ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 社会
  6. >
  7. >
  8. 野菜
  9. >
  10. ピーマン
日本大百科全書・世界大百科事典

日本大百科全書(ニッポニカ)
ピーマン
ぴーまん
bell pepper 
[学]Capsicum annuum L. var. angulosum Mill.

トウガラシのうちで、果実に辛味がない甘いトウガラシの1変種。明治時代にアメリカから導入されたイスパニア種といわれる品種がもとになり、今日までに日本人の嗜好(しこう)に適合した多くの品種が作出されて、第二次世界大戦後急速に普及した。果実は大きく、長さ5~7センチメートル、幅4センチメートルの卵形で、数条の縦溝があり、果肉は厚さ5ミリメートルほど、果内は空洞となる。多くの白い扁円(へんえん)形の種子がある。果肉は柔らかく、香りがよくて食味が優れる。品種に、カリフォルニアワンダーなどの大果のものと、やや長形で小形のものとがあるが、大果のものが普及している。
 冬季も温室やハウスで栽培され、一年中供給される。宮崎、茨城、高知の3県が主産地で、ほかに岩手、長野、鹿児島県も出荷量が多い。
[星川清親]

食品

大果のものは輪切りにしてサラダや炒(いた)め物に、また肉など詰め物をして揚げ物にする。また長形で小形のものは焼いたり、てんぷら、煮物などにするとよい。生(なま)のピーマン100グラム中にはカロチン270マイクログラムが含まれるが、油で調理するとカロチンが失われにくく、油炒め100グラム当りのカロチンは280マイクログラム、ビタミンA効力160IUである。なお、トウガラシの類にはピーマンとよく似た名称のピメントがあるが、これは日本のピーマンとは異なる品種で、アメリカにおいてとくに果肉の厚い紅色の甘いトウガラシをさす名前である。ピメントは缶詰、スタッフドオリーブ、ピメントチーズなどに加工される。
[星川清親]



改訂新版 世界大百科事典
ピーマン
sweet pepper
bell pepper
Capsicum annuum L.var.grossum Sendt.

トウガラシの一品種群で欧米のアマトウガラシをいう。また日本のシシトウ(シシトウガラシ)もこの群に属する。ピーマンの名はトウガラシを意味するフランス語のピマンpimentに由来する。草姿はふつうのトウガラシ(辛味種)に類似するが,葉は一般に広大で,とくに果実は大型でシシ(獅子)頭状を呈し,果肉が厚くなる。アメリカ,ヨーロッパ,ブラジル,日本に栽培が多い。トウガラシの甘味種は辛味種より北方諸国で品種が発達したといわれる。日本では江戸時代からシシ系の土着品種が栽培されており,明治に入って欧米から数種の品種が導入されたが,栽培は振るわなかった。第2次世界大戦後も二,三の欧米からの導入品種がわずかに栽培されたにすぎなかったが,昭和30年代に入り,食生活の洋風化が進行するに伴い需要が急増し,在来種の系統選抜,洋種と和種の一代雑種など数多くの新品種が発表された。主要な品種は新さきがけ,にしき,エースなどである。主産地は宮崎,茨城,高知県。ピーマンの果実は葉とともにビタミンA,Cに富み,てんぷら,油いため,肉づめなど和・洋・中華風の各料理に用いられる。
[金目 武男]

