ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 文化
  6. >
  7. >
  8. 絵画
  9. >
  10. グレコ

ジャパンナレッジで閲覧できる『グレコ』の辞書・事典・叢書別サンプルページ

日本大百科全書(ニッポニカ)

日本大百科全書(ニッポニカ)
グレコ
ぐれこ
El Greco 
[1541―1614]

16世紀スペイン最大の宗教画家。本名はドメニコス・テオトコプーロスDomenikos Theotokopoulos。クレタ島のカンディアに生まれたのでエル・グレコ(ギリシア人の意)の通称で知られる。父は、当時のクレタの支配者ベネチア共和国の徴税吏。1566年のカンディアの記録によるとすでに職業画家(マエストロ)となっており、金地の受難図を売った記録やベネチア時代の小品をも考慮に入れると、ポスト・ビザンティン様式のイコンの画家であった可能性がある。1566~67年ころにベネチアに渡り、70年にはローマへ、そして76~77年にはスペインに現れてトレドに定住、ここで生涯を終えた。
 最近の相次ぐ新資料の発見や研究によって、イタリア時代のグレコが、ティツィアーノ、ティントレット、バッサーノ、コレッジョ、ラファエッロ、ミケランジェロなどの作品から多くを学んで西欧画家としての芸術形成を遂げる一方、ローマのファルネーゼ枢機卿(すうききょう)邸で、マニエリスム芸術論と新プラトン主義に通暁したウマニストとして形成されたこと、さらに、スペイン・カトリックの総本山のあるトレドに定住後は、大聖堂の有力者で、当時のヨーロッパでも最高レベルの知識人でもあった人たちをパトロンとして、トリエント公会議(1545~63)後の、カトリック教会による対抗宗教改革運動を代表する宗教画家となったことが明らかになりつつある。
 グレコの色調と技法は、終生ベネチア派とイタリア・マニエリスムにとどまった。しかし、彼の宗教画特有の対抗宗教改革的な主題解釈(無原罪のマリア礼賛や、聖フランチェスコ、聖ペトロ、聖女マグダラのマリアなどの聖人悔悟図)、奥行のない垂直的な画面構成、激しい明暗の対比、炎のようにゆらめく長身化された人物像、不思議な燐光(りんこう)色、それらが混然と織り成す神秘的な擬似空間などが現れるのはトレド定住後のことである。その分岐点は、彼の最高傑作『オルガス伯の埋葬』(1586~88)で、地上の埋葬場面に並ぶリアルな肖像画群に対し、天上界やその住人たちの描き方は、スペイン時代のグレコ宗教画の完成を示している。そこには、ギリシア人グレコが血のなかにもつ東方的神秘主義が、トレドという彼の生地に類似した環境のなかでふたたび頭をもたげたことも考えられる。こうした「スペイン化」の傾向は時とともに強まり、1600年に完成されたマドリードのドーニャ・マリーア・デ・アラゴン学院の祭壇衝立(ついたて)(「受胎告知」中心の6枚のキリスト伝)において、天上的狂乱ともいえる神秘主義の極致に達した。この画風は長い間理解されなかったが、19世紀末から主観主義絵画の先駆者として再評価されている。また『胸に手を置く騎士』(1577~79)、『修道士パラビシーノ』(1609ころ)などの肖像画群によってスペイン肖像画の先駆をなし、彫刻も手がけ、祭壇衝立という範囲での建築家でもあり、未発表ながら建築論や絵画論を著したと伝えられる偉大な「哲学者」(パチェーコ)でもあった。
[神吉敬三]



エル・グレコ『聖母被昇天』[百科マルチメディア]
エル・グレコ『聖母被昇天』[百科マルチメディア]

