ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 歴史
  6. >
  7. 歴史上の人物
  8. >
  9. 世界史上の人物
  10. >
  11. チャーチル

ジャパンナレッジで閲覧できる『チャーチル』の辞書・事典・叢書別サンプルページ

日本大百科全書・世界大百科事典・世界人名大辞典

日本大百科全書(ニッポニカ)
チャーチル
ちゃーちる
Sir Winston Leonard Spencer Churchill 
[1874―1965]

イギリスの政治家。11月30日保守党政治家ランドルフ・チャーチルの長男として、名門貴族マールバラ公爵家に生まれる。サンドハースト陸軍士官学校で学んだのち、陸軍に入り、インドに赴任した。そこでの経験をもとに書いた『マラカンド野戦軍』The Story of the Malakand Field Force(1898)や、その後スーダンのオムデュルマンの戦いに参加してから著した『河畔の戦争』The River War(1899)で文名をあげた。1899年陸軍を辞め、保守党から補欠選挙に立候補したものの落選し、『モーニング・ポスト』紙の特派員としてブーア戦争の取材に赴いた。そこでブーア軍の捕虜となったが、収容所からの脱出に成功し、英雄扱いを受けた。
 その勢いを駆って、1900年の総選挙で保守党下院議員に当選した。しかし、ジョゼフ・チェンバレンが関税改革運動を始めると、それに反対して保守党を離れ、自由党に鞍(くら)替えした(1904)。1905年末に成立した自由党内閣で植民地省政務次官となり、トランスバールへの自治供与によるブーア人との和解を推進した。1908年商務相に就任、ロイド・ジョージによる諸改革を助け、さらに内相(1910~1911)を経て、1911年海相となり、海軍の近代化に努めた。1915年、アスキス首相が保守党との連立内閣をつくるに際して、海相辞任を余儀なくされた。連立内閣でランカスター公領相を短期間務めたのち陸軍に復帰、フランスで従軍した。1917年ロイド・ジョージ内閣の軍需相として政界に戻り、陸相(1918~1921)、植民地相(1921~1922)を歴任した。陸相としてはロシア革命干渉戦争に力を入れ、植民地相としては中東の錯綜(さくそう)した状況を収拾してイギリスの勢力圏を確立するとともに、アイルランド南部への独立付与によってアイルランド民族運動の鎮静化を図った。自由、保守両党の連立が破れたあとの1922年の総選挙で落選、労働党の台頭に直面して自由党に見切りをつけて保守党に移り、1924年保守党下院議員に選ばれた。保守党ボールドウィン内閣では蔵相に就任(1924~1929)、金本位制への復帰を断行したが、第一次世界大戦前の旧平価での復帰はイギリス経済にとっての負担となり、1926年のゼネストを誘発した。このゼネスト期間中は、『ブリティッシュ・ガゼット』という新聞を編集し、スト攻撃に全力を注いだ。
 1930年代には、インド民族運動への若干の譲歩を盛り込んだインド統治法にかたくなに反対し、保守党内で孤立していった。そのため、早くからナチス・ドイツの強大化について警鐘を鳴らし、ネビル・チェンバレンなどの追求する宥和(ゆうわ)政策に鋭い批判を加えたものの、十分な政治勢力を築きえなかった。しかし、宥和政策が失敗し第二次世界大戦が勃発(ぼっぱつ)するに及んで、政界での力を回復、海相(1939~1940)を経て、1940年5月首相の座についた。
 大戦中はルーズベルトやスターリンと緊密な連絡を保ちつつ、政戦の両面にわたって強大な指導力を発揮し、連合国側の勝利に貢献した。その反面、戦争中に強まってきた社会改革を求める国民の声には冷淡であったため、戦争終結を目前にした1945年7月の総選挙では、改革を強調する労働党に敗北を喫した。1951年の総選挙後ふたたび首相となったが、高齢のための衰えが目だち、1955年イーデンに後を譲った。1965年1月24日死去。
 20世紀のイギリスを代表する政治家であると同時に、文筆家、歴史家としても一家をなし、第一次世界大戦の歴史である『世界の危機』The World Crisis(1923~1929)や『第二次世界大戦史』The Second World War(1948~1954)などの著作は広く読まれている。1953年ノーベル文学賞受賞。また画家としても優れた才能をもっていた。
[木畑洋一]



