1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 文学
  6. >
  7. 古典文学
  8. >
  9. 古今和歌集
  10. >
  11. 万葉集
新編 日本古典文学全集

ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題のオンライン辞書・事典・叢書サービスです。
万葉集 梅花の歌

の人建部牛麻呂である。


梅花歌卅二首并序

天平二年正月十三日、萃〓于帥老之宅〓、申〓宴会〓也。于〓時、初春令月、気淑風和。梅披〓鏡前之粉〓、蘭薫〓珮後之香〓。加以、曙嶺移〓雲、松掛〓羅而傾〓盖、夕岫結〓霧、鳥封〓縠而迷〓林。庭舞〓新蝶〓、空帰〓故鴈〓。於〓是、盖〓天坐〓地、促〓膝飛〓觴。忘〓言一室之裏〓、開〓衿煙霞之外〓。淡然自放、快然自足。若非〓翰苑〓、何以攄〓情。請紀〓落梅之篇〓、古今夫何異矣。宜〓〓園梅〓、聊成〓短詠〓


梅花の歌三十二首と序

天平二年正月十三日、大宰帥旅人卿の邸宅に集って、宴会を開く。

折しも、初春の正月の佳い月で、気は良く風は穏やかである。梅は鏡の前の白粉のように白く咲き、蘭は匂い袋のように香っている。そればかりではない、夜明けの峰には雲がさしかかり、松はその雲の羅をまとって蓋をさしかけたように見え、夕方の山の頂には霧がかかって、鳥はその霧の縠に封じ込められて林の中に迷っている。庭には今年生れた蝶が舞っており、空には去年


