ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 歴史
  6. >
  7. 歴史上の人物
  8. >
  9. 世界史上の人物
  10. >
  11. 范寛

ジャパンナレッジで閲覧できる『范寛』の辞書・事典・叢書別サンプルページ

世界人名大辞典・世界大百科事典

岩波 世界人名大辞典
はんかん【范寛】
Fàn Kuān
名:中正 字:中立(仲立)

中国北宋の画家.

華原(現,陝西銅川)の人.性格が温厚で度量が大きかったことから「寛」とあだ名されるようになったという.在野の山水画家で,天聖年間 [1023-32]には,なお在世していたとされる(《図画見聞誌》4).はじめ李成を学んだとも伝えられるが,自らの暮らす土地の風土に根ざした高遠山水に独自の様式を打ちたて,李成と華北山水画を二分する様式を築いた.切り立った崖と上部の灌木の樹叢,短い線描を打ち重ねる雨点皴も,黄土高原の地資を踏まえたものである.徹底した自然観察によって得た着想を画に反映させたといわれ,写実性と象徴性を兼ね備える北宋山水画の特質を高度に達成した.その画風は,北宋末の李唐に発展的に受け継がれ,南宋院体画風への素地ともなった.〈谿山行旅図〉(台北故宮博物院)が現存し,南宋の流派作とみられる〈臨流独坐図〉(台北故宮博物院)もある.

〖文献〗 聖朝名画評2.図画見聞誌1, 4.宣和画譜11.〖参考〗 李霖燦:范寛画蹟研究, 1970(《中国画史研究論集》).



改訂新版 世界大百科事典
范寛
はんかん
Fàn Kuān

中国,北宋初期の山水画家。生没年不詳。本名は中正,字は中立。華原(陝西省耀県)の人。天聖年間(1023-31)になお在世した。当時〈真〉と呼ばれた写実に最も留意し,山林に分け入って自然を徹底的に観察した。その結果,高遠形式,雨点皴,山頂の灌木林などを特徴とする山水画を創出,巨大な峰巒(ほうらん)が威圧感をもって迫る感じは,ともに北宋を代表する李成の平遠山水と対照的。《渓山行旅図》(台北故宮博物院)は現存唯一の真跡。
[曾布川 寛]

