1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 歴史
  6. >
  7. 歴史上の人物
  8. >
  9. 日本史上の人物
  10. >
  11. 最澄
新版 日本架空伝承人名事典

ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
新版 日本架空伝承人名事典
最澄
さいちょう
767‐822(神護景雲1‐弘仁13)
 伝教大師。平安初期の僧侶。天台宗の開祖。三津首百枝の子という。幼名は広野。俗姓は三津氏で、帰化人の子といわれる。近江国滋賀郡古市郷(現、滋賀県大津市)の生れ。七七八年(宝亀九)一二歳で近江国分寺の大国師行表の弟子となり、七八〇年に得度して最澄と名乗った。その後、奈良に出て各種の教義を修めたが、奈良仏教界に失望。七八五年(延暦四)故郷に近い比叡山に隠遁して草堂を建立、これが延暦寺の開基となったという。そして、一七年にわたる修行生活に入った。七九七年に内供奉ないぐぶに任じられ、八〇四年に遣唐留学生として大陸に渡った。同行者には橘逸勢や空海の名もあった。唐では天台山に赴き、円・密・禅・戒の四宗を学んで、翌年帰国した。八〇六年(大同一)天台宗を開くことが勅許された。その後、真言の教義を深めようと空海とも親交を結んだが、弟子泰範の去就問題などから疎遠となる。八一四年(弘仁五)から九州・関東へ赴いて布教活動に専念、比叡山にいっさいの衆生を救済しようと「大乗戒壇」を建立しようとしたがならず、八二二年六月四日に没した。死後七日目に「大乗戒壇」の設立が許され、八六六年(貞観八)に伝教大師の諡号を贈られた。
空海
[田辺 貞夫]
ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
タブレットやスマホからも利用できます。
最澄の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 1417
検索コンテンツ
1. 最澄画像
日本大百科全書
この遣唐使節団には空海も同行していたが、福州に着くと互いに交渉のないまま別れ、最澄一行は9月1日明州に着いた。9月26日台州に至った最澄は、天台山修禅寺(しゅぜ ...
2. 最澄
世界大百科事典
ところが,813年最澄が弟子を空海のもとに遣わし,真言に関する書籍を借りようとしたところ,空海は,最澄と自分との間に教学的な立場上こえることのできない溝のあるこ ...
3. さいちょう【最澄】
日本国語大辞典
平安初期の僧。日本天台宗の開祖。近江(滋賀県)の人。空海とともに延暦二三年(八〇四)入唐し、道邃、行満について天台の奥旨を学び、また ...
4. さいちょう【最澄】画像
国史大辞典
権教と判じたのに対して、最澄は弘仁八年二月、『照権実鏡』を著わし、天台宗義に立脚してこれを反駁した。以後、両者応酬を重ねて弘仁十二年に及んだ。『守護国界章』など ...
5. さいちょう【最澄】
日本人名大辞典
767−822 平安時代前期の僧。神護景雲(じんごけいうん)元年8月18日生まれ。近江(おうみ)(滋賀県)の国分寺で行表(ぎょうひょう)に師事。19歳のときから ...
6. さいちょう【最澄】
日本架空伝承人名事典
滋賀県大津市)の生れ。七七八年(宝亀九)一二歳で近江国分寺の大国師行表の弟子となり、七八〇年に得度して最澄と名乗った。その後、奈良に出て各種の教義を修めたが、奈 ...
7. 最澄[文献目録]
日本人物文献目録
辻善之助『最澄』古代史部会(編)『最澄・円仁の請来した美術』佐和隆研『最澄及び空海』田口卯吉『最澄研究史』鶴岡静夫『最澄と空海』服部北蓮『最澄と空海 最澄の立場 ...
8. 最澄
日本史年表
対馬に帰着(後紀)。 805年〈延暦24 乙酉〉 8・9 最澄 を殿上に招き、悔過読経を行う.最澄、唐の仏像を献上(後紀)。 805年〈延暦24 乙酉〉 9・1 ...
9. 【最澄】さいちょう
新選漢和辞典Web版
人名。平安時代の僧。唐に渡って天台山でまなび、日本に天台宗をひろめた人。伝教大師(でんぎょうだいし)。  ...
10. 最澄入唐受天台 (見出し語:最澄)
古事類苑
宗教部 洋巻 第2巻 471ページ ...
11. 最澄入唐將來物 (見出し語:最澄)
古事類苑
宗教部 洋巻 第2巻 508ページ ...
12. 最澄創延曆寺 (見出し語:最澄)
古事類苑
宗教部 洋巻 第4巻 549ページ ...
13. 最澄創願興寺 (見出し語:最澄)
古事類苑
宗教部 洋巻 第4巻 682ページ ...
