ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 歴史
  6. >
  7. 歴史上の人物
  8. >
  9. 世界史上の人物
  10. >
  11. ミケランジェロ

ジャパンナレッジで閲覧できる『ミケランジェロ』の辞書・事典・叢書別サンプルページ

世界大百科事典・日本大百科全書・世界人名大辞典

改訂新版 世界大百科事典
ミケランジェロ
Michelangelo Buonarroti
1475-1564

イタリアの彫刻家,画家,建築家,詩人。青年時代には彫刻,絵画における盛期ルネサンス様式の完成者として,壮・晩年期には彫刻,絵画,建築におけるマニエリスム様式の形成者として,また生涯を通じて,新プラトン主義の影響を強く受けた宗教上の思索者,詩人として,質量ともに西洋美術史上第一級の制作活動を続け,それまで一般に職人的存在とみなされていた芸術家の地位の確立に貢献した。父親はカプレーゼCapreseの行政長官で,フィレンツェの小貴族の末裔であった。ミケランジェロは己の血筋に対する誇りを生涯捨てなかったが,その一方では現実に経済力をもたぬ父親の執拗な金銭的要求に悩まされつづけた。こうした実人生上の苦悩や,彼の制作意欲をつねに阻害し続けたパトロンたちの意志との衝突などのさまざまな葛藤を,休むことのない制作と,宗教上の思索とによって昇華し,一個人としては悩みに満ちた,芸術家としては実り多い生涯を送った。

 1488年13歳のときに,当時フィレンツェ最大の工房の一つであったギルランダイオの工房の徒弟となるが,絵画を中心的活動としていたこの工房に飽き足らなかったためか,まもなくそこを出たらしい。このあと彼は,ロレンツォ・デ・メディチが若い芸術家の教育のために古代美術品を集めていた,サン・マルコ近くのメディチ家の庭園で,彫刻家ベルトルド・ディ・ジョバンニBertoldo di Giovanniの指導を受けたといわれるが,この庭園の教育的機能の実情は明らかではない。いずれにせよこのころ,ロレンツォの庇護を受けて大理石彫刻家としての第一歩を踏み出すとともに,ロレンツォの邸館でのフィチーノやポリツィアーノなどの人文主義者や文学者との交友を通じて,新プラトン主義の洗礼を受けたのであった。また当時,おそらくロレンツォのために,古代ローマの浮彫の様式に倣って激しい動感に満ちた高浮彫《ケンタウロスの戦》を制作している。94年短期間ボローニャに滞在した後,96年にはローマに行き,《バッコス》および《ピエタ》の大作彫刻を仕上げる。前者は若いミケランジェロの完璧な技術と解剖学的知識を示しており,後者は盛期ルネサンスの古典主義彫刻の代表的作品である。1501年フィレンツェに帰還し,04年には共和国の理想を託した巨大な《ダビデ》を完成させ,また同年にはパラッツォ・ベッキオ(市庁舎)大広間にレオナルド・ダ・ビンチと競作で《カッシナの戦》壁画制作を依頼される。この壁画は,何点かの部分素描と実物大下絵(現存せず)のほかにはついに完成に至らなかったが,それらの下絵はラファエロなど次代の画家たちの裸体画の手本となった。一方,ミケランジェロの唯一のタブローである《聖家族》(別名《トンド・ドーニ》)もこの時代の作と思われる。

 05年,教皇ユリウス2世の招きでローマに赴き,40体以上の彫刻と建築的モティーフの複合体である教皇の墓廟の制作を命ぜられるが,翌年には早くも教皇との間に不和が生じ,仕事は中断する。教皇は08年システィナ礼拝堂天井画制作を彼に命じ,彫刻家をもって自認するミケランジェロは,不承不承ながらも,12年に《創世記》諸場面とその周辺の多数の画面をほとんど独力で描き上げる。この天井画の特質は,第1には無数の人体の彫塑的表現効果であり,第2にはその新プラトン主義的な聖書解釈であろう。13年にはユリウス2世が没し,教皇墓廟の計画案は教皇の相続者たちの意思によって,ミケランジェロの意図に反して何回も縮小され,45年に最終的に制作が停止されたとき,彼はこのモニュメントのために《モーセ》《レア》《ラケル》,そして2体の《奴隷》を仕上げていたにすぎなかった。だがこれらの像は,堂々たる肉体表現に深く激しい精神をこめた,ルネサンス彫刻の頂点を示す作品となっている。20年,フィレンツェのサン・ロレンツォ教会内メディチ礼拝堂に同家の墓所建立の依頼を受け,24年から10年間,建築と彫刻の複合体である2基の墓碑の制作に携わる。新プラトン主義の世界観に形を与えたとされるこれらの墓碑は未完に終わったが,それを構成するロレンツォとジュリアーノ・デ・メディチの像,その下に横たわる〈朝〉〈夕〉〈昼〉〈夜〉の4寓意像および聖母子像が制作された。これらの像は,それぞれ端正な形態のうちに深く沈潜する気分を表しており,晩年の彫刻の,苦悩に満ちた様式を暗示している。