[索引語]
sweet pepper bell pepper Capsicum annuum var. grossum アマトウガラシ
ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。
ピーマンの関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 362
検索コンテンツ
1. ピーマン【piment(フランス)】
数え方の辞典
▲本、●株、▲個、●袋、●山 植物としては「本」「株」で数えます。小売単位は「袋」
2. ピーマン画像
日本大百科全書
グラム、ビタミンA効力160IUである。なお、トウガラシの類にはピーマンとよく似た名称のピメントがあるが、これは日本のピーマンとは異なる品種で、アメリカにおいて
3. ピーマン[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
©Shogakukan
4. ピーマン
世界大百科事典
トウガラシの一品種群で欧米のアマトウガラシをいう。また日本のシシトウ(シシトウガラシ)もこの群に属する。ピーマンの名はトウガラシを意味するフランス語のピマンpi
5. ピーマン
日本国語大辞典
を気にして除(と)りのぞいたピーマンを、マヨネエズで和へたのが山盛りになってゐるのを」*見知らぬ町にて〔1967〕〈辻邦生〉「赤赤と艷を放つすばらしく大きなピー
6. ピーマン[カタカナ語]
イミダス 2018
[piment〈仏〉]【植物・園芸】セイヨウトウガラシ.トウガラシの変種の一つ.ピメントともいう.
7. ピーマン[標準語索引]
日本方言大辞典
あおとー / あおとーがらし / あおどーがらし / あおとん / あおとんがらし / あおなんばん / あほーなんばん / あまがらし / あまごしょー /
8. ピーマンの果実[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
長さ5~7cmの卵形で、果内は空洞。赤色や黄色に熟す外国種もある。果実が比較的大形で辛味のないトウガラシを一般にピーマンとよぶ ©Shogakukan
9. ピーマンの花[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
夏、放射相称の白色花(まれに紫色)を下または横向きに開く。花冠は5~7裂する ©Seishohmaru
10. 「こどもピーマン」[新語流行語]
イミダス 2018
京都市)が、2010年11月に発表したピーマンの新品種。メキシコ産とうがらしの一種であるハラペーニョの突然変異個体をもとに育成された品種で、通常のピーマンよりも
11. ハッピーマンデー[新語流行語]
イミダス 2018
新連休3日目の月曜日。2000年1月から、「成人の日」(1月15日)と体育の日(10月10日)がそれぞれ各月の第2月曜日に移され、土曜・日曜を休める人なら年に
12. ハッピーマンデー[カタカナ語]
イミダス 2018
[happy Monday〈日〉]【社会・生活】連休をとりやすくするため,特定の祝日を月曜日に移行する制度.2000年から施行.
13. ハッピーマンデー(* Happy Monday)[外来語・カタカナ語]
現代用語の基礎知識 2019
成人の日などの祝日をそれぞれ特定の月曜と定め、3連休にする改正祝日法で、2000年1月1日に施行された。観光振興と景気拡大をねらう。
14. ハッピーマンデー制度
日本大百科全書
2003年から、7月20日の海の日が7月第3月曜日へ、9月15日の敬老の日が9月第3月曜日へ移動し、ハッピーマンデー制度の該当日が増加した。敬老の日が9月第3週
15. jpman[欧文略語]
イミダス 2018
[jpman]【IT関連用語】【コンピューター】ジェーピーマン.UNIX系OSの一つ,FreeBSD用のオンラインマニュアルの日本語版.
16. LEDの農園芸利用[ガーデニング]
イミダス 2018
(株)四国総合研究所によると、夜間に約2時間緑色光を照射すると、イチゴやシクラメンなどの炭疽病、及びキュウリやピーマンなどの果菜類に発生する灰色かび病を抑制でき
17. mpman[欧文略語]
イミダス 2018
[mpman]エムピーマン.韓国製の携帯式のオーディオプレーヤー.
18. あお‐とうがらし[あをタウがらし]【青唐辛子】
日本国語大辞典
「水飯に青蕃椒焙りけり〈一蓑〉」(2)男の子供の性器をさす俗語。植物、ピーマン。《あおとうがらし》岐阜県一部030 滋賀県一部030 兵庫県一部030 《あおど
19. あおとーがらし【青唐辛子】[方言]
日本方言大辞典
植物ピーマン。 岐阜県一部030農作物の地方名(農林省統計調査部)1951 滋賀県一部030農作物の地方名(農林省統計調査部)1951 兵庫県一部030農作物の
20. あおなんばん【青南蛮】[方言]
日本方言大辞典
植物(1)ピーマン。 青森県一部030農作物の地方名(農林省統計調査部)1951 福井県一部030農作物の地方名(農林省統計調査部)1951(2)なし(梨)の一
21. あお‐なんばん【青南蛮】
日本国語大辞典
〔名〕(1)ピーマン。《あおなんばん》青森県一部030 福井県一部030 (2)なし(梨)の一種。《あおなんばん》鹿児島県薩摩062
22. 赤汁[新語流行語]
イミダス 2018
赤色の野菜・果実をミックスした飲料。トマトやアセロラ、ブドウ、小豆、赤ピーマンが原料で、おのおのの持つ栄養素による健康増進が期待される。ケールなどの緑黄色野菜
23. 安芸(市)画像
日本大百科全書
された。平野は第二次世界大戦前から水稲二期作、蔬菜(そさい)の促成栽培も盛んで、現在もナス、ピーマンなどの施設園芸が行われる。砂丘上には戦国時代以来、港市町を発
24. 安芸[市]
世界大百科事典
第2次世界大戦前に始められた促成野菜栽培は戦後発展して促成園芸地域となり,キュウリ,トマト,ピーマンのほか近年とくにナスの主産地として知られる。また古くから窯業
25. あき【安芸】
