ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 歴史
  6. >
  7. 歴史上の人物
  8. >
  9. 世界史上の人物
  10. >
  11. カトリーヌ・ド・メディシス

ジャパンナレッジで閲覧できる『カトリーヌ・ド・メディシス』の辞書・事典・叢書別サンプルページ

世界人名大辞典・世界大百科事典・日本大百科全書

岩波 世界人名大辞典
カトリーヌ・ド・メディシス
Catherine de Médicis
〔イタ〕Caterina de' Medici
1519.4.13~89.1.5

フランス王アンリ2世の王妃.フィレンツェのメディチ家のロレンツォ・ディ・メディチ(Lorenzo de' M. 1492~1519)の娘.

フランソワ2世シャルル9世アンリ3世の母.不幸な結婚生活 [1533-59]を送り,夫王の死後は政治的野心を抱き,フランソワ2世,シャルル9世の摂政として,あるいはカトリック教徒と結び,あるいはユグノーと通じ,またM.ロピタルを用いて両教徒の調停をはかるなど姑息な政策をとって,ユグノー戦争を勃発させ [62],のちカトリックのギーズ家に接近,サン・バルテルミの虐殺を行った [72].アンリ3世の即位によって摂政を辞し [74],ブロワに隠退し同地で没.



改訂新版 世界大百科事典
カトリーヌ・ド・メディシス
Catherine de Médicis
1519-89

フランスの王妃。父はメディチ家のウルビノ公ロレンツォ。1533年,フランス王フランソア1世の第2子アンリ(のちのアンリ2世)と結婚。3人の国王(フランソア2世,シャルル9世,アンリ3世)と2人の王妃(フェリペ2世の王妃エリザベト,アンリ4世の王妃マルグリット)の母として,ユグノー戦争の混乱時代を,寛容を信条に,国王の尊厳の確立とバロア王家の存続のために生き抜いた。シャルル9世の未成年の時代は摂政を務め,新教徒を抑圧して,サン・バルテルミの虐殺(1572年8月24~25日)を黙認した。存命中から〈毒盛り女〉のイメージを不当にも強調されてきたが,イタリア・ルネサンス文化の移入を通してフランス宮廷文化の発展に寄与した功績は大きい。アンリ2世の愛人ディアヌ・ド・ポアティエとの葛藤,アンリ2世の不慮の死,そして宗教改革の嵐の中で,知性と教養と政治力にあふれた彼女の資質は《書簡集》(1880-1909)にあまねく残されている。
[志垣 嘉夫]

[索引語]
Catherine de Médicis


日本大百科全書(ニッポニカ)
カトリーヌ・ド・メディシス
かとりーぬどめでぃしす
Catherine de Médicis
[1519―1589]

フランス国王アンリ2世の王妃。父はメディチ家のウルビーノ公ロレンツォ2世、母はフランス王家の血を引くマドレーヌ。1533年14歳のときオルレアン公(後のアンリ2世)と結婚し、10人の子宝に恵まれた。3人の国王と2人の王妃の母として、16世紀後半の政治と社会を大混乱に陥れた宗教戦争のなか、弱体化しつつあったバロア王家の権威の確立に寄与した。初期は寛容精神に基づく新教、旧教両派の協調の実現を目ざしたが、挫折 (ざせつ)すると新教徒幹部の抹殺を企て、サン・バルテルミーの虐殺を引き起こした。彼女の個性は、美術、文化の領域でいかんなく発揮され、宮殿の造営に力を注ぎ、王権の高揚のため宴と祭りを頻繁に開催し、絵画や美術品の収集に専念し、歌謡、音楽、演劇を一つにしたバレエを創作して後のオペラの起源とした。現存の膨大な『書簡集』にその秀でた文章の資質を読み取れる。

[志垣嘉夫]

ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。
カトリーヌ・ド・メディシスの関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 130
検索コンテンツ
1. カトリーヌ・ド・メディシス
日本大百科全書
フランス国王アンリ2世の王妃。父はメディチ家のウルビーノ公ロレンツォ2世、母はフランス王家の血を引くマドレーヌ。1533年14歳のときオルレアン公(後のアンリ2
2. カトリーヌ・ド・メディシス(Catherine de Médicis)
世界大百科事典
1519-89 フランスの王妃。父はメディチ家のウルビノ公ロレンツォ。1533年,フランス王フランソア1世の第2子アンリ(のちのアンリ2世)と結婚。3人の国王(
3. カトリーヌ‐ド‐メディシス
日本国語大辞典
(Catherine de Médicis )フランスのアンリ二世の王妃。フィレンツェのメディチ家の出。シャルル九世の摂政となり、サン‐バルテルミーの新教徒虐殺
4. カトリーヌ・ド・メディシス(Catherine de Médicis)
世界人名大辞典
〔イタ〕Caterina de' Medici〔1519.4.13~89.1.5〕 フランス王アンリ2世の王妃.フィレンツェのメディチ家のロレンツォ・ディ・メデ
5. アンリ(3世)画像
日本大百科全書
フランス国王(在位1574~1589)。アンリ2世とカトリーヌ・ド・メディシスの第3子。ユグノー戦争(1562~1598)に参加、1569年、ジャルナックとモン
6. アンリ[4世](Henri Ⅳ)
世界大百科事典
ルブレ。宗教戦争が続くさなか,母の訓育を受け新教徒として成長した。1572年,摂政カトリーヌ・ド・メディシスの宥和政策により,国王シャルル9世の妹マルグリットと
7. アンリ2世(Henri II)
世界人名大辞典
9].内政は寵臣に左右されたが,対外的には父フランソワ1世の政策をついで成功した.カトリーヌ・ド・メディシスと結婚[1533].カール5世と戦ってメス,トゥール
8. アンリ3世(Henri III)
世界人名大辞典
〔1551.9.19~89.8.1〕 フランス王[1574/89].アンリ2世と王妃カトリーヌ・ド・メディシスとの第6子.ポーランド王に選ばれた[1573]が,
9. 演劇の歴史 67ページ
文庫クセジュ
思いつきは滑稽で、偽のリアリズムはとかく下品である。コンメディア・デッラルテはその正反対にある。カトリーヌ・ド・メディシスによって一五七七年、フランスへ招聘され
10. 扇
日本大百科全書
ペイン扇Spanish fanとよばれた。フランスのアンリ2世にイタリアから嫁いだカトリーヌ・ド・メディシス(1519―89)は嫁ぐ際に周囲に羽付きの円い扇を持
11. オルレアン
日本大百科全書
によって解放された。1560年にはこの町で全国三部会がシャルル9世の摂政せっしょうカトリーヌ・ド・メディシスの主宰によって開かれ、裁判改革の王令として有名なオル
12. 傘画像
日本大百科全書
こうしてフランスにパラソルが導入されるのは、1533年、イタリアのメディチ家から嫁したアンリ2世妃カトリーヌ・ド・メディシスによってのことであった。17世紀に入
13. 仮装舞踏会
世界大百科事典
~18世紀にかけて盛んで,フランスやイギリスにも伝わった。フランスには1533年,カトリーヌ・ド・メディシスがのちのアンリ2世と結婚した時にもたらされ,宮廷バレ
14. 鬘画像
世界大百科事典
染料をつけた髪を屋根の上で日光にさらしたり,金髪の鬘をつけたりした。フィレンツェのカトリーヌ・ド・メディシスやスコットランド女王メアリー・スチュアートも鬘を用い
15. ガストロノミ 44ページ
文庫クセジュ
クと同様に、十六世紀にわれわれの食卓に現われた。ピエール・ド・レストワルによれば、カトリーヌ・ド・メディシスはアーティチョークの消化不良で死にそうになった! 代
16. ガストロノミ 61ページ
文庫クセジュ
代であった。砂糖とバターがさらに普及し、果物のコンフィとジャムの登場をもたらした。カトリーヌ・ド・メディシスに続いてイタリアからもたらされたパティスリーは、マカ
17. ガストロノミ 128ページ
文庫クセジュ
キ〕を創りだした。初めは今でもプロヴァンス地方でするように煮た果物で作り、のちにはカトリーヌ・ド・メディシスの側近の名前のフランジパンを詰めた。ローマのサトゥル
18. 宮廷バレエ
世界文学大事典
みたのはフランスの宮廷においてである。これをイタリアからフランスに移植するのに貢献したのはカトリーヌ・ド・メディシスで,特に彼女の企画のもと,1581年に上演さ
19. ギーズ(Guise, François de Lorraine)
世界人名大辞典
)ギーズと共に次第に国務に干渉し,ギーズ家に対するアンボワーズ陰謀事件を弾圧した.摂政カトリーヌ・ド・メディシスに接近し,ユグノー戦争[62]にはカトリックを率
20. ギーズ(Guise, Henri de Lorraine, Duc de)
世界人名大辞典
となり,顔の負傷により父と同じく〈向う傷le Balafré〉とあだ名された.摂政カトリーヌ・ド・メディシスを左右し,コリニー暗殺,サン・バルテルミの虐殺[72
21. 化粧
世界大百科事典
イタリアで発達した紅,白粉,まゆ墨,アイラインを使う化粧法をフランスに伝えたのは,アンリ2世に嫁いだカトリーヌ・ド・メディシスであり,イギリスに伝えたのはエリザ
22. 建築の歴史 122ページ
文庫クセジュ
ドロルムのものとしても最も個性に富み、独創的かつ稀有の作品であろう。一五六四年頃、彼は、カトリーヌ・ド・メディシスの大望だったチュイルリー宮の平面を計画した。壮
23. 香水画像
世界大百科事典
製造が盛んになった。それはフィレンツェのメディチ家からフランス王アンリ2世に嫁いだカトリーヌ・ド・メディシスが非常な香料愛好家であったからだといわれている。しか
24. コリニー(Gaspard Ⅱ de Coligny)
世界大百科事典
。シャルル9世の信任をうけ,ネーデルラント進出による新旧両派の和解を図ったが,王母カトリーヌ・ド・メディシスやギーズ公の反発をかい,72年サン・バルテルミの虐殺
25. コリニー(Coligny(Coligni), Gaspard de Châtillon, Comte de)
世界人名大辞典
