ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 歴史
  6. >
  7. 歴史上の人物
  8. >
  9. 世界史上の人物
  10. >
  11. ウィリアム1世

ジャパンナレッジで閲覧できる『ウィリアム1世』の辞書・事典・叢書別サンプルページ

世界人名大辞典・世界大百科事典

岩波 世界人名大辞典
ウィリアム1(征服王)
William I (the Conqueror)
1027(28)~87.9.9

イングランド王 [1066/87].

ノルマンディー公ロベール1世(悪魔公)(Robert I le Diable †1035)の庶子.父が没するとノルマンディー公ギヨーム2世(Guillaume II)となり [1035-87],ハロルド2世がイングランド王に即位する [66]と,先王エドワード(証聖王)による指名を根拠に王位継承権を主張してイングランドに侵入,ヘイスティングズの戦い [同]でハロルドを討ってノルマン朝を開いた(ノルマンのイングランド征服).即位後は,ノルマンの封建制度を移入し,ノルマン人をイングランド各地に封じてアングロ・サクソンの貴族を抑え,のちに《ドゥームズデイ・ブック:Domesday Book》として知られる全国の土地調査を命じて所有関係を明らかにした [85-86].また司教叙任権を握って教会の支配を確実にした.長子ロベール2世(短袴公)がノルマンディーで起こした反乱の鎮圧に出征し,交戦中に落馬して死亡.領土は息子たちの間で分割され,ヘンリー1世の治世まで再統合されることはなかった.



改訂新版 世界大百科事典
ウィリアム[1世]
William Ⅰ
1028?-87

ノルマン朝初代のイングランド王。在位1066-87年。〈征服王the Conqueror〉とも称される。ノルマンディー公ロベールの庶子で,1035年父をついで公となる。66年イングランドのエドワード懺悔王が死に,その義弟ハロルド2世が王を称すると,ウィリアムは懺悔王の遠縁に当たることなどを理由に侵入,ヘースティングズの戦でハロルドを破ってイングランド王となった。イギリス史上これを〈ノルマン・コンクエスト〉という。即位後各地の反抗を抑え,没収した土地を部下のノルマン貴族に分与して,封建制度をもって統治した。また全国の土地所有者をソールズベリーに集めて自分に対する忠誠を誓わせ,全国土にわたる詳細な土地台帳《ドゥームズデー・ブック》を編纂させて徴税に便ならしめるなど,王権の強化に力を注いだ。87年フランス王フィリップ1世と交戦中,落馬が原因で没した。
[青山 吉信]

