ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 社会
  6. >
  7. 政治
  8. >
  9. 国際
  10. >
  11. 日米貿易協定

ジャパンナレッジで閲覧できる『日米貿易協定』の辞書・事典・叢書別サンプルページ

日本大百科全書

日本大百科全書(ニッポニカ)
日米貿易協定
にちべいぼうえききょうてい
Trade Agreement between Japan and the United States of America

日本とアメリカの政府間の自由貿易協定(FTA)。物の関税の撤廃・引下げを柱とし、2019年(令和1)9月に合意、2020年1月に発効した。日本がアメリカから輸入する牛肉、豚肉、乳製品、ワインなどの農産物・食品の関税をTPP(環太平洋経済連携協定、Trans-Pacfic Partnership)の合意水準まで引き下げ、たとえばアメリカ産牛肉の関税は38.5%から段階的に9.0%へ下げる。アメリカが日本から輸入するエアコン部品、燃料電池、眼鏡(めがね)など幅広い工業品の関税を撤廃・引き下げる。ただ対日輸入額の3割強を占める自動車・同部品の関税撤廃は継続協議とした。日米貿易協定による関税撤廃率(金額ベース)は日本で84%、アメリカで92%。日米貿易協定と同時に、電子商取引のルールなどを定めた日米デジタル貿易協定にも合意。機器を動かすソフトウェアの設計図である「ソースコード」の開示要求の禁止、外国企業へのサーバーなどIT関連設備の設置強要の禁止、国境を越えた自由なデータ流通の確保などを盛り込んだ。日本政府は日米貿易協定の発効で、日本の実質国内総生産(GDP)が0.8%増えると試算している。

TPPを離脱したアメリカのトランプ政権が対日貿易赤字を問題視し、アメリカ政府の要求で2018年(平成30)から二国間交渉が始まった。日本政府は、日米貿易協定の合意で、日本製自動車への報復関税やアメリカ産米に対する無関税枠設定などを回避できたと説明している。しかし日本の農業団体や野党などは、日本が農産物市場の開放で一方的に譲歩したと政府を批判している。両国は自動車・同部品やサービス分野を含めた第2段階の協定交渉を始めるかどうかを協議している。[
矢野 武]
2020年5月19日

ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。
日米貿易協定の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 14
検索コンテンツ
1. 日米貿易協定
日本大百科全書
強を占める自動車・同部品の関税撤廃は継続協議とした。日米貿易協定による関税撤廃率(金額ベース)は日本で84%、アメリカで92%。日米貿易協定と同時に、電子商取引
2. 特集 食肉大争奪 混乱1 TPP、日米貿易協定でも豚肉価格は下がる気配なし=高橋寛
週刊エコノミスト 2019-20
◇輸入価格は半世紀不変 ところで、TPP(環太平洋パートナーシップ協定)、日欧EPA、日米貿易協定について、豚肉は重要品目としての位置づけで、日本は相当譲歩
3. FTA
日本大百科全書
二国間や特定地域内だけでFTAを結ぶ流れが世界的に加速している。最近はTPP、日EU経済連携協定、日米貿易協定のような経済大国を含む複数国が広域でつくるメガFT
4. 日米デジタル貿易協定
日本大百科全書
日米貿易協定
5. ワシントンDC WASHINGTON D.C. 夫人の菜園も、執務ゾーンも ホワイトハウス訪問体験記=中園明彦
週刊エコノミスト 2019-20
フの知人か議員との強いコネがない限り無理なようだ。筆者もさすがに諦めていたが、10月7日、日米貿易協定署名式への立ち合いの機会を大使館からいただいた。事前に犯罪
6. 東奔政走 レガシーづくりを焦る首相 中曽根氏の背中は追えども遠く=平田崇浩
週刊エコノミスト 2019-20
を不沈空母のように」と踏み込んだ中曽根氏の時代と比べても格段に進んだ。 武器の大量購入や日米貿易協定も「従米外交」と批判されながら進めてきた同盟強化路線。その
7. 東奔政走 覇気見えぬ安倍首相の秋 「終活モード」か「死んだふり」か=平田崇浩
週刊エコノミスト 2019-20
ながらない。 トランプ米大統領との蜜月関係は外交資産だ。ただ、それを守ろうとするばかりに日米貿易協定では米側の自動車関税撤廃を見送る譲歩を迫られた。それを「ウ
8. 海外企業を買う /264 タイソン・フーズ 世界2位の食肉加工企業=岩田太郎
週刊エコノミスト 2019-20
豚肉は10%を占めている。近年は牛肉と豚肉の輸出増が顕著なのが特徴だ。10月に正式署名された日米貿易協定で日本では米国から輸入する牛肉の関税が段階的に大幅な引き
9. 特集 食肉大争奪 混乱2 牛丼に必須の「牛バラ肉(ショートプレート)」 日本が中国に買い負ける日=高橋寛
週刊エコノミスト 2019-20
大きく、先述の通り香港経由の迂回(うかい)輸入が一般的になっていると十分考えられる。 ◇日米貿易協定の恩恵小 このような中国の牛肉消費は、日本国内の米国産シ
10. 言言語語 ~10/25
週刊エコノミスト 2019-20
流しながらほほ笑んで。 「米国は追加関税カードを完全に手放したわけではない」=25日付『読売新聞』 日米貿易協定の審議が衆院本会議で始まった。野党共同会派の玄
11. 言言語語 ~5/31
週刊エコノミスト 2019-20
縛るものではまったくない」=28日付『朝日新聞』 安倍晋三首相はトランプ氏と迎賓館で会談し、日米貿易協定の早期締結に向けて議論を加速させることで一致した。トラ
12. 言言語語 ~9/27
週刊エコノミスト 2019-20
安倍晋三首相とトランプ米大統領は米ニューヨークで会談し、日米相互に物品関税を引き下げる日米貿易協定の合意を確認する共同声明に署名した。トランプ氏が成果を強調
「日米貿易協定」の情報だけではなく、「日米貿易協定」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

