ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 歴史
  6. >
  7. 歴史上の人物
  8. >
  9. 世界史上の人物
  10. >
  11. インノケンティウス3世

ジャパンナレッジで閲覧できる『インノケンティウス3世』の辞書・事典・叢書別サンプルページ

世界人名大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典

岩波 世界人名大辞典
インノケンティウス3世
Innocentius III
前名:Lotario de' Conti di Segni
1160~1216.7.16

ローマ教皇 [1198/1216].

グレゴリウス7世の教権統治思想を踏襲し,教皇庁の強化および教皇領の失地回復を図った.ドイツの帝位争いにおいては [1198-],オットー4世を助けて,ローマで戴冠させた [1209]が,同帝が約束に反してイタリア領を要求するとこれを破門した.またフランス王フィリップ2世の離婚問題に干渉し,さらにイングランド王ジョン(欠地王)を破門し,臣従を誓わせたのちようやくその罪を赦した.彼の首唱した第4回十字軍はビザンツ帝国を占領し [04],ラテン帝国を建設した.また第4ラテラノ公会議を開催し [15],ワルドー派およびアルビ派を排斥した.フランシスコ会およびドミニコ会創立を公認し,また旧修道会を改革した.

〖主著〗De contemptu mundi.



日本大百科全書(ニッポニカ)
インノケンティウス(3世)
いんのけんてぃうす
Innocentius Ⅲ 
[1160/1161―1216]

中世の代表的ローマ教皇(在位1198~1216)。本名ロタリオ・ディ・セニLotario di Segni。ボローニャ、パリ両大学で法学と神学を修め、37歳で教皇座に登位。カノニスト(教会法学者)としての素養と政治家としての現実的感覚を兼備した教皇として、多方面にわたる事績を残した。教皇権の基礎を固めるために中央イタリアのレクペラチオ(教皇領回復運動)を推進したが、これは、イタリア支配をうかがう神聖ローマ皇帝との対立に発展。教皇は、ハインリヒ6世急逝後の皇帝二重選挙(フィリップ対オットー)に乗じて優位にたった。イギリスのジョン欠地王とはカンタベリー大司教の任命問題をめぐって争い、イングランドにはインターディクト(聖務停止)を、王には破門を科した。王が自ら教皇の封臣たることを誓約するに至って赦免を与え、かつ、マグナ・カルタを無効と宣言した。王フィリップ2世(尊厳王(オーギュスト))の離婚問題のゆえにフランスに聖務停止を科したほか、シチリア、アラゴン、ポルトガル、ブルガリアなどにも勢力を振るった。
 異端対策としては、取締り手段の法制化を図り、またアルビジョア十字軍をおこしたが、一方、可能な限り異端派の正統への復帰に努めた。フランシスコ会、ドミニコ会の両托鉢(たくはつ)修道会を認可したことは、内面からの異端問題解決の努力でもあった。1204年の第四次十字軍は教皇の意図に反する結果に終わったが、教皇主宰の第四ラテラン公会議(1215)は中世最大の公会議であった。翌1216年7月16日に没したが、公会議の会場となったラテランのサン・ジョバンニ教会に教皇の墓所が設けられている。
[梅津尚志]2017年11月17日



改訂新版 世界大百科事典
インノケンティウス[3世]
Innocentius Ⅲ
1160-1216

ローマ教皇。在位1198-1216年。ローマの貴族の出身。パリで神学,ボローニャで法学を学んだ後教皇庁に入り,1198年38歳の若さで教皇となる。フリードリヒ2世の後見人としてドイツ皇帝の選挙に干渉し,離婚問題でフランス王フィリップ2世を破門し,イギリス王ジョン(欠地王)には封臣の誓いをさせるなど,教皇中最大の権威を誇った。彼の招集した第四ラテラノ公会議(1215)は異端対策,教会刷新,十字軍の組織化に大きな役割を演じた。
[今野 國雄]

