1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 社会
  6. >
  7. 政治
  8. >
  9. 天皇
  10. >
  11. 鳥羽天皇
国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典

ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
国史大辞典
鳥羽天皇
とばてんのう
一一〇三 - 五六
一一〇七―二三在位。堀河天皇の第一皇子。母は大納言藤原実季の女、贈皇太后苡子である。康和五年(一一〇三)正月十六日、左少弁藤原顕隆の五条邸に誕生、その年六月親王宣下あり、宗仁と命名され、八月には早くも皇太子に立った。ついで嘉承二年(一一〇七)七月十九日、父天皇崩御のあとをうけて皇位についたが、まだ五歳の幼帝であったため、祖父白河上皇の執政はいよいよ本格化した。ついで永久五年(一一一七)権大納言藤原公実の女璋子(待賢門院)を女御とし、翌年皇后(中宮)に立てたが、元永二年(一一一九)皇子が生まれるや、曾孫の速やかな即位を望む上皇の意向により、保安四年(一一二三)正月二十八日、皇子(崇徳天皇)に位を譲って上皇となった。しかし大治四年(一一二九)七月七日祖父上皇が崩御したので、ようやく院中に政務を執ることになった。上皇は白河院政末期の十余年間宇治に籠居していた前関白藤原忠実を政界に復帰させ、その愛児頼長を重用した。また祖父上皇の寵愛した待賢門院璋子を遠ざけ、権中納言藤原長実の女得子(美福門院)を納れて院の女御とし、保延五年(一一三九)皇子が誕生するや、永治元年(一一四一)天皇に迫って位を譲らせた。新帝は近衛天皇である。一方、同年上皇は鳥羽殿において落飾し、法名を空覚と定めた。すでにして久寿二年(一一五五)近衛天皇が病没したので、上皇は天皇の異母兄にあたる雅仁親王(後白河天皇)を皇位につけた。上皇はこうした無理な皇位継承や激化する摂関家の内紛が、近い将来天下大乱の因となるべきことを予測し、保元元年(一一五六)六月病が重くなると、源・平の武士を召集して内裏高松殿と鳥羽殿との警固を厳重にしたが、七月二日ついに五十四歳をもって鳥羽安楽寿院御所に崩御した。遺詔により即日入棺、翌三日同院御塔に葬られた。安楽寿院陵である。追号して鳥羽院という。→保元の乱(ほげんのらん)
(橋本 義彦)

安楽寿院陵(あんらくじゅいんのみささぎ)

 京都市伏見区竹田内畑町の安楽寿院旧境内所在。鳥羽上皇は、鳥羽に三重塔の寿陵を右衛門督藤原家成に建立させ、保延五年(一一三九)二月二十二日この落慶供養を行い、三昧僧を付けて法華三昧を行わせた。保元元年(一一五六)七月二日上皇崩御の夜、遺詔により遺骸をこの塔下に納め、安楽寿院が祭祀管理を行なった。永仁四年(一二九六)八月三十日安楽寿院の火災で類焼。建武年間(一三三四―三八)に再建されたが、天文十七年(一五四八)再焼失。慶長十七年(一六一二)九月塔跡に仮堂を建立し、「本御塔」といった。このあと所伝が混乱し、元禄の諸陵探索調書は「本御塔ハ白川院御骨蔵ム、新御塔ハ鳥羽法皇尊骸蔵ム」と、現近衛天皇陵を鳥羽天皇陵と誤認し、これが幕末まで続いた。元治元年(一八六四)修陵にあたって改訂し、陵上の旧堂を陵北に移建、その跡に方十五尺の瓦葺宝形造〓敷の陵堂を新造した。移建した旧堂は、今も「本御塔」という。
[参考文献]
宮内庁編『鳥羽天皇安楽寿院陵之図』(宮内庁書陵部所蔵『陵墓地形図』)、上野竹次郎『山陵』下
(石田 茂輔)

