1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 社会
  6. >
  7. 政治
  8. >
  9. 天皇
  10. >
  11. 孝安天皇
日本大百科全書(ニッポニカ)

ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題のオンライン辞書・事典・叢書サービスです。
孝安天皇
こうあんてんのう

皇室系譜に第6代と伝える天皇。『日本書紀』によれば、国風諡号(しごう)は日本足彦国押人尊(やまとたらしひこくにおしひとのみこと)。孝昭(こうしょう)天皇の第2子で、母は世襲足媛(よそたらしひめ)。孝安元年に即位、同2年に都を室(むろ)(奈良県御所(ごせ)市室)の秋津嶋宮(あきづしまのみや)に遷(うつ)し、同26年に姪(めい)の押媛(おしひめ)を皇后とし、同102年に没して玉手丘上陵(たまてのおかのかみのみさざき)に葬られたという。『古事記』は、母を余曽多本比売命(よそたほひめのみこと)、皇后を忍鹿比売命(おしかひめのみこと)とし、123歳で没したと伝える。
[星野良作]

ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
タブレットやスマホからも利用できます。 ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る
孝安天皇の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 88
検索コンテンツ
1. 孝安天皇
日本大百科全書
皇室系譜に第6代と伝える天皇。『日本書紀』によれば、国風諡号(しごう)は日本足彦国押人尊(やまとたらしひこくにおしひとのみこと)。孝昭(こうしょう)天皇の第2子 ...
2. こうあん‐てんのう【孝安天皇】
デジタル大辞泉
記紀で、第6代の天皇。孝昭天皇の第2皇子。名は日本足彦国押人(やまとたらしひこくにおしひと)。  ...
3. こうあん‐てんのう[カウアンテンワウ]【孝安天皇】
日本国語大辞典
第六代天皇。孝昭天皇の第二皇子。名は日本足彦国押人尊(やまとたらしひこくにおしひとのみこと)。コーアンテンノー ...
4. こうあんてんのう【孝安天皇】
国史大辞典
『日本書紀』『古事記』に第六代と伝える天皇。和風諡号は日本足彦国押人尊。『日本書紀』によれば、孝昭天皇の子で、母は尾張連の遠祖瀛津世襲の妹の皇后世襲足媛。孝昭 ...
5. 孝安天皇(こうあんてんのう)
古事類苑
帝王部 洋巻 第1巻 2ページ ...
6. こうあんてんのう【孝安天皇】
日本人名大辞典
。伝説上の人物ともいわれる。「日本書紀」によると,都は室(むろ)の秋津島(あきつしまの)宮。孝安天皇102年1月9日死去。123歳(「古事記」)。墓所は玉手丘上 ...
7. 孝安天皇[文献目録]
日本人物文献目録
【書誌】:0件 【図書】:0件 【逐次刊行物】:2件 『「秋津島大和」の背景 孝安天皇を軸に』桜井満『綏靖天皇以下八代の系譜を繞って』神田秀夫 ...
8. あきつ‐しま【秋津島・秋津洲・蜻蛉洲】
日本国語大辞典
【一】〔名〕(古くは「あきづしま」)日本の国の古称。あきつしまね。あきつくに。やしま。記紀によれば、孝安天皇は「葛城の室の秋津島宮」で天下を治めたと伝承されるの ...
9. あきつしま【秋津洲】奈良県:御所市
日本歴史地名大系
「古事記」「日本書紀」によると、孝安天皇は都を葛城の室(「和名抄」の牟婁郷)の地に移して秋津嶋宮としたという。元来、宮号は地名によったものが多く、「秋津」も奈良 ...
10. あきつしまのみや【秋津島宮】
国史大辞典
記紀にみえる孝安天皇の皇居。『日本書紀』によれば、孝安天皇二年十月条に「遷〓都於室地 ...
11. 秋津島
日本大百科全書
この地名が大和(やまと)、さらに日本の総称、また大和にかかる枕詞(まくらことば)となったと説く。しかし孝安天皇の宮について『日本書紀』が「都を室(むろ)の地に遷 ...
