ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 歴史
  6. >
  7. 歴史上の人物
  8. >
  9. 世界史上の人物
  10. >
  11. イェーツ

ジャパンナレッジで閲覧できる『イェーツ』の辞書・事典・叢書別サンプルページ

日本大百科全書・世界大百科事典

日本大百科全書(ニッポニカ)
イェーツ
いぇーつ
William Butler Yeats 
[1865―1939]

アイルランドの詩人、劇作家。6月13日ダブリン郊外のサンディマウントに生まれる。父ジョンは画家。1867年に一家はロンドンに移ったが、母の郷里スライゴーに帰ることも多く、幼時からアイルランド北西海岸の風景や、農民の語る妖精(ようせい)談になじんだ。1881年ダブリンへ戻り19歳で市立美術学校に入学するが、2年で画の修業をあきらめ、詩人としてたつ決心を固めた。1887年ふたたびロンドンに出て、1889年に第一詩集『アシーンの放浪ほかの詩』を発表、ケルト人の英雄アシーンが妖精の案内で魔法の島々をめぐる幻想的な物語詩や、哀愁に満ちた繊細な叙情詩で注目された。アイルランド独立のために戦う美女モード・ゴンMaud Gonne(1866―1953)と出会ったのもこの年である。1891年には「詩人クラブ」を結成、ジョンソンLionel Pigot Johnson(1867―1902)、ダウソン、A・シモンズらの世紀末唯美派詩人との交友を深め、フランス象徴主義詩人たちの存在を知る。また1887年ブラバッスキイ夫人の「神智協会」に参加、1890年には「黄金の曙光(しょこう)教団」に入会して、カバラの教義、占星術、降霊術の研究に熱中した。現実の社会に背を向け、神話と魔術と夢の領域に詩の主題を求める神秘主義的で芸術至上主義的な傾向は、詩集『葦間(あしま)の風』(1899)で一つの頂点に達する。
 他方では、1891年に「アイルランド文芸協会」の設立に協力して、民族文学普及の実践運動に乗り出し、『ケルトの薄明』(1893)ほかで民話を収集紹介、劇『キャスリーン伯爵夫人』(1892刊、1899初演)では中世の説話を用いて、悪魔に魂を売り農民を飢えから救う貴夫人の姿を描いた。1899年にはグレゴリー夫人Lady Isabella Augusta Gregory(1852―1932)らと「アイルランド文芸劇場」を設立、この劇のダブリン上演をもって本格的な民族演劇運動を開始するが、さらに劇作家シングやアイルランド人俳優らの参加を得て、1904年に「アベイ劇場」を新設、アイルランド文芸復興の黄金時代を築いた。この時期の劇には愛国的な『キャスリーン・ニ・フーリハン』(1902初演)、ケルト神話による『バーリアの浜で』(1904初演)、『デアドレ』(1906初演)などがある。そののちフェノロサ訳の能を知り、様式的な表現に影響を受けて、『鷹(たか)の井戸』(1916初演)から、晩年の『クーフリンの死』(1939刊、1945初演)まで、15編の劇を書いたが、写実を求める大衆の好みからは離れた。
 しかしイェーツは、演劇運動の実務を体験することによって状況に直面するすべを学び、劇の創作を通して直接的な語法の効果を知る。詩集『責任』(1914)では、現実の世界に対する挑戦的な姿勢があらわになる。社会的な事件を取り上げ、市民たちの卑小な生活を痛烈にののしり、祖父たちや、世紀末の友人たちや、神々や英雄たちと比較する。1917年には長年のゴンへの思いを断ち切り、52歳でジョージー・ハイド・リーズGeorgie Hyde-Lees(1892―1968)と結婚、創作力はいっそうの充実を示して、詩集『クールの野生白鳥』(1919)、『マイケル・ロバーツと踊り子』(1921)、『塔』(1928)、『螺旋(らせん)階段ほかの詩』(1933)などの傑作を生み、『最後の詩集』(1939)に至るまで衰えをみせなかった。ここでは対英抗争、内乱、大戦、老年など、現実の混乱、恐怖、不毛に対する仮借ない認識と、これらを克服して超越的体験にあずかろうとする願望が恐ろしい緊張をつくりだしている。また散文『ビジョン』(1925、改訂1937)は、循環歴史説や転生説に対する信念を体系図式化した、個性的な省察録である。イェーツの詩的変身が、T・S・エリオット、オーデンらを含むモダニズム以後の詩人たちに与えた影響は大きい。1923年ノーベル文学賞受賞。1922年から1928年までアイルランド上院議員。1939年1月28日南フランスの保養地で死去。遺体は第二次世界大戦後の1948年に、スライゴー郡ドラムクリフ教会の墓地に埋葬し直された。
[高松雄一]



