1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 歴史
  6. >
  7. 遺跡
  8. >
  9. 古墳
  10. >
  11. 応神天皇陵
日本国語大辞典・改訂新版 世界大百科事典

ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
日本国語大辞典
おうじんてんのう‐りょう[オウジンテンワウ‥] 【応神天皇陵】

解説・用例

大阪府羽曳野(はびきの)市誉田(こんだ)にある応神天皇の陵。古市古墳群に属する前方後円墳。全長四一五メートル。封土量は一四三万三九六〇立方メートルで、容積では日本最大の古墳といわれる。濠を巡らし、周辺に数基の陪塚(ばいちょう)がある。きぬがさ、家形、水鳥などの形象埴輪が出土している。五世紀初めの築成と推定。誉田山古墳。誉田御廟山古墳。誉田陵。恵我藻伏岡陵(えがのもふしのおかのみささぎ)。

発音

オージンテンノーリョー

〓[ノ]




世界大百科事典
応神陵
おうじんりょう

応神天皇を葬ったという恵我藻伏崗陵(えがのもふしのおかのみささぎ)に同定されている前方後円墳。ただし《日本書紀》には記載を欠く。大阪府羽曳野市誉田(こんだ)の台地上にほぼ北面して築かれ,三段築成で,両側のくびれ部に造り出しを有する。全長415m,後円部径267m,前方部幅330m,後円部高36m,前方部高35m,墳丘の体積約150万m3をはかる。仁徳陵に次いで,日本第2の大型古墳である。墳丘および中堤には,窖窯(あながま)で焼成された埴輪がめぐる。応神天皇の没年を《日本書紀》に基づいて西暦400年前後とみた場合,埴輪の示す陵の築造年代は没年より四半世紀ほど新しい。この点から,応神天皇の陵墓とみなすことには慎重論もある。あえて誉田山古墳と別称するのは,この理由による。陵の周辺には,アリ山(アリ山古墳),丸山,珠金塚,盾塚などの陪冢群があり,一部は発掘調査されている。東の中堤に接する二ッ塚古墳は,応神陵築造以前にさかのぼる。
[川西 宏幸]

