ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. スポーツ
  6. >
  7. オリンピック・パラリンピック
  8. >
  9. パラリンピック競技
  10. >
  11. ボッチャ
イミダス

情報・知識 imidas
ボッチャ
Boccia
重度脳性まひ者もしくは同程度の四肢重度機能障害者のために考案されたヨーロッパ生まれの球技スポーツ。古代ギリシャの球投げに由来し、6世紀にイタリアで現在の原型が生まれた。語源はラテン語の「bottia」から。1984年、イギリスのストーク・マンデビル・パラリンピックで紹介され、88年の韓国ソウル・パラリンピックから正式種目となった。ジャックボール(目標球)と呼ばれる白いボールに、赤・青のボールそれぞれ6球ずつを投げたり、転がしたり、他のボールに当てたりして、いかに近づけるかを競う。障害によりボールを投げることができなくても、ランプス(勾配具)を使い、自分の意思を介助者に伝えることができれば参加できる。12.5メートル×6メートルのコートを使い、選手は、2.5メートル×1メートルのスローイングボックス内でプレーする。競技は男女の区別なく、障害の程度により、BC1、BC2、BC3、BC4、オープンの5つのクラスに分かれて行われ、個人戦と団体戦(2対2のペア戦、3対3のチーム戦)がある。オープンクラス以外の4クラスがパラリンピック等の国際大会対象クラスとなる。