12. あきづしま‐の‐みや【秋津島宮】
日本国語大辞典
孝安天皇の皇居。「古事記」によれば、「葛城の室」の地にあったという。大和国葛上郡室村(奈良県御所市室)にあたると推定される。あきづのみや。むろのあきづしまのみや ...
13. 穴澤天神社
デジタル大辞泉プラス
東京都稲城市にある神社。第6代孝安天皇の御代の創祀とされる。祭神は少彦名命(すくなひこなのみこと)、菅原道真公、大己貴命(おおなむちのみこと)。 2015年05 ...
14. あめたらしひこくにおしひとのみこと【天足彦国押人命】
日本人名大辞典
記・紀にみえる孝昭天皇の皇子。母は世襲足媛(よそたらしひめ)。同母弟に孝安天皇。「日本書紀」によれば,和珥(わに)(のち春日(かすが))氏の祖先。「古事記」では ...
15. いこなひめのみことじんじゃ【伊古奈比〓命神社】静岡県:下田市/白浜村
日本歴史地名大系
神、相殿が事代主命・見目神・若宮神・剣御子神。旧県社。白浜五社大明神とも称した。縁起には孝安天皇六年に「此の神、三宅島よりここに遷り、後、更に三島に遷座す」と記 ...
16. いしまきじんじゃ【石巻神社】愛知県:豊橋市/神郷村
日本歴史地名大系
山麓に下の宮がある。祭神大己貴命。旧郷社。「延喜式」神名帳所載八名郡一座として「石巻神社」がある。創立年代を孝安天皇の代とも推古天皇の代ともいうが不詳。「文徳実 ...
17. おおきびのもろすすみのみこと【大吉備諸進命】
日本人名大辞典
「古事記」にみえる孝安天皇の皇子。孝霊天皇の兄。母は忍鹿比売(おしかひめの)命。 ...
18. おしひめ【押媛】
日本人名大辞典
記・紀にみえる孝安天皇の皇后。天足彦国押人命(あめのたらしひこくにおしひとのみこと)の娘。大吉備諸進(おおきびのもろすすみの)命,大日本根子彦太瓊尊(おおやまと ...
19. かってじんじゃ【勝手神社】奈良県:吉野郡/吉野町/吉野町
日本歴史地名大系
「和州旧跡幽考」には愛鬘命とある。吉野水分神社に対して、山口神社ともいう。日雄寺継統記(桜本坊蔵)は孝安天皇六年創立と伝える。金峯山秘密伝(日本大蔵経)に「伝云 ...
20. 甲子夜話続篇 1 95ページ
東洋文庫
  繧靖天皇五年甲申懿徳天皇十年庚子    孝昭天皇五年庚午孝昭天皇三十二年丁酉  孝安天皇六年甲午孝安天皇六十三年辛卯  孝霊天皇六十七年丁丑孝元天皇四十八年 ...
21. 葛城
世界大百科事典
。綏靖(すいぜい)天皇の葛城高丘宮,安寧天皇の片塩浮孔宮,考昭天皇の掖上(わきがみ)池心宮,孝安天皇の室秋津嶋宮,いずれも伝承上の天皇の宮が葛城の地に選ばれた事 ...
22. かなじぎじんじゃ【神奈地祇神社】高知県:香美郡/土佐山田町/神通寺村
日本歴史地名大系
、此神者葛木姓祖劔根命女忍男命妣而、孝安天皇之外祖母也」と記し、里人が祭神を賀奈知姫と伝えていたことを記している。なお「土佐山田町史」は ...
23. かんすづかこふん【鑵子塚古墳】奈良県:御所市/柏原村
日本歴史地名大系
桜井市の茶臼山古墳と同じく典型的な丘尾切断の形状を呈する。寛政九年(一七九七)の「陵墓志」は孝安天皇の玉手丘上陵とし、蒲生君平の「山陵志」は武内宿禰の墓と説き、 ...