[索引語]
Innocentius Ⅲ 第四ラテラノ公会議
ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。
インノケンティウス3世の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 60
検索コンテンツ
1. インノケンティウス(3世)
日本大百科全書
中世の代表的ローマ教皇(在位1198~1216)。本名ロタリオ・ディ・セニLotario di Segni。ボローニャ、パリ両大学で法学と神学を修め、37歳で教 ...
2. インノケンティウス[3世](Innocentius Ⅲ)
世界大百科事典
1160-1216 ローマ教皇。在位1198-1216年。ローマの貴族の出身。パリで神学,ボローニャで法学を学んだ後教皇庁に入り,1198年38歳の若さで教皇と ...
3. インノケンティウス3世(Innocentius III)
世界人名大辞典
 前名:Lotario de' Conti di Segni〔1160~1216.7.16〕 ローマ教皇[1198/1216].グレゴリウス7世の教権統治思想を ...
4. アダム(サン=ヴィクトールの)〔ラ〕Adam de Sancto Victore)
世界人名大辞典
ノートカーのものと並んで中世の続唱の頂点と見なされ,第4ラテラノ公会議[1215]において教皇インノケンティウス3世に賞讃された.〖続唱集〗 セクエンティア集: ...
5. アマルリック・ド・ベーヌ(Amalric de Bène)
世界人名大辞典
フランスの神学者,哲学者.エリウゲナの影響を受け,汎神論的な宗派を作り,その教説は教皇インノケンティウス3世に調査され,死後パリの宗教会議[1210],第4ラテ ...
6. アルビジョア十字軍
日本大百科全書
むしろ異端の活動はベジエやカルカソンヌ、そしてトゥールーズなどで活発であった。1198年、インノケンティウス3世は教皇位につくとともに異端対策を強化し、シトー派 ...
7. アルビジョア十字軍
世界大百科事典
策はシトー会が指導した。1208年教皇使節がトゥールーズ伯の家臣に殺害されると,教皇インノケンティウス3世は十字軍を宣布した。09年十字軍はリヨンに集結,ローヌ ...
8. 医学史
日本大百科全書
それらはいずれも慈善施設であった。11世紀から13世紀にかけての十字軍と並行して、教皇インノケンティウス3世とその協力者ギイ・ド・モンペリエはヨーロッパ各地を勧 ...
9. イギリス史画像
日本大百科全書
失った。王はイングランドの内政に専念したが、かえって北部貴族らの反抗を招き、また教皇インノケンティウス3世の推すラングトンのカンタベリー大司教就任を阻止したため ...
10. オットー4世(Otto IV)
世界人名大辞典
きかけで,シュヴァーベンのフィリップの対立国王に擁立された[98.6].介入した教皇インノケンティウス3世によりドイツ王として承認され[1201],教皇に多くの ...
11. カンタベリー(イギリス)
日本大百科全書
る物語の集成であるチョーサーの『カンタベリー物語』が生まれた。ジョン王は、ローマ教皇インノケンティウス3世の推すスティーブン・ラングトンの大司教就任を抑えて、そ ...
12. 教皇画像
日本大百科全書
併存・対立の状況のなかで、場合によっては政治世界にも大きな影響力を及ぼした。そこに、インノケンティウス3世らに代表される中世教皇権の隆盛期が現出した。 中世末期 ...
13. 教皇画像
世界大百科事典
そのためローマ教皇とドイツ皇帝との対立が激化していった(叙任権闘争)。聖と俗との戦いから,インノケンティウス3世(1198-1216)による全西欧キリスト世界の ...
14. 教皇領国家
日本大百科全書
ぎないと考えられる。 教皇が実質的に中部イタリアの主権者となるのは、1200年前後、インノケンティウス3世の復権recuperatio政策によるのである。すなわ ...
15. キリスト教画像
日本大百科全書
その後ドイツとイタリアでは、教皇派と皇帝派の争いが続き、結局、教皇の権力は帝権を完全に抑え、教皇インノケンティウス3世(在位1198~1216)の代には、教皇は ...
16. キリスト教画像
世界大百科事典
その後教皇ウルバヌス2世のときに十字軍が発足し(1096),教皇権の絶頂期を迎える。インノケンティウス3世(在位1198-1216)はフランスとイギリスでも支配 ...
17. キリスト教文学
世界大百科事典
》(作者不詳),つづいて〈来ませ尊き御霊〉の《黄金続唱》(S. ラングトンまたは教皇インノケンティウス3世作)などを生んだ。なおロスウィータには《聖女アグネスの ...
18. ギラルドゥス(〔ラ〕Giraldus Cambrensis)
世界人名大辞典
てアイルランドを説教旅行した.再び司教に選出された[98]が,カンタベリ大司教と教皇インノケンティウス3世の賛同を得なかった[1203].多くの著作(8巻)のう ...
19. グレゴリウス9世(Gregorius IX)
世界人名大辞典
di Segni〔1145~1241.8.22〕 ローマ教皇[1227/41].教皇インノケンティウス3世の甥.パリおよびボローニャに学び,教皇宮廷付司祭,つい ...
20. 検察
日本大百科全書
ッパにおいて、13、14世紀より16、17世紀にかけて糺問訴訟が行われた。ローマ教皇インノケンティウス3世は、1215年裁判官が訴えをまたず職権で秘密に犯罪を審 ...
21. 皇帝
日本大百科全書
、両者の対立的側面も含まれた。この闘争以後、教皇権の皇帝権に対する優越性が強化され、インノケンティウス3世は、教皇の皇帝戴冠の伝統を皇帝承認権にまで拡大解釈し、 ...
22. 古文書学
日本大百科全書
その左下に司祭、右下に助祭が証人として下署している。後者は、教皇の行政命令一般である。12世紀、インノケンティウス3世の黄金時代に教皇文書の書式も完成し、細部に ...
23. 裁判
日本大百科全書
ヨーロッパ大陸法の訴訟手続に大きな影響を与えた。佐藤篤士糾問訴訟から弾劾訴訟へ1215年にローマ教皇インノケンティウス3世は、裁判官が訴えを待たずに職権で秘密に ...
24. シチリア王国
日本大百科全書
その子フリードリヒ2世は、シチリア王国を教皇庁の封建臣下の位置にとどめておこうとする教皇インノケンティウス3世と争い、シチリア王国を足場に皇帝権の確立を企てた。 ...
25. シチリア王国
世界大百科事典
権を主張し,各地の抵抗を鎮圧して即位した(在位1194-97)。彼の死後,王国は教皇インノケンティウス3世の仲介によってハインリヒの子フリードリヒ2世(在位11 ...