イェーツ[百科マルチメディア]
イェーツ[百科マルチメディア]

コバーン撮影 1908年 ニューヨーク公共図書館所蔵


改訂新版 世界大百科事典
イェーツ
William Butler Yeats
1865-1939

アイルランドの詩人,劇作家。ダブリンに生まれ,美術学校に進んだが,詩人となる決心を固めて退学。1887年,家族とともにロンドンに移り,世紀末文化のただなかに身を投ずることになる。W.ペーターやラファエル前派の作品を愛読し,W.モリスやO.ワイルドを知り,91年にはA.シモンズらと反俗的文学青年の集団〈詩人クラブ〉を結成。この間,心霊協会や結社〈黄金の暁教団〉に入会する一方,祖国の民俗文化への関心から《アイルランド農民民話集》(1888)を編集する。のちに詩神とも〈宿命の女〉ともなる愛国者で女優のモード・ゴンMaud Gonneを知ったのもこの時期であった。1889年,ケルト文化特有の非現実への憧れにみちた処女詩集《アシーンの放浪》を出版。良きパトロンのグレゴリー夫人と語らって,99年アイルランド文芸劇場(のちにアイルランド国民劇場協会)を設立。その本拠アベー座の運営による社会的現実との接触は,《キャスリーン・ニ・フーリハン》(1902初演)をはじめとするアイルランド伝説に題材を得た劇作とあいまって,詩人としての成熟をも促した。《緑の兜》(1910)から《クールの白鳥》(1917)にいたる詩集は,愛,老年,死,詩の個人的主題を社会的・神話的主題と自在にからませて個性的な声調でうたう現代詩人の出現を示している。劇作家としても,秘書役のエズラ・パウンドが入手したフェノロサ訳の《能》に触発されて,《鷹の井戸》(1916初演)など4編の舞踊劇を連作,新たな展開を見せた。詩,音楽,舞踊が一体化した象徴的演劇への長年の夢が東洋古典劇のなかにみごとに実現されているのを知ったイェーツの驚きと喜びは大きかった(《鷹の井戸》は日本で新作能《鷹姫》として翻案・上演されている)。1917年結婚。妻の心霊能力によって若年よりの隠秘学的関心がさらに深まった。世界史の展開,人間精神の類型,死後の霊魂のありようなどを,月の28相に照応させて体系化した神秘思想は現代の奇書ともいうべき《幻視録》(1925,改訂1937)にまとめられ,晩年の作品の背景をなしている。《塔》(1928)や《最後の詩集》(1939)などの詩作品,また《窓ガラスの言葉》(1930初演)や《煉獄》(1938初演)などの劇作品は,世紀末の夢想的文学青年がついに人間精神の悲劇的現実をときに簡勁に,ときに凄絶なユーモアをもって表現しうる老詩人へと成長したことを示している。英語圏における20世紀最大の詩人の一人との評価は,今後とも変わらないと思われる。23年ノーベル文学賞受賞。1922年から6年間アイルランド上院議員をもつとめた。墓は幼年時代を過ごしたアイルランド西部の町スライゴにある。
[高橋 康也]

