ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 文化
  6. >
  7. >
  8. 二十四節気
  9. >
  10. 穀雨

ジャパンナレッジで閲覧できる『穀雨』の辞書・事典・叢書別サンプルページ

日本国語大辞典・日本大百科全書・平成ニッポン生活便利帳

日本国語大辞典
こく‐う 【穀雨】

解説・用例

〔名〕

(穀物をうるおす春雨の意から)

二十四気の一つ。清明の次に来る季節。春の季節中の最後にあたる。四月二一日頃。《季・春》

*延喜式〔927〕一六・陰陽寮「撃〓〓閇諸門〓〓〈略〉起〓穀雨四日〓〓十一日〓

*名語記〔1275〕五「三月二十八、晴明、穀雨」

*俳諧・華実年浪草〔1783〕春・四「穀雨(コクウ) 月令広義曰穀雨三月中清明後十五日斗指〓辰為〓穀雨〓言心雨生〓百穀〓清浄明潔也」

*孝経‐援神契「清明後十五日、斗指〓辰為〓穀雨〓

発音

〓[コ]

辞書

下学・言海

正式名称と詳細

表記

穀雨下学言海




日本大百科全書
穀雨
こくう

二十四節気の一つ。清明(せいめい)ののち15日目で、太陽の黄経が20度に達したときをいい、新暦では4月21日ごろにあたる。穀雨の意味は、百穀を潤し、芽を出させる雨ということ。しかし、このころとくに雨が多いというわけではないが、降れば菜種梅雨(なたねづゆ)ということもある。北国ではストーブをしまい、東日本では冬服を脱ぎ、西日本ではフジの花の咲き始める季節である。
[根本順吉]



