1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 文化
  6. >
  7. 伝統芸能
  8. >
  9. 祭事
  10. >
  11. 大日堂舞楽
改訂新版 世界大百科事典・日本大百科全書

ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
世界大百科事典
大日堂舞楽
だいにちどうぶがく

民俗芸能。秋田県鹿角市八幡平字小豆沢(あずきざわ)の大日堂(大日孁貴(おおひるめむち)神社)で,1月2日に行われる祭事芸能。小豆沢,大里,谷内,長嶺の4集落の能衆によって舞われる。能衆は世襲で,それぞれの集落に所伝の舞がある。当日午前2時ごろ能衆は舞台元などと呼ばれるそれぞれの村の宿に集まり,水垢離(みずごり)潔斎のあと所伝の舞を舞い,暁前に行列を組んで大日堂に向かう。籾(もみ)押し,幡(はた)揚げなどの行事ののち,午前8時ごろから舞楽が堂内中央の舞台で執行される。《神子(みこ)舞》《神名手(かなで)舞》《権現舞》《駒舞》《鳥舞》《工匠(ぐしよう)舞》《烏遍(うへん)舞》《五大尊舞》《田楽(でんがく)舞》の9番で,日の丸の扇を染めぬいた麻織りの直垂(ひたたれ)の袖をひるがえして舞う。面形の《五大尊舞》や《烏遍舞》の太刀の舞に舞楽風の面影があり,延年,田楽,祝福芸などの中世芸能が集合してできたものらしい。大日堂祭堂(ざいどう)とも呼ぶが,祭堂は柴灯(さいとう)の転という説があり,本来は修正会(しゆしようえ)に行われたものであろう。ダンブリ長者伝説にちなみ,元正天皇期(715-724)に始まると伝える。国の重要無形民俗文化財。
[西角井 正大]

[索引語]
大日堂(秋田) 大日孁貴(おおひるめむち)神社


日本大百科全書(ニッポニカ)
大日堂舞楽
だいにちどうぶがく

秋田県鹿角(かづの)市八幡平字(はちまんたいあざ)小豆沢(あずきさわ)の大日堂で正月2日に行われる舞楽。祭堂(ざいどう)(在堂)ともよばれる。祭礼は小豆沢のほか大里(おおさと)、長嶺(ながみね)、谷内(たにない)の四つの集落によって担われるが、舞の演目は各村の分担が伝承で定められている。神子(みこ)舞(四か村)、加名手(かなて)舞(同)、権現(ごんげん)舞(小豆沢)、駒(こま)舞(大里)、烏遍(うへん)舞(長嶺)、鳥舞(大里)、工匠(こうしょう)舞(ばぢ堂舞とも。大里)、田楽(でんがく)舞(小豆沢)、五大尊(ごだいそん)舞(谷内)となっている。維新前には小豆沢の別当および一の庭、大里の籠屋(かごや)、谷内の大博士(おおばかせ)などとよばれる世襲の頭役は南部家から扶持(ふち)を支給されていた。中央の舞楽とはその曲目も異なり、地域的な信仰と結び付いた民俗的色合いの濃厚な独自の芸態を伝承している。1976年(昭和51)国の重要無形民俗文化財に指定された。
[高山 茂]
 また、2009年(平成21)ユネスコ(国連教育科学文化機関)の無形文化遺産に登録された。
[編集部]

ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
タブレットやスマホからも利用できます。
大日堂舞楽の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 15
検索コンテンツ
1. 大日堂舞楽画像
日本大百科全書
秋田県鹿角(かづの)市八幡平字(はちまんたいあざ)小豆沢(あずきさわ)の大日堂で正月2日に行われる舞楽。祭堂(ざいどう)(在堂)ともよばれる。祭礼は小豆沢のほか ...
2. 大日堂舞楽[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
正月2日に八幡平(はちまんたい)の大日堂で演じられる。写真は大里集落の「鳥舞」。3人の童子が鳥兜(とりかぶと)をつけ、囃子(はやし)にあわせて舞う。国指定重要無 ...
3. 大日堂舞楽
世界大百科事典
民俗芸能。秋田県鹿角市八幡平字小豆沢(あずきざわ)の大日堂(大日孁貴(おおひるめむち)神社)で,1月2日に行われる祭事芸能。小豆沢,大里,谷内,長嶺の4集落の能 ...
4. だいにちどう‐ぶがく【大日堂舞楽】
デジタル大辞泉
秋田県鹿角(かづの)市八幡平(はちまんたい)の大日霊貴(おおひるめむち)神社(大日堂)で、正月2日に行われる舞楽。養老2年(718)に始まるとされる。国の重要無 ...
5. 大日堂舞楽
デジタル大辞泉プラス
秋田県鹿角市に伝わる民俗芸能。八幡平の大日堂で1月2日に行われる舞楽で、1000年以上の歴史を持つ。1976年、国の重要無形民俗文化財に指定。2009年、ユネス ...
6. 秋田(県)画像
日本大百科全書
てきた。 秋田県の民俗的年中行事は、正月と盆を中心とするものがもっとも多い。鹿角市八幡平の大日堂舞楽は正月2日に四つの部落の能衆によって奉納される芸能で、岩手県 ...
7. 大日霊貴(おおひるめむち)神社
デジタル大辞泉プラス
秋田県鹿角市、八幡平にある神社。大日堂とも呼ばれる。創祀不明。大日堂舞楽は国の重要無形民俗文化財、かつユネスコの無形文化遺産。 2018年04月 ...
8. 鹿角(市)画像
日本大百科全書
特別史跡に大湯環状列石、国の重要無形民俗文化財に花輪祭の屋台行事(ユネスコ無形文化遺産に登録)、大日堂舞楽、毛馬内の盆踊などがある。面積707.52平方キロメー ...
9. 鹿角[市]
世界大百科事典
閉山した。八幡平は八幡平観光の秋田県側出入口で,湯瀬・八幡平温泉群も観光地としてにぎわう。大日堂舞楽は重要無形民俗文化財。また大湯環状列石がある。北条 寿 花輪 ...
10. かづのし【鹿角市】秋田県
日本歴史地名大系
、大湯・湯瀬・八幡平の温泉、国特別史跡の大湯環状列石(十和田大湯)、国重要無形民俗文化財の大日堂舞楽(八幡平宮麓)などがあり、観光資源に恵まれる。 ...
11. だいにちどう【大日堂】秋田県:鹿角市/小豆沢村
日本歴史地名大系
小豆沢村、鳥舞・駒舞・工匠舞を大里村、烏遍舞を長嶺村、五大尊舞を谷内村がそれぞれ負担する。この大日堂舞楽は国の重要無形民俗文化財。 ...
12. 田楽
世界大百科事典
も多い。前述の那智大社や春日の御祭をはじめ,岩手県平泉町毛越寺,秋田県鹿角市小豆沢大日堂(大日堂舞楽),東京都浅草神社,長野県阿南町新野(にいの)伊豆神社(雪祭 ...
13. でんがく【田楽】[歴史・史料・役]
能・狂言事典
も多い。前述の那智大社や春日の御祭をはじめ、岩手県平泉町毛越寺、秋田県鹿角市小豆沢大日堂(大日堂舞楽)、東京都浅草神社、長野県阿南町新野(にいの)伊豆神社(雪祭 ...
14. 民俗芸能
世界大百科事典
みる一方,地方の寺社へ伝播(でんぱ)して法会,祭礼に演じられるようになった。秋田県鹿角市の大日堂舞楽のほか,山形,新潟,富山,静岡各県に多く伝承されている。(5 ...
15. むけい‐ぶんかいさん【無形文化遺産】
デジタル大辞泉
早池峰神楽(平成21年) 秋保(あきう)の田植踊(平成21年) チャッキラコ(平成21年) 大日堂舞楽(平成21年) 題目立(だいもくたて)(平成21年) アイ ...
「大日堂舞楽」の情報だけではなく、「大日堂舞楽」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