改訂新版 世界大百科事典
チャーチル
Winston Leonard Spencer Churchill
1874-1965

イギリスの政治家。スペイン継承戦争に戦功をたてた初代マールバラ公の子孫。保守党蔵相を務めたランドルフ・チャーチルRandolf C.(1849-95)の長男。チャーチルは動乱期の指導者として最もよくその才能を発揮する型の政治家であり,90年におよぶ生涯は,大英帝国の栄光とその清算を象徴している。名門に生まれ軍人を経て議会人になった前半生は,精力的で豪胆なためむしろ不遇であった。だがナチス・ドイツと死闘するイギリスの運命を担ったとき,彼の強靱な戦闘意志と率直な雄弁は瀬戸際で国民を鼓舞し,5年にわたる政治と軍事の非凡な指導によって,反ナチス陣営を勝利へと導いた。

 1895年陸軍士官学校を卒業すると,第4軽騎兵連隊に入り,キューバ,インドで反乱鎮圧軍に参加,スーダン遠征,ボーア戦争にも軍人または記者として従軍し,これらの体験記を著して名声を得た。1900年保守党から下院に入り,独自の政治見解に基づき同党指導層を批判,ことに自由貿易主義を支持し保護関税政策に強く反対,04年自由党に移籍した。自由党内閣が発足すると06年以後植民相次官,商相,内相を歴任,その間ロイド・ジョージとともに多くの社会立法成立に努力した。11年以降は海相としてドイツの脅威に対抗し海軍力強化を鋭意断行して第1次世界大戦に備えたが,15年ダーダネルス海峡攻撃失敗の責任をとって辞職。しかし,17年ロイド・ジョージ連立内閣で再び軍需相に起用された。戦後は19年第2次同連立内閣の空相兼陸相,21年植民相を務めたが,22年総選挙の結果,自由党が保守党に敗れ,労働党が第二党に躍進して,チャーチル自身も議席を失った。下院に復帰した24年,反社会主義の立場から再び保守党に戻り,ボールドウィン内閣の蔵相として,物価を引き下げ,ポンドの価値を戦前の水準に回復させるため,金本位制復帰を実施した。この引締め策はデフレ,失業,賃金低下を招き,労働者の不満が募って26年ゼネストという事態に発展した。彼は政府機関紙《ブリティッシュ・ガゼット》を発行して,強硬姿勢を示したため,第2次世界大戦までの期間,労働陣営から敵視された。29年内閣辞職とともに下野してのちは,保守党主流派と見解を異にして,10年余り閣外にとどまった。この間ナチス・ドイツの脅威に対抗して再軍備の必要を強く訴え,また自治領の地位を認めるインド統治法にも反対した。A.N.チェンバレンの対独宥和政策を激しく攻撃し,英仏ソの同盟を主張した。

 39年9月第2次世界大戦の開戦と同時に海相に任ぜられ,ノルウェー作戦失敗を機に辞職したチェンバレンの後を継いで40年首相となる。彼は労働党の協力を得て強力な戦時内閣を組織し,みずからは国防相を兼務,政軍両権を掌握した。困難な戦局にも,不屈の信念と力強い雄弁により国民および連合軍の士気を鼓舞し,F.D.ローズベルト,スターリンとともに6年間戦争の最高指導に当たった。しかし45年の総選挙で保守党は敗北し,同年のポツダム会談半ばにして労働党新首相アトリーにイギリス代表の席を譲ることになった。これは,偉大な戦時指導者としてのチャーチル個人の資質によりも,労働党の社会政策に戦後再建の期待をかけた国民感情の表れと見られる。この年すでに〈鉄のカーテンIron Curtain〉という言葉でソ連への警戒心を明らかにした彼は,翌年野党党首としてアメリカのフルトンで演説し,共産主義勢力に対抗する英米協力の必要を力説,一方スイスにおいては〈ヨーロッパ統合〉を提唱した。51年には再び政権に就き,53年エリザベス2世の戴冠式にあたりガーター勲章を授けられた。同年スターリンの死後,頂上会談による冷戦の緊張緩和を企図したが,健康を害し計画の実現を見ず,55年イーデンを後継者に指名して引退した。