[索引語]
William Ⅰ 征服王(イギリス) the Conqueror ハロルド2世
ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。
ウィリアム1世の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 95
検索コンテンツ
1. ウィリアム(1世)
日本大百科全書
ノルマンディー公(2世。在位1035~87)、イングランド王(征服王the Conqueror。在位1066~87)。ノルマンディー公ロベール1世Robert  ...
2. ウィリアム[1世](William Ⅰ)
世界大百科事典
1028?-87 ノルマン朝初代のイングランド王。在位1066-87年。〈征服王the Conqueror〉とも称される。ノルマンディー公ロベールの庶子で,10 ...
3. ウィリアム1(獅子王)(William I (the Lion))
世界人名大辞典
〔1142頃~1214.12.4〕 スコットランド王[1165/1214].兄マルカム4世(Malcolm IV 1141~65.1153/65)を継いで即位. ...
4. ウィリアム1(征服王)(William I (the Conqueror))
世界人名大辞典
〔1027(28)~87.9.9〕 イングランド王[1066/87].ノルマンディー公ロベール1世(悪魔公)(Robert I le Diable †1035) ...
5. オレンジ公ウィリアム(1世)
日本大百科全書
→オラニエ公ウィレム(1世) ...
6. イギリス
世界大百科事典
めぐる闘争が生じ,北フランスのノルマンディー公ギヨームが麾下の騎士を率いて侵入,イングランドを征服,ウィリアム1世(征服王)として即位してノルマン朝を開いた。イ ...
7. イギリス史画像
日本大百科全書
たいかん)式をあげてウィリアム1世(征服王、在位1066~1087)となり、ノルマン朝を開いたが、これ以後イギリスはずっと異民族王朝の支配を受けることとなる。ウ ...
8. イギリス史(年表)
日本大百科全書
クヌード大王の即位(デーン朝)1066ヘースティングズの戦い(ノルマン・コンクェスト)、ウィリアム1世の即位(ノルマン朝、~1154)1086『ドゥームズデー・ ...
9. イギリス文学
世界文学大事典
年)〕 1066年のノルマン征服によって,フランスのノルマンディー公ギヨーム(イギリス王ウィリアム1世)がイギリスを制圧し王位を継承した。この歴史的な事件は英語 ...
10. ウィリアム(2世)
日本大百科全書
イングランド王(赤顔王Rufus。在位1087~1100)。ウィリアム1世の第3子。父の寵愛(ちょうあい)を受けてその死後イングランド王となる。兄のノルマンディ ...
11. ウィリアム[2世](William Ⅱ)
世界大百科事典
1056?-1100 ノルマン朝第2代のイングランド王。在位1087-1100年。ウィリアム1世の第3子。〈赭顔(しやがん)王Rufus〉とも呼ばれる。父をつい ...
12. ウィリアム2(赤顔王)(William II (Rufus))
世界人名大辞典
〔1060頃~1100.8.2〕 イングランド王[1087/1100].ウィリアム1世(征服王)の3男.ノルマンディーの反乱を鎮圧[1090],兄ノルマンディー ...
13. ウィンザー(イギリス)
日本大百科全書
計)。イギリス国王の離宮として知られるウィンザー城を中心に発達した観光と商業の町。征服王ウィリアム1世(在位1066~87)の時代につくられた城はテムズ川の南岸 ...
14. ウィンザー城
日本大百科全書
。ロンドンから近く、狩猟にも適し、自然の要塞(ようさい)を形づくっているため、11世紀にウィリアム1世が居城を建設して以来、歴代の王による増改築を経て現在のよう ...
15. ウィンチェスター
日本大百科全書
イングランド統一後もロンドンと並んで首都的機能を果たし、クヌート王のころから王の金庫が置かれ、征服王ウィリアム1世も大陸に近いこの地に王の金庫を置いた。ヘンリー ...
16. ウィンチェスター
世界大百科事典
上の中心となり,サウサンプトンを外港として経済的にも繁栄した。ノルマン・コンクエスト後もウィリアム1世の居城として,ロンドンとともに二重の首都であり,12世紀に ...
17. ウェストミンスター画像
日本大百科全書
壮大に改築して以来、この地がイギリス国政の中心となった。ノルマン・コンクェスト(1066)ののち、ウィリアム1世がこの修道院で戴冠(たいかん)式をあげて以来、歴 ...
18. ウェストミンスター・アベー
世界大百科事典
,セント・ピーター教会Collegiate Church of Saint Peter。ウィリアム1世(征服王)以来,歴代イギリス国王(女王)戴冠の場所となった ...
19. ウェールズ
世界大百科事典
ノルマン・コンクエスト以後 1066年の〈ノルマン・コンクエスト〉によりイングランドを征服した後,ウィリアム1世はウェールズ国境に三つの辺境伯をおいてウェールズ ...
20. ウースター(イギリス)
日本大百科全書
-cesterがつく地名の特徴からローマ時代起源と考えられる。11世紀の『ドゥームズデー・ブック』(征服王ウィリアム1世編纂(へんさん)のイングランド国勢調査書 ...
21. 改訂新版 英国史 216ページ
文庫クセジュ
スカンジナヴィア人(デーン人)の侵入(9c.~11c.) 1066 ノルマン・コンケスト.ウィリアム1世即位(ノルマン王朝) 1154 アンジュー伯アンリ,ヘン ...
22. 英語の語彙 76ページ
文庫クセジュ
弟とともに見いだされたハロルドの死とともに,ノルマンディのウィリアム2世はイングランドのウィリアム1世となったのである.  1066年より前にも宮廷や高位聖職者 ...
23. 英語の語彙 196ページ
文庫クセジュ
ラ Alaricus 32 ウィクリフ,ジョン Wyclif, John 72, 76 ウィリアム1世(征服王) William I (the Conquero ...
24. カン
世界大百科事典
都市として復興した。小野 有五 美術 カンはノルマン公国諸公のもとで,とりわけ11世紀,ウィリアム1世(征服王)の時代に発展をみた。征服王の創建になる男子修道院 ...
25. カンタベリー(イギリス)
日本大百科全書
