ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 自然
  6. >
  7. 生物
  8. >
  9. 恐竜
  10. >
  11. エリオプス

ジャパンナレッジで閲覧できる『エリオプス』の辞書・事典・叢書別サンプルページ

日本大百科全書・世界大百科事典

日本大百科全書(ニッポニカ)
エリオプス
えりおぷす
eryops 
[学]Eryops megacephalus

古生代ペルム紀(二畳紀)前期の、約2億8000万年前に北アメリカにいた大形両生類の迷歯類中でも代表的な肉食動物。堅固な頭骨をもち、全長約2メートル。体が頑丈で、扁平(へんぺい)の大きな頭骨の口蓋(こうがい)の左右両側に、大きな眼球や眼筋があり、口蓋と脳頭蓋の間に強靭(きょうじん)な関節があった。強い歯をもつ。陸上生活によく適応していたことは、肩と骨盤が堅固で、脊柱(せきちゅう)が強大、肋骨(ろっこつ)も大きく、四肢が短く頑丈なことから推定される。しかし動作は緩慢で、重い体を泥から離して動かすのがやっとであった。四肢の付き方が体に対してぶかっこうな角度をなしていて、動くのに非能率的であったであろう。現生のワニ類に似た生活をしていたと思われる。皮膚の中に骨性の結節があって、これが体を外敵より保護する堅固な鎧(よろい)となった。
[小畠郁生]



エリオプスの骨格[百科マルチメディア]
エリオプスの骨格[百科マルチメディア]

Eryops megacephalus(エリオプス・メガケファルス) 古生代ペルム紀前期 アメリカ テキサス州産 写真/福井県立恐竜博物館画像ライブラリー


改訂新版 世界大百科事典
エリオプス
Eryops

イクチオステガIchthyostega類の直接の子孫として現れた重要な原始両生類。迷歯類(亜綱)の分椎(切椎)目ラキトム亜目に属する。脊椎の構成骨である間椎心(体)は楔(くさび)形で側椎心は円板状で小さく,両者の間に神経弓が支えられるような関係にあるのをラキトム型rhachitomousという。このような脊椎をもったラキトム類は,石炭紀から三畳紀までの各時代に北アメリカ,ヨーロッパ,アフリカを中心に栄えた。エリオプスはこのグループの典型と考えられている。

 エリオプスは北アメリカ,テキサスの二畳紀前期に出現した。体長は約1.5m。頭骨はかなり扁平で大きく,幅が広く,骨は厚く,凹凸がある。深い耳裂溝があり,口蓋には左右1対の孔が開く。脊柱は強大,肋骨は大きい。肩帯,腰帯および短いががんじょうな四肢など骨組みはしっかりしており,陸上生活によく適応していた。前肢の指は4本である。現在のワニ類に似た生活様式をとっていたと考えられる。魚食性。テキサスのカコプスCacopsやヨーロッパのブランキオサウルスBranchiosaurus類などは近縁の動物である。
[長谷川 善和]

[索引語]
Eryops ラキトム型 rhachitomous カコプス Cacops ブランキオサウルス Branchiosaurus
ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。
エリオプスの関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 7
検索コンテンツ
1. エリオプス画像
日本大百科全書
古生代ペルム紀(二畳紀)前期の、約2億8000万年前に北アメリカにいた大形両生類の迷歯類中でも代表的な肉食動物。堅固な頭骨をもち、全長約2メートル。体が頑丈で、 ...
2. エリオプス画像
世界大百科事典
畳紀までの各時代に北アメリカ,ヨーロッパ,アフリカを中心に栄えた。エリオプスはこのグループの典型と考えられている。 エリオプスは北アメリカ,テキサスの二畳紀前期 ...
3. エリオプスの骨格[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
Eryops megacephalus(エリオプス・メガケファルス) 古生代ペルム紀前期 アメリカ テキサス州産 写真/福井県立恐竜博物館画像ライブラリー ...
4. エリオプス : 図-エリオプス画像
世界大百科事典
 ...
5. 迷歯類
世界大百科事典
四肢が発達し,体表はうろこでおおわれていた。石炭紀から三畳紀は迷歯類の大発展したときで,二畳紀のエリオプスEryopsはその代表種で,癒合しないラキトム型椎骨を ...
6. 両生類画像
世界大百科事典
雑な迷路状構造を示すことから迷歯類(亜綱)と呼ばれるが,進化の頂点にくるものとして二畳紀のエリオプスがあげられており,大型になるものが多い。 両生類は椎骨の構造 ...
「エリオプス」の情報だけではなく、「エリオプス」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