 その名演説における格調高い英語の語法は,数多くの著作にも反映し,53年度ノーベル文学賞を受賞している。おもな著作に,父や先祖マールバラ公の伝記をはじめ,第1次世界大戦の自伝的記録《世界の危機》4巻(1923-29),《わが半生》(1930),《第2次世界大戦》6巻(1948-53),《英語国民の歴史》4巻(1956-58)などがある。またポロ競技,絵画とくに水彩画など多方面に豊かな才能を発揮,最晩年には多くの名誉が与えられ,65年国葬が行われた。
[池田 清]

[索引語]
Churchill,W.L.S. チャーチル,R. ブリティッシュ・ガゼット 鉄のカーテン Iron Curtain 世界の危機 わが半生 第2次世界大戦 英語国民の歴史


岩波 世界人名大辞典
チャーチル
Churchill, Sir Winston Leonard Spencer
1874.11.30~1965.1.24

イギリスの政治家.

R.H.S.チャーチルの長男.母はニューヨークの金融業者の娘.ハロー校に進み [1888],2度の入試失敗を経て陸軍士官学校に入学 [93].卒業して騎兵士官となり [95],インドで勤務 [96-99].一時スーダンでマフディー戦争に従軍 [98].帰国して退役 [99].ボーア戦争では従軍記者として一時捕虜となるが脱走.早くから政界も志しており,保守党から庶民院に当選 [1900].(Joseph)チェンバレンの帝国特恵関税構想に反対して自由党に移る [04].植民地省次官 [05-08]を経て商相 [08-10]として異例の若さで入閣し,ロイド・ジョージと協力しつつイギリス最初の最低賃金法 [09]など社会福祉政策を導入.内相 [10-11]を経て海相となり [11-15],ドイツ海軍の増強に対応するため,J.A.フィッシャーと協力して海軍を増強・近代化.アイルランド自治問題においては,自治を基本線で認めつつアルスターの自治反対派との妥協点を探った.第一次大戦勃発に際しては参戦を主張したが,ガリポリ攻撃失敗の責を負わされ海相辞任 [15].中佐として大隊を率いて西部戦線に出征 [16].軍需相として政府に復帰し [17-19],戦後は陸相兼空相 [19-21]として復員を速やかに完了する一方で,共産主義を敵視しロシア革命への干渉戦争の継続を主張.アイルランド独立戦争に際しては,当初は弾圧を主張したが,植民地相 [21-22]となってイギリス-アイルランド条約交渉の一員となる [21].さらにオスマン帝国解体後のパレスチナ,イラクの独立および委任統治の問題を処理するが,総選挙で落選 [22].執筆に専念し,《The world crisis, 6巻, 1923-31》を執筆.その後,保守党に戻って庶民院に選出され [24-64],蔵相として [24-29]金本位制に復帰を果たしつつ [25],自由貿易維持と歳出抑制に努めた.保守党在野期にはインドへの自治権付与に対して,イギリス支配の方が人民には望ましいとの理由で反対しつつ,ナチス・ドイツの危険を早くから警告.第二次大戦勃発とともに海相に復帰し [39-40],続いて首相 [40-45]として連立内閣を組織し,国防相を兼任.フランス降伏後もナチス・ドイツとの講和を拒否してほぼ単独で独伊と対峙しつつ総力戦を遂行し,アメリカとソ連の参戦もあって日独伊に勝利.しかし総選挙では敗れて退陣 [45].東西対立の時代を見越して〈鉄のカーテン〉の演説をアメリカで行う [46].また統一ヨーロッパ構想も発表し [同],欧州経済共同体(EEC)形成に向けた動きを後押しした.この間《第二次世界大戦:The Second World War, 6巻, 1948-54》を執筆し,ノーベル文学賞受賞 [53].51年の総選挙で再び首相となり [-55],アメリカとの〈特別な関係〉の再建に努める.老齢のため退陣.多くの栄典に浴し,ナイト爵に叙される [53]が,公爵位は拒否し,庶民院にとどまった.

ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。
チャーチルの関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 372
検索コンテンツ
1. チャーチル(Winston Churchill、小説家)
日本大百科全書
アメリカの小説家。セントルイスに生まれる。海軍兵学校を卒業するが軍籍には入らず、文筆に専念する。独立戦争当時の海軍士官を描く『リチャード・カーベル』(1899)
2. チャーチル(Sir Winston Leonard Spencer Churchill、政治家)
日本大百科全書
イギリスの政治家。11月30日保守党政治家ランドルフ・チャーチルの長男として、名門貴族マールバラ公爵家に生まれる。サンドハースト陸軍士官学校で学んだのち、陸軍に
3. チャーチル(Winston Churchill)
世界大百科事典
1871-1947 アメリカの小説家。セント・ルイスに生まれ,海軍兵学校卒。ニューハンプシャーに住み,州会議員も務める。独立戦争時代を扱う《リチャード・カーベル
4. チャーチル(Winston Leonard Spencer Churchill)
世界大百科事典
をたてた初代マールバラ公の子孫。保守党蔵相を務めたランドルフ・チャーチルRandolf C.(1849-95)の長男。チャーチルは動乱期の指導者として最もよくそ
5. チャーチル
日本国語大辞典
〔一〕(Winston Churchill ウィンストン─)アメリカの小説家。ロマンチックな手法で歴史小説、政治小説を多く書いた。代表作「コニストン」など。(一
6. チャーチル(Churchill, Lord Randolph Henry Spencer)
世界人名大辞典
トン校からオックスフォード大学に進む.アメリカ人富豪の娘と結婚し[1874],W.L.S.チャーチルが長男として誕生[同].保守党から庶民院に選出され[同-95
7. チャーチル(Churchill, William)
世界人名大辞典
〔1859.10.5~1920.6.9〕 アメリカの民族学者.サモア,トンガの領事館に勤務し,太平洋およびマレー多島海の諸民族の民族学的・言語学的研究を行った.
8. チャーチル(Churchill, Sir Winston Leonard Spencer)
世界人名大辞典
〔1874.11.30~1965.1.24〕 イギリスの政治家.R.H.S.チャーチルの長男.母はニューヨークの金融業者の娘.ハロー校に進み[1888],2度の
9. チャーチル ウィンストン
世界文学大事典
アメリカの小説家。セントルイス生まれ。海軍兵学校出身。処女作『有名人』The Celebrity(1898)発表後,独立戦争や南北戦争に材料を求めた歴史小説『リ
10. チャーチル ウィンストン
世界文学大事典
イギリスの政治家,文筆家。名門貴族モールバラ家に生まれ,サンドハースト陸軍士官学校で学んだ後,陸軍に入りインドに赴いた。そこでの体験をもとにした『マラカンド野戦
11. チャーチル キャリル
世界文学大事典
イギリスの女性劇作家。オクスフォード大学で英文学を専攻。社会主義とフェミニズムの立場から,ロイヤル・コート劇場や前衛劇団ジョイント・ストック・カンパニーを主な活
12. チャーチル チャールズ
世界文学大事典
イギリスの風刺詩人。ウェストミンスター校を出たが大学には進まず,不本意ながら牧師となったが長続きしなかった。いくつかの文壇風刺詩を試みたが,今日ではほとんど忘れ
13. チャーチル
日本史年表
1965年〈昭和40 乙巳〉 1・24 没。
14. マールバラ
日本国語大辞典
=オブ─ジョン=チャーチル)イギリスの軍人。ウィリアム三世、アン女王に仕え、スペイン継承戦争ではイギリス・オランダ連合軍総司令官としてフランス軍を破る。ウィンス
15. マールバラ
日本大百科全書
収めたが、11年国内の政争に巻き込まれて解任された。18世紀前半を代表する軍人で、20世紀の政治家チャーチルの祖先にもあたる。大久保桂子
16. アイルランド(島)画像
日本大百科全書
にあたっての中立政策となった。といっても連合国側に事実上加担した中立であったが、イギリスのチャーチル首相からは激しく非難された。この中立政策は大戦後も継続され、
17. アイルランド画像
世界大百科事典
Hyde(1860-1949)である。第2次大戦に際しては中立を堅持し,そのため,戦争終結時にチャーチルが戦勝演説でアイルランドを非難し,デ・バレラ首相が大国の
18. アイルランド 121ページ
文庫クセジュ
引き起こしており、こうした暴動は一八六四年と七二年にも起こっていた。今度は保守党のランドルフ・チャーチルがベルファストにやって来て、プロテスタント教徒の闘いをあ
19. アカデミー賞[映画]
現代用語の基礎知識 2019
で開催。作品賞は、『シェイプ・オブ・ウォーター』が受賞した。主演男優賞は、『ウィンストン・チャーチル』のゲイリー・オールドマン。主演女優賞は、『スリー・ビルボー
20. アディソン・ウェスリー・ロングマン
日本大百科全書
科学技術関係書、児童書、一般書、医学書などを刊行し、そのなかにはワーズワース、コールリッジ、チャーチルなどの作品も含まれている。1968年以降はピアソンの傘下に
21. アトリー
日本大百科全書
1931年の労働党の危機に際して副党首に選ばれ、1935年党首に就任した。第二次世界大戦中はチャーチル連立内閣の副首相として、自治領との関係調整などに活躍した。
22. アトリー(Clement Richard Attlee)
世界大百科事典
つとめ,31年総選挙で元閣僚の大半が落選したとき副党首となり,やがて党首となる。第2次大戦中チャーチルの下で戦争内閣に加わり,42年から副首相として活躍。45年
23. アラビアのロレンス 322ページ
東洋文庫
メソポタ、・・アの危機が切迫し、その結果、中東問題が植民省の管轄に移されて、ウィンストン・チャーチル氏が植民大臣に任命された。氏はロレンスを呼び寄せて、もし君が
24. アラビアのロレンス 323ページ
東洋文庫
、・・ルナー化し』、そしてたぶんパレスチナを第三者に与える気になりかかったというわけです。チャーチル氏は伝統的なイギリスの態度を完全に廃棄することは避けるような
25. アラビアのロレンス 325ページ
東洋文庫
捨てて兵籍にはいることができたのです。私の仕事は終わりました。このことは当時私がウィンストン・チャーチルにあてて書いたところです1当時とはすなわち私が主人という