14. 最澄始行傳法灌頂 (見出し語:最澄)
古事類苑
宗教部 洋巻 第2巻 377ページ ...
15. 最澄學禪 (見出し語:最澄)
古事類苑
宗教部 洋巻 第1巻 734ページ ...
16. 最澄建戒壇於延曆寺 (見出し語:最澄)
古事類苑
宗教部 洋巻 第2巻 647ページ ...
17. 最澄弘天台宗 (見出し語:最澄)
古事類苑
宗教部 洋巻 第1巻 537ページ ...
18. 最澄諡號 (見出し語:最澄)
古事類苑
宗教部 洋巻 第2巻 806ページ ...
19. 爲〓六月會 (見出し語:最澄)
古事類苑
宗教部 洋巻 第2巻 214ページ ...
20. さいちょう‐き【最澄忌】
日本国語大辞典
〔名〕天台宗の開祖最澄の忌日。陰暦六月四日。比叡山延暦寺では六月四日に忌日会が行なわれる。伝教会。《季・夏》 ...
21. 最澄自署[図版]画像
国史大辞典
 (c)Yoshikawa kobunkan Inc.  ...
22. 最澄求法書(著作ID:2714821)
新日本古典籍データベース
さいちょうぐほうしょ 天台  ...
23. 最澄梵鐘鋳造上表写(著作ID:1078462)
新日本古典籍データベース
さいちょうぼんしょうちゅうぞうじょうひょううつし 記録  ...
24. 最澄入唐將來物 (見出し語:將來物)
古事類苑
宗教部 洋巻 第2巻 508ページ ...
25. 最澄於高雄寺傳法灌頂 (見出し語:高雄寺)
古事類苑
宗教部 洋巻 第2巻 377ページ ...
26. 伝教大師将来目録(著作ID:46173)
新日本古典籍データベース
でんぎょうだいししょうらいもくろく 伝教大師御請来目録 伝教大師真筆将来録 将来目録 日本求法最澄目録 最澄(さいちょう) 天台 延暦二四奥書 ...
27. あいだむら【相田村】福岡県:飯塚市
日本歴史地名大系
る。「地理全誌」によると土産は石炭などで石炭礦場が七ヵ所ある。浄土宗宝幢寺は開山を昌泉という。最澄作と伝える秘仏の木造薬師如来立像がある(続風土記拾遺)。薬師如 ...
28. あいらじ【相良寺】熊本県:鹿本郡/菊鹿町/相良村
日本歴史地名大系
本尊は丈六坐身の千手観音。通称は相良観音。「相良観音由来記」は弘仁五年(八一四)最澄の開基と伝え、「国誌」には最澄以外に鎌倉初期の俊〓の開基説も載せる ...
29. あおはかむら【青墓村】岐阜県:大垣市/旧多藝郡・不破郡地区
日本歴史地名大系
この神社をさすと思われる(「大垣市史」青墓篇)。白髭神社は円興寺の縁起によれば、桓武天皇の時代に最澄が当地に巡錫した時、仏堂を建立したという。天台宗円願寺は嘉禄 ...
30. あかおむら【赤尾村】滋賀県:伊香郡/木之本町
日本歴史地名大系
係があると伝え、「延喜式」神名帳の伊香郡「阿加穂神社」に比定される。境内には天応元年(七八一)最澄草創と伝える養泉寺(現阿弥陀堂)がある。文治年中(一一八五―九 ...
31. あがのむら【上野村】福岡県:田川郡/赤池町
日本歴史地名大系
彦山修験六峰の行場には最澄が帰朝の折に神恩報謝の塔を、空海は鐘楼を立て、それぞれ大塔石・鐘山谷とよんだと伝える。宝暦四年(一七五四)の福智山権現祠記(福泉坊文書 ...
32. あきづき・あきづきのしよう【秋月・秋月庄】福岡県:甘木市
日本歴史地名大系
れて以降も、検田使が庄内に入ることはなく、正暦三年秋以降の入部も停止されている。この筥崎塔院は最澄が全国に六基の宝塔を建立しようとした折、宇佐宮弥勒寺分のみが建 ...
33. あさくさよしのちよう【浅草吉野町】東京都:台東区/旧浅草区地区地図
日本歴史地名大系
建され、寛永元年に当地に移された。境内は古跡年貢地。北隣の瑞泉寺の起立年代等は不明。地蔵堂には最澄作と伝える三面地蔵尊が祀られていた。境内は年貢地。その北の源寿 ...
34. あさくらまち【朝倉町】福岡県:朝倉郡
日本歴史地名大系
いたことや、墨書土器(大寺・寺家と記す)が出土したことなどから、古代の寺院跡と考えられている。最澄は唐への船旅の平安を祈って薬師仏七体を甘木地方で造り、一体を長 ...
