ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 歴史
  6. >
  7. 歴史上の人物
  8. >
  9. 世界史上の人物
  10. >
  11. キング
日本大百科全書・世界大百科事典・世界人名大辞典

日本大百科全書(ニッポニカ)
キング
きんぐ
Martin Luther King, Jr. 
[1929―1968]

アメリカ合衆国のバプティスト派の黒人牧師で、黒人公民権運動の指導者。ジョージア州アトランタに生まれる。バスの座席の人種分離に反対して1955年12月から1年以上にわたって闘われた、アラバマ州モントゴメリーのバス・ボイコット運動の指導者として一躍脚光を浴び、以後、大衆的な直接行動を数多く組織して、黒人に対する差別の打破、地位向上に大きく寄与した。57年には南部キリスト教指導者会議(SCLC)を組織、奴隷解放100周年を記念する63年のワシントン行進における「私には夢がある」I have a dream. 演説はつとに有名で、翌64年ノーベル平和賞を受賞した。68年4月4日、テネシー州メンフィスの清掃労働者のストライキ支援中に志なかばにして暗殺された。83年、その業績を記念して、彼の誕生日(1月15日)にちなみ、1月の第3月曜日が国民祝日と定められた。
 キング牧師の思想と行動は、二つの時期に大別される。前期は、モントゴメリーのバス・ボイコット運動の開始から1965年のセルマ‐モントゴメリー行進に至る時期で、キリスト教の教えとガンディーの市民的不服従思想を結合した非暴力的直接行動による法的、制度的な差別の打破を目ざす運動が、南部を中心に展開された。66年のシカゴにおける仕事や住宅の確保、学校における真の人種統合を要求する運動で開始される後期は、実生活の諸領域に現実に存在する差別や貧困の打破を目標とするものであり、ここから、キングはベトナム戦争反対の立場を明確にすると同時に、貧しいうえにしばしば未組織の黒人労働者の闘争を積極的に支援するようになっていった。この運動が十分に発展し成果をみる前にキングは凶弾に倒れたが、彼の行動の軌跡は、今日の黒人解放運動の課題や解決の方向をよく示している。
[大塚秀之]



改訂新版 世界大百科事典
キング
Martin Luther King,Jr.
1929-68

アメリカのキリスト教牧師。マハトマ・ガンディーの非暴力抵抗方式を人種差別撤廃を目ざす黒人闘争へ移植した黒人指導者。ジョージア州アトランタの有力黒人牧師の家庭に育った彼は,〈敵をも愛す〉キリストの愛を深く信じてはいたが,個人をこえた人種間の闘争手段としては有効でないと考える。黒人のためのモアハウス大学を卒業後,北部のクロイツァー神学校とボストン大学に学び,1955年に博士号を授与されるが,この間人種正義実現への手段を求めて思想的遍歴を重ね,ガンディーに到達した。ガンディーは相手の暴力を甘受することによってより大きな成果を得たのである。55年赴任先のアラバマ州モンゴメリーで,座席の差別待遇に対するバス・ボイコットが黒人市民によって起こされたとき,キングはこれをガンディー方式とキリストの愛(アガペ)を結合した非暴力直接行動nonviolent direct actionによって成功に導く。続いて南部キリスト教指導者会議Southern Christian Leadership Conference(SCLC)を結成し南部各地で非暴力研修会を開く。60年代前半の黒人闘争は,かくしてキングを五大黒人組織団結の中心的つなぎ役として展開し,世論を喚起して二つの公民権法を成立させる。北部都市の暴動化は,63年ワシントン大行進での演説〈私には夢がある〉の夢を悪夢に変えるが,65年シカゴのギャング団員に非暴力訓練を与えて成功し,暴動の地での非暴力闘争の有効性を実証する。67年春,反戦に踏み切る。64年のノーベル平和賞受賞は彼に国際平和への使命感を植えつけていた。また国内では政府の戦争政策が,黒人問題の基幹をなす貧困の解決にとって最大の障害なることに気づき,反戦・反権力姿勢を強める。遺書《良心のトランペット》では,貧者の闘争のための新しい非暴力方式として,大衆的市民不服従を提案している。黒人闘争に発し,人種平等,経済平等,平和,民主主義の非暴力的達成を目ざしたキングはひとつの時代精神となったのである。68年4月,テネシー州メンフィスにて凶弾に倒れる。逮捕歴30回以上。
→公民権運動
[中島 和子]

[索引語]
King,M.L.Jr. バス・ボイコット 非暴力直接行動 nonviolent direct action 南部キリスト教指導者会議 Southern Christian Leadership Conference SCLC 良心のトランペット


岩波 世界人名大辞典
キング
King, Martin Luther, Jr.
1929.1.15~68.4.4

アメリカの黒人解放運動家.