大司教をたてたために、イギリス教会は禁制下に置かれることとなった。だが、ノルマンディー公ウィリアム1世のイングランド征服後、ランフランクがカンタベリー大司教とな ...
26. カージフ
日本大百科全書
築いたときにさかのぼる。しかしローマ人の撤退後は廃墟(はいきょ)となり、砦の再興は征服王ウィリアム1世の治世(1066~87)になってからである。再興の歩みは遅 ...
27. 貴族院
日本大百科全書
二院制の国会で、世襲の貴族や高官などによって構成される議院。議会制の長い歴史をもつイギリスでは、古くウィリアム1世(在位1066~87)のころから国王の諮問機関 ...
28. ギヨーム・ド・ポワティエ(Guillaume de Poitiers)
世界人名大辞典
 11世紀後半のノルマンディーの年代記作者.ウィリアム1世(征服王)の年代記である《Gesta Willelmi ducis Normannorum et re ...
29. クロイドン
世界大百科事典
ロンドン盆地南部の丘陵地帯に位置し,ロンドン郊外の住宅地域をなすが,機械,電子などの工業もみられる。ウィリアム1世がクロイドン荘園をカンタベリー大司教に寄進して ...
30. 婚姻
世界大百科事典
しい観念を作り上げた。このようにして,婚姻は教会の支配下に入り,たとえば,イギリスでは,ウィリアム1世の時代(1066-87)に教会裁判所が設置され,婚姻事件は ...
31. シティ画像
日本大百科全書
最古の城砦(じょうさい)はローマ人の手になるが、9世紀末アルフレッド大王がこれを再建し、のちこの東側にウィリアム1世がロンドン塔を建ててシティの守りを固めた。自 ...
32. 総合年表(ヨーロッパ)
日本大百科全書
グランド征服。ノルマンディー公ウィリアム、イングランド王(ウィリアム1世)に即位し、ノルマン朝(~1154)成立1071ウィリアム1世、ほぼ全イングランドを征服 ...
33. 測量
世界大百科事典
れ,ローマ時代にも国家事業として地籍測量が実施されている。イギリスにおいても1085年にウィリアム1世による土地所有者,範囲,価値を記したドゥームズデー土地台帳 ...
34. ソールズベリー
世界大百科事典
源し,古来軍事上,政治上,宗教上重要な都市であった。1075年司教座が置かれ,86年にはウィリアム1世がこの付近の野に全国の土地所有者を集めてみずからへの忠誠を ...
35. デイヴィド1世(David I)
世界人名大辞典
スコットランド王[1124/53].マルカム3世の子.イングランド王ヘンリー1世の宮廷で育ち,ウィリアム1世(征服王)の親族と結婚してハンティントン伯となる[1 ...
36. デボン
世界大百科事典
その後はウェセックス王国に併合されるが,8世紀末に州として独立,デーン人の侵入のあと,1068年にウィリアム1世が平定した。中世から羊毛生産とダートムーアのスズ ...
37. ドゥームズデイ・ブック(土地台帳)
世界文学大事典
ノルマン王朝初代の王ウィリアム1世が発した勅令によって1086年に作成されたイングランドの土地台帳の通称。土地に関するいっさいの事項について〈最後の審判〉のよう ...
38. ドゥームズデー・ブック
日本大百科全書
1086年に、ウィリアム1世の命により、イングランド全体の封建所領を調査した土地台帳。全国を7分して調査し、ウィンチェスターに調査原簿を集めて同年末に編纂(へん ...
39. ドゥームズデー・ブック
世界大百科事典
1086年にウィリアム1世の命により作成されたイングランドの検地帳。名称は,検地帳の記載内容の権威を〈最後の審判の日(ドゥームズデー)〉にたとえたもので,12世 ...
40. ドーバー(イギリス)
日本大百科全書
11世紀のノルマン人の征服に際して、ドーバーはサクソン時代よりすでに自治邑(ゆう)であったと主張したため、ウィリアム1世は海岸防衛の義務と引き換えに、独立の司法 ...
41. 二院制
日本大百科全書
で、両院制ともいう。もっとも長い議会制の歴史をもつイギリスにその起源を有する。11世紀、ウィリアム1世のころから、国王の諮問機関として等族会議(concilum ...
42. ニューカッスル・アポン・タイン
日本大百科全書
)を防備するため、ローマ人の砦(とりで)が築かれたのが町の起源。今日の地名は、1080年ウィリアム1世(征服王)の長子ノルマンディ公爵が同じ場所に新しい城(ニュ ...
43. ノルマン・コンクェスト
日本大百科全書
10月14日ヘースティングズで両者は対決、ハロルドは戦死した。ウィリアムは同年末ロンドンに入ってイギリス王ウィリアム1世として即位、ノルマン朝を開いた。征服に従 ...
44. ノルマン・コンクエスト
世界大百科事典
。ウィリアムは次いで南東部地方を制圧,ロンドンを開城させ,同年クリスマスにイングランド王ウィリアム1世として戴冠した。彼はさらに西部・北部に転戦,数年のうちにイ ...
45. ノルマン人
日本大百科全書
世に対し王位を要求し、イギリス南東岸のヘースティングズで戦死させ、同年末ロンドンに入ってウィリアム1世として即位し、ノルマン朝を開いた(ノルマン・コンクェスト) ...
46. ノルマン人
世界大百科事典
の人種的な特質を失い,1066年のイングランドに対するノルマン・コンクエストの頃(指導者ウィリアム1世征服王はロロから6代目の公)には,フランス語しか話せぬフラ ...
47. ノルマン朝画像
日本大百科全書
征服王)のイングランド征服(ノルマン・コンクェスト)によって開かれたイギリス王朝(1066~1154)。ウィリアム1世は大陸の封建制度を導入し、サクソン行政組織 ...
48. ノルマン朝
世界大百科事典
ングランドを支配した王朝。ノルマン・コンクエストによってイングランドを征服して王となったウィリアム1世(在位1066-87)は,封建制度を導入して,国土を臣下に ...
49. ノルマンディー
日本大百科全書
ノルマンディー公ギヨーム2世は1066年にイングランドを征服してその王となり(イギリス王ウィリアム1世)、また彼らの一部は南イタリアとシチリア島に進出し、12世 ...
50. ノルマンディー
世界大百科事典
フランスとの境界はこのとき定められたものである。その後,ノルマンディーは征服王ギヨーム(ウィリアム1世)によって統一され(1047),さらにイングランド王エドワ ...
「ウィリアム1世」の情報だけではなく、「ウィリアム1世」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