[イミダス編]
[2012.09]
ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。
ボッチャの関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 59
検索コンテンツ
1. ボッチャ[イミダス編 文化・スポーツ]
イミダス 2018
重度脳性まひ者もしくは同程度の四肢重度機能障害者のために考案されたヨーロッパ生まれの球技スポーツ。古代ギリシャの球投げに由来し、6世紀にイタリアで現在の原型が ...
2. ボッチャ[カタカナ語]
イミダス 2018
[boccia 〈伊〉]【競技・運動】カーリングに似た室内スポーツで,目標球に向かってボールを投げたり転がしたりして,どれだけ近づいたかを競う.パラリンピック ...
3. ボッチャ[外来語・カタカナ語]
現代用語の基礎知識 2019
「ジャックボール」と呼ばれる白いボール(目標球)を投げ、後から赤と青のボールを交互に投げ合い、いかに目標球に近づけたかを競う競技。パラリンピックの正式種目の一つ ...
4. ぼっ‐ちゃま【坊─】
日本国語大辞典
*妹背貝〔1889〕〈巖谷小波〉春「ササ坊様(ボッチャマ)、この人物(ねんね)を御覧遊ばせ」*二人女房〔1891~92〕〈尾崎紅葉〉下・五「我孫を坊様(ボッチャ ...
5. ぼっちゃま‐そだち【坊育】
日本国語大辞典
〔名〕(形動)「ぼっちゃんそだち(坊育)」に同じ。〓[ソ] ...
6. ぼっちゃり
日本国語大辞典
・牛店繁昌「女貌も古く瓜実面を貴みしを、後には古今雛の野凡と賤み、今は円素(まるじろ)中肉(ボッチャリ)とやらん」*良人の自白〔1904~06〕〈木下尚江〉前・ ...
7. ぼっちゃり‐がお[‥がほ]【─顔】
日本国語大辞典
風、それはそれは美しいぼっちゃり顔(ガホ)でござりまする」ボッチャ〓オ ...
8. ぼっちゃり‐もの【─者】
日本国語大辞典
〔名〕ふっくらと愛らしい人。*歌舞伎・富士三升扇曾我(生立曾我)〔1866〕序幕「見るから水のたれさうな、ぼっちゃり者が相手では」 ...
9. ぼっ‐ちゃん【坊─】
日本国語大辞典
(「ぼうさま(坊様)」の変化した語)【一】〔名〕(1)目上の人、また他人の男の子を敬っていう語。「ぼっちゃま」に比べて、敬いの気持はやや薄い。*歌舞伎・勧善懲悪 ...
10. ぼっちゃん【坊っちゃん】
日本人名大辞典
夏目漱石(そうせき)の小説「坊つちやん」の主人公。四国松山の中学に赴任した28歳の数学教師。行動的で正義心がつよい江戸っ子で,俗物教師赤シャツらを相手に痛快な活 ...
11. ぼっちゃん【坊っちゃん】
日本架空伝承人名事典
夏目漱石の小説『坊っちゃん』(一九〇六)の主人公。親譲りの無鉄砲で、損ばかりしている生一本な正義心にあふれた江戸っ子の青年。作中、一人称「おれ」で語られる。物理 ...
12. 坊つちやん
日本大百科全書
夏目漱石(そうせき)の短編小説。1906年(明治39)4月『ホトトギス』に発表。翌年1月、春陽堂刊の『鶉籠(うずらかご)』に収録。親譲りの無鉄砲で損ばかりしてい ...
13. ぼっちゃん‐がり【坊刈】
日本国語大辞典
〔名〕男児の髪形で、前髪を切りそろえ、側頭部と後頭部を短く刈ったもの。 ...
14. ぼっちゃん‐そだち【坊育】
日本国語大辞典
ちょっと慍りっぽいところがあった」*夢声半代記〔1929〕〈徳川夢声〉トンガリ「未だ世間知らずのボッチャン育(ソダ)ち」 ...
15. ぼっちゃら
日本国語大辞典
〔名〕〓ぼさら ...
16. お‐ぼっちゃん【御坊─】
日本国語大辞典
〔名〕「おぼっちゃま(御坊─)」の変化した語。*青春〔1905~06〕〈小栗風葉〉秋・一〇「おや、お坊(ボッ)ちゃんはお睡(よ)って被居(ゐらっしゃ)いますね」 ...
17. おぼっちゃん‐そだち【御坊育】
日本国語大辞典
〔名〕かわいがられ大切に育てられて、世間知らずなこと。また、そのような人。ぼっちゃんそだち。*あめりか物語〔1908〕〈永井荷風〉暁「学費を送る位の家なら君は所 ...
18. お‐ぼっちゃま【御坊─】
日本国語大辞典
または他人の男の子の敬称。*塩原多助一代記〔1885〕〈三遊亭円朝〉一「那(あ)の御坊様(オボッチャマ)で御座いますか。御親父様(おとっさま)に能く肖(に)てい ...
19. カボチャ画像
日本国語大辞典
本・信州上田・岐阜・大和・紀州・島根・広島県・鹿児島方言〕カブチヤ〔飛騨・和歌山県〕カボ・カボッチャ〔千葉〕カボジャ・クヮボチャ〔岩手〕 ...
20. 巨人伝説
日本大百科全書
九州地方のオオヒトヤゴロウ(大人弥五郎)の名をもつものが多い。このほかには、ダイタラボー、ディラボッチャ、ディラボー、デンデンボメ、タダ坊などの名がみられる。柳 ...
21. 障害者スポーツ
世界大百科事典
,視覚障害者のためにはローンボウル,ゴールボウル(バレーボールの一種),柔道を,そして脳性麻痺者のためにはボッチャ(ペタンクの一種),サッカー,乗馬,自転車を競 ...
22. 菅江真澄遊覧記 1 32ページ
東洋文庫
またはサナボリとよぶところが多い。ふじ塚 塩尻市の岩垂に近い道のかたわらにあった。藤塚とも書く。昔ディラボッチャという巨人が藤蔓で山を背負ってきた時、桔梗が原で ...
23. 菅江真澄遊覧記 2 192ページ
東洋文庫
またそれを使うとかえって不幸があると信じられていた。大人の入湯 巨人伝説は全国に分布している(ディラボッチャ、ダイダラボウシ、大人弥五郎など)が、すでにその信仰 ...
24. スペシャルオリンピックス
日本大百科全書
とに交互に開催されている。夏季大会では、水泳競技、陸上競技、バドミントン、バスケットボール、ボッチャ(的玉にボールを投げるなどして、いかに近づけるかを競う)、ボ ...
25. バンボッチアンティ
世界大百科事典
郊の田園における庶民の日常生活を主題とした風俗画・風景画の境界領域に属す独特な一分野,〈バンボッチャーテBambocciate〉を開拓して〈ベントフォーヘルBe ...
26. パラリンピック
日本大百科全書
車椅子フェンシング、車椅子ラグビー、車椅子テニスである。このうち、ボッチャ、ゴールボール、車椅子ラグビーはパラリンピック独自の競技である。 ボッチャはカーリング ...
27. ワイドインタビュー問答有用 /747 車椅子のアイドル=猪狩ともか・仮面女子メンバー
週刊エコノミスト 2019-20
普及させる活動です。 ── どのような競技を経験しましたか。 猪狩 今まで体験したのは、テニス、ボッチャ、射撃、陸上、フェンシング、カーリング。近々水泳にも挑戦 ...
「ボッチャ」の情報だけではなく、「ボッチャ」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