大日堂舞楽と同じ祭事カテゴリの記事
田楽(国史大辞典・新版 能 狂言事典・改訂新版 世界大百科事典)
広義には稲作に関する芸能の総称として用いるが、狭義には田楽躍(おどり)を本芸とする職業芸能者が演じる芸能をいう。また田植の囃しや田楽躍に用いる太鼓を称する場合もある。広義の田楽は、(1)田植を囃す楽、(2)職業芸能者である田楽法師による芸能
民俗芸能(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
地域社会の中で、住民の信仰や風俗・習慣と結び付きながら伝承してきた郷土色ゆたかな芸能。郷土芸能・民間芸能などともいう。祭や宴遊・講などを主な伝承の場とし、特に農耕の祭に呪術的機能を買われて演じられ、また芸能をもって成人教育とするなど
大日堂舞楽(改訂新版 世界大百科事典・日本大百科全書)
民俗芸能。秋田県鹿角市八幡平字小豆沢(あずきざわ)の大日堂(大日孁貴(おおひるめむち)神社)で,1月2日に行われる祭事芸能。小豆沢,大里,谷内,長嶺の4集落の能衆によって舞われる。能衆は世襲で,それぞれの集落に所伝の舞がある
壬生の花田植/佐陀神能(イミダス)
「壬生(みぶ)の花田植(はなたうえ、はなだうえ)」は広島県北広島町に伝わる稲作儀礼で、一説に鎌倉時代の発祥とも言われる。華やかに飾り立てた牛に代掻(しろか)きをさせた田で、紺の単衣(ひとえ)に菅笠(すげがさ)姿の早乙女たちが太鼓や笛、鉦(かね)などに合わせて
祭事と同じカテゴリの記事をもっと見る


「大日堂舞楽」は文化に関連のある記事です。
その他の文化に関連する記事
コロー(日本大百科全書(ニッポニカ))
フランスの画家。7月17日パリに生まれる。商人の道を歩ませようという両親の意に反して絵画を志し、最初若い風景画家アシル・ミシャロンに学び、ついで新古典主義者ビクトール・ベルタンに学ぶ。ベルタンを通じてプーサンなどにも学ぶが、ベルタンは同時に
アングル(日本大百科全書(ニッポニカ))
フランスの画家。8月29日モントーバンに生まれる。トゥールーズの王立アカデミーに学んだあと1797年パリに出てダビッドの門に入る。1801年『アガメムノンの使者』でローマ賞を得たが、当時の政治的・経済的状況のためローマへの出発は5年後となった
からくり(日本国語大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
〔名〕(動詞「からくる(絡繰)」の連用形の名詞化)(1)糸などであやつって動かすこと。あやつり。また、糸などの仕掛けで動くもの。あやつりじかけ。*虎寛本狂言・瓜盗人〔室町末~近世初〕「此綱を引けば杖が上る。又ゆるむれば打つ
壬生の花田植/佐陀神能(イミダス)
「壬生(みぶ)の花田植(はなたうえ、はなだうえ)」は広島県北広島町に伝わる稲作儀礼で、一説に鎌倉時代の発祥とも言われる。華やかに飾り立てた牛に代掻(しろか)きをさせた田で、紺の単衣(ひとえ)に菅笠(すげがさ)姿の早乙女たちが太鼓や笛、鉦(かね)などに合わせて
大日堂舞楽(改訂新版 世界大百科事典・日本大百科全書)
民俗芸能。秋田県鹿角市八幡平字小豆沢(あずきざわ)の大日堂(大日孁貴(おおひるめむち)神社)で,1月2日に行われる祭事芸能。小豆沢,大里,谷内,長嶺の4集落の能衆によって舞われる。能衆は世襲で,それぞれの集落に所伝の舞がある
文化に関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る