ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 歴史
  6. >
  7. 遺跡
  8. >
  9. 寺・神社・教会
  10. >
  11. 阿蘇神社

ジャパンナレッジで閲覧できる『阿蘇神社』の辞書・事典・叢書別サンプルページ

日本歴史地名大系・国史大辞典・世界大百科事典

日本歴史地名大系
阿蘇神社
あそじんじや

[現]一の宮町宮地

宮地みやじ市街地の西方にあり、約一万坪の境内を有する。祭神は健磐龍命を主神とする阿蘇十二神。古代は式内社として、中世は肥後国の一宮として、近代は官幣大社としての伝統をもつ九州の名社。現社殿は南面する三本殿・拝殿・楼門・回廊を有し、その年間神事は国指定重要無形民俗文化財となっている。また古代・中世の関係史料は、「大日本古文書」のうち「阿蘇文書」として刊行されている。主神健磐龍命直系の子孫と称する阿蘇氏(中世は宇治氏)が社家を主宰し、他の諸神の子孫と称する宮川氏(中世は山部・草部・下田氏など)が祭祀をつかさどって現在に至る。

〔信仰〕

信仰の内容は火山神と地域祖霊社の合体したものである。火山信仰の初見は、七世紀前期に唐の魏徴が編纂した「隋書」倭国伝に「有阿蘇山、其石無故火起接天、俗以為異、因行祷祭」とみえ、阿蘇山の噴火を異変として、山麓の住民が祭祀を行っていることを示し、遣隋使から伝聞したのであろう。次いで、「釈日本紀」引用の「筑紫風土記」は次のように述べる。

筑紫の風土記に曰はく、肥後ひのみちのしりの国閼宗の県あそのあがた。県の坤のかた廾余里に一つの禿あかはだか なる山あり。閼宗の岳と曰ふ。頂にあやしき沼あり。石壁、垣を為す。縦は五十丈、横は百丈ばかり、深さは、或は廾丈、或は十五丈なり。清きふち百尋ももひろにして、白緑びやくろくきてそこと為す。浪を五の色にいろへて、黄金を〓へて間を分つ。天の下の霊奇くしびなるもの、〓に華と出でつ。時々水満ち、南より溢れ流れて白川に入れば、もろもろの魚酔ひて死ぬ。土人くにひと苦水にがみづと号く。其の岳のかたちたるや、半天あめあたりて傑峙そばだち、四の県を包ねて基を開く。石に触ひて興る雲は、五の岳の最首かしらと為り、さかづきうかべて分るる水は、寔、もろもろの川の巨き源なり。大きいきほひ巍々たかく、まこと人間ひとのよ有一ただひとつあり。奇しき形は杳々はろけく、これ、天の下に双なし。地の心くにのもなか居在れるが故に中岳なかだけと曰ふ。謂はゆる閼宗の神宮かむつみや、是なり。

「日本書紀」の注釈書である「釈日本紀」は鎌倉末期の卜部兼方の著作だが、この記事は奈良時代の「風土記」によると判定されており、八世紀の阿蘇火山信仰の対象が明らかにされているとみてよい。すなわち阿蘇神宮とは、頂上の水をたたえた火口湖(霊沼)で、さらにはこの霊沼を有し、四郡にまたがり、群川の源を生んでいる中岳をさすというのである。したがって火口湖・火山を神とする日頃の信仰があり、噴火は神の意志が表される異常な事態として受けとめられていたということができよう。「日本書紀」景行天皇紀に、天皇が阿蘇に至り、広漠として人跡がないため、人はいるかといったところ、阿蘇都彦・阿蘇都媛の二神が顕現したという話があり、これは阿蘇の地名由来説話として重視されてきた。しかし二神が夫婦の形で現れていることは、生産・生育を象徴するもので、また「人なきか」という外部政治勢力の進出に対抗して、先住権・領有権を主張しているのであるから、この夫婦神は阿蘇の地の開発神・土地神として理解されるべきである。これら二神は土地とともに、そこに生活する人間集団を生んだ祖神であるという、地域共同社会の側の説話に結びつくといえよう。景行天皇の事績は四世紀前半とされ、神話・伝承のなかにあるが、「書紀」の成立は八世紀前半で、阿蘇都彦・阿蘇都媛の説話は八世紀以前に成立していたとみてよい。火山の祭祀と併存して、地域農耕社会の成長による、祖神・開発神への祭祀が存在し、さらに自然神(火山)と人格神(祖神)が合体した形で阿蘇社の神々が成立したと思われる。現在の地に社殿が建設され、山上火口を上宮、社殿を下宮とよぶようになった時期は、その完成された姿であるというべきであろう。阿蘇谷の開発は、東北部の一隅である手野てのを中心に拡大されたとされ、同地に鎮座する国造こくぞう(主神は健磐龍命の子速瓶玉命)の社殿に近く、祭神夫婦の墓とされる上御倉かみのおくら下御倉しものおくら古墳があり、さらに西南の低地にあたる中通なかどおり地区一帯には大小の古墳群が点在する。この平野と中岳火口とを結ぶ直線上のほぼ中間に下宮社殿があることは、阿蘇社のもつ二つの性格をまさに象徴している。

火山神の祭祀と祖霊神の祭祀が緊密に結びついた契機については、大和朝廷の氏姓制度の下でも従来の支配権を温存していた阿蘇国造家が、律令制度の地方行政組織のなかで、従来の小国家の王権の伝統を否定され、評督・郡司という末端の行政官人の地位に甘んじなければならなくなった状況に追込まれたゆえと考えられる。旧国造家郡司には伝統的な氏の祖神祭祀権が認められる場合が多かったが、阿蘇国造家がこれをてこに中央への発言力を得る方向を見いだそうとし、超地域的な火山神を祖神信仰と合体させたと考えられ、その時期は七世紀後半から、八世紀前半のことであろう。中世の阿蘇社神事のうち、一二月初卯の駒取祭は、火口の上宮より神霊を下宮に迎え取る神事で、神宮権官在庁らは鞍に幣帛をさした神馬を引いて上宮(火口)へ登山し、下宮に至れば百日精進の大宮司家の息女が神を迎えて奉仕し、これより新年に備えて下宮の神霊は充実される。後述のようにこの神事に在庁役人も参加していることは、地域の神から国家の神への地位を認めさせる神事でもあったことを示している。八世紀末から九世紀にかけて、律令中央政府の阿蘇社に対する施策がみられ、阿蘇社の宗教的権威を中央が受入れていく過程がわかる。延暦一三年(七九四)宇佐うさ宗像むなかた・阿蘇の各社に度者三人を与えたという記事(類聚国史)に始まり、以下延暦一五年の神霊池涸減(日本後紀)、弘仁一四年(八二三)健磐龍神に神階・封戸(日本紀略)、天長二年(八二五)神霊池涸渇(同書)、承和五年(八三八)遣唐使安全祈祷僧配分(続日本後紀)、同七年神階従四位上、さらに従三位(同書)、同九年祟りにつき奉幣(同書)、同一四年国造神宮社(同書)、嘉祥三年(八五〇)神階正三位(文徳実録)、仁寿元年(八五一)神階従二位(同書)、同二年阿蘇比〓神従四位下(同書)、斉衡元年(八五四)封戸三〇戸(同書)、貞観六年(八六四)健磐龍神正二位・神霊池沸騰・比売神嶺の三石神の一つ頽崩(三代実録)、同七年神霊池沸騰・溢水(同書)、同八年阿蘇大神怒気懐く、奉幣読経(同書)、同九年阿蘇山嶺に奇光(同書)、同一〇年阿蘇比〓神正四位下(同書)、同一七年同神従三位(同書)、寛平四年(八九二)神戸五烟寄付(日本紀略)の記事まで続く。阿蘇神の神階は九世紀の約一〇〇年未満の間に一〇年刻みで上昇し、承和七年のごときは年間二回にも及んでいる。また主神の神位が極位に至ると、第二神の神位が上昇し、国造社も官社化され、「延喜式」神名帳の基礎がこの間に形成されていることが認められる。

この神階上昇の根拠は神霊池の涸渇と祭神の性格にあった。火口に水をたたえる神霊池は、旱雨にも増減ないことが普通であったが、この涸渇・沸騰・溢水現象を異変に対する神の予告・警鐘と崇め、神階・奉幣・読経・封戸が捧げられるのであって、中世のように、噴火を異変の予告としていることとは少し相違している(これは火山活動の相違ともみられる)。またこの神霊池は祭神健磐龍命の名の起りである竜神の性格と結びつけて、旱天祈雨の霊験ある護国救民の神であるという説明がなされ、さらに水神として、遣唐使の航海安全祈願という国家事業への協力を宇佐・宗像両社とともに果すことが求められたと思われる。本来の健磐龍神とは、「三代実録」貞観六年一二月二六日条の阿蘇山嶺にある四丈ほどの三石神を表現する「タテイワタツ(竪岩立)」のタツの音を龍の字に当てて作り出された神名であろうが、阿蘇開拓神の阿蘇都彦・阿蘇都媛の夫婦神を火口神と合体させることにより、火口と一体であった石神を分離し、神威を強調しやすい神霊池を健磐龍神に、石神(山嶺)を第二神比〓神の夫婦神とする神格に作り変えたと考えられる。中世に至り、山嶺や石神が忘れられ、火口湖が三つに分れると、それぞれ中ノ御池を健磐龍神、北ノ御池を比〓神、法施崎ほうしざきを彦御子神と、阿蘇山旧記抜書(西巌殿寺文書)はあてている。