ボッチャと同じパラリンピック競技カテゴリの記事
ブラインドサッカー(日本大百科全書・イミダス)
視覚障害者のために考案されたサッカー。正式名称は視覚障害者5人制サッカーで、略称ブラサカ。競技はFIFA(国際サッカー連盟)が定めたフットサルを一部修正したルールで行われる。障害の程度に応じたB1クラス(全盲)とB2/B3クラス(弱視)の二つのカテゴリーがある
ボッチャ(イミダス)
重度脳性まひ者もしくは同程度の四肢重度機能障害者のために考案されたヨーロッパ生まれの球技スポーツ。古代ギリシャの球投げに由来し、6世紀にイタリアで現在の原型が生まれた。語源はラテン語の「bottia」から。1984年、イギリスのストーク・マンデビル・パラリンピックで紹介され
ゴールボール(イミダス)
アイシェードと呼ばれる目隠しをした3人のプレーヤーが1チームとなり、2チームがコートの両サイドに分かれ、鈴入りのボールを転がすように投球し、相手のゴールに入れる球技。前半12分、ハーフタイム3分、後半12分で1試合。引き分けの場合は、さらに前半3分
パラリンピック競技と同じカテゴリの記事をもっと見る


「ボッチャ」はスポーツに関連のある記事です。
その他のスポーツに関連する記事
障害者スポーツ(世界大百科事典・日本大百科全書)
心身に障害をもつ人々に身体的・精神的・社会的リハビリテーションの機会を与え,障害者の社会的再統合あるいは統合をはかるためのスポーツで,英語ではdisability sportと表記されるものである。

 世界で最初に組織された障害者のスポーツクラブは

ゴールボール(イミダス)
アイシェードと呼ばれる目隠しをした3人のプレーヤーが1チームとなり、2チームがコートの両サイドに分かれ、鈴入りのボールを転がすように投球し、相手のゴールに入れる球技。前半12分、ハーフタイム3分、後半12分で1試合。引き分けの場合は、さらに前半3分
ボッチャ(イミダス)
重度脳性まひ者もしくは同程度の四肢重度機能障害者のために考案されたヨーロッパ生まれの球技スポーツ。古代ギリシャの球投げに由来し、6世紀にイタリアで現在の原型が生まれた。語源はラテン語の「bottia」から。1984年、イギリスのストーク・マンデビル・パラリンピックで紹介され
ブラインドサッカー(日本大百科全書・イミダス)
視覚障害者のために考案されたサッカー。正式名称は視覚障害者5人制サッカーで、略称ブラサカ。競技はFIFA(国際サッカー連盟)が定めたフットサルを一部修正したルールで行われる。障害の程度に応じたB1クラス(全盲)とB2/B3クラス(弱視)の二つのカテゴリーがある
パワーリフティング(日本大百科全書(ニッポニカ))
パワーリフティングは、バーベル挙上を競うということでは、ウエイトリフティングと同類であり、歴史的な背景も同じであるが挙上方法に大きな違いがある。
 パワーリフティングはスクワット(脚力)、ベンチプレス(腕力)、デッドリフト(背筋力)の三つ
スポーツに関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る