ウィリアム1世と同じ世界史上の人物カテゴリの記事
ナポレオン [改訳](文庫クセジュ ベストセレクション)
ナポレオン[改訳] 文庫クセジュ79 アンリ・カルヴェ著/井上 幸治訳 歴史・地理・民族(俗)学 第一章 ナポレオンの出身、青年時代 ボナパルト家 いま知られるところで、ナポレオンのもっとも古い祖先は、十五世紀末にあらわれたフランソワ・ボナパルトである。
范寛(世界人名大辞典・世界大百科事典)
名:中正 字:中立(仲立)中国北宋の画家.華原(現,陝西銅川)の人.性格が温厚で度量が大きかったことから「寛」とあだ名されるようになったという.在野の山水画家で,天聖年間 [1023-32]には,なお在世していたとされる
イブン・スィーナー(世界人名大辞典・世界大百科事典)
イスラーム哲学者,医学者.ブハラ(現ウズベキスタン)でサーマーン朝のペルシア人官吏の子として生まれ,イスラーム,ギリシア,インドの諸学,特に哲学,医学,数学,天文学などを極めた.サーマーン朝の王子を治療して宮廷に出入りし
ウィリアム1世(世界人名大辞典・世界大百科事典)
1027(28)~87.9.9イングランド王 [1066/87].ノルマンディー公ロベール1世(悪魔公)(Robert I le Diable †1035)の庶子.父が没するとノルマンディー公ギヨーム2世(Guillaume II)となり [1035-87],ハロルド2世がイングランド王に即位する [66]と,先王エドワード(証聖王)による
朱熹(世界人名大辞典・世界文学大事典)
1130.10.18[建炎4.9.15]~1200.4.23[慶元6.3.9]中国南宋の思想家,儒者.一般に朱子と呼ばれる.本籍は徽州の婺源(ぶげん)だが,福建尤渓(ゆうけい)(現,福建三明)で生まれた.科挙に合格,地方官として各地をまわるが,地元の福建で教育と学問に携わる期間が長かった
世界史上の人物と同じカテゴリの記事をもっと見る