26. アラビアのロレンス 326ページ
東洋文庫
つまり私はアラビアにおける個人主義的なもの、組織化されていないもの、無秩序なものをすべて是認したいのです。「チャーチル氏はパレスチナにおいて穏健な方針をとりまし
27. アラビアのロレンス 327ページ
東洋文庫
の地方政府を創設する機会を与えるために努力したということ、私の意見によれば、ウィンストン・チャーチルのとった処置はわれわれの戦争中の契約および私の希望をりっぱに
28. アルカディア会談
日本大百科全書
第二次世界大戦中、ワシントンで開かれたアメリカ大統領F・D・ルーズベルトとイギリス首相チャーチルとの会談。1941年12月22日から翌1942年1月14日まで、
29. アレグザンダー(Alexander, Albert Victor, Earl A. of Hillsborough)
世界人名大辞典
4],第2次内閣で海相となり[29-31],ロンドン海軍軍縮会議を成功に導く.W.L.S.チャーチル内閣で再び海相[40-45].C.R.アトリー内閣でも海相[
30. アレグザンダー(Alexander, Harold Rupert Leofric George, 1st Earl A. of Tunis)
世界人名大辞典
帥に任ぜられた[44].戦後は最後のイギリス人カナダ総督[46-52].第2次W.L.S.チャーチル内閣で国防相[52-54].
31. イギリス
世界大百科事典
の威信も実力もなく,第2次世界大戦の勃発は防げなかった。 福祉国家への再生 イギリスはW.チャーチルの下で,満6年にわたり国力を使い果たして戦い抜き,第2次世界
32. イギリス国会議事堂
世界大百科事典
Ben〉と名付けられた。議事堂は第2次大戦で破壊されたが,この議場こそ議会精神の体現であるという首相W.チャーチルの演説によって,旧状どおりに復元された。鈴木
33. イギリス史画像
日本大百科全書
結局、宥和政策も空しく、1939年イギリスは第二次世界大戦に突入し、翌1940年、対独強硬派のチャーチルを首相とする挙国一致内閣が成立した。戦局は、ヨーロッパで
34. イギリス史(年表)
日本大百科全書
8ミュンヘン会談で首相チェンバレン、宥和政策を守る1939第二次世界大戦始まる1941首相チャーチル、アメリカのルーズベルトと会談し、大西洋憲章を発表1945第
35. イギリスの戦い
日本大百科全書
知り、激しく反攻したため、ドイツ軍のほうがより多くの飛行機を失うことになった。イギリス首相チャーチルは、「人類の争いの場で、かくまで多くのことを、これほど多くの
36. いしかわ-きんいち【石川欣一】
日本人名大辞典
昭和34年8月4日死去。64歳。東京出身。プリンストン大卒。訳書はほかにグルー「滞日十年」,チャーチル「第二次大戦回顧録」など。
37. イスラムとヨーロッパ 前嶋信次著作選 2 309ページ
東洋文庫
のは一八三二年であるが、これはやはり官報であり、民間紙としては一八四〇年に英人ウィリヤム・チャーチルがはじめた週刊紙を最初のものとしてあげなくてはならぬ。トルコ
38. 医の倫理 110ページ
文庫クセジュ
 一九四一年、ウィンストン・チャーチルは、ドイツの犯罪をほのめかしながら次のようにいった。「われわれは、名前のない犯罪を前にしている。」一九四五年、ニュルンベル
39. インド省
世界大百科事典
れぞれ14人が任命された。彼らは1人を除いて残らず閣内相であった。例外は第2次世界大戦時のチャーチルの戦時内閣の閣外相となったエーマリーである。20世紀になって
40. インナー・キャビネット
日本大百科全書
1931年のマクドナルド内閣(10人)、1939年のチェンバレン内閣(8人)、1940年のチャーチル内閣(5人)が、非常時・戦時内閣を設けた例がある。なお、少数
41. インナー・キャビネット
世界大百科事典
強まり,これが公式化されて成立する。イギリスでは第1次大戦のロイド・ジョージ,第2次大戦のチャーチル両戦時少数内閣が有名で,首相以下軍事関係諸相,無任所相等5~
42. イーデン
日本大百科全書
1951年からまたも外相を務め、ジュネーブ会議(1954)の開催などで大きな役割を果たした。1955年4月チャーチルの後を継いで首相に就任。翌1956年エジプト
43. イーデン(Robert Anthony Eden)
世界大百科事典
イギリスの保守党政治家。1938年ネビル・チェンバレン首相の対伊宥和政策に抗議して外相を辞したが,次のチャーチル首相の下で再び外相(1940-45,51-55)
44. イーデン
日本国語大辞典
Anthony Eden サー=ロバート=アンソニー─)イギリスの政治家。保守党。伯爵。一九五五年チャーチルの後を継いで首相となったが、五七年スエズ出兵問題の責
45. イーデン(Eden, (Robert) Anthony, 1st Earl of Avon)
世界人名大辞典
-40],W.L.S.チャーチル内閣で陸相[40],続いて外相[同-45]となり,対独戦でのソ連との協力関係を維持しつつアメリカとの友好関係保持に努める.第2次
46. ウィルクス ジョン
世界文学大事典
イギリスの政治家。1757年より下院議員。62年政治週刊誌「ノース・ブリトン」を発刊。チャールズ・チャーチルの協力を得て政府を攻撃。翌年,同誌45号が政府の忌諱
47. ウェストミンスター寺院画像
日本大百科全書
寺院内部は壁面も床も歴史上の人物の墓碑、記念碑で埋まっている。正面入口を入って最初にあるのがチャーチル記念碑、その左手に労働党指導者アトリー、マクドナルド、ベバ
48. うえはら-とらしげ【上原虎重】
日本人名大辞典
昭和17年「東京日日新聞」(現「毎日新聞」)編集主幹,主筆。戦後退社したが,「毎日新聞」連載の「チャーチル大戦回顧録」の翻訳にあたった。昭和27年2月2日死去。
49. 改訂新版 英国史 89ページ
文庫クセジュ
自由な議会の召集を宣言し、解放者として迎えられた。トーリー党(および未来のマールバラー公ジョン・チャーチル)も国王を見捨てたため、ジェームズは戦うことができずに
50. 改訂新版 英国史 97ページ
文庫クセジュ
優れた指揮官であると同時に、巧みな外交官で、策にたけた政治家でもあったマールバラー公ジョン・チャーチル(その妻セアラ・ジェニングズは女王の女友達であった)に執行
「チャーチル」の情報だけではなく、「チャーチル」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

