ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 文化
  6. >
  7. 伝統芸能
  8. >
  9. 祭事・行事
  10. >
  11. 七五三

ジャパンナレッジで閲覧できる『七五三』の辞書・事典・叢書別サンプルページ

国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典・日本国語大辞典

国史大辞典
七五三
しちごさん
小児の年祝い。江戸時代以来、男児は三歳と五歳、女児は三歳と七歳とを主とし、十一月十五日に晴着をまとって所の氏神社に詣り、無事成育を祈願した習俗。そのため七五三の名ができた。十一月は古来の祭り月、十五日は重い式日である。元来男女とも三歳で髪置、男五歳は袴着、女七歳は帯解といって、それぞれ吉日を選んで祝ったことは、公家衆の日記など中世の文献にもしばしばみえた。髪置は生後たびたび頭髪を剃ったが、この時以来蓄髪した。袴着ははじめて袴を穿ち、上下を着初めた。また帯解ではそれまで衣服に付紐を用いたが、ここに至って紐を放って縫い帯を着用した。いずれにもしかるべき仮親を頼んで祝儀の作法に従い、年祝いとした。年廻りは数え年で、みな奇数つまり陽の数を重んじて祝意をこめた。もっとも七五三歳とそろえて同時に祝ったのは、主に江戸方の新儀に出て、従来の別個に取り行なった場合に比べるとすこぶる華美の風俗をなしたようである。社参ののち祝宴も催された。上方ではむしろ長く十三歳の子女が虚空蔵菩薩の寺へ詣って、智慧福徳を授かる習俗が一般に聞こえていて、髪置・袴着・帯解を合わせた行事よりも盛んであった。十三詣も小児生長期の年祝いであった。もっとも近年は七五三の祝儀が全国的に広がって流俗となっている。もとより地方にはそれぞれに古来慣行の小児年祝いがあったことはいうまでもない。
[参考文献]
大藤ゆき『児やらい』(『民俗民芸双書』二六)、柳田国男「社会と子ども」(『定本柳田国男集』一五所収)
(平山 敏治郎)


日本大百科全書(ニッポニカ)
七五三
しちごさん

11月15日に行われる、子供の成長を祝う習俗。七五三と称することは近世に始まったことで、3歳の男女児の「髪置(かみおき)」、5歳の男児の「袴着(はかまぎ)」、7歳の女児の「紐落(ひもおとし)」を行った。髪置というのは、生児の髪は剃(そ)っているが、この日から髪を剃らずに残すことにすること。紐落は「帯解(おびとき)」ともいい、それまで付け紐で着ていた着物を帯で締めるようにすること。これらの祝儀は公家(くげ)や武家の間に主として行われたが、近世になると江戸の町民の間にも行われ、氏神をはじめ赤坂山王社、神田(かんだ)明神などに参詣(さんけい)するようになった。しかし七五三の名でこの祝いが盛んになったのは明治時代の東京においてで、今日みるように子供に晴れ着を着せ、千歳飴(ちとせあめ)など買って帰ることが行われるようになった。

 七五三の祝いは現在では全国に広くみられるようになったが、農村地帯にあってはとくに七五三とはいわず、子供の年齢や男女の別など土地によって相違があり、またその期日も11月15日とは決まってはいない。神奈川県などでは現在のように七五三を祝うようになったのは第二次世界大戦後からだという土地が多い。また以前は11月15日に3歳と7歳を祝うのが一般で、嫁の実家や親戚(しんせき)から祝い物が届けられた。三浦半島をはじめ7歳だけを祝う所もあり、それも女子だけで、男子は15歳の祝いをするだけという。また3歳・5歳の祝いは家で簡単にするという例もある。3歳の祝いを4歳としている所が西日本などには多い。これは旧暦の3歳が新暦にかわったためかと思われる。また5歳は普通男子の祝いとしているが、富山県などには5歳の女子もこのとき宮参りするという例もある。また福岡県田川郡では男女9歳の祝いを「下(した)ひも祝い」といって11月15日にするという。

 七五三の祝いをなぜ11月15日にするかといえば、この日が旧暦の二十八宿中の鬼宿(きしゅく)といわれる最吉日であるからといい、また俗説では徳川綱吉(つなよし)の子息徳松がこの日に祝いをしたからともいう。しかし本来11月は農作業が終わって霜月祭を行うときにあたり、15日は多くの祝祭日のある満月の日であったから、この日が子供の成長を氏神に祈願する日として選ばれたのであろう。

