1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 文学
  6. >
  7. 古典文学
  8. >
  9. 日記
  10. >
  11. 弁内侍日記
国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典

国史大辞典
弁内侍日記
べんのないしにっき
鎌倉時代の女房日記。弁内侍著。二巻。成立年は未詳であるが、おそらく正元元年(一二五九)十一月二十六日の後深草天皇の譲位後さほど隔たらないころにまとめられたか。現存本は寛元四年(一二四六)正月二十九日後嵯峨天皇の譲りを受けて、後深草天皇が富小路殿で践祚した記事に始まり、建長四年(一二五二)十月十三日の記事までを伝えるが、後の方は本文の欠脱がはなはだしい。『井蛙抄』雑談の記述によって、これ以後も記事の存したことはほぼ確かである。おそらく後深草天皇の譲位までの記事が存したのであろう。『後深草院弁内侍家集』と称する伝本があることからも知られるように、著者弁内侍と妹後深草院少将内侍の和歌がきわめて多く、歌集的性格を備えた日記といえる。建長元年正月十五日、粥杖で藤原実雄の尻を打とうとして果たせなかった件りなど、明るい筆致で鎌倉時代の宮廷生活を描いている。『群書類従』日記部、玉井幸助『弁内侍日記新注』所収。複製に岩佐美代子編『彰考館蔵弁内侍日記』(『和泉影印叢刊』五〇)がある。
[参考文献]
今関敏子『中世女流日記文学論考』、『群書解題』一一
(久保田 淳)


日本大百科全書
弁内侍日記
べんのないしにっき

鎌倉時代の日記文学。二巻。1252年(建長4)までの記事がある。作者後深草院(ごふかくさいん)弁内侍は似絵(にせえ)(肖像画)の大家藤原信実(のぶざね)の女(むすめ)(生没年未詳)。姉妹の藻壁(そうへき)門院少将、少将内侍とともに優れた歌人であった。内容は後嵯峨(ごさが)天皇譲位の1246年(寛元4)に起筆、ついで後深草天皇即位以後断続的に52年まで7年間のことがあるが、現在伝わる日記は末尾が散逸しており、作者はさらに7年後の1259年(正元1)後深草譲位まで奉仕していたことが知られるから、本来はこのころまで書き継がれたものと思われる。天皇の行動や宮廷行事に関するもので公的性格が強く、めでたいこと、おもしろいことなど明るい記事の羅列であるが、機知とユーモアに富んだ天真爛漫(らんまん)な作者の個性もよく出ている。歌が304首、連句が六句あるので、「弁内侍家集」とも称される。
[松本寧至]



改訂新版・世界大百科事典
弁内侍日記
べんのないしにっき

鎌倉時代の日記。《後深草院弁内侍家集》ともいう。著者は中務大輔藤原信実の娘(実名不詳)で,肖像画の名手藤原隆信の孫に当たる。後深草天皇に皇太子時代から仕えた。日記の期間は1246年(寛元4)の後深草天皇即位から52年(建長4)ころまで,内容は200首に及ぶ著者の歌を中心に,宮廷生活における行事や見聞を記す。ただし,現存本は巻末に相当量の脱落があると推定される。
[今西 祐一郎]

[索引語]
後深草院弁内侍家集 藤原信実女 後深草天皇
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のオンライン辞書・事典サービスです。国史大辞典、日本国語大辞典、日本大百科全書、日本古典文学全集、日本歴史地名大系などを利用することが出来ます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る
弁内侍日記の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 367
検索コンテンツ
1. 弁内侍日記(中世日記紀行集)
日本古典文学全集
記』、『東関紀行』、『信生法師日記』、『春の深山路』、『十六夜日記』、宮中の行事を記した『弁内侍日記』、14世紀後半から16世紀後半に成立した紀行、今川了俊の『 ...
2. 弁内侍日記
日本大百科全書
鎌倉時代の日記文学。二巻。1252年(建長4)までの記事がある。作者後深草院(ごふかくさいん)弁内侍は似絵(にせえ)(肖像画)の大家藤原信実(のぶざね)の女(む ...
3. 弁内侍日記
世界大百科事典
鎌倉時代の日記。《後深草院弁内侍家集》ともいう。著者は中務大輔藤原信実の娘(実名不詳)で,肖像画の名手藤原隆信の孫に当たる。後深草天皇に皇太子時代から仕えた。日 ...