宮廷に復帰,国王シャルル9世の信任を得てオランダ独立支援を試みた.この接近を恐れたカトリーヌ・ド・メディシスとギーズ公により,サン・バルテルミの虐殺の犠牲者とな
26. サン・バルテルミの虐殺
世界大百科事典
企てたが,これに失敗(8月22日),ユグノー派の総反撃を恐れ大量殺戮へと走った。この計画に王母カトリーヌ・ド・メディシスが荷担していたことは明らかだが,国王シャ
27. サン・バルテルミーの虐殺
日本大百科全書
国王の信頼を得て宮廷に勢力を拡大するユグノーのコリニー提督の存在におそれを抱き始めた王母カトリーヌ・ド・メディシスやギーズ家は、彼の暗殺を企図したが失敗に帰した
28. サンバルテルミー‐の‐ぎゃくさつ【─虐殺】
日本国語大辞典
の前夜から当日にかけて、パリを中心に数千人以上の新教徒が虐殺された事件。旧教徒側のカトリーヌ・ド・メディシスとギーズ公らの陰謀によるもので、フランスの宗教戦争は
29. シャルル(9世)
日本大百科全書
位1560~74)。アンリ2世の子。兄フランソア2世の死により10歳で即位し、母后カトリーヌ・ド・メディシスの摂政。治世は宗教戦争前半期である。第三次宗教戦争を
30. シャルル[9世](Charles Ⅸ)
世界大百科事典
。兄王の急死により10歳で即位,まもなく宗教戦争が開始された。実権は摂政として母后カトリーヌ・ド・メディシスが握り,国王は成人して後も彼女の強い影響下にあった。
31. シャルル9世(Charles IX)
世界人名大辞典
〔1550.6.27~74.5.30〕 フランス王[1560/74].アンリ2世とカトリーヌ・ド・メディシスの第5子.兄フランソワ2世を継いで即位.母后の摂政下
32. 宗教改革 132ページ
文庫クセジュ
て終わった。  こうした事件にもかかわらず、新しい改革教会は増えつづけた。そのためカトリーヌ・ド・メディシス〔一五一九 ― 八九〕は改革派を絶滅させることができ
33. 宗教戦争 5ページ
文庫クセジュ
訳者まえがき…三 はしがき…九 第一章 入り乱れた紛争とかたわの平和…一一 序曲―カトリーヌ・ド・メディシスとその融和政策―初期の宗教戦争―サン・バルテルミーの
34. 宗教戦争 14ページ
文庫クセジュ
たさまざまな問題の、どれひとつとして解決されたものはない。 カトリーヌ・ド・メディシスとその融和政策  カトリーヌ・ド・メディシスの強い個性が、時代の動きをリー
35. 宗教戦争 33ページ
文庫クセジュ
翌日その弟〔ギーズ枢機卿ルイ、一五五五 ― 八八〕も同じ運命をたどった。こうしたなかで翌年一月五日、カトリーヌ・ド・メディシスは最後の息をひきとった〔六十九歳〕
36. 宗教戦争 75ページ
文庫クセジュ
していたコンデ親王は、一五五九年から六二年にかけて、まずギーズ一派に対抗し、さらにカトリーヌ・ド・メディシスの摂政制のもとでは、ひたすら目だった役割を演じたいと
37. 宗教戦争 156ページ
文庫クセジュ
闘争がはじまった。一五七二年のはじめから教皇はフランスとスペインの戦争阻止に努め、カトリーヌ・ド・メディシスのもとに腹心の教皇特使サルヴィアーティを送り、サン・
38. シュノンソー
世界大百科事典
ポアティエが橋を付け加え,さらに,その後ショーモン城と引替えにこの城を手中に収めたカトリーヌ・ド・メディシスが橋の上に2層のギャラリーを造営して,ほぼ現在の姿を
39. 十六世紀フランス文学 18ページ
文庫クセジュ
〇年)。人びとは彼の手本に従う。 (1) 一五六〇年三月の事件。新教側が、母太后、カトリーヌ・ド・メディシスをギーズ家の手から奪わんとしてアンボワーズ城を襲う。
40. 十六世紀フランス文学 92ページ
文庫クセジュ
一五四四年、彼は一篇の《牧歌詩》を草して、王太子〔オルレアン公、のちのアンリ二世〕とカトリーヌ・ド・メディシスの息子、フランソワ・ド・ヴァロワ(フランソワ二世)
41. 十六世紀フランス文学 144ページ
文庫クセジュ
若い国王シャルル九世にたいして新教徒の頭目コリニー提督が強く勢威を及ぼしているのをねたみ、王母カトリーヌ・ド・メディシスは聖バルトロメオの虐殺をあえてする(七二
42. 十六世紀フランス文学 166ページ
文庫クセジュ
が国語に導き入れた。『ミシェル・ド・ロピタルへのオード』〔ロピタルは、ユマニスト、カトリーヌ・ド・メディシス治下の大法官。一五〇七 ― 七三〕はこの詩型の傑作で
43. 十六世紀フランス文学 222ページ
文庫クセジュ
一六〇一年から詩を発表し、これはのちに『全集』(一六二〇年)にまとめられる。宮廷詩人として彼はカトリーヌ・ド・メディシスの死、ジョワイユーズの死、アンリ三世(1
44. 十六世紀フランス文学 248ページ
文庫クセジュ
Uticensis 39, 119 カトゥルス Catullus 105, 109 カトリーヌ・ド・メディシス Catherine de Médicis 18,
45. 十六世紀フランス文学 339ページ
文庫クセジュ
1563 アンボワーズ寛容勅令.トレント公会議終了. 1564 シャルル9世,カトリーヌ・ド・メディシス国内巡歴(―66).ラブレー『第五之書パンタグリュエル物
46. 十六世紀フランス文学 341ページ
文庫クセジュ
.モンテーニュ『エセー』(新版全3巻)出版.スペイン無敵艦隊敗北. 1589 王母カトリーヌ・ド・メディシス死.アンリ3世暗殺され,ヴァロワ王朝終わる.王位継続
47. 新版 スポーツの歴史 60ページ
文庫クセジュ
そこで王は、もう一度手合わせを要求した。これは慣例に反するものだった。この時、王妃カトリーヌ・ド・メディシスを不安がらせていた嫌な前兆が現実となる。はたしてノス
48. 占星術 165ページ
文庫クセジュ
在位一五一五 ― 一五四七〕とカルル五世は、いつも占星術師の意見を聞くことを怠らなかった。  カトリーヌ・ド・メディシス〔一五一九 ― 一五八六。アンリ二世の王
49. タイユモン クロード・ド
世界文学大事典
フランスの詩人。リヨン出身で,いわゆるリヨン詩派の一人。1548年のアンリ2世とカトリーヌ・ド・メディシスのリヨン入市の折には,モーリス・セーヴと共に祝典の企画
50. タバコ画像
世界大百科事典
であったジャン・ニコJean Nicotはこの種子を譲り受けて,59年母国の皇太后カトリーヌ・ド・メディシスに頭痛薬として送った。彼女がそれを嗅ぎタバコとして用
「カトリーヌ・ド・メディシス」の情報だけではなく、「カトリーヌ・ド・メディシス」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