 34年,フィレンツェから最終的にローマに移り住み,残る30年の生涯を教皇庁関係の仕事に費やす。35年新教皇パウルス3世は彼にシスティナ礼拝堂祭壇側の壁に《最後の審判》の壁画制作を命じ,老齢にさしかかっていたにもかかわらず,41年彼は独力でこの大画面を完成した。この作品はそれまでの絵解き的な《最後の審判》図とは異なり,正義の精神が骨肉を備えたごときたくましいイエス・キリストが,雷を投げるゼウスを思わせる激しい身ぶりで審判を下し,そのまわりには人間的苦悩をたたえた悪人たちや威厳を備えた善人たちが,バロック美術を予告する激しく旋回する構図と強烈な明暗によって描き出されている。《最後の審判》制作中のミケランジェロは,熱心なキリスト教徒で詩もよくした貴婦人ビットリア・コロンナVittoria Colonnaとの知的交友によって寂寥を慰められ,この愛に触発された詩を残している。ビットリアが47年に没して彼はますます孤独になったが,教皇庁の仕事はひきもきらず,老いた彼を休息させることはなかった。晩年の作品としては,バチカン宮殿パオリナ礼拝堂の《パウロの改宗》および《ペテロの磔刑》の壁画(1550)や,3体の未完の《ピエタ》(フィレンツェ大聖堂の《ピエタ》,パレストリーナの《ピエタ》,ロンダニーニの《ピエタ》)などがある。これらの像においては,長い制作活動と人生の闘争に疲れた老芸術家の苦悩と,そして彼がわずかに宗教に見いだしえた安らぎとが感じとれる。彫刻家,画家としてのミケランジェロは,一言で述べるならば,完璧な技巧と解剖学的正確さを備えた古典的な人体表現と,キリスト教的精神性との結合に成功し,その意味で初期ルネサンス時代からの芸術上の理想の達成者であったといえよう。

 建築の代表作としては,サン・ロレンツォ教会付属図書館入口の間の設計(1523-25),ローマのカンピドリオの丘の広場の整備(1536設計),サン・ピエトロ大聖堂の円蓋その他の計画案(1546)などがある。建築において彼は,個々のモティーフを彫塑的に扱い,古典主義建築に自由な発展の可能性を与えることによってマニエリスム建築への道を開いた。
[鈴木 杜幾子]

[索引語]
Michelangelo Buonarroti システィナ礼拝堂 最後の審判 ピエタ(ミケランジェロ


日本大百科全書(ニッポニカ)
ミケランジェロ
みけらんじぇろ
Michelangelo Buonarroti
[1475―1564]

イタリアの彫刻家、画家、建築家、詩人。レオナルド・ダ・ビンチに遅れること23年、ラファエッロより8年早く、中部イタリアのカプレーゼに生まれ(3月6日)、イタリア・ルネサンス晩期に長らく活躍のすえ、89歳でローマに没(2月18日)。フィレンツェのサンタ・クローチェ聖堂内に墓がある。芸術上の遺作は、彫刻作品約40点、絵画では4面の大壁画のほか、若干のタブロー、建築では教会や記念建造物などの設計や装飾を残し、また、これらの絵画、彫刻、建築に関するおびただしい習作、素描、エスキスのたぐい約800点が、世界各地に分散して伝えられている。また、詩作は若いころからおよそ300編があり、そのほか、親族や友人・知己にあてた500通を超える書簡が今日に伝わる。

[裾分一弘]

彫刻

初め、フィレンツェの画家ギルランダイヨに師事するが、14歳のときからメディチ家の保護を得て、彫刻家ベルトルド・ディ・ジョバンニの門に入り、かたわらメディチ家収集の古代彫刻を研究、以来彫刻に専念して、彫刻家としての自覚を生涯もち続けることになる。徒弟時代の作品には、『階段の聖母』『ケンタウロマキア』(ともにフィレンツェ、カサ・ブオナロッティ)があり、フィレンツェの彫刻家ドナテッロや古代彫刻からの影響が顕著である。1496年、21歳でローマに出て、『ディオニソス』(フィレンツェ、バルジェッロ国立美術館)、続いて『ピエタ』(サン・ピエトロ大聖堂)を制作。この『ピエタ』は、聖母の胸にかけられた襷(たすき)にミケランジェロの署名を残す唯一の作品である。