4. べんのないしにっき【弁内侍日記・辨内侍日記】
日本国語大辞典
鎌倉中期の日記。二巻。弁内侍作。弘安元年(一二七八)以前の成立か。寛元四〜建長四年(一二四六〜五二)間の宮中の行事、生活などを和歌を交えて書く。簡明で明るく若々 ...
5. べんのないしにっき【弁内侍日記】
全文全訳古語辞典
[書名]鎌倉中期の日記。二巻。弁内待作。一二四六年(寛元四)から一二五二年(建長四)までの宮廷生活を描く。  ...
6. べんのないしにっき【弁内侍日記】
国史大辞典
明るい筆致で鎌倉時代の宮廷生活を描いている。『群書類従』日記部、玉井幸助『弁内侍日記新注』所収。複製に岩佐美代子編『彰考館蔵弁内侍日記』(『和泉影印叢刊』五〇) ...
7. あい‐・いる[あひゐる]【相居】
日本国語大辞典
〔自ワ上一〕(「あい」は接頭語)いっしょに座る。いっしょに住む。*弁内侍日記〔1278頃〕寛元四年一一月二二日「つぼね、ひとまを四つにへだてて二三人づつあひいた ...
8. あおうま の 節会(せちえ)
日本国語大辞典
聞集〔1254〕三・九三「いづれの年にか、白馬節会に、進士判官藤原経仲まゐりたりけるに」*弁内侍日記〔1278頃〕寛元五年正月七日「七日、白馬節会也。春の日かげ ...
9. あお‐かりぎぬ[あを‥]【青狩衣】
日本国語大辞典
〔名〕青い色の狩衣。*弁内侍日記〔1278頃〕宝治元年三月一日「あをかりぎぬきたる人ぞ御ともにはありし」*浄瑠璃・富士の巻狩〔1655〜58頃〕初「あをかりぎぬ ...
10. あかくさ‐げ【垢臭─】
日本国語大辞典
〔形動〕(形容詞「あかくさい」の語幹に接尾語「げ」の付いたもの)垢臭いさま。*弁内侍日記〔1278頃〕寛元五年「かしらけづらずといふ木の、小さくていたいけしたる ...
11. あか‐とり【赤鶏】
日本国語大辞典
〔名〕羽毛の赤い鶏。*弁内侍日記〔1278頃〕建長元年三月三日「あかとりの、いしとさかあるが毛色も美しきをたまはりて」 ...
12. あか‐ぼし【明星・赤星】
日本国語大辞典
《季・夏》〔三〕神楽歌の曲名。*狭衣物語〔1069〜77頃か〕三「大将殿、『あかぼし』謡ひ給へる」*弁内侍日記〔1278頃〕寛元四年一二月一二日「あかぼしのこゑ ...
13. あき‐つぼね【空局】
日本国語大辞典
〔名〕(1)あいているつぼね。人の住んでいないつぼね。*弁内侍日記〔1278頃〕宝治三年三月三日「あかとりの、いしとさかあるが毛色も美しきを賜はりて、あきつぼね ...
14. あ・げる【上・揚・挙】
日本国語大辞典
。申〓障」*弁内侍日記〔1278頃〕建長元年三月二〇日「さきざきはただ馬部が引き渡したるばかりにてありしに、御随身 ...
15. あさがれい の 壺(つぼ)
日本国語大辞典
三・伊尹「舞人の馬を後涼殿の北の馬道より通させ給て、あさがれゐのつぼにひきおろさせ給て」*弁内侍日記〔1278頃〕寛元四年九月八日「中宮の御かたより菊のきせ綿参 ...
16. あさくら【朝倉】
日本国語大辞典
しつつ行くは誰」*更級日記〔1059頃〕「朝倉や今は雲居に聞くものをなほ木のまろが名のりをやする」*弁内侍日記〔1278頃〕寛元四年一一月二二日「雲ゐより猶はる ...
17. あしこ 此処(ここ)
日本国語大辞典
「九郎大夫判官義経、関東源二位殿を、背き奉る由きこえて、あしこここにて、ささやきあへり」*弁内侍日記〔1278頃〕宝治三年正月一五日「いづかたよりか出で給はんを ...
18. あだ‐な【徒名・虚名】
日本国語大辞典
うそつきの名。*左大臣忠平前栽合〔927〕「秋の野にあだなのみたつ女郎花はなさかぬまはしる人のなき」*弁内侍日記〔1278頃〕寛元五年三月「花さかぬ花やあだなに ...
19. あつた・く
日本国語大辞典
〔自カ四〕「あえ(へ)たく」の誤写か。→あえたく。*弁内侍日記〔1278頃〕宝治三年二月一日「剣璽(けんじ)はおはしますか、おはしますかとぞ、あつたきて声のかは ...