1577~1579年 油彩 シカゴ美術研究所所蔵
ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。
グレコの関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 328
検索コンテンツ
1. グレコ(El Greco)画像
日本大百科全書
ルな肖像画群に対し、天上界やその住人たちの描き方は、スペイン時代のグレコ宗教画の完成を示している。そこには、ギリシア人グレコが血のなかにもつ東方的神秘主義が、ト ...
2. グレコ(Emilio Greco)
日本大百科全書
イタリアの彫刻家。シチリアのカターニアに生まれる。初め石工の徒弟として古代彫刻の模刻などに従事するが、1933年シチリア地方美術展に出品して彫刻家としてデビュー ...
3. グレコ(Juliette Gréco)
日本大百科全書
フランスのシャンソン歌手、女優。2月7日南フランスのモンペリエに生まれる。7歳からパリで育った。第二次世界大戦中、母がレジスタンス運動で捕らえられて強制収容所に ...
4. グレコ(El Greco)
世界大百科事典
現れるのはトレド定住後で,そうした〈スペイン化〉は年とともに強化され,神秘的なグレコ絵画が成立するのである。グレコはまた,その写実的な肖像画群でスペイン肖像画の ...
5. グレコ(Juliette Gréco)
世界大百科事典
1927- フランスの女性シャンソン歌手。モンペリエに生まれ,7歳でパリに出る。母や姉がレジスタンス運動でナチスの収容所に送られたため15歳で自立。第2次世界大 ...
6. グレコ
日本国語大辞典
(El Greco エル─。スペイン語でギリシア人の意。本名はドメニコス=テオトコプーロス)スペインの画家。ギリシア出身。大胆な構図と光沢のある色調による独自の ...
7. グレコ(El Greco)
世界人名大辞典
 本名:〔ギ〕Δομήνικος Θεοτοκόπουλος(Domēnikos Theotokopūlos)〔スペ〕Domingo Teotocópuli(T ...
8. グレコ(Greco, Emilio)
世界人名大辞典
〔1913.10.11~95.4.5〕 イタリアの彫刻家.シチリア島カタニアに生まれ,石工の見習いをしたあとパレルモの美術学校で学ぶ.ローマに出[1933],個 ...
9. グレコ(Gréco, Juliette)
世界人名大辞典
〔1927.2.7~〕 フランスのシャンソン歌手.モンペリエ生まれ.第二次大戦後,パリの実存主義者が集まるサン=ジェルマン=デ=プレ地区の常連となり,サルトル, ...
10. グレコフ
日本大百科全書
ソ連の歴史家。ワルシャワ大学、モスクワ大学に学び、ノブゴロドの社会、経済史に関する研究で学界に登場。ロシア革命後はマルクス主義史学の立場にたち、古代ロシアと東ス ...
11. グレコフ(Boris Dmitrievich Grekov)
世界大百科事典
1882-1953 ソ連邦の歴史家。主著に《キエフ国家の封建関係》(1936),その増補修正版《キエフ・ロシア》(1939),《最古代から17世紀までのロシア農 ...
12. グレコフ
日本国語大辞典
(Boris Dmitrijevic〓 Grjekov ボリス=ドミトリエビチ─)ロシアの歴史家。ソ連邦科学アカデミー歴史研究所所 ...
13. グレコ・ロマン様式
世界大百科事典
部などはそのまま受け継がれたものも多く,ローマ建築の特徴とさえなった。このような古典主義的なグレコ・ロマン様式が姿を消すのは,5世紀になって,形の美しさよりも内 ...
14. グレコ‐ローマン
日本国語大辞典
Roman )(1)グレコローマン時代の作品や様式をいう。(2)「グレコローマンスタイル」の略。 ...
15. グレコローマン‐じだい【─時代】
日本国語大辞典
美術史上、古代ギリシアからローマへの過渡期の時代。紀元前一四〇年頃から紀元後三〇〇年頃までをさし、ローマ人の求めに応じてギリシア美術が盛んに制作された。特に彫刻 ...
16. グレコローマン スタイル[カタカナ語]
イミダス 2018
[Greco-Roman style]【競技・運動】(レスリング)下半身での攻撃・防衛が禁じられており,上半身だけで戦う試合形式.  ...
17. グレコローマン‐スタイル
日本国語大辞典
相手の腰から下に手をかけたり、足をからませたりしないで上半身だけで闘うスタイルのレスリング。グレコローマン。 ...
18. グレコ・ローマン美術
日本大百科全書
ギリシア絵画の技法と伝統を受け継いでいる。しかしギリシア時代の名作がほとんど失われている現在、これらグレコ・ローマン時代の模作は、その原作の様式を知るうえできわ ...
19. アナログレコード[オーディオ・ビジュアル]
イミダス 2018
明され、現在の平盤を回転させるアナログレコードの原型は、1887年にエミール・ベルリナーが発明したグラモフォン(gramophone)である。アナログレコードは ...
20. アナログレコード検定(レコ検)[イミダス編 文化・スポーツ]
イミダス 2018
アナログレコードについての様々な知識を問う検定。2010年10月10日、東京の明治大学で第1回が開催される。国内で唯一のレコードメーカーである東洋化成(本社、 ...
21. エル・グレコ『十字架を担うキリスト』[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
1577~1587年ころ 油彩 メトロポリタン美術館所蔵 ...
22. エル・グレコ『枢機卿フェルナンド・ニーニョ・デ・ゲバラ』[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
1600年ころ 油彩 メトロポリタン美術館所蔵 ...
23. エル・グレコ『聖母被昇天』[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
1577~1579年 油彩 シカゴ美術研究所所蔵 ...
24. エル・グレコ『トレド風景』[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
1599~1600年ころ 油彩 メトロポリタン美術館所蔵 ...
