ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 歴史
  6. >
  7. 歴史上の人物
  8. >
  9. 世界史上の人物
  10. >
  11. ベネディクト
日本大百科全書・世界大百科事典・世界人名大辞典

日本大百科全書(ニッポニカ)
ベネディクト
べねでぃくと
Ruth Fulton Benedict 
[1887―1948]

アメリカの文化人類学者。ニューヨークに生まれる。1909年バッサー・カレッジ卒業後、1914年生化学者スタンレー・ベネディクトStanley Rossiter Benedict(1884―1936)と結婚するまで語学教師として数年を過ごし、結婚後は詩作に熱中した。1919年文化人類学の学習を始め、コロンビア大学のボアズの指導のもとに北米インディアンの民話や宗教の研究を行い、1923年論文「北アメリカにおける守護神の概念」によって学位を取得、そのまま同大に就職し、1936年ボアズ退任の後を受けて人類学科主任教授となった。1930~1940年代のアメリカ人類学界の主流であった文化とパーソナリティー研究において中心的な役割を演じた。彼女の学説は、後の心理人類学にも引き継がれた「文化と個人の関係」という問題視角とは別に、個別文化の全体を類型学的に把握しようという「文化のパーソナリティー」とでも名づけられるような問題視角に特徴がある。彼女によると、「一つの個別文化としての独自性は、諸々の文化要素の潜在的な可能性の円弧の一組の切片の選択によって生まれる」。こうした無数の可能性のなかからの選択は、文化ごとにある程度一貫した方向性をもち、「本質的には相互に無関係で、歴史的にも独立したものである」文化的諸要素を重ね合わせ、分解できない文化の個性のようなものにまとめあげているのである。『文化の型』(1934)は個別文化のこうした選択的動機を類型学的に把握する試みであった。第二次世界大戦における戦時研究の産物である『菊と刀』(1946)は、日本研究の書として有名であるが、『文化の型』においてはまだ直観的なきらいのあった文化の統合的形態の把握を、方法論的により洗練された分析にまで高めている。
[濱本 満]2018年12月13日



改訂新版 世界大百科事典
ベネディクト
Ruth Fulton Benedict
1887-1948

アメリカの女性文化人類学者。ニューヨーク州に生まれる。F.ボアズの指導のもとで学位をとり,コロンビア大学教授となる。1930~40年代のアメリカ人類学界の主流であった文化とパーソナリティ研究のにない手の一人。アメリカ・インディアンの実地調査と文献研究をもとに,一つの文化全体を理解するための統合的な方法論を唱えた。どのような個別の文化も,人間一般のもつ潜在的目的や動機という大きな円弧の一部分を占めており,個々の民族文化の特性がどの部分を占めるかという選択的動因を類型化したものが《文化の型Patterns of Culture》(1934)である。また,第2次世界大戦前から戦中にかけて人類学者のおこなったヨーロッパ,アジアの地域統合研究の中から生まれたのが《菊と刀》(1946)である。ここでも彼女は同じ方法論によって,断片的で多様な資料から日本文化のイメージを構成し,その統合的形態を描き出した。
[松園 万亀雄]

[索引語]
Benedict,R.F. 文化の型 Patterns of Culture 菊と刀


岩波 世界人名大辞典
ベネディクト
Benedict, Ruth Fulton
1887.6.5~1948.9.17

アメリカの人類学者.

コロンビア大学でボアズに人類学を学び,同大学助教授 [1931-36],准教授 [36-48]を経て教授 [48]となる.第二次大戦中には情報局にも勤務した [43-46].異なった文明の基礎をなしている心理学的構造を解明し,また各地の北米先住民の実地調査にも従事した [22-39].主著《文化の型:Patterns of culture, 1934》は,ニューメキシコのプエブロ,アメリカ北西海岸のクワキウトルやメラネシアのドブ島民の社会を比較して,それぞれが独自の文化の型,性格を持つことを明らかにした.また《人種主義・その批判的考察:Race:Science and politics, 1940》はナチスの人種主義への反論であり,《菊と刀:The chrysanthemum and the sword, 1945》は,太平洋戦争中に委嘱された日本人研究の成果である.戦争中でフィールドワークが行えなかったため,アメリカ在住の日本人へのインタビューや日本映画を用いて日本文化を分析,西欧の罪の意識に対して,日本の恥の意識を日本文化の型として位置づけた.

ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。
ベネディクトの関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 946
検索コンテンツ
1. ベネディクト
日本大百科全書
ニューヨークに生まれる。1909年バッサー・カレッジ卒業後、1914年生化学者スタンレー・ベネディクトStanley Rossiter Benedict(188
2. ベネディクト(16世)
日本大百科全書
第265代ローマ教皇(法王)。本名はヨーゼフ・ラッツィンガーJoseph A. Ratzinger。4月16日、ドイツ南部バイエルン州の小村に生まれる。父親は警
3. ベネディクト(Ruth Fulton Benedict)
世界大百科事典
1887-1948 アメリカの女性文化人類学者。ニューヨーク州に生まれる。F.ボアズの指導のもとで学位をとり,コロンビア大学教授となる。1930~40年代のアメ
4. ベネディクト
日本国語大辞典
〔一〕(Benedict )《ベネジクト》「ベネディクトゥス」の英語名。〔二〕(Ruth Fulton Benedict ルース=フルトン─)アメリカの女流文化
5. ベネディクト
日本人名大辞典
1887−1948 アメリカの文化人類学者。1887年6月5日生まれ。コロンビア大で人類学をまなび,同大教授。ひとつの文化を類型的に把握しようとする方法論をとな
6. ベネディクト(Benedict, Sir Julius)
世界人名大辞典
〔1804.11.27~85.6.5〕 イギリスの指揮者,作曲家.ユダヤ人銀行家の息子としてドイツに生まれ,シュトゥットガルトでアベイユ(L.Abeille 1
7. ベネディクト(Benedict, Ruth Fulton)
世界人名大辞典
〔1887.6.5~1948.9.17〕 アメリカの人類学者.コロンビア大学でボアズに人類学を学び,同大学助教授[1931-36],准教授[36-48]を経て教
8. ベネディクト(アニヤンの)(Benedikt von Aniane)
世界大百科事典
750ころ-821 フランク王国におけるベネディクト会修道制の組織者,聖人。本名はウィティツァWitiza。西ゴートの貴族家門に生まれ,フランク宮廷を経て774
9. ヴィラカジ ベネディクト
世界文学大事典
南アフリカのズールー語の詩人,小説家。聖フランシス・カレッジで学び,教員免許を取得,教職に就いた。1935年南アフリカ大学を卒業,38年ウィツウォーターズランド
10. ベネディクトゥス(6世紀の聖人)
日本大百科全書
590~604)は『対話』第二篇(へん)で自らベネディクトゥスの伝記を記録している。その内容は奇跡物語と教訓を主とするものではあるが、ベネディクトゥスに関するほ
11. ベネディクトゥス(8世紀の聖人)
日本大百科全書
ベネディクト会修道制の組織者、聖人。フランク国王ピピン3世の宮廷で養育され、773年ディジョン近くのサンセーヌで修道士となる。779年南フランスのアニャーヌAn
12. ベネディクトゥス
日本国語大辞典
五二九年モンテカシノにベネディクト修道会を設け、修道会制度の基礎を固めた。カトリック教会の聖人とされ祝日は三月二一日、七月一一日。通称ヌルシアのベネディクトゥス
13. ベネディクトゥス(アニアーヌの)〔ラ〕Benedictus Anianensis)
世界人名大辞典
(〔ラ〕Euticius) 賞讃名:第2のベネディクトゥスBenedictus II〔仏〕Benoît d'Aniane〔750頃~821.2.11〕 カロリン
14. ベネディクトゥス(ヌルシアの)(Benedictus de Nursia)
世界人名大辞典
作ったが,一部の聖職者に迫害され,スビアコを去って[529]ローマ南方のモンテ・カッシーノに修道院を建ててベネディクト会則(Regula Monachorum)
15. ベネディクトゥス[12世](Benedictus ⅩⅡ)
世界大百科事典
?-1342 ローマ教皇。在位1334-42年。南フランス,ラングドック地方の貧しい家に生まれ,青年時代シトー派修道院ブルボンヌに入り,後フォンフロアド修道院に
16. ベネディクトゥス(ヌルシアの)(Benedictus)
世界大百科事典
ノ(モンテ・カッシノ修道院)に移り,以後ここを離れず,晩年の534年以後,彼の唯一の著作〈ベネディクトゥス会則〉を執筆した。 この会則は東方で発生した修道生活の
17. ベネディクトゥス11世(Benedictus XI)
世界人名大辞典
 前名:Nicola Boccasini〔1240~1304.7.7〕 ローマ教皇[1303/04].はじめドミニコ会総長.性格は仁慈で,前教皇ボニファティウス
18. ベネディクトゥス13世(Benedictus XIII)
世界人名大辞典
 前名:Pedro Martínez de Luna〔1342頃~1423.5.23〕 対立教皇[1394/1417].はじめ法学者,のち枢機卿となり,教会分裂
19. ベネディクトゥス14世(Benedictus XIV)
世界人名大辞典
 前名:Prospero Lorenzo Lambertini〔1675.3.31~1758.5.3〕 ローマ教皇[1740/58].枢機卿[1726],ボロー
20. ベネディクトゥス15世(Benedictus XV)
世界人名大辞典
 前名:Giacomo della Chiesa〔1854.11.21~1922.1.22〕 ローマ教皇[1914/22].スペイン教皇大使,ボローニャ大司教[
21. ベネディクトゥス16世(Benedictus XVI)
世界人名大辞典
 前名:Joseph Alois Ratzinger〔1927.4.16~〕 ローマ教皇[2005/13].南バイエルンのマルクトゥルに生まれ,フライジングおよ
22. ベネディクトゥス(ヌルシアの)
世界文学大事典
重視し,経済的自立を確保させた。〈西欧修道制の父〉と称される。全ヨーロッパの修道院が準拠した『聖ベネディクト会則』Regula monachorum(73章)の
23. ベネディクト会
日本大百科全書
修道院の果たした役割は多彩であった。 しかし、ベネディクト会がその地歩を現実社会のなかに確保するにつれて、制度化に伴うひずみがおこる。8、9世紀のアニャーヌのベ
24. ベネディクト会
世界大百科事典
Benedicti ベネディクトゥス(ヌルシアの) スコラスティカ Scholastica レグラ・マギストリ Regula magistri ベネディクト(ア