 1501年フィレンツェに帰り、市当局の委嘱を受けて『ダビデ』像の制作にかかり、3年半ほどの歳月をかけて完成。この像の設置場所に関し種々の意見があったが、制作者の希望がいれられてパラッツォ・ベッキオ前に置かれ、自治都市フィレンツェの象徴とみなされた(現在原作は同市アカデミア美術館に収蔵)。像は古い失敗作の大理石塊を素材としており、したがって死せる大理石から生けるダビデを制作したことにより、文字どおりのデビュー作となった。トンドとよばれる2個の円形浮彫り『ピッティの聖母子』(バルジッェロ国立美術館)、『タッデイの聖母子』(ロンドン、ロイヤル・アカデミー)もほぼ同時期の制作である。

 ミケランジェロがユリウス2世廟(びょう)の制作を教皇から依頼されたのは、1505年30歳のときである。当初のプランでは、墓廟は7.6メートル×11.3メートルの長方形台座の上に立ち、それに等身大以上の彫像40体が置かれて、サン・ピエトロの堂内に安置されるはずの雄大な構想であった。『瀕死(ひんし)の奴隷』『反抗する奴隷』(ともにルーブル美術館)、『勝利』(パラッツォ・ベッキオ)、および今日フィレンツェのアカデミア美術館収蔵の『若い奴隷』『髭(ひげ)の奴隷』『アトラスの奴隷』『目ざめる奴隷』などは、このモニュメントを飾るために制作されたものである。ユリウス2世廟は、教皇なきあとその規模がしだいに縮小されて、今日その名で残る構想は第五次契約によるミケランジェロ67歳の制作で、ローマのサン・ピエトロ・イン・ビンコリ聖堂内にある。墓廟下段の3点(中央の『モーセ』、左の『ラケル』、右の『レア』)が彼の手になる彫像である。

 1513年、ユリウス2世の逝去に伴い、メディチ家から出たレオ10世が即位し、20年45歳のとき、メディチ家の菩提寺(ぼだいじ)サン・ロレンツォの新聖器室にメディチ家の墓廟の制作を依頼されることになる。以来ミケランジェロはユリウス2世の遺族であるローマのロベレ家と、フィレンツェのメディチ家の板挟みのなかで両市の間を行き来し、馬車馬のように彫像の制作に励む。『ミケランジェロ伝』の作者コンディビは、この時期のミケランジェロの状況を「墓廟の悲劇」とよんでいる。メディチ廟は、新聖器室の祭壇に向かって左にロレンツォ(ウルビーノ公)、右にジュリアーノ(ヌムール公)の彫像および石棺が置かれ、各石棺の上にそれぞれ2体の寓意(ぐうい)像がのる。すなわちロレンツォの石棺には『曙(あけぼの)』と『夕』、ジュリアーノには『昼』と『夜』の、いずれも体長約2メートルの彫像である。また祭壇の向かいには『聖母子』が置かれている。

 ミケランジェロは若いころからピエタ像の制作に執念を抱き、前記サン・ピエトロの『ピエタ』のほかに、フィレンツェ大聖堂の『ピエタ』、ミラノのカステロ・スフォルツェスコの『ロンダニーニのピエタ』を残している。フィレンツェの『ピエタ』は75歳のころの制作であるが、中途放棄され、のち弟子の手によって今日の状態に仕上げられたため、左端のマグダラのマリアは比例を失っている。後方中央のニコデモの顔は、ミケランジェロの自像であるという。『ロンダニーニのピエタ』は、ミケランジェロが死の6日前まで鑿(のみ)を振るっていたことが伝えられる未完の彫像で、磨かれているイエスの両脚と左腰、離れた位置に残されている右腕は当初の案による制作であろう。このピエタの像形は異例のもので、死せるイエスが生けるマリアを背負って立つポーズであり、巨匠晩年の信仰、芸術、哲学の結晶した境地を示すと思われる。

[裾分一弘]