20. あつ‐づま【厚褄】
日本国語大辞典
〔名〕衣の裾の褄の厚いもの。衣の裾を厚く作ったもの。*弁内侍日記〔1278頃〕寛元五年一一月一六日より「摂政殿 あつづまやなぎ、内大臣殿 こうばい、大宮の大納言 ...
21. あなた‐ざま【彼方様】
日本国語大辞典
もてかしづきたてまつり給ひける騒ぎに、あいなく、あなたざまの御なからひには、さし放たれ給ひにければ」*弁内侍日記〔1278頃〕寛元元年五月二三日「あなたざまに誰 ...
22. あみだぶつ‐れんが【阿彌陀仏連歌】
日本国語大辞典
仏」になるように詠みつらねる連歌。主として追善や祈祷(きとう)のために行なう。名号連歌。*弁内侍日記〔1278頃〕建長二年八月一五日「なごりに阿彌陀仏連歌ただ三 ...
23. あやめ の 鬘(かずら)
日本国語大辞典
女は髪にさした。邪気を払うためという。あやめの挿頭。あやめかずら。そうぶのかずら。《季・夏》*弁内侍日記〔1278頃〕建長四年五月五日「あやめのかづらかけ」*俳 ...
24. あら‐こも【粗薦】
日本国語大辞典
〔名〕(「あらごも」とも)あらく編んだむしろ。*弁内侍日記〔1278頃〕寛元四年一一月二二日「荒ごものやうなる物を敷きたれば、織物のきぬのすそはみな塵にぞなりし ...
25. あらま・す
日本国語大辞典
まし」から出た語か)将来のことなどを前々から思いめぐらす。推測する。予期する。予定する。*弁内侍日記〔1278頃〕宝治三年正月一五日「杖に書きつけて櫛形(くしが ...
26. あれ‐ほど【彼程】
日本国語大辞典
〔名〕(1)あのように。あれくらい。あんなに。あのくらい。あれほどき。副詞的にも用いる。*弁内侍日記〔1278頃〕建長元年三月「鞠はいしいものかな。あれほど左衛 ...
27. あんぷく‐でん【安福殿】
日本国語大辞典
祿版位南紫宸殿南廂戸外〓」*弁内侍日記〔1278頃〕建長四年「伊与内侍、播磨など安福殿あけさせてかぞへ侍りしに」*拾芥抄〔13〜1 ...
28. いい‐すて[いひ‥]【言捨】
日本国語大辞典
即座の興で詠み捨てること。また、その句。おもに中世純正連歌に対して座興として行なわれた俳諧連歌をいう。*弁内侍日記〔1278頃〕建長二年八月十五夜「阿彌陀仏連歌 ...
29. いえ の 様(よう)
日本国語大辞典
御感〓」*弁内侍日記〔1278頃〕建長二年「大納言の三位殿は御しちらいのたびに、これはいへのやう、家のやうと仰せらるる ...
30. いえ ば なべて
日本国語大辞典
「いえ(言)ば世(よ)の常(つね)」に同じ。*弁内侍日記〔1278頃〕寛元四年一一月一四日「雪に白みたる内野のけいき、いつの世にも忘れがたく面白しといへばなべて ...
31. いかけ‐じ[‥ヂ]【沃懸地】
日本国語大辞典
。いかけ。*今昔物語集〔1120頃か〕一九・九「鋳懸地に蒔たる硯の様も厳(いつく)しく」*弁内侍日記〔1278頃〕建長三年「いかけぢにほら貝をすりたる御廚子御手 ...
32. いく‐よろずよ[‥よろづよ]【幾万世】
日本国語大辞典
非常に長い時代。*歌仙本信明集〔970頃〕「行年の越えてはすぎぬ芳野山いく万代の積りなるらむ」*弁内侍日記〔1278頃〕寛元五年正月七日「とねり召す春の七日の日 ...
33. いさご‐じ[‥ぢ]【砂路】
日本国語大辞典
*新撰六帖〔1244頃〕三「波風のあらき浜べのいさごぢにうちかさねてぞ物はかなしき〈藤原光俊〉」*弁内侍日記〔1278頃〕寛元四年一〇月二四日「見わたしたれば、 ...
34. いざり‐あり・く[ゐざり‥]【膝行歩】
日本国語大辞典
*唐物語〔12C中〕下「なをつみてゐざりありくを、ゆゆしげなるもののすがたかなとみるほどに」*弁内侍日記〔1278頃〕寛元四年一一月二二日「むかし女房のやうにい ...