平成ニッポン生活便利帳
穀雨(こくう)
12か月のきまりごと歳時記 > 四月 《卯月》 > 【暦】
穀物を育てる雨を意味する節気。新暦4月20日頃。この時期は、前年の秋に蒔いた麦の成長を促す春の雨が降り、清明の頃に蒔いた籾が稲に育っていく頃で、農耕にかかわる人々にとって恵みの雨となる。この時期に長引く雨を菜種梅雨(なたねづゆ)という。
ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。
穀雨の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 108
検索コンテンツ
1. 穀雨
日本大百科全書
清明(せいめい)ののち15日目で、太陽の黄経が20度に達したときをいい、新暦では4月21日ごろにあたる。穀雨の意味は、百穀を潤し、芽を出させる雨ということ。しか ...
2. こく‐う【穀雨】
デジタル大辞泉
《穀物を育てる雨の意》二十四節気の一。4月20日ごろ。《季 春》「伊勢の海の魚介豊かにして―/かな女」  ...
3. こく‐う【穀雨】
日本国語大辞典
」*名語記〔1275〕五「三月二十八、晴明、穀雨」*俳諧・華実年浪草〔1783〕春・四「穀雨(コクウ) 月令広義曰穀雨三月中清明後十五日斗指 ...
4. 穀雨(こくう) 【12か月のきまりごと歳時記】
生活便利帳
穀物を育てる雨を意味する節気。新暦4月20日頃。この時期は、前年の秋に蒔いた麦の成長を促す春の雨が降り、清明の頃に蒔いた籾が稲に育っていく頃で、農耕にかかわる人 ...
5. 곡우穀雨
ポケプロ韓日
[名詞]穀雨(二十四節気の一つ,陽暦4月21日ごろ).  ...
6. gǔyǔ谷雨
ポケプロ中日
[名詞](二十四節気の)穀雨.  ...
7. yǔqián雨前
ポケプロ中日
[名詞]穀雨の前に摘んだ茶葉で作る緑茶.  ...
8. 異域録 清朝使節のロシア旅行報告 187ページ
東洋文庫
その他は内容、版式ともに寸分違わないものであるが、ただ王序が「雍正二年暮春望日」の、胡践が「雍正二年穀雨前」の日付になっている。言い換えると、この本から王序と胡 ...
9. 雨
字通
簷雨 過雨 甘雨 寒雨 喜雨 旧雨 急雨 峡雨 苦雨 好雨 江雨 紅雨 香雨 降雨 豪雨 黒雨 穀雨 細雨 山雨 残雨 糸雨 時雨 慈雨 疾雨 秋雨 愁雨 驟雨 ...
10. うきくさ=生初(おいそ)む[=生(お)う]
日本国語大辞典
この頃から浮草が生え始める。《季・春》*俳諧・増山の井〔1663〕三月「萍(ウキクサ)生(ヲヒ)そむる 月令 穀雨節の気候也」*俳諧・滑稽雑談〔1713〕三月「 ...
11. うるう【閏】
国史大辞典
その置く場所は、年の半ばと年末とがあったが、のち中国では中気(二十四節気のうち冬至・大寒・雨水・春分・穀雨・小満・夏至・大暑・処暑・秋分・霜降・小雪を中気という ...
12. うるう【閏】 : 閏/(一)
国史大辞典
その置く場所は、年の半ばと年末とがあったが、のち中国では中気(二十四節気のうち冬至・大寒・雨水・春分・穀雨・小満・夏至・大暑・処暑・秋分・霜降・小雪を中気という ...
13. 榎本弥左衛門覚書 近世初期商人の記録 304ページ
東洋文庫
三月廿九日二さいかち木二葉少めぐみ候。桜花さかり、三月住也。  一明暦二年三月廿九日が三月住 三月中は穀雨。太陽暦四月二十三日。申一、三月十四日二も瓦花さかり也 ...
14. 燕京歳時記 北京年中行事記 136ページ
東洋文庫
十里の城南、緑は川に満ち、春風春柳自ら年を経たり。名園はいく度か廃れたれど霊祠はあり、香 花に孤負す穀雨の天。(歳の四月一日にご開帳あり)都人士女は競って喧しく ...
15. 大河内文書 明治日中文化人の交遊 47ページ
東洋文庫
は ながさくころおじやまして、あなたと一日あそび たいものです。輝声 さくらのさかりは、清明・穀雨の季節です。 いまは梅がみごろです。けさ梅史さんとはなした の ...
16. 大河内文書 明治日中文化人の交遊 52ページ
東洋文庫
みにゆかれたそうですが、これが墨 江です。まむこうの堤を墨塘といいます。堤には さくらがうえてあって、清明・穀雨のころがさか りで、ずいぶんのにぎわいです。ここ ...
17. 大河内文書 明治日中文化人の交遊 126ページ
東洋文庫
かりです。気にしないでください。お客・主人・ おとも、あわせて二五人でです。わたしの庭の牡 丹は、穀雨のなかばごろ満開になりましょう。そ のときは梅史さんの旅中 ...
18. 王船山詩文集 修羅の夢 148ページ
東洋文庫
火徳であり、また宣ぶは申ぶに通ずる。丙申の年をいう。北斗七星の斗柄が辰を指すとは、二十四節気の穀雨のときをいう。春気全しとは、春の終り、三月をいう。文明を以て天 ...
19. 花信風
日本大百科全書
(1)春の初めに花の開くことを知らせる風のこと。(2)二十四節気のうちの小寒から穀雨(こくう)までの八気二十四候をいい、各候には新たな風が吹くとして、その風に対 ...
20. 花信風
世界大百科事典
が日本に紹介された。それによると,小寒から穀雨にいたる八節気二十四候にそれぞれ咲く花がありそれに対応する風があるとした(表参照)。河村 武 小寒 穀雨 ...
21. かしん‐ふう[クヮシン:]【花信風】
日本国語大辞典
花之消息〓耳」(2)小寒から穀雨に至る八気二十四候の各候にはそれぞれ新たな風があるとし、それに応ずる花をあてたもの。花信のかぜ ...
22. 花壇地錦抄・草花絵前集 3ページ
東洋文庫
し一日遅れることもある。       以下同じ。二月節三月節四月節五月節六月節雨水啓蟄春分清明穀雨立夏小満芒種夏至小暑二月十八日三月五日三月二十日四月五日四月二 ...
23. 甲子夜話 3 255ページ
東洋文庫
此春になれど同じく晴つ穿きしが、二月の末より森と成り、花時も空く降続て過ぬ。それ故にや、春寒甚しく、穀雨の候に人々厳冬の服を着ぬ。且世上麻疹行はれて、家ごとにこ ...
24. 外国の天気俚諺
日本大百科全書
り続き、移せなかった。以来スコットランドでは7月15日が夏の天気を占う日となった。清明、谷雨(穀雨)に、ネズミが凍え死ぬ (中国) 清明、谷雨はともに4月の節気 ...
25. 季語
日本大百科全書
秋 <長谷川かな女>立夏(りっか) (初夏)[夏立つ・夏来(く)る] 二十四気の一つの四月節。穀雨(こくう)ののち15日。いまの暦では5月5、6日ごろ。この日か ...