35. あしおむら【足尾村】栃木県:上都賀郡/足尾町
日本歴史地名大系
木植付反別二反余。天台宗の宝増寺がある。本尊阿弥陀如来で、もと日光輪王寺末。延暦七年(七八八)最澄の創建と伝え、木彫の波之利大黒天を所蔵。日蓮宗の本妙寺は金峰山 ...
36. 雨引観音
日本大百科全書
『法華経(ほけきょう)』を書写奉納したといい、現在でも皇后に安産の御守りを奉呈している。また、最澄(さいちょう)と論争を行った法相(ほっそう)宗の徳一(とくいつ ...
37. あもうずむら【甘水村】福岡県:甘木市
日本歴史地名大系
、同寺は弘仁年中(八一〇―八二四)に最澄が建立したとの伝承がある(続風土記附録)。この地蔵堂の前に甘水とよぶ井泉(村名の由来とされる)があり、この井泉で最澄が手 ...
38. あらかわむら【荒川村】長崎県:南松浦郡/若松町
日本歴史地名大系
地内に荒川・郷ノ首・高仏があり、高仏は国高仏という地名とともに、遣唐使の最澄に由来するという。東の山王山は延暦二三年(八〇四)第一六次遣唐使船で渡海する最澄が海 ...
39. あらみのしょう【荒見庄】和歌山県:那賀郡/粉河町/安良見村
日本歴史地名大系
粉河寺は山門末寺で、広義の山門領に入る。ただし頼聖具書案は荒見庄・水原庄と並んで金剛峯寺に先立って最澄開創という滝門山高野寺(跡地は現打田町)をあげており、この ...
40. あれ【阿礼】長崎県:下県郡/厳原町/阿連村
日本歴史地名大系
出航して渡海、翌年五月に唐を離れ、第一船は六月五日「下県郡阿礼村」に帰着している。船に留学僧の最澄が乗っていたことから、当地を伝教大師の到着地と伝える。中世は郡 ...
41. あんえ【安〓
国史大辞典
)氏。七歳で下野国小野寺の広智に師事し、十三歳のとき師に伴われて叡山に登り最澄に従って天台止観と真言密教を学び、最澄の滅後は円仁に従って密教経典を習った。天長四 ...
42. あんえ【安慧】
日本人名大辞典
下野(しもつけ)(栃木県)大慈寺(小野寺)の広智(こうち)に師事,13歳で比叡(ひえい)山にのぼり,最澄と円仁(えんにん)にまなぶ。承和(じょうわ)11年出羽講 ...
43. あんしょうじ【安性寺】愛知県:名古屋市/西区/稲生村
日本歴史地名大系
この寺は古くは天台宗で稲生庵という尼寺であったが、慶安四年(一六五一)徳川光友作の秋葉三尺坊の木像を勧請し、最澄の作という十一面観世音を本尊として曹洞宗に改め、 ...
44. あんじょうむら【安城村】愛知県:安城市
日本歴史地名大系
坊・法寿坊の六坊を有した甲山寺があったことによる。甲山寺は天台宗で、大同三年(八〇八)伝教大師最澄の創建と伝える。寛永八年(一六三一)まで代官鈴木了弥支配の幕府 ...
45. あんね【安慧】
日本国語大辞典
唯識三十頌の注釈が有名。(五一〇~五七〇頃)〔二〕平安時代の天台宗の僧。河内国(大阪府)の人。最澄、円仁に師事し、後に天台座主となる。延暦一三?~貞観一〇年(七 ...
46. 安然
日本大百科全書
平安中期の天台僧。最澄(さいちょう)の苗裔(びょうえい)。生地は出羽(でわ)(山形・秋田県)とも相模(さがみ)(神奈川県)ともいわれるが近江(おうみ)(滋賀県) ...
47. 安然
世界大百科事典
平安前期の天台宗の僧。天台密教(台密)の大成者。五大院先徳,後世阿覚大師と尊称される。近江国の人。最澄の俗系とも伝える。幼時に叡山にのぼり,円仁の弟子となって顕 ...
48. あんねん【安然】画像
国史大辞典
生没年不詳 平安時代前期の天台宗の学匠。五大院あるいは阿覚大師と称せられる。最澄の同族で出生は承和八年(八四一)との説がある。年少にして叡山に登り円仁の弟子と ...
49. あんねん【安然】
日本人名大辞典
841−? 平安時代前期-中期の僧。承和(じょうわ)8年生まれ。天台宗。近江(おうみ)(滋賀県)の人。最澄の同族。比叡(ひえい)山の円仁(えんにん)に師事,のち ...
