ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 科学・医学
  6. >
  7. 医療・身体
  8. >
  9. 医療制度
  10. >
  11. 薬事承認

ジャパンナレッジで閲覧できる『薬事承認』の辞書・事典・叢書別サンプルページ

日本大百科全書

日本大百科全書(ニッポニカ)
薬事承認
やくじしょうにん

医薬品や医療機器などの製造販売を厚生労働大臣が承認すること。「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」(昭和35年法律第145号。略称、医薬品医療機器等法、薬機法)に基づき、企業から医薬品等の製造販売の承認申請を受け、独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)が有効性や安全性を審査し、薬事・食品衛生審議会の答申を経て、厚生労働大臣が承認する。また、承認を受けた医薬品等の適用範囲が拡大する場合にも承認が必要とされている。なお、薬事承認を受けた医薬品等が医療保険の適用を受けるためには、承認から原則として60日以内、遅くとも90日以内に中央社会保険医療協議会(中医協)の薬価算定組織の価格設定を受け、中医協総会での承認を経て薬価基準に収載されなければならない。

 2014年(平成26)に政府の成長戦略の柱の一つとして健康・医療産業の創出・活性化が取り上げられ、同年11月薬事法改正により、法律の名称も薬事法から医薬品医療機器等法に改められた。改正法では、医薬品や医療機器などの安全性の確保、医療機器の特性を踏まえた承認等規制の再編、再生医療等製品の特性を踏まえた規制の構築の三つを柱としている。翌2015年には各省の医療分野の研究開発関連事業を集約してPMDAが創設され、薬事の承認審査もPMDAが担うこととなり、医薬品・医療機器・再生医療等製品の安全性を図り、審査の迅速化に向けた活動が強化された。それにより治験や審査に時間を要し新薬の発売が欧米より遅れるという「ドラッグ・ラグ」もしだいに解消されてきている。2019年(令和1)の時点で、新医薬品の審査期間の目標値は、審査期間の80パーセンタイル(百分位数)値で迅速処理品目を除いた通常審査品目が12か月、優先審査品目が9か月とされているが、2019年10月末時点ではそれぞれ11.9か月、8.7か月で、目標値をクリアしている。

 また、2015年に一定の要件を満たす画期的な新薬等について、開発の早期段階から優先的に薬事承認に関する相談や審査に応じることなどにより、迅速な実用化を図る「先駆け審査指定制度」が実施された。続いて2019年には、有効な治療法等がない重篤な疾患に対する医薬品で、患者数が少ない等の理由で検証的臨床試験の実施が困難なものや長期間を要するものに対応するため、「条件付き早期承認制度」が法制化された。これらの医薬品等については、検証的臨床試験以外の臨床試験等で一定程度の有効性および安全性を確認したうえで、製造販売後に有効な有効性・安全性の再確認等のための調査等を実施すること等を条件として承認し、医療上とくに必要性が高い医薬品への速やかな患者アクセスの確保を図ることとした。医療機器についても同様の対応が講じられた。

 2020年5月、厚生労働省は新型コロナウイルス感染症(COVID (コビッド)-19)の拡大に対して、その治療に関する知見が限られていることから、医薬品医療機器等法第14条の3第1項に定めている特例承認を行うこととし、アメリカのギリアド・サイエンシズ社(以下、ギリアド社)がエボラ出血熱を対象に開発を進めていた「レムデシビル」(商品名「ベクルリー」)を承認した。特例承認とは、疾病の蔓延 (まんえん)防止等のため緊急の使用が必要であること、当該医薬品の使用以外に適切な方法がないこと、海外で販売等が認められていることを要件として、医薬品の承認申請書類のうち臨床試験以外のものを承認後に提出することを認め、薬事・食品衛生審議会の意見を聴いて承認を行うことができるとしたものである。レムデシビルは申請からわずか3日後の承認であった。レムデシビルは、ICUに入っている患者、ECMO (エクモ)(体外式膜型人工肺)を導入している重症患者を対象として投与される。また、特例承認の要件として、医薬品リスク管理計画を策定・実施する、可能な限り全症例についてデータを収集し報告する、進行中の治験や臨床試験の成績を速やかに報告する、副作用などを速やかに報告する、本剤が特例承認されたものであることを使用する医療関係者や患者・代諾者に説明する、承認に際して猶予された資料は承認取得後9か月以内にPMDAに提出する、といったことなどが義務づけられている。レムデシビルは当面、ギリアド社から無償提供されており、患者負担は発生しない。通常、保険収載されていない薬剤と保険診療との併用は認められていないが、中医協は特例として、保険診療との併用を認める評価療養に該当するものとした。中医協では、今後ギリアド社から保険適用の申請があった場合には、速やかに薬価の決定を行うこととしている。

