1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 文化
  6. >
  7. >
  8. 絵画
  9. >
  10. アングル
日本大百科全書(ニッポニカ)

ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
日本大百科全書(ニッポニカ)
アングル
あんぐる
Jean Auguste Dominique Ingres 
[1780―1867]
  • アングル(Jean Auguste Dominique Ingres)

フランスの画家。8月29日モントーバンに生まれる。トゥールーズの王立アカデミーに学んだあと1797年パリに出てダビッドの門に入る。1801年『アガメムノンの使者』でローマ賞を得たが、当時の政治的・経済的状況のためローマへの出発は5年後となった。フィレンツェを経由し、ローマのビラ・メディチに滞在したローマ時代(1806~1820)に、バチカンの「ラファエッロの間」やシスティナ礼拝堂に深い感銘を受けるとともに、古代貨幣や古代彫刻にも興味をもち、多くの優れた肖像画のほか、後の何点もの浴女の作品の発端となった『バルパンソンの浴女』(1808・ルーブル美術館)が描かれた。1810年、給費滞在の期間終了後もローマにとどまり、注文肖像画によって生計をたてながら、彼のロマン派的な詩想を象徴する『オシアンの夢』(1813・モントーバン美術館)のほか、1814年には『スノンヌ夫人』(ナント美術館)、『グランド・オダリスク』(ルーブル)などを描いた。1820~1824年のフィレンツェ滞在中、フランス政府の注文によって『ルイ13世の誓い』(モントーバン大聖堂)を描き、この大作を携えて1824年パリに戻り、ドラクロワの『キオス島の虐殺』の出品された同じサロンに展示、ダビッド亡きあとのロマン派に対抗する、伝統と古典主義の象徴として公的な活動に従事することとなった。1827年のサロンでも、彼の『ホメロス礼賛』(ルーブル)はドラクロワの『サルダナパロス王の死』に対抗したが、一方では市民階級の新しい個性を的確に描いた『ベルタン氏』(1832・ルーブル)のような作品をも描いている。1834年のサロン出品作の不評に失望したアングルは、翌1835年ローマのフランス・アカデミーの館長として再度イタリアに赴く。6年後の1841年にパリに戻るが、もはや名実ともに巨匠として、またアカデミズム、古典主義の規範の擁護者としてであった。『泉』(1856)、『トルコ風呂(ぶろ)』(1863・ともにルーブル)などを晩年の代表作として残し、1867年1月14日パリで没した。
 彼の作品の主題は、古典、アルカイズム、オリエント、ロマン主義などきわめて多岐にわたる。これらの主題の描写では、考古学的、歴史的な資料の収集や複製の制作などを行い厳密な写実性を追求する一方で、曲線の体系を主とする様式化、歪曲(わいきょく)によって構図を整える。正確な動きを執拗(しつよう)に追求しながら、不動性へと結晶させるのである。どちらかといえばドラクロワを好んだボードレールがアングルを評価したのも、この「奇異なもの」によってである。このアングルの多様性や構図は、セザンヌたちによっても、またキュビスムやシュルレアリスムによっても受け継がれた。現在、生地モントーバンには、彼の油彩および4000点以上もの素描やその他の資料を収集したアングル美術館がある。
[ダニエル・テルノア][中山公男]



アングル『ド・ブローイ公爵夫人』[百科マルチメディア]
アングル『ド・ブローイ公爵夫人』[百科マルチメディア]
1851~1853年 油彩メトロポリタン美術館所蔵
ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
タブレットやスマホからも利用できます。
アングルの関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 567
検索コンテンツ
1. アングル画像
日本大百科全書
不動性へと結晶させるのである。どちらかといえばドラクロワを好んだボードレールがアングルを評価したのも、この「奇異なもの」によってである。このアングルの多様性や構 ...
2. アングル(Jean Auguste Dominique Ingres)
世界大百科事典
このサロンは,弱冠26歳のドラクロアの《キオス島の虐殺》が賛否両論の渦に巻きこまれた年であり,折から帰国のアングルと対抗する形になり,以後両者はよきにつけあしき ...
3. アングル
日本国語大辞典
二「あの建築(ビルヂング)の角度(アングル)の所丈(だけ)が少し出てゐる。木の間から」*ハタハタ〔1969〕〈吉村昭〉四「車は〈略〉突然停車した。頭をアングルに ...
4. アングル
日本国語大辞典
(Jean Auguste Dominique Ingres ジャン=オーギュスト=ドミニク─)フランスの古典派を代表する画家。ラファエロの影響を受け、歴史画、 ...