26. 慊堂日暦 1 69ページ
東洋文庫
記せず漢家の新暦日、田租は輸しおわって歳華は新たなり〔詩一首〕。○春分(二十二日)、清明(三月八日)、穀雨(二十三日)。 ...
27. 慊堂日暦 1 104ページ
東洋文庫
旧説は憤るること甚だし。まさに佗の伝に従って頸となして解すべし。」〔節録〕。○荘に入る(本年の穀雨は二十三日)六日 荘に入る。晴、温。七日 家人は孫を携え来る。 ...
28. 慊堂日暦 1 184ページ
東洋文庫
一日(己夫)、四日春分(寅八)、六日甲子、十九日清明、三月節(巳五)三月大、一日(戊子)、二日土用、五日穀雨、三月中(申二刻)、二十日立夏、四月節(戌七)四月小 ...
29. 慊堂日暦 1 213ページ
東洋文庫
北沢の牡丹の発候を問う。去年の穀雨は本月二十三日に在り。四月八日(間は凡そ十六日)往きて見たるに、花は四五分。十五日(凡そ二士一百)に至ればなお観るべしと云う。 ...
30. 慊堂日暦 1 310ページ
東洋文庫
三 月〇三月、大一日、清明。十六日、穀雨。一日 壬□、晴、温。奴を桜田に遣り、還らざることを告ぐ。日野公春来る。夜、蒙斎集を読む。○民税を敏む精斎云う、二本松侯 ...
31. 慊堂日暦 3 113ページ
東洋文庫
その二は漸く衰え、一株はますます茂盛す。その樹は甚だしくは高からず、枝幹盤旋して古梅に似たり。開敷するは穀雨前後に在り、花葉ならび吐ぎ、重弁密緻し、これを望むに ...
32. 慊堂日暦 3 145ページ
東洋文庫
隔日に津を易う(如圭授く)。○百囀千聴の新林の鳥、五株十株の小苑の花。時々病楊に頭を挙げて見れば、穀雨初めて晴れて日はまた斜なり。〔詩一首〕十六日 陰、冷。三平 ...
33. こく〔字音語素〕
日本国語大辞典
類。こくもつ。/米穀、穀帛/五穀、雑穀、新穀、年穀、嘉穀/献穀、脱穀/穀倉、穀物、穀粒、穀類、穀雨/(2)さいわい。めでたい。/穀日、穀旦/ ...
34. 穀(〓)
字通
 オフ・イケルトキ・ヨシ・モミ・イネ・ヤシナフ・ナマシ・タナモミ 穀育 こくいく 養育する。 穀雨 こくう 二十四節気の一。清明の次。〔逸周書、時訓解〕春 ...
35. 子育ての書 2 205ページ
東洋文庫
とす。五月の麦を収むる時は、稽(むぎのたね)を吟ずるも同様にて、農夫の常に憂労する所なり。春、穀雨〔三月中〕のころ苗代へ籾種をこぼして、霜露移り生いて苗三寸たる ...
36. 暦 3[別刷図版]
国史大辞典
3月29日までの2断簡が残っている。行間が不定で、3月28日条のように割り込んで書き入れたり、穀雨を蟄雨と誤るなど粗雑である。この暦には日記の記載がある。私的な ...
37. 五雑組 1 149ページ
東洋文庫
。福建の人は雷がはじめて鳴ると、虫や蟻を掃除する。   花信風6九 二十四番花信風とは小寒より穀雨まで、凡そ四か月、八気二十四候、一侯が五日ごとで、一つの花の風 ...
38. 五雑組 1 150ページ
東洋文庫
二候が梨の花、三候が木蘭。清明(陽暦四月五、六日)では、一候が桐の花、二候が麦の花、三候が柳の花。穀雨(陽暦四月二十日頃)では、一候が牡丹、二候が醗醸(蔓生の灌 ...
39. しちじゅうに‐こう【七十二候】
デジタル大辞泉
虹始見(にじはじめてあらわる) 穀雨初候 4月20日〜4月24日 葭始生(あしはじめてしょうず) 穀雨次候 4月25日〜4月29日 霜止出苗(しもやみてなえ ...
40. 四民月令 漢代の歳時と農事 46ページ
東洋文庫
(四) 養蚕に専念する穀雨中、蚕畢く生まる。乃ち婦子と同に、以て其の事に勲しむ。他に務めて、以て本業を乱す或る無れ。命に順わざるもの有れば、之を罰すること疑いな ...
41. 四民月令 漢代の歳時と農事 51ページ
東洋文庫
(双子座)申して、参は西移すQ申すれば則ち見え、中せざれば則ち見えず。見えざれば則ち伏に類す。穀雨の交、戌亥に参没すれば、則ち誠に伏するなり」という一文を引いて ...
42. 四民月令 漢代の歳時と農事 62ページ
東洋文庫
聚め畜う」とあり、あるいは本条はこの月令記事に関連があるかもしれない。④布穀 カッコウのこと。中国では穀雨のころに鳴き始め、夏至後鳴き止むので、物候を知る候鳥と ...
43. 四民月令 漢代の歳時と農事 160ページ
東洋文庫
清明節、命意妾治意室、塗隙穴、具槌・持・薄・籠。  節後十日、封生薑、至立夏後、芽出、可種之。  穀雨中、意畢生、乃同婦子、以勲其事、無或務他、以飢本業、有不順 ...
44. 四民月令 漢代の歳時と農事 0ページ
東洋文庫
縫人に命じて冬衣を涜い、袷を為 らせる。 二、(清明節)蚕妾 に命じて蚕室を治めさせる。四、(穀雨)蚕畢く生まれ、其の事 に憩む。 四、繰りし、綿を剖 き、機・ ...
45. 清俗紀聞 1 120ページ
東洋文庫
いう井泉の付近から産する名茶。武夷は福建省崇安県南にある武夷山から産する名茶。雨前は穀雨前につんだ芽茶(穀雨は新暦四月二十日ごろ)のことで、浙江省温州鷹山の雨前 ...
46. 清俗紀聞 2 3ページ
東洋文庫
○茶〔ちゃ〕 三月穀雨節に葉を摘み取り、鉄鍋にて炒り、莚に移し、手をもって揉み       絞り、そのご数遍鍋にて炒る。上茶は大約廿遍ほども炒るなり。      ...
47. 清俗紀聞 2 4ページ
東洋文庫
紅梅茶(茶銘。直段武夷茶の上品に同じ) 雀舌(葉の細きをいう。直段竜井茶に同じ)雨前 雨謹.(穀雨前につみとるをいう・'っに㍍鼎という・直段上廿四、五匁ほど、中 ...
48. 水滸後伝 3 192ページ
東洋文庫
もある。宍竜井の雨前茶 竜井は杭州の西にある茶  の名産地。「竜井茶」の名で有名。雨前  茶は穀雨(陽暦四月二十日もしくは二十  一日)の前に摘んだ茶で、もっと ...
49. 清嘉録 蘇州年中行事記 97ページ
東洋文庫
の跡に改建したものという。 茶貢(茶の献上) 穀雨の節前に、知県は洞庭東山の「碧螺春」茶を摘み整えて献上する。これを「茶貢」という。(1) 穀雨は二十四節気の一 ...
50. 清嘉録 蘇州年中行事記 98ページ
東洋文庫
(現行本巻二碧螺春に見える)と。 穀雨三朝看牡丹(穀雨三日は牡丹の花見) 牡丹の花は俗に「穀雨花」と呼ぶ。穀雨節のころに開花するからである。諺にいう、「穀雨三朝 ...
「穀雨」の情報だけではなく、「穀雨」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