ジョージア州アトランタにバプテスト派牧師の子として生まれる.クローザー神学校卒業 [1951].ボストン大学大学院在学中にスコット(Coretta Scott 1927~2006)と結婚 [53],神学博士号取得 [55].アラバマ州モントゴメリで牧師となり [54-],NAACP(全米黒人地位向上協会),アラバマ人種関係委員会等で活動.モントゴメリ・バス・ボイコット運動 [55-56]では非暴力直接行動を訴え,指導的役割を担う.この運動を受け,連邦最高裁判所はバスの座席をめぐる人種差別を違憲とした [66].南部キリスト教指導者会議(SSLC)を結成 [57],学生非暴力調整委員会(SNCC)結成を支援 [60].人種平等会議(CORE)とともにフリーダム・ライド運動を展開 [61].63年夏には,首都で開催したワシントン大行進で12万5000人を前にスピーチ〈私には夢がある〉を行った.ノーベル平和賞受賞 [64].公民権法 [同],投票権法 [65]成立後は,北部都市における人種差別と貧困問題解決のための運動をシカゴを拠点に展開 [66-],さらに〈貧者のための行進Poor People's Campaign〉を組織 [67-].ベトナム反戦運動にも加わるようになる.テネシー州メンフィスで凶弾に倒れた.

〖主著〗 自由への大いなる歩み:Stride toward freedom: The Montgomery story, 1958.黒人はなぜ待てないか:Why we can't wait, 1963.黒人の進む道:Where do we go from here: Chaos or community?, 1967.良心のトランペット:The trumpet of conscience, 1968.

ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。
キングの関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 8605
検索コンテンツ
1. キング(Gregory King)
日本大百科全書
England(1697)などの著書もある。なお、穀物の収穫高と穀物価格との変動の関係を定式化した「キングの法則」によっても知られている。浜林正夫
2. キング(William Lyon Mackenzie King)
日本大百科全書
カナダの政治家。有名な政治改革者W・L・マッケンジーの孫としてオンタリオ州キッチナーに生まれる。トロント、シカゴ、ハーバードの各大学で学び、労働問題を専攻。19
3. キング(Ernest Joseph King)
日本大百科全書
アメリカの海軍軍人。オハイオ州に生まれ、1901年海軍兵学校卒業。海軍大学校校長などを経て、1941年2月大西洋艦隊司令長官(大将)。同年12月第二次世界大戦参
4. キング(Martin Luther King, Jr.)
日本大百科全書
ここから、キングはベトナム戦争反対の立場を明確にすると同時に、貧しいうえにしばしば未組織の黒人労働者の闘争を積極的に支援するようになっていった。この運動が十分に
5. キング(Phillip King)
日本大百科全書
イギリスの彫刻家。北アフリカのチュニジアに生まれる。1955年から3年間ケンブリッジ大学で言語学を専攻。57年から58年までセント・マーチン美術学校に学ぶ。ヘン
6. キング(大衆娯楽雑誌)
日本大百科全書
刊の翌年には150万部に達した。43年(昭和18)にはキングは敵性語であるとして『富士』と改題。戦後の46年(昭和21)ふたたび『キング』と改題されたが、まった
7. キング(Stephen King)
日本大百科全書
スで刊行された『グリーンマイル』、キングの別名義リチャード・バックマン(代表作は『痩(や)せゆく男』1984)による『レギュレイターズ』(1996)とキング名義
8. キング(Carole King)
日本大百科全書
大きな影響を受けたソングライターとしてゴフィン&キングの名前を上げ、実際にクッキーズのヒット曲「チェインズ」をカバーしていた。 1968年、ゴフィンと離婚したキ
9. キング(B. B. King)
日本大百科全書
黒人スタッフによって運営されていたラジオ局WDIAにDJの職をみつけ「ブルース・ボーイ・キング」(これが後に略されてB・B・キングとなる)の名前で知られるように
10. キング(Ernest Joseph King)
世界大百科事典
1878-1956 アメリカの海軍軍人。オハイオ州ロレーン出身。大西洋艦隊司令官などを経て,第2次世界大戦時には海軍作戦部長(1942-45)。1944年に海軍
11. キング(William Lyon Mackenzie King)
世界大百科事典
発揮したキングであったが,大恐慌には有効な対策を見いだしえず,30年に下野した。35年再び自由党を率いて勝利を収めたキングが直面した難問は,第2次世界大戦の勃発
12. キング(Martin Luther King,Jr.)
世界大百科事典
マ州モンゴメリーで,座席の差別待遇に対するバス・ボイコットが黒人市民によって起こされたとき,キングはこれをガンディー方式とキリストの愛(アガペ)を結合した非暴力
13. キング
世界大百科事典
託し,〈日本一おもしろい,日本一為になる,日本一安い雑誌〉をモットーとした。創刊号には〈《キング》は雑誌界の王者(キング)である。国立公園(ナシヨナルパーク)で
14. キング
日本国語大辞典
木誠一〉「キング 王 King (英)」(2)トランプで王様の絵のついた一三番目の札。*花間鶯〔1887~88〕〈末広鉄腸〉下・五「『それなら仕方がないクインを
15. キング
日本国語大辞典
口および国民所得の科学的な推計をはじめて行なう。穀物の収穫高と穀価との変動の相関についての「キングの法則」は有名。主著「イングランドの状態についての自然的政治的
16. キング
日本人名大辞典
1848−1886 イギリスの造船技術者。明治6年(1873)来日。8年まで工部省工学寮(現東大)の器械学教師,9年から石川島平野造船所(石川島播磨(はりま)重
17. キング
日本人名大辞典
1866−? アメリカの外交官。1866年3月29日生まれ。明治25年(1892)来日して日本郵船に入社,27年まで船長をつとめる。ついで函館で輸出業をいとなみ
18. キング(King, B. B.)
世界人名大辞典
 本名:Riley B. K.〔1925.9.16~2015.5.14〕 アメリカのブルース・ギター奏者,歌手,作曲家.ミシシッピ州イッタ・ベナの綿花畑で働く家
19. キング(King, Ben E.)
世界人名大辞典
 本名:Benjamin Earl Nelson〔1938.9.28~2015.4.30〕 アメリカのソウル歌手.ノースカロライナ州ヘンダーソンの生まれ.ニュー
20. キング(King, Billie Jean)
世界人名大辞典
 旧姓:Moffit〔1943.11.22~〕 アメリカの女子テニス選手.アマチュアとして活躍[1960-]後,プロ入り[68].四大大会で通算39回(うちシン
21. キング(King, Carole)
世界人名大辞典
 本名:Carol Klein〔1942.2.9~〕 アメリカのポピュラー歌手,作詞作曲家.ニューヨーク市ブルックリンの生まれ.1960年代を通じて作曲家として
22. キング(King, Charles Glen)
世界人名大辞典
〔1896.10.22~1988.1.23〕 アメリカの生化学者.ピッツバーグ大学教授[1930-42],コロンビア大学教授[42-62].アメリカ生化学会会長
23. キング(King, Donald)
世界人名大辞典
がら数々の名勝負を手がけた.派手な言動やスキャンダルで注目を集めた.慈善活動も行い,M.L.キング賞を受賞.国際ボクシング殿堂入り[97].
24. キング(King, Francis Henry)
世界人名大辞典
〔1923.3.4~2011.7.3〕 イギリスの小説家.スイスに生まれ,幼少期をスイスとインドで過ごす.オックスフォード大学に進み,第二次大戦中は良心的兵役拒
25. キング(King, Franklin Hiram)
世界人名大辞典
〔1848.6.8~1911.8.4〕 アメリカの農芸化学者.ウィスコンシン州の農村に生まれ,バーリン高等学校の教師となり[1873-76],《植物分析計画法:
26. キング(King, Frederic Truby)
世界人名大辞典
〔1858.4.1~1938.2.10〕 ニュージーランドの小児科医,精神医学者.ニュージーランドの幼児福祉運動のモデル構築によって世界的に知られる.当時アメリ
27. キング(King, Gregory)
世界人名大辞典
〔1648.12.15~1712.8.29〕 イギリスの統計家,系譜紋章学者.土地測量師の子として生まれ,系譜学者の助手,製図工などののち,系譜紋章院の役人を長
28. キング(King, James Foster)
世界人名大辞典
〔1863~1947.8.11〕 イギリスの造船家.クイーン・アイルランド造船所でマジェスティック号を設計した.スコットランドの船舶業者は,船級事業を独占してい
29. キング(King, Larry)
世界人名大辞典
ヨーク市生まれ.ラジオ・アナウンサーとして名を上げ,CNNテレビでインタビュー番組〈ラリー・キング・ライブ〉のホストを務める[1985-2010].国内外の著名
30. キング(King, Leonard William)
世界人名大辞典
〔1869.12.8~1919.8.20〕 イギリスのアッシリア学者.英国博物館に入り[1892],のちアッシリアに旅行[1901].また英国博物館の継続事業で
31. キング(King, Martin Luther, Jr.)
世界人名大辞典
〔1929.1.15~68.4.4〕 アメリカの黒人解放運動家.ジョージア州アトランタにバプテスト派牧師の子として生まれる.クローザー神学校卒業[1951].ボ
32. キング(King, Stephen Edwin)
世界人名大辞典
John Swithen〔1947.9.21~〕 アメリカの作家.メーン州ポートランド生まれ.子供時代にホラー小説作家になると決意する.多作でホラー,
33. キング(King, William Lyon Mackenzie)
世界人名大辞典
〔1874.12.17~1950.7.22〕 カナダの政治家.トロント大学修士[1897].英米のセツルメント運動に共鳴.アメリカに渡りシカゴのハル・ハウスで社
34. キング スティーヴン
世界文学大事典
アメリカの恐怖小説作家。メイン州出身。少年時代より恐怖小説に興味をもち,処女作『キャリー』Carrie(1974)で脚光を浴びる。その後,『シャイニング』The
35. キング トマス
世界文学大事典
カナダの小説家。アメリカのカリフォルニア州出身。チェロキー・インディアンの父とギリシャ系の母の間に生まれる。カリフォルニア州立大学,ユタ大学に学ぶ。カナダへ移り
36. キング フランシス
世界文学大事典
イギリスの作家,批評家。スイス生まれ。スイスとインドで育ち,オクスフォード大学卒業後書評家として出発したが,1949~63年までブリティッシュ・カウンシル(英国
37. キング ヘンリー
世界文学大事典
イギリスの聖職者,詩人。ジョン・ダンを叙任したロンドン大司教ジョン・キングの長男。彼自身もダンと親交を結び,その遺言執行者となる。オクスフォード大学クライスト・
38. キング マーティン・ルーサー
世界文学大事典
アメリカの黒人解放運動指導者。アトランタ市生まれ。1954年アラバマ州モントゴメリー市に牧師として赴任。翌55年に同市で始まったバス乗車拒否運動を指導,ガンディ
39. 『キング』
日本史年表
1925年〈大正14 乙丑〉 1・‐ 講談社 『キング』 創刊。
40. キング
国史大辞典
昭和十八年(一九四三)三月号より『キング』は敵性語だというので『富士』と改題したが、第二次世界大戦後の昭和二十一年一月号より『キング』に復題し、同二十三年には『
41. エイミス キングズリー
世界文学大事典
イギリスの小説家,詩人。バプティスト派の中流下層階級の子供としてロンドンのクラパムに生まれた。オクスフォード大学セント・ジョンズ学寮を卒業。同学寮名誉特別研究員
42. 「キングオブコント2008」[イミダス編 文化・スポーツ]
イミダス 2018
正式名称は「オロナミンC キングオブコント2008」で、コント(小話、寸劇)の日本一を決めるお笑いの大会。主催はオロナミンC キングオブコント2008事務局、
43. キングクリップ
日本大百科全書
硬骨魚綱アシロ目アシロ科Ophidiidaeの海水魚。リングともいう。ブラジル南部からアルゼンチンにかけての南米大陸、南アフリカ、ニュージーランド、オーストラリ
44. キング・クリムゾン
日本大百科全書
丸出しにした形式主義の音楽と規定し、キング・クリムゾンをその代表のように扱うことを完全に拒否してきたが、フリップのそのようなスタンスやシリアスな言動も含め、キン
45. キング・クリムゾン(King Crimson)
世界人名大辞典
McDonald 1946~;キーボード)で結成された.クラシックやジャズを散りばめたデビューアルバム〈キング・クリムゾンの宮殿, 1969〉は,プログレッシヴ
46. キングコブラ画像
日本大百科全書
爬虫(はちゅう)綱有鱗(ゆうりん)目コブラ科のヘビ。世界最大の毒ヘビで、きわめて危険な種。インド、フィリピンなどの東南アジア、中国南部に分布し、平地の森林にすむ
47. キングコブラ
世界大百科事典
世界最大の毒ヘビとして知られる爬虫綱コブラ科のヘビ。インド,東南アジア,アンダマン諸島,フィリピン,中国中南部,海南島に分布。全長は約4m,体色はオリーブ褐色か
48. キング‐コブラ画像
日本国語大辞典
〔名〕({英}king cobra )コブラ科の最大のヘビ。最長の毒蛇で、体長五・五メートルになる。体色は褐色で白色の横縞があり、くびの背面にめがね状の斑紋はな
49. キング・コング
日本大百科全書
が製作・監督した怪獣映画の古典的名作。南海の孤島へ乗り込んだ撮影隊が、身長18メートルの巨猿キング・コングに女優(フェイ・レイ)をさらわれる。恋人の機関士(ブル
50. キング・コング
世界大百科事典
なお,カラー・ワイドによるリメーク版《キング・コング》(1976)は,特撮のほとんどを,ぬいぐるみで処理した凡作だった。森 卓也 King Kong コング(キ
「キング」の情報だけではなく、「キング」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