[索引語]
恵我藻伏崗陵 誉田山古墳
ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
タブレットやスマホからも利用できます。
応神天皇陵の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 39
検索コンテンツ
1. 応神天皇陵
日本大百科全書
恵我藻伏崗陵(えがのもふしのおかのみささぎ)。誉田陵(こんだりょう)ともいう。大阪府羽曳野(はびきの)市誉田にある前方後円墳、誉田山古墳が応神陵に比定されている ...
2. おうじんてんのう‐りょう[オウジンテンワウ‥]【応神天皇陵】
日本国語大辞典
大阪府羽曳野(はびきの)市誉田(こんだ)にある応神天皇の陵。古市古墳群に属する前方後円墳。全長四一五メートル。封土量は一四三万三九六〇立方メートルで、容積では日 ...
3. ありやまこふん【アリ山古墳】大阪府:藤井寺市/野中村地図
日本歴史地名大系
[現]藤井寺市野中二丁目 羽曳野市の誉田御廟山古墳(応神天皇陵に治定)の西側、大乗川によって形成された谷を隔てて、藤井寺・野中から広がった台地の東縁に東山古墳と ...
4. いちのやまこふん【市野山古墳】大阪府:藤井寺市/国府村地図
日本歴史地名大系
前方部幅一五七メートル、二重の濠が巡らされている。同じ古市古墳群中にある羽曳野市の墓山古墳(応神天皇陵陪冢に治定)、さらに茨木市の茶臼山古墳(継体天皇陵に治定) ...
5. えが【会賀】大阪府:藤井寺市
日本歴史地名大系
我長野西陵(仲哀天皇陵)・恵我藻伏崗陵(応神天皇陵)・恵我長野北陵(允恭天皇陵)が載り、仲哀天皇陵はミサンザイ古墳、允恭天皇陵は市野山古墳、応神天皇陵は羽曳野市 ...
6. えがのもふしのおかのみささぎ【恵我藻伏岡陵】 : 応神天皇
国史大辞典
、兆域東西五町、南北五町、陵戸二烟、守戸三烟)」とある。応神天皇陵を中心として藤井寺市にまたがり、「允恭天皇陵」古墳・「仲姫皇后陵」古墳・古室山古墳などをふくむ ...
7. おうじんてんのう【応神天皇】画像
国史大辞典
、兆域東西五町、南北五町、陵戸二烟、守戸三烟)」とある。応神天皇陵を中心として藤井寺市にまたがり、「允恭天皇陵」古墳・「仲姫皇后陵」古墳・古室山古墳などをふくむ ...
8. 大阪(府)画像
日本大百科全書
それらが統合されて大和朝廷への統一へと進んでいった。それを象徴する豪族の古墳群は、丘陵・台地面に広く分布し、応神天皇陵(おうじんてんのうりょう)(誉田山古墳(こ ...
9. 感身学正記 1 西大寺叡尊の自伝 245ページ
東洋文庫
あっ た。近藤孝敏「近木荘の歴史と在地の動向」参照。=誉田社 誉田八幡宮。現羽曳野市誉田。応神天皇陵に治定される誉田山陵(誉田御廟山古 墳。前方後円墳)の後円部 ...
10. こんだごびょうやまこふん【誉田御廟山古墳】大阪府:羽曳野市/誉田村地図
日本歴史地名大系
[現]羽曳野市誉田六丁目 応神天皇陵に治定され、中・近世には古市山陵・誉田山陵ともよんだ。誉田の台地の西辺に、前方部をほぼ北に向けて築造された前方後円墳。墳丘の ...
11. 誉田八幡宮
日本大百科全書
書あり)2巻、『誉田宗庿縁起』3巻など宝物は多い。例祭日9月15日の夜には神輿(みこし)が応神天皇陵へ渡御する。三橋 健 ...
12. こんだ‐はちまんぐう【誉田八幡宮】
日本国語大辞典
神社。旧府社。主祭神は誉田別命(ほむたわけのみこと=応神天皇)。欽明天皇二〇年(五五九)に応神天皇陵後円頂上に創建。永承六年(一〇五一)現在地に遷座。コンダハチ ...
13. こんだはちまんぐう【誉田八幡宮】大阪府:羽曳野市/誉田村地図
日本歴史地名大系
[現]羽曳野市誉田三丁目 誉田御廟山古墳(誉田山陵、応神天皇陵に治定)の後円部南方に境内がある。祭神は誉田別命(応神天皇)。旧府社。永享年間(一四二九―四一)に ...
14. こんだむら【誉田村】大阪府:羽曳野市地図
日本歴史地名大系
丁目・翠鳥園・古市一丁目・誉田など 現羽曳野市の北東端にある。村域北部には誉田御廟山古墳(応神天皇陵に治定)とその陪塚といわれる墓山古墳(国指定史跡)などがあり ...
15. 誉田山古墳
日本大百科全書
この古墳の被葬者研究は今後にまたれる。なお、古墳の立地条件を地理学的に検討した年代試案(日下雅義著『「応神天皇陵」近傍の地形環境』)も発表されている。森 浩一 ...
16. 続日本紀 2 199ページ
東洋文庫
ました」と。 乙亥(二十八日)使者を大内(天武・持統両天皇陵)・山科(天智天皇陵)・恵我(応神天皇陵かY直山(奈保山。元明・元正両天皇陵)などの陵に派遣して、新 ...
17. 竹内街道
世界大百科事典
みち)の面影をよく残している。《日本書紀》の壬申の乱の記述中にもみえる丹比道は,金岡神社と応神天皇陵後円部を結ぶ直線古道である。近世の竹内街道では,丹比道の東半 ...
18. たなべのはくそん【田辺伯孫】
国史大辞典
田辺史伯孫は古市郡の書首加竜に嫁していた娘が出産したので、聟の家に行って祝賀し、月夜に帰途につき、誉田陵(応神天皇陵)のもとで赤い駿馬に乗った人に出逢った。伯孫 ...
19. たなべの-はくそん【田辺伯孫】
日本人名大辞典
り)の人。雄略天皇9年娘が出産したので婿の家をたずねての帰途,誉田陵(ほむたのみささぎ)(応神天皇陵)のもとで赤い駿馬(しゅんめ)にのった人にあい,馬を交換した ...
20. ちゅうきこふん【中期古墳】
国史大辞典
陵古墳(現仁徳天皇陵、墳丘長四八六メートル)、大阪府羽曳野市の誉田(こんだ)御廟山古墳(現応神天皇陵、墳丘長約四一五メートル)や岡山市の造山(つくりやま)古墳( ...
21. つどうしろやまこふん【津堂城山古墳】大阪府:藤井寺市/津堂村地図
日本歴史地名大系
[現]藤井寺市津堂 古市古墳群中最も北に位置し、群中では羽曳野市の誉田御廟山古墳(応神天皇陵に治定)に次ぐ規模をもつ。前方後円墳。国指定史跡。南東面し、墳丘の全 ...
22. どうみょうじ【道明寺】大阪府:藤井寺市/道明寺村地図
日本歴史地名大系
[現]藤井寺市道明寺一丁目 誉田御廟山古墳(応神天皇陵に治定。現羽曳野市)の東北方、市野山古墳(允恭天皇陵に治定)の南方に位置し、東に道明寺天満宮がある。明治初 ...
23. どうみょうじむら【道明寺村】大阪府:藤井寺市地図
日本歴史地名大系
現藤井寺市の南東端、石川の左岸に位置し、東高野街道が南北に通る。村の南西方に誉田御廟山古墳(応神天皇陵に治定。現羽曳野市)、西方には仲津山古墳(応神天皇皇后仲津 ...
24. なかつひめのみこと【仲姫命】
国史大辞典
皇后仲姫命は、『日本書紀』『延喜式』などに崩御、陵所などの記載がなく、陵墓の伝説もない。当陵は、応神天皇陵から適当な距離にある巨大古墳を活用して、応神天皇皇后霊 ...
25. なかつやまこふん【仲津山古墳】大阪府:藤井寺市/沢田村地図
日本歴史地名大系
[現]藤井寺市沢田四丁目 羽曳野市の誉田御廟山古墳(応神天皇陵に治定)の北方、古市古墳群中最高所に築かれた南西面する前方後円墳。墳丘の全長二八六メートル、後円部 ...
26. なかつやまのみささぎ【仲津山陵】 : 仲姫命
国史大辞典
皇后仲姫命は、『日本書紀』『延喜式』などに崩御、陵所などの記載がなく、陵墓の伝説もない。当陵は、応神天皇陵から適当な距離にある巨大古墳を活用して、応神天皇皇后霊 ...
27. 日本書紀 186ページ
日本古典文学全集
延喜八年(九〇八)の玖珂郡戸籍にみえる。田辺史伯孫が娘婿書首加竜の家へ出産祝い訪問の帰途、応神天皇陵で赤い駿馬に逢う。それを所望して自分の馬と交換するが、 ...
28. のなかこふん【野中古墳】大阪府:藤井寺市/野中村地図
日本歴史地名大系
[現]藤井寺市野中三丁目 羽曳野市墓山古墳(応神天皇陵陪冢に治定)の北に近接する。昭和三九年(一九六四)発掘調査が行われた。一辺二八メートル、高さ四メートル、二 ...
29. 土師氏
世界大百科事典
考慮すると,埴輪作りに適したハニのある場所の近くに土師氏が居住し,大王墓が設けられたと考えられる。応神天皇陵古墳を盟主とする古市古墳群が羽曳野丘陵の近傍に所在す ...
30. はびきの【羽曳野】
日本国語大辞典
大阪府中東部の地名。大阪市の住宅衛星都市として発展。イチジク、ブドウなどの果樹栽培が盛ん。応神天皇陵をはじめ前方後円墳の集まった古市古墳群がある。西琳寺、野中寺 ...
31. はびきのし【羽曳野市】
国史大辞典
大阪府の南東部、羽曳野丘陵北辺の台地上に位置する市。市域は歴史遺産に富み、誉田(こんだ)御廟山古墳(応神天皇陵)・大塚山古墳などの巨大古墳を含む古市(ふるいち) ...
32. はびきのし【羽曳野市】大阪府地図
日本歴史地名大系
超える巨大古墳が築造される。堺市の大仙古墳(仁徳天皇陵に治定)と並び著名な誉田御廟山古墳(応神天皇陵に治定)は、市域北西部から藤井寺市にかけて分布する古市古墳群 ...
33. ふじのもりこふん【藤の森古墳】大阪府:藤井寺市/野中村地図
日本歴史地名大系
[現]藤井寺市野中一丁目 羽曳野市の誉田御廟山古墳(応神天皇陵に治定)の西側、大乗川によって形成された谷を隔てた標高約二五メートルの台地上にあった円墳。大阪府水 ...
34. ふるいちこふんぐん【古市古墳群】大阪府:羽曳野市地図
日本歴史地名大系
円墳二五基以上で構成される。群のほぼ中央に位置する、墳丘全長四一五メートルの誉田御廟山古墳(応神天皇陵に治定)は群中最大のものである。群の北半には津堂城山古墳・ ...
35. 邪馬臺国論考 3 65ページ
東洋文庫
陵丘の長さは、二百七十間に及び三重の周浬を有している。次は河内国南河内郡古市村大字誉田なる応神天皇陵で、陵丘の長さ二百二十五間、二重の周浬を有し、第三位は和泉国 ...
36. やまとがわ【大和川】
国史大辞典
導入する役目を果たした。この川が河内平野で支流の石川と合流する地帯は、王陵の谷とも呼ばれ、応神天皇陵はじめ前方後円墳群があり、欽明朝に大和川水運を司った船氏の墳 ...
37. 和漢三才図会 13 205ページ
東洋文庫
万代八幡宮(百舌鳥神社) 百舌鳥野(堺市百舌鳥赤畑町)にある。俗に万代の字を書くQ  御廟山があり、応神天皇陵というが未詳。応神陵は河州誉田にある。 石津神社( ...
「応神天皇陵」の情報だけではなく、「応神天皇陵」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