35. いし・い【美】
日本国語大辞典
破戒無慙なる事のみあれども、人の甚だ信仰して威徳ある事あり。其をいしき事と思ふべからず」*弁内侍日記〔1278頃〕建長元年「鞠はいしいものかな。あれほど左衛門督 ...
36. いし‐ざか
日本国語大辞典
〔名〕「いしとさか(石鶏冠)」に同じ。*寛元記本弁内侍日記〔1278頃〕宝治三年三月三日「万里の小路の大納言のまゐらせられたるあかとりの、いしさかなるが、毛色も ...
37. いし‐とさか【石鶏冠】
日本国語大辞典
〔名〕鶏などのとさかの、石のように堅いもの。いしざか。*弁内侍日記〔1278頃〕宝治三年三月三日「万里の小路の大納言の参らせられたる、あかとりのいしとさかあるが ...
38. いしばい の 間(ま)
日本国語大辞典
御拝〓云々」*弁内侍日記〔1278頃〕寛元四年一二月一二日「日ごろ降る雪さえとほりたるに、いしばひの間にかへりたち、 ...
39. いし‐ばし【石階】
日本国語大辞典
石橋〓二三足」*弁内侍日記〔1278頃〕寛元四年一一月「たかきいしはしにはかまのふみどころたどられて扇もさされず、いと ...
40. いそ‐め・く【急─】
日本国語大辞典
〔自カ四〕(「めく」は接尾語)忙しそうに行動する。いそいそと行なう。*弁内侍日記〔1278頃〕宝治三年二月一日「権大納言、万里の小路、冷泉の大納言など、そのまぎ ...
41. いたいけ‐・す【幼気】
日本国語大辞典
*平家物語〔13C前〕六・小督「門をほそめにあけ、いたひけしたる小女房、顔ばかりさしいだいて」*弁内侍日記〔1278頃〕寛元五年「かしらけづらずといふ木の、小さ ...
42. いだし‐うた【出歌】
日本国語大辞典
〔名〕五節(ごせち)の乱舞にそえて歌う歌。*弁内侍日記〔1278頃〕建長二年「いたしうたも乱舞も、手をつくし侍るべし」 ...
43. いだし‐ぎぬ【出衣】画像
日本国語大辞典
置いて飾りとするが、童女の車は実際に乗って童女装束の汗衫(かざみ)や袴の裾を出す。→出車(いだしぐるま)。*弁内侍日記〔1278頃〕寛元四年四月一日「平野の祭な ...
44. いだし‐づま【出褄】
日本国語大辞典
〔名〕「いだしぎぬ(出衣)(1)」に同じ。*弁内侍日記〔1278頃〕寛元四年一一月二二日「殿上の櫛形ある間には、徳大寺の大将〈さねとも〉を始めて、上達部のいだし ...
45. いち の 対(たい)
日本国語大辞典
*宇津保物語〔970〜999頃〕蔵開下「左大将おりかかりて、東の一のたいのかたへおはしぬ」*弁内侍日記〔1278頃〕寛元四年八月一六日「二条の后、後涼殿に候ひ給 ...
46. いち‐ろう[‥ラフ]【一臈】
日本国語大辞典
*平家物語〔13C前〕八・征夷将軍院宣「大宮のさぶらひたつし工藤一臈(いちらう)祐経是をひく」*弁内侍日記〔1278頃〕寛弘五年一一月「なかやす一臈になりたるよ ...
47. いでい の 殿上人(てんじょうびと)
日本国語大辞典
中古、宮中の儀式で、出居の座について事を行なう殿上人。*弁内侍日記〔1278頃〕建長元年一二月一九日「いでゐの殿上人の折松するも、〈略〉ただここもとにぞ見ゆる」 ...
48. いと しも なし
日本国語大辞典
今鏡〔1170〕七・新枕「いとしもなき歌詠みなどし侍らんには、遙かにまさりて聞こえけれ」*弁内侍日記〔1278頃〕建長二年一一月一六日「ある人、いとしもなき先祖 ...
49. いや‐めずら[‥めづら]【彌珍】
日本国語大辞典
〔形動〕一段とすばらしい。*色葉字類抄〔1177〜81〕「長今 イヤメヅラナリ」*弁内侍日記〔1278頃〕寛元四年三月一一日「玉ゆらに錦をよそふ姿こそ千とせは今 ...