絵画

ミケランジェロは1504年、『ダビデ』像を完成した年、フィレンツェのパラッツォ・ベッキオに『カッシーナの戦い』の大壁画を描く依頼を市から受けた。これは先輩レオナルドの『アンギアリの戦い』とともに、同じ会議室を飾る競作となるはずであったが、諸般の事情で双方とも進捗(しんちょく)しないまま中断し、今日では若干の素描と模写を残すのみである。

 ミケランジェロがシスティナ礼拝堂内にフレスコの大壁画を描くことになったのは、やはり教皇ユリウス2世の委嘱による。フレスコの技法に習熟せず、かつあおむいて天井に描くという難事業で、彼は肉親への手紙で「彫刻家ミケランジェロが壁画を描く」苦衷を訴えている。天井画の天地創造に始まる9場面(幅13メートル強、奥行40メートル強)は、33歳の1508年から約3年、また同じ堂内正面の『最後の審判』(約14.5メートル×13メートル)は約30年後、パウルス3世の依嘱により36年から41年まで5年半の歳月をかけて描かれたものである。巨人のような「怒れるキリスト」が中央に君臨する最終審判図では、諸聖者のほか、救われる魂、罰せられる魂、あわせて400名近くが描かれる。左の天国へ昇る魂と右の地獄へ落ちる魂との、大きく回転する群像の動的構図と動的表現は、ルネサンスの古典様式が解体し、激情的なバロック様式への推移をみせている。

 その他の壁画には、バチカンのパオリーナ礼拝堂の『パウロの改宗』(1545?)と『ペテロの磔刑(たっけい)』(1550)がある。また、1504~06年ごろのテンペラによる円形画『聖家族』(ウフィツィ美術館)は、綿密な構図上の配慮と入念な描法により、とくに注目すべき作品である。

[裾分一弘]

建築

ミケランジェロが建築の仕事に携わるのは、1516年41歳のとき、レオ10世からフィレンツェのサン・ロレンツォ聖堂のファサード装飾を命じられたのが最初である。その後、サン・ロレンツォ内ラウレンティアーナ図書室の内装、階段の設計(1524~26ころ)に携わり、35年には教皇庁の建築、彫刻、絵画総監に任ぜられている。47年、サン・ピエトロ大聖堂の造営主任となって、大円蓋(えんがい)の木製模型を制作し、そのほかローマでは、カンピドリオ広場、ポルタ・ピア、ファルネーゼ宮の設計にも関与している。

[裾分一弘]



岩波 世界人名大辞典
ミケランジェロ
Michelangelo Buonarroti
本名:Michelagniolo di Lodovico di Lionardo di Buonarroto Simoni
1475.3.6~1564.2.18

イタリアの彫刻家,画家,建築家,詩人.

カプレーゼでフィレンツェの古い市民の子として生まれる.13歳でフィレンツェのギルランダイオの工房に入るが1年ほどでやめ,メディチ家のロレンツォ(Lorenzo de' Medici 1449~92)の庇護を受け,サン・マルコ彫刻庭園で古代彫刻の研究に専念.ロレンツォの死後,ボローニャに1年滞在した後,ローマに行き [1496],〈バッコス〉(フィレンツェ)およびフランス人枢機卿の依頼で〈ピエタ, 1498〉(ローマ)を制作して名声を得る.フィレンツェに呼び戻され,共和国のシンボル〈ダビデ, 1501-04〉の巨像を完成,またパラッツォ・ヴェッキオの大評議会ホールにレオナルド・ダ・ヴィンチとの競作で戦争画〈カッシナの戦い〉の制作を委嘱された(未完).その後,教皇ユリウス2世によってローマに招かれ [1505],教皇自身の大墓碑の制作に着手するが,教皇と衝突して中断(この墓碑はその40年後,4回の計画変更を経て別の彫刻家によって完成され,彼自身は〈モーセ〉〈奴隷〉〈勝利〉など数点を作ったのみで終わった).ボローニャで教皇と和解し [同],同地で教皇のブロンズ坐像を完成,ついでローマに戻りシスティナ礼拝堂の大天井画の制作に没頭した [08-12].ユリウス2世の死後メディチ家出身の教皇レオ10世の依頼で,フィレンツェのサン・ロレンツォ聖堂のファサード建造に着手するが,これが中止されると,同聖堂のメディチ家礼拝堂と墓碑の建造を依頼され [24],それに10年を費やした.この間,メディチ家が再び追放され [27],最後の共和政府が復活すると,築城監督として都市の防衛戦に参加.敗れてメディチ教皇クレメンス7世に許され,メディチ家礼拝堂の仕事を継続するが,ヌムール公ジュリアーノとウルビーノ公ロレンツォの墓碑をほぼ完成すると,ローマに亡命 [33].ローマでは,新教皇パウルス3世の依頼で,再びシスティナ礼拝堂に巨大な壁画〈最後の審判, 1534-41〉を制作.北ヨーロッパ宗教改革で動揺するカトリック教会の苦悩を神と人間の壮大な闘争図として描き出した.晩年は主として建築に専念し,サン・ピエトロ大聖堂の建築監督としてその建設作業を推進 [46-64].他にパラッツォ・ファルネーゼ,サン・ジョヴァンニ・デイ・フィオレンティーニ聖堂,カンピドリオ広場の整備などを手がけた.詩人としてもすぐれ,愛や死を主題とした300編余りの詩を残している.