5. アングル【angle】
数え方の辞典
●つ  ...
6. アングル[カタカナ語]
イミダス 2018
[angle] (1)角.角度.観点 (2)【建築】構造体の補強などに用いる金具.  ...
7. アングル『ド・ブローイ公爵夫人』[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
1851~1853年 油彩 メトロポリタン美術館所蔵 ...
8. アングル・シュル・ラングラン
世界大百科事典
フランス西部,ビエンヌ県のポアティエの東約45kmにある後期旧石器時代美術遺跡。マドレーヌ文化中期に属する岩陰浮彫の3体の女性裸像(1947発見)は,胸より上と ...
9. アングル‐ショット
日本国語大辞典
〔名〕({英}angle shot )映画、テレビなどで、同一場面を別の角度からカメラの位置を変えて撮影すること。 ...
10. アングルシー[島]
世界大百科事典
イギリス,ウェールズ北西部のグウィネズ州(旧,アングルシー州)にある島。ローマ時代にはモナ島と呼ばれていたが,サクソン人によって〈アングル人の島〉の呼称を与えら ...
11. アングルシー島
日本大百科全書
イギリス、ウェールズ北西部に位置する島。西に属島のホーリー(別名ホリヘッド)島をもち、鉄道・道路橋で結ばれる。グレート・ブリテン島とは幅200~400メートルの ...
12. 角度ゲージ
日本大百科全書
角度測定のための基準となるゲージで、ブロックゲージのように、いくつかのゲージを密着させ、必要な角度をつくりだす。角度ゲージには、ヨハンソンJohansson式と ...
13. アングル人
日本大百科全書
→アングロ・サクソン ...
14. アイアン トライアングル[カタカナ語]
イミダス 2018
[iron triangle]【経営・企業】【政治】鉄の三角形.政界,行政官庁,企業・業界の相互依存関係をいう.  ...
15. 黄金の三角地帯(ゴールデン・トライアングル)(ミャンマー)[東南アジア]画像
イミダス 2018
ミャンマーのシャン州を中心にタイ、ラオスの三国が国境を接する地帯を指し、世界最大のケシの栽培と麻薬生産の国際的な拠点として知られる。麻薬はタイや中国などを経由 ...
16. オフボアサイト アングル[カタカナ語]
イミダス 2018
[off-boresight angle]【軍事】短距離空対空ミサイルの格闘戦能力を示す指標.ミサイル発射時の母機と目標の位置を,撃墜可能な機首方向から測った ...
17. カメラ‐アングル
日本国語大辞典
出計を女の顔にあて、カメラアングル定め」(2)カメラマンの、被写体のとらえ方。*可能性の文学〔1946〕〈織田作之助〉「登場人物と作者の距離は、映画のカメラアン ...
18. ゴールデン トライアングル[カタカナ語]
イミダス 2018
[Golden Triangle]【社会・生活】黄金の三角地帯.ミャンマー,タイ,ラオスが国境を接する地帯で,世界有数のケシ栽培地.麻薬生産の拠点として知られ ...
19. ゴールデン‐トライアングル
日本国語大辞典
({英}Golden Triangle 「黄金の三角地帯」の意)東南アジア、タイ・ラオス・ミャンマー国境の三角形をなす地域。麻薬用のケシが栽培されている。 ...
20. ストライドアングル[カタカナ語]
イミダス 2018
[stride angle]【競技・運動】(陸上)競走者が走っている時に,開いた太ももが作る角度.  ...
21. 東映トライアングル[映画]
イミダス 2018
洋画の買い付け、配給、上映を行ってきたが、87年の「七福星」を最後に撤退していた。東映トライアングルの第1回作品はウォンビン主演の韓国映画「アジョシ」、2作目は ...
22. トライアングル
日本大百科全書
なお、これを効果的に用いた代表的な曲に、リストのピアノ協奏曲第一番(1852初演。通称「トライアングル協奏曲」)がある。藤田隆則 ...
23. トライアングル
世界大百科事典
打楽器の一種。鉄を主とした直径8~12mm,長さ45~75cmの金属円棒を三角形に折り曲げたもの。通常,紐でつり下げ同種の細い金属棒で奏する。高い響きを有する。 ...
24. トライアングル
日本国語大辞典
〔名〕({英}triangle )《ツライアングル》(1)三角形。*外来語辞典〔1914〕〈勝屋英造〉「ツライアングルTriangle (英) 三角形」(2)打 ...