26. 宗教会議
日本大百科全書
集されるに至ったからである。1123年のラテラノ(ラテラン)会議がその始まりである。インノケンティウス3世の招集した第4回ラテラノ会議は教皇権の絶頂を示し、教義 ...
27. 慈善事業
世界大百科事典
もある。聖霊病院は1179年にはじめて南フランスのモンペリエにつくられ,98年に教皇インノケンティウス3世の承認を得,巡礼の保護を使命とする修道院として形を整え ...
28. 十字軍画像
日本大百科全書
別名「方向転換十字軍」とよばれる第4回十字軍(1202~04)は、教皇権の絶頂期を代表するインノケンティウス3世の提唱により、また西欧修道制の理念を標榜(ひょう ...
29. 十字軍史(年表)
日本大百科全書
 リチャード・サラディン協定(巡礼の自由を確保)1202第4回十字軍(~1204)(インノケンティウス3世)12044月12日 コンスタンティノープル占領、ラテ ...
30. 十六世紀フランス文学 244ページ
文庫クセジュ
アンリ・ダングーレーム Henri d'Angoulême 146 イザボー Isabeau 56 インノケンティウス3世 Innocentius III 24 ...
31. ジョン(王)
日本大百科全書
おい)を殺害してフィリップの怒りを買い、1204年大陸領の大部分を失った。さらに教皇インノケンティウス3世の推すスティーブン・ラングトンのカンタベリー大司教就任 ...
32. ジョン(欠地王)(John (Lackland))
世界人名大辞典
失い[1202-05],以後その奪回が悲願となった.ラングトンのカンタベリ大司教叙任を拒んで教皇インノケンティウス3世と対立[07],破門された[10]が,のち ...
33. ジョン[欠地王](John the Lackland)
世界大百科事典
マグナ・カルタ)を承認させた。他方カンタベリー大司教が空位となって(1205),教皇インノケンティウス3世がラングトンを後継者に決定したさい,ジョンはこれを拒否 ...
34. 選帝侯
世界大百科事典
で挫折した後,選挙王制がますます促進された。1198年の史上初の二重国王選挙は,教皇インノケンティウス3世を裁定者とし,教皇選挙法に代表される教会法の自由選挙の ...
35. 総合年表(ヨーロッパ)
日本大百科全書
チャード1世)、キプロス島を占領1194ハインリヒ6世、シチリア島を征服1198教皇インノケンティウス3世即位(~1216)1199イギリス、ジョン王即位(~1 ...
36. 破門
世界大百科事典
たとえばグレゴリウス7世によるドイツ王ハインリヒ4世の破門(カノッサの屈辱,1077),インノケンティウス3世によるイギリスのジョン欠地王の破門(1213)はよ ...
37. バカリウス
日本大百科全書
に注釈をした『貧者の書』Liber pauperum(1149)を著した。晩年、教皇インノケンティウス3世の命により北方十字軍を提唱した。佐藤篤士 ...
38. フィリップ(シュヴァーベンの)(Philipp von Schwaben)
世界人名大辞典
3],フランス王フィリップ2世と同盟した.対立国王オットー4世との王位争いでは,当初教皇インノケンティウス3世の支持を得られなかったが,次第に力を増大させ,ヴァ ...
39. フランシスコ会
世界大百科事典
るが,原文は散逸して伝わらない。10年,彼らの理想と誠実な説教活動を高く評価した教皇インノケンティウス3世により口頭の認可をうけて修道生活を開始したが,フランチ ...
40. フランチェスコ
日本大百科全書
奉仕と托鉢(たくはつ)の生活を始めた。この生き方に共鳴した若者が集まってくると、ローマに赴き、教皇インノケンティウス3世から修道会としての認可と説教の許可を受け ...
41. フランチェスコ(アッシジの)(Francesco d'Assisi)
世界人名大辞典
霊感を受け[08頃],修道と伝道に専念した.門弟が12人に達した時ローマに赴いて教皇インノケンティウス3世の認可を得て[09],宣教の範囲を広め,全イタリアから ...
42. フリードリヒ(2世)(ドイツ国王、神聖ローマ皇帝)
日本大百科全書
シチリアの母后のもとで育てられた。母后は息子のドイツ王位継承権を放棄、シチリア王として即位させ、教皇インノケンティウス3世を後見人に選んだ。だがウェルフ家のドイ ...
43. フリードリヒ[2世](Friedrich Ⅱ)
世界大百科事典
ィリップ(シュタウフェン家)の二重王権の対立状態が現出する。その間フリードリヒは教皇インノケンティウス3世の後見のもと,シチリアで多才で早熟な若者に成長。フィリ ...
44. フリードリヒ2世(Friedrich II)
世界人名大辞典
イツ王に選出される[1196]も翌年に父が急死,その後二重国王選挙が起きたため,教皇インノケンティウス3世の後見下に成長,シチリア王となる[98].ヴェルフェン ...
45. プランタジネット朝
世界大百科事典
ケットの支持者アレクサンデル3世,大司教ラングトンの就位に反対するジョン王を破門したインノケンティウス3世,聖職者への課税をめぐってエドワード1世と対立したボニ ...
46. マグナ・カルタ
日本大百科全書
を買った。またカンタベリー大司教位を空位にしてその間の収入を横領したため、09年教皇インノケンティウス3世より破門され、14年には貴族の支持を失って、大陸領回復 ...
47. モンフォール(Simon Ⅳ, Le Fort de Montfort)
世界大百科事典
第4回十字軍に参加し,ベネチア人の奸策に加担することを拒んで,パレスティナに向かう。のちインノケンティウス3世により宣布された南フランス異端討伐のアルビジョア十 ...
48. 弓矢画像
世界大百科事典
第2次ラテラノ公会議(1139)はキリスト教徒相互間の戦闘に弩を用いることを禁止し,インノケンティウス3世の勅命もこれを繰り返したが実効はなく,フィリップ2世も ...
49. ラチオ[州]
世界大百科事典
確立しておらず,ラチオ一帯は貴族,小コムーネ,ドイツ人封建領主などが割拠していた。1198年に即位したインノケンティウス3世は,反皇帝運動の中心となり,教皇領の ...
50. ラテラノ公会議
世界大百科事典
(バルバロッサ)との〈ベネチアの和議〉を確認するため開催。(4)第4回(1215) インノケンティウス3世Innocentius Ⅲによって召集され,異端鎮圧や ...
「インノケンティウス3世」の情報だけではなく、「インノケンティウス3世」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