〖作品〗 トンド・ドーニ(聖家族)(フィレンツェ).聖ペトロの磔刑.聖パウロの回心(ローマ)(以上,絵画).ロンダニーニのピエタ(ミラノ)(彫刻).

ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。
ミケランジェロの関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 523
検索コンテンツ
1. ミケランジェロ
日本大百科全書
依頼されることになる。以来ミケランジェロはユリウス2世の遺族であるローマのロベレ家と、フィレンツェのメディチ家の板挟みのなかで両市の間を行き来し、馬車馬のように
2. ミケランジェロ(Michelangelo Buonarroti)
世界大百科事典
献した。父親はカプレーゼCapreseの行政長官で,フィレンツェの小貴族の末裔であった。ミケランジェロは己の血筋に対する誇りを生涯捨てなかったが,その一方では現
3. ミケランジェロ
日本国語大辞典
(Michelangelo Buonarroti ─ブォナローティ)イタリア‐ルネサンスの芸術家。レオナルド=ダ=ビンチと並び称される巨匠。彫刻・絵画・建築など
4. ミケランジェロ(Michelangelo Buonarroti)
世界人名大辞典
 本名:Michelagniolo di Lodovico di Lionardo di Buonarroto Simoni〔1475.3.6~1564.2.1
5. ミケランジェロ
世界文学大事典
→ ブオナッローティ,ミケランジェロ
6. アントニオーニ ミケランジェロ
世界文学大事典
イタリアの映画監督。映画批評家,ドキュメンタリー映画監督を経て,「ある愛の記録」(1950)でデビューした。ネオレアリズモの影響を受けながらも,人物の心理のひだ
7. ブオナッローティ ミケランジェロ
世界文学大事典
幼少時にメーディチ家で教育を受けた。文学作品は『押韻詩集』Rime(1623,没後甥の小ミケランジェロが刊行),ほかに『書簡集』Lettere(1875)がある
8. ミケランジェロ・アントニオーニ[イタリアを代表する映画監督、死去]
イミダス 2018
ミケランジェロ・アントニオーニ。Michelangelo Antonioni。映画監督。 2007年7月30日、「情事」などの作品で世界的に知られるイタリアの
9. カラバッジョ
日本国語大辞典
(Michelangelo Merisi da Caravaggio ミケランジェロ=メリジ=ダ─)イタリアの画家。無頼の生涯を送り、非業の死を遂げた。写実主
10. カラバッジョ
日本大百科全書
イタリアの画家。正式名はミケランジェロ・メリジMichelangelo Merisiで、北イタリアのベルガモ近郊カラバッジョ生まれのため、この通称でよばれる。ミ
11. アカデミー
世界大百科事典
格的なアカデミーの最初の例は,バザーリの構想に基づき,トスカナ大公コジモ・デ・メディチとミケランジェロを総裁として,1563年フィレンツェに設立されたアカデミア
12. アッローリ(Allori, Alessandro)
世界人名大辞典
イタリアの画家.フィレンツェ出身で,同地で活動.ブロンズィーノの弟子で養子.ブロンズィーノとミケランジェロの影響を受けた典型的なマニエリスムの様式で,メディチ家
13. アトル(Atl, Dr.)
世界人名大辞典
ロス美術アカデミーで学んだ後,ヨーロッパに滞在[1899-1904].ローマを拠点とし,ミケランジェロなどルネサンス美術に傾倒する一方,印象派後の前衛的絵画にも
14. アムマナーティ
日本大百科全書
イタリアの建築家、彫刻家。フィレンツェ近郊のセッティニャーノに生まれる。ミケランジェロから強い影響を受けたマニエリズモ期の美術家で、フィレンツェのほかベネチア、
15. アルカデルト(Jacques Arcadelt)
世界大百科事典
フランドル楽派の作曲家。若いころイタリアに行き,フィレンツェでメディチ家と関係をもち,ローマではミケランジェロと親交を結び(1540),その詩に曲をつけてもいる
16. アルテ・ポーベラ
日本大百科全書
Merz(1925―2003)、ルチアーノ・ファブロLuciano Fabro(1936―2007)、ミケランジェロ・ピストレットMichelangelo Pi
17. アレクサンデル[6世](Alexander Ⅵ)
世界大百科事典
年,対ムーア人十字軍(1499-1500),サンタンジェロ城再建がある。またラファエロ,ミケランジェロらの庇護者としても知られる。今野 國雄 Alexander
18. アレクサンデル6世(Alexander VI)
世界人名大辞典
処刑した[98]が,異教徒に対する伝道に努め,他方芸術や学問を愛好して,ブラマンテ,ラファエッロ,ミケランジェロ等を庇護した.
19. アレゴリー
世界大百科事典
潔〉をたたえるなど,肖像画の中にモデルの理想とする徳性を寓意化することも少なくなかった。ミケランジェロによるメディチ家の2君主の墓廟の構想には,下部から上部にか
20. アレッシ(Alessi, Galeazzo)
世界人名大辞典
〔1512~72.12.30〕 イタリアの建築家.ペルージャに生まれ,同地で没.ミケランジェロに影響を受け,ジェノヴァ,ミラノに実作を残した.〖主作品〗 サンタ
21. アレティーノ(Pietro Aretino)
世界大百科事典
て文名を高めるとベネチアに定住。ここから代々のローマ教皇,フランソア1世,カール5世からミケランジェロに至る世界一流名士に手紙を送って,聖ピエトロ騎士という名誉
22. アレティーノ ピエートロ
世界文学大事典
(兼スペイン国王カルロス1世),ローマ教皇ユリウス3世からイギリス国王ヘンリー8世まで,ミケランジェロからグィドバルド・ドゥルビーノまで,同時代の名士で彼のわな
23. アンコール踏査行 5ページ
東洋文庫
その感動した数ページにはげしい熱狂をほとばしらせ、「かかる傑作を想到完成したる天才は東洋のミケランジェロなり」と述べている。 *ケリ9三師は噂だけでしか知らなか
24. アントニオーニ
日本大百科全書
[ビム・ベンダースとの共同監督] Al di là delle nuvole(1995)ミケランジェロのまさざし Lo sguardo di Michelang