〔十二神〕

「阿蘇社神系図」は、阿蘇社内の社家としてかかわる大宮司家・権大宮司家・祝家の祖と結びつき、現世における社会的序列と相応している。すなわち、健磐龍神直系の子孫が大宮司家であり、比〓神の父である国龍神(吉見神)の子孫が権大宮司家、さらに国龍神の弟(または子)とされる新彦神系の子孫が祝家とされる。九世紀以来阿蘇社祭神として中央にも知られ、「延喜式」などの記録にも示されるのは健磐龍命と比〓神・国造神の三神で、これが根幹となったであろうが、完成した一二の祭神系図は一〇神まで奇数男神・偶数女神の夫婦神の形を基本に、一宮健磐龍神系・三宮国龍神系・七宮新彦神系・その他十二宮金凝神らの四グループに分類できる。また正平年間(一三四六―七〇)の神体寸法記録からみても、神格は数番の若いほうが上位にあると認められるが、神系図の尊卑順位と一致しない部分がみられ、これらの十二神は基本三神から幾度かの増補をもって完成したものと推測される。神系図に吸収された神々は、阿蘇郡の共同体の神でもあった。三宮国龍神は吉見神ともよばれる南郷谷の神であり、国造社はその祭神に雨宮・火(日)宮という阿蘇谷北外輪山麓の小国おぐに地方の神を背景とし、また本社周辺の鶴原社や年禰社は本社の祝らの小社であったから、七―十宮系の背景は宮地周辺にあったことがわかる。

阿蘇本社の本殿は、永享(一四二九―四一)頃作製されたとされるものを江戸時代に写した阿蘇社頭絵図写(阿蘇家文書)では、社殿は東面して中央南に一宮、北に二宮があり、一宮の南に奇数男神三―九宮四男神を祀る南四宮、二宮の北に偶数女神四―十宮を祀る北四宮があり、その両端に南面する十一宮と北面する十二宮が向かい合って鎮座する。十一宮国造神は健磐龍神の子で、大宮司家初祖とされる六宮の父にあたり、尊卑順位は高いのにかかわらず祭神順位が低く、その妃神は祭神順位に加わっていないこと、また十二宮金凝神(綏靖天皇)は、地域とも所縁のない中央の皇統第二代天皇である。これらからまず推測されることは、健磐龍神・比〓神を中心に形成されつつあった祭神構成に、十一宮・十二宮が追加されたものであるとみられる。また、東面する四つの本殿の構成からも、一宮・二宮本殿と北四宮・南四宮本殿の存在は祭神の成立の時間的前後を示している。また三宮―六宮は夫婦神としてととのっているが、祝家祖神の七―十宮各神の順位が他の夫婦神のようにととのわず、これら諸神の個性も乏しい。

阿蘇十二神の形は、健磐龍神と比〓神を核に、まず最初に比〓神の父国龍神夫婦神(三宮・四宮)と大宮司家始祖彦御子神夫婦神(五宮・六宮)を加えた神系図が作られ、次に祝家祖神ら(七―十宮)が形成され、さらに国造神・金凝神(十一宮・十二宮)が加わって十二神となったとみられる。この十二神は一年一二月と対応している故に、完成された数としてこれ以上の本祭神の増加がなく、ほかに政治配慮もからんで、十一宮・十二宮は夫婦神の組合せで祭神に納める形をとれずにまとめられたと考えられる。これら十二神の成立は一三世紀とする見方があるが、治承二年(一一七八)三月一三日の阿蘇社宮師僧長慶譲状案(阿蘇家文書)に「三御宮免 八段」「金凝宮御供田」とあり、さらに阿蘇社領の成立が一一世紀後半(承暦年間)であることよりみて、一〇世紀から一一世紀前半にかけて形成された可能性が大きい。一一世紀の阿蘇社に関する中央の史料は四件にとどまるが(百錬抄・後二条師通記・続左丞抄・中右記)、いずれも「阿蘇社御正躰」と、祭神を問題としていることは、きわめて象徴的であるといわねばならない。

〔社領〕

弘仁一四年(八二三)健磐龍命に封戸「二千」戸が与えられている(「日本紀略」同年一〇月二二日条)。これは「二十」戸のあやまりとされるが、阿蘇社には律令政府によって二〇戸分の調庸のすべてと田租の半分が保証され、これにより日常の社殿の修理・造営や神用調度の補給の財源が増加したことを示す。もちろん本格的な造営や神宝造替は三三年に一度国の正税をもって行われた。これら神戸の口分田はやがて神用田として固定していったであろう。元亨元年(一三二一)三月三日の阿蘇社進納物注文写(阿蘇家文書)のなかの肥後国初米進納所々注文によれば、社領外の肥後国内に初米進納地一七ヵ所・春冬神主祭進米五ヵ所・霜宮進米一ヵ所・御嶽進米二ヵ所があげられ、これらは律令行政下の国衙貢進祭料米田の伝統が中世まで存続したのであろう。建久六年(一一九五)二月日の肥後国司庁宣(阿蘇家文書)によれば、益城ましき・八代・宇土うと三郡に阿蘇・甲佐・健軍三社の免田(神田)があったことは明らかで、これらは大まかな地域に面積を指定する「浮免」とよばれる形であったが、国司・国衙(肥後国司留守所)は荒田と熟田を混じえて、郡郷里坪をはっきりさせた具体的場所に公田と区別して片寄せ、甲佐社の社領として承認した。阿蘇郡でも同じように三社浮免田が片寄せられて阿蘇本社領の免田が具体的に里坪を固定されて承認されていたかもしれないが、本社の場合、部分的神田の問題を超えた一郡神領化が先行していたと考えられる。

元弘三年(一三三三)一一月四日、建武新政権は元弘の変における博多合戦参加、さらに鞍岡くらおか(現宮崎県西臼杵郡五ヶ瀬町)合戦の恩賞として阿蘇大宮司が要望していた阿蘇郡四至境をかつての承暦(一〇七七―八一)の国宣に任せて再確認した(「雑訴決断所牒」阿蘇神社文書)。このことは阿蘇社が阿蘇郡の支配を有することを認められたことで、阿蘇郡は実質的に阿蘇社の神郡となった。この根拠となったのは寛弘八年(一〇一一)二月一一日の阿蘇郡四境注文写(阿蘇家文書)の外題に記された承暦二年二月一四日の国司庁宣で、その内容は元弘の恩賞で認められた本家職・領家職を兼ねた一円支配とは実質的に相違があり、神戸収益の伝統につながる半不輸領のごときもので、国衙の権限が郡内に残存する形で一郡社領化が行われたとみられる。一郡の社領化は中央権力である院や貴族権門とのつながりを生じたことでもあった。平安時代末期成立の郡名を称する規模の大きい荘園は、院や皇室領荘園化の例が多いとされ、阿蘇社領の場合も皇室領であったことは平治元年(一一五九)九月二九日の太政官牒案(安楽寿院古文書)にみられる。安楽寿院は一一ヵ所の荘園と二ヵ社の末社を「年旧・庄号日久」と述べ、このなかに「壱処字阿蘇庄 在肥後国」を末社二ヵ所のうちに数えている。ただし実質的に荘園としての阿蘇社領の荘支配権を有していたのは村上源氏であった。治承四年(一一八〇)一月日の大納言源定房家政所下文写(阿蘇家文書)は、宇治惟泰を阿蘇・健軍両社大宮司に補任するとともに、「御〓貢沙汰」を命じ、阿蘇大宮司は荘園としての阿蘇社領の荘官の地位を兼ねることになり、社領中の生産物の京貢進の現地責任者になっている。ただし荘園領主が「御〓貢沙汰」を期待したのは、阿蘇大宮司が単なる司祭者の長であったからではない。宇治惟泰は源平争乱の初期の養和元年(一一八一)菊池隆直に与同して平氏に背き挙兵した人物の一人で(「吾妻鏡」同年二月二九日条)、平安後期の阿蘇大宮司は地域武士団の統率者として、在地の実質的実力者の地位を有していた。

律令行政下の阿蘇郡は「和名抄」で波良はら知保ちほ衣尻きぬしり・阿蘇の四郷に分けられるが、その後郡内は東・西・南・北四郷と地域的に分割構成されていたことは確かである。このうち、阿蘇谷には東・西・北の三郷が、南郷谷には南郷が設定され、これが郡内の本郷として基本的単位となったといえるが、時期的に一郡神領化と即応するかどうか判断できない。鎌倉時代(一二世紀末)以後は、この各郷の下に、具体的地名を冠する郷が規格的本田面積をもって属した。これらは本来一〇町一戸分という含みで、神役負担単位としての意味をもった支配組織であったとみられる。これとともに、本社神殿周辺の地は「宮地四面」とよばれ、一般の郷々とは負担や支配の異なる根本的神領・神戸の民の伝統をもった直属地であった。宮地四面と諸郷によって構成された社領行政単位は、さらに南北朝以降郷内に開発された集落(村)が田地を有し、負担能力をもつようになると、諸郷と並列の単位として順次把握され、応分の年貢・神役・公事を果すようになる(建武三年三月一一日「阿蘇社領郷村注文写」阿蘇家文書)

