ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 科学・医学
  6. >
  7. 医療・身体
  8. >
  9. 研究
  10. >
  11. 仮名遣及仮名字体沿革史料

仮名遣及仮名字体沿革史料

ジャパンナレッジで閲覧できる『仮名遣及仮名字体沿革史料』の改訂新版・世界大百科事典のサンプルページ

仮名遣及仮名字体沿革史料
かなづかいおよびかなじたいえんかくしりょう

大矢透の著書。1909年刊。国語調査委員会の国語史研究の一成果で,平安初期より室町時代にいたる仏典・漢籍の古訓点本より50種を選び,一部分を臨模して訓点の実際を示し,その文献に見られる仮名の字体を一覧し,古訓の実例を集め,仮名遣の正否を注意している。巻末に平安初期以降の古点本110余種の訓点に用いられた片仮名を年代順に一覧表として示してある。片仮名の字体がいかに変遷してきたか,いかに多様な異体の仮名からしだいに字体が統一されてきたかが一目でわかるようになっている。これによって平安初期にア行とヤ行のエの区別のあったこと,長保ころ(11世紀初め)からオとヲ,ハ行とワ行の混同が起こったことなどがわかる。今日からみれば不備な点もあるが,片仮名の発達を研究する基礎となった卓越した著作であって,これによって片仮名の字源なども明らかになったものが少なくない。
[大野 晋]

上記は、日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書サービス「ジャパンナレッジ」のサンプル記事です。

ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。


仮名遣及仮名字体沿革史料の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 9
検索コンテンツ
1. 仮名遣及仮名字体沿革史料
世界大百科事典
大矢透の著書。1909年刊。国語調査委員会の国語史研究の一成果で,平安初期より室町時代にいたる仏典・漢籍の古訓点本より50種を選び,一部分を臨模して訓点の実際を ...
2. 大矢透
世界大百科事典
変えられて現行の字形となる経過を,年代の確実な仏典・漢籍の傍訓によって明らかにし,《仮名遣及仮名字体沿革史料》(1909)を刊行した。その後も片仮名の源流を求め ...
3. おおや‐とおる【大矢透】
日本国語大辞典
文学博士。文部省国語調査委員として仮名づかい、仮名字体の歴史的変遷の研究に業績を残す。著「仮名遣及仮名字体沿革史料」「仮名の研究」「仮名源流考」「韻鏡考」など。 ...
4. おおやとおる【大矢透】
国史大辞典
明治三十六年に高峰秀夫所蔵の古経巻の古点を見て、仮名の歴史的研究の志を起し、古点本の研究として『仮名遣及仮名字体沿革史料』(明治四十二年)、『地蔵十輪経元慶点』 ...
5. おおや-とおる【大矢透】
日本人名大辞典
79歳。越後(えちご)(新潟県)出身。新潟師範卒。号は蔦廼舎(つたのや)水斎。著作に「仮名遣及仮名字体沿革史料」「韻鏡考」など。 ...
6. こくごがく【国語学】
国史大辞典
そのうち訓点資料は、現在まで伝存している資料としての価値があり、それらを利用し大矢透は『仮名遣及仮名字体沿革史料』で仮名遣いや仮名字体の変遷について明らかにした ...
7. こくごがく【国語学】 : 国語学/〔明治以後〕
国史大辞典
そのうち訓点資料は、現在まで伝存している資料としての価値があり、それらを利用し大矢透は『仮名遣及仮名字体沿革史料』で仮名遣いや仮名字体の変遷について明らかにした ...
8. 将門記 1 63ページ
東洋文庫
示している。反切の古い用例は、『新訳華厳音義』『願経四分律古点』その他、大矢博士の『仮名遣及仮名字体沿革史料』所見の点本などに数多く見える。本書は音を示す場合に ...
「仮名遣及仮名字体沿革史料」の情報だけではなく、「仮名遣及仮名字体沿革史料」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る▶

仮名遣及仮名字体沿革史料と同じ研究カテゴリの記事
STAP細胞問題(日本大百科全書(ニッポニカ))
体の細胞を、弱酸性の液につけるなど外から刺激を加えるだけで、受精卵のときのような、体中のあらゆる細胞に分化できる状態に変えることができたという研究論文が、虚偽であり不正であったことが発覚し、日本の生命科学研究の信頼性を揺るがす大事件になった問題
人工多能性幹細胞(iPS細胞)(日本大百科全書(ニッポニカ))
人体のどの組織にもなる能力をもった万能細胞の一種。略称iPS細胞。誘導多能性幹細胞ともいう。2007年(平成19)11月、京都大学再生医科学研究所の山中伸弥(しんや)(1962― )のチームが、人の皮膚や関節内の細胞に複数の遺伝子を組み込んだiPS細胞を作製することに成功したと国際誌『セル』Cellに発表し、世界的な話題になった。
仮名遣及仮名字体沿革史料(改訂新版・世界大百科事典)
大矢透の著書。1909年刊。国語調査委員会の国語史研究の一成果で,平安初期より室町時代にいたる仏典・漢籍の古訓点本より50種を選び,一部分を臨模して訓点の実際を示し,その文献に見られる仮名の字体を一覧し,古訓の実例を集め,仮名遣の正否を注意している。巻末に平安初期以降の
研究と同じカテゴリの記事をもっと見る


「仮名遣及仮名字体沿革史料」は学問に関連のある記事です。
その他の学問に関連する記事
地政学(日本大百科全書・世界大百科事典・日本国語大辞典)
スウェーデンの政治学者チェレーンRudolfKjellén(1864―1922)によって第一次世界大戦直前につくられた用語で、政治地理学が世界の政治現象を静態的に研究するのに対し、地政学はこれを動態的に把握し、権力政治の観点にたって、その理論を国家の
百科事典(日本大百科全書・世界大百科事典)
あらゆる自然的・人工的な事物、現象、事項および行動に関して解説を行い、さらに具体的に理解を助けるために挿画、地図、写真、図、表などを添えて、それらの項目を五十音(またはイロハ順)あるいはアルファベット順に配列した事典。近年は特定分野ないし一事項に
辞典(日本大百科全書)
ことばや文字をある視点から整理して配列し、その読み方、意味などを記した書物(日本国語大辞典など)をいう。辞書、辞彙(じい)、字典、字彙、字引などともいう。[彌吉光長]▲種類一般に文字または綴字(てつじ)の標目を五十音またはアルファベット順に配列し
辞書(世界大百科事典・日本国語大辞典・国史大辞典・デジタル版 集英社世界文学大事典)
単語を,ある基準にそって整理配列して,その表記法,発音,品詞名,語源,意味,用例,用法などをしるした書。ただし実際にはこのすべてを集成していないものがあり,また百科事典のように,単語の意味よりもむしろ事柄の内容を主としたものや,索引のように
進化論(岩波 生物学辞典・世界大百科事典)
生物が進化したものであることの提唱,あるいは進化に関する諸種の研究および議論,またはそのうち特に進化の要因論.進化に関する近代的観念は,18世紀中葉より現れているとされる.進化要因論として最初の体系的なものはJ.B.Lamarckの学説で(⇒用不用)
学問に関連する記事をもっと見る


ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る▶