国史大辞典
源以外は少ない。開発も第一次産業に重点をおいている。気候温暖で水稲二期作も行われたが、最近はピーマン・胡瓜など野菜の促成栽培と葉タバコ・蜜柑の栽培が中心で県外へ
26. あきし【安芸市】高知県
日本歴史地名大系
高知平野と同様、早くから農業地帯として開けた安芸平野では、水稲二期作が行われていたが、現在はピーマン、トマト、胡瓜などの促成栽培が行われている。工業は瓦・酒・製
27. あほーなんばん【阿呆南蛮】[方言]
日本方言大辞典
植物ピーマン。 宮城県030農作物の地方名(農林省統計調査部)1951
28. あま‐ごしょう【甘胡椒】
日本国語大辞典
《あまごしょう》久留米†127 (2)おにぐこ(鬼枸杞)。《あまごしょう》筑後†039 (3)ピーマン。《あまごしょう》岐阜県一部030 鳥取県一部030 島根
29. あまごしょー【甘胡椒】[方言]
日本方言大辞典
40~52(2)おにぐこ(鬼枸杞)。 筑後※039重訂本草綱目啓蒙(小野蘭山)1847(3)ピーマン。 岐阜県一部030農作物の地方名(農林省統計調査部)195
30. あま‐とうがらし【甘唐辛子】
日本国語大辞典
〔名〕植物。(1)ピーマン。《あまとうがらし》埼玉県一部030 千葉県一部030 岐阜県一部030 三重県一部030 滋賀県一部030 大阪府一部030 奈良県
31. あまとーがらし【甘唐辛子】[方言]
日本方言大辞典
植物(1)ピーマン。 埼玉県一部030農作物の地方名(農林省統計調査部)1951 千葉県一部030農作物の地方名(農林省統計調査部)1951 岐阜県一部030農
32. 淡路島画像
日本大百科全書
第二の大産地で、県下の90%以上を占め、レタス、ハクサイ、キャベツも県下最大の生産地となり、ピーマン、イチゴ、ネギの生産も増大している。これは昭和50年代から始
33. いがしや[方言]
日本方言大辞典
植物ピーマン。 宮崎県一部030農作物の地方名(農林省統計調査部)1951
34. いごまごしょー【―胡椒】[方言]
日本方言大辞典
植物ピーマン。 福岡県一部030農作物の地方名(農林省統計調査部)1951
35. いしとじょうあと【石戸城跡】埼玉県:北本市/石戸宿村地図
日本歴史地名大系
二の丸・三の丸を順次南側に設けた梯子形の縄張りで、三の丸は二―三郭に分れている。城全体の形はピーマン形をし、城域は約四万平方メートルと推定されるが、三の丸の南側
36. いちむら【伊計村】沖縄県:沖縄島中部/与那城町
日本歴史地名大系
昭和初期には鰹節製造所もあったという。第二次世界大戦後は煙草栽培やキビ作りも盛んとなり、またピーマンやトマトなどの野菜の産地としても知られる。犬名河(犬名ガー)
37. 茨城(県)画像
日本大百科全書
大によって急増した。ハクサイ、ゴボウ、蓮根(れんこん)など地の利を得て全国第1位を保つほか、ピーマン、露地メロン、トマト、ナスやミツバ、ニラなども第1、第2位。
38. 茨城[県]画像
世界大百科事典
県西地方のハクサイ,鹿行(ろつこう)地方(かつての鹿島郡,行方(なめがた)郡)のプリンスメロン,ピーマンなど,集団的な産地が形成されている。このように商品作物へ
39. 臼杵(市)画像
日本大百科全書
もつみそ・しょうゆと薬品の工場があり、商工業は盛んである。農業は、米、ムギのほかサツマイモ、ニラ、ピーマン、トマトなどの野菜の栽培が盛ん。とくに葉タバコ、カボス
40. うどんこ病
日本大百科全書
フィラクティニアPhyllactinia(カキ、クリなど)、レバイルラLeveillula(ピーマンなど)などがある。これらの属は、胞子の形や寄生性などによって
41. うま【馬】[方言]
日本方言大辞典
の南蛮なんばん植物(1)まるばのほろし(丸葉―)。 北国※039重訂本草綱目啓蒙(小野蘭山)1847(2)ピーマン。《うまなんばん》 宮城県一部030農作物の地
42. うま‐の‐なんばん【馬南蛮】
日本国語大辞典
〔名〕植物。(1)まるばのほろし(丸葉─)。《うまのなんばん》北国†039 (2)ピーマン。《うまなんばん》宮城県一部030
43. 海の日 【12か月のきまりごと歳時記】
生活便利帳
1876年に明治天皇が東北、北海道巡幸から汽船明治丸で横浜に帰航した日にちなんで。2003年からハッピーマンデーの実施で現在の日程になった。この日を契機に夏の行
44. ウリミバエ
世界大百科事典
ウリの害虫で,加害する植物は,ウリ類(キュウリ,ニガウリ,スイカ,カボチャ)のほか,トマト,ピーマンや野生植物を含めて50種以上にも達する。日本では1920年に
45. 奥州[市]
世界大百科事典
帯となった。農業が基幹産業で,米作に畜産,野菜を加えた複合経営が行われ,胆沢米,陸中牛,胆沢ピーマンなどの主産地となった。埴輪をともなう古墳としては日本最北端に
46. 大根占
日本大百科全書
(ふもと)(外城(とじょう))が置かれた。基幹産業は畑作中心の農業で葉タバコ、サヤエンドウ、ピーマンなどを栽培するほか、ブロイラーやブタの畜産が盛んである。南大
47. おたふく【阿多福】[方言]
日本方言大辞典
1924(4)魚ひうちだい(火打鯛)。 高知県吾川郡865土佐及び紀州の魚類(蒲原稔治)1950(5)植物ピーマン。 三重県一部030農作物の地方名(農林省統計
48. おたふく【阿多福】
日本国語大辞典
県夷隅郡288 (4)魚、ひうちだい(火打鯛)。《おたふく》高知県吾川郡865 (5)植物、ピーマン。《おたふく》三重県一部030 《おたふくなんば〔─南蛮〕》
49. 越知(町)画像
日本大百科全書
あった。高知県の蚕糸業の歴史を紹介する蚕糸資料館がつくられている。農業が主産業で、ショウガ、ピーマンなどの露地野菜、茶、ナシを生産する。大桐、柳瀬(やなせ)の両
50. おにこしょー【鬼胡椒】[方言]
日本方言大辞典
植物ピーマン。 長野県一部030農作物の地方名(農林省統計調査部)1951
「ピーマン」の情報だけではなく、「ピーマン」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