〔大宮司の武家化〕

阿蘇大宮司家は平安末より南郷を本拠とし、未開の地に小村を開発して私領を増やし、在地領主としての側面をみせ、源平争乱にも加わっている。鎌倉幕府が成立し北条氏が阿蘇社領の預所職・地頭職の地位を得ると、私領安堵の下文を受け、あるいは地頭代・預所代としてその下風に立つことを余儀なくされた。阿蘇本社領をはじめ、健軍・甲佐・郡浦各社の地頭職を得たのは北条得宗家であったが、同家は元寇以降その地位を時定・随時・定宗ら近親に預けた。時定は阿蘇郡小国に満願まんがん(現南小国町)を建立し、鎮西下向の足がかりとした。元弘の変で菊池氏とともに後醍醐天皇に協力した阿蘇大宮司は、その恩賞として阿蘇郡本社領一円支配権を認められるとともに、従来の本家・領家の荘園主権を廃し、末社の排他的管理権を認める綸旨を得た。これにより阿蘇大宮司は、旧来の北条氏や中央荘園領主の権限を併せ、阿蘇郡をはじめ益城郡に及ぶ最高の領主権を入手し、社領内政教最高の権威と武力を背景に、肥後国の有力国人として中世後期の活動がみられる。阿蘇谷の社領では、祭祀にたずさわる社家や大宮司の統率下にある中小武士が給人(知行人)として諸郷を与えられ、阿蘇社への祭祀と大宮司への軍役奉仕の義務を負う関係が基本的には中世後期を通じて存続していた。

戦国末の島津氏の肥後国進出によって阿蘇氏の政治勢力は衰え、続く豊臣秀吉の九州出兵において旧来の地位はほとんど否定され、阿蘇社の祭祀も衰退した。加えて秀吉は梅北の乱後の処理のついでに、郡中不穏の責任を幼少の大宮司惟光の罪として自殺せしめ、阿蘇氏の政治勢力は消滅した。加藤清正は、慶長六年(一六〇一)惟光の弟惟善に三五八石余の知行を与えて阿蘇神社神主の地位を認めた(同年一〇月一四日「加藤清正所領充行目録」阿蘇家文書)。惟善は下宮の地宮地に移り、近世における阿蘇社の社家と祭祀が復活した。細川藩政も前代の方針を継承して阿蘇社の祭祀興行を保証し、神主三五八石・社家一六六石・衆徒一八九石・行者一六〇石・神領一〇〇石・その他を含め九八九石余の知行を与えた(寛永一〇年一月七日「細川忠利判物」同文書)。貞享四年(一六八七)さらに一〇〇石追加されたが(同年一二月二八日「細川綱利判物」同文書)、社殿は幕末の再建で面目を改めるまで仮殿にとどまった。明治四年(一八七一)国幣中社と定められたが、同一八年頃より官幣社昇格運動が起こり、同二三年官幣中社、さらに大正三年(一九一四)には官幣大社として由緒相応の社格を得、第二次世界大戦後の神道指令による国家神道の廃止、宗教法人化への変更まで保った。

〔社家〕

建久七年(一一九六)六月一九日の阿蘇社領家下文(阿蘇神社文書)は、宇治惟次を大宮司に補任することを「三社中司氏人祝部供僧」に宛て、正治二年(一二〇〇)四月一五日の阿蘇社領家下文(阿蘇家文書)も「三社沙汰人祝供僧等」に宛てて、任満了により他人に補任するも、供僧・祝の訴えにより本職に還補するとしている。これはすでに平安時代に後世の神官・権官・供僧の存在が確認され、また律令制下の大宮司については六年の任期制が原則であったが、阿蘇社の場合もその痕跡が鎌倉初期にみられ、平安時代には一族のなかから選任されたことをさしているとみられる。阿蘇社年中神事次第写(阿蘇家文書)の「人料次第」と「御田殖神事」とされる部分の記載には、完成された中世阿蘇社家の構成が網羅されているとみてよい。これによれば、(一)大宮司(惣官)一人、(二)社家のうち(イ)神官(祝)一二人、(ロ)権官八人、(三)供僧、(イ)天上供僧六人、(ロ)その他九人、(四)御灯三人、(五)神人、(イ)本神人一〇人、(ロ)下神人七人、(六)御供添神人三人、(七)御供添御灯二人、(八)楽所、(イ)別当など一座四人、(ロ)その他楽人一二人、(九)田楽、(イ)別当一人、他楽人八人、(一〇)添祝、(イ)一宮・二宮・北宮添祝三人、(ロ)他一人となっている。このうち大宮司の下で社の祭祀・行政の中枢となっているのは、十二神の祝である神官と、権大宮司ら社の行政職員および摂社の祝よりなる権官八人、計二〇人の社家で、これに準ずるものとして、神宮寺供僧のなかから、天上供僧六人が本社の祭祀に参加する。

大宮司職は健磐龍命直系五宮の彦御子神(惟人命)の子孫とされる阿蘇氏が宇治氏を称し、その惣領家が中世以降世襲するようになったが、その初見は平安時代末と思われる大宮司宇治惟宣解(阿蘇家文書)である。神官は「経」や「宗」などをおもな通字とする山部氏に独占され、各宮と各祝家は固定されず、十二祝より一祝まで、順次昇任していくことを原則としていた。彼らは神系図の七宮(新彦命)・九宮(若彦命)の子経末を祖とするとされるが、「百錬抄」によれば、寛治元年(一〇八七)阿蘇社祝恒富が神体を負って逃脱するという事件があり、「恒」と「経」は同音であるところから、神官山部一族の存在は、一一世紀末をその初見とすると推定される。権官のうち、権大宮司は草部・下田氏を称し、三宮(国龍神)の直系であるとされ、権官の筆頭として社の行政実務の総責任者であった。権官にはほかに社の事務系統に属する修理職・擬大宮司・権擬大宮司と、十二神以外の神の祝である年禰祝・諸神祝・天宮祝・北宮祝が属していた。年禰社は神官山部氏一族の社であり、諸神社は日本名社二二社を祀り、天宮とは阿蘇山上の社をさし、重要神事には天宮祝は座の中央に着座するとされ、この祝は笠氏に世襲されていた。北宮社は本社に祀られた国造神の旧地手野の国造社をさしている。これらは本社十二神のうちには加えられなかったが、地域的・政治的配慮から、これらの祝は権官として本社の祭祀・行政に参加しているのである。また神仏習合により阿蘇社にも供僧があり、とくに殿上供僧は、社家とともに祭祀に参加することが認められる。いっぽう阿蘇山上には、天台系修験の衆徒・行者が住坊を営み、健磐龍命の本地を十一面観音とする信仰を形成していた。建久六年七月二八日の北条時政のものとみられる平某下文(阿蘇家文書)は阿蘇御峯住僧等に宛てて、天宮祝との争いを裁定している。彼ら西巌殿さいがんでん寺の僧徒は、広義には阿蘇信仰のうちに包括されるが、直接には供僧のように阿蘇社祭祀とは関係しなかった。しかしながら中世後期の阿蘇大宮司の政治的・宗教的支配圏のなかに、社家や武家と並んで阿蘇社領の中の支配階層として存在していた。

中世に最も整備された阿蘇社の組織は、戦国末期の阿蘇大宮司家の政治的衰退、秀吉の旧勢力否定の政策により壊滅し、加藤清正によって復活・再編成された。江戸時代に存続した組織は、大宮司の下に社家二一人、その下に神人一五人、その下に巫一八人、さらに俗人若干をもって構成された。大宮司は阿蘇氏、社家は宮川氏を称し、神人は社家の一族、巫は神人の一族の黒田氏や岩下氏が勤めたとされる。

〔神事〕

阿蘇社と国造神社の年間神事は阿蘇の農耕祭事として国指定重要無形民俗文化財。古代における祭祀の実態は不明だが、その集大成は阿蘇社年中神事次第写(阿蘇家文書)にみられる。この史料は一月より一二月までの各神事につき、主担当者、祭祀内容と祭祀分担、神饌・下行物などについて述べているが、これらは古代以来の伝統をもつものに中世に発生したものを加えたもので、現在の神事は近世・近代におけるその取捨変容によるものと考えられる。年間神事を分類すると、月例の一日と卯の日の祭、宮廷儀礼、国衙の祈年祭、農耕神事、狩猟神事、火山神遷宮神事、仏教関係の祭、社家の祭、領主の祈願の祭などに分けられる。毎月初卯・中卯・乙卯と三回の卯の日の祭では、神楽が行われるが、なかには二月の初卯の春神主祭や下野狩、一二月の初卯の駒取祭と重なる場合もある。宮廷儀礼に由来するものに一月一三日の踏歌の節会があり、祭料は国衙より納められる。また二月の初卯春神主の祭も国衙より祭料が納められ、国の祭とも記されるが、国幣を受ける官社としての「延喜式」の「国司祭祈年神」にあたる。このような国衙の奉幣は踏歌祭・春神主祭のほかに一一月二〇日の新穀感謝の冬神主祭、一二月の駒取祭にみられる。

