1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 社会
  6. >
  7. >
  8. 料理
  9. >
  10. 食べにくい料理のいただき方・和食編
平成ニッポン生活便利帳

ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
食べにくい料理のいただき方・和食編
マナーと常識事典 > 食事のマナー
家庭で慣れた食べ方が、人前でもつい出てしまいがち。正式ないただき方をマスターしましょう。
◆土瓶蒸し
土瓶のふたを取り、すだちをしぼり入れる。
ふたに汁を注ぐ。
土瓶の中の具を器に取り出し、汁と交互に食べる。

図:土瓶蒸し

図:土瓶蒸し

◆田楽など
串に差した料理は、串を左手で持ち、箸で外して器に取り出す。ひと口大に切って食べる。串は皿の向こう側にまとめておく。

図:田楽

図:田楽

◆お造り
手前、または左側の刺身から、淡白な味の白身魚から食べるのが原則。刺身にわさびを少量のせ、しょうゆにつけていただく。小皿は持ってもよい。

◆煮物
ふたを取り皿として使う。ひと口で食べられない大きさなら、取り皿の中で箸で割ってからいただく。

◆焼き魚
(1) 懐紙で頭を押さえながら中骨のあたりに箸を入れて頭から尾のほうに向かって上側の身から食べる。腹側の身も同様に。
(2) 中骨と身の間に箸を入れて頭から尾に向かって滑らせ、骨を取り除く。骨は皿の向こう側に置き、下側の身を食べる。魚はひっくり返さない。

図:焼き魚

図:焼き魚

◆知っ得メモ
食べ残しの魚の皮や頭、骨などは器の一箇所にまとめておく。懐紙がある場合は、懐紙で覆っておくと上品。汁気の多い煮物は煮汁をたらさないよう、器を持ち、器に口をつけて飲んでもOK。酢の物も同様に汁を飲んでもかまわない。

◆殻つきのえび
懐紙などで頭を押さえながら、頭と身を外す。殻と足を外し、いったん器に置く。手を拭くなどしてから箸でいただく。口で身を噛み切ってもよい。

図:殻つきの海老

◆茶碗蒸し
最初に箸を器の内側に沿って入れ中身と器を離す。スプーンを使ってザクザクとくずしてからいただく。残り少なくなったら器を持って口をつけて飲んでよい。

図:茶碗蒸し

◆香の物/ご飯/止め椀
まずみそ汁を飲み、ご飯と交互に食べる。香の物は合間に食べるが、ご飯の上にのせるのはNG。まとめて香の物が出てきたときは、小皿に取り分けていただく。

◆そば
ざる、もりそばについてくる薬味は、風味が飛びやすいので一度につゆに入れずに2〜3回に分ける。そばは中央から少量ずつ取り、つゆにつけすぎないようにして食べる。そば湯が出たら、残ったつゆに好みの量を注いで飲む。

◆天ぷら
天つゆに入れる大根おろしなどの薬味は好みの量を。盛り合わせなら手前から取り、天つゆにさっとくぐらせていただく。天つゆか塩かは好みで。時間がたつとおいしさが損なわれるので、カウンターで食べる場合は、すぐに箸をつけること。

◆にぎりずし
カウンターでは手で食べるほうが粋だが、テーブルでは箸のほうがよい。女性は箸で食べるほうが上品。手の場合は親指と中指ですしを挟み、人差し指でネタを押さえ、ネタにしょうゆをつけて食べる。箸の場合は、すしを横に倒して挟むと食べやすい。

◆松花堂弁当
ふたを両手で開け、仰向けのまま向こう側に置くか、弁当箱の下に重ねる。吸い物があれば吸い物からいただく。厳密な決まりはないが、会席料理と同様、前菜やお造りからいただく。食べ終わったら小骨などは一箇所にまとめ、ふたをする。

◆茶巾ずし
(1) 左手ですしを押さえながらかんぴょうを外す。閉じてあった口を開いて箸を縦に入れる。
(2) ひと口分を薄焼き卵でくるむようにして食べる。

図:茶巾ずし

ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
タブレットやスマホからも利用できます。