ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 科学・医学
  6. >
  7. 医療・身体
  8. >
  9. 病気・怪我
  10. >
  11. ディスレクシア

ジャパンナレッジで閲覧できる『ディスレクシア』の辞書・事典・叢書別サンプルページ

日本大百科全書・イミダス

日本大百科全書(ニッポニカ)
ディスレクシア
でぃすくれしあ
dyslexia

知的機能の発達の遅れや視覚障害がないにもかかわらず、読むことに著しい困難を抱える症状。読むことだけでなく書くことにも困難を伴うことが多く、発達性読み書き障害ともいわれる。発達障害のうち学習障害の中心的な症状である。

 ディスレクシアのある人は、欧米では人口の10~15%とされる。一方、日本では大規模な調査は行われておらず不明である。ただし、文部科学省による学齢児童生徒に関する調査(2012)では、「読む」または「書く」に著しい困難のある児童生徒の割合は2.4%程度であった。

 現状ではディスレクシアを医学的に治すことはむずかしく、読むことの困難さを軽減する支援が重要となる。たとえば、音声化(代読、音声教材、録音図書ほか)、文字の拡大化(拡大教科書、大活字本ほか)、読書補助具の使用(タイポスコープ、カラーフィルターほか)などの支援があるが、有効な支援は困難さの種類・程度によって異なる。これらの支援が学校や図書館などで必要に応じて適切に受けられることがたいせつであり、そのための環境整備が急がれる。

[野口武悟]2020年8月20日



情報・知識 imidas
ディスレクシア
Dyslexia
読みや書きに困難を伴う学習障害LD)のひとつ。読字障害難読症とも呼ばれる。また、脳梗塞などの後遺症によって読み書きが困難になる場合と区別して、小児期に生じるものは発達性ディスレクシアとも呼ばれる。何らかの脳機能に問題があることが要因とされるが、はっきりとした原因は判明していない。文字の形とそれに対応する音とを一致させるのに困難を伴うのが特徴で、似ている文字の意味や音、形などを混同する。主な症状として、飛ばし読みや書き写しの間違いなどがみられ、数字の記憶などにも困難を生じる場合がある。読字能力が改善した青年期に入っても症状が持続することが多い。また、読む機会が少なくなることによって、二次的に語彙(ごい)や知識の増大を妨げることもある。発現率は、不規則な読み方の多い言語ほど高くなり、英語などのアルファベット圏では、全人口の3~12%を占めている。一方、知的能力には問題がなく、芸術など特定の分野にすぐれた才能を発揮する場合もある。

[イミダス編]
[2012.01]
ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。
ディスレクシアの関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 15
検索コンテンツ
1. ディスレクシア
日本大百科全書
伴うことが多く、発達性読み書き障害ともいわれる。発達障害のうち学習障害の中心的な症状である。 ディスレクシアのある人は、欧米では人口の10~15%とされる。一方
2. ディスレクシア[イミダス編 社会・健康]
イミダス 2018
脳梗塞などの後遺症によって読み書きが困難になる場合と区別して、小児期に生じるものは発達性ディスレクシアとも呼ばれる。何らかの脳機能に問題があることが要因とされる
3. ディスレクシア[カタカナ語]
イミダス 2018
[dyslexia]【教育】読み書きに困難をともなう学習障害(LD)の一つ.読字障害,難読症とも呼ばれる. 2012 08
4. ディスレクシア
図書館情報学用語辞典
い状態をある程度克服できる可能性があり,ディスレクシアに対する録音図書やDAISY資料の有効性が国際的に実証されつつある.IFLAより『ディスレクシアのための図
5. ディスレクシア【2019】[外来語・カタカナ語【2019】]
現代用語の基礎知識
失読症。読書障害。
6. 編集後記 北條一浩/桐山友一
週刊エコノミスト 2019-20
わったのはむしろ恐怖。なぜなら私は実はリーディングトラッカーの名称すら知らず、視覚障害やディスレクシア(読み書きに関わる学習障害)の方に活用されていることの知識
「ディスレクシア」の情報だけではなく、「ディスレクシア」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