阿蘇社第一の大祭は田植の祭であるが、阿蘇信仰が、火口原開拓の祖霊神信仰を含み、その風土の農耕条件はきびしいこともあり、豊作の祈願は領主・領民の関心事であったといえる。二月亥日の田作祭・六月二六日の御田植祭・四月四日の風逐の祭・竹原たかわら郷の摂社霜宮において七月七日から九月九日に至る火焚の神事などは、いずれも農耕神事である。田作の祭は、本社の外の社家宅で、阿蘇社家神人たちにより執行される祭である年禰祭(歳神起しの祭)の最終日に行われ、社家神人たちが田植の用具・器材・所作・人物・動物・畦畔などに扮し、田作より収穫までの所作を演ずる。御田植祭は一の田屋・二の田屋まで御神幸が行われ、大宮司をはじめ社家供僧神人その他社関係者すべてが行列に供奉出仕し、阿蘇谷の領民も屋形造作・獅子舞の奉仕が定められていた。この祭は同じことを二四日に北宮(手野の国造神社)でも行った。

二月の初卯に行われる下野狩は狩猟神事である。往生おうじよう嶽の麓たか下野しものの三の馬場にて郡内より勢子を動員し、大宮司をはじめ社家一同射手として加わり、狩の獲物を神前に供える。広大な山林・原野を有する阿蘇地方は中世に至っても狩の伝統が残り、大宮司は狩倉を有し、狩猟はこの地方の生活に身近に生きていたため、この神事も残ったのであろう。下野狩は戦国期まで行われたことが、「八代日記」天文一五年(一五四六)三月二八日条・同四月二日条から認められ、近世には退転するが、貞享二年細川綱利寄進の「下野狩掛物六幅」や「下野狩日記」などの記録が作成されて伝えられている。

火山神の遷宮由来神事ともいうべき一二月初卯の駒取祭は、国衙役人と社家一同が火口から神馬に主神健磐龍命を乗せ、下宮に迎えるもので、阿蘇下宮と火山神の関係を確認する意味をもつ。また二月初巳日より亥日まで続く歳神起しの神事は田作祭とも称し、年禰神が社家宅をまわって祀られ、大宮司や本社祭神の関与しないことに特色がある。社家宅に神輿を移す年禰祭では、四日目に近世「御前迎え」とよばれる妃神を迎えるため神木を求めに山へ出向く。最後の七日目には先述の稲作の模擬神事である田作りの神事が行われる。そのほか仏教系の神事に、桜会(三月)・蓮華会(七月)・放生会(八月)・菊会(九月)・紅葉会・薄紅会(一〇月)などがあり、供僧が関与する。また領主(大宮司)祈願として祭料を寄進されて執行していた臨時の祭(六月・一一月)があった。

しかし近世に至り、離散の社家を集め、中世の規模を縮小・変容せざるをえなかったとみられる。踏歌節会の歌には御田植神事の田植歌の一部が歌われるようになり、年禰神の歳神の祭の妃迎えの神事には、現在「火振りの神事」とよばれている内容が現れている。現在の阿蘇社の神事は、「阿蘇神社年中行事表」によれば、一月、歳旦祭・成人祭・踏歌節会、二月、月次祭・節分祭と星祭・紀元節祭、三月、月次祭・卯の祭・田作祭、四月、月次祭・天長節祭・風祭、五月、月次祭、六月、月次祭・雷除祭・大祓式、七月、月次祭・御用田祭神幸式(例祭・献幣式)・風祭、八月、月次祭・柄漏流、九月、月次祭(風除祭)・田実祭、一〇月、月次祭・茱萸祭、一一月、月次祭(山王・庚申祭)・紅葉会(紐解・髪置祭)・行幸記念祭・新穀感謝祭、一二月、月次祭・門守社祭・大祓・除夜祭となっているが、明らかに中世の名称を残すものは、踏歌節会・卯の祭・田作祭・風祭・田実祭・紅葉会であり、内容的に継承しているのは、毎月一日の祭が月次祭にあたり、冬神主の祭は新穀感謝祭にあたるであろう。内容が変化しているのが紅葉会で、実質は紐解・髪置きの祭となっている。いっぽう明治以降行われるようになったとみられるものに、成人祭・紀元節祭・天長節祭・行事記念祭(新穀感謝祭)があり、戦後の成人祭以外は、戦前官幣社として執行されるようになった神事といえよう。したがって中世・近代を除いたものが近世独自の神事とみてよいであろう。

〔最花米〕

神事祭料役として広く国内より徴収されたものに最花米がある。阿蘇社年中神事次第写(阿蘇家文書)に「肥後国一国平均棟別并初最花米定事、神農〓官権現之御計也、棟別者三十三箇年ニ一度、社頭之御宝ヲ可替料、最花米者為祭礼足、毎年ニ可取、郡郷村々之名寄注目(録)」とある。この史料は室町期のものとみられるが、元亨元年(一三二一)の同種の史料である肥後国初米進納所々注文(同文書)では、同じ対象の収取を「初米」と称していることからみて、例年の初穂という意味の収取であったのであろう。これの初例については断定できないが、建久六年七月二八日の阿蘇御峯住僧等に出された平某下文(同文書)は、古坊中ふるぼうちゆうの西巌殿寺衆徒が阿蘇社天宮祝と山上火口の祭祀について対立していることについて、駒取祭のものとみられる御幣や神馬などの権利は天宮の祝にあること、「御花米」のみは山上衆徒の権利であるとした領家の裁定を確認している(平某は前後の事情から北条時政とみられる)。この「御花米」が最花米の初例であるとすれば、前出阿蘇社年中神事次第写の断簡の中にある「一、御岳ニ上ル最花米之分」とつながるであろう。史料上の初例と思われるのは前述の元亨元年の肥後国初米進納所々注文で、最花米収取地域は次のようになる。

大宮司(神官権官を含む)出仕衣装料足―山鹿・雄鳥・球磨郡・天草
権大宮司請取分
田作祭料―玉名・狭間・高瀬・井倉・木葉
踏歌祭料―高路・大野・臼間野・南関・北関
権大宮司衣装料―山北・稲佐・和田・土橋・小田・江田・白石
神人検校請取分
春神主祭料―八代郡小熊野
神官権官寄会請取分
冬神主祭料―海東・南小川・北小川
御岳阿蘇山衆徒出仕衣装料―菊池郡・合志郡
竹原霜宮祝請取分
七月七日―九月九日までの雑用料―山本庄

原則として阿蘇社領以外の肥後国諸郡・庄から収納されていることになる。このような祭料の国内収取の伝統は、律令制下の肥後国内の阿蘇社神田のうち、のちに社領化しなかった部分の権利が、国衙在庁や郡司の保障の下に阿蘇社に収納されてきた部分を示しているとみられ、元亨元年をさかのぼる鎌倉期初期の建久六年の御花米までつながる可能性は大きい。阿蘇社年中神事次第写断簡は「一、彼最花米ヲ取規式之事(中略)一段ニ一斗宛ヲ三升ハ免損田定七升宛」とあり、所定の郡・庄の先例にしたがって反別七升徴収されていた。ところが文明一六年(一四八四)八月二八日の阿蘇十二社同霜宮最花米注文(阿蘇家文書)に示される最花米の収取対象は阿蘇本社領である阿蘇郡内にかぎり、しかも、諸郷村内の小村や屋敷を対象に、その地の生産性に応じ豆・苧・銭・米と種々あること、また十二宮や霜宮各宮分ごとに地域が定められていて、最花米徴収使が直接各所を逐一収取していて、前述の収取状況と異なっている。この阿蘇本社領内の最花米が文明一六年段階で徴収されていたことは明らかで、肥後国各所より収納する最花米の源流が鎌倉初期から存在したであろうことも推測されるが、南北朝内乱期を経た室町期において、肥後国内各地から上進されたことを証明する直接の史料は見いだせないことは注意すべきであり、阿蘇本社領内の最花米はその時点で新たに徴収対象として編成された社役負担であった可能性が大きい。