25. しぐれ‐こもん【時雨小紋】
日本国語大辞典
〔名〕細かい模様を乱れ散らしたもの。*洒落本・仕懸文庫〔1791〕二「おとらは鯛丸仕入のしぐれ小もんのゆかた」シ ...
26. なぐれ‐こ・む【─込】
日本国語大辞典
〔自マ四〕横にそれてとび込む。*雑俳・川柳評万句合‐明和元〔1764〕鶴二「よこ町へけんくゎの声のなぐれこみ」 ...
27. ほぐれ‐ことば【解言葉】
日本国語大辞典
〔名〕あいまいなことば。ぼかした言い方。*評判記・難波鉦〔1680〕四「ほぐれ言葉は、ことばをとりこにせられぬやうに、くぜつに入ことでござんす」 ...
28. まぐれ‐こ・む【紛込】
日本国語大辞典
〔自マ四〕「まぐれいる(紛入)」に同じ。*かくれんぼ〔1891〕〈斎藤緑雨〉「福よしへまぐれ込みお夏を呼べば」*半七捕物帳〔1923〕〈岡本綺堂〉半鐘の怪・四「 ...
29. グレゴリウス(歴史叙述者)
日本大百科全書
トゥールの司教、歴史叙述者。ガロ・ローマ系セナトール貴族の家門の生まれ。573年からトゥール司教に任命され、メロビング王国の内乱を身をもって経験した。若干の聖者 ...
30. エル・グレコ
日本大百科全書
グレコ ...
31. エル‐グレコ
日本国語大辞典
〓グレコ ...
32. USB対応レコードプレーヤー[オーディオ・ビジュアル]
イミダス 2018
。デジタル携帯音楽プレーヤーを利用するユーザーが増える中、廃盤となったアイテムを含め、アナログレコードをデジタル化したいというニーズも出てきている現状を踏まえ、 ...
33. USB対応レコードプレーヤー[新語流行語]
イミダス 2018
付属のソフトウエアは楽曲の編集やCD作成などの機能を備えている。「DP-200USB」は、アナログレコードを再生しながら音声をデジタルファイルに変換し、直接US ...
34. 秋元順子[「愛のままで…」で週間ランキング史上最年長1位となった歌手]
イミダス 2018
2004年に「マディソン郡の恋」をインディーズで発売。その歌声が口コミで評判となり、05年7月に同曲でキングレコードよりメジャーデビューを果たした。3作目となる ...
35. 新しい児童心理学 125ページ
文庫クセジュ
「より大」の関係によるのでなく、「前」および「後」の関係のみによる。 (2) こうして、P・グレコは数の構成の最後のほうの諸段階を研究して、クラスと系列的順序の ...
36. アナログ製品[マーケティング]
現代用語の基礎知識 2019
BYMETALなど国内外の著名アーティストが次々とアナログレコードをリリースしたことから裾野が広がった。販売店ではHMVがアナログレコード専門店“HMV REC ...
37. アナログプレーヤー[カタカナ語]
イミダス 2018
[analog player]【音楽】音を記録した微細な溝をもつアナログレコードの再生機.レコードプレーヤーともいう.  ...
38. アレクサンドリア(エジプト)
日本大百科全書
墓)、ポンペイウスの凱旋門(がいせんもん)、ローマ劇場などが残存する。アレクサンドリア大学、グレコ・ローマン博物館などの学術・文化施設もある。カイロと同様に近年 ...
39. アンドレス
日本大百科全書
美術史、ドイツ文学などを研究した。ドグマと真理探究心と人間愛の葛藤(かっとう)がテーマの『エル・グレコ大審問官を描く』(1936)や、スペイン内戦を舞台に背教僧 ...
40. アンドレス(Andres, Stefan)
世界人名大辞典
チス体制下では職を失い,イタリアに亡命.初期の作品は実存的な罪の問題を扱っているが,《エル・グレコと宗教裁判官▼:El Greco malt den Großi ...
41. イタリア画像
日本大百科全書
現代の世界的彫刻家マリーノ・マリーニ、ペリークレ・ファツィーニ、ジャコモ・マンズー、エミリオ・グレコの作品、そしてファッション、カー・デザイン、インテリア・デザ ...
42. イタリア音楽史 174ページ
文庫クセジュ
レオナルド Vinci, Leonardo 104 1690―1730.作曲家.ナポリでG.グレコに学び,アレッサンドロ・スカルラッティのあとを継いで宮廷副楽長 ...
43. イベリア半島画像
世界大百科事典
強いられると,代わって民衆の熱狂的宗教感情が絵画,演劇,小説,建築等にまたとない自己表現のすべを見いだした。グレコ,カルデロン,ローペ・デ・ベガ,セルバンテスに ...
44. インド画像
日本大百科全書
西方からは古くは先史時代の先進農耕・牧畜文化、抽象的な思考を特徴とするアーリア文化、さらにはグレコ・ローマン、ペルシア、中央アジア、イスラムなどの諸文化、より近 ...
45. 「上からマリコ」[新語流行語]
イミダス 2018
人気アイドルグループ「AKB48」が2011年12月に発売した、24枚目のシングルCD(キングレコード)。同年9月に行われた「第2回じゃんけん大会」で優勝した篠 ...
46. エウスタティオス(Eustathios)
世界大百科事典
現存,著書の手稿本が伝存する最古の作品)は《抜書き集》の題名を持つが,古代アレクサンドリア,グレコ・ロマン期の代表的注釈書,辞書,文法書からの貴重な見解を集録し ...
47. エジプト画像
日本大百科全書
落(こけらおと)しにベルディの『アイーダ』が初演されたカイロ・オペラ劇場もある。アレクサンドリアにはグレコ・ローマン博物館などがある。 文学、美術の面でも創造的 ...
48. エジプト画像
世界大百科事典
〈実学〉として発達したため知識の集積にとどまり,事実をつなぐ法則の発見にはいたっていない。 グレコ・ロマン時代 プトレマイオス朝 前323年のアレクサンドロス大 ...
49. エジプト音楽
世界大百科事典
ア音楽)。次いで前30年にエジプトはローマ帝国の属州となり,ローマ人の支配が以後つづく。このグレコ・ロマン時代の考古学的発掘品の中に青銅製のシンバル(大,中,小 ...
50. エジプトの神々 19ページ
文庫クセジュ
ただろうか。宗教文献の最初の翻訳者たち、のちのギリシア人作家たちが伝えたものに影響され、かつグレコ=ロマン期に建てられた神殿の銘文によってまず培われていたルージ ...
「グレコ」の情報だけではなく、「グレコ」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