ディスレクシアと同じ病気・怪我カテゴリの記事
スキン-テア(日本大百科全書)
加齢などにより脆弱になった皮膚において、軽微な外力が加わることにより生ずる裂傷。主として高齢者の四肢に発生する外傷性の皮膚潰瘍であり、摩擦単独あるいは摩擦・ずれによって、表皮が真皮から分離(部分層創傷)、または表皮および真皮が下層構造から分離
褥瘡(日本大百科全書・世界大百科事典)
身体に加わった外力により、骨と皮膚表層の間の軟部組織の血流が低下あるいは停止し、この状況が一定時間持続することにより皮膚組織が不可逆的な血流不足となり、局所的に酸素欠乏および低栄養状態となって壊死(えし)に陥った状態。寝たきりで自力での体動が
自己免疫疾患(岩波 生物学辞典)
《同》自己免疫病.本来,病原体などの非自己異物に対する防御機構として誘導される免疫反応が,自己の細胞や組織に対して誘導され(自己免疫),その結果生じる細胞・組織傷害に起因する疾患.自己・非自己を区別する獲得免疫系の自己寛容機構の破綻が原因と考えられるが
小児期・思春期・若者のうつ病(日本大百科全書)
年少・若年者が抑うつ的になる症状。小児うつ病をはじめとして、この年代でも薬物療法の対象になる精神疾患があることが知られている。しかも、小児期や思春期のうつ病は、本人が自分の気持ちをうまく表現できなかったり、いらいら感やいわゆる
うつ病(日本大百科全書・岩波 生物学辞典・イミダス)
気分がひどく落ち込む、何事にも興味をもてなくなる、といった精神症状のために、精神的に強い苦痛を感じたり日常の生活に支障が現れたりしている状態をいう。分類・疫学うつ病は、以前は遺伝や体質による内因が関与している内因性うつ病と
病気・怪我と同じカテゴリの記事をもっと見る


「ディスレクシア」は医療に関連のある記事です。
その他の医療に関連する記事
血圧(世界大百科事典・日本大百科全書)
血圧とは血液が血管壁に及ぼす側圧のことである。血液は心臓のポンプ作用によって心臓から送り出され,動脈系から毛細血管に至り,静脈系を経て心臓に還流するが,血圧はこの血管の部位によって異なる。しかし一般に血圧といえば,体循環系における動脈の血圧を指す
ディスレクシア(日本大百科全書・イミダス)
知的機能の発達の遅れや視覚障害がないにもかかわらず、読むことに著しい困難を抱える症状。読むことだけでなく書くことにも困難を伴うことが多く、発達性読み書き障害ともいわれる。発達障害のうち学習障害の中心的な症状である。ディスレクシアのある人は
うつ病(日本大百科全書・岩波 生物学辞典・イミダス)
気分がひどく落ち込む、何事にも興味をもてなくなる、といった精神症状のために、精神的に強い苦痛を感じたり日常の生活に支障が現れたりしている状態をいう。分類・疫学うつ病は、以前は遺伝や体質による内因が関与している内因性うつ病と
小児期・思春期・若者のうつ病(日本大百科全書)
年少・若年者が抑うつ的になる症状。小児うつ病をはじめとして、この年代でも薬物療法の対象になる精神疾患があることが知られている。しかも、小児期や思春期のうつ病は、本人が自分の気持ちをうまく表現できなかったり、いらいら感やいわゆる
サイトカイン・ストーム(イミダス)
免疫の暴走と訳される。サイトカインとは、cyto(細胞)とkine(動作)からなる造語で、細胞から放出されさまざまな細胞間に相互作用をもたらすたんぱく質因子の総称である。サイトカインは標的の細胞に働きかけて、免疫、炎症、生体防御などの面で重要な役割を
医療に関連する記事をもっと見る


ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る