エリオプスと同じ恐竜カテゴリの記事
アロサウルス(日本大百科全書(ニッポニカ))
北アメリカのジュラ紀後期、約1億5600万年~1億4600万年前の地層から産出した二本肢の凶暴な性格の肉食恐竜。分類学上は竜盤目獣脚類(亜目)テタヌラ類(下目)鳥獣脚類Avetheropodaカルノサウルス類Carnosauriaアロサウルス上科Allosauroideaアロサウルス科Allosauridaeに属する
ティラノサウルス(日本大百科全書(ニッポニカ))
北アメリカの白亜紀後期、約7500万年~6550万年前の地層から産出した肉食恐竜。分類学上は竜盤目獣脚類(亜目)テタヌラ類(下目)コエルロサウルス類Coelurosauriaティラノサウルス科Tyrannosauridaeティラノサウルス亜科Tyrannosaurinaeに属する
マンモスゾウ(日本大百科全書(ニッポニカ))
氷河時代のゾウを代表するもの。学名のprimigeniusは、特異な形をした臼歯(きゅうし)の化石をもとに名づけられ、ケナガマンモスともよばれる。北緯50度以北のシベリアの凍土地帯では、毛や肉や血液が氷づけで保存されている遺体がみつかる
エリオプス(日本大百科全書・世界大百科事典)
古生代ペルム紀(二畳紀)前期の、約2億8000万年前に北アメリカにいた大形両生類の迷歯類中でも代表的な肉食動物。堅固な頭骨をもち、全長約2メートル。体が頑丈で、扁平(へんぺい)の大きな頭骨の口蓋(こうがい)の左右両側に、大きな眼球や眼筋があり
恐竜と同じカテゴリの記事をもっと見る


「エリオプス」は生き物に関連のある記事です。
その他の生き物に関連する記事
(日本大百科全書・世界大百科事典・日本国語大辞典・平成ニッポン生活便利帳)
硬骨魚綱スズキ目サバ科に属する海水魚。世界共通種で、各大洋の熱帯域から温帯域にかけて広く分布し、表層を回遊する。マグロ類と近縁の魚で、英名(tuna)のように欧米諸国ではマグロの仲間として扱われる。日本でカツオがマグロと混同した呼び名がないのは
(日本大百科全書・世界大百科事典・日本国語大辞典・平成ニッポン生活便利帳)
一般的には硬骨魚綱スズキ目タイ科魚類の総称。狭義にタイといえばマダイをさすが、近縁種のチダイと混称している地域も多く、またキダイやクロダイなどを含めることもある。広義のタイ形魚類はイトヨリダイ科、タイ科、フエフキダイ科の3科からなるが、この項ではタイ
ハタ(世界大百科事典)
スズキ目ハタ科ハタ亜科Serraninae魚類の総称。世界中の温帯から熱帯にかけて多くの種がいる。日本近海からは60種以上が知られていて,このうち典型的なハタ類であるマハタ属は40種近くにのぼる。ハタ類の一般的名称として,関西を中心に西日本でマス
フグ(世界大百科事典・日本大百科全書)
フグ目フグ科Tetraodontidaeに属する海産魚の総称。広義にはフグ目のイトマキフグ科Aracanidae,ハコフグ科Ostraciontidae,ハリセンボン科Diodontidaeなどの魚を含めていう場合もあるが,以下,狭義のフグ科魚類に
ブリ(世界大百科事典・日本大百科全書)
スズキ目アジ科ブリ属の海産魚。温帯性の回遊魚で日本各地の沿岸に見られる。季節によってはカムチャツカ半島の南部,サハリン,沿海州,朝鮮半島および台湾沿海にも出現する。典型的な紡錘形で,わずかに側扁する。背は青色,腹部は銀白色で,吻端(ふんたん)から尾に
生き物に関連する記事をもっと見る


ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る