所領

 鳥羽天皇は、後院領・御願寺領をふくむ白河天皇と堀河天皇との所領を譲られた。天永二年(一一一一)九月に荘園記録所を置くが、その業績は未詳。摂関家の藤原忠実を味方にして荘園の入手に努力した。また中宮待賢門院の侍臣や女房らは鳥羽上皇の威光を背後に、七道諸国の荘園を押領したという(『長秋記』大治四年(一一二九)三月二十四日条)。即位してまもない天永二年四月に、河内国の観心寺を祈願所に定めている。上皇の院政が近づいた大治元年七月、祈願寺の根来寺大伝法院に平某が同国石手村を寄進した。上皇の所領は、女院領・祈願社寺領と純粋の所領とに類別される。皇后美福門院・中宮待賢門院・皇女上西門院・同八条院らのため女院領を定め、また最勝寺・得長寿院・宝荘厳院・勝光明院・安楽寿院・円勝寺・法金剛院・歓喜光院・金剛勝院・蓮華心院などの祈願寺を建て、なお在来の社寺を祈願所に定め、それぞれの所領を充てた。上皇は永治元年(一一四一)三月出家の時に所領を処分し、美福門院に九ヵ所、八条院に十二ヵ所を分けたが、管理はつづけた(『百錬抄』同年八月四日条)。保元元年(一一五六)七月崩御に際し、遺領とともに管領中の崇徳天皇の成勝寺領、近衛天皇の金剛心院領・延勝寺領などを後白河天皇に譲与した。
[参考文献]
帝室林野局編『御料地史稿』、竹内理三「院庁政権と荘園」(『律令制と貴族政権』二所収)、網野善彦「荘園公領制の形成と構造」(『体系日本史叢書』六所収)、永原慶二「荘園制の性格について」(『日本封建制成立過程の研究』所収)
(奥野 高広)


日本大百科全書(ニッポニカ)
鳥羽天皇
とばてんのう
[1103―1156]

平安後期の天皇(在位1107~23)。名は宗仁(むねひと)。康和(こうわ)5年1月16日生まれ。堀河(ほりかわ)天皇の第一皇子。母は藤原実季(さねすえ)の娘苡子(いし)。生後7か月で立太子。父堀河天皇の病死の後を受けて1107年(嘉承2)5歳で即位したが、専制的な院政を行っていた祖父白河(しらかわ)上皇により23年(保安4)皇太子顕仁(あきひと)親王に譲位させられた(崇徳(すとく)天皇)。29年(大治4)白河の死後、崇徳、近衛(このえ)、後白河(ごしらかわ)三天皇28年間にわたって院政を行った。皇后待賢門院(たいけんもんいん)との仲が不和であり、藤原忠実(ただざね)の娘勲子(くんし)(のち泰子(たいし)と改める)を、上皇としては異例の皇后とした(高陽院(かやのいん))が、男子が生まれなかったので、藤原長実(ながざね)の娘得子(とくし)を入内(じゅだい)させ(美福門院(びふくもんいん))、皇子体仁(なりひと)親王が生まれた。生後3か月で皇太子とし、41年(永治1)崇徳天皇を譲位させ3歳で皇位につけ(近衛天皇)、同年自分は出家して法皇となった。55年(久寿2)近衛天皇が17歳で後嗣(こうし)もないまま早世すると、雅仁(まさひと)親王を皇位につけた(後白河天皇)。荘園(しょうえん)整理を強行した白河院政を転換し、寄進地系荘園を大量に認め、自らも安楽寿院(あんらくじゅいん)、八条女院(はちじょうにょいん)、歓喜光院(かんぎこういん)領荘園などを膨大に集積し、20回を超える熊野詣(くまのもう)でを行うなど白河と同様専制君主としての道を歩んだ。「わたしの出生は人力によるものではなく、神のしわざである」と自賛し、「天下を政(まつりごと)するは、上皇御一人なり」とも評された。また、「わたしが世を去ったならば、天下はたちまち乱れるであろう」(台記(たいき))と予言したといわれている。死の直後、予言どおりに保元(ほうげん)の乱が勃発(ぼっぱつ)した。保元元年7月2日死去。墓は京都市伏見(ふしみ)区竹田内畑(たけだうちはた)町の安楽寿院陵。
[川島茂裕]



世界大百科事典
鳥羽天皇
とばてんのう
1103-56(康和5-保元1)