50. あんぱちごう【安八郷】岐阜県:美濃国/安八郡
日本歴史地名大系
年(八一七)最澄東国巡錫の際に安八大夫安次が帰依し、一宇を建立したことに始まるという。このとき最澄は日吉神社も勧請したという。また下宮にある勧学院は安八大夫の娘 ...
「最澄」の情報だけではなく、「最澄」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

最澄と同じ日本史上の人物カテゴリの記事
真田幸村(真田信繁)(日本大百科全書(ニッポニカ))
安土桃山時代の武将。本名信繁。昌幸の次男。1586年(天正14)豊臣秀吉の臣となり、94年(文禄3)豊臣信繁の名で従五位下左衛門佐に叙任した。妻は秀吉の奉行大谷吉継の女。のち父昌幸、兄信之とともに徳川家康に臣従したが、関ヶ原の戦いには
徳川家康(日本大百科全書(ニッポニカ))
江戸幕府初代将軍(在職1603~1605)。三河(愛知県東部)の小大名の家に生まれ、幼年時代は隣国駿河(静岡県)の大名今川氏の人質となって苦労したが、桶狭間の戦いののち今川氏から独立し、織田信長と同盟して駿河・遠江(とおとうみ)(静岡県)・三河3か国に所領を拡大した
坂本竜馬(坂本龍馬)(国史大辞典)
幕末期の討幕運動指導者、海援隊長。竜馬は通称。直陰のちに直柔と名乗り、脱藩後は才谷梅太郎などの変名を使う。天保六年(一八三五)十一月十五日(十月十五日説・十一月十日説あり)、土佐藩の町人郷士坂本八平直足・幸の次男として、高知城下本町(高知市本丁筋一丁目)に生まれる
織田信長(日本大百科全書(ニッポニカ))
戦国・安土桃山時代の武将。戦国動乱を終結し全国統一の前提をつくった。[脇田 修]家系織田氏は近江津田氏と関係があると伝えられているが、室町期斯波氏に仕え、越前(福井県)織田荘を根拠とし織田劔神社を氏神と崇敬した。斯波氏が尾張(おわり)守護の関係で尾張守護代として尾張(愛知県)に入る
上杉景勝(日本大百科全書(ニッポニカ))
安土桃山時代・江戸初期の大名。上杉謙信の養子。初名は卯松、喜平次、顕景。実父は越後坂戸城(新潟県南魚沼市)の城主長尾政景で、母は謙信の姉。父の死後謙信に養われ、1575年(天正3)春日山城の中城で上杉弾正少弼景勝となる。78年謙信の死後、もう1人の養子上杉三郎景虎
日本史上の人物と同じカテゴリの記事をもっと見る


「最澄」は日本の歴史に関連のある記事です。
その他の日本の歴史に関連する記事
空海(新版 日本架空伝承人名事典)
774‐835(宝亀5‐承和2)弘法大師、俗に「お大師さん」と略称する。平安時代初期の僧で日本真言密教の大成者。真言宗の開祖。讃岐国(香川県)多度郡弘田郷に生まれた。生誕の月日は不明であるが、後に不空三蔵(七〇五‐七七四)の生れかわりとする信仰から
最澄(新版 日本架空伝承人名事典)
767‐822(神護景雲1‐弘仁13)伝教大師。平安初期の僧侶。天台宗の開祖。三津首百枝の子という。幼名は広野。俗姓は三津氏で、帰化人の子といわれる。近江国滋賀郡古市郷(現、滋賀県大津市)の生れ。七七八年(宝亀九)一二歳で近江国分寺の大国師行表の弟子となり
坂上田村麻呂(新版 日本架空伝承人名事典)
758‐811(天平宝字2‐弘仁2)平安初頭の武将。犬養の孫。苅田麻呂の子。坂上氏は応神朝に渡来したという阿知使主(あちのおみ)を祖先とし大和国高市郡に蟠踞(ばんきょ)した倭(東)漢(やまとのあや)氏の一族で、武術に秀でていた。田村麻呂も
道鏡(新版 日本架空伝承人名事典)
?‐772(宝亀3)奈良後期の政治家、僧侶。俗姓弓削連。河内国若江郡(現、八尾市)の人。出自に天智天皇皇子志貴(施基)皇子の王子説と物部守屋子孫説の二説がある。前者は『七大寺年表』『本朝皇胤紹運録』等時代の下る書に見える。後者は『続日本紀』
鑑真(新版 日本架空伝承人名事典)
688‐763 中国、唐代の高僧。唐の揚州江陽県の生まれで、揚州の大雲寺で出家し、二〇歳で長安や洛陽の高僧から戒律関係の教理や、律宗・天台宗の教義を学んだ。とりわけ僧尼が遵守すべき戒律を研究し、南山律宗の継承者として日夜活動、「江淮(こうわい)化主」と尊敬され
日本の歴史に関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る