[索引語]
Yeats,W.B. ゴン,M. Gonne,M. アシーンの放浪 アイルランド文芸劇場 アイルランド国民劇場協会 アベー座 キャスリーン・ニ・フーリハン パウンド,E.W.L. 鷹の井戸 鷹姫 幻視録
ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。
イェーツの関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 131
検索コンテンツ
1. イェーツ画像
日本大百科全書
9刊、1945初演)まで、15編の劇を書いたが、写実を求める大衆の好みからは離れた。 しかしイェーツは、演劇運動の実務を体験することによって状況に直面するすべを ...
2. イェーツ[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
コバーン撮影 1908年 ニューヨーク公立図書館所蔵 ...
3. イェーツ(Frances Amelia Yates)
世界大百科事典
1899-1981 イギリスの歴史家。1924年にロンドン大学を卒業,44年からは同大学付属のワールブルク研究所員となり,新プラトン主義の宇宙観を手掛りにルネサ ...
4. イェーツ(William Butler Yeats)
世界大百科事典
詩,音楽,舞踊が一体化した象徴的演劇への長年の夢が東洋古典劇のなかにみごとに実現されているのを知ったイェーツの驚きと喜びは大きかった(《鷹の井戸》は日本で新作能 ...
5. イェーツ
日本国語大辞典
(William Butler Yeats ウィリアム=バトラー─)《イェイツ・エーツ》アイルランドの詩人・劇作家。アイルランド文芸復興に尽くす。一九二三年ノー ...
6. イェーツ
世界文学大事典
→ イェイツ,W.B.、 → イェイツ,フランセス・A. ...
7. アイルランド(共和国)画像
日本大百科全書
ジョージ・バーナード・ショーなどもダブリン生まれである。また、詩人、劇作家のウィリアム・バトラー・イェーツ、サミュエル・ベケット、さらに1995年には詩人シェイ ...
8. アイルランド演劇
世界大百科事典
いる。イェーツから今日まで,反英抗争をめぐる題材がアイルランド演劇の最大の部分を占めているのは,この国の不幸な歴史を思えば,当然というべきであろう。→アイルラン ...
9. アイルランド文学
日本大百科全書
文化的復権を目ざす運動であり、指導的役割を果たしたのは詩人W・B・イェーツ(1923年ノーベル文学賞受賞)であった。イェーツ初期の詩および詩劇はアイルランド神話 ...
10. アイルランド文学
世界大百科事典
めぐる物語が含まれており,イェーツ,グレゴリー夫人,シングをはじめ,G.W.ラッセル(筆名AE),J.スティーブンズらの文学者にかっこうの素材を提供することにな ...
11. アクセルの城
日本大百科全書
の評論集。1931年刊。副題「1870年より1930年にいたる想像文学の研究」が示すとおり、イェーツ、バレリー、T・S・エリオット、プルースト、ジョイス、スタイ ...
12. アベイ劇場
日本大百科全書
ブリンのアベイ通りに開設された劇場。イギリス人ホーニマン夫人が出資し、ウィリアム・バトラー・イェーツの『バリアの浜で』とグレゴリー夫人Lady Isabella ...
13. アベー座
世界大百科事典
アイルランド,ダブリンの劇場。イェーツ,グレゴリー夫人らが結成したアイルランド国民劇場協会を母体として,1904年にホーニマンAnnie Horniman女史( ...
14. アングロ・アイリッシュ
世界大百科事典
.バークリー,J.スウィフトなど,著名な思想家が多い。またこの言葉はJ.M.シング,W.B.イェーツらの作品のように,英語で書かれたアイルランドの文学をさして用 ...
15. いい‐つ・ける[いひ‥]【言付】
日本国語大辞典
イーツケル〓イェーツケル〔埼玉方言〕イツケル〔茨城・東京〕イッツケル〔栃木・埼玉方言〕イツツケル〔東京〕エーツケ ...
16. イェロー・ブック
世界大百科事典
る。黄色の表紙に黒一色で描くビアズリーの絵が話題を呼んだ。寄稿者にはM.ビアボーム,W.B.イェーツなど,いわゆる世紀末の文学者が多い。文学者も画家もともに世紀 ...
17. イエロー・ブック
日本大百科全書
Gosse(1849―1928)、詩人G・ムーアGeorge Moore(1852―1930)、W・B・イェーツなどがいる。玉泉八州男 ...
18. イエーツ
日本大百科全書
イェーツ ...
19. イギリス
世界大百科事典
るケルト的要素は無視できないものがある。20世紀イギリス文学の詩,小説,演劇を代表する巨匠,イェーツ,ジョイス,バーナード・ショーが,すべてアイルランド人である ...
20. イギリス文学
日本大百科全書
書いて、第一次世界大戦後の世界の荒廃を歌い、詩壇に革命的衝撃を与えた。ロマン主義の夢を追っていたイェーツもまたパウンドから深い影響を受け、20世紀におけるもっと ...
21. イギリス文学
世界大百科事典
ショーを生んだアイルランドが,およそ対照的な劇作家イェーツの母国でもあるのは皮肉である。グレゴリー夫人とともにアイルランド国民演劇運動を起こしたイェーツは,日本 ...
22. 一角獣画像
日本大百科全書
パリのクリュニー美術館、ニューヨークのメトロポリタン美術館所有のタペストリーに描かれ、リルケ、イェーツ、ガルシア・ロルカなどの詩に現れる。船戸英夫 ...
23. 伊藤道郎
日本大百科全書
ダルクローズ・リズム体操学校に入学、初の東洋人生徒であった。第一次世界大戦直前にロンドンに渡り、イェーツ作の『鷹(たか)の井戸』を舞踊化し脚光を浴びた。16年渡 ...
24. いとうみちお【伊藤道郎】
国史大辞典
。慶応義塾普通部卒業後、大正元年(一九一二)渡欧、ダルクローズの律動教育を学ぶ。ロンドンで、イェーツの『鷹の井戸』を演出上演、注目される。欧州大戦により、同五年 ...
25. インドの文学 179ページ
文庫クセジュ
エイ・イー(本名ジョージ・ウィリアム・ラッセル)とイェーツとはロマン主義の郷愁を引き延ばし、インドに魅了される。西洋にタゴールを紹介したのはイェーツである。ヨー ...
26. ウェーリー