第74代に数えられる天皇。在位1107-23年。父は堀河天皇,母は女御(贈皇太后)苡子(藤原実季女)。諱(いみな)は宗仁。誕生の年に立太子,1107年(嘉承2)堀河天皇が没し即位。藤原忠実が摂政となる。13年(永久1)元服。23年(保安4)祖父白河法皇の意志で第1皇子顕仁親王(崇徳天皇)に譲位。崇徳は鳥羽の中宮璋子所生であるが,実は白河の子といわれる。29年(大治4)白河法皇が没して以後は崇徳,近衛,後白河の3代にかけて院政を行う。その間41年(永治1)出家し法皇となった。法名は空覚。鳥羽院政はそれまでの荘園整理方針を転換するなど強い白河院政の変更がみられるが,最勝寺をはじめとする六勝寺など盛んな造寺・造仏や熊野詣,平氏一門の重用,強訴の横行などはその延長線上にある。また鳥羽に疎外された崇徳上皇の不満,璋子(待賢門院)・得子(美福門院)両后派の対立,摂関家の内紛,源・平武士団内の対立などがからみ,不安な政情を内包していたが,鳥羽が没すると直ちに保元の乱が起こった。陵は京都市伏見区の安楽寿院陵。
[黒板 伸夫]

ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
タブレットやスマホからも利用できます。
鳥羽天皇の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 1112
検索コンテンツ
1. 鳥羽天皇
日本大百科全書
平安後期の天皇(在位1107~23)。名は宗仁(むねひと)。康和(こうわ)5年1月16日生まれ。堀河(ほりかわ)天皇の第一皇子。母は藤原実季(さねすえ)の娘苡子 ...
2. 鳥羽天皇
世界大百科事典
1103-56(康和5-保元1) 第74代に数えられる天皇。在位1107-23年。父は堀河天皇,母は女御(贈皇太后)苡子(藤原実季女)。諱(いみな)は宗仁。誕生 ...
3. とば‐てんのう[‥テンワウ]【鳥羽天皇】
日本国語大辞典
第七四代天皇(在位一一〇三~二三)。堀河天皇の第一皇子。名は宗仁(むねひと)。母は藤原苡子。譲位後、崇徳・近衛・後白河三代二八年間院政を行なった。皇子崇徳上皇と ...
4. とばてんのう【鳥羽天皇】画像
国史大辞典
今も「本御塔」という。 [参考文献]宮内庁編『鳥羽天皇安楽寿院陵之図』(宮内庁書陵部所蔵『陵墓地形図』)、上野竹次郎『山陵』下 (石田 茂輔) 所領  鳥羽天皇 ...
5. 鳥羽天皇(とばてんのう)
古事類苑
帝王部 洋巻 第1巻 24ページ ...
6. とばてんのう【鳥羽天皇】
日本人名大辞典
1103−1156 平安時代後期,第74代天皇。在位1107-23。康和5年1月16日生まれ。堀河天皇の第1皇子。母は藤原苡子(いし)。嘉承(かじょう)2年父の ...
7. 鳥羽天皇[文献目録]
日本人物文献目録
【逐次刊行物】:4件 『永久元年の鳥羽天皇に対する疑獄事件』吉村茂樹『鳥羽院の御素意 院政史の一節として』辻彦三郎『鳥羽法皇と四天王寺』小笠原白也『満願寺の鳥羽 ...
8. 宗仁親王・鳥羽天皇・鳥羽上皇・鳥羽法皇
日本史年表
丁亥⑩〉 7・19 堀河天皇 没、 宗仁親王(鳥羽天皇) 践祚、 藤原忠実 を摂政とする(殿暦・中右記)。 1107年〈嘉承2 丁亥⑩〉 12・1 鳥羽天皇 即 ...
9. 鳥羽天皇出家 (見出し語:鳥羽天皇)
古事類苑
帝王部 洋巻 第1巻 864ページ ...
10. 鳥羽天皇受戒 (見出し語:鳥羽天皇)
古事類苑
帝王部 洋巻 第1巻 892ページ ...
11. 鳥羽天皇國忌 (見出し語:鳥羽天皇)
古事類苑
禮式部 洋巻 第2巻 1280ページ ...
12. 鳥羽天皇山陵 (見出し語:鳥羽天皇)
古事類苑
帝王部 洋巻 第1巻 995ページ ...
13. 鳥羽天皇建勝光明院 (見出し語:鳥羽天皇)
古事類苑
宗教部 洋巻 第3巻 987ページ ...
14. 鳥羽天皇建安樂壽院 (見出し語:鳥羽天皇)
古事類苑
宗教部 洋巻 第3巻 979ページ ...
15. 鳥羽天皇建最勝寺 (見出し語:鳥羽天皇)
古事類苑
宗教部 洋巻 第3巻 693ページ ...
16. 鳥羽天皇敬神之詔 (見出し語:鳥羽天皇)
古事類苑
神祇部 洋巻 第1巻 123ページ ...
17. 鳥羽天皇遊覽御幸 (見出し語:鳥羽天皇)
古事類苑
帝王部 洋巻 第1巻 739ページ ...
18. 鳥羽天皇 所領一覧1[図版]画像
国史大辞典
 (c)Yoshikawa kobunkan Inc.  ...
19. 鳥羽天皇 所領一覧2[図版]画像
国史大辞典
 (c)Yoshikawa kobunkan Inc.  ...
20. 小倉百人一首(99) 歌人/後鳥羽天皇(後鳥羽院)[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
しひともうらめしあぢきなく よをおもふゆゑにものおもふみは定まり字(決まり字):歌を特定する字(音)/ひとも後鳥羽天皇(ごとばてんのう)(後鳥羽院(ごとばいん) ...
21. 後鳥羽天皇画像
日本大百科全書
成立したのちもしばらくは法皇による院政が続いた。1192年(建久3)法皇が没するに及んで、後鳥羽天皇の親政となったが、政務は、初めは関白(かんぱく)九条兼実(く ...
22. 後鳥羽天皇
世界大百科事典
源通親ら法皇の旧側近はこれと対立し,96年通親は策謀によって兼実を失脚させ政権を握った。98年後鳥羽天皇は通親の外孫にあたる皇子為仁(土御門天皇)に譲位,上皇と ...