カトリーヌ・ド・メディシスと同じ世界史上の人物カテゴリの記事
ナポレオン [改訳](文庫クセジュ ベストセレクション)
ナポレオン[改訳] 文庫クセジュ79 アンリ・カルヴェ著/井上 幸治訳 歴史・地理・民族(俗)学 第一章 ナポレオンの出身、青年時代 ボナパルト家 いま知られるところで、ナポレオンのもっとも古い祖先は、十五世紀末にあらわれたフランソワ・ボナパルトである。
マッカーサー(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
一八八〇 - 一九六四 アメリカ合衆国軍人、日本占領連合国最高司令官(昭和二十年(一九四五)―二十六年)。一八八〇年一月二十六日アーカンソー州リトル=ロックに生まれる。父親アーサー=マッカーサーは陸軍中将。一九〇三年陸軍士官学校卒業後
范寛(世界人名大辞典・世界大百科事典)
名:中正 字:中立(仲立)中国北宋の画家.華原(現,陝西銅川)の人.性格が温厚で度量が大きかったことから「寛」とあだ名されるようになったという.在野の山水画家で,天聖年間 [1023-32]には,なお在世していたとされる
イブン・スィーナー(世界人名大辞典・世界大百科事典)
イスラーム哲学者,医学者.ブハラ(現ウズベキスタン)でサーマーン朝のペルシア人官吏の子として生まれ,イスラーム,ギリシア,インドの諸学,特に哲学,医学,数学,天文学などを極めた.サーマーン朝の王子を治療して宮廷に出入りし
ウィリアム1世(世界人名大辞典・世界大百科事典)
1027(28)~87.9.9イングランド王 [1066/87].ノルマンディー公ロベール1世(悪魔公)(Robert I le Diable †1035)の庶子.父が没するとノルマンディー公ギヨーム2世(Guillaume II)となり [1035-87],ハロルド2世がイングランド王に即位する [66]と,先王エドワード(証聖王)による
世界史上の人物と同じカテゴリの記事をもっと見る


