ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 文化
  6. >
  7. >
  8. 絵画
  9. >
  10. コロー
日本大百科全書(ニッポニカ)

日本大百科全書(ニッポニカ)
コロー
ころー
Jean-Baptiste Camille Corot 
[1796―1875]

フランスの画家。7月17日パリに生まれる。商人の道を歩ませようという両親の意に反して絵画を志し、最初若い風景画家アシル・ミシャロンに学び、ついで新古典主義者ビクトール・ベルタンに学ぶ。ベルタンを通じてプーサンなどにも学ぶが、ベルタンは同時に、自然を研究することを教える。1825~28年の間ローマに遊学。当時ローマに集まっていた外人画家たちの、アカデミズムを脱却して戸外の自然の真実を求めようとする態度に同調し、ローマやカンパニアの野を題材として、明るい地中海の光、明確な形態感の描出を求めた数多くの習作を残している。
 帰国後も自然の真実を求めて、フランスの各地を旅行し、スイス、イギリスにも旅行し、イタリアにも1834、43年の2回旅している。とくに、パリに近いビル・ダブレーに1年のうちある期間滞在して、『シャルトル大聖堂』(1830・ルーブル美術館)などの周辺の風景を描く。バルビゾンでも描いているが、オランダ派の影響の強い他の画家たちに対して、コローはイタリア派の明晰(めいせき)さを守っている。また一般にバルビゾン派が自然から受け止める観念的な情緒を表出しようとしたのに対して、彼はより視覚的な真実を求める。しかし、イル・ド・フランス地方などの柔らかな光や大気、緑の諧調(かいちょう)などが、イタリア的な視覚の明るさとは異なる微妙な雰囲気の描出をしだいにコローに啓発する。「コローの銀灰色」とよばれる微妙な輝きを帯びた緑の諧調などがそれである。
 彼は1827年よりサロンに定期的に出品している。しかしここでは伝統的な審査に対する配慮のために歴史画、聖書画などが主体であり、少なくとも35年までは成功していない。しかし、風景のなかにニンフたちを描く作品はしだいに注目を集め、55年のパリ万国博覧会の際の展示で一挙に名声は高まる。『モルトフォンテーヌの思い出』(1864・ルーブル)、『マントの橋』(1868~70・ルーブル)は、自然の柔らかな光の震えを再現するとともに、静かな詩想をさえ宿す円熟期の作品である。
 一方、コローは人物表現も行い、とりわけ裸婦や女性肖像に、『青衣の婦人』(1874・ルーブル)、『真珠の首飾りの夫人』(1868~70ころ・ルーブル)などの傑作を残し、1875年6月22日パリに没した。ロボー編集の全作品目録には約2500点の作品が集録されているが、さらにそれに数百点の追加が予想される。
[中山公男]



コロー『ビル・ダブレー』[百科マルチメディア]
コロー『ビル・ダブレー』[百科マルチメディア]
1870年 油彩メトロポリタン美術館所蔵


コロー『海辺のバッカンテ』[百科マルチメディア]
コロー『海辺のバッカンテ』[百科マルチメディア]
1865年 油彩メトロポリタン美術館所蔵


コロー『荒野のハガル』[百科マルチメディア]
コロー『荒野のハガル』[百科マルチメディア]
1835年 油彩メトロポリタン美術館所蔵
ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。
ジャパンナレッジの利用料金や
収録辞事典について詳しく見る