[大藤時彦]



改訂新版 世界大百科事典
七五三
しちごさん

3歳,5歳,7歳の子どもの成長を祝って11月15日に氏神まいりをすること。子どもの成長を承認し祝う通過儀礼の一つであるが,七五三と称して現在のように華美を競うようになったのは,多分に都会の商業政策によるもので新しいものである。けれどもその基礎となる伝承的な習俗は古くから各地で行われていた。地方によって必ずしも七五三とはかぎらず,3歳と7歳,または7歳だけを祝うというところもある。3歳の祝いにはヒモオトシとかオビムスビ,カミオキ(髪置)祝などがある。このとき,女児がつけ紐をとってはじめて帯を結び,三つ身の着ものを着て宮まいりをする所もある。富山県では丸ぐけの帯をつけるので三つのコロオビという。髪置祝は武家の風習の影響とみられるが,3歳の男女児ともに頭髪のおかっぱを結髪に改めた。現在では髪置祝は東北から九州にわたって言葉として残っているにすぎない。男児5歳の袴着(はかまぎ)の祝いは,武家の風を受けつぐもので,明治時代には士族や上流家庭では,5歳の男児にはじめて袴をつけて碁盤の上に立たせて祝宴を行った。北陸,中部地方などでは,袴祝とか袴つけ,裃着(かみしもぎ)などといい,男児だけの祝いをする例が多いが,5歳の女児がヒモオトシ,オビツケの祝いを行う地方もある。7歳の祝いは男女ともに幼年期の最後の祝いとして,ハレギを着せて宮まいりをするが,女児はこのときにはじめて帯を結び,オビトキ,ヒモオトシをする所もある。これは人生の重要な段階の一つを帯であらわしたもので,帯の重要性を示している。7歳は男女ともに幼児期から少年少女期への折り目として重要な年齢とされている。〈七つまでは神の子〉といって,7歳までに死んだ子には本葬は営まなかった。7歳の宮まいりによって改めて氏子入りをすることになり,神からも社会からも一人前の社会的人格として承認されたのである。これ以後は子供組などの社会的な組織に加わることができた。11月15日が選ばれたのは,それが霜月の祭りの日に当たり,家々の生業に関係深い神々を祭る日であったからである。七五三は幼児が成長していく段階ごとに,その加護を氏神に祈り,また社会からも祝福と承認を受ける日でもあった。
[大藤 ゆき]

[索引語]
ヒモオトシ 帯結び 髪置祝 袴着 袴祝 袴付(着) 裃着 オビツケ オビトキ


日本国語大辞典
しち‐ご‐さん 【七五三

解説・用例

〔名〕

(1)祝儀の物事に用いる数。一・三・五・七・九の奇数をめでたい「陽」の数とし、その中の三つを取ったもの。

(2)「しちごさん(七五三)の膳」の略。

*御湯殿上日記‐慶長八年〔1603〕三月九日「御のふ十一はんあり。たゆふしふたゆふまいる。こん五こん、七五三のく御まいる」

*日葡辞書〔1603~04〕「Xichigosan (シチゴサン)〈訳〉七つあるいは三つの膳をととのえ、一つには七つ、一つには五つ、一つには三つの料理を出してある、豪華な宴」

