ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 文化
  6. >
  7. 伝統芸能
  8. >
  9. 歌舞伎・狂言
  10. >
  11. 天竺徳兵衛韓噺
歌舞伎事典・日本大百科全書・世界大百科事典・日本国語大辞典

新版 歌舞伎事典
天竺徳兵衛韓噺
てんじくとくべえいこくばなし
 歌舞伎狂言。世話物。江戸歌舞伎の夏芝居、旅芝居用の台本として書き下ろされた最初の作品。文化一(1804)年七月、初世尾上松助が江戸・河原崎座で初演。松助の子三世尾上菊五郎が継承し、尾上家の家の狂言となる。《音菊おとにきく天竺徳兵衛》などと改題されながら今日まで舞台生命を保つ。原作は、近松半二作の院本《天竺徳兵衛郷鏡さとのすがたみ》。初演の際の脚色はほぼ原作どおりであったが、再演のつど改訂され、特に四度目の上演である文化六年に《阿国御前化粧鏡おくにごぜんけしょうのすがたみ》と改題増補された際、初演の脚色者でもある四世鶴屋南北が、三世菊五郎の天性の美貌を生かし、舞台で化粧をさせる《湯上りの累》の趣向を入れた。これが好劇家の印象に残り、後世になって南北の出世作として位置づけられることになる。題材は、江戸幕府が鎖国政策をとる以前に天竺を経巡った播州高砂の漁師天竺徳兵衛の聞書に取材。その徳兵衛を、原作者近松半二が得意とする日本国転覆をねらう謀反人に仕立て上げるスケールの大きな枠組だが、歌舞伎化された演出の見どころは、むしろケレンにあった。なかでも、座頭ざとう徳市に変装した徳兵衛が本水の中を潜り抜けて、長裃姿の上使に早替りする〈水中の早替り〉は、一子相伝の仕掛物とされた。明治の近代化の波をうけた後は、五世・六世菊五郎によって演出が洗練され、颯爽とした江戸っ子の風姿を見せる点に力点が置かれるようになる。なお、今日に伝えられる台本は、再演以後の改訂本である。
夏狂言
[古井戸 秀夫]


日本大百科全書(ニッポニカ)
天竺徳兵衛韓噺
てんじくとくべえいこくばなし

歌舞伎(かぶき)脚本。時代物。五幕。4世鶴屋南北(つるやなんぼく)作。1804年(文化1)7月、江戸・河原崎(かわらさき)座で初世尾上松助(おのえまつすけ)(松緑(しょうろく))が初演。寛永(かんえい)年間(1624~44)天竺(インド)へ渡り、天竺徳兵衛といわれた船頭の巷説(こうせつ)「天竺徳兵衛物語」を脚色したもので、近松半二(はんじ)作の浄瑠璃(じょうるり)『天竺徳兵衛郷鏡(さとのすがたみ)』を下敷きにした作。天竺帰りの船頭徳兵衛が自分の素姓を吉岡宗観(そうかん)実は大明(だいみん)の臣木曽官の子と知り、父の遺志を継いで日本転覆の野望を抱き、蝦蟇(がま)の妖術(ようじゅつ)を使って神出鬼没、将軍の命をねらうが、巳(み)の年月そろった人の生き血の効験によって術を破られる。原作には徳兵衛に殺された乳母五百機(うばいおはた)の亡霊が現れる怪奇な場もあり、松助が二役で勤め評判になったが、その後、3世尾上菊五郎の再三の上演ごとに脚本も改訂され、5世・6世の菊五郎に継承されて尾上家の芸となり、普通『音菊(おとにきく)天竺徳兵衛』の外題(げだい)で「宗観館」「同水門」「滝川館」の二幕三場が上演されている。草双紙趣味豊かな舞台で、「水門」で蝦蟇から引き抜いた徳兵衛の引込み、「滝川館」で本水を使い、越後座頭(えちござとう)に化けた徳兵衛が偽上使になって登場する早替りなどが見もの。
[松井俊諭]