23. ごとば‐てんのう[‥テンワウ]【後鳥羽天皇】
日本国語大辞典
第八二代天皇。高倉天皇の第四皇子。母は七条院殖子。名は尊成(たかなり)。寿永二年(一一八三)践祚(せんそ)。建久九年(一一九八)譲位後、院政を行なう。親幕派の九 ...
24. ごとばてんのう【後鳥羽天皇】画像
国史大辞典
。寿永二年(一一八三)平氏が安徳天皇を伴って都落ちしたため、八月、後白河法皇の詔によって、後鳥羽天皇は閑院で践祚、尊成と名づけられた。三種の神器は平氏に持ち去ら ...
25. 後鳥羽天皇(ごとばてんのう)
古事類苑
帝王部 洋巻 第1巻 27ページ ...
26. ごとばてんのう【後鳥羽天皇】
日本人名大辞典
1180−1239 鎌倉時代,第82代天皇。在位1183-98。治承(じしょう)4年7月14日生まれ。高倉天皇の第4皇子。母は藤原殖子(しょくし)(七条院)。安 ...
27. 後鳥羽天皇[文献目録]
日本人物文献目録
秀穂『後鳥羽天皇』和田英松『後鳥羽天皇御霊託と其影響』有働賢造『後鳥羽天皇鑚仰号』-『後鳥羽天皇七百年祭に当り謹んで聖徳を偲び奉る』平泉澄『後鳥羽天皇宸翰熊野懐 ...
28. 後鳥羽天皇花押[図版]画像
国史大辞典
 (c)Yoshikawa kobunkan Inc.  ...
29. 後鳥羽天皇画像(水無瀬神宮所蔵)
日本史年表
1221年〈承久3 辛巳⑩〉 7・8 藤原信実, 後鳥羽天皇画像(水無瀬神宮所蔵) を描く(吾)。  ...
30. 後鳥羽天皇 所領一覧1[図版]画像
国史大辞典
 (c)Yoshikawa kobunkan Inc.  ...
31. 後鳥羽天皇 所領一覧2[図版]画像
国史大辞典
 (c)Yoshikawa kobunkan Inc.  ...
32. ごとばてんのうしんき【後鳥羽天皇宸記】
国史大辞典
鳥羽天皇の日記。『林鳥』ともいう。次の諸巻が現存。(一)「白馬節会習礼之記」 建暦二年(一二一二)三月の記。宮内庁書陵部蔵。(二)「建暦二年十月供神膳記」  ...
33. ごとばてんのうぞう[ゴとばテンワウザウ]【後鳥羽天皇像】
日本国語大辞典
藤原信実筆と伝えられる後鳥羽天皇肖像画。承久三年(一二二一)作。一幅。紙本着色。縦四〇・三センチメートル、横三〇・六センチメートル。国宝。大阪府水無瀬(みなせ) ...
34. ごとばてんのうりょう・じゅんとくてんのうりょう【後鳥羽天皇陵・順徳天皇陵】京都市:左京区/来迎院村地図
日本歴史地名大系
[現]左京区大原来迎院町 三千院の北、木尾山の西南麓に南北二陵が並ぶ。後鳥羽天皇(一一八〇―一二三九)は高倉天皇の第四皇子で、後白河法皇の下で即位(在位一一八三 ...
35. ごとばてんわう【後鳥羽天皇】
全文全訳古語辞典
[人名]第八十二代天皇。一一九八年(建久九)譲位し、院政を行う。一二〇一年(建仁元)藤原定家らに『新古今和歌集』の撰進を命じたが、それに向けて、歌人らに百首歌を ...
36. 尊成親王・後鳥羽天皇・後鳥羽上皇・後鳥羽法皇
日本史年表
1183年〈寿永2 癸卯〉 8・20 院宣により, 尊成親王(後鳥羽天皇) 践祚(玉葉)。 1184年〈元暦元(4・16)(寿永3) 甲辰〉 7・28 後鳥羽天 ...
37. 後鳥羽天皇皇子善俊上人墓考(著作ID:2664735)
新日本古典籍データベース
ごとばてんのうおうじぜんしゅんしょうにんぼこう 陵墓  ...
38. 後鳥羽天皇元服指図(著作ID:1055216)
新日本古典籍データベース
ごとばてんのうげんぶくさしず 記録 文治六 ...
39. 後鳥羽天皇島よりの御文(著作ID:1082822)
新日本古典籍データベース
ごとばてんのうしまよりのおんふみ 島よりの御文 後鳥羽天皇(ごとばてんのう) 書簡  ...
40. 伝後鳥羽天皇御消息幅(著作ID:4399704)
新日本古典籍データベース
でんごとばてんのうごしょうそくふく  ...
41. 隠岐記(著作ID:119244)
新日本古典籍データベース
おきのき 後鳥羽天皇四百年御忌御廟参詣記 水無瀬氏成(みなせうじなり) 紀行 寛永一五 ...
42. 後鳥羽院御口伝(著作ID:193099)
新日本古典籍データベース
ごとばいんおんくでん 遠島御書 遠島御抄 後鳥羽天皇遠島文 後鳥羽院御消息 後鳥羽院御抄 後鳥羽天皇(ごとばてんのう) 歌学 承久三以後 ...
43. 後鳥羽天皇使信實畫肖像 (見出し語:後鳥羽天皇)
古事類苑
帝王部 洋巻 第1巻 762ページ ...
44. 後鳥羽天皇即位 (見出し語:後鳥羽天皇)
古事類苑
帝王部 洋巻 第1巻 445ページ ...
45. 後鳥羽天皇善蹴鞠 (見出し語:後鳥羽天皇)
古事類苑
遊戲部 洋巻 第1巻 1114ページ ...
46. 後鳥羽天皇國忌 (見出し語:後鳥羽天皇)
古事類苑
禮式部 洋巻 第2巻 1282ページ ...
47. 後鳥羽天皇山陵 (見出し語:後鳥羽天皇)
古事類苑
帝王部 洋巻 第1巻 998ページ ...
48. 後鳥羽天皇御諱 (見出し語:後鳥羽天皇)
古事類苑
姓名部 洋巻 第1巻 601ページ ...
49. 後鳥羽天皇諡 (見出し語:後鳥羽天皇)
古事類苑
帝王部 洋巻 第1巻 923ページ ...
50. 後鳥羽天皇諡 (見出し語:後鳥羽天皇)
古事類苑
帝王部 洋巻 第1巻 946ページ ...
「鳥羽天皇」の情報だけではなく、「鳥羽天皇」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