応神天皇陵と同じ古墳カテゴリの記事
茶臼山(日本歴史地名大系)
[現]天王寺区茶臼山町 四天王寺南西、天王寺公園のなかにある比高約八メートルほどの小丘。茶磨山(摂陽群談)・茶磑山(摂津名所図会大成)とも書く。東面して三段築成された前方後円墳とみられ、西側から南側にかけてめぐる河底かわぞこ池は周濠の遺構と推定されている。全長約二〇〇メートルで
新原・奴山古墳群(日本歴史地名大系)
[現]津屋崎町勝浦・奴山 津屋崎町のほぼ中央部に位置し、標高一〇―三〇メートル、長さ一キロの細長い台地上に分布する古墳時代中期―終末期の古墳群。昭和五一年に一―四号墳、同五五年に五―六号墳の発掘調査が実施され、同六〇年から四ヵ年で前方後円墳五・方墳一・円墳四四が確認された。
埼玉古墳群(日本国語大辞典)
埼玉県行田市埼玉所在の古墳群。分布の中心が旧埼玉村にあるところから称する。武蔵国造笠原直使主の一族の墳墓群と推定されている。二子山古墳など九墓が国史跡として指定され、「さきたま風土記の丘」として出土した埴輪、武具、馬具、銅印、純金勾玉などがあわせ保存されている。
はに‐わ 【埴輪】(日本国語大辞典)
古墳の墳丘上に立て並べた素焼の土製品。円筒埴輪・形象埴輪に二大別され、形象埴輪は家形・器具器材・動物・人物など多様である。古墳に供えた器台、壺などが儀器化し、発生したという説が有力。
ふん‐ぼ 【墳墓】(日本国語大辞典)
(「墳」は盛り土のある墓、「墓」は盛り土のない墓所の意)(1)死体や遺骨・遺品などを埋めて供養する所。木や石などを立て、墓じるしとしたもの。また、日本では古墳、飛鳥・奈良時代の火葬墓、中国では墳丘をさす。はか。つか。ぼち。
古墳と同じカテゴリの記事をもっと見る