25. トライアングル[カタカナ語]
イミダス 2018
[triangle] (1)【音楽】打楽器の一つ.鋼鉄製の棒を三角形に曲げたもので,鋼鉄の棒で打つ (2)三角形.三角形状のもの (3)三角定規.  ...
26. バミューダ トライアングル[カタカナ語]
イミダス 2018
[Bermuda Triangle]大西洋北西部のバミューダ諸島,プエルトリコ島,フロリダ半島の3カ所を結ぶ海域.船や飛行機がたびたび行方不明になったことで知 ...
27. バーミューダ・トライアングル[外来語・カタカナ語]
現代用語の基礎知識 2019
魔の三角水域。北大西洋西部のバーミューダ諸島で、船舶、航空機が蒸発するとされる謎の水域。フロリダ半島の南端のマイアミ、プエルトリコ島のサンファン、バーミューダを ...
28. マルチアングル[カタカナ語]
イミダス 2018
[multi-angle]【IT関連用語】【コンピューター】 DVD-video で,角度の異なる映像をいくつも取り込む機能.スポーツや舞台の映像で用いる.  ...
29. マルチアングル[外来語・カタカナ語]
現代用語の基礎知識 2019
多角度。多角的な。  ...
30. ヨットレースのコース例(トライアングルコース)[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
三角コースともいう。図は、オリンピック・ロサンゼルス大会時のコース ©Shogakukan ...
31. ラブトライアングル[外来語・カタカナ語]
現代用語の基礎知識 2019
三角関係。エターナルトライアングル 。  ...
32. リサーチ トライアングル パーク[カタカナ語]
イミダス 2018
[research triangle park]【IT関連用語】【コンピューター】アメリカのハイテク研究都市の一つで,ノースカロライナ州にあるもの.企業・研究 ...
33. ローアングル[カタカナ語]
イミダス 2018
[low angle]【映画】【写真】対象を低い位置から見上げる角度.またはその角度で撮影すること.  ...
34. ロー・アングル[外来語・カタカナ語]
現代用語の基礎知識 2019
写真撮影などで低い位置から見あげる視角。  ...
35. ワイドアングル[カタカナ語]
イミダス 2018
[wide-angle]【写真】広角の.焦点距離の短いレンズを用いた.  ...
36. ワイドアングル レンズ[カタカナ語]
イミダス 2018
[wide-angle lens]【写真】広角レンズ.標準レンズに比べて広い視野が収まり,遠近感がはっきりする.  ...
37. ワイマール トライアングル[カタカナ語]
イミダス 2018
[Weimar triangle]【社会・生活】【政治】ドイツ,フランス,ポーランドの3カ国.1991年に3国がワイマールで行った首脳会議にちなむ俗称.  ...
38. YOKOSUKA軍港めぐり[レジャー/旅行]
イミダス 2018
アメリカ海軍や海上自衛隊の艦船を間近で見ることができる、日本で唯一のクルージングツアー。株式会社トライアングルにより2008年9月から定期航路化され、毎日5便運 ...
39. アイリッシュ海
世界大百科事典
水深も約66mと浅いが,アイルランド寄りに小海溝を有し,最深部は256mとなる。中部にマン,アングルシー,ホリーヘッドなどの島がある。近海漁業が行われ,フリート ...
40. アイルランド 30ページ
文庫クセジュ
ルランド調である。またクロンファートの大聖堂もそうで、その正面は頭部を揃えた装飾の鋭いトライアングルで覆われている。  しかしながら、アイルランド人は、教会や修 ...
41. アグリバイオメトリクス[イミダス編 経済・産業]
イミダス 2018
(3)このとき果物の向きが斜めから見たものであっても、最大で20度までの範囲であれば正面から見たアングルに画像補正し、(4)表皮の模様のパターンをサーバー内の画 ...
42. アトリエ
世界大百科事典
もに,このようなアトリエの活動が盛んになり,J.L.ダビッド,P.-N.ゲラン,J.A.D.アングルらのアトリエは有名であった。また芸術家の指導なしに,モデルと ...
43. 阿部和重
日本大百科全書
たく新しいタイプの書き手として評価される。 1999年『無情の世界』(表題作のほかに「トライアングルズ」「鏖(みなごろし)」を収録)にて野間文芸新人賞を受賞。選 ...
44. 阿部和重/角田光代[第132回芥川賞・直木賞受賞者]
イミダス 2018
97年長編「インディヴィジュアル・プロジェクション」がシブヤ系文学やJ文学と呼ばれるなど注目を集め、「トライアングルズ」で芥川賞の候補となり、2001年の「ニッ ...