50. いる‐かた【入方】
日本国語大辞典
*源氏物語〔1001〜14頃〕末摘花「もろともに大内山は出でつれどいるかた見せぬいさよひの月」*弁内侍日記〔1278頃〕宝治三年一二月一八日「やといひて引きやと ...
「弁内侍日記」の情報だけではなく、「弁内侍日記」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

弁内侍日記と同じ日記カテゴリの記事
蜻蛉日記(日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
平安中期の歌人藤原道綱母の書いた回想録的な日記。道綱母の20歳ごろの954年(天暦8)、時の右大臣藤原師輔の三男兼家と結婚してから、974年(天延2)に兼家の通うのが絶えるまでの、20年間の記事をもつ。上中下の3巻からなり、上巻末尾に「あるかなきかの心地するかげろふの日記といふ
和泉式部日記(日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典・国史大辞典)
平安時代の日記。1巻。別名を『和泉式部物語』とも。和泉式部と帥宮敦道親王との恋愛の経緯を歌物語風につづった作品で、1003年(長保5)4月から翌1004年1月にかけての記事が収められている。作者については、自作説、他作説とあって結論は出されて
成尋阿闍梨母集(国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
平安時代中期の家集。二巻。作者の出自・生没などは不明の点が多いが、源俊賢女として永延二年(九八八)ごろ生まれ、藤原実方の男と結婚して男二人を生み、間もなく夫に死別しわが子の成長を唯一の頼みに五十余年の寡婦生活を続けた。八十歳を超えた延久二年(一〇七〇)
讃岐典侍日記(国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
平安時代後期の仮名日記文学。藤原顕綱の娘長子の著。二巻、『本朝書籍目録』に三巻とあり、下巻・中巻欠落説もある。天仁元年(一一〇八)ごろ成立。康和二年(一一〇〇)堀河天皇に出仕し典侍となった作者が、嘉承二年(一一〇七)の堀河天皇の発病から崩御に至るまでを上巻に記し
更級日記(国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
仮名日記文学。菅原孝標女の著。一巻。康平二年(一〇五九)ごろ成立。父の任国上総に伴われた作者が、ひそかに胸に抱いた『源氏物語』への憧憬の気持ちを日記の冒頭に記し、まず寛仁四年(一〇二〇)、十三歳の九月、上総介の任果てて上京する孝標一行の東海道旅の記を綴る。三ヵ月の旅は
日記と同じカテゴリの記事をもっと見る


「弁内侍日記」は古典文学に関連のある記事です。
その他の古典文学に関連する記事
東歌(日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
東国地方の歌の意で、『万葉集』巻14と『古今集』巻20の、「東歌」という標題のもとに収められた和歌の総称。万葉集東歌、古今集東歌と、単独ででもいう。[遠藤 宏]万葉集東歌 全部で230首(異伝歌のうち一首全体を記すものを加えると238首)あり、遠江国、信濃国以東の駿河
義経記(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
著者未詳。八巻。『判官物語』『義経双紙』『義経物語』などとも呼ばれ、これらの名称が物語るように、群雄の行動を軸に時代の変革を描く叙事詩としての軍記物語というよりは、源義経個人の数奇な生涯を描いた伝奇物語というべきもので、琵琶法師がその語り物として語った。
花鳥余情(改訂新版・世界大百科事典)
室町時代の《源氏物語》注釈。30巻。著者は一条兼良(かねら)。1472年(文明4)に成る。古くは〈かちょうよせい〉とも呼ばれた。四辻善成の《河海抄(かかいしよう)》のあとをうけて,その遺漏を補い,誤りを正すことを意図した書。《源氏物語》のみならず広く和漢の学に通じ
応仁記(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
応仁・文明の乱を題材とした室町時代の戦記文学。著者は明らかでないが、成立の時期は応仁・文明の乱の直後、それも文明五年(一四七三)からさほど時間を経ないころの作と考えられる。内容は三巻からなっているが、各巻とも何々事という見出しを付したいくつかの話にまとめられ
竹林抄(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
連歌撰集。宗祇編。春(二百三十三句)・夏(八十三句)・秋(二百五十一句)・冬(百十三句)・恋上下(二百五十九句)・旅(百十九句)・雑上下(四百九十句)・発句(二百八十八句)の十巻。文明八年(一四七六)五月の成立(序文は一条兼良作)。東国において東常縁から
古典文学に関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のオンライン辞書・事典サービスです。国史大辞典、日本国語大辞典、日本大百科全書、日本古典文学全集、日本歴史地名大系などを利用することが出来ます。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る