インノケンティウス3世と同じ世界史上の人物カテゴリの記事
ナポレオン [改訳](文庫クセジュ ベストセレクション)
ナポレオン[改訳] 文庫クセジュ79 アンリ・カルヴェ著/井上 幸治訳 歴史・地理・民族(俗)学 第一章 ナポレオンの出身、青年時代 ボナパルト家 いま知られるところで、ナポレオンのもっとも古い祖先は、十五世紀末にあらわれたフランソワ・ボナパルトである。
范寛(世界人名大辞典・世界大百科事典)
名:中正 字:中立(仲立)中国北宋の画家.華原(現,陝西銅川)の人.性格が温厚で度量が大きかったことから「寛」とあだ名されるようになったという.在野の山水画家で,天聖年間 [1023-32]には,なお在世していたとされる
イブン・スィーナー(世界人名大辞典・世界大百科事典)
イスラーム哲学者,医学者.ブハラ(現ウズベキスタン)でサーマーン朝のペルシア人官吏の子として生まれ,イスラーム,ギリシア,インドの諸学,特に哲学,医学,数学,天文学などを極めた.サーマーン朝の王子を治療して宮廷に出入りし
ウィリアム1世(世界人名大辞典・世界大百科事典)
1027(28)~87.9.9イングランド王 [1066/87].ノルマンディー公ロベール1世(悪魔公)(Robert I le Diable †1035)の庶子.父が没するとノルマンディー公ギヨーム2世(Guillaume II)となり [1035-87],ハロルド2世がイングランド王に即位する [66]と,先王エドワード(証聖王)による
朱熹(世界人名大辞典・世界文学大事典)
1130.10.18[建炎4.9.15]~1200.4.23[慶元6.3.9]中国南宋の思想家,儒者.一般に朱子と呼ばれる.本籍は徽州の婺源(ぶげん)だが,福建尤渓(ゆうけい)(現,福建三明)で生まれた.科挙に合格,地方官として各地をまわるが,地元の福建で教育と学問に携わる期間が長かった
世界史上の人物と同じカテゴリの記事をもっと見る


