ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 自然
  6. >
  7. >
  8. 日本の山
  9. >
  10. 朝日山地
改訂新版 世界大百科事典

世界大百科事典
朝日山地
あさひさんち

山形県の西部,新潟県との県境にまたがる山地で,朝日連峰とも呼ばれる。朝日岳(1871m)のほか以東岳(1772m),寒江(かんこう)山(1695m),小朝日岳,平岩山,鳥原山,祝瓶(いわいがめ)山などの標高1400~1600mの山峰がほぼ南北方向の主脈と,それと斜交する支脈をつくりながら,全体として南北約30km,東西約20kmの朝日山地を構成している。この山地は,福島県北部から新潟県北部を含んで山形県のほぼ中央部まで広がる広大な磐梯朝日国立公園の主要地域の一つであり,その雄大な山容と深い渓谷などから,南隣する飯豊(いいで)山地(飯豊山)とともに東北アルプスの異名をもつ。慶長年間(1596-1615)山地内に米沢と庄内を結ぶ軍道が作られたと伝えられるが,登山で知られるようになったのは大正期以降で,1950年国立公園に指定されてから急速に開かれた。地質は古期の花コウ岩類からなり,地形学的には第三紀中新世またはそれ以前に形成された準平原がおそらく第四紀の初めごろ急激に隆起し,谷に深く刻まれた結果,現在みるような壮年山地になったものと考えられている。朝日岳を含む主稜線付近には,北西~南東方向に平行に走る4本の断層破砕帯が追跡され,これらによって山地はいくつかの短冊形小地塊に分かれる。そのうち,標高1200~1600mの高位小起伏面群をもつ朝日山地主部は,前記の準平原の遺物を残し,それより一段と高く突出する朝日岳は残丘と考えられる。また,標高600mほどのところに新鮮な河床礫(かしようれき)をのせるエック床(合流河間山稜面。河岸段丘の一種)があり,山地の隆起運動がごく最近まで続いていることを示す。主稜線が日本海をわたる冬の季節風と直角に走るため積雪が多く,雪渓,雪田が夏まで豊富に残る。大鳥川,寒河江(さがえ)川など水量の多い川が発源し,山形県の重要な水源をなしている。稜線付近には二重山稜,雪窪などの雪食地形や,各種の構造土などの周氷河地形がみられるほか,高山植物群落や山腹斜面のブナの原生林など貴重な自然景観がくりひろげられる。
[中村 嘉男]

[索引語]
朝日連峰 エック床
ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。
朝日山地の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 65
検索コンテンツ
1. 朝日山地
日本大百科全書
山形県と新潟県の県境一帯を占める越後(えちご)山脈の北端に位置する花崗(かこう)岩類からなる隆起山地。朝日連峰ともよばれる。主峰大朝日岳(1871メートル)から ...
2. 朝日山地
世界大百科事典
北方向の主脈と,それと斜交する支脈をつくりながら,全体として南北約30km,東西約20kmの朝日山地を構成している。この山地は,福島県北部から新潟県北部を含んで ...
3. あさひ‐さんち【朝日山地】
日本国語大辞典
山形・新潟県境にある山地。花崗(かこう)岩から成り、主峰は朝日岳。西朝日岳、以東岳などが連なる。磐梯朝日国立公園の一部。 ...
4. あおやぎむら【青柳村】山形県:西村山郡/大江町
日本歴史地名大系
[現]大江町柳川 月布川上流、周辺山地から流下する小河流が合わさる小河谷平地にある。東は沢口村。村域は広く、朝日山地から北東に延びる河谷に、七夕畑・長畑・徳沢・ ...
5. 赤川
日本大百科全書
延長約70.4キロメートル、流域面積856.7平方キロメートル。朝日山地北部の大鳥池に源を発し、豪雪地帯で知られる月山(がっさん)、朝日山地を集水域とする梵字( ...
6. あかがわ【赤川】山形県:東田川郡
日本歴史地名大系
でをさすが、一般には大鳥川と梵字川が合流する同村落合から河口までを赤川と称している。大鳥川は朝日山地の以東岳から流れ落ちる水をたたえる大鳥池から、朝日村落合に流 ...