日本大百科全書
ことにその翻訳は豊かな鑑賞力と優れた文体とを駆使して読者に強い感銘を与えた。中国詩歌の翻訳が同時代の詩人イェーツやエズラ・パウンドに影響を及ぼしていることはよく ...
27. 黄金の暁教団
世界大百科事典
初期の参入者にはミナ・ベルグソン(哲学者ベルグソンの妹,後のメーザーズ夫人),O.ワイルド夫人,W.B.イェーツらがいる。その後教団はメーザーズの指導体制の下で ...
28. オカルティズム
世界大百科事典
フォーチュン,クローリー,S.L.M.メーザーズのような魔術師を傘下から生み出し,また詩人W.B.イェーツに霊感を与えた。一方,ブラバツキー夫人の神智学協会から ...
29. オケーシー
日本大百科全書
劇作家のグレゴリー夫人Lady Isabella Augusta Gregory(1852―1932)やイェーツの助言で、スラム生活に取材して人物造形に努力した ...
30. オコナー(Frank O'Connor)
日本大百科全書
務めながら発表した短編は、アイルランドの素朴な生活をユーモアに富む洗練された筆致で描いており、イェーツから、「チェーホフがロシアに対してなしたことを、オコナーは ...
31. オシアン
日本大百科全書
、ゲール語両方にわたる知識を縦横に駆使して創作したものとみられている。20世紀において、詩人イェーツはアシーンOisinの名のもとにアイルランド文芸復興のシンボ ...
32. 科学史
世界大百科事典
同じような史観を説いたもう一人の象徴的存在は,本来美術史,もしくは文化史の出身であるF.A.イェーツであった。彼女は,ホイッグ史観に基づく歴史記述法への厳しい批 ...
33. 近代劇
日本大百科全書
98年にはホイーレンによるステージ・ソサエティ(舞台協会)が設立された。99年にはアイルランドでイェーツらにより国民演劇樹立の運動がおこり、のちアベイ劇場に拠( ...
34. キーズ
日本大百科全書
卒業後、第二次世界大戦中チュニジア戦線に加わり、捕らえられて早世した。ときに21歳。W・B・イェーツとリルケの影響を強く受けた1940年代のネオ・ロマンチシズム ...
35. ギャング映画
世界大百科事典
ッシン監督《男の争い》(1955)からマイク・ホッジス監督《狙撃者》(1971)やピーター・イェーツ監督《ホット・ロック》(1971)などに至る〈泥棒映画〉に, ...
36. ギーターンジャリ
日本大百科全書
情詩からなり、彼の神に訴えるせつせつたる思いを述べたもので、原詩は音楽的な美しい響きをもつ。イェーツをはじめ、トーマス・マン、シュバイツァー、ジッドらから高く評 ...
37. ギーターンジャリ
世界大百科事典
集(1910)。原題は《ギタンジョリ(〈歌の捧げ物〉の意)》。一般には,1912年にW.B.イェーツらの勧めによりイギリスで出版された,タゴール自身の英訳になる ...
38. クラーク・ベケデレモ
日本大百科全書
77)は、第1回野間アフリカ出版賞特別賞を受賞した。なお詩には、G・M・ホプキンズ、W・B・イェーツ、T・S・エリオット、エズラ・パウンドらの影響が色濃い。土屋 ...
39. クレーグ(Edward Henry Gordon Craig)
世界大百科事典
マリオネット〉となる。彼の主張はリアリズムによった人々には攻撃されたが,劇場の詩を復活させ,イェーツ,ラインハルトなどに影響を与えたことは認めねばならない。おも ...
40. グレゴリー
日本国語大辞典
〔一〕(Isabella Augusta Gregory イザベラ=オーガスタ─)アイルランドの女流劇作家。イェーツの影響を受けて、アイルランド国民演劇の発展に ...
41. グレゴリー夫人(Lady Isabella Augusta Gregory)
世界大百科事典
1852-1932 アイルランドの劇作家。1902年W.B.イェーツとともにアイルランド国民劇場協会を結成,2年後ダブリンにアベー座を開場し,アイルランド独自の ...
42. ケルト人画像
世界大百科事典
O'Grady(1846-1928)が書いた《アイルランド史》(1878-80)は,19世紀のW.B.イェーツ,グレゴリー夫人,J.M.シング,エー・イーAE( ...
43. 劇場画像
日本大百科全書
。これは旅籠(はたご)屋の中庭につくられた仮設舞台に遠源をもつものと思われるが、科学史家F・イェーツは、これらが円環に収まる平面構成をもっていることから、それを ...
44. 劇場画像
世界大百科事典
,円環のうちに劇場の主部をおさめると解釈したのは,まさにこの寓意につながってのことであった。科学史家F.A.イェーツは,シェークスピア劇などを上演したエリザベス ...
45. コバーン画像
日本大百科全書
イギリスやアイルランドの文人、芸術家の肖像を撮影する一連の仕事を04年より手がけ、バーナード・ショー、イェーツ、チェスタートンなどをモデルに象徴主義風スタイルの ...
46. コラム(Padraic Colum)
世界大百科事典
1881-1972 アイルランド生れの劇作家,著作家。鉄道員をつとめながらシング,イェーツらとともにアベー座創立当初からアイルランド国民演劇運動で活躍,劇場最初 ...
47. 詩
日本大百科全書
象徴派詩人のように極端な個人幻想へと後退し、詩を純粋な魔術に還元しようという運動が生じた。マラルメからイェーツまで、その立場は持続している。現代詩人のスティーブ ...
48. 詩
世界大百科事典
に始まったダダやシュルレアリスムの運動にまでその影が読み取られるし,アイルランドではW.B.イェーツ,ドイツではゲオルゲやリルケ,イタリアではウンガレッティが象 ...
49. 詩劇
世界大百科事典
。S.マラルメの《イジチュールIgitur》はあまりにもレーゼドラマであるとしても,W.B.イェーツ,H.vonホフマンスタール,P.クローデル,T.S.エリオ ...
50. 象徴主義
世界大百科事典
の内部に用意されていたともいえる。イギリスではA.W.シモンズが熱心な紹介者となり,W.B.イェーツやT.S.エリオットが象徴主義から大きな養分をくみ上げ,イギ ...
「イェーツ」の情報だけではなく、「イェーツ」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