チャーチルと同じ世界史上の人物カテゴリの記事
ナポレオン [改訳](文庫クセジュ ベストセレクション)
ナポレオン[改訳] 文庫クセジュ79 アンリ・カルヴェ著/井上 幸治訳 歴史・地理・民族(俗)学 第一章 ナポレオンの出身、青年時代 ボナパルト家 いま知られるところで、ナポレオンのもっとも古い祖先は、十五世紀末にあらわれたフランソワ・ボナパルトである。
范寛(世界人名大辞典・世界大百科事典)
名:中正 字:中立(仲立)中国北宋の画家.華原(現,陝西銅川)の人.性格が温厚で度量が大きかったことから「寛」とあだ名されるようになったという.在野の山水画家で,天聖年間 [1023-32]には,なお在世していたとされる
イブン・スィーナー(世界人名大辞典・世界大百科事典)
イスラーム哲学者,医学者.ブハラ(現ウズベキスタン)でサーマーン朝のペルシア人官吏の子として生まれ,イスラーム,ギリシア,インドの諸学,特に哲学,医学,数学,天文学などを極めた.サーマーン朝の王子を治療して宮廷に出入りし
ウィリアム1世(世界人名大辞典・世界大百科事典)
1027(28)~87.9.9イングランド王 [1066/87].ノルマンディー公ロベール1世(悪魔公)(Robert I le Diable †1035)の庶子.父が没するとノルマンディー公ギヨーム2世(Guillaume II)となり [1035-87],ハロルド2世がイングランド王に即位する [66]と,先王エドワード(証聖王)による
朱熹(世界人名大辞典・世界文学大事典)
1130.10.18[建炎4.9.15]~1200.4.23[慶元6.3.9]中国南宋の思想家,儒者.一般に朱子と呼ばれる.本籍は徽州の婺源(ぶげん)だが,福建尤渓(ゆうけい)(現,福建三明)で生まれた.科挙に合格,地方官として各地をまわるが,地元の福建で教育と学問に携わる期間が長かった
世界史上の人物と同じカテゴリの記事をもっと見る