コローの関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 396
検索コンテンツ
1. コロー画像
日本大百科全書
緑の諧調(かいちょう)などが、イタリア的な視覚の明るさとは異なる微妙な雰囲気の描出をしだいにコローに啓発する。「コローの銀灰色」とよばれる微妙な輝きを帯びた緑の ...
2. コロー(Jean-Baptiste Camille Corot)
世界大百科事典
19世紀フランスで,風景画家としておそらく人々から最も愛された。それには抒情にあふれた作風だけでなく,〈コローおじ〉と慕われる温好な人柄も一役かっていた。ラシャ ...
3. コロー
日本国語大辞典
(Jean〓Baptiste Camille Corot ジャン=バティスト=カミーユ─)フランスの画家。バルビゾン派の一人で風景 ...
4. コロー[カタカナ語]
イミダス 2018
[COROT]【宇宙活動】フランスが2006年12月に打ち上げた太陽系外惑星の観測衛星.  ...
5. コロー『海辺のバッカンテ』[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
1865年 油彩 メトロポリタン美術館所蔵 ...
6. コロー『荒野のハガル』[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
1835年 油彩 メトロポリタン美術館所蔵 ...
7. コロー『ビル・ダブレー』[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
1870年 油彩 メトロポリタン美術館所蔵 ...
8. 「コローナ」
世界文学大事典
スイスの隔月刊文芸雑誌。1930年,マルティン・ボードマーとヘルベルト・シュタイナーにより創刊,44年終刊。38年第1号まで共同編集,その後はボードマーの単独編 ...
9. コロービン
日本大百科全書
ロシアの画家。モスクワの絵画・彫刻・建築学校でサブラーソフとポレノフに学び、のちペテルブルグの美術アカデミーにも学んだ。またマーモントフの私立ロシア歌劇場やボリ ...
10. コローマ ルイス
世界文学大事典
スペインの小説家。ヘレス・デ・ラ・フロンテラに生まれ,セビーリャ大学で法律を修めた。重傷を負ったピストル事件を契機にイエズス会士となる。短編小説を得意としたが, ...
11. コロール
日本大百科全書
の南西端に接するコロール島にあり、ここにパラオ共和国全人口の過半数が住むというミクロネシア最高の人口密度をもつ。日本の委任統治時代、全ミクロネシアを統轄する南洋 ...
12. コロール
日本国語大辞典
(Koror )パラオ共和国の首都。パラオ諸島のコロール島にある港湾都市。日本統治時代(一九二一~四五)は南洋諸島の行政中心地。 ...
13. コロール[島]
世界大百科事典
人口1万(2000)。北のバベルトゥアプ(バベルダオブ)島とは橋によって結ばれている。かつてコロールの長アイバドルは,バベルトゥアプ島マルキョクの長リクライと並 ...
14. コローンホーゴロ
日本国語大辞典
〔名〕({オランダ}kroon vogel )エボシドリの一種か。*飼鳥必用‐中(古事類苑・動物一二)「コロヲンホウゴロ 此鳥天明年中、紅毛人持渡たる鳥にて、珍 ...
15. コロミーナ
日本大百科全書
スペイン生まれでアメリカで活動する建築史家、建築理論家。1976年バルセロナ建築大学で修士号を取得後、同大学で教鞭(きょうべん)をとる。1990年には同大学より ...
16. コロンナ
日本大百科全書
イタリアの女流詩人。ローマ近郊に生まれる。19歳でペスカーラ侯に嫁ぐが、早くに死別し、その悲しみをペトラルカ風の『詩集』(1558死後刊)につづった。他方、宗教 ...
17. コロンボ(Furio Colombo)
日本大百科全書
イタリアの小説家。反小説、反体制の運動を展開している「新前衛派」(ネオアバングァルディア)の一員。代表作『狂った女たち』(1964)では、現代アメリカ社会を一種 ...
18. 〓囉仿謨水説(著作ID:4408804)
新日本古典籍データベース
ころーるほーむすいせつ 医学  ...
19. コローディ
日本大百科全書
→コッローディ ...
20. ガルバニック コロージョン[カタカナ語]
イミダス 2018
[galvanic corrosion]【電気】電気的化学反応によって生じる電気腐食.  ...
21. グレコ‐ローマン
日本国語大辞典
Roman )(1)グレコローマン時代の作品や様式をいう。(2)「グレコローマンスタイル」の略。 ...
22. グレコローマン‐じだい【─時代】
日本国語大辞典
美術史上、古代ギリシアからローマへの過渡期の時代。紀元前一四〇年頃から紀元後三〇〇年頃までをさし、ローマ人の求めに応じてギリシア美術が盛んに制作された。特に彫刻 ...
23. グレコローマン スタイル[カタカナ語]
イミダス 2018
[Greco-Roman style]【競技・運動】(レスリング)下半身での攻撃・防衛が禁じられており,上半身だけで戦う試合形式.  ...
24. グレコローマン‐スタイル
日本国語大辞典
相手の腰から下に手をかけたり、足をからませたりしないで上半身だけで闘うスタイルのレスリング。グレコローマン。 ...
25. グレコ・ローマン美術
日本大百科全書
紀元前2世紀後半からローマ帝政初期の美術様式。前146年ギリシアはローマ人の支配に屈したが、ローマ人は高度なギリシア美術に魅了された。以来おびただしい数のギリシ ...
26. ソコローフ兄弟
世界文学大事典
ボリス・マトヴェーヴィチ・ソコローフБори́с Матве́евич Соколо́в(1889.4.8−1930.7.30),ユーリー・マトヴェーヴィチ・ソ ...
27. ソコローフ サーシャ
世界文学大事典