鳥羽天皇と同じ天皇カテゴリの記事
舎人親王(日本大百科全書(ニッポニカ))
天武天皇の第三皇子。母は天智天皇の娘新田部皇女。知太政官事穂積親王の亡きあとは皇親の長老として重んぜられ、新田部親王とともに皇太子首親王(聖武天皇)を輔翼する責務を負った
天皇(改訂新版・世界大百科事典)
日本国憲法に定める日本国および日本国民統合の象徴。天皇の歴史前近代の天皇オオキミとスメラミコト〈天皇〉は〈オオキミ〉とも〈スメラミコト〉とも呼ばれた。しかしこの二つの日本語は決して同義ではなく,むしろ両者の質の違い,それぞれの用いられる次元の相違に注目することが
皇位継承(改訂新版・世界大百科事典)
7世紀末までの皇位継承を《古事記》《日本書紀》によってみると,16代の仁徳天皇まではほとんどが父子間の直系相続であり,仁徳以後持統までは,父子間相続6,母子間1,兄弟間10,姉弟間2,叔父・甥間1,夫婦間2,三親等以上をへだてた相続3の計25例で
摂政(国史大辞典)
天皇に代わって万機を摂り行う者、または摂り行うことをいう。関白に類する職として関白とともに摂関といい、関白と同じく、摂ろく・執柄・博陸などの唐名があり、その地位に因んで一の人・一の所などと称され、殿下ともいわれた
関白(国史大辞典)
万機に関与する重職で摂政に類似する。したがって摂政と合わせて摂関・摂ろく・一の人・一の所などと称し、執柄・博陸・殿下などの唐名がある。関白の語は『漢書』霍公伝に、宣帝が諸事まず霍光に関白してから奏上せしめたとみえているが
天皇と同じカテゴリの記事をもっと見る