*甲陽軍鑑〔17C初〕品三四「秋山伯耆、岐阜にをひて、信長公馳走被〓成、七五三の御振舞、初日には七度御盃出て」

*雑俳・楊梅〔1702〕「どきどきと、何から喰ふぞ七五三

*随筆・折たく柴の記〔1716頃〕中「また近例は彼使の来り過る所々にて、朝夕の膳七五三、昼の膳は五々三を供ず」

(3)「しちごさん(七五三)の祝い」の略。《季・冬》

*雑俳・川柳評万句合‐安永四〔1775〕〓二「七五三とはめづらしひ十五日」

*歌舞伎・八重霞曾我組糸〔1823〕大詰「練りの帽子をかむり、右の手に七五三の鈴、左にお福の面を携へたる鈿女命のこしらへ」

*黴〔1911〕〈徳田秋声〉六一「それよりか、もう直坊のお祝ひが来るんですからね、七五三の」

(4)和服で、後幅七寸、前幅五寸、衽(おくみ)幅三寸に仕立てたもの。

*洒落本・客衆肝照子〔1786〕地まわり「広袖布子出仕立七五三

*たけくらべ〔1895~96〕〈樋口一葉〉八「一風呂浴びて日の暮れゆけば突かけ下駄に七五三の着物」

*東京風俗志〔1899~1902〕〈平出鏗二郎〉中・七・服装「また下流の衣服に七五三(ひちごさん)と称ふるものあり」

(5)江戸時代の裾模様。年齢に応じて裾から七寸、五寸、三寸の模様で、宝暦年間(一七五一~六四)に流行。

(6)「しめなわ(注連縄)」の異称。

*俳諧・鷹筑波集〔1638〕三「ぜん棚のかざりの縄や七五三〈好琢〉」

(7)婚礼の三日目・五日目・七日目に行なう祝い。

*浄瑠璃・傾城反魂香〔1708頃〕三熊野「男はけふの七五三、よめりごとせしたはふれも」

方言

(1)男のするしりからげ。しちごさん新潟県西蒲原郡371

(2)(一枝に七つ五つと集まって果実が生ずるところから)

植物、てんじくまもり(天竺守)。しちごさん和歌山県日高郡692

語源説

洛書図の横中数から。衆妙を具したこの図を陰陽家が重んじたところから、儀式などに多くこの数を用いた〔俚言集覧〕。

発音

シチ〓サン

〓[コ゜] [0]〓(ゴ)

