ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 社会
  6. >
  7. 政治
  8. >
  9. 政党
  10. >
  11. 政党要件
日本大百科全書(ニッポニカ)

日本大百科全書(ニッポニカ)
政党要件
せいとうようけん

政党として認めるための条件。公職選挙法(86条)、政治資金規正法(3条の2項)、政党助成法(2条)、政党法人格付与法(3条)がそれぞれ諸派、地域政党、ミニ政党などの政治団体を政党として認めるための要件を定めている。四つの法律の政党要件はほぼ共通しており、(1)現職の国会議員が5人以上所属している、(2)前回の衆議院議員総選挙か、前回か前々回の参議院議員通常選挙のいずれかで、得票率が全国(選挙区か比例代表のいずれか)で2%以上ある、のいずれかを満たす必要がある。ただし政党助成法では(2)のケースでも所属国会議員が1人以上いないと政党とは認めない。
 政党になれば、政党交付金の交付対象となるなど資金面での優遇を受けられる。年末までに政党名、事務所所在地、所属国会議員名などを記した書面を総務大臣に提出すれば、国会議員数や得票率に応じて、政党交付金を国庫から受けられる。政治献金も、政党として認められれば、企業・団体から政治献金を最大年間1億円受け取ることが可能なほか、個人献金の受取上限額(政治団体は年間1000万円まで)を年間2000万円まで引き上げられる。政党として認められると、無所属候補に比べて選挙活動が有利になる。衆院選小選挙区で、政党の公認候補のみが政見放送を利用できる。参院選の政見放送では、政党公認候補は、スタジオ録画方式に加え、字幕などをつけた持ち込みビデオ方式も認められている。衆院小選挙区では配れるビラの上限が7万枚(無所属、政治団体など)から11万枚に増えるほか、政党パンフレットは制限なく配ることができ、使える選挙カーの台数も増える。政党は衆院選小選挙区の候補者を比例代表でも重複立候補させることができる。政党は比例区に1人から候補者を立てられるが、政党として認められていない政治団体などは、衆院選では定数の10分の2以上、参院選では10人以上の候補者を立てないと、比例代表候補を擁立できない。最近では、大阪維新の会に国会議員が合流した「日本維新の会(2012年)」が政党要件を満たしたほか、「れいわ新選組(2019年)」、「NHKから国民を守る党(2019年)」は国政選挙後に政党として認められた。
[編集部]2019年12月13日

ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。
政党要件の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 15
検索コンテンツ
1. 政党要件
日本大百科全書
諸派、地域政党、ミニ政党などの政治団体を政党として認めるための要件を定めている。四つの法律の政党要件はほぼ共通しており、(1)現職の国会議員が5人以上所属してい ...
2. 確認団体[イミダス編 日本政治]
イミダス 2018
選挙期間中に街頭演説などの政治活動を認められた、政党や政治団体。政党とは公職選挙法などで決められた政党要件(5人以上国会議員を有するか、直近の国政選挙で全国で2 ...
3. 日本のこころ
日本大百科全書
い政策を掲げた。2017年10月の衆議院選挙で当選者がなく、得票率も2%に満たなかったため、政党要件を失って政治団体となった。本部は東京都千代田区永田町。201 ...
4. 比例代表制
世界大百科事典
式のドント方式の比例代表制で50名が選出されることになった。候補者名簿を届け出ることができる政党要件は,(1)所属国会議員が5人以上,(2)直近の国政選挙で得票 ...
「政党要件」の情報だけではなく、「政党要件」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

政党要件と同じ政党カテゴリの記事
政党要件(日本大百科全書(ニッポニカ))
政党として認めるための条件。公職選挙法(86条)、政治資金規正法(3条の2項)、政党助成法(2条)、政党法人格付与法(3条)がそれぞれ諸派、地域政党、ミニ政党などの政治団体を政党として認めるための要件を定めている。四つの法律の政党要件はほぼ共通しており
政党と同じカテゴリの記事をもっと見る


「政党要件」は選挙に関連のある記事です。
その他の選挙に関連する記事
政党要件(日本大百科全書(ニッポニカ))
政党として認めるための条件。公職選挙法(86条)、政治資金規正法(3条の2項)、政党助成法(2条)、政党法人格付与法(3条)がそれぞれ諸派、地域政党、ミニ政党などの政治団体を政党として認めるための要件を定めている。四つの法律の政党要件はほぼ共通しており
比例代表制(日本大百科全書(ニッポニカ))
各党派の得票数に比例した数の議員が選出される可能性を保障する選挙方法。18世紀後半のフランスにおいて、数学者のJ・C・ボルダやコンドルセらによって、それまで用いられていた多数代表制の批判と確率計算法に基づく新選挙法の提案がなされた。
公職選挙法(日本大百科全書(ニッポニカ))
日本国憲法に規定された公職就任者を公明・適正に選び、民主政治の健全な発達を目ざして制定された基本法。憲法は、(1)衆議院議員、(2)参議院議員、(3)地方公共団体の長・議員・法律の定めるその他の吏員を、国民あるいは住民が普通・平等・秘密選挙によって選出することを求め
大統領制(日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典・情報・知識 imidas)
広義には、大統領を元首とする統治形態をいう。狭義には、厳格な三権分立制をとるアメリカの統治形態をいう。アメリカ、第五共和政後のフランス、ワイマール共和国時代のドイツ、インドネシア、韓国(大韓民国)などの大統領のように、その権限の強い
18歳選挙権(日本大百科全書(ニッポニカ))
満20歳以上が行使できる日本国民の選挙権を満18歳以上とすること。また、その選挙権。2015年(平成27)6月、選挙に参加することのできる有権者の年齢を満20歳から満18歳に引き下げるとともに、選挙犯罪などに関する少年法などに特例を設けて成人同様に処罰することを内容とする、公職選挙法等の一部を改正する法律が成立した
選挙に関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る