〔社殿〕

社伝によれば、下宮は孝霊天皇の勅を受けて創建したというが、古代の造営については明らかでない。ただ上宮の成立と阿蘇社祭神である十二神の形成は、社殿造営上でも密接な事項であろう。阿蘇社内の建物の初見は、建久九年(一一九八)九月二九日の阿蘇社領家下文(阿蘇家文書)に「宝殿顛倒」の語がみられる。永享(一四二九―四一)頃作製されたとされるものを江戸時代に写した阿蘇社頭絵図写(同文書)によれば、東面して中央南に一宮、北に二宮の本殿、一宮南に三―九宮の四男神の南四宮本殿、二宮北に四―十宮の四女神の北四宮本殿が少し後方に並ぶ。これと直角に向い合って、北四宮本殿脇に南面して十一宮、南四宮本殿脇に北面して十二宮の本殿が配置され、正面の回廊に続く。回廊は二階建ての楼門を中心に、その北に神幸門、南に還御門の脇門が並び、神輿はこの両脇門より神幸・還御する。現在の神殿・三門は江戸時代末造営のもので回廊の構成は三門と変わらないが、明治四一年の官幣中社阿蘇神社境内之図(阿蘇神社蔵)によると、一宮をはじめ奇数六神を祀る神殿と、二宮をはじめ偶数六神を祀る神殿が並び、その中間に後退して全国名社諸神を祀る神殿が配置される省略された形である。このような社殿が造営されたことは、元徳四年(一三三二)六月八日の阿蘇社檜皮惣指日記(阿蘇家文書)で明らかである。阿蘇十二神は夫婦神の場合が多いが、これらは男女一対の形でなく、男神と女神はそれぞれ別に祀られていることに特色がある。

これら神殿を中心に、その他祭祀や社の行政に必要な建物が、周辺に位置していたことが想像される。阿蘇家文書からそれらを拾い上げると、(一)神事祭祀に関与する建物、(二)神仏習合と関係する仏教系の建物、(三)社務行政に関係する建物に大別できよう。(一)に属するものには拝殿・権殿・御供屋・籠屋・舞殿・宝殿・楽所・馬屋があり、(二)に属するものは経坊本堂・食堂・鐘楼であり、(三)に属するものは庁屋(荘屋)・宮倉・対面所であろう。このうち、経坊本堂・食堂・鐘楼・庁屋は前掲阿蘇社頭絵図写にみられる。本堂は回り縁・瓦葺で、これと並ぶ食堂は回り縁・檜皮葺とみられる。鐘楼は二階・板葺の建物であろう。また庁屋は荘屋とよばれるものと同一で、社の祭政経理実務処理の役所であろう。図は建武二年(一三三五)風なくして屋根が倒壊したさまを描いたとされるが、この建物の柱間を一間とすれば四間と八間で回り縁を有する板葺の建物であったとみられる。

元徳二年から建武元年にかけて、一宮・二宮・南四宮・北四宮・金凝宮・国造宮の計六本殿が造営されている(「阿蘇社造営文書写并記録」阿蘇家文書)。また正平一五年(一三六〇)国造社を火元とする火災で焼失し、同一九年造営が始まり、日田・高良・住吉の宮大工が各本殿の棟梁となっている。また元徳の造営では、神官と供僧が郡内郷村について、料木催促責任者の役目を分担しているが、正平の造営では一般郷村が単独で責任者となる場合、二ヵ郷以上の寄合で納入される場合がある一方、大宮司御料所や有力領主・特定個人による責任納入の場合、寺社や公文などの責任納入に属するものなど、社領内の支配関係の変化に応じた収取が行われている。さらに応永九年(一四〇二)・正長二年(一四二九)にも造営料木注文がみられるが、これは前代のように全社殿の改築ではなかった可能性も強い(応永九年四月日「阿蘇社造営料木郷村支配注文案」・正長二年八月二一日「阿蘇社八社并国造金凝社造営料木注文」同文書)。文安五年(一四四八)の阿蘇社の造営では、木屋で料木の製材を行う人夫を阿蘇谷の郷村より徴発している。この作業は各郷村を知行する給人を納入責任者として、四〇人の給人を二三番に編成して割当て、造営が終了するまでこの順番で何度も繰返されるものであった。全体の作業は作事奉行の管轄になり、人夫は斧を持参し、一日交替で早旦より夕べに至るまでの労働で、しかもこれを果せない場合は、給人自身の地位を罷免されることを覚悟せよという定めであった(同年八月一八日「阿蘇社造営木屋勤仕人数番定」同文書)

〔阿蘇社殿等造営棟別銭〕

文明四年(一四七二)阿蘇社十二宮と阿蘇山上本堂造営のため、肥後国一国平均の棟別銭が賦課されている。律令制下では官社の社殿造営や神宝造替は一国の負担として国衙の責任において果されていた。また鎌倉時代には一国平均役として「阿蘇社上分稲」があり、地頭・御家人の対捍が大宮司によって訴えられているが、この上分稲は神宝造替料の伝統を引いている可能性がある。しかし一五世紀後半に至った肥後国では、阿蘇社造営に一国平均の賦課の伝統は継承されておらず、菊池氏内部では古い者たちは先例を知らないと反対したと、守護大名菊池重朝は述べている。しかし、阿蘇家内部の対立を解消し、惟武系の大宮司惟歳の養父としての隠然たる実力を保っていた阿蘇惟忠は、先代の菊池持朝以来の親密な関係をも利用し、「神之御為、守護・当家之為肝要」なことであると、重朝を説得したとみられる。重朝は文明四年一〇月壁書を作り、家屋一棟につき三文の棟別銭の徴収を定め、その案文を送ったことを一〇月二三日の阿蘇惟忠宛菊池重朝書状(阿蘇家文書)に述べるとともに、国内各地のおもな国人たちに、棟別銭徴収奔走を指示した。このことは守護家にとっても従来独立割拠していた各地の国人を、神への勤役の名で一国平均役の馳走を強いた実績を作るという政治効果を含むものであったといえようし、惟忠も隠居ながら社領内への権威の向上をねらったものであった。

守護の催促に応じ、名和顕忠・隈部忠直・城為冬・宇土為光・高瀬泰朝・肥前徳鶴丸・詫磨重房・相良為続がそれぞれ棟別銭進納に奔走している書状を発しているが、徴収実態は不明である。ただし阿蘇氏支配下にある阿蘇・益城両郡を中心とする阿蘇本社領・甲佐社領・健軍社領・郡浦社領より棟別銭が徴収されている様子が、阿蘇谷の場合三〇貫二五〇文と示され、郷内の屋敷ごとの棟数の確認が行われている大野おおの(現蘇陽町)の場合が知られる(文明四年八月二五日「阿蘇山本堂造営棟別料足日記写」阿蘇家文書)。またその徴収法は、阿蘇山上本堂造営の棟別銭の場合は、山上寺坊の衆徒行者のうちから選ばれた一人が現地の知行人とともに徴収使として収取し、衆徒行者方の三人の担当者に渡す形で総計され、三五三貫九一七文が集められた。肥後国の棟別総額がどれだけか不明であるが、守護菊池氏の指示で一国平均の棟別銭が徴収されたのは、肥後国ではこの一例のみが知られる。享禄元年(一五二八)には経坊・食堂再興のための料木が徴収され、天文一七年(一五四八)にも徴収記録が残っていることは、造営の遅延を推測させる(享禄元年閏九月一八日「阿蘇下宮経坊食堂再興料木切符次第」・天文一七年九月一〇日「阿蘇社経坊所食堂料木切符次第」同文書)。結局同二三年棟上げをしている料木は、本殿の分とはみられないので、経坊・食堂の棟上げであった可能性が強い(同年八月七日「阿蘇社造営料木郷々支配注文」同文書)

「阿蘇家伝」によれば、天文年間に社殿災滅し、以後仮殿を続け、現存の正殿の復旧は弘化三年(一八四六)大宮司惟治の時であるとされている。天文年間の焼失については当時の記録を欠くが、年月日未詳の阿蘇社家中上代居屋敷注文(同文書)によれば、中世末・近世初頭頃の社家離散の様子が推定される。慶長四年(一五九九)一一月二九日の加藤清正判物(西巌殿寺文書)は「先年太閤御所御下向之砌、郡中之者共邪心を相構儀、神主一人之科ニ究、御成敗候、其付而当社も被破滅候、彼邪心之者御成敗之上者、阿蘇大明神破滅不仕様ニ被仰付哉と達上聞、当社造宮并坊中をも取立、社領等可申付と雖念願候」と、神主成敗後神社が破滅したので、改めて造宮の意志を述べたものである。この太閤下向を天正一五年(一五八七)の秀吉九州出兵とみるか、梅北の乱の阿蘇惟光成敗をさすかは不明だが、この段階で一度阿蘇社が衰微し、社家離散とともに社殿も失われていたことが推測され、江戸時代に阿蘇惟善の神主復帰・宮地居住・社家再編成が行われたものの社殿は旧観を復するに至らず、仮殿のまま江戸時代の大半を経過したといえよう。