辞書

日葡・言海

正式名称と詳細

表記

七五三言海


ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。
七五三の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 2058
検索コンテンツ
1. 七五三画像
日本大百科全書
った。しかし七五三の名でこの祝いが盛んになったのは明治時代の東京においてで、今日みるように子供に晴れ着を着せ、千歳飴(ちとせあめ)など買って帰ることが行われるよ
2. 七五三
世界大百科事典
を祝って11月15日に氏神まいりをすること。子どもの成長を承認し祝う通過儀礼の一つであるが,七五三と称して現在のように華美を競うようになったのは,多分に都会の商
3. しち‐ご‐さん【七五三】
日本国語大辞典
取ったもの。(2)「しちごさん(七五三)の膳」の略。*御湯殿上日記‐慶長八年〔1603〕三月九日「御のふ十一はんあり。たゆふしふたゆふまいる。こん五こん、七五三
4. しちごさん【七五三】[頭見出し]
故事俗信ことわざ大辞典
七五三(しちごさん)五分回(ごぶまわ)し・七五三(しちごさん)の御馳走(ごちそう)もお茶(ちゃ)一杯(いっぱい)・七五三(しちごさん)の料理(りょうり)も大根(
5. しちごさん【七五三】
国史大辞典
女児は三歳と七歳とを主とし、十一月十五日に晴着をまとって所の氏神社に詣り、無事成育を祈願した習俗。そのため七五三の名ができた。十一月は古来の祭り月、十五日は重い
6. 七五三[新語流行語]
イミダス 2018
バブル崩壊にともなう不況で、業績回復までに不動産部門7年、銀行5年、証券会社が3年かかるという説。
7. 七五三(しちごさん) 【12か月のきまりごと歳時記】
生活便利帳
11月の収穫祭と、子どもの成長と加護を祈った関東地方の風習が結びついて広まったと考えられている。ちなみに、七五三に食べる千歳飴(ちとせあめ)は、江戸時代に浅草の
8. 七五三[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
女児の参詣さんけいのようす。後方につき従う少年の手には千歳飴ちとせあめがみえる。七五三の名でこの祝いが盛んになったのは明治時代の東京においてであり、全国的に広ま
9. 【七五三】しちごさん
新選漢和辞典Web版
【一】しちごさん 《国》 ①祝いごとに使うめでたい数。 ②七五三の祝いの略で、男子は三歳と五歳、女子は三歳と七歳の十一月十五日に行う。 【二】しめ《国》しめな
10. 七五三(著作ID:2847338)
新日本古典籍データベース
しちごさん 松岡辰方(まつおかときかた) 有職故実 
11. しちごさん【七五三】[方言]
日本方言大辞典
(1)男のするしりからげ。 新潟県西蒲原郡371さとことば(幸田文時)1925(2)(一枝に七つ五つと集まって果実が生ずるところから)植物てんじくまもり(天竺守
12. しちごさん【七五三】[標準語索引]
日本方言大辞典
十一月十五日にしちごさん:七五三の子のために親類を招くことかみよけしちごさん:七五三の祝いひぼおとし / ひぼはなし / ひもおとし / ひもとき / ひもとし
13. Shichigosan 【七五三】
Encyclopedia of Japan
The custom, observed on 15 November, of taking five-year-old boys and seven- or
14. しちごさん‐ごごさん【七五三五五三】
日本国語大辞典
〔名〕(「七五三」と「五五三」の意で、どちらも献立の方式)七五三の献立と五五三の献立。*浄瑠璃・心中宵庚申〔1722〕上「ずいぶん軽いが二汁五菜、けっかうにはだ
15. 七五三(しちごさん)五分回(ごぶまわ)し
故事俗信ことわざ大辞典
七五三仕立ての和服の後幅、前幅、衽(おくみ)幅のそれぞれを五分増しにとった仕立て。「七五三」は、和服で、後幅七寸、前幅五寸、衽幅三寸に仕立てたもの。着ると粋に見
16. しちごさん の 祝(いわ)い
日本国語大辞典
日に行なう、子どもの成長を祝う祝儀。着飾って氏神などに参拝する。七五三。《季・冬》*高瀬舟〔1916〕〈森鴎外〉「子供の七五三の祝だと云っては、里方から子供に衣
17. しちごさん の 献立(こんだて)
日本国語大辞典
「しちごさん(七五三)の膳」に同じ。*浄瑠璃・絵本太功記〔1799〕一日「ハアア御料理は板元奉行中井半左衛門。七五三の献立(コンダテ)。ナニ七五三
18. 七五三(しちごさん)の御馳走(ごちそう)もお茶(ちゃ)一杯(いっぱい)
故事俗信ことわざ大辞典
どんなにりっぱな御馳走もまずいお茶一杯でだめになってしまう。お茶の吟味を忘れてはならない。「七五三」は、祝儀の馳走で、本膳に七菜、二の膳に五菜、三の膳に三菜を出
19. しちごさん の 膳(ぜん)
日本国語大辞典
七五三の数にちなんで、本膳に七菜、二の膳に五菜、三の膳に三菜を出す祝儀の馳走。また、七つ、五つ、三つの膳部を馳走すること。七五三の献立。七五三の料理。七五三。*
20. 七五三膳(しちごさんのぜん)
古事類苑
飮食部 洋巻 第1巻 95ページ
21. 七五三の装い 【12か月のきまりごと歳時記】
生活便利帳
七五三のお祝いは、3歳の男女の子どもが髪を伸ばしはじめる髪置(かみおき)、5歳の男児が初めて袴(はかま)をつける袴着(はかまぎ)、7歳の女児が大人の帯を着けはじ
22. しちごさん の 料理(りょうり)
日本国語大辞典
「しちごさん(七五三)の膳」に同じ。*談義本・成仙玉一口玄談〔1785〕二・釈迦如来説大身之談「百味の飲食(おんじき)は七五三の料理(リャウリ)の様なことではな
23. 七五三(しちごさん)の料理(りょうり)も大根(だいこん)が出(で)ねば調(ととの)わず
故事俗信ことわざ大辞典
七五三の膳のようなりっぱな料理でも大根がなくてはまとまったものとならない。大根は欠かすことのできない材料だ。また、大勢の人が集まっても肝腎の人が一人いないと形を
24. しめ‐いわい[‥いはひ]【七五三祝】
日本国語大辞典
〔名〕一一月一五日に行なう七五三(しちごさん)の祝い。《季・冬》〓[イ]<1>
25. しめ-ちょうさい【七五三長斎】
日本人名大辞典
68歳。名は公済。字(あざな)は廷美。通称は作右(左)衛門。別号に柿壺,柿耶丸,放雀園など。屋号は七五三屋,倉敷屋。
26. しめ‐なわ[‥なは]【注連縄・標縄・七五三縄】画像
日本国語大辞典
七、五、三とわらをさぐる物也」*書言字考節用集〔1717〕三「注連 シメナハ 又云木綿四手 七五三 同」*浄瑠璃・蘆屋道満大内鑑〔1734〕一「母は清めのから手
27. しめばむら【七五三場村】茨城県:結城市
日本歴史地名大系
[現]結城市七五三場 北南茂呂村の南方に突出した舌状台地上に発展した村。西には日光東街道が南北に走っている。東部の台地東側のヤト田に面する神立遺跡は縄文前期と古
28. 七五三満[文献目録]
日本人物文献目録
【書誌】:0件 【図書】:1件 【逐次刊行物】:0件 『歌集うたかた』七五三満(著), 七五三百々(編)
29. 七五三絵図(著作ID:4409750)
新日本古典籍データベース
しちごさんえず 料理 
30. 七五三口伝秘書(著作ID:455301)
新日本古典籍データベース
しちごさんくでんひしょ 有職故実 
31. 七五三祝儀神事飾付絵巻(著作ID:1555959)
新日本古典籍データベース
しちごさんしゅうぎしんじかざりつけえまき 礼法 
32. 七五三膳組婚礼式(著作ID:218064)
新日本古典籍データベース
しちごさんぜんぐみこんれいしき 料理 
33. 七五三翫宝曾我(著作ID:1213941)
新日本古典籍データベース
しめかざりおたからそが 桜田治助三世(さくらだじすけ3せい) 脚本 天保一一初演
34. 七五三升摂喝采(著作ID:1214057)
新日本古典籍データベース
しめましょしめましょひいきのかけごえ 瀬川如皐二世(せがわじょこう2せい) 浄瑠璃/常磐津・大薩摩 長唄 文政三初演
35. 【七五三縄(繩)】しめ なわ(なは)
新選漢和辞典Web版
《国》神前などに張りわたすなわ。七五三(しめ)。注連(しめ)。
36. 阿部七五三吉[文献目録]
日本人物文献目録
【書誌】:0件 【図書】:0件 【逐次刊行物】:2件 『阿部七五三吉追悼』上甲二郎『阿部七五三吉追悼』三苫正雄
37. しげやま・しめ【茂山七五三】[現代人名-狂言方]
能・狂言事典
大蔵流 京都市 1947 1991 四世茂山千作の次男。父及び祖父の三世茂山千作に師事。前名真吾。子に宗彦(もとひこ)・逸平(一九七九年生) 番外曲《寝替》(一
38. ながわ‐しめすけ【奈河七五三助】
日本国語大辞典
歌舞伎脚本作者。初世。大坂の人。号は洗口。明和(一七六四~七二)の頃、奈河亀輔の門にはいり活躍。一時江戸に下り、桜田治助らと合作。のち帰坂。作品に「隅田川続俤(
39. ながわしめすけ【奈河七五三助】
国史大辞典
文化十一年(一八一四)十月二十日没。六十一歳。大坂今宮海泉寺(大阪市浪速区恵美須西一丁目)に葬らる。なお、奈河七五三助は明治時代初期まで四代を数える。その四代目
40. ながわ-しめすけ【奈河七五三助(初代)】
日本人名大辞典
1754−1814 江戸時代中期-後期の歌舞伎作者。宝暦4年生まれ。大坂道頓堀の茶屋福新の子。初代奈河亀輔(かめすけ)の門にはいり,天明元年大坂中の芝居で立作者
41. ながわしめすけ【奈河七五三助】
歌舞伎事典
題材を仰いだが、独自の構成を立てることは少なく、院本・古狂言の手直しが多かったため、洗濯物の七五三助と仇名された。《隅田川続俤》《義臣伝読切講釈》(植木屋)《い
42. ながわ-しめすけ【奈河七五三助(2代)】
日本人名大辞典
江戸時代後期の歌舞伎作者。初代奈河七五三助の門弟。文化のはじめごろから大坂浜芝居などの立作者(たてさくしゃ)として活躍し,文化13年(1816)京都北側の芝居で
43. ながわ-しめすけ【奈河七五三助(3代)】
日本人名大辞典
?−? 江戸時代後期の歌舞伎作者。2代奈河七五三助の門人。大坂の宮地芝居をへて文政のはじめごろ浜芝居に転じて,5年ごろに立作者(たてさくしゃ)となった。天保(て
44. 臼の七五三(著作ID:4384995)
新日本古典籍データベース
うすのしちごさん 草丸(くさまる) 編 俳諧 天保二松保序
45. 木具寸法七五三ノ本膳(著作ID:4372644)
新日本古典籍データベース
きぐすんぽうしちごさんのほんぜん 有職故実 
46. 合盃并七五三服紗膳書次第(著作ID:329679)
新日本古典籍データベース
ごうはいならびにしちごさんふくさぜんがきのしだい 武家故実 
47. 五五三・七五三之次第(著作ID:1960016)
新日本古典籍データベース
ごごさんしちごさんのしだい 生間生封(いくませいほう) 有職故実 
48. 御祝言方/七五三献立/同寸法(著作ID:4376162)
新日本古典籍データベース
ごしゅうげんほう/しちごさんこんだて/おなじくすんぽう 武家故実 
49. 式三献七五三膳部記(著作ID:213898)
新日本古典籍データベース
しきさんこんしちごさんぜんぶのき 大草公以(おおくさきんもち) 武家故実 
50. 四条家昏礼床荘饗膳并七五三式三献之記(著作ID:1564983)
新日本古典籍データベース
しじょうけこんれいとこかざりきょうぜんならびにしちごさんしきさんこんのき 有職故実 
「七五三」の情報だけではなく、「七五三」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