25. ベネディクト‐しゅうどうかい[‥シウダウクヮイ]【─修道会】
日本国語大辞典
〔名〕カトリック教会の修道会の一つ。ベネディクトゥスが五二九年モンテカシノに創立。服従・清貧・貞節の三原則に基づく戒律により、労働と勉学を重んずる。ベネディクト
26. ベネディクト16世[新ローマ教皇(法王)]
イミダス 2018
ベネディクト16世。Benedict XVI。本名、ヨゼフ・ラッツィンガー。Joseph Alois Ratzinger。第265代ローマ教皇。 4月19日、
27. ベネディクト16世[現職ローマ法王が退位を表明]
イミダス 2018
ベネディクト16世。Pope Benedict XVI。本名、ヨゼフ・ラッツィンガー。Joseph Alois Ratzinger。第265代ローマ法王。 2
28. ベネディクトソン
日本大百科全書
アイスランドの詩人。幼時から、アイスランド独立運動のリーダーであった父の影響を受ける。コペンハーゲンに出て法律を学ぶかたわら、当時の文化的潮流を一身に受ける。帰
29. ベネディクトソン エイナル
世界文学大事典
アイスランドの詩人。コペンハーゲンで法律を学ぶかたわら当時の文化的潮流を一身に受ける。帰国後アイスランド最初の日刊新聞「ダーグスクラウ」を編集・発行。弁護士とな
30. ベネディクトソン ヴィクトーリア
世界文学大事典
スウェーデンの女性小説家。筆名エルンスト・アールグレンErnst Ahlgren。1871年,50歳に近いベネディクトソンと結婚。不幸な結婚で数度自殺をはかる。
31. ベネディクト‐は【─派】
日本国語大辞典
〔名〕キリスト教のカトリックの一派。ベネディクトゥスが五二九年開創した教団。また、そこに属する人々。*新聞雑誌‐六〇号附録・明治五年〔1872〕九月「ベネヂクト
32. ベネディクトフ(Vladimir Grigor'evich Benediktov)
世界大百科事典
1807-73 ロシアの詩人。地方官吏の家に生まれ,ペテルブルグの士官学校を出て1827-32年軍職に就いたのち,大蔵省の役人になった。35年に出した処女詩集は
33. エッグベネディクト[カタカナ語]
イミダス 2018
フィンのトーストに,焼いたハムや半熟卵などを載せてオランデーズソースをかけた軽食.エッグスベネディクトとも. 2014 08
34. 新教皇ベネディクト16世[宗教]
イミダス 2018
前教皇ヨハネ・パウロ2世(Johannes Paulus2)の後を継いだベネディクト16世は、2006年05月、前教皇の祖国ポーランドを訪問してその足跡をたど
35. ローマ法王(ベネディクト16世)[宗教]画像
イミダス 2018
ィンガー(Joseph Alois Ratziner)枢機卿が265代法王として選出され、ベネディクト16世と称することになった。前法王の側近として仕えた新法王
36. ソシュール
日本国語大辞典
Horace Bênêdict de Saussure オーラス=ベネディクト=ド─)スイスの自然科学者、登山家。アルプスの地質構造などを研究。また、科学的登山
37. 愛書趣味 96ページ
文庫クセジュ
・『サン=モールのベネディクトゥス修道士によるガリアおよびフランスの歴史家集成』(一七三七 ― 一八七八年、二折判) ・『フランス史未刊行資料集成』(一八三五
38. 愛書趣味 258ページ
文庫クセジュ
Sarthe 92 (サン=シモン)回想録 Mémoires 39, 77 サン=モールのベネディクトゥス修道士によるガリアおよびフランスの歴史家集成 Recu
39. アイスランド画像
日本大百科全書
選挙は18歳以上の全国民による(選挙権・被選挙権は18歳以上)。2017年6月時点で首相は独立党のビャルニ・ベネディクトソンBjarni Benediktsso
40. アイスランド文学
日本大百科全書
谷口幸男2017年8月21日19世紀末以降19世紀末から20世紀初頭にかけて、ナショナリズムがエイナル・ベネディクトソンを指導者としておこる。児童文学のヨウン・
41. アイスランド文学
世界文学大事典
ンソン・ステファンソンである。19世紀から20世紀初頭にかけてはナショナリズムがエイナル・ベネディクトソンを指導者として起こる。児童文学のヨウン・ステファウン・
42. アイルランド音楽
世界大百科事典
教会音楽の伝統も古く,はじめはケルト独自の典礼を持ち,聖歌の歌唱も盛んであったらしいが,8世紀以後はベネディクト派の,12世紀以後はイギリス風ローマ典礼の音楽が
43. アウストロネシア語族画像
世界大百科事典
合わせてアウストリック語族なる名称を与えたが,科学的に証明されたわけではない。近年アメリカのベネディクトP.K.Benedictは,アウストロネシア語族がコーチ
44. 悪魔の文化史 59ページ
文庫クセジュ
もう一人の修道士グレゴリウス〔のちの聖グレゴリウス一世。既出。若い頃にローマのカエリウス丘にベネディクト会の修道院を建てている〕が六〇〇年頃に著わした『対話』も
45. 悪魔の文化史 61ページ
文庫クセジュ
イングランド中部にあった王国〔訳註〕。 (3) ブルゴーニュ地方のマコン北西の町クリュニーにあったベネディクト会の修道院。ここの修道院長のパリ別邸が、現在パリ五
46. 悪魔の文化史 68ページ
文庫クセジュ
会がある〔訳註〕。 (4) ロアレ県オルレアン南東方の村。イタリアのモンテカッシーノより聖ベネディクトゥスの聖遺物を得て、中世では最も著名な巡礼地の一つとなる。
47. 悪魔の文化史 120ページ
文庫クセジュ
単なる病人にすぎないのである、と。これは注目に値するほど見事な批判的立場であり、それゆえにであろう、教皇ベネディクトゥス十四世(2)は、一七四四年、ローマ定式書
48. 悪魔の文化史 121ページ
文庫クセジュ
ここではまず、十七世紀中葉以前の、危険極まりない大胆な試みを列挙しておこう。まず、神学博士でベネディクト会修道士のギヨーム・エドリンヌ〔ベシュテルという研究者に
49. アザム兄弟
世界大百科事典
駆使して,絵画,彫刻,建築を総合した造形は,とくに幻想的な宗教空間の創造に結晶した。ウェルテンブルクのベネディクト修道院教会(1718)の聖ゲオルギウス騎馬像,
50. アシュクロフト(Ashcroft, Dame Peggy)
世界人名大辞典
浴びる.1930年代から60年代まで女優としてトップの座に輝き,〈空騒ぎ〉でギールグッドのベネディクトを相手にビアトリスを演じる[50-]など,シェイクスピア劇
「ベネディクト」の情報だけではなく、「ベネディクト」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