グレコと同じ絵画カテゴリの記事
アングル(日本大百科全書(ニッポニカ))
フランスの画家。8月29日モントーバンに生まれる。トゥールーズの王立アカデミーに学んだあと1797年パリに出てダビッドの門に入る。1801年『アガメムノンの使者』でローマ賞を得たが、当時の政治的・経済的状況のためローマへの出発は5年後となった
コロー(日本大百科全書(ニッポニカ))
フランスの画家。7月17日パリに生まれる。商人の道を歩ませようという両親の意に反して絵画を志し、最初若い風景画家アシル・ミシャロンに学び、ついで新古典主義者ビクトール・ベルタンに学ぶ。ベルタンを通じてプーサンなどにも学ぶが、ベルタンは同時に
グレコ(日本大百科全書(ニッポニカ))
16世紀スペイン最大の宗教画家。本名はドメニコス・テオトコプーロスDomenikos Theotokopoulos。クレタ島のカンディアに生まれたのでエル・グレコ(ギリシア人の意)の通称で知られる。父は、当時のクレタの支配者ベネチア共和国の徴税吏
絵画と同じカテゴリの記事をもっと見る


「グレコ」は文化に関連のある記事です。
その他の文化に関連する記事
花笠踊(日本大百科全書・世界大百科事典・日本国語大辞典)
山形県山形市の民謡。同地方で酒盛り唄として歌われてきたもので、その源流は同地方の『櫓胴搗(やぐらどうづ)き唄』である。1935年(昭和10)ごろ山形市南館の有海桃洀(とうしゅう)が、弟子の伊藤桃華(山形市成沢)の持ち込んできた『櫓胴搗き唄』を元に
竿灯(日本大百科全書・世界大百科事典)
毎年8月3~6日の4日間、秋田市で行われる七夕行事で、東北三大祭りの一つとして知られる。10メートル余もある太い竹竿に横に9本の竹を結び付け、46個の提灯をぶら下げた飾りに点灯して各町内の若者たちが練り歩く。子供用の小形の竿灯もあるが
八朔(日本大百科全書・世界大百科事典・日本国語大辞典)
旧暦の8月1日の節日(せちにち)である。いまでは9月1日に行っている土地がある。この日を盆の終わりとして八朔盆とも称する。八朔の行事は東日本より西日本のほうが盛んである。この日は稲刈りにはまだ早いが、未熟の稲を神に供えている
明治東京逸聞史(東洋文庫)
東洋文庫135 森銑三明治の激動期に底流していた庶民の笑いとペーソス。書誌研究の第一人者が,新聞・雑誌・文芸作品などの資料を博捜してその実相を捉えた本書は,明治庶民生活史の粋といえる。年表的に編まれた本書の第1巻は,明治元年(1868)から明治32年(1899)まで。1969年03月刊
団扇(国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
あおいで風を送り、ときに蚊や蠅を打ち払うに用いる夏の持ちもの。円形の団扇と、菱形の方扇があり、いずれも「うちわ」という。また、かざしに用いる長柄の翳(さしは)も形状の類似から団扇という。『続日本紀』宝亀八年(七七七)五月癸酉条には渤海使の帰国にあたり
文化に関連する記事をもっと見る


ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る