ピーマンと同じ野菜カテゴリの記事
焼芋(日本国語大辞典)
焼いた薩摩芋。《季・冬》*評判記・秘伝書〔1655頃〕下ほんの事「やきぐり、やきいもは、いきくさくなる也」*俳諧・骨書〔1787〕上「朝の月狩の竹鑓手束弓〈青蘿〉 来かかるものが焼芋を喰ふ〈樗良〉」
ピーマン(日本大百科全書・世界大百科事典)
トウガラシのうちで、果実に辛味がない甘いトウガラシの1変種。明治時代にアメリカから導入されたイスパニア種といわれる品種がもとになり、今日までに日本人の嗜好(しこう)に適合した多くの品種が作出されて、第二次世界大戦後急速に普及した
レタス(日本大百科全書・世界大百科事典)
キク科の一、二年草。和名をチシャ(萵苣)という。ヨーロッパで古くから葉菜として利用され、いろいろな系統、品種群に分化している。葉は楕円形ないし長形で、生育中期までは茎はほとんど伸びず、葉は重なり合い結球するものと、結球しないものとがある
ニンニク(日本大百科全書・世界大百科事典)
ユリ科(APG分類:ヒガンバナ科)の多年草。ガーリックの名でよばれることもある。鱗茎(りんけい)は強い辛味と特有の臭気があり、香辛料としまた強壮薬とするために栽培される。原生野生種は未発見であるが、キルギス砂漠地帯が原生地とみられている
カボチャ(日本大百科全書・世界大百科事典)
ウリ科(APG分類:ウリ科)の一年生つる草。カボチャ属の野生種は新大陸のみに分布し、その多くはメキシコおよび中央アメリカで、11種に及ぶ。栽培種5種のうちニホンカボチャ、クリカボチャ、ペポカボチャは世界で広く栽培されている
野菜と同じカテゴリの記事をもっと見る