7. 朝日(町)(山形県)画像
日本大百科全書
(みやじゅく)町と西五百川(にしいもがわ)、大谷(おおや)の2村が合併して成立。南西部一帯を朝日山地、東部を白鷹(しらたか)丘陵に囲まれ、その間を最上川(もがみ ...
8. 朝日(山形県)
日本大百科全書
藤島、羽黒(はぐろ)、櫛引(くしびき)、温海(あつみ)の4町とともに鶴岡市に合併した。南部は朝日山地、東部は月山(がっさん)の両山岳地帯に属し、赤川の上流一帯を ...
9. あさひがわ【朝日川】山形県:西村山郡/朝日町
日本歴史地名大系
最上川の支流で、長さ二一・九キロ、流域面積一一七平方キロ。朝日山地の大朝日岳東斜面を源流とし、朝日町中央部を東流して同町松程で最上川に合流する。朝日鉱泉までの上 ...
10. 朝日岳
世界大百科事典
山形・新潟県境に広がる朝日山地の主峰で,標高1871m。大朝日岳とも呼ばれる。地質は古期花コウ岩類からなり,地形学的には第三紀中新世またはそれ以前に形成された準 ...
11. あさひ‐だけ【朝日岳】
日本国語大辞典
山形・新潟県境の朝日山地の主峰。標高一八七〇メートル。大朝日岳。剣頭山。雨告(あまつげ)山。〓[ヒ] ...
12. 荒川(川,山形・新潟)
世界大百科事典
新潟県北西部の川。山形県南西部の朝日山地大朝日岳に発し,小国盆地を経て新潟県境付近で飯豊山地からの玉川を合わせて西流し,県境で荒川峡谷をつくり,関川盆地で大石川 ...
13. あら‐かわ[‥かは]【荒川】
日本国語大辞典
「此川水上を荒川という。遠く信濃国より流れ来れり」〔二〕山形県西部から新潟県北部を流れる川。朝日山地に源を発し、小国盆地を貫流して峡谷美をつくり、日本海に注ぐ。 ...
14. あらかわ【荒川】新潟県:岩船郡
日本歴史地名大系
朝日山地の大朝日岳(山形県西村山郡朝日町)西方に発して南流し、山形県西置賜郡小国町西方で横川・玉川を合せて向きを西に変え、岩船郡南方を流れて塩谷浜で日本海に注ぐ ...
15. いわ‐ふね[いは‥]【磐船・岩船】
日本国語大辞典
いはふねといふところに着きて」〔二〕新潟県北端の郡。村上市をはさんで荒川・三面(みおもて)川流域にあり、朝日山地によって山形県と接する。*二十巻本和名類聚抄〔9 ...
16. いわふねぐん【岩船郡】新潟県
日本歴史地名大系
新潟県の北端に位置し、北は山形県西田川郡温海町、南は北蒲原郡黒川村・中条町に接し、西は日本海、東は朝日山地で、その主稜が山形県との境である。また、岩船港(現村上 ...
17. うぜんのくに【羽前国】
国史大辞典
東は奥羽山脈を境として陸前国に接し、南東は吾妻連峰で、南は飯豊(いいで)山地で岩代国に隣し、南西は飯豊・朝日山地を隔てて越後国に接し、西は日本海に面している。内 ...
18. 越後山脈画像
日本大百科全書
よって、峻険(しゅんけん)な山容を呈している。北部は大朝日岳(1871メートル)を中心とする朝日山地と、葡萄山地(ぶどうさんち)(蒲萄山地(ぶどうさんち))が並 ...
19. 越後山脈
世界大百科事典
広義には山形,新潟,福島,群馬,長野の5県にまたがる脊梁山脈を指すが,狭義には阿賀野川以北の朝日山地,飯豊(いいで)山地(飯豊山)を分離し,西は新発田(しばた) ...
20. 越後平野
世界大百科事典
防が微高地をなし,堤間に泥炭を含む場合がある。阿賀野川より北部では県境の飯豊(いいで)山地,朝日山地から西流する加治川,胎内川,荒川,三面(みおもて)川などの中 ...
21. おうみむら【小見村】山形県:西村山郡/大江町
日本歴史地名大系
熊野神社脇から段丘を下り、月布川を渡って左沢町へ行く古道があり、また西方峰伝いに荻袋村へ出て朝日山地へ向かう古道がある。熊野神社から下ったところに寺清水と称する ...