24. くろだのいおどのみや【黒田廬戸宮】
国史大辞典
記紀にみえる孝霊天皇の皇居。『日本書紀』孝霊天皇即位前紀孝安天皇百二年十二月丙寅条に「皇太子遷〓都於黒田 ...
25. こうしょうてんのう【孝昭天皇】
国史大辞典
同三十四年父天皇が世を去ると翌年即位、都を掖上池心宮に遷し、尾張連の遠祖瀛津世襲の妹の世襲足媛を皇后として孝安天皇をもうけ、在位八十三年、百十三歳(記では九十三 ...
26. こうれい‐てんのう【孝霊天皇】
デジタル大辞泉
記紀で、第7代の天皇。孝安天皇の皇子。名は大日本根子彦太瓊(おおやまとねこひこふとに)。皇居は大和廬戸宮(いおとのみや)。  ...
27. こうれい‐てんのう[カウレイテンワウ]【孝霊天皇】
日本国語大辞典
記紀の所伝で、第七代天皇の漢風諡号(しごう)。孝安天皇の皇子。和風諡号は大日本根子彦太瓊尊(おおやまとねこひこふとにのみこと)。「日本書紀」によれば、都を大和国 ...
28. こうれいてんのう【孝霊天皇】
国史大辞典
代と伝える天皇。和風諡号は大日本根子彦太瓊尊。『日本書紀』によれば孝安天皇の子で、母は天足彦国押人命の女の皇后押媛、孝安天皇七十六年立太子、同百二年父天皇が世を ...
29. こうれいてんのう【孝霊天皇】
日本人名大辞典
記・紀系譜による第7代天皇。父は孝安天皇。母は押媛命(おしひめのみこと)。伝説上の人物ともいわれる。「日本書紀」によると,都は黒田の廬戸(いおとの)宮。孝霊天皇 ...
30. 幸若舞 3 敦盛・夜討曾我他 217ページ
東洋文庫
年号。富士山湧出 説話については、『富士山の本地』(延宝八年刊、 『室物』二)に「この天皇(孝安天皇)の御宇、九 十二年かのへさる、夏六月、駿河国、富士の郡に、 ...
31. 幸若舞 3 敦盛・夜討曾我他 218ページ
東洋文庫
されども、まよひの衆生の目には、しろき砂と、見へ給ふとなり」とある。 『本朝神社考』も、湧出を孝安天皇九十二年六月とするが、『和漢三才図会』の富士山の項には、こ ...
32. こくごう【国号】 : 日本
国史大辞典
此」と、「やまと」と読むという訓注がある)などがある。この「秋津島(洲)」は孝安天皇の都の名から出たものであり、ほかに同様に欽明天皇の都の名「師木(城)島(しき ...
33. 古事記 168ページ
日本古典文学全集
結んで垂らすことから、タラシとも呼ばれたため。タラシは、タル(垂・下二段他動詞)十ス(尊敬)。後の孝安天皇。 ...
34. 古事記 169ページ
日本古典文学全集
玉手岡の上に在り。 孝安天皇  「春日」は、奈良市東部の古称で、そこを本拠地とする氏族。もと「丸邇」の地にあって、丸邇氏と称した。→一七五ページ注一〇。御所市三 ...
35. 古事記 170ページ
日本古典文学全集
天皇世界の基礎を定めたのを受けて、その確立への第一歩を記したものといえる。 第七代孝霊天皇。孝安天皇の第二皇子。母は忍鹿比売命。奈良県磯城郡田原本町黒田。「廬戸 ...
36. 古事記 213ページ
日本古典文学全集
そうした倭建命の悲劇がここに語られる。 天皇の名の構成要素として、「帯」と「和気」とがある。前者を名にもつのは孝安天皇など、後者を名にもつのは応神天皇など。景行 ...
