ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 社会
  6. >
  7. 情報
  8. >
  9. IT・インターネット
  10. >
  11. デジタルファースト法

ジャパンナレッジで閲覧できる『デジタルファースト法』の辞書・事典・叢書別サンプルページ

日本大百科全書(ニッポニカ)

日本大百科全書(ニッポニカ)
デジタルファースト法
でじたるふぁーすとほう

行政手続きを原則として電子申請に統一すると定めた法律。正式名称は「情報通信技術を活用した行政の推進等に関する法律」(令和1年法律第16号)で、デジタル手続法ともよばれる。2019年(令和1)に、行政手続きオンライン化法(平成14年法律第151号、別称:デジタル行政推進法)を中心にマイナンバー法、公的個人認証法、住民基本台帳法、健康保険法などが一括改正され、2019年度から順次施行される。デジタルファースト法は、(1)行政手続きをデジタル処理で完結する「デジタルファースト」、(2)一度出した情報の再提出は求めない「ワンスオンリー」、(3)複数手続きを一度で済ます「ワンストップ」を3原則とし、国民の利便性向上、行政の効率化、海外に負けない平易・簡素なビジネス手続きの確立につなげるねらいがある。引っ越しの際、ネットの専用サイトで住民票の移転手続きをすれば、電気、ガス、水道、銀行口座などの契約変更も一括処理できるようにする。相続や死亡申請もネットで完結できるように改善する。2020年度から、法人設立もネットで申請でき、登記事項証明書の添付や、複数の行政窓口に提出する手間を省く。マイナンバーの個人番号を知らせる紙製の「通知カード」を廃止し、ICチップのついたマイナンバーカードの普及を進める。2021年3月からは、マイナンバーカードを健康保険証のかわりに使用できるようにし、利用者が約1割にとどまるマイナンバーカードの普及につなげる。地方自治体ごとにばらばらの税や社会福祉の仕様を改め、システムの共通化や書式の統一を進める。欧米では税や社会保障手続きの多くがデジタル化されているが、日本は大きく遅れており、2016年度(平成28)時点で行政手続きは約4万6000種類あるが、電子化されたのは1割強にとどまる。このため政府は行政手続きデジタル化の推進を2019年の経済財政運営の基本方針(骨太の方針)の目玉とし、デジタルファースト法を制定した。
[矢野 武]2019年11月20日

ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。

デジタルファースト法と同じIT・インターネットカテゴリの記事
情報(日本国語大辞典)
事柄の内容、様子。また、その知らせ。状況に関する知識に変化をもたらすもの。文字、数字などの記号、音声など、いろいろの媒体によって伝えられる。インフォメーション。
デジタルファースト法(日本大百科全書(ニッポニカ))
行政手続きを原則として電子申請に統一すると定めた法律。正式名称は「情報通信技術を活用した行政の推進等に関する法律」(令和1年法律第16号)で、デジタル手続法ともよばれる。2019年(令和1)に、行政手続きオンライン化法(平成14年法律第151号
アルファ碁(日本大百科全書・イミダス)
Google(グーグル)の子会社であるDeepMind(ディープマインド)社が開発した囲碁プログラムの名称。最初の版が論文で発表されたのは2016年1月である。ディープラーニング(深層学習)、モンテカルロ法、強化学習の三つの手法をうまく組み合わせている
インターネット広告(日本大百科全書)
インターネットを介した広告の総称。ポータルサイトをはじめ、ウェブサイト、ブログ、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)、電子メール、オンラインアプリケーションなどに掲載される。ネット広告、デジタル広告、オンライン広告、ウェブ広告ともいう
IT・インターネットと同じカテゴリの記事をもっと見る


「デジタルファースト法」は法律に関連のある記事です。
その他の法律に関連する記事
危険運転致死傷罪(日本大百科全書)
自動車(原動機付自転車を含む)の危険な運転行為により人を死傷させる罪。自動車運転死傷行為処罰法の第2条と第3条で規定されている。交通事故は、従来すべて業務上過失致死傷罪で処断されていたが、最高刑が5年にとどまることについて、悪質な事件の被害者(遺族)
雇用継続給付制度(日本大百科全書)
雇用保険に設けられている制度で、高年齢雇用継続給付と介護休業給付がある(かつては育児休業給付も雇用継続給付として位置づけられていたが、2020年(令和2)の改正で、失業等給付から独立させ、子を養育するために休業した労働者の生活および雇用の安定を図る
道路運送車両法(日本大百科全書・世界大百科事典)
道路上を運行する自動車、原動機付自転車、軽車両に関し、所有権についての公証を行い、安全性の確保および公害の防止ならびに整備についての技術の向上を図り、あわせて自動車の整備事業の健全な発達を通じて公共の福祉を増進することを目的とする法律
女性活躍推進法(日本大百科全書・イミダス)
パートやアルバイトを含む常勤労働者を一定数以上雇用している政府、地方公共団体、民間企業などに女性の活躍に向けた行動計画の策定を義務づけた法律。正式名称は「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」(平成27年法律第64号)
不登校特例校(日本大百科全書)
学習指導要領にとらわれず、不登校生の実態に配慮した特別な教育課程をもつ学校。正式名は「不登校児童生徒を対象とする特別の教育課程を編成して教育を実施する学校」で、文部科学大臣が指定する。構造改革特区での規制緩和の一環として、2004年に八王子市の高尾山学園に初めて導入
法律に関連する記事をもっと見る


ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る