 続いて2020年7月、厚生労働省は「新型コロナウイルス感染症診療の手引き」を改訂して、ステロイド系抗炎症薬の「デキサメタゾン」を治療薬として承認した。デキサメタゾンは、アメリカやイギリスなどで新型コロナウイルス感染症の治療に効果があるといわれており、日本では2例目の正式な治療薬となる。デキサメタゾンはすでに日本で保険薬剤として承認されており、後発医薬品も製造されている。2020年9月末時点で、新型コロナウイルス感染症に関する新たな承認薬剤は出ていない。

[土田武史]2020年10月16日

ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。
薬事承認の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 16
検索コンテンツ
1. 薬事承認
日本大百科全書
厚生労働大臣が承認する。また、承認を受けた医薬品等の適用範囲が拡大する場合にも承認が必要とされている。なお、薬事承認を受けた医薬品等が医療保険の適用を受けるため
2. 先駆け審査指定制度【2019】[薬【2019】]
現代用語の基礎知識
一定の要件を満たす画期的な新薬等について、開発の比較的早期の段階から対象品目に指定し、優先的に薬事承認に関する相談や審査に応じるなどして、迅速な実用化を図る。原
3. DNAチップ
日本大百科全書
社が共同で開発した、ヒトパピローマウイルス(HPV)型判別用DNAチップが体外診断用薬として薬事承認され、医療保険が適用されることになった。これは、子宮頸けいが
4. 未承認薬
日本大百科全書
と医療保険適用外となる場合があり、これを適応外薬とよぶ。 日本では古くから、新薬やワクチンの薬事承認に多くの時間を要するという問題が指摘されているが、その原因は
5. 薬価基準
日本大百科全書
構成)が価格算定し、それを中医協総会で報告し承認を得て、薬価基準に収載されなければならない。薬事承認から薬価収載までの期間は原則60日以内、遅くとも90日以内と
6. 特集 がんが治る 見つかる 光免疫療法 「光と薬」で狙い撃ち=編集部
週刊エコノミスト 2019-20
下あご、耳などにできる頭頸部(とうけいぶ)がんに対する光免疫療法は画期的で有効性が高いとして、薬事承認に向けた相談・審査を優先的に行う厚生労働省の「先駆け審査指
7. 特集 スマホ・AI 医療 診療・薬の情報が手元に AIでがん見逃しゼロへ=下桐実雅子/桑子かつ代
週刊エコノミスト 2019-20
東大病院など全国72医療機関と連携、膨大な数の内視鏡検査画像を収集しAIに学習させてきた。  国の薬事承認を目指しており、今年から来年初めにかけて、治験に入る計
8. 特集 爆騰!銘柄 独自技術に磨き JCRファーマ 脳組織に薬剤を届ける=和島英樹
週刊エコノミスト 2019-20
 この技術を使ったライソゾーム病の一種「ハンター症候群」の治療薬(JR─141)は今年3月、薬事承認の審査などで優先的に扱う厚生労働省の「先駆け審査指定制度」の
「薬事承認」の情報だけではなく、「薬事承認」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