37. じゅうぼうじんじゃ【鷲峯神社】鳥取県:気高郡/鹿野町/鷲峰村
日本歴史地名大系
降った山であったことによるとされる。しかし山名由来にはほかに幾つかの説があり、「因幡志」では孝安天皇五年六月二四日、富士山と同時に爆発してできた山で、往古山中に ...
38. すみよしじんじゃ【住吉神社】宮崎県:宮崎市/塩路村
日本歴史地名大系
福岡市東区の志賀海神社とともに住吉三神として名高い。寛政五年(一七九三)の住吉大明神縁起(宮崎県史蹟調査)では孝安天皇時代の創建という。祭神の三神は伊邪那岐命が ...
39. 増訂 工芸志料 313ページ
東洋文庫
増訂工芸志料巻七黒川真頼     漆  工 漆工は太古〔神代をいう〕にありゃ無しや詳かならず。孝安天皇の御宇、三見宿禰という者あり。三見宿禰は則ち漆部連の祖なり ...
40. 増訂 工芸志料 318ページ
東洋文庫
る黒川真頼熊沢有義     漆  器 漆  器は太古〔神代を云う〕にありゃ無しや詳かならず。孝安天皇の御宇、三見宿禰という者あり、漆部連の祖なり。漆部は即ち漆工 ...
41. 増訂 日本神話伝説の研究 2 383ページ
東洋文庫
皇まで四代の問はいつも末子末子と相続していられる。またその後においても、緩靖天皇・安寧天皇・孝安天皇・孝元天皇・開化天皇・崇神天皇・応神天皇など、すべて同母兄弟 ...
42. 増訂 武江年表 2 179ページ
東洋文庫
同二十九日、地震あり。〇四月朔日より八月晦日迄、富士山へ男女登る事をゆるさる◎諸国より参詣夥し(孝安天皇御宇九十二年庚申、開闢より三十七度目の庚申にして、二千二 ...
43. たまて【玉手】
日本国語大辞典
やし年ふりて、玉手(タマデ)と云里に念仏の老和尚ましまし」〔二〕奈良県御所(ごせ)市の地名。孝安天皇陵とされる玉手丘上陵(たまてのおかのえのみささぎ)がある。 ...
44. たまて‐の‐おか[‥をか]【玉手丘・玉手岡】
日本国語大辞典
奈良県御所(ごせ)市玉手に所在する丘。孝安天皇の陵墓がある。玉手山。〓[0] ...
45. たまてのおかのえ‐の‐みささぎ[たまてのをかのへ‥]【玉手丘上陵】
日本国語大辞典
奈良県御所(ごせ)市玉手にある孝安天皇の陵墓。 ...
46. たまてのおかのえのみささぎ【玉手丘上陵】
国史大辞典
孝安天皇(こうあんてんのう)  ...
47. たまてのおかのへりょう【玉手丘上陵】奈良県:御所市/玉手村
日本歴史地名大系
[現]御所市大字玉手小字宮山 玉手山(一五五メートル)西北隅にあり、孝安天皇陵に治定。「古事記」孝安天皇段に「御陵は玉手の岡の上に在り」、「日本書紀」孝霊天皇即 ...
48. たらしひこ
国史大辞典
第二次世界大戦前津田左右吉などによってこころみられたが、戦後水野祐・井上光貞らによってさらに研究が深められた。孝安天皇(おほやまとたらしひこくにおしひと)・景行 ...
49. 大日本産業事蹟 2 211ページ
東洋文庫
本邦漆器業の沿革盛衰 本邦漆器業の創始は未だ詳ならず。而して神武天皇即位紀元よりおよそ二百七十年を過ぎ、孝安天皇の時三見宿禰に漆部連の姓を賜うを以て考うれば、当 ...
50. ちくまじんじゃ【筑摩神社】滋賀県:坂田郡/米原町/筑摩村
日本歴史地名大系
祭神御食津神、配神大歳神・倉稲魂神・大市姫神。旧県社。創祀時期は不詳。「興福寺官務牒疏」には「孝安天皇廿八丙辰年四月降臨神、大歳神・宇賀魂神也」とある。なお筑摩 ...
