ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. スポーツ
  6. >
  7. オリンピック・パラリンピック
  8. >
  9. パラリンピック競技
  10. >
  11. ゴールボール
イミダス

情報・知識 imidas
ゴールボール
goalball
アイシェードと呼ばれる目隠しをした3人のプレーヤーが1チームとなり、2チームがコートの両サイドに分かれ、鈴入りのボールを転がすように投球し、相手のゴールに入れる球技。前半12分、ハーフタイム3分、後半12分で1試合。引き分けの場合は、さらに前半3分、ハーフタイム1分、後半3分の延長戦に入り、それでも決着がつかない場合は、サッカーのPK戦に似たエクストラスローで勝敗を決める。国際パラリンピック委員会(IPC)の加盟団体である国際視覚障害者スポーツ協会(IBSA)の公認競技で、もともとは、第二次世界大戦で視覚に傷害を受けた軍人のリハビリ用に開発されたプログラム。1976年、トロント・パラリンピック大会で採用され、2000年のシドニー大会からは正式種目。04年、アテネ大会で日本女子チームが初出場し、銅メダルを獲得。3大会連続出場となったロンドン大会では、見事金メダルに輝いた。

[イミダス編]
[2012.09]
ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。
ゴールボールの関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 14
検索コンテンツ
1. ゴールボール[イミダス編 文化・スポーツ]
イミダス 2018
アイシェードと呼ばれる目隠しをした3人のプレーヤーが1チームとなり、2チームがコートの両サイドに分かれ、鈴入りのボールを転がすように投球し、相手のゴールに入れ ...
2. ゴールボール[カタカナ語]
イミダス 2018
[goalball]【競技・運動】球技の一種.1チーム3人で,2チームがコートの両サイドに分かれ,鈴の入った硬質の球を交互に投げ,相手ゴールに入れる.第二次世 ...
3. ゴールボール[外来語・カタカナ語]
現代用語の基礎知識 2019
目を隠しながら鈴の入ったボールを互いに転がしあい、相手ゴールに入れて得点を争う。パラリンピック正式種目。  ...
4. あだち-あきこ【安達阿記子】
日本人名大辞典
1983− 平成時代の女子ゴールボール選手。昭和58年9月10日生まれ。平成14年黄斑変性症を発症。18年福岡視力障害センターに入所してゴールボールに出会う。カ ...
5. うらた-りえ【浦田理恵】
日本人名大辞典
1977− 平成時代の女子ゴールボール選手。昭和52年7月1日生まれ。20歳を過ぎて網膜色素変性症を発症。カテゴリーはB1。平成17年日本選手権で優勝。19年I ...
6. かけはた-えいこ【欠端瑛子】
日本人名大辞典
1993− 平成時代の女子ゴールボール選手。平成5年2月19日生まれ。先天性白皮症で16歳からゴールボールをはじめる。カテゴリーはB3。ポジションはセンター。平 ...
7. こみや-まさえ【小宮正江】
日本人名大辞典
1975− 平成時代の女子ゴールボール選手。昭和50年5月8日生まれ。小学生時代に網膜色素変性症を発症。カテゴリーはB2。平成13年日本選手権に出場して優勝。1 ...
8. なかしま-あかね【中嶋茜】
日本人名大辞典
1990− 平成時代の女子ゴールボール選手。平成2年8月17日生まれ。中学時代にゴールボールに出会う。カテゴリーはB2。平成21年アジアユースパラゲームズで主将 ...
9. パラリンピック
日本大百科全書
自転車競技、馬術、5人制サッカー(ブラインドサッカー)、7人制サッカー(脳性麻痺者によるサッカー)、ゴールボール、柔道、パワーリフティング、ボート、ヨット、射撃 ...
10. わかすぎ-はるか【若杉遥】
日本人名大辞典
1995− 平成時代の女子ゴールボール選手。平成7年8月23日生まれ。青梅市立一中在学中に視力が弱り,八王子盲学校中学部にうつりゴールボールと出会う。平成22年 ...
「ゴールボール」の情報だけではなく、「ゴールボール」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

ゴールボールと同じパラリンピック競技カテゴリの記事
ブラインドサッカー(日本大百科全書・イミダス)
視覚障害者のために考案されたサッカー。正式名称は視覚障害者5人制サッカーで、略称ブラサカ。競技はFIFA(国際サッカー連盟)が定めたフットサルを一部修正したルールで行われる。障害の程度に応じたB1クラス(全盲)とB2/B3クラス(弱視)の二つのカテゴリーがある
ボッチャ(イミダス)
重度脳性まひ者もしくは同程度の四肢重度機能障害者のために考案されたヨーロッパ生まれの球技スポーツ。古代ギリシャの球投げに由来し、6世紀にイタリアで現在の原型が生まれた。語源はラテン語の「bottia」から。1984年、イギリスのストーク・マンデビル・パラリンピックで紹介され
ゴールボール(イミダス)
アイシェードと呼ばれる目隠しをした3人のプレーヤーが1チームとなり、2チームがコートの両サイドに分かれ、鈴入りのボールを転がすように投球し、相手のゴールに入れる球技。前半12分、ハーフタイム3分、後半12分で1試合。引き分けの場合は、さらに前半3分
パラリンピック競技と同じカテゴリの記事をもっと見る


「ゴールボール」はスポーツに関連のある記事です。
その他のスポーツに関連する記事
障害者スポーツ(世界大百科事典・日本大百科全書)
心身に障害をもつ人々に身体的・精神的・社会的リハビリテーションの機会を与え,障害者の社会的再統合あるいは統合をはかるためのスポーツで,英語ではdisability sportと表記されるものである。

 世界で最初に組織された障害者のスポーツクラブは

ゴールボール(イミダス)
アイシェードと呼ばれる目隠しをした3人のプレーヤーが1チームとなり、2チームがコートの両サイドに分かれ、鈴入りのボールを転がすように投球し、相手のゴールに入れる球技。前半12分、ハーフタイム3分、後半12分で1試合。引き分けの場合は、さらに前半3分
ボッチャ(イミダス)
重度脳性まひ者もしくは同程度の四肢重度機能障害者のために考案されたヨーロッパ生まれの球技スポーツ。古代ギリシャの球投げに由来し、6世紀にイタリアで現在の原型が生まれた。語源はラテン語の「bottia」から。1984年、イギリスのストーク・マンデビル・パラリンピックで紹介され
ブラインドサッカー(日本大百科全書・イミダス)
視覚障害者のために考案されたサッカー。正式名称は視覚障害者5人制サッカーで、略称ブラサカ。競技はFIFA(国際サッカー連盟)が定めたフットサルを一部修正したルールで行われる。障害の程度に応じたB1クラス(全盲)とB2/B3クラス(弱視)の二つのカテゴリーがある
パワーリフティング(日本大百科全書(ニッポニカ))
パワーリフティングは、バーベル挙上を競うということでは、ウエイトリフティングと同類であり、歴史的な背景も同じであるが挙上方法に大きな違いがある。
 パワーリフティングはスクワット(脚力)、ベンチプレス(腕力)、デッドリフト(背筋力)の三つ
スポーツに関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る