「ピーマン」は食べ物に関連のある記事です。
その他の食べ物に関連する記事
ショウガ(日本大百科全書・世界大百科事典)
ショウガ科(APG分類:ショウガ科)の多年草。ハジカミ(薑)ともいう。地下茎を食用とする。茎は地中にあり、節くれだって肥大し、塊茎となる。節から地上に伸び出る茎状のものは、鱗片(りんぺん)状の葉や葉鞘(ようしょう)部が重なった偽茎で
おはぎ(日本大百科全書・世界大百科事典・日本国語大辞典)
餅菓子の一種。萩餅(はぎのもち)の女房詞(ことば)。ぼた餅ともいう。糯米(もちごめ)と粳米(うるちまい)を等量に混ぜて炊き、粗くすり搗(つ)いて丸め、きな粉や餡(あん)、すりごまなどをまぶしたもの。春つくるのがぼた餅、秋つくるのがおはぎ
カボチャ(日本大百科全書・世界大百科事典)
ウリ科(APG分類:ウリ科)の一年生つる草。カボチャ属の野生種は新大陸のみに分布し、その多くはメキシコおよび中央アメリカで、11種に及ぶ。栽培種5種のうちニホンカボチャ、クリカボチャ、ペポカボチャは世界で広く栽培されている
ニンニク(日本大百科全書・世界大百科事典)
ユリ科(APG分類:ヒガンバナ科)の多年草。ガーリックの名でよばれることもある。鱗茎(りんけい)は強い辛味と特有の臭気があり、香辛料としまた強壮薬とするために栽培される。原生野生種は未発見であるが、キルギス砂漠地帯が原生地とみられている
レタス(日本大百科全書・世界大百科事典)
キク科の一、二年草。和名をチシャ(萵苣)という。ヨーロッパで古くから葉菜として利用され、いろいろな系統、品種群に分化している。葉は楕円形ないし長形で、生育中期までは茎はほとんど伸びず、葉は重なり合い結球するものと、結球しないものとがある
食べ物に関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る