キングと同じ世界史上の人物カテゴリの記事
ナポレオン [改訳](文庫クセジュ ベストセレクション)
ナポレオン[改訳] 文庫クセジュ79 アンリ・カルヴェ著/井上 幸治訳 歴史・地理・民族(俗)学 第一章 ナポレオンの出身、青年時代 ボナパルト家 いま知られるところで、ナポレオンのもっとも古い祖先は、十五世紀末にあらわれたフランソワ・ボナパルトである。
范寛(世界人名大辞典・世界大百科事典)
名:中正 字:中立(仲立)中国北宋の画家.華原(現,陝西銅川)の人.性格が温厚で度量が大きかったことから「寛」とあだ名されるようになったという.在野の山水画家で,天聖年間 [1023-32]には,なお在世していたとされる
イブン・スィーナー(世界人名大辞典・世界大百科事典)
イスラーム哲学者,医学者.ブハラ(現ウズベキスタン)でサーマーン朝のペルシア人官吏の子として生まれ,イスラーム,ギリシア,インドの諸学,特に哲学,医学,数学,天文学などを極めた.サーマーン朝の王子を治療して宮廷に出入りし
ウィリアム1世(世界人名大辞典・世界大百科事典)
1027(28)~87.9.9イングランド王 [1066/87].ノルマンディー公ロベール1世(悪魔公)(Robert I le Diable †1035)の庶子.父が没するとノルマンディー公ギヨーム2世(Guillaume II)となり [1035-87],ハロルド2世がイングランド王に即位する [66]と,先王エドワード(証聖王)による
朱熹(世界人名大辞典・世界文学大事典)
1130.10.18[建炎4.9.15]~1200.4.23[慶元6.3.9]中国南宋の思想家,儒者.一般に朱子と呼ばれる.本籍は徽州の婺源(ぶげん)だが,福建尤渓(ゆうけい)(現,福建三明)で生まれた.科挙に合格,地方官として各地をまわるが,地元の福建で教育と学問に携わる期間が長かった
世界史上の人物と同じカテゴリの記事をもっと見る