「鳥羽天皇」は天皇に関連のある記事です。
その他の天皇に関連する記事
後朱雀天皇(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
一〇〇九-四五 一〇三六―四五在位。寛弘六年(一〇〇九)十一月二十五日、一条天皇の第三皇子として誕生。母は藤原道長の女彰子。諱は敦良。同七年正月十六日、親王宣下。寛仁元年(一〇一七)八月九日、敦明親王の皇太子辞意により、後一条天皇の皇太子
後冷泉天皇(国史大辞典・日本大百科全書・日本人名大辞典)
一〇二五-六八 一〇四五―六八在位。万寿二年(一〇二五)八月三日、東宮敦良親王(後朱雀天皇)の第一王子として誕生。母は藤原道長の女嬉子。諱は親仁。長元九年(一〇三六)十二月二十二日、親王宣下。長暦元年(一〇三七)七月二日、十三歳で元服
後三条天皇(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
一〇三四-七三 一〇六八―七二在位。諱は尊仁(たかひと)。長元七年(一〇三四)七月十八日、東宮敦良親王(後朱雀天皇)の第二王子として誕生。母は三条天皇の皇女禎子内親王(陽明門院)。同九年父親王の践祚後間もなく親王宣下をうけ
白河天皇(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
一〇五三-一一二九 一〇七二―八六在位。諱は貞仁。天喜元年(一〇五三)六月十九日、皇太子尊仁親王(後三条天皇)の第一王子として誕生。母は権中納言藤原公成の女、贈皇太后茂子である。茂子の養父で、関白藤原頼通の異母弟である春宮大夫能信の庇護のもとに成長し
堀河天皇(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
一〇七九-一一〇七 一〇八六―一一〇七在位。白河天皇の第二皇子。母は関白藤原師実の養女、皇后賢子(実父は右大臣源顕房)。承暦三年(一〇七九)七月九日誕生。同年十一月親王宣下あり、善仁と命名。応徳三年(一〇八六)十一月二十六日立太子
天皇に関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る