ロシアの作家。本名アレクサンドル・フセヴォロドヴィチ・ソコローフАлекса́ндр Все́володович Соколо́в。カナダに生まれ,モスクワで育 ...
28. タバコ・ロード
日本大百科全書
アメリカの作家コールドウェルの小説。1932年刊。ジョージア州東部の不毛な台地(ここにはタバコの葉を詰めた大樽(おおたる)を転がしてできた道路(ロード)がある) ...
29. タバコロード
日本国語大辞典
(原題{英}Tobacco Road )長編小説。コールドウェル作。一九三二年発表。かつてタバコ栽培が盛んだったアメリカ南部で、荒廃したタバコ運搬の道沿いの綿畑 ...
30. トリコロール
日本国語大辞典
特に青・白・赤からなるフランスの国旗。*ふらんす物語〔1909〕〈永井荷風〉巴里のわかれ「三色(トリコロール)の国旗がユニオンジャックの旗と差違ひに出してある料 ...
31. トリコロール[ファッション]
イミダス 2018
モノトーンに青を加えるなど新たなトリコロールの組み合わせが登場し、定番の柄を新鮮に見せている。2016年春夏はマリン感覚がトレンドになったこともあり、コレクショ ...
32. トリコロール[カタカナ語]
イミダス 2018
[tricolore〈仏〉]三色の.三色旗.特にフランスの国旗を指す.  ...
33. トリコロール[外来語・カタカナ語]
現代用語の基礎知識 2019
三色旗。特にフランスの国旗。  ...
34. ピッコローミニ エネーア・シルヴィオ
世界文学大事典
イタリアの人文主義者,教皇(ピウス2世)。シエーナの貴族の出身。司教カプラーニカの秘書となり,1432年バーゼルの宗教会議に列席。やがて対立教皇フェリックス5世 ...
35. ロージ フランチェスコ
世界文学大事典
イタリアの映画監督。ヴィスコンティの助監督を務めたのち,「挑戦」(1958)でデビューし,謀殺された山賊の生涯をドキュメンタリー的手法で描いた「シシリーの黒い霧 ...
36. テーブル‐クロス
日本国語大辞典
oth )《テーブル‐クロース・テーブル‐コロース》テーブルにかける布地。テーブル掛け。*西洋衣食住〔1867〕〈福沢諭吉〉「敷物 テーブル、コロース」*思出の ...
37. ステシコロス
日本大百科全書
生没年未詳。古代ギリシアの叙情詩人。紀元前7世紀後半から前6世紀後半の人。シチリア島の出身。本名はテイシアスであったといい、合唱叙情詩をジャンルとして確立した功 ...
38. アカイア大公国
世界大百科事典
以後大公国はアンジュー朝の封建領土化した。同朝支配末期の混乱を経て,1430年アカイアはベネチア領メトーニ,コローニを除き,ミストラにデスポテース(君主)として ...
39. 「アガニョーク」
世界文学大事典
ペレストロイカ以前までは面白味のないジャーナリズムの代名詞であったが,86年,編集長にヴィターリー・コローチチが就任して以来,社会問題を大胆にえぐり,一躍人気を ...
40. アクロチーム画像
日本大百科全書
ス、カナダ国防軍のスノーバーズ、イギリス空軍のレッドアローズ、イタリア空軍のフレッチェ・トリコローリ、日本の航空自衛隊のブルーインパルスなどがそれで、それぞれ独 ...
41. アルハジ・オマル
日本大百科全書
19世紀後半、現在のマリ、ギニアの東部で繁栄したトゥコロール帝国の創設者、イスラム改革指導者。セネガルのフータ・トロの厳格なイスラム教徒でカディリヤ派同胞団に属 ...
42. アロン(Raymond (Claude Ferdinand) Aron)
日本大百科全書
ジャーナリスト。パリ生まれ。エコール・ノルマル・シュペリュール(高等師範学校)で哲学を修め、卒業後コローニュ(ケルン)大学、トゥールーズ大学などで教鞭(きょうべ ...
43. いえのこ‐ろうどう[いへのこラウドウ]【家子郎等・家子郎党(ダウ)】
日本国語大辞典
などに率いられて、それと密接な利害関係のある人びと。イエノコロードー〓現代は「いえのころうとう」とも ...
44. 印象主義画像
世界大百科事典
特に明るく見せるために補色を色斑で並べる工夫を行った(一説にはコンスタブルの影響を受けたためといわれる)。またコローは戸外で制作する機会が多く,画面は明るいニュ ...
45. 新版 印象派 8ページ
文庫クセジュ
ごく大まかな傾向が彼らをひとつのグループにまとめていたのである。彼らは、バルビゾン派の画家たちからコロー、クールベに至る写実主義の系譜に属し、しだいに歴史や神話 ...
46. 新版 印象派 15ページ
文庫クセジュ
当時、フランス絵画の誇りとするところであった。写実的風景画、つまりテオドール・ルソー、カミーユ・コロー、トロワイヨン、ドービニーなどのバルビゾン派のそれは、展覧 ...
47. 新版 印象派 16ページ
文庫クセジュ
ッツ・メルバイとともにヴェネズエラに渡り、二年間を過ごした。一八五五年、ふたたびパリに戻り、コローの助言に従って、写生を試みた。一八五九年にサロンに初入選したが ...
48. 新版 印象派 38ページ
文庫クセジュ
始めたのは一八五七年のことであるが、最初はショカルヌ、そしてジョゼフ・ギシャールに師事した。その後、コローに出会ったが、彼はベルトに助言を与え、野外制作の楽しさ ...
49. 新版 印象派 41ページ
文庫クセジュ
森のなかに入ってゆく。当時、フォンテーヌブロー一帯とバルビゾン村は、いわば広大なアトリエと化し、カミーユ・コロー、テオドール・ルソー、シャルル=フランソワ・ドー ...
50. 新版 印象派 42ページ
文庫クセジュ
まだ光と色彩の戯れとは無縁の静止した自然を描いている。  ピサロもまた、一八六六年に移り住んだポントワーズで、コローの弟子としての本領を発揮したが、堅固に構成さ ...
「コロー」の情報だけではなく、「コロー」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