「チャーチル」は人物に関連のある記事です。
その他の人物に関連する記事
服部半蔵(世界大百科事典・日本架空伝承人名事典・日本大百科全書)
徳川氏の部将。半三とも書く。石見守,名は正成(まさなり)。父保長(石見守),子の正就(まさなり)(石見守)・正重(伊豆守)兄弟も半蔵(半三)を通称とする。服部氏は伊賀を本国とし,保長のときに三河国に至り徳川(松平)氏の家臣となった
石川五右衛門(世界大百科事典・日本架空伝承人名事典・日本大百科全書)
安土桃山時代の盗賊の頭目。豊臣政権に反発する義賊というのは江戸時代の浄瑠璃や歌舞伎において粉飾された説で,《言経卿記》《豊臣秀吉譜》,アビラ・ヒロン《日本王国記》などによれば凶悪な窃盗である。1594年8月23日親子党類ともに京都三条河原で極刑に
与謝野晶子(国史大辞典・日本大百科全書)
一八七八 - 一九四二 明治から昭和時代にかけての歌人・詩人。本名しよう。明治十一年(一八七八)十二月八日、堺県甲斐町(大阪府堺市甲斐町)に生まれる。生家は菓子商駿河屋。父鳳(ほう)宗七・母つねの三女。堺女学校補修科卒。はやくから古典に親しみ
横山大観(国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
一八六八 - 一九五八 明治から昭和時代にかけての日本画家。明治元年(一八六八)九月十八日、水戸城下三ノ町(水戸市城東二丁目)に酒井捨彦の長男として生まれる。幼名秀蔵、秀磨。のち母方の横山家を継ぐ。明治二十二年新設の東京美術学校に入学
山県有朋(国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
一八三八 - 一九二二 明治・大正時代の政治的、軍事的最高指導者の一人。号、含雪。天保九年(一八三八)閏四月二十二日長州萩城下川島村(山口県萩市川島)の下級武士の家に生まれる。父は有稔、母は松子。幼名は辰之助、小助、小輔。少年期から槍術に励んだ
人物に関連する記事をもっと見る


ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る