穀雨と同じ二十四節気カテゴリの記事
小暑(日本国語大辞典)
二十四節気の一つ。天文学的には、太陽が黄道上の一〇五度を通過するときで、暦の上では夏至の後一五日目、陰暦六月の上旬、陽暦七月七日頃にあたる。《季・夏》*延喜式〔927〕一六・陰陽寮
芒種(日本国語大辞典)
二十四節気の一つ。太陽の黄経が七五度のときをいう。陰暦五月の節で、陽暦の六月六日頃に当たる。稲・麦など芒(のぎ)をもつ穀物の種をまく時期とされていた。《季・夏》*延喜式〔927〕一六・陰陽寮
夏至(日本大百科全書(ニッポニカ))
中国や日本の太陰太陽暦の二十四節気の一つ。太陽が黄道上もっとも北にある夏至点を通過する時刻で、これを含む日が夏至の日である。太陽の視黄経が90度に達するときで、現行暦では6月21日ころにあたる。この日太陽は赤道からもっとも北に離れ
立秋(日本国語大辞典)
二十四節気の一つ。太陽の黄経が一三五度のときをいう。新暦八月七日頃に当たり、昔の中国および日本では、この日から秋になるとした。和語では「秋立つ」が用いられる。《季・秋》*延喜式〔927〕一六・陰陽寮
寒露(日本国語大辞典)
(1)晩秋から初冬にかけての露。霜になりそうな冷たい露。*菅家文草〔900頃〕五・重陽後朝
二十四節気と同じカテゴリの記事をもっと見る