45. 荒木経惟
日本大百科全書
後に再構成し写真集『ジャンヌ』(1991)として刊行)などに見られる1960年代の荒木作品における、自在なアングルと動感にあふれた表現は、戦後イタリアのネオ・レ ...
46. アングロ・サクソン
日本大百科全書
レート・ブリテン島)に移住した部族、アングル人Angles、サクソン人Saxonsの総称。ユトランド半島南部にいたゲルマン人で、シュレスウィヒ地方にアングル人、 ...
47. アングロ‐サクソン
日本国語大辞典
Saxon )(1)五世紀ごろドイツ西北の海岸地方からイギリス(大ブリテン島)へ侵入した、アングル、サクソン、ジュートなどの西ゲルマン族。現在のイギリス人の主な ...
48. アングロ・サクソン語
世界大百科事典
各部族の定住した地域により,南東部のケント(ジュート),南西部の西サクソン,中部のマーシア(アングル),北部のノーサンブリア(アングル)の4方言に分かれる。たび ...
49. アングロ・サクソン人
世界大百科事典
地ドイツ語からでた英語を語る。北西ドイツを原住地としたサクソン人,ユトランド半島基部に住んだアングル人,同半島に居住したジュート人などいくつかの部族の混成体。ゲ ...
50. 胃カメラ
世界大百科事典
ィルム交換や暗箱の必要がなくなった。したがって,従来の上下アングルのほかに左右アングルを付けることが可能となった。この4方向アングルは,より確実かつ精密な内視鏡 ...
「アングル」の情報だけではなく、「アングル」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

アングルと同じ絵画カテゴリの記事
アングル(日本大百科全書(ニッポニカ))
フランスの画家。8月29日モントーバンに生まれる。トゥールーズの王立アカデミーに学んだあと1797年パリに出てダビッドの門に入る。1801年『アガメムノンの使者』でローマ賞を得たが、当時の政治的・経済的状況のためローマへの出発は5年後となった
コロー(日本大百科全書(ニッポニカ))
フランスの画家。7月17日パリに生まれる。商人の道を歩ませようという両親の意に反して絵画を志し、最初若い風景画家アシル・ミシャロンに学び、ついで新古典主義者ビクトール・ベルタンに学ぶ。ベルタンを通じてプーサンなどにも学ぶが、ベルタンは同時に
絵画と同じカテゴリの記事をもっと見る


「アングル」は文化に関連のある記事です。
その他の文化に関連する記事
コロー(日本大百科全書(ニッポニカ))
フランスの画家。7月17日パリに生まれる。商人の道を歩ませようという両親の意に反して絵画を志し、最初若い風景画家アシル・ミシャロンに学び、ついで新古典主義者ビクトール・ベルタンに学ぶ。ベルタンを通じてプーサンなどにも学ぶが、ベルタンは同時に
アングル(日本大百科全書(ニッポニカ))
フランスの画家。8月29日モントーバンに生まれる。トゥールーズの王立アカデミーに学んだあと1797年パリに出てダビッドの門に入る。1801年『アガメムノンの使者』でローマ賞を得たが、当時の政治的・経済的状況のためローマへの出発は5年後となった
からくり(日本国語大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
〔名〕(動詞「からくる(絡繰)」の連用形の名詞化)(1)糸などであやつって動かすこと。あやつり。また、糸などの仕掛けで動くもの。あやつりじかけ。*虎寛本狂言・瓜盗人〔室町末~近世初〕「此綱を引けば杖が上る。又ゆるむれば打つ
壬生の花田植/佐陀神能(イミダス)
「壬生(みぶ)の花田植(はなたうえ、はなだうえ)」は広島県北広島町に伝わる稲作儀礼で、一説に鎌倉時代の発祥とも言われる。華やかに飾り立てた牛に代掻(しろか)きをさせた田で、紺の単衣(ひとえ)に菅笠(すげがさ)姿の早乙女たちが太鼓や笛、鉦(かね)などに合わせて
大日堂舞楽(改訂新版 世界大百科事典・日本大百科全書)
民俗芸能。秋田県鹿角市八幡平字小豆沢(あずきざわ)の大日堂(大日孁貴(おおひるめむち)神社)で,1月2日に行われる祭事芸能。小豆沢,大里,谷内,長嶺の4集落の能衆によって舞われる。能衆は世襲で,それぞれの集落に所伝の舞がある
文化に関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る