万葉集 梅花の歌
ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
タブレットやスマホからも利用できます。 ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る
万葉集の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 15332
検索コンテンツ
1. まんえふしふ【万葉集】
全文全訳古語辞典
[書名]現存する我が国最古の歌集。七五九年(天平宝字三)以後の成立。何人もの手を経て編まれたものと考えられるが、現在の形に近いものにまとめたのは大伴家持かと言わ ...
2. 『万葉集』
日本史年表
759年〈天平宝字3 己亥〉 この年以降 『万葉集』 成る。 951年〈天暦5 辛亥〉 10・30 撰和歌所 を梨壺におき、清原元輔ら5人に 『万葉集』 の訓点 ...
3. 万葉集画像
日本大百科全書
荒木田久老(ひさおゆ)『万葉集槻落葉(つきのおちば)』、橘千蔭(たちばなちかげ)『万葉集略解(りゃくげ)』、岸本由豆流(ゆずる)『万葉集考証』、橘守部(もりべ) ...
4. 万葉集
世界大百科事典
》(1768),加藤千蔭(ちかげ)《万葉集略解(りやくげ)》(1800),岸本由豆流(ゆずる)《万葉集考証》(1828),鹿持雅澄(かもちまさずみ)《万葉集古義 ...
5. まんようしゅう[マンエフシフ]【万葉集】
日本国語大辞典
(万(よろず)の世(葉)に伝えらるべき集、万(よろず)の言葉または歌を集めた集の意などといわれる)現存最古の和歌集。二〇巻。勅撰説もある巻一、二を核として巻一六 ...
6. まんようしゅう【万葉集】
国史大辞典
弟信名が筆録した『万葉童蒙抄』、本居宣長『万葉集玉の小琴』、橘千蔭『万葉集略解』、岸本由豆流『万葉集攷証』、橘守部『万葉集檜嬬手』、鹿持雅澄『万葉集古義』などが ...
7. 萬葉集(まんようしゅう)
古事類苑
文學部 洋巻 第2巻 332ページ ...
8. 萬葉集
日本古典文学全集
7~8世紀の約130年の間の歌――長歌、短歌、旋頭歌(せどうか)、仏足石歌(ぶっそくせきか)――など4500首余りがおさめられている。歌人は、天皇から庶民まで5 ...
9. まんようしゅうこう[マンエフシフカウ]【万葉集考】
日本国語大辞典
「まんようこう(万葉考)」に同じ。マンヨーシューコー〓[シュ] ...
10. 万葉集古義
世界大百科事典
果をほぼ集大成している。雅澄の万葉研究の目的は,上古のありかたをうかがうことであり,雅澄が《万葉集》に見いだしたものは,〈皇神の道義(みち)〉と〈言霊の風雅(み ...
11. まんようしゅうこぎ[マンエフシフコギ]【万葉集古義】
日本国語大辞典
江戸後期の、「万葉集」の注釈書。一四一冊。鹿持雅澄著。草稿成立は文政一一年(一八二八)頃、天保一一年(一八四〇)完成後も天保末年(一八四四)頃まで改正を重ねる。 ...
12. まんようしゅうこぎ【万葉集古義】
国史大辞典
江戸時代の『万葉集』注釈および研究の書。鹿持雅澄著。百四十一冊。そのうち『万葉集』二十巻の注釈に九十五冊を、総論四冊、人物伝三冊、品物解四冊、枕詞解五冊など、 ...
13. 萬葉集抄(まんようしゅうしょう)
古事類苑
文學部 洋巻 第2巻 333ページ ...
14. まんようしゅうたまのおごと[マンエフシフたまのをごと]【万葉集玉の小琴】
日本国語大辞典
江戸後期の、「万葉集」の注釈書。二冊。本居宣長著。第一冊は安永八年(一七七九)成立、第二冊(追考)は成立年未詳。天保九年(一八三八)刊。巻一〜四までの歌を摘出し ...
15. まんようしゅうだいしょうき[マンエフシフダイシャウキ]【万葉集代匠記】
日本国語大辞典
「まんようだいしょうき(万葉代匠記)」に同じ。マンヨーシュー=ダイショーキ〓[ヨ]=[ショ] ...
16. 『万葉集註釈』
日本史年表
1269年〈文永6 己巳〉 4・2 仙覚, 『万葉集註釈』 を著す(同書奥書)。  ...
17. まんようしゅうちゅうしゃく[マンエフシフチュウシャク]【万葉集註釈】
日本国語大辞典
鎌倉中期の、「万葉集」の注釈書。一〇巻。仙覚著。文永六年(一二六九)成立。全巻の難解な歌について精細に注解し、書名の意義・撰定・撰者などに関して論理的文献的に研 ...
18. まんようしゅうちゅうしゃく【万葉集〓釈】
国史大辞典
とも注意すべき著作といいうる。『万葉集叢書』八に所収。→仙覚(せんがく) [参考文献]佐佐木信綱『万葉集の研究』一、久松潜一「万葉集註釈書の研究」(『校本万葉集 ...
19. 万葉集略解
世界大百科事典
きい。稿が成るごとに本居宣長の閲を請い,その説をとりいれることも少なくない。《万葉集》の簡単な全注として,《万葉集》の普及に貢献した。平野 仁啓 橘千蔭 加藤千 ...
20. まんようしゅうりゃくげ[マンエフシフリャクゲ]【万葉集略解】
日本国語大辞典
江戸後期の、「万葉集」の注釈書。二〇巻三〇冊。橘千蔭著。寛政一二年(一八〇〇)成立。寛政八年(一七九六)から文化九年(一八一二)刊。師賀茂真淵はじめ本居宣長、契 ...
21. 萬葉集略解(まんようしゅうりゃくげ)
古事類苑
文學部 洋巻 第2巻 353ページ ...
22. 『万葉集古義』
日本史年表
1840年〈天保11 庚子〉 6・‐ 鹿持雅澄 『万葉集古義』 成る。 1880年〈明治13 庚辰〉 この年 鹿持雅澄 『万葉集古義』 刊(~明治23年)。  ...
23. 『万葉集略解』
日本史年表
1805年〈文化2 乙丑⑧〉 10・‐ 加藤千蔭、 『万葉集略解』 を幕府に献上(続実紀)。  ...
24. 萬葉集撰者 (見出し語:撰者)
古事類苑
文學部 洋巻 第2巻 335ページ ...
25. かんけまんようしゅう[クヮンケマンエフシフ]【菅家万葉集】
日本国語大辞典
「しんせんまんようしゅう(新撰万葉集)」の別称。カンケマンヨーシュー〓[ヨ] ...
26. 元曆本萬葉集(げんりゃくぼんまんようしゅう)
古事類苑
文學部 洋巻 第2巻 334ページ ...
27. 昭和万葉集
日本大百科全書
歌集。20巻、別巻1。1979年(昭和54)2月から1980年12月にかけて講談社から刊行。編集顧問に土屋文明(ぶんめい)、土岐善麿(ときぜんまろ)、松村英一、 ...
28. しょくまんようしゅう[ショクマンエフシフ]【続万葉集】
日本国語大辞典
、曰〓万葉集〓」 ...
29. 新撰万葉集
日本大百科全書
の漢訳詩も当初は数首にすぎなかったものが増補されて現形に至ったと考えられる。『菅家(かんけ)万葉集』と異称されたが、菅原道真(すがわらのみちざね)自身の関与を裏 ...
30. 新撰万葉集
世界大百科事典
ごとに七言絶句の漢詩を配している。《万葉集》以来初めての和歌の撰集として,9世紀後半の宮廷和歌文学を考える上で注目される。小沢 正夫 菅原道真 菅家万葉集(かん ...
31. しんせんまんようしゅう[シンセンマンエフシフ]【新撰万葉集】
日本国語大辞典
おのおのに七言絶句の漢詩を配したもの。菅家万葉集。*日本紀略‐寛平五年〔893〕九月二五日「菅原朝臣撰〓進新撰万葉集二巻 ...
32. しんせんまんようしゅう【新〓万葉集】
国史大辞典
[参考文献]久曾神昇『新撰万葉集と研究』(『未刊国文資料』)、後藤昭雄『新撰万葉集』(『在九州国文資料影印叢書』一)、浅見徹『新撰万葉集』解説(『京都大学国語国 ...
33. 『新撰万葉集』
日本史年表
893年〈寛平5 癸丑⑤〉 9・25 菅原道真、 『新撰万葉集』 を撰進(紀略)。 913年〈延喜13 癸酉〉 8・21 『新撰万葉集』(増補本) 成る(同書序 ...
34. 新万葉集
日本大百科全書
1人1首から最高50首を収録。明治、大正、昭和の3代にわたり、あらゆる階層の有名無名の歌人を網羅し、現代の『万葉集』たらしめようとした一大詞華集である。藤岡武雄 ...
35. 續萬葉集(ぞくまんようしゅう)
古事類苑
文學部 洋巻 第2巻 283ページ ...
36. てんじぼんまんようしゅう【天治本万葉集】
国史大辞典
平安時代後期の古筆切。素紙に、薄墨で罫線を引いた中に、『万葉集』を書写する。もとは、二十巻を具備していたものであるが、いまは、巻十三の一巻(京都福井崇蘭館蔵) ...
37. 『万葉集』[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
木活字版 巻19 慶長年間(1596~1615)刊 冒頭の2首は大伴家持(おおとものやかもち)作の春苑桃李(しゅんえんとうり)の歌 国立国会図書館所蔵 ...
38. 『万葉集註釈』[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
巻1 仙覚(せんがく)著 1269年(文永6)刊 国立国会図書館所蔵 ...
39. 『万葉集略解』[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
巻1 加藤千蔭(ちかげ)著 1796年(寛政8)刊 国立国会図書館所蔵 ...
40. 『万葉集略解』(稿本)[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
加藤千蔭(ちかげ)自筆稿本 巻1 1791年(寛政3) 国立国会図書館所蔵 ...
41. 大伴家持撰萬葉集説 (見出し語:大伴家持)
古事類苑
文學部 洋巻 第2巻 335ページ ...
42. 橘諸兄撰萬葉集説 (見出し語:橘諸兄)
古事類苑
文學部 洋巻 第2巻 335ページ ...
43. 山上憶良撰萬葉集説 (見出し語:山上憶良)
古事類苑
文學部 洋巻 第2巻 340ページ ...
44. かんけまんようしゅう【菅家万葉集】
国史大辞典
⇒新撰万葉集(しんせんまんようしゅう)  ...
45. ぞくまんようしゅう[ゾクマンエフシフ]【続万葉集】
日本国語大辞典
〓しょくまんようしゅう(続万葉集) ...
46. Basil Hall Chamberlain【チェンバレン】[人名]
能・狂言事典
古典詩歌 The Classical Poetry of the Japanese』には、「万葉集」「古今和歌集」に続けて、「能の謡‐もしくは抒情劇集」と題し、 ...
47. Rene Sieffert【シフェール】[人名]
能・狂言事典
とし、その理解のため上代から近世までの韻文や散文の翻訳を手掛け、二〇〇二年(平成一四)には『万葉集』の全訳を果たした。 ...
48. あ【吾・我】
日本国語大辞典
中古以降は「わ」が使われて衰えた。*古事記〔712〕上・歌謡「阿(ア)はもよ、女(め)にしあれば」*万葉集〔8C後〕五・八九〇「出でて行きし日を数へつつ今日今日 ...
49. あ【痾】
日本国語大辞典
二月一一日「時大臣又得〓痾」*万葉集〔8C後〕五「沈痾自哀文」*経国美談〔1883〜84〕〈矢野龍渓〉後・自序「微恙の故を以て親ら社務 ...
50. あ【網】
日本国語大辞典
中古に「網代(あじろ)」「網曳(あびき)」「網具(あご)」などのように、他の語と熟した形で使われた。*万葉集〔8C後〕三・二三八「大宮の内まで聞こゆ網引(あびき ...
「万葉集」の情報だけではなく、「万葉集」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