「穀雨」は二十四節気に関連のある記事です。
その他の二十四節気に関連する記事
はく‐ろ【白露】(日本国語大辞典)
解説・用例〔名〕(1)白く見える露。しらつゆ。(2)二十四節気の一つ。太陽の黄経が一六五度の時。秋分前の一五日で、陰暦では八月の上旬、陽暦では九月七日ごろ。《季・秋》(3)靄(もや)、霧のこと。
そう‐こう[サウカウ]【霜降】(日本国語大辞典)
解説・用例〔名〕二十四節気の一つ。天文学的には太陽が黄道上の二一〇度の点を通過する時で、暦の上では、陰暦九月の中気、新暦の一〇月二三、四日頃にあたる。しもふり。《季・秋》*延喜式〔927〕一六・陰陽寮
しょう‐せつ[セウ‥]【小雪】(日本国語大辞典)
解説・用例〔名〕(1)わずかな降雪。(2)二十四節気の一つ。太陽が黄経二四〇度に達する時をいう。陰暦一〇月の中旬で、陽暦では一一月二二日ごろに当たる。十月中気。《季・冬》*延喜式〔927〕一六・陰陽寮
穀雨(日本国語大辞典・日本大百科全書・平成ニッポン生活便利帳)
二十四気の一つ。清明の次に来る季節。春の季節中の最後にあたる。四月二一日頃。《季・春》*延喜式〔927〕一六・陰陽寮
清明(日本国語大辞典)
清く明らかなこと。また、そのさま。二十四節気の一つ。天文学的には、太陽が黄道上の一五度の点を通過するときで、暦の上では、陰暦三月、春分のあと一五日目、新暦の四月五、六日ごろに当たる。清明節。晴明。《季・春》
二十四節気に関連する記事をもっと見る


ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る