25. アンドレア・デル・サルト(Andrea del Sarto)
世界大百科事典
ピエロ・ディ・コジモ,フランチャビジョFranciabigioに学ぶ。レオナルド・ダ・ビンチ,ミケランジェロ,ラファエロの美点を総合し,バザーリによって〈欠点な
26. 医学
世界大百科事典
このような状態のなかで,リアリズムを進めようとする芸術家たちも,人体解剖に関心をもった。ミケランジェロ,レオナルド・ダ・ビンチ,ラファエロらがそうである。このよ
27. 医学史
日本大百科全書
ボローニャのモンディノが解剖学書を著し、これが各地の医学教育の代表的な教科書となった。15世紀末になると、ミケランジェロ、レオナルド・ダ・ビンチらの芸術家たちも
28. イスキア[島]
世界大百科事典
15~16世紀に島に君臨したアバロス家の出身で,フェランテ侯と結婚したビットリア・コロンナは,のちにミケランジェロの魂をとらえたほどの才色兼備の女流詩人であった
29. 磯崎新
日本大百科全書
ポスト・モダニズムの流れとも共振しつつ、歴史的な建築の引用を試みる。つくばセンタービル(1983)では、ミケランジェロやルドゥーの作品など、西洋建築の断片を折衷
30. イタリア画像
日本大百科全書
諸国よりもはるかに強いといわねばならない。たとえば、イタリア・ルネサンス美術の巨匠であるミケランジェロ、ラファエッロなどは、教皇庁の要請を受けて数多くの傑作を残
31. イタリア映画
日本大百科全書
さを愛惜するレクイエムを奏でていく。変貌・多様化を代表する作家はフェデリコ・フェリーニ、ミケランジェロ・アントニオーニ、ピエル・パオロ・パゾリーニの3人である。
32. イタリア映画
世界大百科事典
促進する目的で作られた映画実験センターからは,ロベルト・ロッセリーニ,ルチアーノ・エンメル,ミケランジェロ・アントニオーニ,ルイジ・ザンパ,ピエトロ・ジェルミ,
33. イタリア音楽史 78ページ
文庫クセジュ
ニャ・スル・ジョルダーノErminia sul Giordano》(一六三三)を作曲したミケランジェロ・ロッシ(一六〇〇 ― 七四)、それに一六四七年にパリでそ
34. イタリア音楽史 93ページ
文庫クセジュ
開いたかに見えたのだが、彼の直接のイタリアでの後継者はかなり貧弱なものに終わった。  ただミケランジェロ・ロッシ(一六〇〇 ― 七四)だけが、一八世紀を予告する
35. イタリア音楽史 97ページ
文庫クセジュ
ヴェネツィアのサン・ジョルジョ・マッジョーレなど多くを建て、ローマのサン・ピエートロ寺院ではミケランジェロのあとを継いだ。また古代ローマ遺蹟やヴィトルヴィウスを
36. イタリア音楽史 178ページ
文庫クセジュ
Cavalieri, Emilio del 67, 79 1550―1602.ローマの貴族,作曲家.父はミケランジェロの友人でローマ最初の印刷所を経営.フィレン
37. イタリア音楽史 263ページ
文庫クセジュ
ロッシ,ミケランジェロ Rossi, Michelangelo 72, 82 1600?―74? ヴァイオリン,オルガン奏者,作曲家.フレスコバルディの弟子.オ
38. イタリア語
日本大百科全書
グイッチャルディーニ、ロレンツォ・デ・メディチ(イル・マニフィコ)、芸術のラファエッロ、ミケランジェロ、科学のガリレイ、トリチェリなどの名をみれば、このことが知
39. イタリア史画像
日本大百科全書
ブルネレスキなど遠近法や古典様式の研究に基づく彫刻、絵画、さらにラファエッロ、レオナルド・ダ・ビンチ、ミケランジェロの理想主義的美術などは、広くヨーロッパ諸国に
40. イタリア美術画像
日本大百科全書
まず新サン・ピエトロ大聖堂の設計に着手した。彼の設計は後継者たちによって変更され、しかも工事は進まず晩年のミケランジェロが登場して大いに促進するが、完成には至ら
41. イタリア美術
世界大百科事典
ラファエロは,教皇ユリウス2世の古代ローマ再建の壮大な意志を表現する大構図作者であったが表面的に過ぎ,ミケランジェロは初期には古代彫刻を超える肉体の官能性を表現
42. イタリア文学
世界文学大事典
ルッツァンテ,また抒情詩の分野では,ジョヴァンニ・デッラ・カーサ,万能の芸術家でもあったミケランジェロ・ブオナッローティ,女性詩人ガスパラ・スタンパなどがいる。
43. イタリアーナ百科事典
日本大百科全書
でに7巻ある。国内外の大家に執筆させ、自由に評論させたので、文化史上では高く評価される。ミケランジェロやダ・ビンチなどの項目解説はそのまま単行本としても出版され
44. ウィトコウアー(Wittkower, Rudolf)
世界人名大辞典
後はワシントン国立美術館[69-71]とケンブリッジ大学[70-71]で特別講義を行う.ミケランジェロ研究を出発点として,その学識は広くヨーロッパ近世の美術の諸
45. ウィンザー城
日本大百科全書
王室墓廟(ぼびょう)としてウェストミンスター寺院に次いで重要。付属王立図書館はレオナルド・ダ・ビンチ、ミケランジェロなどの素描コレクションで名高い。篠塚二三男
46. ウォルフ(Hugo Philipp Jakob Wolf)
日本大百科全書
より世に広まっていったが、その病(梅毒)はしだいに重くなり、オペラ『お代官様』や歌曲集『ミケランジェロの三つの詩』を作曲したのち、ウィーンの精神科病院で1903
47. 歌麿 114ページ
東洋文庫
化粧した瞼の下の目を堅く閉じ、顔には「小さな死」の表情を浮かべた女の忘我。さらに陰茎を描く力強い線描は、ミケランジェロ作とされるルーヴル美術館の素描に匹敵する力
48. 映画
日本大百科全書
問題にする作家が現れ、フェデリコ・フェリーニの『道』(1954)、『甘い生活』(1960)、ミケランジェロ・アントニオーニの『情事』(1960)、『太陽はひとり
49. 映画監督
日本大百科全書
映画監督を映画作品の「作家」とみなす作家主義がフランスで興り一世を風靡(ふうび)したこと、ミケランジェロ・アントニオーニやフェデリコ・フェリーニ、イングマール・
50. エジプトの神々 169ページ
文庫クセジュ
フランス絵画史専攻 主要著書 「世界美術」近代一~四 「マネとモネ」他 主要訳書 「文学者と美術批評」 「ミケランジェロ」 「古代エジプト」
「ミケランジェロ」の情報だけではなく、「ミケランジェロ」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