万葉集と同じ古今和歌集カテゴリの記事
古今和歌集(新編 日本古典文学全集・改訂新版・世界大百科事典・日本国語大辞典)
醍醐天皇の詔により撰ばれた最初の勅撰和歌集。略称は《古今集》。20巻。古今とは〈いにしえ〉〈いま〉の歌の集の意と,後世の人々が,和歌が勅撰された延喜の時代をいにしえの和歌の聖代と仰ぎ見るであろう,の意を兼ねる。流布本では巻首に仮名序,巻尾に真名序を付し,歌数は1111首
新古今和歌集(新編 日本古典文学全集)
新古今和歌集序(仮名序)〔一〕和歌は、昔、天地が開け始めて、人の営みがまだ定らなかった時、日本の歌として、稲田姫の住んでいた素鵞の里から伝わっているということである。そうした時以来、和歌の道が盛んに興り、その流れは今日まで絶えることがなくて、恋愛に熱中したり
万葉集(新編 日本古典文学全集)
梅花の歌三十二首と序 天平二年正月十三日、大宰帥旅人卿の邸宅に集って、宴会を開く。折しも、初春の正月の佳い月で、気は良く風は穏やかである。梅は鏡の前の白粉のように白く咲き、蘭は匂い袋のように香っている。梅は鏡の前の白粉のように白く咲き
古今和歌集と同じカテゴリの記事をもっと見る