22. おおいさわむら【大井沢村】山形県:西村山郡/西川町
日本歴史地名大系
大井沢七ヵ村と称し、最上流部の見付は枝郷である。南は根子村に続く。西は障子ヶ岳など標高一四〇〇メートル前後の朝日山地で田川郡に、東は大頭森山など九〇〇メートル前 ...
23. 大江(町)画像
日本大百科全書
てらざわ)町と漆川(うるしかわ)村が合併して成立。町名は中世の地頭大江氏にちなむ。西部一帯は朝日山地を源とする月布(つきぬの)川流域の山村で、最上(もがみ)川と ...
24. 大鳥池
日本大百科全書
山形県西部、朝日山地の北端以東岳(いとうだけ)の北西麓(ろく)、標高963メートルにある山形県最大の湖沼。面積0.37平方キロメートル、最大深度約65メートル。 ...
25. 小国[町]
世界大百科事典
にしおきたま)郡の町。人口8862(2010)。新潟県境に位置し,南西部は飯豊山地,北東部は朝日山地に囲まれ,荒川上流域を占める。町域の大部分は山林で,県下でも ...
26. おぐにまち【小国町】山形県:西置賜郡
日本歴史地名大系
大部分が山地であり、平地は四パーセント余にすぎない。北は大朝日岳(一八七〇・三メートル)を主峰とする朝日山地、南は二〇〇〇メートル級の山が連なる飯豊山地に画され ...
27. かみきたやまむら【上北山村】山形県:西村山郡/大江町
日本歴史地名大系
ゆるい起伏がありかつて馬場もあった。河岸段丘上に左沢から七軒地区を経て大井沢村(現西川町)や朝日山地に至る通路があり、追分石が各地にみられる。諏訪原はその通路の ...
28. きたどうCいせき【北堂C遺跡】山形県:長井市/勧進代村
日本歴史地名大系
[現]長井市勧進代 北堂 朝日山地の山麓台地が南東方向に張出す洪積台地上に営まれた遺跡で、山麓を東流して刻む田沢川・平沢川の形成する舌状の段丘上に位置している。 ...
29. くさおかむら【草岡村】山形県:長井市
日本歴史地名大系
る。同氏家臣で米沢城に配された直江兼続は、置賜地方と同じく上杉氏領であった庄内地方とを結んで朝日山地を縫う道、朝日軍道を開いたといい、「長井市史」によれば、同道 ...
30. 寒河江川
世界大百科事典
山形県中央部を流れる最上川の支流。朝日山地に源を発して北流し,月山沢付近で大越川,四ッ谷川を合流して東へ向きを変え,途中で間沢川,熊野川などを合わせて山形盆地に ...
31. さがえがわ【寒河江川】山形県:西村山郡
日本歴史地名大系
あろう。上流を根子川といい、大朝日岳北麓に発し、西川町大井沢を流れ、大井沢北端の二ッ掛まで、朝日山地の陽谷の清水を合せる。大井沢の根子から約一〇キロ北に流れ、月 ...
32. 白鷹(町)画像
日本大百科全書
、国道287号、348号が通じる。新町名は白鷹山にちなむ。町域の東部は白鷹山の丘陵地、西部は朝日山地の東縁をなす山地に囲まれ、中央部は最上(もがみ)川が北流して ...
33. しらたかまち【白鷹町】山形県:西置賜郡
日本歴史地名大系
村山郡山辺町、南西は長井市、東は南陽市に接する。町の中央部を最上川が蛇行しながら北流し、西は朝日山地に属する暖日山(九九〇・三メートル)から葉山へと連なる標高一 ...
34. ちょうじゃやしきいせき【長者屋敷遺跡】山形県:長井市/草岡村
日本歴史地名大系
[現]長井市草岡 長者原 長井盆地の西縁、朝日山地の山麓から東に張出した標高二七〇メートルの洪積台地上にあり、草岡の西根小学校の西約七〇〇メートルにあたる。後期 ...
35. つきぬのがわ【月布川】山形県:西村山郡/大江町
日本歴史地名大系
朝日山地の小朝日岳東斜面に源を発し、左沢で最上川に合流する流路二四・二キロの川で、流域はほとんど大江町域である。上流は勾配が急で、中流では曲流が著しい。下流には ...