「ウィリアム1世」は人物に関連のある記事です。
その他の人物に関連する記事
服部半蔵(世界大百科事典・日本架空伝承人名事典・日本大百科全書)
徳川氏の部将。半三とも書く。石見守,名は正成(まさなり)。父保長(石見守),子の正就(まさなり)(石見守)・正重(伊豆守)兄弟も半蔵(半三)を通称とする。服部氏は伊賀を本国とし,保長のときに三河国に至り徳川(松平)氏の家臣となった
石川五右衛門(世界大百科事典・日本架空伝承人名事典・日本大百科全書)
安土桃山時代の盗賊の頭目。豊臣政権に反発する義賊というのは江戸時代の浄瑠璃や歌舞伎において粉飾された説で,《言経卿記》《豊臣秀吉譜》,アビラ・ヒロン《日本王国記》などによれば凶悪な窃盗である。1594年8月23日親子党類ともに京都三条河原で極刑に
与謝野晶子(国史大辞典・日本大百科全書)
一八七八 - 一九四二 明治から昭和時代にかけての歌人・詩人。本名しよう。明治十一年(一八七八)十二月八日、堺県甲斐町(大阪府堺市甲斐町)に生まれる。生家は菓子商駿河屋。父鳳(ほう)宗七・母つねの三女。堺女学校補修科卒。はやくから古典に親しみ
横山大観(国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
一八六八 - 一九五八 明治から昭和時代にかけての日本画家。明治元年(一八六八)九月十八日、水戸城下三ノ町(水戸市城東二丁目)に酒井捨彦の長男として生まれる。幼名秀蔵、秀磨。のち母方の横山家を継ぐ。明治二十二年新設の東京美術学校に入学
山県有朋(国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
一八三八 - 一九二二 明治・大正時代の政治的、軍事的最高指導者の一人。号、含雪。天保九年(一八三八)閏四月二十二日長州萩城下川島村(山口県萩市川島)の下級武士の家に生まれる。父は有稔、母は松子。幼名は辰之助、小助、小輔。少年期から槍術に励んだ
人物に関連する記事をもっと見る


ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る