「キング」は人物に関連のある記事です。
その他の人物に関連する記事
キング(日本大百科全書・世界大百科事典・世界人名大辞典)
アメリカ合衆国のバプティスト派の黒人牧師で、黒人公民権運動の指導者。ジョージア州アトランタに生まれる。バスの座席の人種分離に反対して1955年12月から1年以上にわたって闘われた、アラバマ州モントゴメリーのバス・ボイコット運動の指導者として一躍脚光を浴び
リンカーン(日本大百科全書・世界大百科事典・世界人名大辞典)
アメリカ合衆国第16代大統領(在任1861~65)。開拓農民だった父トーマスと母ナンシーの第2子(第1子は長女セラ)として、2月12日にケンタッキー州のホッジェンビル付近の丸太小屋で生まれた。独立戦争が終わったころバージニア州から辺境のこの地方に移住
チャーチル(日本大百科全書・世界大百科事典・世界人名大辞典)
イギリスの政治家。11月30日保守党政治家ランドルフ・チャーチルの長男として、名門貴族マールバラ公爵家に生まれる。サンドハースト陸軍士官学校で学んだのち、陸軍に入り、インドに赴任した。そこでの経験をもとに書いた『マラカンド野戦軍』
コロンブス(日本大百科全書・世界大百科事典・世界人名大辞典)
スペイン語名クリストバル・コロン、イタリア語名クリストフォロ・コロンボ。イタリアのジェノバ生まれといわれる航海者、新大陸の「発見」者。生年月日は明確ではないが、1451年の8月26日から10月末日までの間に生まれたと推定される
ベネディクト(日本大百科全書・世界大百科事典・世界人名大辞典)
アメリカの文化人類学者。ニューヨークに生まれる。1909年バッサー・カレッジ卒業後、1914年生化学者スタンレー・ベネディクトStanley Rossiter Benedict(1884―1936)と結婚するまで語学教師として数年を過ごし、結婚後は詩作に熱中した
人物に関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る