[索引語]
Fàn Kuān 李成
ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。
范寛の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 26
検索コンテンツ
1. はんかん【范寛】(Fàn Kuān)
世界人名大辞典
宮博物院)もある.〖文献〗 聖朝名画評2.図画見聞誌1, 4.宣和画譜11.〖参考〗 李霖燦:范寛画蹟研究, 1970(《中国画史研究論集》). ...
2. 范寛
世界大百科事典
中国,北宋初期の山水画家。生没年不詳。本名は中正,字は中立。華原(陝西省耀県)の人。天聖年間(1023-31)になお在世した。当時〈真〉と呼ばれた写実に最も留意 ...
3. おうこう【王洪】(Wáng Hóng)
世界人名大辞典
31-62]に范寛の山水を学び,紹熙-慶元の間[1190-1200]に名を得たという.現存する最古の瀟湘八景図である〈瀟湘八景図巻〉(プリンストン大学美術館)に ...
4. かく【郭熙】(Guō Xī)
世界人名大辞典
〈早春図, 1072〉(台北故宮博物院)は,李成の精緻な淡墨技法に,華北山水画のもう一方の大家范寛(はんかん)の高遠構図を併用している.その上で,彼自身が《林泉 ...
5. けい【夏珪】(Xià Guī)
世界人名大辞典
の人.寧宗朝[1194-1224]の画院待詔.寧宗の恩寵を受け,正八品の訓武郎を授かる.雪景は范寛(はんかん)を学び,山水画においては李唐以来の名手と称された. ...
6. かんどう【関仝】(Guān Tóng)
世界人名大辞典
水を得意とし,巨岩や山塊が積み重なる重厚な画風を特徴とした.郭若虚(かくじゃっきょ)は,李成,范寛(はんかん)とともに北宋三大家の一人に挙げている(《図画見聞誌 ...
7. しゅんしん【胡舜臣】(Hú Shùnchén)
世界人名大辞典
受け継ぎ,謹密な画風であった.〈送郝玄明使秦図巻, 1122〉(大阪市立美術館)が唯一の作品.郭熙や范寛(はんかん)の描法を継承しながら,南宋院体画に通ずる過渡 ...
8. とうたい【唐岱】(Táng Dài)
世界人名大辞典
0歳で在世していたという.丁観鵬(1726~70頃)らとの合作〈慶豊図〉,〈墨妙珠林冊〉,〈倣范寛山水図, 1743〉(台北故宮博物院)などがある.画論をまとめ ...
9. せい【李成】(Lǐ Chéng)
世界人名大辞典
いわれる淡墨技法を駆使して写実的に描き出し,「近視すれども千里の遠の如し」(《聖朝名画評》巻2范寛条)と称された.伝称作品の中では,〈喬松平遠図〉(澄懐堂美術館 ...
10. 燕文貴
世界大百科事典
として注目される。代表作は《江山楼観図巻》(模本,大阪市立美術館)。その画風はやや先輩に当たる范寛の強い影響を受けているが,技法においては出身地に近い江南様式の ...
11. 故宮博物院画像
日本大百科全書
台北市に故宮博物院が成立し、所蔵品の一部を展示することとなった。所蔵品中の圧巻は多数の名画であって、范寛(はんかん)の『谿山(けいざん)行旅図』、趙孟頫(ちょう ...
12. 五代美術
世界大百科事典
浩であり,ここに北方系山水画の基礎が固められ,北宋初期の李成,関仝(かんどう),范寛らの地方性の強い画風に継承されていく。蜀の地は唐代から玄宗,僖宗らが中原の乱 ...
13. 山水画
日本大百科全書
経て、やがて北宋(ほくそう)時代になると山水画は全盛を迎え、一時代を画するに至る。李成(りせい)、范寛(はんかん)、許道寧(きょどうねい)、燕文貴(えんぶんき) ...
14. 山水画
世界大百科事典
規定する基本的な枠組みとなる。 ただ,北宋時代は唐代と同様,華北山水画が主流をなした時代であり,李成に学んだ范寛,郭煕らが出て三遠法を駆使した精緻な空間表現を達 ...
15. 皴法画像
世界大百科事典
描く対象の自然,あるいは画家の個性に応じて,多くの方法が発明され,董源,巨然の披麻皴(ひましゆん),范寛の雨点皴,郭煕の鬼面皴,李唐,馬遠の斧劈皴(ふへきしゆん ...
16. すい‐そん【推尊】
日本国語大辞典
井園〉「キリストなる人物の弟子となるを甘じ之を推尊奉事するの志を立つるは感情なり」*麻九疇‐跋范寛秦川図詩「山水人伝范家筆、画史推尊為 ...
17. そうげんが【宋元画】
国史大辞典
(二)南宋風の元画で、部門別では前者とほぼ同じものであり、中国絵画史の正統派である北宋の李成(りせい)・范寛(はんかん)・董源(とうげん)・巨然(きょねん)・郭 ...
18. 宋詩選注 1 241ページ
東洋文庫
瞑禽の図を掛くるが如し や、「長挙」詩の、 峰巒李成*5似 峰巒〔山々〕は李成に似 〓谷范寛*6能 〓谷〔谷川〕は范寛のみ能くす あるいはまた、「長挙の駅楼」詩 ...
19. 宋詩選注 1 243ページ
東洋文庫
図は蔵する所の奇画なり」とある。*5 李成 五代から宋初の画家。山水画を得意としていた。*6 范寛 宋初の画家。李成同様、山水画に秀でていた。*7 営邱 李成の ...
20. 宋代美術
世界大百科事典
浩(けいこう)が線的要素(筆)と面的要素(墨)の融合を図り,これを継ぐ関仝(かんどう),李成,范寛(はんかん)らが華北系の山水画の代表作家として,それぞれに地方 ...
21. 中国美術画像
日本大百科全書
展を示した。北宋画院の初期の山水画家には、燕文貴(えんぶんき)、高克明(こうこくめい)、関同、范寛(はんかん)、董源、巨然、郭煕(かくき)、馬賁(ばほん)らがい ...
22. ほくが【北画】
国史大辞典
この議論は大して論理性のあるものではなかったが、董其昌は『画禅室随筆』で文人之画を論じ、王維・董源・巨然・李成・范寛・李竜眠・王〓・二米(米 ...
23. 北宗画
世界大百科事典
浩,関仝(かんどう),李成,范寛らであるが,董其昌は彼らを南宗画の系譜に組み入れている。その点,問題をいよいよ錯綜させるが,北 ...
24. 李成
日本大百科全書
水平線(地平線)を低く置き、平坦(へいたん)で広大な山野を描くのを得意とした。関同(かんどう)、范寛(はんかん)とともに当時の山水画の三大家とされ、北宋前期の絵 ...
「范寛」の情報だけではなく、「范寛」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