「応神天皇陵」は世界遺産に関連のある記事です。
その他の世界遺産に関連する記事
仁徳陵(改訂新版 世界大百科事典・現代用語の基礎知識)
大阪府堺市堺区大仙町に所在する大型前方後円墳。全長486m,後円部径249m,後円部高35m,前方部幅305m,前方部高34mを測る。外周に三重の濠がめぐり,葺石(ふきいし)をそなえ,墳丘および中堤に埴輪を樹立する。梅原末治の算出によれば
応神天皇陵(日本国語大辞典・改訂新版 世界大百科事典)
大阪府羽曳野(はびきの)市誉田(こんだ)にある応神天皇の陵。古市古墳群に属する前方後円墳。全長四一五メートル。封土量は一四三万三九六〇立方メートルで、容積では日本最大の古墳といわれる。濠を巡らし、周辺に数基の陪塚(ばいちょう)がある
沖ノ島(改訂新版・世界大百科事典)
高知県南西部,宿毛湾口に浮かぶ島。面積10.5km2。全島花コウ岩よりなり,アコウ,ビロウなどの亜熱帯植物が繁茂する。海岸は海食崖が広く,海食洞もみられ,足摺宇和海国立公園に属する。周囲の海域は好漁場をなし漁業が中心で,集落は急傾斜地に階段状に立地する。
沖ノ島祭祀遺跡(日本歴史地名大系・日本大百科全書)
[現]大島村沖之島 沖ノ島の南部に宗像大社三宮のうち沖津宮がある。沖津宮背後の谷部に山頂などから崩落してきた巨岩が多数あり、そこを中心に祭祀遺跡が形成されている。四世紀後半から九世紀代までの約四〇〇年にわたり国家的な祭祀が行われた。
新原・奴山古墳群(日本歴史地名大系)
[現]津屋崎町勝浦・奴山 津屋崎町のほぼ中央部に位置し、標高一〇―三〇メートル、長さ一キロの細長い台地上に分布する古墳時代中期―終末期の古墳群。昭和五一年に一―四号墳、同五五年に五―六号墳の発掘調査が実施され、同六〇年から四ヵ年で前方後円墳五・方墳一・円墳四四が確認された。
世界遺産に関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る