では互生して
ソメイヨシノ(日本大百科全書・日本国語大辞典)
バラ科(APG分類:バラ科)の落葉高木。オオシマザクラとエドヒガンの雑種で、明治初年に東京・染井(現在の豊島(としま)区巣鴨(すがも)付近)の植木屋から売り出されたサクラである。初めはヨシノザクラとよんでいたが、奈良県吉野山のヤマザクラと混同されやすいので
鹿島槍ヶ岳(日本歴史地名大系)
後立山連峰のほぼ中央、立山町・宇奈月(うなづき)町・長野県大町市の境界にそびえ、角閃石岩や輝石安山岩からなる。標高二八八九・七メートル。南槍・北槍の両峰が並び立ち、両峰間の吊(つり)尾根も美しい双耳峰で、しかも多くの岩場を有する
五龍岳(日本歴史地名大系)
後立山連峰のほぼ中央部、宇奈月(うなづき)町と長野県大町市との境界にそびえ立つ雄峻な岩山。標高二八一四・一メートル。五竜とも記される。割菱状の岩壁が山体の東面を構成しているので割菱(わりびし)ノ頭(あたま)とよばれたが
自然に関連する記事をもっと見る


ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る