七五三と同じ祭事・行事カテゴリの記事
田楽(国史大辞典・新版 能 狂言事典・改訂新版 世界大百科事典)
広義には稲作に関する芸能の総称として用いるが、狭義には田楽躍(おどり)を本芸とする職業芸能者が演じる芸能をいう。また田植の囃しや田楽躍に用いる太鼓を称する場合もある。広義の田楽は、(1)田植を囃す楽、(2)職業芸能者である田楽法師による芸能
民俗芸能(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
地域社会の中で、住民の信仰や風俗・習慣と結び付きながら伝承してきた郷土色ゆたかな芸能。郷土芸能・民間芸能などともいう。祭や宴遊・講などを主な伝承の場とし、特に農耕の祭に呪術的機能を買われて演じられ、また芸能をもって成人教育とするなど
大日堂舞楽(改訂新版 世界大百科事典・日本大百科全書)
民俗芸能。秋田県鹿角市八幡平字小豆沢(あずきざわ)の大日堂(大日孁貴(おおひるめむち)神社)で,1月2日に行われる祭事芸能。小豆沢,大里,谷内,長嶺の4集落の能衆によって舞われる。能衆は世襲で,それぞれの集落に所伝の舞がある
壬生の花田植/佐陀神能(イミダス)
「壬生(みぶ)の花田植(はなたうえ、はなだうえ)」は広島県北広島町に伝わる稲作儀礼で、一説に鎌倉時代の発祥とも言われる。華やかに飾り立てた牛に代掻(しろか)きをさせた田で、紺の単衣(ひとえ)に菅笠(すげがさ)姿の早乙女たちが太鼓や笛、鉦(かね)などに合わせて
精霊流し(国史大辞典・日本大百科全書)
盆行事の最終段階で、精霊を送り出す儀礼。先祖の霊は、七月十三日の精霊迎えを経て、十五日または十六日夕方まで各家に滞在したのち、精霊流しによって、再びあの世へ送り返されると信じられていた。祖霊をはじめ、死者の霊は山の彼方の世界に行っているが
祭事・行事と同じカテゴリの記事をもっと見る