ミケランジェロと同じ世界史上の人物カテゴリの記事
ナポレオン [改訳](文庫クセジュ ベストセレクション)
ナポレオン[改訳] 文庫クセジュ79 アンリ・カルヴェ著/井上 幸治訳 歴史・地理・民族(俗)学 第一章 ナポレオンの出身、青年時代 ボナパルト家 いま知られるところで、ナポレオンのもっとも古い祖先は、十五世紀末にあらわれたフランソワ・ボナパルトである。
范寛(世界人名大辞典・世界大百科事典)
名:中正 字:中立(仲立)中国北宋の画家.華原(現,陝西銅川)の人.性格が温厚で度量が大きかったことから「寛」とあだ名されるようになったという.在野の山水画家で,天聖年間 [1023-32]には,なお在世していたとされる
イブン・スィーナー(世界人名大辞典・世界大百科事典)
イスラーム哲学者,医学者.ブハラ(現ウズベキスタン)でサーマーン朝のペルシア人官吏の子として生まれ,イスラーム,ギリシア,インドの諸学,特に哲学,医学,数学,天文学などを極めた.サーマーン朝の王子を治療して宮廷に出入りし
ウィリアム1世(世界人名大辞典・世界大百科事典)
1027(28)~87.9.9イングランド王 [1066/87].ノルマンディー公ロベール1世(悪魔公)(Robert I le Diable †1035)の庶子.父が没するとノルマンディー公ギヨーム2世(Guillaume II)となり [1035-87],ハロルド2世がイングランド王に即位する [66]と,先王エドワード(証聖王)による
朱熹(世界人名大辞典・世界文学大事典)
1130.10.18[建炎4.9.15]~1200.4.23[慶元6.3.9]中国南宋の思想家,儒者.一般に朱子と呼ばれる.本籍は徽州の婺源(ぶげん)だが,福建尤渓(ゆうけい)(現,福建三明)で生まれた.科挙に合格,地方官として各地をまわるが,地元の福建で教育と学問に携わる期間が長かった
世界史上の人物と同じカテゴリの記事をもっと見る