「インノケンティウス3世」は人物に関連のある記事です。
その他の人物に関連する記事
服部半蔵(世界大百科事典・日本架空伝承人名事典・日本大百科全書)
徳川氏の部将。半三とも書く。石見守,名は正成(まさなり)。父保長(石見守),子の正就(まさなり)(石見守)・正重(伊豆守)兄弟も半蔵(半三)を通称とする。服部氏は伊賀を本国とし,保長のときに三河国に至り徳川(松平)氏の家臣となった
石川五右衛門(世界大百科事典・日本架空伝承人名事典・日本大百科全書)
安土桃山時代の盗賊の頭目。豊臣政権に反発する義賊というのは江戸時代の浄瑠璃や歌舞伎において粉飾された説で,《言経卿記》《豊臣秀吉譜》,アビラ・ヒロン《日本王国記》などによれば凶悪な窃盗である。1594年8月23日親子党類ともに京都三条河原で極刑に
与謝野晶子(国史大辞典・日本大百科全書・日本人名大辞典)
一八七八 - 一九四二 明治から昭和時代にかけての歌人・詩人。本名しよう。明治十一年(一八七八)十二月八日、堺県甲斐町(大阪府堺市甲斐町)に生まれる。生家は菓子商駿河屋。父鳳(ほう)宗七・母つねの三女。堺女学校補修科卒。はやくから古典に親しみ
横山大観(国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
一八六八 - 一九五八 明治から昭和時代にかけての日本画家。明治元年(一八六八)九月十八日、水戸城下三ノ町(水戸市城東二丁目)に酒井捨彦の長男として生まれる。幼名秀蔵、秀磨。のち母方の横山家を継ぐ。明治二十二年新設の東京美術学校に入学
山県有朋(国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
一八三八 - 一九二二 明治・大正時代の政治的、軍事的最高指導者の一人。号、含雪。天保九年(一八三八)閏四月二十二日長州萩城下川島村(山口県萩市川島)の下級武士の家に生まれる。父は有稔、母は松子。幼名は辰之助、小助、小輔。少年期から槍術に励んだ
人物に関連する記事をもっと見る


ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る