范寛と同じ世界史上の人物カテゴリの記事
ナポレオン [改訳](文庫クセジュ ベストセレクション)
ナポレオン[改訳] 文庫クセジュ79 アンリ・カルヴェ著/井上 幸治訳 歴史・地理・民族(俗)学 第一章 ナポレオンの出身、青年時代 ボナパルト家 いま知られるところで、ナポレオンのもっとも古い祖先は、十五世紀末にあらわれたフランソワ・ボナパルトである。
マッカーサー(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
一八八〇 - 一九六四 アメリカ合衆国軍人、日本占領連合国最高司令官(昭和二十年(一九四五)―二十六年)。一八八〇年一月二十六日アーカンソー州リトル=ロックに生まれる。父親アーサー=マッカーサーは陸軍中将。一九〇三年陸軍士官学校卒業後
范寛(世界人名大辞典・世界大百科事典)
名:中正 字:中立(仲立)中国北宋の画家.華原(現,陝西銅川)の人.性格が温厚で度量が大きかったことから「寛」とあだ名されるようになったという.在野の山水画家で,天聖年間 [1023-32]には,なお在世していたとされる
イブン・スィーナー(世界人名大辞典・世界大百科事典)
イスラーム哲学者,医学者.ブハラ(現ウズベキスタン)でサーマーン朝のペルシア人官吏の子として生まれ,イスラーム,ギリシア,インドの諸学,特に哲学,医学,数学,天文学などを極めた.サーマーン朝の王子を治療して宮廷に出入りし
ウィリアム1世(世界人名大辞典・世界大百科事典)
1027(28)~87.9.9イングランド王 [1066/87].ノルマンディー公ロベール1世(悪魔公)(Robert I le Diable †1035)の庶子.父が没するとノルマンディー公ギヨーム2世(Guillaume II)となり [1035-87],ハロルド2世がイングランド王に即位する [66]と,先王エドワード(証聖王)による
世界史上の人物と同じカテゴリの記事をもっと見る


「范寛」は人物に関連のある記事です。
その他の人物に関連する記事
三条実美(日本大百科全書・世界大百科事典・国史大辞典)
幕末・明治前期の公卿(くぎょう)、太政(だじょう)大臣、政治家。幼名福麿。天保(てんぽう)8年2月7日、三条実万(さねつむ)の第4子として生まれる。家格は五摂家(ごせっけ)に次ぐ九清華(きゅうせいが)の一家。1854年(安政1)従(じゅ)五位上に叙せ
江藤新平(日本大百科全書・世界大百科事典・国史大辞典)
幕末・維新期の政治家。佐賀の乱の首領。名は胤雄(たねお)、号は南白(なんぱく)。天保(てんぽう)5年2月9日、佐賀藩下級武士の家に生まれる。国学者枝吉神陽(えだよししんよう)に師事、しだいに尊攘(そんじょう)運動に参加し、1862年(文久2)脱藩して
松尾芭蕉(日本大百科全書・世界大百科事典)
江戸前期の俳人。日本近世文学の最盛期をなす元禄(げんろく)期(1688~1704)に活躍した井原西鶴(いはらさいかく)、近松門左衛門(ちかまつもんざえもん)、芭蕉は、それぞれ小説、浄瑠璃(じょうるり)、俳諧(はいかい)の分野を代表する三大文豪として
光明皇后(世界大百科事典・国史大辞典・日本架空伝承人名事典)
奈良前期の聖武天皇の皇后。諱(いみな)は安宿(あすかべ),出家して光明子という。藤原不比等の第三女,母は橘三千代。幼にして聡慧,早くから声誉高かったが,716年(霊亀2)16歳で皇太子首(おびと)皇子の妃となり,翌々年阿倍皇女(孝謙天皇)を生む
大伴金村(国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
五世紀末から六世紀前半へかけての大和朝廷の有力者。武烈・継体・安閑・宣化朝の大連。大伴談(かたり)の子。磐・咋・狭手彦の父。仁賢天皇の死後、権勢強大な平群氏を滅ぼし、武烈天皇を即位させた。武烈の死後、あとをつぐ皇族がないため、金村は群臣とはかって
人物に関連する記事をもっと見る


ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る