「ミケランジェロ」は人物に関連のある記事です。
その他の人物に関連する記事
コルテス(世界大百科事典・日本大百科全書・世界人名大辞典)
スペインのコンキスタドール。イダルゴ(下級貴族)の子としてスペインのエストレマドゥラ地方に生まれ,一時サラマンカ大学に学ぶ。1504年イスパニオラ島へ渡り,11年ディエゴ・ベラスケスとともにキューバ島征服に参加。18年,キューバ総督ベラスケスより
ラファエロ(世界大百科事典・日本大百科全書)
イタリア・ルネサンス期の画家,建築家。英語ではラファエルRaphael。ウルビノに生まれ,ローマで没。古典主義絵画の大成者であり,その後西欧絵画の歴史のうえで,最高の範例と仰がれた。父ジョバンニも画家で,少年時代に最初父から絵画の手ほどきを受けた
ルター(世界大百科事典・日本大百科全書・世界文学大事典)
ドイツの宗教改革者。農民の出で鉱夫であったハンス・ルターHans Lutherの子として中部ドイツのアイスレーベンに生まれる。のちマンスフェルトに移住し,事業に成功を収めた父の期待を受けて,同地,さらにマクデブルク,アイゼナハの学校を経て
マゼラン(世界大百科事典・日本大百科全書)
最初の世界周航者。マゼランMagellanは英語名で,ポルトガル語ではマガリャンイス。ポルトガルのオポルト付近に生まれたが,その出自などについては不明な点が多い。1505年F.アルメイダの艦隊に参加してインドに向かい,09年にはD.L.セケイラの艦隊
ミケランジェロ(世界大百科事典・日本大百科全書・世界人名大辞典)
イタリアの彫刻家,画家,建築家,詩人。青年時代には彫刻,絵画における盛期ルネサンス様式の完成者として,壮・晩年期には彫刻,絵画,建築におけるマニエリスム様式の形成者として,また生涯を通じて,新プラトン主義の影響を強く受けた宗教上の思索者,詩人として
人物に関連する記事をもっと見る


ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る