日米貿易協定と同じ国際カテゴリの記事
国際標準化機構(iso)(改訂新版・世界大百科事典)
略称をISO(イソまたはアイエスオーと読む)といい,国際規格を制定・普及するための機関であるが,非政府機関である。この機関の前身は,1926年に創設された万国規格統一協会(ISA)である。ISAは,42年に第2次大戦のためその機能を停止するまで
ニウエ(日本大百科全書(ニッポニカ))
ニュージーランドの北東2400キロメートル、トンガの東480キロメートル、サモアの南東560キロメートルにあるポリネシアの単島国家。グリニジ時より11時間遅い。国土面積260平方キロメートル、ほぼ楕円形の島の周回道路は67キロメートルで、隆起サンゴ礁島としては世界でもっとも大きな島の一つに数えられる
OPEC(改訂新版・世界大百科事典)
Organization of Petroleum Exporting Countriesの略称。石油輸出国機構と訳される。1960年9月,イラン,イラク,サウジアラビア,クウェート,ベネズエラの5ヵ国が,イラクのバグダードで開催した会議で結成された。その後カタル(1961),インドネシア,リビア(1962),アブ・ダビー(1967。74年にアラブ首長国連邦(UAE)に
尖閣諸島(日本大百科全書(ニッポニカ))
沖縄県石垣市に属し、八重山列島北方の東シナ海中にある。主島の魚釣(うおつり)島(面積3.82平方キロメートル、中国名は釣魚島(ちょうぎょとう)または釣魚台(ちょうぎょだい))、北小島(面積0.31平方キロメートル)および南小島(面積0.4平方キロメートル)を含むグループと
EU(ヨーロッパ連合)(日本大百科全書(ニッポニカ))
マーストリヒト条約により設立された、ヨーロッパ地域統合体。略称EU。当初は、ヨーロッパ石炭鉄鋼共同体(ECSC)、ヨーロッパ経済共同体(EEC、1993年からヨーロッパ共同体。略称EC)、およびヨーロッパ原子力共同体(EURATOM(ユーラトム))を基盤とした。
国際と同じカテゴリの記事をもっと見る


「日米貿易協定」は外国・国際に関連のある記事です。
その他の外国・国際に関連する記事
香港行政長官(日本大百科全書)
中華人民共和国香港特別行政区の首長。1997年7月1日、香港がイギリスから中国に返還された際に、植民地時代の香港総督の役職が廃止されたかわりに設けられたポストである。香港の各業界団体の代表で構成する選挙委員会による間接投票で選出される。任期は5年
新疆ウイグル自治区(世界大百科事典)
中国北西部の自治区。中国では新疆維吾爾自治区と表記。北東はモンゴル,南東は甘粛,青海の両省,南はチベット(西蔵)自治区,北西から南西はロシア,カザフスタン,キルギス,タジキスタンの諸国や,アフガニスタン,カシミール地方と境を接する。面積は全国の省・自
朝鮮人民軍(日本大百科全書)
北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)の正規軍。日本のマスメディアでは北朝鮮軍の通称も用いられる。 最高司令官は金正恩 (キムジョンウン)。陸軍、海軍、空軍・反航空軍、戦略軍、特殊作戦軍の5軍を軍種とする。戦略軍は、弾道ミサイルの運用などを担当。階級とし
日米貿易協定(日本大百科全書)
日本とアメリカの政府間の自由貿易協定(FTA)。物の関税の撤廃・引下げを柱とし、2019年(令和1)9月に合意、2020年1月に発効した。日本がアメリカから輸入する牛肉、豚肉、乳製品、ワインなどの農産物・食品の関税をTPP(環太平洋経済連携協定、Trans-Pacfic Partnership)
朝鮮労働党(日本大百科全書・世界大百科事典・イミダス)
北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)の支配政党。1945年10月10日に発足した朝鮮共産党北部朝鮮分局を起源とし、この日が現在の朝鮮労働党創建記念日とされている。北朝鮮憲法では、「朝鮮労働党の領導のもとにすべての活動を行う」(第11条)と明示しており
外国・国際に関連する記事をもっと見る


ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る