イェーツと同じ世界史上の人物カテゴリの記事
ナポレオン [改訳](文庫クセジュ ベストセレクション)
ナポレオン[改訳] 文庫クセジュ79 アンリ・カルヴェ著/井上 幸治訳 歴史・地理・民族(俗)学 第一章 ナポレオンの出身、青年時代 ボナパルト家 いま知られるところで、ナポレオンのもっとも古い祖先は、十五世紀末にあらわれたフランソワ・ボナパルトである。
范寛(世界人名大辞典・世界大百科事典)
名:中正 字:中立(仲立)中国北宋の画家.華原(現,陝西銅川)の人.性格が温厚で度量が大きかったことから「寛」とあだ名されるようになったという.在野の山水画家で,天聖年間 [1023-32]には,なお在世していたとされる
イブン・スィーナー(世界人名大辞典・世界大百科事典)
イスラーム哲学者,医学者.ブハラ(現ウズベキスタン)でサーマーン朝のペルシア人官吏の子として生まれ,イスラーム,ギリシア,インドの諸学,特に哲学,医学,数学,天文学などを極めた.サーマーン朝の王子を治療して宮廷に出入りし
ウィリアム1世(世界人名大辞典・世界大百科事典)
1027(28)~87.9.9イングランド王 [1066/87].ノルマンディー公ロベール1世(悪魔公)(Robert I le Diable †1035)の庶子.父が没するとノルマンディー公ギヨーム2世(Guillaume II)となり [1035-87],ハロルド2世がイングランド王に即位する [66]と,先王エドワード(証聖王)による
朱熹(世界人名大辞典・世界文学大事典)
1130.10.18[建炎4.9.15]~1200.4.23[慶元6.3.9]中国南宋の思想家,儒者.一般に朱子と呼ばれる.本籍は徽州の婺源(ぶげん)だが,福建尤渓(ゆうけい)(現,福建三明)で生まれた.科挙に合格,地方官として各地をまわるが,地元の福建で教育と学問に携わる期間が長かった
世界史上の人物と同じカテゴリの記事をもっと見る