改訂新版 世界大百科事典
天竺徳兵衛韓噺
てんじくとくべえいこくばなし

歌舞伎狂言。世話物。5幕。4世鶴屋南北作。江戸歌舞伎の夏芝居,旅芝居用の台本として書きおろされた最初の作品。1804年(文化1)7月,初世尾上松助が江戸河原崎座で初演。松助の子3世尾上菊五郎が継承し尾上家の家の狂言となる。《音菊(おとにきく)天竺徳兵衛》などと改題されながら今日まで舞台生命を保つ。原作は,近松半二作の院本《天竺徳兵衛郷鏡(さとのすがたみ)》。初演の際の脚色はほぼ原作どおりであったが,再演のつど改訂され,特に4度目の上演である09年に《阿国御前化粧鏡(おくにごぜんけしようのすがたみ)》と改題増補された際,初演の脚色者でもある南北が,3世菊五郎の天性の美貌を生かし,舞台で化粧をさせる《湯上りの累(かさね)》の趣向を入れた。これが好劇家の印象に残り,後世になって南北の出世作として位置づけられることになる。題材は,江戸幕府が鎖国政策をとる以前に天竺を経巡った播州高砂の漁師天竺徳兵衛の聞書に取材。その徳兵衛を,原作者近松半二が得意とする日本国転覆をねらう謀反人に仕立て上げるスケールの大きな枠組だが,歌舞伎化された演出の見どころは,むしろケレンにあった。なかでも,座頭(ざとう)徳市に変装した徳兵衛が本水の中を潜り抜けて長裃姿の上使に早替りする〈水中の早替り〉は,一子相伝の仕掛物とされた。明治の近代化の波をうけた後は,5世・6世菊五郎によって演出が洗練され,颯爽とした江戸っ子の風姿を見せる点に力点が置かれるようになる。なお,今日に伝えられる台本は,再演以後の改訂本である。
[古井戸 秀夫]

[索引語]
鶴屋南北 音菊(おとにきく)天竺徳兵衛 阿国御前化粧鏡(おくにごぜんけしようのすがたみ)


日本国語大辞典
てんじくとくべえいこくばなし[テンヂクトクベヱイコクばなし] 【天竺徳兵衛韓噺】

解説・用例

歌舞伎脚本。時代物。五幕。四世鶴屋南北作。文化元年(一八〇四)江戸河原崎座初演。天竺徳兵衛の伝説に取材し、彼を日本覆滅を図る朝鮮の臣の遺児に仕立てたもの。父ゆずりの妖術を使った神出鬼没ぶりが見所で、初世尾上松助の早変わりや仕掛け物で評判をとり、以来尾上家のお家芸となった。

発音

テンジクトクベー=イコクバナシ

〓[ト]=[バ]


ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。
天竺徳兵衛韓噺の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 24
検索コンテンツ
1. 『天竺徳兵衛韓噺』
日本史年表
1804年〈文化元(2・11) 甲子〉 7・‐ 鶴屋南北(4代)作 『天竺徳兵衛韓噺』 、江戸河原崎座で初演(日本演劇史年表)。
2. 天竺徳兵衛韓噺
日本大百科全書
歌舞伎(かぶき)脚本。時代物。五幕。4世鶴屋南北(つるやなんぼく)作。1804年(文化1)7月、江戸・河原崎(かわらさき)座で初世尾上松助(おのえまつすけ)(松
3. 天竺徳兵衛韓噺
世界大百科事典
歌舞伎狂言。世話物。5幕。4世鶴屋南北作。江戸歌舞伎の夏芝居,旅芝居用の台本として書きおろされた最初の作品。1804年(文化1)7月,初世尾上松助が江戸河原崎座
4. てんじくとくべえいこくばなし[テンヂクトクベヱイコクばなし]【天竺徳兵衛韓噺】
日本国語大辞典
歌舞伎脚本。時代物。五幕。四世鶴屋南北作。文化元年(一八〇四)江戸河原崎座初演。天竺徳兵衛の伝説に取材し、彼を日本覆滅を図る朝鮮の臣の遺児に仕立てたもの。父ゆず
5. てんじくとくべえいこくばなし【天竺徳兵衛韓噺】
歌舞伎事典
 歌舞伎狂言。世話物。江戸歌舞伎の夏芝居、旅芝居用の台本として書き下ろされた最初の作品。文化一(1804)年七月、初世尾上松助が江戸・河原崎座で初演。松助の子三
6. アートな時間 舞台 天竺徳兵衛韓噺 四世鶴屋南北の出世作 充実の中村芝翫が徳兵衛に挑戦=小玉祥子
週刊エコノミスト 2019-20
江戸初期に東南アジア諸国をまわり、その見聞録を残した実在の商人をモデルにした四世鶴屋南北作の「天竺徳兵衛韓噺(てんじくとくべえいこくばなし)」が、中村芝翫(しか
7. あつし【厚子・厚司】画像
日本国語大辞典
(2)に似せて作ったもので異国風の趣を出す。厚子織。*歌舞妓年代記〔1811~15〕九・下・文化元年「天竺徳兵衛韓噺〈略〉天竺徳兵衛。実は宗観一子大日丸三やく松
8. 尾上松緑
世界大百科事典
暦5)尾上菊五郎の門弟となり,61年尾上松助となる。1804年(文化1)7月河原崎座の《天竺徳兵衛韓噺(てんじくとくべえいこくばなし)》の早替りで大当り,作者4
9. 尾上松助
日本大百科全書
に確たる地位を得た。1804年(文化1)に、夏芝居ながら初めて座頭(ざがしら)を勤めた『天竺徳兵衛韓噺(てんじくとくべえいこくばなし)』が大当りをとり、以後晩年
10. 怪談
世界大百科事典
求める志向が強まるにおよんで,観客を恐怖させる目的の怪談狂言が現れた。1804年(文化1)河原崎座初演の《天竺徳兵衛韓噺(てんじくとくべえいこくばなし)》(4世
11. かいだんもの【怪談物】
歌舞伎事典
求める志向が強まるにおよんで、観客を恐怖させる目的の怪談狂言が現れた。文化一(1804)年河原崎座初演の《天竺徳兵衛韓噺(てんじくとくべえいこくばなし)》(四世
12. 鶴屋南北画像
日本大百科全書
きぜわ)物に好評を得たのち、1804年(文化1)に初世尾上(おのえ)松助のために夏芝居『天竺徳兵衛韓噺(てんじくとくべえいこくばなし)』を書き、これが出世作とな
13. 鶴屋南北
世界大百科事典
者の地位にすわり(49歳),翌04年(文化1)7月河原崎座で初世尾上松助にあてて書いた《天竺徳兵衛韓噺(てんじくとくべえいこくばなし)》が,水中早替りなどのケレ
14. つるやなんぼく【鶴屋南北】
国史大辞典
を得た。出世作となったのは文化元年(一八〇四)七月河原崎座で初代尾上松助のために書いた『天竺徳兵衛韓噺(てんじくとくべえいこくばなし)』で、早替りや仕掛物を駆使
15. つるやなんぼく【鶴屋南北】
日本架空伝承人名事典
芝居界に入ったのは一七七六年(安永五)、以来見習い作者としての長い下積み生活を経、一八〇四年(文化一)の『天竺徳兵衛韓噺(てんじくとくべえいこくばなし)』の大当
16. つるやなんぼく【鶴屋南北】
歌舞伎事典
はじめて立作者の地位にすわった(四九歳)。翌文化一年七月河原崎座で初世尾上松助にあてて書いた《天竺徳兵衛韓噺(てんじくとくべえいこくばなし)》が、水中早替りなど
17. つるや-なんぼく【鶴屋南北(4代)】
日本人名大辞典
前名は勝俵蔵(初代)。戯作(げさく)名は姥尉輔(うばじょうすけ)。俳名は大眉,魯風,北寿。作品に「天竺徳兵衛韓噺(てんじくとくべえいこくばなし)」「東海道四谷怪
18. 天竺徳兵衛
日本大百科全書
)・1757)、『天竺徳兵衛郷鏡(さとのすがたみ)』(近松半二(はんじ)・1763)、『天竺徳兵衛韓噺(いこくばなし)』(4世鶴屋南北(つるやなんぼく)・180
19. 天竺徳兵衛
世界大百科事典
ど南方移住日本人の記述や朱印船貿易の記事は貴重である。彼の見聞記は,のち4世鶴屋南北の《天竺徳兵衛韓噺(いこくばなし)》など歌舞伎,浄瑠璃に脚色された。村井 益
20. てんじく‐とくべえ[テンヂクトクベヱ]【天竺徳兵衛】
日本国語大辞典
は、当時の貿易の有様を伝える重要な史料。慶長一七年(一六一二)生まれ。〔二〕歌舞伎脚本「天竺徳兵衛韓噺(てんじくとくべえいこくばなし)」の通称。テンジクトクベー
21. てんじくとくべえ【天竺徳兵衛】
国史大辞典
ると、この種の異国譚が興味をもたれたものとみえ、この物語に題材をとって四代目鶴屋南北の『天竺徳兵衛韓噺(いこくばなし)』その他歌舞伎・浄瑠璃・読本などが数々つく
22. 東海道中膝栗毛 217ページ
日本古典文学全集
弥次「へヽべらぼうめ、おれもそのくらひな事をしかねるものかハヽヽヽヽ  (一八〇四)江戸河原崎座の『天竺徳兵衛韓噺』にも出演したから、台本不明ながら、同じくうた
23. 1804年〈文化元(2・11) 甲子〉
日本史年表
人忌辰録)。 6・6 出羽国大地震、 象潟湖 陸化。 7・‐ 鶴屋南北(4代)作 『天竺徳兵衛韓噺』 、江戸河原崎座で初演(日本演劇史年表)。 12・22
「天竺徳兵衛韓噺」の情報だけではなく、「天竺徳兵衛韓噺」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