「万葉集」は古典文学に関連のある記事です。
その他の古典文学に関連する記事
万葉集(新編 日本古典文学全集)
梅花の歌三十二首と序 天平二年正月十三日、大宰帥旅人卿の邸宅に集って、宴会を開く。折しも、初春の正月の佳い月で、気は良く風は穏やかである。梅は鏡の前の白粉のように白く咲き、蘭は匂い袋のように香っている。梅は鏡の前の白粉のように白く咲き
東歌(日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
東国地方の歌の意で、『万葉集』巻14と『古今集』巻20の、「東歌」という標題のもとに収められた和歌の総称。万葉集東歌、古今集東歌と、単独ででもいう。[遠藤 宏]万葉集東歌 全部で230首(異伝歌のうち一首全体を記すものを加えると238首)あり、遠江国、信濃国以東の駿河
義経記(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
著者未詳。八巻。『判官物語』『義経双紙』『義経物語』などとも呼ばれ、これらの名称が物語るように、群雄の行動を軸に時代の変革を描く叙事詩としての軍記物語というよりは、源義経個人の数奇な生涯を描いた伝奇物語というべきもので、琵琶法師がその語り物として語った。
花鳥余情(改訂新版・世界大百科事典)
室町時代の《源氏物語》注釈。30巻。著者は一条兼良(かねら)。1472年(文明4)に成る。古くは〈かちょうよせい〉とも呼ばれた。四辻善成の《河海抄(かかいしよう)》のあとをうけて,その遺漏を補い,誤りを正すことを意図した書。《源氏物語》のみならず広く和漢の学に通じ
応仁記(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
応仁・文明の乱を題材とした室町時代の戦記文学。著者は明らかでないが、成立の時期は応仁・文明の乱の直後、それも文明五年(一四七三)からさほど時間を経ないころの作と考えられる。内容は三巻からなっているが、各巻とも何々事という見出しを付したいくつかの話にまとめられ
古典文学に関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る