36. 鶴岡[市]
世界大百科事典
位置し,南西部は新潟県村上市に接する。東は出羽三山の一つ湯殿山,西は摩耶山,南は以東岳などの朝日山地がそびえ,町面積の9割以上は山地である。北部を赤川の支流梵字 ...
37. でわかいどう【出羽街道】新潟県:岩船郡
日本歴史地名大系
村上から原海(現山北町)までは一一里七町四〇間で馬下と原海の間は牛馬の通行は不可能であった。朝日山地と蒲萄山塊の間の谷を通る本道は「山通り」、蒲萄山塊西側の日本 ...
38. 出羽三山
世界大百科事典
山形県のほぼ中央部,朝日山地の北端部に位置する月山(がつさん)(1984m),湯殿山(1500m),羽黒山(436m)の三山をあわせていう。月山と湯殿山は近接し ...
39. でわさんざん【出羽三山】山形県:総論
日本歴史地名大系
殿山の総称。地理的にみれば月山(一九七九・五メートル)は山形県のほぼ中央部に位置する火山で、朝日山地の北部、出羽丘陵の南限にあたり、東部の内陸部と西部の庄内地区 ...
40. 長井(市)画像
日本大百科全書
平野、伊佐沢(いさざわ)、豊田(とよた)の5村が合併して市制施行。長井盆地の中央を占め、西部は朝日山地、東部は出羽(でわ)山地南端の白鷹(しらたか)丘陵があり、 ...
41. 長井[市]
世界大百科事典
山形県南部の市。1954年市制。人口2万9473(2010)。長井盆地の中央を占め,西部は朝日山地,東部は出羽山地南端の白鷹丘陵に属し,中央部を最上川が北流する ...
42. 長井盆地
世界大百科事典
丘陵の狭い伊佐沢峡を通って長井盆地に流入し,置賜白川を合流して盆地東縁を北流する。盆地西縁は朝日山地の南東縁を画する大実淵山断層と葉山断層によって境され,これに ...
43. 新潟[県]画像
世界大百科事典
→越後国 →佐渡国狐塚 裕子 雁行状に配列する地形 県の東部は標高1000~2100mほどの朝日山地,越後山脈,三国山脈が山形県,福島県,群馬県との県境をなし, ...
44. にしおきたまぐん【西置賜郡】
国史大辞典
、現在は白鷹町・飯豊(いいで)町・小国町の三町だけとなっている(昭和六十三年四月一日現在)。朝日山地と飯豊山地に属し、山林の在来産業のほか、弱電・精密工業が行わ ...
45. 西川[町]
世界大百科事典
山形県中西部,西村山郡の町。人口6270(2010)。朝日山地東斜面に位置し,寒河江(さがえ)川上流域を占める。町域の大部分を山林,原野が占め,県下でも有数の豪 ...
46. にしかわまち【西川町】山形県:西村山郡
日本歴史地名大系
それから東は河岸段丘が形成され、集落が多くなる。町域は寒河江川上流から中流までを占める。西部は出羽山地から朝日山地までを含み、二〇〇〇メートル近い高度の山地であ ...
47. にしたがわぐん【西田川郡】山形県
日本歴史地名大系
南は新潟県と接し、東西四里一町・南北一二里一七町とされた(山形県西田川郡統計表)。月山・湯殿山や朝日山地、分水嶺となっている摩耶山系の山々から流れ出る川が日本海 ...
48. にしむらやまぐん【西村山郡】山形県
日本歴史地名大系
北は最上郡、東は北村山郡・東村山郡、南は西置賜郡、西は東田川郡と新潟県岩船郡に接した。西部は朝日山地に属し、南西に朝日岳、北西に月山など標高二〇〇〇メートルに近 ...
49. 磐梯朝日国立公園画像
日本大百科全書
飯豊山(2105メートル)を主峰とする飯豊山地と、その北に位置し大朝日岳(1871メートル)を主峰とする朝日山地は越後(えちご)山脈の一部をなし、ともに2000 ...
50. ひがしたがわぐん【東田川郡】山形県
日本歴史地名大系
南北一五里二四町とされる(山形県東田川郡統計表)。現在北西部は酒田市・鶴岡市に接する。東部に月山・湯殿山や朝日山地の山々が連なり、そこを源とする赤川・京田川・藤 ...
