1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 自然
  6. >
  7. 生き物
  8. >
  9. >
  10. ゼブラウツボ
日本大百科全書(ニッポニカ)

ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
日本大百科全書(ニッポニカ)
ゼブラウツボ
ぜぶらうつぼ/ゼブラ鱓
zebra moray 
[学]Gymnomuraena zebra

硬骨魚綱ウナギ目ウツボ科に属する海水魚。八丈島、屋久島(やくしま)、小笠原(おがさわら)諸島、南西諸島、台湾南部、南シナ海などインド洋・太平洋に広く分布する。体は細長く、側扁(そくへん)する。皮膚にはしわが多い。躯幹(くかん)部(胴部)は長く、肛門(こうもん)は体の中央よりもはるかに後方にあり、尾部長は全長の約30%。脊椎骨(せきついこつ)数は129~139本。頭は短く、全長は頭長の12~15倍。吻(ふん)は短く、丸い。上顎(じょうがく)は下顎よりもわずかに突出する。歯はすべて臼歯(きゅうし)で敷石状に並ぶ。背びれは鰓孔(さいこう)の上方のはるか後方から、臀(しり)びれは体の中央部よりも後方から始まる。両ひれは低くて厚い皮膚の下に隠されている。体は褐色~黒褐色の地色で、黄白色の幅の狭い多数の横帯で輪状に取り巻かれているが、いくつかの輪は不完全である。和名はこの輪状の縞(しま)模様に由来する。水深1~39メートルにすむが、通常は4メートルほどの浅いサンゴ礁の外側の裂け目、砂底や岩底に潜んでいる。臼歯状の歯で甲殻類、貝類、ウニ類などを砕いて食べる。最大全長は約150センチメートルに達するが、普通は50センチメートルのものが多い。雌性先熟型(雌から雄へ)の雌雄同体魚であると考えられている。
[尼岡邦夫]2019年11月20日

ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
タブレットやスマホからも利用できます。
ゼブラウツボの関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 4
検索コンテンツ
1. ゼブラウツボ
日本大百科全書
硬骨魚綱ウナギ目ウツボ科に属する海水魚。八丈島、屋久島(やくしま)、小笠原(おがさわら)諸島、南西諸島、台湾南部、南シナ海などインド洋・太平洋に広く分布する。体 ...
2. ウツボ画像
日本大百科全書
uraeninaeとキカイウツボ亜科Uropterygiinaeに分類される。ウツボ亜科はゼブラウツボ属、ハナヒゲウツボ属、モヨウタケウツボ属、コケウツボ属、タ ...
3. シマアラシウツボ
日本大百科全書
ル以浅で見られるが、水深15メートルの記録がある。大きな臼歯で甲殻類を食べることができる。ゼブラウツボに似るが、本種は肛門が体の中央部付近に開き、背びれは鰓孔の ...
「ゼブラウツボ」の情報だけではなく、「ゼブラウツボ」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

ゼブラウツボと同じカテゴリの記事
ゼブラウツボ(日本大百科全書(ニッポニカ))
硬骨魚綱ウナギ目ウツボ科に属する海水魚。八丈島、屋久島(やくしま)、小笠原(おがさわら)諸島、南西諸島、台湾南部、南シナ海などインド洋・太平洋に広く分布する。体は細長く、側扁(そくへん)する。皮膚にはしわが多い。躯幹(くかん)部(胴部)は長く
チンアナゴ(日本大百科全書(ニッポニカ))
硬骨魚綱ウナギ目アナゴ科チンアナゴ亜科に属する海水魚。静岡県富戸(ふと)、高知県柏島(かしわじま)付近の太平洋沿岸、屋久島(やくしま)、南西諸島、小笠原(おがさわら)諸島、台湾南部、フィリピン、マダガスカルなどのインド洋・太平洋に広く分布する


「ゼブラウツボ」は生き物に関連のある記事です。
その他の生き物に関連する記事
チンアナゴ(日本大百科全書(ニッポニカ))
硬骨魚綱ウナギ目アナゴ科チンアナゴ亜科に属する海水魚。静岡県富戸(ふと)、高知県柏島(かしわじま)付近の太平洋沿岸、屋久島(やくしま)、南西諸島、小笠原(おがさわら)諸島、台湾南部、フィリピン、マダガスカルなどのインド洋・太平洋に広く分布する
ゼブラウツボ(日本大百科全書(ニッポニカ))
硬骨魚綱ウナギ目ウツボ科に属する海水魚。八丈島、屋久島(やくしま)、小笠原(おがさわら)諸島、南西諸島、台湾南部、南シナ海などインド洋・太平洋に広く分布する。体は細長く、側扁(そくへん)する。皮膚にはしわが多い。躯幹(くかん)部(胴部)は長く
ティラノサウルス(日本大百科全書(ニッポニカ))
北アメリカの白亜紀後期、約7500万年~6550万年前の地層から産出した肉食恐竜。分類学上は竜盤目獣脚類(亜目)テタヌラ類(下目)コエルロサウルス類Coelurosauriaティラノサウルス科Tyrannosauridaeティラノサウルス亜科Tyrannosaurinaeに属する
アロサウルス(日本大百科全書(ニッポニカ))
北アメリカのジュラ紀後期、約1億5600万年~1億4600万年前の地層から産出した二本肢の凶暴な性格の肉食恐竜。分類学上は竜盤目獣脚類(亜目)テタヌラ類(下目)鳥獣脚類Avetheropodaカルノサウルス類Carnosauriaアロサウルス上科Allosauroideaアロサウルス科Allosauridaeに属する
ネコ(猫)(日本大百科全書(ニッポニカ))
広義には哺乳綱食肉目ネコ科に属する動物の総称で、狭義には家畜化されたイエネコFelis atusをさす。普通、欧米では前者の、日本では後者の意味で用いられることが多い。ネコ科の動物は肉食性で、食肉目のなかで、獲物をとらえるのにもっとも高度に特殊化している
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る