国史大辞典
阿蘇神社
あそじんじゃ
熊本県阿蘇郡一の宮町宮地に鎮座。別名阿蘇宮・阿蘇大明神。旧官幣大社。主祭神健磐竜(たけいわたつ)命を一宮とし、二宮は阿蘇都比〓(あそつひめ)命、三宮は国竜(くにたつ)神、四宮は比〓御子(ひめみこ)神、五宮は彦御子(ひこみこ)神、六宮は若比〓(わかひめ)神、七宮は新彦(にいひこ)神、八宮は新比〓(にいひめ)神、九宮は若彦(わかひこ)神、十宮は弥比〓(やひめ)神、十一宮は国造速瓶玉(はやみかたま)命、十二宮は金凝(かなごり)神で、以上を阿蘇十二明神と称し、特に一宮・二宮・十一宮を阿蘇三社という。阿蘇国造の子孫阿蘇氏によって祀られる。主神健磐竜命は神武皇孫で、天皇が速瓶玉命の子惟人に仰せて宮地にこれを祀らせたという。阿蘇氏が阿蘇谷を開発し、周辺の諸共同体を従えていくのに対応し、火山神と国造神とが結合し、阿蘇神主家が成立し、健磐竜の人格神が確立していったものと思われる。平安時代初期以降祈祷仏教の盛行に伴い、山上に多くの寺坊が作られる一方、阿蘇神も託宣神としての性格をもつに至り、たび重なる火山活動の異変を神意とみる朝廷の奉幣を受け、官社として確立していった。弘仁十四年(八二三)には従四位下勲五等健磐竜命に、封戸二千戸が寄せられた。さらに斉衡元年(八五四)には三十戸が加えられ、貞観元年(八五九)には正二位を授けられた。そして同十七年には阿蘇都比〓を従二位に叙し、承和十四年(八四七)には国造神社の官社化も行われた。『延喜式』では一宮は明神大社に列せられ、さらに寛仁三年(一〇一九)には一代一度の大奉幣を受け、その後肥後国一宮となり、社殿の造営も国司の専当するところとなった。かかる国家的保護を背景に、阿蘇大宮司家の領主化が進み、十一世紀後半には皇室を本所とする荘園関係にはいることになり(阿蘇荘の成立)、大宮司は荘園領主の補任を受けることになった。十二世紀前半には甲佐・健軍・郡浦の三社を末社とし、阿蘇社および阿蘇氏の勢力は広く肥後平野に及ぶことになった。しかし、武士的領主としての発展は、祭祀家としての阿蘇氏の性格を複雑にし、鎌倉時代中期大宮司惟義は南郷に本拠を移し、以来大宮司は南郷や矢部にあって主として武士団活動に従事し、権大宮司が神事を司ることになった。南北朝時代には阿蘇氏の去就を重視する両勢力から所領の寄進や安堵が相ついだが、安定せず、以後次第に没落に向かった。天正十五年(一五八七)の豊臣秀吉の九州平定に至り神領は没収され、大宮司惟光は謀殺され阿蘇大宮司職は終りを告げた。その後加藤清正から三百五十石の神領を与えられ、細川氏も篤く信仰し、社殿造営などにあたったが、もはや昔日の威勢はなかった。しかし長年にわたる阿蘇氏の勢力および阿蘇社の神威の及ぶいたる所に阿蘇神信仰は伝えられ、明治以降熊本県で阿蘇神を祀る社(併祀を含む)は三百二社に達する。その他筑後・豊後などにも十数社を数える。明治四年(一八七一)国幣中社、同二十三年官幣中社、大正三年(一九一四)官幣大社となる。例祭は七月二十八日。特殊神事として御田植神事・火焚神事はよく知られている。→阿蘇氏(あそうじ)
[参考文献]
『阿蘇郡誌』、杉本尚雄『中世の神社と社領』

社領

 中世の阿蘇社領は表の如く分類でき、領域は阿蘇谷を中心に、一部は小国・南郷・矢部に及ぶ。中でも本社近傍の「宮地四面内」は、古代より阿蘇社と関係をもつ神人の耕作地と考えられ、神事負担を重点的に負う境内郷である。この地を含め阿蘇谷の本社領の多くは、田堵=名主階層の神官・供僧に神事奉仕のための給田として与えられ、それが大宮司を中心とする封建的関係形成の基盤となった。末社領はいずれも十二世紀の初め、郡郷司層在地領主がその所領を阿蘇社に寄進して成立したもので、健軍社領は津守保(熊本県上益城郡)、甲佐社領は堅志田・小川・海東・砥用などで下益城郡を中心に分布し、郡浦社領は宇土半島の大半を占める(地図参照)。大宮司私領は、大宮司の武士化が、南郷・矢部地方を中心に展開したため、その方面に多かった。新恩地は元弘以来のもので社領と大宮司私領を合わせると、ほとんど大隅を除く九州各国に分布する。
[参考文献]
『阿蘇文書』、杉本尚雄『中世の神社と社領』
(工藤 敬一)


改訂新版 世界大百科事典
阿蘇神社
あそじんじゃ

熊本県阿蘇市の旧一の宮町に鎮座。健磐竜(たけいわたつ)命を主神とする十二神をまつる。式内社,肥後国の一宮,旧官幣大社。《隋書》倭国伝には,阿蘇山噴火と禱祭の記事があり,《日本後紀》は噴火と神霊池の奇瑞の異変をもって,託宣神としての霊威を朝廷が重視していることを示している。この火口神健磐竜命が阿蘇地域の農業共同体の祖神と合体して,阿蘇火口原の開拓神としての性格を兼ね,現一の宮の地に社地が設定されて,十二神の神系とその祭祀が整えられていったとみられる。この社殿を下宮と称し,《延喜式》の肥後国式内社の4座のうち,大神1座,小神2座までが阿蘇社の祭神で占められている。従来の火口は上宮とされて,後には天台系の最栄読師(とくし)にはじまる僧侶たちの寺坊が発生し(古坊中(ふるぼうちゆう)),祈禱・練行が行われるようになった。社殿は宮地四面8丁四方の神域の中に,1335年(建武2)の絵図では,左の健磐竜命の一宮と,右の阿蘇比咩(あそひめ)神の二宮の両本殿を中心に,三・五・九神合祀の社殿が一宮の左方に,四・六・八・十神合祀の社殿が二宮の右方に並び,十一神と十二神はその両端にカギ形に向き合って正面楼門に続く回廊とつながっている。後代には日本有名22社をまつる諸神社殿もこれに加えられている。中世の祠官は,大宮司の下に社家21人,神人(じにん)15人をはじめ巫,伶人などがおり,社家は﨟次(ろうじ)制の十二宮の祝(はふり)の山部氏12人と,権大宮司以下の世襲各氏の権官9人より成る。神宮寺は青竜寺で,社殿奉仕の供僧は,一和尚以下6人の殿上供僧と,同丸以下9人の九坊に分かれ,彼らは阿蘇山上宮(古坊中)の衆徒(しゆと),行者らの僧徒集団とは別のものであった。

 奈良・平安時代には,律令国家による封戸と神田によって,阿蘇社の祭祀・造営はまかなわれていたが,平安中期より律令制が衰退すると,阿蘇郡の神田・封戸の荘園化,大宮司の荘官化によって本社の維持がはかられ,また,国内の有力社である益城郡の甲佐社,託麻郡の健軍社,宇土郡の郡浦社を末社として勢力の拡大をはかった。中世には大宮司は武士化し,南北朝期以来,神領の聖俗を支配する封建領主化して祭祀の実務から遠ざかった。近世に至り,阿蘇氏は再び神主として阿蘇社の地に移り,火口より麓の黒川に移った坊中の諸坊と併せて,1000石前後の知行を加藤・細川の両大名から与えられて存続した。

 おもな神事は,室町期の《阿蘇社年中神事次第写》によれば,踏歌節会(とうかのせちえ)(1月,以下旧暦),下野(しもの)の狩り,田作りの祭(2月),風逐(かぜおい)の祭(4月),御田植(おんだうえ)の祭(6月),駒取の祭(12月)など,農耕神事,官社としての神事,狩猟神事,火山神・牧場神の神事など多彩であるが,第一の大祭は御田植の祭(7月28日)で,現在,県重要無形文化財に指定されている。そのほか,本社社家内部の年禰(としね)の神の祭や末社霜宮の火焚(ひたき)の神事なども有名である。また《阿蘇文書》は中世史料として著名である。
→阿蘇氏 →阿蘇山[信仰]
[阿蘇品 保夫]