「カトリーヌ・ド・メディシス」は人物に関連のある記事です。
その他の人物に関連する記事
三条実美(日本大百科全書・世界大百科事典・国史大辞典)
幕末・明治前期の公卿(くぎょう)、太政(だじょう)大臣、政治家。幼名福麿。天保(てんぽう)8年2月7日、三条実万(さねつむ)の第4子として生まれる。家格は五摂家(ごせっけ)に次ぐ九清華(きゅうせいが)の一家。1854年(安政1)従(じゅ)五位上に叙せ
江藤新平(日本大百科全書・世界大百科事典・国史大辞典)
幕末・維新期の政治家。佐賀の乱の首領。名は胤雄(たねお)、号は南白(なんぱく)。天保(てんぽう)5年2月9日、佐賀藩下級武士の家に生まれる。国学者枝吉神陽(えだよししんよう)に師事、しだいに尊攘(そんじょう)運動に参加し、1862年(文久2)脱藩して
松尾芭蕉(日本大百科全書・世界大百科事典)
江戸前期の俳人。日本近世文学の最盛期をなす元禄(げんろく)期(1688~1704)に活躍した井原西鶴(いはらさいかく)、近松門左衛門(ちかまつもんざえもん)、芭蕉は、それぞれ小説、浄瑠璃(じょうるり)、俳諧(はいかい)の分野を代表する三大文豪として
光明皇后(世界大百科事典・国史大辞典・日本架空伝承人名事典)
奈良前期の聖武天皇の皇后。諱(いみな)は安宿(あすかべ),出家して光明子という。藤原不比等の第三女,母は橘三千代。幼にして聡慧,早くから声誉高かったが,716年(霊亀2)16歳で皇太子首(おびと)皇子の妃となり,翌々年阿倍皇女(孝謙天皇)を生む
大伴金村(国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
五世紀末から六世紀前半へかけての大和朝廷の有力者。武烈・継体・安閑・宣化朝の大連。大伴談(かたり)の子。磐・咋・狭手彦の父。仁賢天皇の死後、権勢強大な平群氏を滅ぼし、武烈天皇を即位させた。武烈の死後、あとをつぐ皇族がないため、金村は群臣とはかって
人物に関連する記事をもっと見る


ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る