天竺徳兵衛韓噺と同じ歌舞伎・狂言カテゴリの記事
歌舞伎(日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
歌舞伎という表記は当て字であるが、歌(音楽)、舞(舞踊)、伎(伎芸)をそれぞれ意味し、日本独自の様式的演劇の特質を巧まずして表現しているため、今日では広く用いられている。かつて江戸時代には「歌舞妓」と書かれるのが普通であったが、もっと古くは「かぶき」と仮名で書かれた
下座音楽(新版 歌舞伎事典・国史大辞典・改訂新版 世界大百科事典)
歌舞伎の演出に、効果・修飾・背景・伴奏音楽として、原則として黒御簾で演奏される歌舞伎囃子の通称。〈黒御簾音楽〉〈陰囃子〉(略して〈黒御簾〉〈陰〉とも)などの別称がある。ただし〈陰囃子〉は、狭義に、出囃子・出語りについて黒御簾の中で演奏される鳴物を意味することが多い
江戸三座(新版 歌舞伎事典・日本大百科全書)
江戸で公許された中村座、市村座、森田座の三芝居。元禄期(1688‐1704)には山村座を含め四座存在したが、正徳四(1714)年、江島生島事件によって山村座が廃絶、以降明治に至るまで三座に限って興行が公認された。中村座は堺町、市村座は葺屋町、森田座は木挽町において興行したが
野郎歌舞伎(新版 歌舞伎事典・国史大辞典)
若衆歌舞伎の禁令以後、前髪を剃って、野郎頭となった男たちの歌舞伎、という意味で、承応一(1652)年ごろから、いわゆる元禄歌舞伎時代まで二十数年間をふつうに野郎歌舞伎時代と呼ぶ。若衆歌舞伎の少年の前髪を剃り落とされたので、以後は成人男子の役者
若衆歌舞伎(新版 歌舞伎事典・国史大辞典)
前髪立ちの美少年の魅力を中心とした歌舞伎。慶長八(1603)年四月に出雲のお国が歌舞伎踊を創始したが、その同じ年の九月には、五歳の童男の歌舞伎が宮中に招かれたという記録があるので、少年の歌舞伎はきわめて早くから行われていたことが知れる。
歌舞伎・狂言と同じカテゴリの記事をもっと見る


「天竺徳兵衛韓噺」は古典文学に関連のある記事です。
その他の古典文学に関連する記事
室町物語草子集(日本古典文学全集)
昔から今に至るまで、めでたいことを聞き伝えているが、わけても、いやしい者が、格別に出世して、初めから終りまでも、ついにつらいことがなくめでたいのは、常陸国に住む塩売の文正と申す者であった。そのわけを尋ねると、都より東の関東の八か国の中でも
天竺徳兵衛韓噺(歌舞伎事典・日本大百科全書・世界大百科事典・日本国語大辞典)
歌舞伎狂言。世話物。江戸歌舞伎の夏芝居、旅芝居用の台本として書き下ろされた最初の作品。文化一(1804)年七月、初世尾上松助が江戸・河原崎座で初演。松助の子三世尾上菊五郎が継承し、尾上家の家の狂言となる
東海道四谷怪談(歌舞伎事典・国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典・日本国語大辞典・全文全訳古語辞典)
歌舞伎狂言。世話物。五幕。四世鶴屋南北作。初演の絵本番付には《あづまかいどうよつやかいだん》。通称《四谷怪談》。《いろは仮名四谷怪談》をはじめ、多くの別名題がある。文政八(1825)年七月江戸・中村座初演で
春雨物語(日本古典文学全集・国史大辞典)
春雨降り続いて今日で幾日やら、静かなうえに趣もある。使いならした筆硯取り出してはみたものの、思いめぐらしてみて、書くべきほどのこともない。物語のさま真似てみるのは初めてのこと、しかしながら、わたしのようにあって甲斐なき者、どのようなことが記せよう
西山物語(日本古典文学全集・国史大辞典・歌舞伎事典)
山城国乙訓郡の松尾村という所に、大森七郎という武士が兄妹三人で住んでいた。妹の名はかへといい、その下の弟は惣次といった。七郎の妻は早く亡くなっていたが、年老いた母が健在で貧しいながらも三人の兄妹で大切に仕えていた。また、同じ村里に、同族で八郎という男
古典文学に関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る