「孝安天皇」の情報だけではなく、「孝安天皇」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

孝安天皇と同じ天皇カテゴリの記事
舎人親王(日本大百科全書(ニッポニカ))
天武天皇の第三皇子。母は天智天皇の娘新田部皇女。知太政官事穂積親王の亡きあとは皇親の長老として重んぜられ、新田部親王とともに皇太子首親王(聖武天皇)を輔翼する責務を負った
天皇(改訂新版・世界大百科事典)
日本国憲法に定める日本国および日本国民統合の象徴。天皇の歴史前近代の天皇オオキミとスメラミコト〈天皇〉は〈オオキミ〉とも〈スメラミコト〉とも呼ばれた。しかしこの二つの日本語は決して同義ではなく,むしろ両者の質の違い,それぞれの用いられる次元の相違に注目することが
皇位継承(改訂新版・世界大百科事典)
7世紀末までの皇位継承を《古事記》《日本書紀》によってみると,16代の仁徳天皇まではほとんどが父子間の直系相続であり,仁徳以後持統までは,父子間相続6,母子間1,兄弟間10,姉弟間2,叔父・甥間1,夫婦間2,三親等以上をへだてた相続3の計25例で
摂政(国史大辞典)
天皇に代わって万機を摂り行う者、または摂り行うことをいう。関白に類する職として関白とともに摂関といい、関白と同じく、摂ろく・執柄・博陸などの唐名があり、その地位に因んで一の人・一の所などと称され、殿下ともいわれた
関白(国史大辞典)
万機に関与する重職で摂政に類似する。したがって摂政と合わせて摂関・摂ろく・一の人・一の所などと称し、執柄・博陸・殿下などの唐名がある。関白の語は『漢書』霍公伝に、宣帝が諸事まず霍光に関白してから奏上せしめたとみえているが
天皇と同じカテゴリの記事をもっと見る


「孝安天皇」は天皇に関連のある記事です。
その他の天皇に関連する記事
淳仁天皇(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
七五八―六四在位。諱は大炊(おおい)。天武天皇の孫、舎人親王の第七子。母は当麻山背。天平五年(七三三)生まれる。藤原仲麻呂の男真従の未亡人粟田諸姉を娶って仲麻呂の田村第に住んだが、天平勝宝八歳(七五六)聖武上皇が崩ずると
聖武天皇(日本大百科全書(ニッポニカ)・改訂新版 世界大百科事典)
第45代とされる天皇(在位724~749)。名は首(おびと)、法号勝満(しょうまん)。文武(もんむ)天皇の第1皇子、母は藤原不比等(ふじわらのふひと)の女(むすめ)宮子(みやこ)。文武が崩じたとき幼少で即位できず、祖母元明(げんめい)
文武天皇(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
六九七―七〇七在位。諱は軽(珂瑠)。諡は天之真宗豊祖父(あまのまむねとよおおじ)天皇。天武天皇の孫、草壁皇子の子。母は阿閇皇女(天智天皇の娘、のちの元明天皇)。天武天皇十二年(六八三)生まれる。持統天皇三年(六八九)、七歳のとき父を失う
天武天皇(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
六七三―八六在位。父は舒明、母は皇極(斉明)天皇で、天智天皇・間人皇女(孝徳天皇皇后)の同母弟。幼名を大海人(おおしあま・おおあま)皇子といい、諡号を天渟中原瀛真人天皇(あまのぬなはらおきのまひとのすめらみこと)という。『一代要記』などに
弘文天皇(日本大百科全書(ニッポニカ))
第39代に数えられる天皇(在位671~672)。大友皇子、伊賀皇子ともいう。天智(てんじ)天皇の嫡皇子。母は伊賀采女宅子娘(うねめやかこのいらつめ)。皇后は天武(てんむ)天皇の皇女十市(といち)皇女で、葛野(かどの)王を生む
天皇に関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る