コローと同じ絵画カテゴリの記事
アングル(日本大百科全書(ニッポニカ))
フランスの画家。8月29日モントーバンに生まれる。トゥールーズの王立アカデミーに学んだあと1797年パリに出てダビッドの門に入る。1801年『アガメムノンの使者』でローマ賞を得たが、当時の政治的・経済的状況のためローマへの出発は5年後となった
コロー(日本大百科全書(ニッポニカ))
フランスの画家。7月17日パリに生まれる。商人の道を歩ませようという両親の意に反して絵画を志し、最初若い風景画家アシル・ミシャロンに学び、ついで新古典主義者ビクトール・ベルタンに学ぶ。ベルタンを通じてプーサンなどにも学ぶが、ベルタンは同時に
グレコ(日本大百科全書(ニッポニカ))
16世紀スペイン最大の宗教画家。本名はドメニコス・テオトコプーロスDomenikos Theotokopoulos。クレタ島のカンディアに生まれたのでエル・グレコ(ギリシア人の意)の通称で知られる。父は、当時のクレタの支配者ベネチア共和国の徴税吏
絵画と同じカテゴリの記事をもっと見る


「コロー」は文化に関連のある記事です。
その他の文化に関連する記事
グレコ(日本大百科全書(ニッポニカ))
16世紀スペイン最大の宗教画家。本名はドメニコス・テオトコプーロスDomenikos Theotokopoulos。クレタ島のカンディアに生まれたのでエル・グレコ(ギリシア人の意)の通称で知られる。父は、当時のクレタの支配者ベネチア共和国の徴税吏
万歳(改訂新版 世界大百科事典)
民俗芸能。祝福芸,門付芸(かどづけげい)の一つ。正月に家々の座敷や門口で予祝の祝言を述べたてるもので,〈千秋万歳(せんずまんざい)〉の末流と考えられる。平安時代後期成立の《新猿楽記》には〈千秋万歳之酒禱(さかほがい)〉と見え,千秋万歳はこのころすでに職能として存在
日本のおもな郷土玩具(日本大百科全書(ニッポニカ))
〔北海道〕アイヌ人形(アイヌにんぎょう)アイヌの風俗や伝説の神を多く主題とした木彫り人形。こけしに似たニポポ、小人伝説に登場する神コロポックル人形、男女像が一対(つい)となった穴の中の神様トンチカムイなどがあり、道内の各観光地で売られている
コロー(日本大百科全書(ニッポニカ))
フランスの画家。7月17日パリに生まれる。商人の道を歩ませようという両親の意に反して絵画を志し、最初若い風景画家アシル・ミシャロンに学び、ついで新古典主義者ビクトール・ベルタンに学ぶ。ベルタンを通じてプーサンなどにも学ぶが、ベルタンは同時に
アングル(日本大百科全書(ニッポニカ))
フランスの画家。8月29日モントーバンに生まれる。トゥールーズの王立アカデミーに学んだあと1797年パリに出てダビッドの門に入る。1801年『アガメムノンの使者』でローマ賞を得たが、当時の政治的・経済的状況のためローマへの出発は5年後となった
文化に関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る