「朝日山地」の情報だけではなく、「朝日山地」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

朝日山地と同じ日本の山カテゴリの記事
富士山(日本大百科全書(ニッポニカ))
山梨・静岡両県にまたがる、玄武岩を主とする成層・円錐火山。かつての富士火山帯の主峰であるが、全国最高の標高(3776メートル)と美しい容姿のために、古来、日本の象徴として仰がれ、親しまれ、海外にもよく知られる活火山。その傾斜は山頂部で32~35度
槍ヶ岳(改訂新版・世界大百科事典)
飛驒山脈南部,長野県松本市,大町市,岐阜県高山市の境界に位置する山。標高3180mは日本第4位の高さである。山頂付近は槍の穂先のように鋭い尖峰を呈し大槍と呼ばれ,その北西斜面には小槍,孫槍,曾孫槍などの尖峰が付随する。山頂からは東鎌尾根,西鎌尾根,槍・穂高稜線,北鎌尾根の
御嶽山(日本大百科全書(ニッポニカ))
長野・岐阜県境にそびえる複式の成層火山。木曽御嶽ともいう。中央火口丘の剣ヶ峰(けんがみね)が最高峰で標高3067メートル。外輪山(摩利支天山、継母岳)、寄生火山(継子岳、三笠山)、噴火口跡(一ノ池~五ノ池)などが南北に連なり、これらを総称して御嶽山とよぶ。頂上周辺の一ノ池
おお‐やま[おほ‥] 【大山】(日本国語大辞典)
(1)大きな山。また、山の美称。*万葉集〔8C後〕一二・三一五三「み雪ふる越の大山(おほやま)行きすぎていづれの日にか我が里を見む〈作者未詳〉」
しら‐やま 【白山】(日本国語大辞典)
〔一〕石川・岐阜県境にある白山(はくさん)の古称。*古今和歌集〔905〜914〕羇旅・四一四「きえはつる時しなければこしぢなるしら山のなは雪にぞありける〈凡河内躬恒〉」
日本の山と同じカテゴリの記事をもっと見る


「朝日山地」は自然に関連のある記事です。
その他の自然に関連する記事
ソメイヨシノ(日本大百科全書・日本国語大辞典)
バラ科(APG分類:バラ科)の落葉高木。オオシマザクラとエドヒガンの雑種で、明治初年に東京・染井(現在の豊島(としま)区巣鴨(すがも)付近)の植木屋から売り出されたサクラである。初めはヨシノザクラとよんでいたが、奈良県吉野山のヤマザクラと混同されやすいので
鹿島槍ヶ岳(日本歴史地名大系)
後立山連峰のほぼ中央、立山町・宇奈月(うなづき)町・長野県大町市の境界にそびえ、角閃石岩や輝石安山岩からなる。標高二八八九・七メートル。南槍・北槍の両峰が並び立ち、両峰間の吊(つり)尾根も美しい双耳峰で、しかも多くの岩場を有する
五龍岳(日本歴史地名大系)
後立山連峰のほぼ中央部、宇奈月(うなづき)町と長野県大町市との境界にそびえ立つ雄峻な岩山。標高二八一四・一メートル。五竜とも記される。割菱状の岩壁が山体の東面を構成しているので割菱(わりびし)ノ頭(あたま)とよばれたが
白馬岳(日本歴史地名大系)
後立山連峰の北部にそびえる。標高二九三二・二メートル。山頂は朝日(あさひ)町と長野県白馬(はくば)村の境界をなすが、その山体は新潟県西頸城(にしくびき)郡にもまたがり、越中・越後・信濃の三国境の山という。信州側の古絵図に両替(りようがえ)岳とあるのは
天城山(日本歴史地名大系)
伊豆半島中央の東部を占める火山。万三郎(まんざぶろう)岳(一四〇五・六メートル)を主峰とする連山で、古くは狩野(かの)山と称したとされるが、天城山は狩野山を含む呼称で、狩野山は現天城湯(あまぎゆ)ヶ島(しま)町と中伊豆町の境の嵩田(たけだ)山(竹田山)付近
自然に関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る