「イェーツ」は人物に関連のある記事です。
その他の人物に関連する記事
王羲之(日本大百科全書・世界文学大事典・世界人名大辞典)
中国、東晋 (とうしん)時代の能書家。中国、日本において書聖として尊重される。東晋の建国に功労のあった王導 (おうどう)の従弟 (いとこ)王曠 (おうこう)の子。字 (あざな)は逸少 (いっしょう)。琅邪 (ろうや)臨沂 (りんぎ)
エリザベス1世(世界人名大辞典・世界大百科事典・日本大百科全書)
イングランドおよびアイルランド女王 [1558/1603].ヘンリー8世とアン・ブーリンの娘としてロンドンに生まれ,議会の承認を得た父の遺言により,異母弟エドワード6世および異母姉メアリ1世につぐイングランド(およびアイルランド)王位継承者となる
カトリーヌ・ド・メディシス(世界人名大辞典・世界大百科事典・日本大百科全書)
フランス王アンリ2世の王妃.フィレンツェのメディチ家のロレンツォ・ディ・メディチ(Lorenzo de' M. 1492~1519)の娘.フランソワ2世,シャルル9世,アンリ3世の母.不幸な結婚生活 [1533-59]を送り,夫王の死後は政治的野心
カルバン(世界文学大事典・世界人名大辞典・日本大百科全書)
フランスの宗教改革者。北フランスのピカルディー地方ノワイヨンに生まれ,パリ,オルレアン,ブールジュの各大学で神学,法学を修め,さらにフランソワ1世の創設した王立教授団において,人文学を学んだ。22歳にして『セネカ〈寛仁論〉注解』
パッラディオ(世界人名大辞典・日本大百科全書)
イタリアの建築家.パドヴァに生まれる.ヴィチェンツァで人文主義者トリッシノに出会い,ウィトルウィウスをはじめ古代ローマ建築の研究を始める.田園の別荘住宅に古代建築の要素を持ち込んだ.円柱,アーチ,ペディメントを自在に重ね構成されるスタイルは
人物に関連する記事をもっと見る


ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る