「七五三」は祭・祭事・イベントに関連のある記事です。
その他の祭・祭事・イベントに関連する記事
七五三(国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典・日本国語大辞典)
小児の年祝い。江戸時代以来、男児は三歳と五歳、女児は三歳と七歳とを主とし、十一月十五日に晴着をまとって所の氏神社に詣り、無事成育を祈願した習俗。そのため七五三の名ができた。十一月は古来の祭り月、十五日は重い式日である。元来男女とも三歳で髪置、男五歳は
酉の市(世界大百科事典・日本大百科全書・国史大辞典)
11月酉の日の鷲(おおとり)(大鳥)神社の祭礼に立つ市。この祭りを〈酉のまち〉〈おとりさま〉などともいう。露店で縁起物の熊手などが売り出されることで有名。鷲神社は武運長久の神として武士にも信じられたが,庶民の間では商売繁昌・開運の神として信仰されて
物忌(国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
(一)「物忌」と書いた札を用いる謹慎行為。平安・鎌倉時代の諸記録や物語類で単に物忌とある場合の大部分は、怪異(物怪)・悪夢の際に陰陽師の六壬式占で占申される物忌期をいう。たとえば占文の「期怪日以後三十日内、及来八月節中、丙丁日也」は
天津司舞(日本大百科全書)
山梨県甲府市小瀬町に伝わる人形芸。2メートルほどの竹の心串の上部約1.3メートルが人形という杖頭傀儡形のものを用いる。4月10日前の日曜日に行われる。人形を祀る天津司神社を行列で出て諏訪神社に着き、社殿前に設けられた御船とよばれる楕円形の高幕舞台で人形を掲げながら遣う
熊送り(熊祭)(日本大百科全書・世界大百科事典)
熊を獣のなかで特別な存在とみなし、これを殺害するときに執行される儀礼の総称。この儀礼は、北方ユーラシア大陸を中心に、北アメリカ、ベトナム山地、バスク地方など、熊の生息する地域のほとんどの民族にみられ、俗に熊祭といわれることもあり
祭・祭事・イベントに関連する記事をもっと見る


ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る