薬事承認と同じ医療制度カテゴリの記事
診療報酬(日本大百科全書(ニッポニカ))
診療所や病院または薬局が行った医療サービスに対する報酬。公的医療保険のもとでは、病院、診療所、薬局などの保険医療機関が保険診療(診療、検査、投薬など)を行った場合に、その対価として保険者から医療機関に支払われる法定の報酬をいう。この診療報酬は一般に
応召義務(日本大百科全書(ニッポニカ))
診療に従事する医師は、診察や治療を求められた場合には、正当な理由なく拒否してはならないとする義務。医師法第19条に規定されている。2019年11月20日概要厚生省医務局長通知によると、「何が正当な事由であるかは、それぞれの具体的な場合において
次世代医療基盤法(日本大百科全書(ニッポニカ))
個人の権利利益の保護に配慮しつつ、匿名加工された医療情報を安心して円滑に利活用することが可能な仕組みを整備するための法律。正式名称「医療分野の研究開発に資するための匿名加工医療情報に関する法律」(平成29年法律第28号)。2017年(平成29)5月公布
薬事承認(日本大百科全書)
医薬品や医療機器などの製造販売を厚生労働大臣が承認すること。「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」(昭和35年法律第145号。略称、医薬品医療機器等法、薬機法)に基づき、企業から医薬品等の製造販売の承認申請を受け、独立行政
薬価基準(日本大百科全書・世界大百科事典)
医療機関等で保険診療に用いられる医療用医薬品の評価基準。保険診療で使用できる医薬品の品目表としての機能と、それらの医薬品を使用したときに医療保険から医療機関や薬局に支払われる価格表としての機能をもっている。医薬品の品目ごとに規格、単位と価格を示した
医療制度と同じカテゴリの記事をもっと見る


「薬事承認」は医療に関連のある記事です。
その他の医療に関連する記事
ポルフィリン(日本大百科全書・岩波 生物学辞典・世界大百科事典)
4個のピロール環が4個の炭素で結合して閉環したポルフィンにメチル基などの側鎖のついた化合物の総称。生体内の酸化還元反応に重要な役割を果たしているヘモグロビン(血色素)、チトクロム類(呼吸色素)、クロロフィル(葉緑素)類などの色素部分を構成する化合物で
組織培養(岩波 生物学辞典・日本大百科全書)
[tissue culture]多細胞生物の個体から無菌的に組織片・細胞群を取り出し,適当な条件において生かし続ける技術.広義には,組織片培養と細胞培養を包含する.組織培養では,分離された組織片を同一個体または他の生物体のある場所に移して育てる生体内
樹立細胞株(岩波 生物学辞典)
《同》株細胞(strain cell).細胞寿命を超えて不死化し,培養条件下で安定に増殖し続けるようになった細胞.染色体構成は二倍体(diploid)から異数体(aneuploid)に変化し,表現形質もがん細胞様に変化していることが多い(⇒二倍体細胞).最初の樹立細胞株は,1943年にW.R.Earleにより,C3H系マウス皮下組織から分離されたL細胞(L cell)で
ウイルス(岩波 生物学辞典・世界大百科事典)
《同》濾過性病原体(filterable microorganism).DNAかRNAのどちらかをゲノムとしてもち,細胞内だけで増殖する感染性の微小構造体.ラテン語で毒(virus)を意味し,後に転じて病原体を意味するようになった.D.I.Ivanovski(1892)はタバコモザイク病が細菌濾過器を通した濾液で感染することを観察,F.LoefflerとP.Frosch(1898)は口蹄疫が同じく
薬価基準(日本大百科全書・世界大百科事典)
医療機関等で保険診療に用いられる医療用医薬品の評価基準。保険診療で使用できる医薬品の品目表としての機能と、それらの医薬品を使用したときに医療保険から医療機関や薬局に支払われる価格表としての機能をもっている。医薬品の品目ごとに規格、単位と価格を示した
医療に関連する記事をもっと見る


ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る