[索引語]
健磐竜(たけいわたつ)命 古坊中
ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。
阿蘇神社の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 212
検索コンテンツ
1. 阿蘇神社画像
日本大百科全書
熊本県阿蘇市一の宮町宮地(いちのみやまちみやじ)に鎮座。阿蘇十二神、すなわち一宮健磐竜命(たけいわたつのみこと)、二宮阿蘇都比咩(あそつひめ)命、三宮国竜神(く ...
2. 阿蘇神社[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
楼門(国指定重要文化財)。熊本県阿蘇(あそ)市 ©熊本県 ...
3. 阿蘇神社
世界大百科事典
熊本県阿蘇市の旧一の宮町に鎮座。健磐竜(たけいわたつ)命を主神とする十二神をまつる。式内社,肥後国の一宮,旧官幣大社。《隋書》倭国伝には,阿蘇山噴火と禱祭の記事 ...
4. あそ‐じんじゃ【阿蘇神社】
日本国語大辞典
熊本県阿蘇郡一の宮町宮地にある神社。旧官幣大社。祭神は一二神あり、「阿蘇十二神」ともいう。主祭神、健磐龍命(たけいわたつのみこと)、阿蘇都比 ...
5. あそじんじゃ【阿蘇神社】画像
国史大辞典
熊本県阿蘇郡一の宮町宮地に鎮座。別名阿蘇宮・阿蘇大明神。旧官幣大社。主祭神健磐竜(たけいわたつ)命を一宮とし、二宮は阿蘇都比〓 ...
6. あそじんじゃ【阿蘇神社】長崎県:西彼杵郡/多良見町/喜々津村
日本歴史地名大系
[現]多良見町化屋名 阿蘇島に鎮座。一の鳥居の脇に舟繋ぎ石のような立石がある。祭神は健磐竜命。旧村社。天文三年(一五三四)伊佐早領主の西郷石見守が喜々津の囲名に ...
7. あそじんじゃ【阿蘇神社】熊本県:阿蘇郡/一の宮町/宮地村
日本歴史地名大系
現在の神殿・三門は江戸時代末造営のもので回廊の構成は三門と変わらないが、明治四一年の官幣中社阿蘇神社境内之図(阿蘇神社蔵)によると、一宮をはじめ奇数六神を祀る神 ...
8. 阿蘇神社(あそじんじゃ)
古事類苑
神祇部 洋巻 第4巻 1637ページ ...
9. あそじんじや【阿蘇神社】東京都:羽村市/羽村地図
日本歴史地名大系
[現]羽村市羽加美四丁目 多摩川左岸の崖上に鎮座する。旧村社。祭神は建磐竜命・阿蘇都媛命・速瓶玉命で、ほかに九座の配祀がある。社記によると、推古天皇九年(六〇一 ...
10. 阿蘇神社神宮寺 (見出し語:阿蘇神社)
古事類苑
神祇部 洋巻 第2巻 1753ページ ...
11. 阿蘇神社建築明細図(著作ID:4370580)
新日本古典籍データベース
あそじんじゃけんちくめいさいず 神社 明治 ...
12. 青井阿蘇神社[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
拝殿(国宝)。熊本県人吉(ひとよし)市 ©熊本県 ...
13. あおいあそじんじゃ【青井阿蘇神社】熊本県:人吉市/大村
日本歴史地名大系
[現]人吉市上青井町 球磨川の北岸、村山台地の南下に位置する。主祭神は健磐龍命・阿蘇都姫命・速瓶玉命。旧県社。社伝によれば、大同元年(八〇六)阿蘇社神主尾方惟基 ...
14. おおつやまあそじんじゃ【大津山阿蘇神社】熊本県:玉名郡/南関町/関東村
日本歴史地名大系
[現]南関町関東 城平 大津山の南西麓、関川右岸に位置する。旧郷社。祭神は健磐龍命・阿蘇津姫命。もとは大津山大明神と称し、寛文九年(一六六九)の「一統志」には「 ...
15. おぎあそじんじゃ【小木阿蘇神社】熊本県:下益城郡/城南町/藤山村
日本歴史地名大系
[現]城南町藤山 もとは小木大明神社とも、小木宮(廻江手永略手鑑)ともいったが、明治の初めに現称に改められた。祭神は阿蘇神・八幡神・甲佐神の三神。旧郷社。近世の ...
16. かいとうあそじんじゃ【海東阿蘇神社】熊本県:下益城郡/小川町/西海東村
日本歴史地名大系
[現]小川町西海東 健磐龍命をはじめとする阿蘇十二神を祀る。旧村社。勧請年代などは不明だが、竹崎季長が社殿を建立、正応二年(一二八九)の創建としている。おそらく ...
17. かたまたあそじんじゃ【片俣阿蘇神社】熊本県:阿蘇郡/産山村/杓田村
日本歴史地名大系
[現]産山村片俣 柄杓田 柄杓田集落の北側に位置し、周囲を杉林に囲まれる。祭神は健磐龍命・比〓命・国龍神・比 ...
18. きたみやあそじんじゃ【北宮阿蘇神社】熊本県:菊池市/北宮村
日本歴史地名大系
[現]菊池市北宮 居屋敷 北宮集落のやや東寄りの菊池川畔に鎮座する。祭神国造速瓶玉命。旧郷社。永和四年(一三七八)菊池氏一七代武朝が阿蘇北宮を勧請したという。明 ...
19. 田植祭(たうえまつり)[阿蘇神社]
古事類苑
神祇部 洋巻 第4巻 1649ページ ...
20. たのうらあそじんじゃ【田浦阿蘇神社】熊本県:葦北郡/田浦町/田浦村
日本歴史地名大系
(現下益城郡砥用町か)に居住して下田氏を称し、阿蘇氏没落後天草に移住、加藤清正の時代から田浦阿蘇神社の神職を世襲しているという。文化九年(一八一二)六月二八日の ...
21. とよふくあそじんじゃ【豊福阿蘇神社】熊本県:下益城郡/松橋町/豊福村
日本歴史地名大系
[現]松橋町豊福 古くは阿蘇三社大明神宮(国誌)・三宮大明神(一統志)といった。豊福の字構内にあり、そばを旧薩摩街道が通る。現在は木造・流造の神殿および拝殿・幣 ...
22. ふるたあそじんじゃ【古田阿蘇神社】熊本県:八代郡/坂本村/下松求摩村
日本歴史地名大系
[現]坂本村西部 字古田の球磨川べりに鎮座。祭神建磐龍命・国龍命姫神・姫御子神。旧郷社。旧松求麻村の氏神。「八代郡誌」によれば、天平神護年間(七六五―七六七)の ...
23. ほづもりあそじんじゃ【穂積阿蘇神社】熊本県:下益城郡/砥用町/長野村
日本歴史地名大系
[現]砥用町三和 穂積阿蘇神社ともいい、また小野穂積大明神社(国誌)・長野大明神(一統志)ともよんだ。阿蘇大神(健磐龍命)以下一二神を祭神とし、字宮内の小高い丘 ...
24. まがのあそじんじゃ【曲野阿蘇神社】熊本県:下益城郡/松橋町/曲野村
日本歴史地名大系
れる基盛安堵状(秋岡氏所蔵文書)に「甲佐社末社勾野宮別等職并修理田」とみえる。この両宮が曲野阿蘇神社に合致するという確かな史料はないが、連続すると考えてよいであ ...
25. ようはいあそじんじゃ【遥拝阿蘇神社】熊本県:人吉市/林村
日本歴史地名大系
[現]人吉市上林町 上林町東端の丘の麓にあり、祭神は阿蘇十二神。寛元二年(一二四四)五月一五日の人吉庄起請田以下中分注進状(相良家文書)に「神田弐町参反内 遥拝 ...
26. あおい【青井】熊本県:人吉市/大村
日本歴史地名大系
仏長頼譲状(相良家文書)に「人吉御庄南方分」のうちに青井村とある。同時期すでに青井社(現青井阿蘇神社)が荘内の有力社として存在しており、同社の繁栄とともに発展し ...
27. 朝倉[市]
世界大百科事典
重要文化財)がある。また杷木神籠石(こうごいし)(史)が残る。毎年3月28日に行われる穂坂の阿蘇神社の泥打祭は,田の泥を投げあって農作物の豊凶を占う奇祭である。 ...
28. 阿蘇(市)画像
日本大百科全書
山間丘陵地では高冷地野菜の栽培、赤牛飼育などが行われている。阿蘇神社の神殿(3棟)、楼門など(2016年の熊本地震で倒壊。復旧工事中)は国指定重要文化財。阿蘇神 ...
29. 阿蘇[市]
世界大百科事典
1954年宮地町,中通村,古城村,坂梨村が合体,改称。人口1万0054(2000)。町名は宮地にある肥後国一宮阿蘇神社にちなむ。阿蘇火山の北東部を占め,北部から ...
30. あそ【阿蘇】
日本国語大辞典
姓氏の一つ。熊本県の阿蘇神社の大宮司家。古来より首長としての系譜をもつ豪族であり、祭祀をつかさどる宮司と開発領主としての二面性をもって、平安期ころから在地領主と ...
31. 阿蘇氏画像
日本大百科全書
肥後(熊本県)阿蘇地方の開発豪族で、火山神と開発神の結合した祖神健磐竜命(たけいわたつのみこと)を祀(まつ)る阿蘇神社の神主家。大化前代には国造(くにのみやつこ ...
32. 阿蘇氏
世界大百科事典
肥後阿蘇神社の大宮司家。小国家の首長,国造,郡司の伝統を有し,出雲の千家,宇佐の到津(いとうづ)氏などとともに古代末より系譜の明らかな地方名社の社家。宇治氏を称 ...
33. あそうじ【阿蘇氏】画像
国史大辞典
阿蘇神社の大宮司家で、阿蘇谷の開発豪族の後裔と考えられる。神武皇孫の健磐竜命が阿蘇に封ぜられ、その子速瓶玉命が阿蘇国造となって阿蘇氏を賜わり、景行天皇の時に勅 ...
34. あそぐん【阿蘇郡】
国史大辞典
最大の長目塚古墳や上御倉・下御倉古墳などは阿蘇の県主や阿蘇国造の墳墓であろう。またこの地域には阿蘇神社・国造神社が置かれていて、阿蘇君が阿蘇山を火山神・農業神と ...
35. あそぐん【阿蘇郡】熊本県
日本歴史地名大系
に阿蘇郡とある。「延喜式」神名帳に記される四社のうち三社が阿蘇郡にあり、うち健磐龍命神社(現阿蘇神社)は名神大社である。「和名抄」は波良郷・知保郷・衣尻郷・阿蘇 ...
36. 阿蘇家文書
日本大百科全書
肥後(熊本県)一宮(いちのみや)阿蘇神社(阿蘇市)の神主家に伝来した古文書。原文書は10点の神社文書と351点の家文書(いえもんじょ)に分けられ、家文書は36冊 ...
37. あそ-これたか【阿蘇惟孝】
日本人名大辞典
1864−1936 明治-昭和時代前期の神職。元治(げんじ)元年2月24日生まれ。明治16年阿蘇神社宮司(ぐうじ)となる。23年皇典講究所の熊本県分所長となり, ...
38. 阿蘇山
世界大百科事典
主祭神とする阿蘇神社には3月に火振神事があり,また末社の霜神社では火焚の神事が8月19日から10月16日までの約60日間行われるなど,火の山にふさわしい行事を伝 ...
39. あそさん【阿蘇山】
国史大辞典
山信仰の中心をなす(阿蘇神社の主祭神健磐竜(たけいわたつ)命はその人格神)。平安時代祈祷仏教の盛行にともない、神霊池は託宣神の性格をもち、それに対する朝廷の奉幣 ...
40. あそさん【阿蘇山】熊本県:総論
日本歴史地名大系
者一七坊の定めであったが、明治の廃仏毀釈で廃止された。阿蘇神社は阿蘇火山神と阿蘇国造神を中心に構成された阿蘇十二神を祭神とする。阿蘇神社の年中行事は、三月の田作 ...
41. 阿蘇社
日本史年表
焼亡(百練抄)。 1360年〈【北朝】延文5・【南朝】正平15 庚子④〉 3・13 肥後国 阿蘇社 火災(阿蘇神社文書)。  ...
42. あそしんわ【阿蘇神話】
国史大辞典
肥後国一宮阿蘇神社の祭神の系譜や鎮座の由緒にちなむ伝承。阿蘇神社はすべて十二社あるが、それら祭神と旧国造阿蘇氏との関係や祭祀の由来を物語る。それらは阿蘇岳の霊 ...
43. あそつひこ【阿蘇都彦】
日本人名大辞典
ます」と人の姿となってあらわれた。このことから国名を阿蘇と名づけたとされる。「古事記伝」では阿蘇神社の祭神の健磐竜命(たけいわたつのみこと)とする。阿蘇津彦とも ...
44. あそつひめ【阿蘇都媛】
日本人名大辞典
阿蘇都彦とともに「私たち2人がいます」と人の姿となってあらわれた。このことから国名を阿蘇と名づけたとされる。阿蘇神社にまつられる。阿蘇津媛ともかく。 ...
45. あそのくにのみやつこ【阿蘇国造】
国史大辞典
神社」「国造神社」など十二社からなる肥後一宮「阿蘇神社」を祀って現在に至っているが、平安時代以来大宮司として権威を把持して来た。武家時代にも源頼朝社領 ...
46. あそのしょう【阿蘇庄】熊本県:阿蘇郡
日本歴史地名大系
もって承暦二年(一〇七八)に国免庄として成立したと推定され、元弘三年(一三三三)一一月四日の雑訴決断所牒(阿蘇神社文書)に「阿蘇社大宮司惟直申社領阿蘇庄四至堺事 ...
47. あそ‐まつり【阿蘇祭】
日本国語大辞典
熊本県阿蘇郡一の宮町の阿蘇神社で毎年七月二八日に行なわれる祭。御田(おんだ)祭。御田植神幸式。国重要無形民俗文化財。《季・夏》 ...
48. あそもんじょ【阿蘇文書】
国史大辞典
本来は熊本県阿蘇郡一の宮町にある阿蘇神社の旧大宮司阿蘇元男爵家に伝えられた文書を意味するが、昭和七年(一九三二)から九年にかけて、東大史料編纂所から、『阿蘇文 ...
49. 阿蘇文書[文献解題]熊本県
日本歴史地名大系
三冊 東大史料編纂所編 昭和七―八年刊 解説 阿蘇神社の旧大宮司家に伝来した阿蘇家文書三五二通・二六冊、阿蘇神社文書一〇通のほか西巌殿寺文書四〇一通・健軍神社 ...
50. いいやまむら【飯山村】栃木県:宇都宮市
日本歴史地名大系
飯盛山は周囲一里余、村の西方に位置し、用材および薪炭木が多い。寅巳川は村の南西寅巳山より湧出し北東に流れる。阿蘇神社の祭神は磐裂神で、境内にある八坂神社では、天 ...
「阿蘇神社」の情報だけではなく、「阿蘇神社」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