ベネディクトと同じ世界史上の人物カテゴリの記事
ナポレオン [改訳](文庫クセジュ ベストセレクション)
ナポレオン[改訳] 文庫クセジュ79 アンリ・カルヴェ著/井上 幸治訳 歴史・地理・民族(俗)学 第一章 ナポレオンの出身、青年時代 ボナパルト家 いま知られるところで、ナポレオンのもっとも古い祖先は、十五世紀末にあらわれたフランソワ・ボナパルトである。
范寛(世界人名大辞典・世界大百科事典)
名:中正 字:中立(仲立)中国北宋の画家.華原(現,陝西銅川)の人.性格が温厚で度量が大きかったことから「寛」とあだ名されるようになったという.在野の山水画家で,天聖年間 [1023-32]には,なお在世していたとされる
イブン・スィーナー(世界人名大辞典・世界大百科事典)
イスラーム哲学者,医学者.ブハラ(現ウズベキスタン)でサーマーン朝のペルシア人官吏の子として生まれ,イスラーム,ギリシア,インドの諸学,特に哲学,医学,数学,天文学などを極めた.サーマーン朝の王子を治療して宮廷に出入りし
ウィリアム1世(世界人名大辞典・世界大百科事典)
1027(28)~87.9.9イングランド王 [1066/87].ノルマンディー公ロベール1世(悪魔公)(Robert I le Diable †1035)の庶子.父が没するとノルマンディー公ギヨーム2世(Guillaume II)となり [1035-87],ハロルド2世がイングランド王に即位する [66]と,先王エドワード(証聖王)による
朱熹(世界人名大辞典・世界文学大事典)
1130.10.18[建炎4.9.15]~1200.4.23[慶元6.3.9]中国南宋の思想家,儒者.一般に朱子と呼ばれる.本籍は徽州の婺源(ぶげん)だが,福建尤渓(ゆうけい)(現,福建三明)で生まれた.科挙に合格,地方官として各地をまわるが,地元の福建で教育と学問に携わる期間が長かった
世界史上の人物と同じカテゴリの記事をもっと見る