阿蘇神社と同じ寺・神社・教会カテゴリの記事
興福寺(国史大辞典)
奈良市登大路町にある法相宗大本山。南都七大寺の一つ。寺伝では「こうぶくじ」という。縁起によると、天智天皇八年(六六九)藤原鎌足の死去に際し、妻の鏡女王が鎌足の念持仏の釈迦丈六像などを祀る伽藍をその山階(山科)邸に設けたのに始まり(山階寺)、その子不比等によって藤原京の厩坂に移遷(厩坂寺)
東大寺(国史大辞典)
奈良市雑司町にある華厳宗の総本山。大華厳寺・金光明四天王護国寺・総国分寺などの別称がある。南都七大寺・十三大寺・十五大寺の一つ。東大寺の寺号は平城京の東方にある大寺を意味し、『正倉院文書』の天平二十年(七四八)五月の「東大寺写経所解案」に初見するが
法隆寺(日本大百科全書(ニッポニカ))
奈良県生駒(いこま)郡斑鳩(いかるが)町にある聖徳(しょうとく)宗総本山。斑鳩寺(鵤寺、伊可留我寺とも書く)、法隆学問寺などの異称がある。南都七大寺の一つ。草創の由来は、金堂の薬師如来坐像(やくしにょらいざぞう)光背銘によると、用明(ようめい)天皇が病気平癒を念じ
龍潭寺(日本歴史地名大系)
[現]引佐町井伊谷。県道引佐―舘山寺(かんざんじ)線の西側の小丘陵上に位置する。臨済宗妙心寺派。山号は万松山、本尊は行基作と伝える虚空蔵菩薩。元文六年(一七四一)に気賀(けが)関所(現細江町)に差出した御要害村寺院縁寿録(山本家文書)によると、天平五年(七三三)に行基が地蔵寺を開創、のち自浄(じじよう)院
渭伊神社(日本歴史地名大系)
[現]引佐町井伊谷。井伊谷(いいのや)の北西端に鎮座する。社域西側を神宮寺(じんぐうじ)川が半円を描いて流れ、杉・檜・楠の古木が社叢をなす。祭神は品陀和気命・息気長足姫命・玉依姫命。旧郷社。「延喜式」神名帳にみえる引佐郡六座のうちの「渭伊(イイノ)神社」に比定される。
寺・神社・教会と同じカテゴリの記事をもっと見る


「阿蘇神社」は日本の重要文化財に関連のある記事です。
その他の日本の重要文化財に関連する記事
大念仏(日本大百科全書・日本国語大辞典)
大ぜい集まって念仏を唱える行事。世阿弥(ぜあみ)作の能『百万』の背景となった嵯峨釈迦(さがしゃか)堂清凉寺(せいりょうじ)(京都市右京区)の大念仏は1279年(弘安2)に、また壬生寺(みぶでら)(京都市中京区)の大念仏は1300年(正安2)に円覚上人
岸和田城(国史大辞典・日本歴史地名大系)
大阪府岸和田市岸城町にあった。縄張りが滕(ちぎり)に似ているところから別称を千亀利城という。本丸・二ノ丸・三ノ丸と総曲輪からなる臨海の平城で、総面積約七万二千坪。建武年間(一三三四―三八)楠木正成に属した和田新兵衛高家が構えたのがはじまり
平戸城(国史大辞典)
長崎県平戸市岩の上町所在。亀岡城・朝日岳城・玄武城ともいう。平山城。平戸藩主松浦氏の居城。宝永四年(一七〇七)松浦棟が築城、以後明治維新に至る。実はこれ以前、同地には慶長年間築城の日之岳城があった。しかし、これは慶長十八年(一六一三)
高山陣屋跡(日本歴史地名大系)
[現]高山市八軒町城山の西方、宮川に架かる中橋を西に渡った地点に東に向いて位置する。敷地は一千一九二坪で、陣屋門(天保三年築造)・表玄関、広間(書院造)・白洲・庭園・収納米蔵などがあり、現存する唯一の郡代陣屋跡として国指定史跡
奈良井宿(日本歴史地名大系)
[現]楢川村大字奈良井鳥居峠(一一九七メートル)の北麓に位置し、中山道の中で最高所の宿である。「西筑摩郡誌」によると「天文元年、木曾義在奈良井に専念寺を建つ。同二年、義在木曾に宿駅を定む」とあり、永禄一一年(一五六八)の相州文書にも宿駅として
日本の重要文化財に関連する記事をもっと見る


ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る