「ベネディクト」は人物に関連のある記事です。
その他の人物に関連する記事
キング(日本大百科全書・世界大百科事典・世界人名大辞典)
アメリカ合衆国のバプティスト派の黒人牧師で、黒人公民権運動の指導者。ジョージア州アトランタに生まれる。バスの座席の人種分離に反対して1955年12月から1年以上にわたって闘われた、アラバマ州モントゴメリーのバス・ボイコット運動の指導者として一躍脚光を浴び
リンカーン(日本大百科全書・世界大百科事典・世界人名大辞典)
アメリカ合衆国第16代大統領(在任1861~65)。開拓農民だった父トーマスと母ナンシーの第2子(第1子は長女セラ)として、2月12日にケンタッキー州のホッジェンビル付近の丸太小屋で生まれた。独立戦争が終わったころバージニア州から辺境のこの地方に移住
チャーチル(日本大百科全書・世界大百科事典・世界人名大辞典)
イギリスの政治家。11月30日保守党政治家ランドルフ・チャーチルの長男として、名門貴族マールバラ公爵家に生まれる。サンドハースト陸軍士官学校で学んだのち、陸軍に入り、インドに赴任した。そこでの経験をもとに書いた『マラカンド野戦軍』
コロンブス(日本大百科全書・世界大百科事典・世界人名大辞典)
スペイン語名クリストバル・コロン、イタリア語名クリストフォロ・コロンボ。イタリアのジェノバ生まれといわれる航海者、新大陸の「発見」者。生年月日は明確ではないが、1451年の8月26日から10月末日までの間に生まれたと推定される
ベネディクト(日本大百科全書・世界大百科事典・世界人名大辞典)
アメリカの文化人類学者。ニューヨークに生まれる。1909年バッサー・カレッジ卒業後、1914年生化学者スタンレー・ベネディクトStanley Rossiter Benedict(1884―1936)と結婚するまで語学教師として数年を過ごし、結婚後は詩作に熱中した
人物に関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る